このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ
大貫雄三 27年4月
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は1日生憎の雨模様となり、とても憂鬱な週末となりました。
夜には雨足もどんどん強くなり、2月の天気とは思えないような天候ですね。
でも、もしこのタイミングで北からの寒気が入って来ていたら、間違いなく数年前と同じような大雪に見舞われてしまったのでしょうね。
それに比べれば、今日の雨模様はむしろ乾燥気味の街を潤してくれる恵みの雨と思った方が良いのかもしれませんね。
明日は一変して1日晴天に恵まれるとの事です。明日は、どうぞ素敵な日曜日をお過ごし下さいネ。

さて、前に私が花の買い付けに行っている市場のお話をしましたが、そちらの市場にて仕入れてきた生花の中で今の時期イチオシのお花をご紹介しようと思います。


今の時期にとっても華やかさを与えてくれるお花、サイネリアです。

本日ご紹介するお花は、この時期最も華やかさを与えてくれるお花"サイネリア"です。
サイネリアは、キク科・ペリカリス属の多年草で、かつては"シネラリア"という名前でも知られておりましたが"シネ"という頭の二文字があまり良い印象を与えないという事から、サイネリアと云う名前が一般的になったそうです。
草丈は20cm〜70cm、花は小輪種で2cm、大輪種は8cmを超します。
花色は黄色以外は一通りはそろっていて、とてもカラフルです(黄色も淡色ならあります)。
単色だけでなく、蛇の目模様になるものもポピュラーで、非常にバリエーションが多いお花です。
花言葉は、"喜び"・"快活"。確かに見ていると、花ことば通りに何か元気を与えてくれそうですね!
置き場所としては、陽のあたる室内に置いてあげて、なるべくエアコン等の乾いた風にはあてない様にしてあげて下さい。
とくに、鉢の大きさの割にお花のボリュームがあるので、とても水切れを起こしやすいので、一日一回は必ず土の状態を見て、表面が白く乾いている様でしたら、鉢底から水が流れるくらいたっぷりあげましょう。
また、お花の下に蕾がいっぱい付いているので、萎れたお花はハサミで切ってあげて蕾に陽の光を与えてあげましょう。
更に10日に1回、水やりの際に液体肥料(ハイポネックスや花工場等)を薄めてあげると、次のお花が咲き易くなり管理状況によっては梅雨前ぐらいまで楽しめるかもしれません。
ちなみに、多年草とはなっておりますが、実は蒸れや暑さには弱く、大半梅雨ぐらいには枯れてしまう物が大半です。
その代わり、お花のボリュームの割にお値段も比較的手ごろなので、今の冬の風物詩的に飾ってあげて、時期が終わりましたらその頃の旬のお花を飾ってあげても良いと思います。

…とはいったものの、やはり「もっと育てがいのある丈夫なサイネリアって無いの?」と、思われた方も多いと思います。
はい!実はちゃんと改良した丈夫な品種もあるんです!


サイネリアを丈夫にした改良品種「セネシオ」と云います。
サイネリアと比べると、品のある草姿が特徴です。

それが上の写真のお花"セネシオ"です。
当店で仕入れているお花は"桂花(ケイカ)"という商品名で販売しております。
こちらのお花は、木立性のお花で、サイネリアに比べますと比較的背が高く、品のある咲き方をします。
そして何より大きな違いとしまして、"雪や霜に当たらなければ、氷点下2〜3度まで耐えてしまう強健種"であるという点です。
サイネリアは、冬に出てくるお花とはいっても実は寒さには弱く、外に出してしまいますと萎れて枯れてしまいます。
ところがこのセネシオは、庇下や玄関先の戸外でも育つので、お花の少ないこの時期にとって玄関先に華やかさを与えてくれる貴重なお花なのです。
育て方は基本的にはサイネリアと同じですが、花期も6月ぐらいまで長い間楽しめるので、最近ではギフトとしてサイネリアより人気が高くなってきました。
その代わり夏の蒸れや暑さには弱いのですが、入梅の時期に思いっきり株元から5cm位の所で切って日陰に置いてあげれば、また来年も咲いてくれるのです。
植物を育てる事を楽しまれる方には、とてもオススメのお花です。

もしご興味をお持ちになりましたら、当店のレジ前売り場にて販売しておりますので、是非宜しくお願いします。
きっとお部屋等に飾られたら、毎日の生活に元気を与えてくれるオススメのお花ですよ!!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日も穏やかな天気に恵まれてお仕事も捗ります!
ところで…突然ですが皆さま、星占いって信じていますか?イイ歳したおじさんが言うのも何ですが…気になるんですよね。星占い。何となく毎朝"Yahoo!Japanアプリ"の今日の星占いの点数を見て一喜一憂しています。
因みに…本日蠍座は92点の2位でした♪これが昨日は51点の最下位。
何かあると思ったら…ホントあるんですよね。ハイ…久し振りに交通違反の切符を切られてしまいました…。勿論、私が悪いのは理解していますが…2点&7,000円ホント痛い。(泣)

今日の点数は、そんな私の下がり気味の気分を良くしてくれる良い1日になったのでしょうか。


真新しい機能門柱とフェンスが家と良く合っています。

はい、この通り!
2月16日(火)から取り組み始めた八王子市・K様の工事が完工しました!"LIXIL・テグランネオ"もK様邸の看板としての存在感もあり、全体的なバランスも良いと思います。


ポーチの手摺、ケミカルアンカー仕様の柱を固定しています。
こちらもキレイに納まりました。ポーチとの相性も良いですね。

今回提案しましたケミカルアンカー仕様の外構手摺・"LIXIL・ウッディライン"もポーチタイルの色と良く合っていて機能的にもデザイン的にも良く仕上がっています。
フェンス下と裏側の土留めに使ったブロック"東洋工業・ペールストーンリード"も良いと思います。

K様とのお話の中で「早速、次はこうしたいと思っています。」と、これからの外構工事の具体的な構想もお伺い出来、その具現化の為の一歩としてイメージの作成をご依頼戴きました。
K様からは、「今回の工事は"次のこうしたい"につながる工事だった」と評して戴き、とても嬉しく思います。

「新しく家を建てる際、外構工事についてどうしても後回しになり夢を描きにくい」という声を良く聞きます。
確かにエクステリアの設備は、キッチンやお風呂・トイレ等、家の設備と比較すると"家族で使う恰好良くて便利な設備"というよりも、"あって当たり前の物だから特に拘らず取り敢えず何でも良い"と思われがちです。
K様も当初、ご自宅の新築費用が想定以上に掛かってしまった為、外構工事を安価で仕上げようと考えたけれどハウスメーカーさんの見積りを見たら思った以上に高かったのでイゲタヤE&Rに声を掛けたとお話されました。
そこで様々な工夫をしながら提案し(詳しくはこの日の記事に書いています)K様から工事依頼を受けるに至りましたが、その中で提案する設備部材には決して妥協しませんでした。
この私たちの提案力が、これから先の事も含め結果としてK様の満足に繋がれば良いと考えています。

"提案力に自信あり!"
私たちイゲタヤE&Rは、この言葉を胸にこれからもお客さまの為にどんどん新しい提案をしていきます。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

昨日は1日ゆっくりと休暇をとらせて戴いたお陰で、身心ともにしっかりとリフレッシュ出来ました!
そんなお休みに久しぶりに美味しいラーメンを食べて来ました。
実は私、生まれも育ちも"八王子ラーメン"で有名な八王子市だからでしょうか?無類のラーメン好きなんです!


