このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

またまたご無沙汰してしまいましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
実は、当ホームページを司るサーバーの方で不具合が出てしまった影響で、しばらくの間Blogをアップする事が出来ないでおりました。。申し訳ありません。
天変地異は突然の如くやって来るものですが、こういったPCでのトラブルも同様に唐突に起きてしまう物で、とても困ってしまいますね。。
また、そのトラブルが起きたのも連休中と云ったとても悪いタイミング。
連休が明けてようやく正常になりましたが、PCやスマートフォン等のITと生活が密接になっている現在、こう云った事態は天変地異と共にとても怖いものですね。
と云う訳で、本日から改めまして宜しくお願い致します。

さて、天変地異と云えば昨日3連休最終日に当たる20日は”敬老の日”でしたが、台風16号による荒天に見舞われて様々な所で被害に見舞われてしまったようですね。。
浸水、暴風による車両の横転や建屋の破損、川の増水、更にはアンダーパスでの道路冠水。
特に台風の勢力が強い状態だった西日本にて、こう云った被害が多く発生してしまったようです。
確かに毎年この時期は台風が多く接近する時期で、とても頭を悩まされる事が多くありますが、今年は8月のお盆の頃から昨日に至るまで、計6個もの台風が日本に上陸すると云う、今までにない異例続きの事の様です。
また、このたび重なる台風や雨続きの天候で、様々な産業に多大な影響を与えられてしまっている様です。
私たちの様な外構リフォームを請け負っている業者にとっても、この悪天候はとても悩ましい物で、工事を受注させて頂いたお客様に長い事お待ち頂いている状態が続いてしまっております。
お待ち頂いているお客様にはこの場を借りて、深くお詫び申し上げます。。
なんとか一日でも早く天候が安定して、施工に支障ない陽気になる事を願うばかりです。

さて、そんな荒天が続く中、先日無事完工した施工案件がありますので、そちらの事をご紹介しようと思います。


リガーデン工事を進行中の稲城市 T様邸。前回のBlogではデッキの大半が出来上がった所で施工が終了してしまいました。

リガーデン工事を進行中の稲城市 T様邸。
前回ご紹介した際では、上の写真の様にデッキの概ねの部分が出来上がった所で、雨が酷くなってしまい終了せざる負えませんでした。。
さて、それからどの様になったかと云いますと・・・


側面の幕板も設置され、見事に完成する事が出来ました!

上の写真の通り、無事完成する事が出来ました!
連休中の中で、なんとか小雨の状態の日を選んで施工を進め、雨が酷くなる頃には作業を終える事が出来ました。


下部の幕板は全周囲に設置され、非常にスッキリとした納まりとなりました。

奥側の広く取った箇所の下周りにも、この通り綺麗に幕板を納める事ができ、全体的にとてもスッキリとした佇まいです。
また、幕板下に微かに見える黒い物体は、小動物がデッキ下に入り込まない様に設置したメッシュフェンスです。
色も黒を選んでデッキ材の色目に溶け込むようにし、パッと見では気付きずらいぐらいに良い納めとなりました。
右奥に見える懸案事項であった、建屋の通風孔の開閉に関しても、デッキの幕板位置やステップの高さ等を事前にお施主様・職方・私とで話し合ったお陰で、意匠・機能を損ねる事無く無事納める事が出来ました。


最後に私がCADでお造りしたイメージです。

最後に、私がCADにて描いたイメージ図と実際のイメージを改めて見比べてみましょう。
上の写真は、私が描いたイメージ図です。


そしてこれが実際の完工した現物の写真です。

そしてこれが、実際に完成した現物の写真です。
撮影した角度は違いますが、ほぼイメージ通りに仕上がったと云えます。
しいて言えば、CADの中では表現しきれない”素材の質感””自然の光の加減”そして”雨によるしっとりとした情景”が加わるお陰で、”現物はCADイメージの120%の出来栄え”と云っても過言ではないと思います。
そして、今回お選びさせて頂いた「三協アルミ コレットフェンス」と「LIXIL 樹ら楽ステージ木彫」とお庭とのマッチングが非常に良かった云えます。
改めまして、この様な素晴らしいお庭空間にてリニューアル施工をさせて戴きましたT様には深く感謝申し上げます!
本当にどうもありがとうございました。