高尾駅近くにある人気ラーメン店「香味屋」さんのつけめん。
そのラーメン屋さんは高尾駅から甲州街道を高尾山へ向かっていく途中にあるお店で、"香味屋"さんというお店です。
最近では、"八王子ラーメン"もご当地ラーメンとして知名度が上がり、食べられるお店も八王子市・日野市に数多くありますが、そんな中でも私が気に入っているラーメン屋さんです。

ここのお店もメインは醤油スープと刻み玉ねぎの中華そばなんですが、そんな中に異彩を放っているメニューが「つけ麺」です。
いつもなら普通に中華そばを頼むのですが、何故か昨日は冒険して見たくなりつけ麺をオーダーしました。
出てきたつけ麺は、ゴマが多く入り、その他刻み玉ねぎやサイコロ大に切られたチャーシューの入ったつけ汁で、麺も喉越しの良い腰のある麺でした。
早速食べて見ますと、ゴマの他に香り深い様々な香味油の風味が広がる今まで食べた事のない独特な風味のつけ麺で、シャキッとした麺との相性が非常に良かったです。
また麺を食べ終えた後に徳利に入ったスープ割を入れてつけ汁を飲みますと、ほのかに柚子の香りがした上品なスープに様変わり!
しっかりと最後まで堪能しちゃいました。
食べ終えてから思った事は、モノづくりのお仕事は料理も設計も全体のバランスが大切なのだという事を改めて考えさせられました。
私の作るエクステリアプランもこんなラーメンの様にバランスの良い、お客様にご満足いただけるものであればと思います。
とってもお勧めのラーメン屋さんなんで、高尾山方面へお出かけの際は是非立ち寄って見ては如何でしょうか?
…少々ラーメン話が長くなってしまいましたが、本日も施工中の案件の進捗状況を書いていきますよ!


昨日の店休日の間も、現場では黙々と施工が進んでおります。
本日も一昨日から施工を行っている八王子市・K様の現場へ伺って来ました。
昨日の店休日にも関わらず、施工現場では休み関係なく施工を進めており、昨日の段階で化粧ブロック積みとフェンスの柱立てまで完了しております。
電気職方による機能門柱への設備設置施工が始まりました。
機能門柱から出てきているワイヤーは、家からの電線を門柱へ導くための「メッセンジャーワイヤー」です。

本日の工事は、タイル職方・斉藤さんのブロック積み等の施工と同時進行で、Blogには初登場!電気職方・笠原さんによる機能門柱への照明・インターホンの配線と設置施工を行いました。
上の写真は、電気職方・笠原さんが予め地中に埋設された電気配管(CB管)に"メッセンジャーワイヤー"という電線を導く道具を使って電気配線をしている作業の様子です。
電気配管を埋設する際は、基本は家の壁沿い等に通す事が多いのですが、屈曲した通し方をしますと断線の原因になったり作業を行う際、必要以上に手間取ってしまい電気配線が出来ない場合もあります。
但し、最短ルートで直線的に電気配管をしますと、後にカーポート等の設備の設置で基礎穴を開ける際に破損させてしまう恐れがあります。
その為、施工の際は配管ルートについて打ち合わせを行い様々な事を想定して施工をします。
今回の施工でも、当然そのような事を想定して電気配管の埋設をしているのでスムーズに電気配線施工を行う事が出来ました。


玄関ポーチに手摺りの柱を立てるための穴を開けている様子です。
イゲタヤE&Rの職人さんは、施工中でもお客様からのどんな質問にもしっかりと対応しながら工事を進めています。

電気工事と同時進行にて、タイル職方による勝手口ポーチの手摺設置工事の施工を行いました。
今回、K様に提案した手摺は"LIXIL・グリップライン"という商品です。その中でも写真の様な既存のタイルポーチへの設置に向いている"アンカー柱仕様"という種類を選びました。
今までの手摺商品ですと、特殊道具であるコアドリルを使いタイルに大きな基礎穴をあけて柱を立てて設置するか、ベース板を利用しアンカーボルトを数箇所通す物を提案するのですが、どちらも仕上がりの面で中々綺麗に納まりづらい弱点がありました。
しかし、この"アンカー柱仕様"ですと、柱の下部に付いている20丶佞旅Τけで済むので、欠け易い既存のタイルを極力傷めないで設置する事ができ、更に孔内に「ケミカルアンカー」という特殊な接着剤にて強力に止める事が出来るので、施工面・納まりの面で様々なメリットがあります。
しかしそれでも、タイルに孔を開ける際には「振動ドリル」や特殊なタイル用のドリル刃を用いてタイルが割れない様に細心の注意を払う事が必要となります。
今回施工を担当しているタイル職方・斉藤さんは、その点をしっかり熟知して施工にあたっているため、孔開けの仕上がりが非常に綺麗でした。
時折見守っているお客様も、安心して施工を見ご覧頂いております。


機能門柱に付くLED照明のトランスユニット
完成した機能門柱"LIXIL・テグランネオ"
"LIXIL・テグランネオ"の最大の特徴は、インターホンとポストが側面部に配置されている事です。

機能門柱に関しては本日にて設置完了しました。
今回設置した"LIXIL・テグランネオ"最大の特徴は、インターホンとポストの機能が側面に配置されている点です。
写真の通り、前面部はすぐに道路と側溝があってスペースに余裕がありませんし、後方も30cmぐらいしかスペースが無くその空間に通常のポストを設置すると、とても使い勝手の悪い物となってしまいます。
この"LIXIL・テグランネオ"は、写真の様にインターホンとポストが比較的スペースに余裕がある側面に位置しているので、使い勝手はとても良くなります。
因みに、ポストはインターホン下の部分に縦型に内蔵されており、カタログのような雑誌類や大きめの郵便物も収納可能です。
またタイルの上にある乳白色の部分は、照明に表札の機能をプラスした"サイン照明"となっており、専用設計のLED照明ユニットが光る様になっております。更に、電源側に設置したトランスユニットのセンサー機能で自動点灯・自動消灯する優れモノです。
建物とのマッチングも当初から想定した通り非常に良く、K様もご満足いただける設備となりました。