如何でしたでしょうか?
今回の案件は、非常に完成されたお庭空間でのデッキ・フェンスのプランで、私プランナーとしても非常に難しい案件でしたが、とても良い雰囲気に仕上げる事が出来ました。
これからこのお庭空間と共に、T様には末永いお付き合いをして頂ければと思います。
そして私も、次に控えている案件に向けて更なる良いプランニングが出来る様に、ここで培ったノウハウをしっかり活かそうと思います。
是非今後も、私たちイゲタヤE&Rの活躍をご期待頂ければと思いますので、宜しくお願い致します!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日もオリンピックではホットな話題で持ちきりでしたね。
昨日のBlogにて書いたテニスの錦織選手も、3位決定戦にてナダル選手と対戦して見事勝利!
日本テニス界初の銅メダルを獲得する事が出来ました!
序盤は錦織が優勢にゲームを進めていたのですが、2セット目に入ってからはナダルが意地を見せてブレイク。
今までであればこのままだらだらとナダルへと勢いが動いてしまっていた所を、再び錦織が立ち直り見事勝利!!
見ていて「日本人もやればでいるんだ!!」という勇気を与えてくれている様に思えました。
また逆に残念だったのは女子卓球団体。
ドイツとの準決勝で勝てば目標と云われていた銀メダル以上となったのですが、一歩及ばず敗退。
最後の福原選手が、試合が終わった後も呆然とコートに立ち尽くしていたのがとても印象的でしたね。
是非気を取り直して、3位決定戦を勝利で決めて銅メダルを手に入れて貰いたいものです。
がんばれ!NIPPON!!

そしてもう一方で本日は日本にとって大切な日である「終戦記念日」を忘れてはなりません。
終戦から71年、周りでも徐々に戦争を経験している世代の人たちが減りつつあります。
私の家も、戦時中に沖縄戦で祖父が戦死しており、その後、家や店を支えた祖母も今年他界してしまいました。
戦時中の話を祖母が私達に小さい頃から良く話してくれていましたが、今の歳になってその重みを強く感じます。
数年前にも「永遠のゼロ」と云う映画を見て強く考えさせられましたが、今の平和な日本の世の中があるのは、戦争の際に犠牲になってしまった方々の力があったからこそと云う事を知る事ができ、祖母の話と重ね合わせて涙した事を思い出します。
是非これからも先人たちの思いを胸に、平和な世の中を大切にしていきたいものですね。

さて本日も、現場にて動きがありましたので進捗状況をご報告しようと思います。


八王子市 F様邸

八王子市 F様邸。
本日にていよいよ追い込み!
残りの部材を設置して、完璧に仕上げて行きます。


前回の施工で設置したアルミ材に、なにやらアルミ製のレールの様な部材が付きました。
そして片側にはアタッチメントの様な部材が柱に設置されました。

前回の施工にて、前面スクリーン上のフレームにアルミ角材が設置されておりましたが、今朝伺った時には、その角材に何やらレールの様な物が設置されていました。
更に逆側の柱には、何かのアタッチメントの様な部品が設置されております。


なんと設置された部材は、収納可能な”網戸”でした。
片側の方にも、収納網戸のもう片方が設置されました。

そしていよいよ本体を組み付け。
これで何が設置されたかお分かり頂けたかと思います。
そうです!ルーム内への蚊対策第二弾は、スクリーン後方の”収納網戸”の設置でした。
この収納網戸、LIXILのガーデンルーム”エクシオール暖蘭物語供匹離プションである収納網戸をF様邸様にカスタマイズして設置した物です。
これにより、前面のスクリーンの開閉の支障が無く、更に景観も損ねる事無く網戸を閉める事が出来ます。
更に網戸は左1スパン×右3スパンの分割式となっており、収納した際の吊戸の開閉も考慮しております。
左右から網戸を閉じた際、中央の戸当たり部分はマグネットで固定されるようになっており、非常に使い勝手の良い網戸です。