ポーチ部のタイル孔開けも無事完了。
土留めの施工も順調に進められ、左官をして仕上げます。

一方ポーチ部と土留めの施工に関しても、順調に進める事が出来ました。
その中で、手摺の柱立て用の勝手口ポーチタイルの孔開けに関しては、一部でコンコンと響く箇所があり、ひょっとするとタイル下地が下がっているかもという報告がありました。
早速、一部タイルを剥がして調べてみますと…


響いた箇所のタイルを剥がして見ると、写真の様に下地が空洞に。
左の写真の様に案の定、ポーチ下地の乾燥モルタルが雨水等が原因で痩せてしまいタイルとの隙間が出来て空洞となっていました。
このポーチを作ったハウスメーカーさんは、当初から手摺を設置する事を考えてポーチを作った訳ではないのでしょうが、正直あまり良い施工とはいえません。もし、下地をこのままの状態で柱を立てたら安全の為の手摺が安定せず非常に危険です。
ここはタイル職方・斉藤さんの本領発揮です。
同じタイルを用意し、下地コンクリートをしっかりと打ち直した上でタイルを張り直し、右の写真の様に綺麗に納めました。
これで手摺りを設置しても安心です。
また、同じタイルを探し当て用意するところもタイル職人ならでは!
施工を管理している私も本当に感心させられます。
補修後の写真。柱の孔も綺麗に開けました。

いよいよK様の工事も完成に近付いてきました。
明日、フェンス本体の設置と手摺の設置を完了させて仕上げて行きます。
プランナーとしてCADを使って描いたイメージ以上に、とても良い仕上がりになっていくのは本当に気持ちの良いと感じます。
又、ご提案させて戴きましたK様にとってご満足いただける仕上がりであれば幸いです。
明日も最後まで気を引き締めて施工に臨みたいと思います。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。
タカショー新商品勉強会2016に出席してきました

昨日は、埼玉県戸田市にある"タカショー首都圏ショールーム"で催された新商品勉強会に出席してきました。
タカショーは、人工竹垣"エバーバンブー"や木調アルミ角材"エバーアートウッド"で有名な大手エクステリア製品メーカーです。私たちも多くのお客さまへタカショー製品を提案・設置して参りました。


タカショー首都圏ショールーム入口です
話題のオールグラスポーチです
木調アルミ材を使ったサイクルポート・アートポートミニです
新感覚の上吊タイプのガレージゲート・エバーアートゲートです
古いブロック塀をオシャレに再生・エバーアートボードです
豊富な木調アルミのサンプルも揃っています
タカショーと言えば豊富なローボルト照明器具にも注目です!
タカショーの製品は素敵な和のコーディネートも可能です

タカショー首都圏ショールームは、昨年の秋にオープンした新しいショールームです。新製品の展示はもちろん、エバーアートボードやエバーアートウッドの豊富なサンプルも揃っていて、タカショーの特徴であるエクステリアのオンリーワン創りのお手伝いをしてくれます。


タカショー首都圏ショールームにはカフェも併設されています
2階の研修ルーム横にはオープンデッキが広がっています

■タカショー首都圏ショールーム
埼玉県戸田市新曽1973-1 .048-430-7446

ショールームへご来訪される際は、是非ご予約して下さいね。専門のスタッフがご案内致します。

…さてさて、タカショー2016年の新商品は"オールグラスポーチ"・"ホームヤードルーフ・カーヤードスタイル"を始めとするエクステリア設備、オリジナリティ溢れる提案の幅を広げてくれる"エバーアートボード"の新色やユニットフェンスの更なる充実、新しい"ライティングアイテム"の登場等、とても盛り沢山の内容です。加えて定番人気アイテムの値下げもあります。

私たちイゲタヤE&Rは、今回のように新製品の情報を積極的に集めています。そして、最新のエクステリアトレンドを創造しながら新しい提案に活かしています。
これからの提案に是非ご期待下さいね!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

昨晩は雪が降り出したりと、一気に真冬へ逆戻りしましたね。
一昨日の夏日から一気に15℃以上の気温差!?こんな不思議な事ってある物なのですね。。
私も昨晩は何処か体調がすぐれず、早めに睡眠をとって今朝はなんとか元気に仕事をする事が出来ましたが、皆さんのお体の調子は如何でしょう?
早く落ち着いた暖かい春が待ち遠しいものですね。

さて本日も施工現場、そして現地調査へ行って参りました。


先日ご提案した八王子市・K様の新築外構工事の施工が今日から始まりました!


先ずはエクステリア工事を依頼された八王子市・K様の工事状況から。
前回のブログにてご紹介したお客様で、具体的な工事内容は、機能門柱・フェンス・勝手口ポーチの手摺の設置と勝手口横の土留めの造作といったものです。
私が描いた図面を元に位置取り等を行い、作業方針・段取りを決めて行きます。
いざ掘削していきますと、写真の様に様々な配管が出て来ます。写真の配管は、ガス管と水道管です。

今回の工事に当たり一番気にしていた事は、「水道管やガス管がどの経路でどれ位の深さに埋設されているのか?」という事でした。
これ等配管の経路や深さによって、急遽工事内容や段取りを変更しなくてはならない場合もあります。
私たちもプランニングを行う際に、こうした埋設物に関しては見れる範囲で予測していきますが、想定外になるケースも多いので事前にお客様にご説明をします。
今回は、私が現地調査した際にある程度予測した通りだったので、提案内容に特に変更無く施工をする事が出来ました。
特にこれから新築外構・エクステリアリノベーションをご検討中の皆さまへ、各ライフラインの配管経路・深さによって事前の提案内容が変更する場合がある事を頭に入れて戴けたらと思います。
又、私たちイゲタヤE&Rでは、そのような配管が想定外の位置にあった際、水道・電気・ガスの専門職方も用意しており、その中で最善の施工方法を考えてご提案しますので安心して下さい。


機能門柱の基礎が立ち上りました。インターホン・照明の配管も一緒に通してあります。
ブロックが立ち上る位置には配筋を施したブロックベースが出来上がりました。

本日は機能門柱の基礎部分の立ち上げ、ブロックフェンスを設置する箇所の配筋及びベースコンクリート打設迄で終了です。
今回設置する機能門柱は、数多のLIXILの機能門柱の中で最も旬な商品"テグランネオ"を採用しています。
この"LIXIL・テグランネオ"は、空洞構造を利用した使い勝手の良い大型のポスト・インターホン・表札門灯を組み込んだ画期的な機能門柱で、省スペースでも非常に存在感のある物です。
今回の提案の中で、とても素敵な建物デザインを見て直ぐに思い浮かんだ機能門柱でしたので、その仕上がり・マッチングにはとても自信があります!
完成がとても楽しみな案件です。今後の進捗状況を是非ご期待下さい。