さらに屋根へはもう一工夫。降雪の際に雪が天井に着雪しない様、中央に”融雪パイプ”を設置しました。
”融雪パイプ”はデッキ下に配管されており、降雪時に備え付けのホースと水道を接続して流水する事で、着雪を防ぎます。
降雪の際は、水道ホースを水栓に接続して流水開始。
融雪パイプから左右均等に水が流れて”水の膜”を作り、着雪を防ぎます。

更に屋根に一工夫を施します。
今回の屋根構造の場合、プランを考える際に一番の問題となる事として”冬季の雪対策”が挙げられました。
設置場所が入り隅の箇所となるため、屋根で塞ぎますと当然雪の逃げ場が無くなってしまいます。
これでは雪下ろしを行う事も困難で、最悪雪の重みで屋根を破損してしまう恐れがあります。
そこで、IB建工の親方から一つのアイデアとして、”屋根上の融雪パイプの設置”を挙げて貰いました。
実は親方、公共工事にて雪深い東海北陸自動車道の飛騨トンネルの施工にも携わっており、その際に担当した工事が”融雪設備設置工事”だったのです。
その際の経験を元に、現状で用意できる部材にて融雪設備を造作、上の写真の様に設置する事が出来ました。
降雪の際には、右側の写真にあるパイプと水道ホースを接続し、更にホースを水栓と接続して流水。
すると屋根上に設置された”融雪パイプ”から左右均等に水が流れ、屋根に着雪する事を防ぐといった構造としました。
もしもの際の安全対策も、抜かりなく行いました。


最後の仕上げ!デッキ状の傷等をサンドペーパーにて軽く削り、綺麗に仕上げて行きます。
更にデッキ目地塞ぎ材を素足で乗って出っ張り等を確認し、浮いている箇所の修正を行いました。
更に柱周り、サッシ下等の隙間をコーキング剤を使って埋め、下部からの虫が入らない様にします。
最後に掃除機で切粉等をしっかり吸い込み、雑巾でカラぶきして仕上げます。

とても長かった施工も、残りの全ての部材が設置され、ようやく仕上げの工程となりました。
まず施工の際に着いてしまったデッキ上の傷等を、サンドペーパーを使って磨き上げて行きます。
更に素足でデッキ上に乗り、デッキ目地塞ぎ材が浮いていないかを確認し、違和感を感じた所は叩いて出っ張りを修正します。
そして、柱周り・サッシ下の全ての隙間をシリコンコーキング剤にて充填し、デッキ下からの虫の侵入が無い様に施します。
そして最後に、施工の際に出た部材の切粉等を掃除機で吸い込み、乾いた雑巾でカラぶきしながらチェックしていきます。


夕方にてようやく作業完了!スクリーンの網戸の動作も問題なし!!
屋根もホコリをブロアで吹き、綺麗に仕上がりました。
そして、前の工程で設置されたLEDラインライトもしっかりと機能しております。

最後に前面スクリーン・外部コンセント・LED照明等の各設備の動作をしっかりとチェック。
キッチリと動作されている事を確認し、無事完工する事が出来ました!
今まで私が行ってきた案件の中でも非常に難易度の高い案件で、プランニングから今日の完工までの長い間に、様々なハプニング等がありましたが、無事に完成する事が出来て本当に良かったでした。
皆さん、本当にお疲れ様でした!!