本日の現場調査案件は日野市・T様。雪で壊れてしまったカーポートの作り替えと奥側のコンクリート舗装のご要望です。

次は駐車場リフォームのお見積りを依頼された日野市T様を訪問しました。
先日の降った雪が屋根に積もり、その雪が塊になってカーポートを直撃!!
幸いお怪我は無かったのですが、カーポートは破損し下に停めてあったお車も屋根が一部凹んでしまいました。
破損したカーポートの柱部分。まずはこちらの撤去を考えます。
今回の案件では、奥側の未舗装部分を新たにコンクリート舗装し、カーポートも後ろ側に設置する事をご希望されております。

そこで、T様からのご要望として…

ヾ存のカーポート柱を撤去して欲しい。
駐車場奥側の未舗装部分にコンクリート舗装を施して奥行を広くしたい。
8紊軋Δ某靴燭縫ーポートを設置し、そのカーポートは雪や風に非常に強い物を選んで欲しい。

…という3点を挙げられました。
一考すると内容的にはとても単純な仕事に思えますが、実はそんな中に考慮しなくてはならない点があります。

それは…

 ̄側のコンクリート舗装を行う際、雨水の通り道をどの様に考えるか?
▲ーポートを立てる際、奥側の出っ張っているベランダとの高さ関係はどうなのか?
4存のカーポート柱において、コストを掛けないで済む最善の撤去方法は?

…という3点。
この点を見逃してしまいますと、施工中及び施工後に様々なトラブルが発生してしまい、結果としてお客様に多大なご迷惑を掛けてしまう恐れがあります。
今回の現場調査では、そのような事を念頭に置いて細かく採寸等を行いました。
お客様からは、単純な工事の現調と考えていたらしく「随分と採寸に時間が掛かったね」とお話されましたが、しっかりとその点をご説明をしましたら納得されていました。
又、私たちイゲタヤE&Rのこだわりとして、測れる所はとことん測ってCAD内に如何に現状を忠実に再現させるかと云う事を考えながら採寸等を行っております。
お客様のご期待に応える内容のプランを提案出来るように、これから気を引き締めて制作を始めます!

さて、本日もその他に様々なプランニングを行ったりと、お陰さまで忙しい1日を過ごさせて頂きました。
勝手ながら明日2月17日(水)は店休日とさせて戴きます。私も明日は、ゆっくりお休みを戴いて明後日から又、色々なお仕事に取り組みます。
どうぞ、ご期待下さい。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。
当店にLIXILエクステリアコンテスト2015の表彰状が届きました。

先日、LIXILエクステリア施工コンテスト2015の表彰式が催された事をBlogに書きましたが、本日当店に表彰状とパネルが届きました。

記念にプランナーとパシャリ。

客観的に写真を見ると、とても兄弟には見えませんねぇ…。でも、兄弟です。親子ではありません。(笑)
因みに5歳違いです。

…まぁ、そんな話はさておいて本日はエクステリアのゾーニングのお話です。


これから提案するリ・ガーデンのイメージです。
デッキの周りには人工芝と植栽スペースが広がります。

上のイメージ画像は、これから提案をするリ・ガーデンの案件をお客さまのご要望により具現化したものです。
プランナーによるこちらのお客さま宅での現地調査の様子は、この日のBlogに詳しく書かれています。


広いデッキ上にはガーデンシンクを配置しました。
人工芝と植栽スペースからデッキ方向をみています。

リ・ガーデンのご相談だけでなく、エクステリアリノベーションのご相談に於いても良く聞かれるのが、現状が不便である事。
一言で"不便"と言っても、色々な理由から不便を感じる事があるようです。
代表的な例として、"管理(メンテナンス)が面倒"な事から不便と感じる事や"通りにくい"事から不便と感じる事が挙げられます。
これ等を解決する糸口となるのが"エクステリアのゾーニングの見直し"です。

"管理(メンテナンス)性"と"ゾーニング"は、あまり関係が無いように思われるかもしれませんが、上の具体例のように"デッキスペース"・"人工芝スペース"・"植栽スペース"を分ける事で、それぞれ異なるメンテナンスがとてもし易くなります。
お庭にも"ゾーニング"を考えないと、全体が異なるメンテナンス性の場所でごちゃごちゃになり、季節関係無く年中お庭全体をお掃除している気になってしまいます。
そうなると、"楽しさ"よりも"大変さ"が際立ち、結局それが続くと面倒になり最終的にはお庭が荒れてしまいます。

そこで、"ゾーニング"を見直す事でそれぞれ異なる管理(メンテナンス)を個々に出来るようにします。一番手間の掛かる"植栽スペース"は、お客さまのご要望で最終的な広さを決めます。
特にリ・ガーデンを提案する場合は、既存の植栽があります。その中には、思い入れのある樹木もあるでしょう。単純に捨てる事だけを考えずに、自分が管理出来る範囲内で良いので活かしたいものは活かすべき。いくらリ・ガーデンするにしても、思い出迄捨てる事はありません。
"ゾーニング"が出来たら、後は個々のスペースにメンテナンス性の良いものを組み込めば良い訳です。

今回は、お庭に於けるゾーニングの重要性を書きましたが、次の機会では門周り・車庫周りも含めたファサード部のゾーニングの重要性を書こうと思います。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は予報通り、南からの暖かい風が吹く季節外れの陽気でしたね。
昼間には上着やジャケットを着ていると汗ばむぐらいの陽気になり、温度計を見てみたらなんと24℃!?
巷ではバレンタインデーで、まさに寒い季節の風物詩といったイメージがあるのですが、今日のこの陽気は私が知りうる限り最も暖かいバレンタインデーだと思います。
八王子市内では「夢街道駅伝」が行われていた様ですが、この暖かさ、ランナーの皆さんにはどの様な影響があったのでしょう?
ちょっと気になりますね。

さて、本日も様々な案件のお仕事がありましたが、その中で1件当店にてサンルームのプレゼンテーションを行いました。
今日はそのお話をしたいと思います。


以前現場調査の事を書いた、日野市内にお住いのM様のお宅です。

本日プレゼンさせて頂いたお客様は、以前特殊な場所でのサンルーム設置をご所望されている日野市内にお住いのM様邸の案件です。
1階部分の床高が地面から1m以上も上にあり、ベランダを設置しないと有効活用できない!
敷地内には穴をフェンスで囲ってある箇所があり、覗くと地下室があります。

改めて今回の案件の内容で考えなくてはならない事は、1階部分の基礎高が1m以上と非常に高く、通常のサンルームでの仕様では納める事が出来ないという点です。
また奥行も1m強と寸法で、その中に納めるには出幅分を加工しなくてはなりません。
更にバルコニー下と云う事で、バルコニーとサッシとの高さ関係、更には面する掃き出し窓の床高等も考慮しなくてはならず、様々な面でかなり難易度の高い案件でもあります。
では一体、どの様な形にてご提案したのでしょう?


と云う事でM様にはご家族で御来店頂き、店内のディスプレーにて「バーチャルプレゼン」を体験して頂きました。

と云う事で「施工の流れ」でもご紹介した通り、M様にはご家族で御来店頂きまして、店内にあります大型ディスプレーにて実際にリフォームプランをご覧になって頂きました。
サンルームを納めたイメージパース。現状の雰囲気を再現した中での提案なのでイメージがとても分かり易かったとの事です。
真横から見たイメージ。今回は出幅を切り詰め加工し、更には通常より高い柱を使用しての特殊納まりとなります。

今回ご提案させて頂いたサンルームは、LIXILの新製品「サニージュ」と云う商品にてご提案しました。
通常と違う納まりと云う点では、
”瀉呂茲蝪m強という1階床高に合せるため、サンルームを支える基礎柱をその高さに合うタイプの物に変更。
関東間4尺出幅(約1.2m)という規格サイズの物を用意し、それから出幅方向に対して切詰め加工を施す。
2虻材の納まり、1階床高とサンルーム床高との関係を考慮し、屋根材をR形状のものにて対応
この3点の要素を取り入れた「特殊納まり」という仕様にてご提案しました。

また使い勝手等の点では、
[拊話鷦崗譴ら覗かれない様に窓下部は目隠しタイプのFIX(はめ殺し)を入れた「高窓仕様」にてご提案。
⊃目は既存のサッシと同色の「シャイングレー」にし、屋根材は全体が散光して明るくなる「クリアマット」という仕様のポリカーボネート屋根に。
9垢冒詁發砲皀蹇璽襯ーテンを設置し、適宜プライベート性を考慮。
ぅ汽鵐襦璽狷發縫灰鵐札鵐箸鮴澆院∈8紊陵諭垢併箸ぞー蠅鮃洋検
という4点をご説明させて頂きました。


M様からは、「まさか住んでいる家がここまで再現されているとは」と驚かれたご様子で、同時に「説明等も的確だったため、非常にイメージがし易く分かり易かった」とお褒めの言葉を頂きました。
金額面も、ファーストカウンセリング時にお伺いしていた予算内にきっちり納まっていたので、非常にご納得されまして、結果御成約頂く事となりました。

イメージ3
M様からは「今後、このサンルームが出来上がってからどの様な生活が待っているのかとても楽しみ」というお言葉を頂きました。
私たちイゲタヤE&Rとしましても、こういった納まりのサンルーム案件は中々ないため、これからの施工や完成がとても楽しみです。
これから施工に向けての商品発注等、様々な準備を始めますが、是非M様のご期待に添える物になる様、気を引き締めて施工にあたろうと思います。

このM様の施工の様子は、施工が開始次第ブログへ順次アップ致しますので、今後を是非ご期待頂ければと思います。
宜しくお願いします。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日はお昼頃から天気予報通り2月とは思えないほど暖かい陽気となりました。
自動車に乗っていて思わず窓を開けたくなる様な過ごしやすい陽気でしたが、本来は真冬真っ只中の2月。
素直に喜べず、なんだかちょっと不安に思ってしまいます。
明日は更に気温が上がり、東京では25℃を超える夏日になってしまうとの事。
そして来週にはまた気温が平年に戻って一桁台、身体には非常に堪えますね。。
皆さん、是非体調管理にはお気をつけ下さい。


エクステリア商社の営業所を使っての展示会の様子。

さて本日は、相模原にあるエクステリア商社の営業所で行われた展示会に伺いました。
2月は春の移動期前に向けて、メーカー・商社等にて展示会を多く行う時期に当たります。
私たちもこの時期は、そうした展示会に赴いて様々な情報等を手に入れ、今後来られるであろう様々なお客様の御相談に対応できる様に学ぶとても重要な時間です。
この商社の特徴は、自社オリジナルのレンガや石材等を豊富に取り揃えている所にあります。
カタログ内に掲載されている部材の質感を、実際手に取って知る事が出来る滅多にない貴重な時間です。

当社においてもこの商社の部材は非常に良く使用しており、在庫・質・安定感等様々な点からとても信頼を置いている取引先です。
カタログに掲載されている部材を実際手にとって質感等を知る事が出来るので、プランナーにとっては非常に貴重な時間です。
特に天然石等は、部材一つ一つに色幅等のムラがあったりしますし、厚み等も安定している物とそうでないものとがあります。
写真やイメージ画像だけで判断してしまいますと、後でイメージと全然違う物になってしまう恐れも生じるため、この場は色んな意味で責任重大です。。


ハードウッドデッキ講習会の様子。受講されている方は皆さんとても真剣です。

さて、その展示会の中で行われた「ハードウッドデッキ講習会」にも参加してきました。
「ハードウッド」とは、その名の通り「硬い木材」の総称です。
代表的な物として「セランガンバツ」「イペ」「ウリン」etc・・・、様々な種類の物があります。
ちなみにこの商社では長年「ウリン」を使った商材を販売しております。

理由として、数多いハードウッド材の中でも最強と云われる位に多くの実績をもった木材で、世界中の様々な桟橋等で使われている事が理由の一つとの事です。
ちなみに日本国内では、横浜ベイサイドマリーナ・ピア竹芝・東京ディズニーシー等、海に面している施設にて使用されています。
では、具体的にどんな特徴を持っているのでしょうか?
比較対象として、皆さんが選択肢として考えるとすれば、高耐久でメンテナンスフリーである「人工木材」を思い浮かべると思います。
そこで、プランナーとして考えるメリット・デメリットを挙げて見ようと思います。


実際にウリン材を使ってミニデッキ製作の実演をしています。
非常に硬い木材のため、必ず特殊なドリルにて下穴を開けてからビスを打たなくてはなりません。

◎メリット
/紊茲蠅眸羹鼎あるとても密度の高い木材なので、薬剤処理せずにシロアリや不朽菌に対しての抵抗力がある。
⊃郵物では出せない、天然木ならではの風合・質感等があり、断然高級感がある。
3っ翔發貌れても腐らないぐらいに高耐久のため、基本塗装等のメンテナンスは不要。
で数が経っていく上での経年変化があり、それが人工物では得られない風合いとなり飽きが来ない。
ッ羔構造の人工木材とは違い、切り欠き等の加工に対して柔軟に対応できる。