如何でしたでしょうか?
今回の案件は、前回のBlogでも書きましたが、各方面の”匠”が一丸となって取り組んだ筋書きの無いノンフィクションのドキュメンタリーの様に思えました。
ご依頼を頂いたのが昨年末。そして今年に入ってから、私たちイゲタヤE&R・商社・メーカー・職方が具現化のために何度も打ち合わせを重ね、時にはメーカー開発側からの「具現化不可能」との見解に真っ向から立ち向かって構造を考え、更にコスト面やメンテナンス等の様々な事、施工の際に起こりうる様々なリスクを乗り越えてF様のご理解を得て御成約を頂き、いざ施工に移った際に起こった様々なハプニングと施工の遅れなどなど・・・。
思い出せば数々のドラマが起きており、まさに”産みの苦しみ”と云う表現が相応しい物でしたが、最後に完成した姿は非常に素晴らしい物となりました。
長い期間、施工にお付き合い頂いたF様には改めて深い感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
また後日、F様の完工写真を改めて撮影しに参るのですが、今からどの構図で撮影するのが一番見栄えするのか非常に悩んでおります。
またその時の様子は、当Blogにてご紹介しようと思いますので、是非宜しくお願いします。
そしてまた次に、別の施工案件が待ち構えております。こちらの案件も非常に遣り甲斐のある素晴らしい物です!
是非御期待頂ければと思いますので、併せて宜しくお願いします!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は昨日同様に、不安定な陽気でしたね。
昨日は夕方の18時ぐらいに、まるでスコールの様な凄い夕立が降りましたが、本日は降りそうで降らない、なんとも危うい感じの空模様でした。
そんな中、今日のお昼ぐらいに裏高尾にある施設へ大型の物置きの部材を運ぶお仕事をして来ました。
大型の物置き2台分のため、軽トラック2台体制にて満載にして運びましたが、久しぶりにとっても良い汗を掻く事が出来ました。
また運び終えた後一息ついていると、高尾山から降ろしてくる風がとっても心地良かったです。
最近は涼を”エアコン”に頼ってしまう事が日常的になってしまいましたが、森の中から来る自然の涼しい風は、身体に優しい”涼”と云え、改めて緑の有難さの様な物を考えさせられたように思います。


施設近くの杉の樹をパチリ!木陰の涼しさは、エアコンには無い気持ち良さがあります。

上の写真は、施設の敷地近くの杉の樹の下からの写真です。
見ていても、木陰からの涼を感じさせてくれている様に思いますね。
そして住宅の外回りを携わっている物として、グリーンの持つ効果をお話しつつ、許される範囲でグリーンスペースの設置をオススメできればと思いました。

さて、今回完工した案件をご紹介しようと思います。


本日ご紹介する現場は、リガーデン工事案件の八王子市 M様邸です。

今回無事完工しました現場は、八王子市 M様邸のリガーデン工事です。
ちなみに施工前の様子は、こちらのBlogをご覧頂ければと思います。
さて、実際にどの様な雰囲気になったのでしょうか?


サークルの植栽スペースと広大な芝生のグリーンが鮮やかな、気持ちの良い空間となりました。

この様に広大なグリーンの芝生空間が気持ちの良い、素敵なガーデン空間となりました。
また、お庭内に大きく取りましたサークル状の花壇空間、そしてそこに植えられた”エゴノキ”がとても印象的です。


テラスからの眺め。テラスのアイボリー系のタイルと芝のグリーンの対比がとっても綺麗です。

こちらはテラスからの眺め。
既存のアイボリー系のタイルテラスと芝生のグリーンとの相性はとっても良く、より一層タイルテラスの良さを引き立てられています。


以前は重々しい土留めに囲まれていた空間も、ウッド調のシンプルなフェンスに上手くカバーされ、とてもお洒落な雰囲気に変わりました。

こちらは駐車場側からの眺めです。
以前は重々しい土留めに囲まれていて暗い印象だった空間も、ウッド調のシンプルなフェンスで上手くカバーされた事により、モダンでお洒落な空間に生まれ変わりました。


サイドヤードは、レンガを使った明るい菜園スペースに生まれ変わりました。
菜園スペースは3分割とし、見切りのレンガを広めにとる事で、奥側にも手が伸ばせるように工夫しました。

そして奥側のサイドヤードには、レンガを使った明るい菜園スペースを作りました。
菜園は3分割とし、その年毎に植える物を入れ替え、”連作障害”が出にくい様にしました。
また、見切りのレンガを広く取る事で菜園奥側にも手が届く様に工夫してあります。
シンプルではありますが、菜園としてはとても使い勝手の良い物になりました。


こちらは、最初に私がCADにてお造りしたイメージ図です。
そして実際に出来上がったお庭。今回もしっかりと具現化する事が出来ました。

最後に私がCADにてお造りしたイメージと、実際の完成した同アングルの物を並べて見ました。
今回もお陰さまで、イメージ図通りしっかりと具現化する事が出来ました。
プランとしてはとてもシンプルなものではありますが、その分広大なお庭空間にて、自由に思いっきり使えるとても素敵な空間となりました。
これからM様御一家が、このお庭を通してより一層の楽しい日常生活を送って頂ければ幸いです!
是非是非、末永いお付き合いをして頂ければと思います。ありがとうございました!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は昨日に比べて幾分か天気の方も落ち着きましたね。
湿気がある分、少々ムシムシはしたものの、過ごし易い一日でした。
さて、以前ご紹介した事がある当店の店頭にある花壇。


5月下旬に植えた花壇の様子。サルビア・ユーフォルビア・ガザニアを植えました。

上の写真は、以前ご紹介した5月下旬に植えたばかりの様子です。
植えた物は、赤い花の”サルビア”・白い小花の”ユーフォルビア”・黄色いお花の”ガザニア”です。
夏の暑さにも耐えられる丈夫なお花としてご紹介いたしましたが、今現在どの様になっているのでしょうか?


梅雨の蒸し暑さにもしっかり耐え、元気に育っております!

この通り、梅雨の蒸し暑さに加え、陽によっては10℃位の寒暖の差が続いた過酷な時期に、この様に元気に育っております。
特に一見化弱そうにみえる”ユーフォルビア”が生育旺盛に育っている事が良く分かります。
梅雨時期で日照時間が短いのもあり、少々お花の数が少ないですが、それでもこれだけ元気に育ってくれて嬉しくなってしまいますね!
かなり大きくなったので、一度切り戻しをしてサッパリさせてあげて、同時に追肥を施してあげればまた元気なお花を咲かせてくれそうです。
それにしても過酷な環境の中、こうして元気に育つお花達、その丈夫さには本当に驚かされます。
これからいよいよ夏本番!その中でもどの様に変化していくのかとても興味深いものです。

さて、本日も昨日に引き続きまして、先日完工したもう一案件をご紹介しようと思います。


完工したもう一件は、八王子市 A様邸です。

本日ご紹介するもう一件は、新築外構工事をご依頼頂いてました八王子市 A様邸です。
以前Blogにてご紹介した際は、道路工事の関係でフェンスのタイルを途中までに仕上げ、道路工事の目途が立った所で施工再開としておりましたが、今月初めに入り、行政の方がようやく道路工事を進めてくれたお陰で、未施工部分のタイルも貼る事が出来ました。


やはり、全面的にタイルが仕上がりますと、より重厚感が増してとっても素敵です。

道路に関しては行政の管轄になるため、私たちの方でどうにかなるものではないのですが、思いのほか早めに施工が進んでくれて助かりました。
お陰で、新たに設けられた”L型側溝”の高さに合せて最下部までタイルを張る事が出来ました。
やはり、一番下までタイルを貼る事で、全体的に重厚感が増し、とっても素敵なフェンスになりました。


逆側から見た様子。とても広範囲のため、タイルの焼きムラがとても良い味となっております。
表からとても良く目立つコーナー箇所も、建物の外壁ととても良くマッチして素晴らしい出来栄えです。

一番目立つ“コーナー部”に関しても、この通りとても良い感じに仕上がりました。
広範囲に渡ってタイルを貼ったため、タイル一つ一つの焼きムラが全体にとても良い味を出しており、非常に良い雰囲気に仕上がりました。
また、建物の外壁との相性も非常に良く、A様邸にとって理想的なフェンスに仕上がったと思います。