といったメリットが挙げられます。
やはり、人工物には出せない天然木ならではの風合いはプランナーとして見逃せない点であります。
しかし、それと同時にその特徴ゆえのデメリットもあります。

●デメリット
“鷯錣暴鼎ぬ攤爐覆里如通常の木材の輸送コストよりも高くなってしまう。
非常に硬い木材なので、加工等に対して通常の木材の倍ぐらい手間が掛かってしまう。(施工費が高くなる)
施工完了後2〜3ヶ月は木材から樹液が流出し、外壁やコンクリート面等を汚してしまう恐れがある。
ぬ攤爐既に特徴ある濃い赤茶色のため、自由な色の塗り替えは出来ない。
シ佛経過により、多少の干割れ・反り・色調の変化(赤茶⇒灰色掛かった焦げ茶)が発生する。

といった事が挙げられます。
これらのデメリットは、逆に言えば天然木故の味わいとも取れるもので、その点も考慮した上で御理解頂ければ、最高の木材と云っても過言ではないと思います。


マネージャーも真剣な眼差して実演を見守っております。

といった具合に、ウッドデッキ部材一つとって見ても良い点・悪い点があります。
最近ではアルミ木調部材・人工木材と人工的に天然物を表現している部材が多くありますが、改めて天然部材の良さを見直せた良い機会でありました。
それらを踏まえて、御相談頂いたお客さまにとって最良の部材は何かをご提案する事も、我々エクステリアのプロの責務と考えております。

ブログをお読み頂いている方の多くが、ネット等の数多い情報から真偽を見抜く事が難しいと悩まれている事と思います。
そんな中で、私が挙げたこの情報が少しでも判断材料になれば幸いです。
もしもっと詳しい事をお知りになりたい場合は、是非当社へお気軽にご連絡下さい。
宜しくお願いします。


大貫雄三 27年4月
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。
まだまだ寒い陽気が続いておりますが、皆さん体調は崩されていないでしょうか?
天気予報では明日・明後日と雨模様になるとの事ですが、気温と見てビックリ!
なんと東京は21℃!? 所によってはフェーン現象により夏日を迎えてしまう所もあるとか。
しかし来週中頃には寒さが戻り、最高気温が一桁台になるという非常に大きな気温差に悩まされそうな日になりそうです。。
風邪等はこういった気温差の激しい時期に多く掛かり易い様です。
是非皆さんも、着る服等温度調整には気をつけて、元気に過ごして下さいね。

さて本日は、私が毎度生花の買い付けに行っている市場の一つ、世田谷にある砧市場の事を書いて見ようと思います。


市場内の様子。建物内には所狭しと様々な産地からのお花が並んでおります。

砧市場は、環状八号線沿いで砧公園近くにある「東京都中央卸売市場世田谷市場」内にある花卉市場です。
立地の関係上、7階建ての建物の中に様々な産地からの生花が毎週入荷されて来ます。

市場というと、広大な敷地の中に大きな平屋建ての建物があるイメージを思い浮かべる方が多いと思われがちですが、ここ砧市場、建物内に数階に分かれてお花が並べられており、大型エレベーターを介して荷集め等を行います。
そのため駐車場も広大という訳ではないので、大量な仕入れを必要とする量販店等は仕入れしずらい市場となります。
逆に言いますと、大量仕入れによる値崩れが起きにくいため、新しい品種や珍しい品種を生産する生産者さんにとっては安心して商品を送る事が出来、それを求める有力なお花屋さんにとっては非常に仕入れやすい市場なのです。
その時期の旬を追った上物の生花が並んでいます。
所狭しと様々な種類のお花が並んでおります。この中からお花を選ぶには、長年の経験と目利きが重要となります。
そのため砧市場は、東京都内の花卉市場の中でも1・2を競う有力な花卉市場で、この市場に買い付けに来る業者さんも、都内は愚か神奈川や埼玉・山梨等の有力な園芸店や造園屋さん・フラワーコーディネーター等こだわりを持たれた方が多く来場されます。
その代わり、限られた時間の中でこれだけ多品種にのぼるお花を仕入れるには、バイヤーさん個々の知識・経験・相場観・さらにはお花に対する目利きが重要となってきます。
私プランナーは、もともと長い年数園芸店で仕入れを携わって来たので、それらに要素に関してはどのバイヤーさんにも負けない物を持っていると自負しております!

当店の売り場に並んでいるお花は決して安くはありませんが、その時期の旬を狙ったお花を仕入れております。
また、仕入れているお花は産地や生産者等にこだわって、その品種の中でも上級品の品物を選んでおりますので、植え込んだ後の育ちの違いには自信があります。
さらに管理している園芸スタッフも、長年の経験を積んでいるベテランの従業員で、実際に自宅でも園芸を楽しんでいるため、栽培に関する様々な知識や経験を多く積んでおります。
そして私プランナーも「グリーンアドバイザー」と「造園施工管理技士」という資格を持った、云わば「植物のスペシャリスト」であります。
もし植物に関してお悩み等をお持ちでしたら、是非お気軽に園芸スタッフに声を掛けて見て下さい。
きっと良い解決策が生まれると思いますよ!
是非宜しくお願いします。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

2月も中旬に入りまして日中はだいぶ暖かく感じられるようになりました。今週はお子さまが高校入試だという方も多いのではないでしょうか。
実は、我が家の長女も高校入試の真っ只中。結果はどうなるか分かりませんが"Do My Best"の精神で頑張ってほしいと思います。頑張ってきた努力は嘘をつきませんからね。

さて、本日はイゲタヤE&R相談会イベントの予告です!

来る2月27日(土)と翌日2月28日(日)にイゲタヤE&R恒例の相談会を開催致します。
普段は、営業・現調・現場管理・研修等々何かと外出が多い私たちスタッフですが、相談会では来店された皆さまへじっくりとご相談を聴きながら夢の具現化や困りごとの解決のお手伝いをしています。

詳細は、これから決まる事もありますので順次お知らせしていきますが、春先に特にあったら嬉しいガーデンルームやサンルームの特別価格での販売やご好評を戴いていますオプションプレゼントもありますよ。

特に、お家を新築される方で外構工事を検討している方・中古住宅の購入を検討していて外構のリノベーションを考えている方・お庭をもっと便利に楽しく使えるお庭にしたい方、大歓迎です!
取り敢えず相談だけ…という方も勿論大歓迎!家の外だけでなく中の事も相談して下さいね。

皆さまのご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

2月に入り、日中と朝晩の気温差が10℃以上もある日が続いており、身体にはとても堪えますね…。
巷では風邪やインフルエンザを患っている方が非常に多い様で、予防も考えてか電車やバスに乗るとマスクをされている方ばかり。
私も先日から患っている風邪が今は鼻のどに来ており少々辛いのですが、気合を入れて今日も頑張りますよ!
皆さま、くれぐれも体調には気を付けて帰宅されたら直ぐにうがいと手洗いを忘れずに。

さて本日は、東京・汐留にあるPanasonicさんにて昨日催された"ライティング研修会"に参加したお話です。
偶然(ホント打ち合わせもしていませんでした…)、マネージャーが昨日の記事で照明のお話を書いていましたが、エクステリア業界全体に於いてエクステリアライティングが今、注目されています。


研修にて使われたとある物件の外構のイメージ。
そしてこれが夜のライティングのイメージです。

その背景として"家族の帰宅時間の変化"が大きく影響しています。

先ず"夫婦の帰宅時間"という面では、20年ぐらい前ですとほとんどの奥さま方は専業主婦として家に居る事が多かったのですが、現在になると色々な理由から"夫婦共働き"の家庭が増加し、夫婦共に仕事を終えて暗くなってからの帰宅という光景が当たり前になりました。
又、"子供の帰宅時間"という面に於いても、平日のほとんどが学校の部活や塾等があり、やはり暗くなってからの帰宅という事が普通になりました。
更に"核家族化"が進み、お祖父さん・お祖母さんは別の住居に住んでいるという事もあり、家は留守になるという事が多くなりました。
…こういった具合に、帰宅時に家が真っ暗な状態になる事から「帰って来た時に暖かい光で出迎えて欲しい」といったニーズが急増し、外構の照明が注目されて来たとの事です。

時代背景やそれに伴う生活スタイルの変化に住宅環境も合せて行かなくてはならないという事を強く感じました。

さて、上の2枚の写真は研修中にプロジェクターに映し出された、ある住宅の昼間と夜のイメージです。
左側の昼間のイメージは、まさに現在のエクステリアのトレンドが沢山盛り込まれた、とてもバランスの良いお洒落なデザインとなっています。
特に、白基調の塗り壁を背景に中央に配置された大小のタイル貼りの門袖、そして枠となるアーチがとても印象に残ります。
そして右側の画像は、ライティングを施したイメージとなります。
このライティングイメージの中で特に印象的なものとしては、沢山盛り込まれた光源を見せない様して明るく見せる"間接照明"の技法があります。


駐車場壁面の間接照明
IMG_5183
門周りの様子。それぞれの照明が効果的に照らしている。

まず駐車場に面している花壇と白い塗り壁。

こちらには、花壇内に設置したバー形状の"LEDラインライト"を設置し壁面を間接的に照らす事で、駐車場全体を明るく見せています。又、壁面に浮かび上がる植栽のシルエットが立体的且つお洒落な雰囲気を醸し出しています。
門周りでは、右側のタイル門袖を床に埋め込んだ"アップライト"にて上方向に照らしタイルの凹凸感を強調。
今迄のように表札のみを照らすのでは無く、門袖全体を照らす事でその存在感を上げています。

門前からお庭に掛かるアーチには、上から照らす"ダウンライト"を設置。
門周りの空間をお洒落に照らすだけではなく、地面に浮かび上がる反射光が"公(パブリック)"と"私(プライベート)"の空間を区分けするといった機能性も兼ね合わせています。
(実はこの手法、私もアーチを入れたプランの中で使っております。)

更に、左側前後に設置してある門袖の間にもスポット照明を組み込みシンボルツリーを照らす事で、高さの表現を強調させ立体的且つ奥行感のある空間演出をしています。
そして、これだけ様々な場所に照明を設置してあるにも拘わらず、明るい昼間には照明器具が目立たずエクステリアとしての景観を損なう事がありません。

…と、いった具合に、今迄の"防犯灯として"や"暗い外を明るく照らす"という機能性だけを考えた照明計画ではなく、機能性の他に"昼間の景観"や"エクステリア設備の素材感の強調"といった点も加味したライティングの考え方が、これからの照明計画の当たり前の姿となりそうです。

研修会を受講しながら、照明の持つ意味とその奥深さも強く感じました。


従来品の問題点。メーカーとして、それ等を克服するには…と、いったこれからの新製品開発経緯の説明を受けました。
そして、誕生した新製品。スポットライトもスッキリとしたデザインが特徴的です。

そして、上のイメージにあるライティング技法を可能にする製品という事で、Panasonicさんから今春新しく発売される製品に関しての説明がありました。
メーカーとして実際多くの現場へ行き、ユーザー様・施工業者・エクステリアデザイナー等の色々な意見を反映させて開発された物が、右上の画像の新製品との事。
従来迄の製品と大きく違う事は、照明器具として性能はそのままで製品自体が小さくなり余計な出っ張りが無いスリム且つシンプルなデザインになった事でした。
これは、LED照明には無くてはならない照明器具に内蔵された電流の変換器をここ数年の技術革新によって小型化出来た事が理由との事です。


実際の照明例の画像です。従来品に比べて非常にスリムになりました。
ガーデンポールライトもこの大きさ。光源を見せずに足元や上方向を照らす事が出来、とても画期的です。

上の写真は、会場に持ち込まれた新しい照明器具の写真です。
実際に見てみると、意匠性はとてもスリムで大きさは小さくなったのにも拘わらず、照らす明るさは従来品と変わらずとても明るいです。
右側のポールライトをみても、ポールの太さが以前の製品と比較すると、とてもスリムになりました。
光源を見せず、下方および上方をしっかり照らすライトもとても新鮮です。
これ等製品を見て、技術の進歩を強く感じました。
これ等を使う事で、お洒落にデザインしたエクステリアに対し昼間は風景に溶け込ませ、夜は効果的にしっかり照らすと言ったことが出来るのです。

今回の研修会では、最新のエクステリアデザインのトレンドを通じて、新しいエクステリアライティングの考え方を学ぶ事が出来ました。
私たちエクステリアプランナーは、様々なお客様からのご依頼に応えるためために日々勉強を怠りません。
エクステリアライティングは、正にその重要な要素の一つです。
この様な一つ一つの知識が、少しでもご依頼頂いたお客さまにとってお役に立てるものであれば何よりです。
今回学んだ新しいライティング技法、そして今回ご紹介した新製品を駆使して、早速これからのエクステリアプランニングに活用しようと考えています。

是非ご期待下さい!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

イゲタヤE&Rでは、まず最初に"ファーストカウンセリング"と称しましてご来店戴きましたお客さまとエクステリアの色々なお話をします。
"ファーストカウンセリング"の内容につきましては、"提案力に自信あり!ケース別事例集"をご覧下さい。

新築外構・エクステリアリノベーション・リガーデンをご検討されている方とファーストカウンセリングをしていると意外と見落とされがちな事があります。

それは、"エクステリアの照明"です。

"エクステリアの照明"なんて聞くと、概ね皆さんのイメージは防犯用スポットライトを思い浮かべるようですが、ここのところ"エクステリアの照明"の概念が大きく変化をしています。本日は、"エクステリアの照明"の最新事情のお話です。


LIXILテグランネオを使ったファサード提案。表札部にあるライン照明がとても効果的です。
機能門柱の照明以外にポールライトを2箇所設置しました。設置する位置や部材にも理由があります。

上の2つの写真は、共にファサード空間の照明を設置した例です。
因みに"ファサード"とは建物の正面という意味ですが、私たちは門まわり・玄関まわりの空間に対しての総称で使用します。又、特にこの地域の場合、同様に車庫まわりも含めて使う事もあります。

"機能門柱(門袖)"と言われる、表札・インターホン・ポストが一体となった製品には照明が当たり前のように付いてくるようになりました。
理由としては色々あるのでしょうが、機能的な面から言うと安全性の向上ですよね。他にも光が与えてくれる華やかさやそれに伴う癒しの作用も聞きます。


照明を設置するコツは数よりも位置です。
地面に照明を照らす事により空間を仕切る事も可能です。

又、要所々々に照明を設置する事によってフォーカルポイントを強調する効果や、車を駐車する際の幅寄せの目安、空間の仕切りといった更なる機能面も追加されます。


ガーデン照明は夜のお庭の使い方も便利にしてくれます。

ファサード空間だけでなく、お庭に照明を設置する事で"眺めるだけのお庭から楽しめるお庭"に変化します。

照明設置は費用対効果が高い事も特徴です。導入時に必要なイニシュアルコストだけでは無く使用時に掛かるランニングコストも明るさセンサ+人感センサの活用やLEDの普及で、かなりお安くなりました。

照明器具も色々なメーカーより色々な製品が出ています。
お客さまとのお話の中で「あまりにも種類が多過ぎてどれを選んで良いのか分からない」とご質問を戴きましたが、どこに設置するのか又、何を照らしたいのかによって自ずと選ぶ製品が決まってきます。

あと、少々マニアックなお話ですが照明を照らすのに必要な電源。照明製品には大きく分けて"100V電源"・"ローボルト電源"・"ソーラー電源"・"バッテリー(乾電池)式電源"の4種類の製品があります。
それぞれ、設置や使用に於いてメリットとデメリットがあります。簡単に書くと以下の通りです。

・100V電源/メリット:安定した電源で照明の性能を最大限活用出来る。デメリット:施工には電気工事士の資格が必要。
・ローボルト電源/メリット:施工には資格は不要。製品自体の照明としての性能も高い。デメリット:配線の長さにより明るさが安定しない又は点灯しない事がある。トランスや配線等各メーカーの専用品となる為選択が限られ費用も高め。
・ソーラー電源/メリット:配線不要で設置が可能。デメリット:電源が安定しない為、点灯しない事もある。
・バッテリー(乾電池)電源/メリット:配線不要で製品の費用が安価。デメリット:照明としての性能が低い。製品寿命がバッテリーの寿命に依存する。

私たちが施工の際、使用するのは概ね"100V電源"か"ローボルト電源"です。アプローチやガーデンポーチ・駐車場に照明を埋め込む時には"ソーラー電源"を使用する事もあります。
ここで大事なのは、お客さまの要望する使用方法や場所、当然ご予算も考慮した上で適切な物を提案する事。

先にも書きましたが、照明設置はとても費用対効果が高い工事だと考えています。エクステリア工事をご検討中の皆さま、是非エクステリア照明の設置も考えてみてはいかがでしょうか。
自信を持ってオススメします!



ホーム » マネージャーのブログ

ブログカレンダー

<   2019-03   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
タグリスト
  • ファサード
  • クローズド外構
  • セミクローズド外構
  • エバーアートボード
  • 目隠しフェンス
  • 人工芝
  • インターロッキング
  • 完工まとめ
  • プラスG
  • 特殊な工事
  • 入隅空間の有効活用
  • ウッドデッキ
  • 樹ら楽ステージ木彫
  • 和モダン
  • プランニング
  • ホームページのバージョンアップ
  • リードデッキ
  • 樹ら楽ステージ
  • 屋外コンセント
  • 美彩シンプルラインライト
  • ウッドデッキの点検口
  • 小さなお子さまの安全対策
  • 古いブロック塀の改修
  • サニーブリーズフェンス
  • レストステージ
  • 乱張石貼り工事
  • アースカラー
  • マイリッシュOK
  • UNISUSポスト
  • テラス屋根の修繕工事
  • レイスクリーン
  • レンガ調タイル
  • オリジナル門袖
  • 美彩グランドライト
  • デザイナーズパーツ
  • エアコン室外機移設
  • フロアビーズ
  • アプローチの舗装
  • フラットパン
  • デッキ上の手摺
  • アーキレール
  • ガーデンシンク
  • 立水栓
  • カーポート
  • フーゴ900
  • サイクルポート
  • フーゴミニ
  • 駐車場造成
  • ナノコンポジットW
  • 外壁塗装
  • トランス
  • エクステリアの照明
  • 美彩グラスウォールライト角型
  • ベランダ手摺モダンパネル
  • 鋤取り砕石填圧
  • ブロック積
  • ローシェン
  • ソルディーポート
  • エクステリアコンテスト
  • 植栽工事
  • 無金利リフォームローンキャンペーン
  • クリエカラー
  • 物置設置
  • NEXTA
  • イナバ物置
  • スピーネ
  • テラス屋根
  • サイドパネル
  • テグランネオ
  • アーキフラン
  • 庭王門
  • ハイグリッド門扉
  • 既存塀フェンス設置
  • コア抜き工法
  • 前後勾配カーポート
  • ケミカルアンカー工法
  • 人工芝(砕石ベース)
  • 人工芝(コンクリベース)
  • エルドラドクォーツイエロー100方形
  • 駐車場コンクリート工事
  • 二世帯住宅外構
  • 二世帯住宅外構
  • スマートエクステリア
  • キャンペーン
  • 新築2世帯住宅外構
  • 新素材フェンス
  • タイルポーチ(デザイン貼り)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 人工木デッキ造り替え
  • タイルデッキ
  • ゴルフパット向け人工芝
  • ゴルフパット向け人工芝
  • 2018年総括
  • 新素材フェンス
  • セミクローズド外構
  • 宅配ボックス
  • イゲタヤE&R

    エクステリアオフィス
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ南平店内)
    〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

    八王子サテライト
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ八日町店内)
    〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

    TEL:042-591-8497
    メールお問合せはこちら

    施工エリア
    東京都の以下地域となります。
    日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
    本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
    保護しております。