そして敷地内に設けた”顔”となる門袖。表で使ったタイルをベースに、親世帯・子世帯にて表札の色目を変えて分かり易くしました。
夜には、上部笠木に設置してあるLEDライン照明が、間接的に照らします。

そして、お家の”顔”となります門袖も、表で使用したタイルを貼ってシンプルに仕上げました。
”2世帯”で使われる門袖という事を考慮し、表札の色目で親世帯・子世帯と明確に分け、機能面・デザイン面をしっかりと両立させた門袖としました。
そして右側は、照明が点灯した様子です。
(IPhoneでの撮影のため、あまり綺麗には撮れておりませんが。。)
笠木内に設置されたLEDライン照明により、光源を直接見せず間接的に門袖と周辺を照らす、最近のライティングのトレンドに沿った物としました。
昼間の清楚な雰囲気と、夜間のムーディーな雰囲気との両面を見せられる、とても素敵な門袖となりました。


こちらは施工前にCADにてご提案したイメージ図です。
そして実際に出来上がった完工写真です。

最後に、私が施工前にCADにて描いたイメージ図と、実際に出来上がった写真を並べて見ました。
昨日ご紹介したI様邸同様、イメージ通りに仕上がりました。
そしてCADでは表現しきれない実際の”素材感”がプラスされるので、現物はそれ以上の仕上がりと云えます。
かなり長期間に渡っての施工となりましたが、常に温かい眼で見守って頂いたA様には本当に感謝です。
改めまして、ありがとうございました!

如何でしたでしょうか?
昨日に引き続き、A様のお宅もとても良い雰囲気に仕上がりました。
A様にお話しを伺いましたら、これから徐々に植栽をいれたりアプローチを設えたりして楽しんでいくとの事です。
私たちがご提案したこのエクステリアをベースに、今後どの様に変化させていくのか、お話しを伺いながら楽しい気持ちにさせて頂きました。
エクステリアは、関東圏では住宅を建てた際に比較的後回しにされてしまう分野でありますが、例え建物が立派なものであっても、周りが手付かずの状態では良さが半減してしまいます。
しかし、綿密に打ち合わせさせて頂いてこうして出来上がりますと、エクステリア一つによって、家そのものの風格等々を形づける非常に重要な物である事がお分かり頂けると思います。
ご覧頂いている皆さんの中にも、新築を御検討されている方が多くいらっしゃると思いますが、是非エクステリアにも着目して頂いて、私たちが描いたBlog等を参考に再度御検討されて見ては如何でしょうか?
もしご興味をお持ちいだたきましたら、”お問い合わせフォーム”より是非お気軽にご相談下さい。
そして、I様やA様の様に少しでもエクステリアの価値を見出して頂ければ幸いです。
是非宜しくお願い致します!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は一日はっきりしない空模様でしたが、なんとか雨に降られずに済みましたね。
しかしニュースでは、局地的に大雨や突風の被害のニュースが流れていて、その光景に驚くばかりでした。
今の所こちらの方では雷や雹、突風等の被害が無いので良いのですが、ああ云ったニュース映像を見ると不安になってしまいますね。
このまま平穏に夏へと季節が移ってくれれば良いのですが。。

さて本日も、施工の方に動きがありましたので、その事をご報告しようと思います。


まずは昨日にてカーポート工事が完了しました日野市 K様邸です。

まず1件目は、昨日にてカーポート工事が完了しました日野市 K様邸です。
写真の通り、イメージ通りの仕上がりとなりました。


建物側に絶妙な位置に設置し、お隣さんへ雨水が行かない様に考慮しました。
柱や縦梁の位置も、開閉に支障が無い位置に納める事が出来ました。

柱、梁の位置も窓の開閉に支障が出ない絶妙な位置に設置する事ができ、且つ建物に近い位置に設置する事により、お隣さんへの雨水の配慮をした位置に設置する事が出来ました。
今回選んだカーポート「三協アルミ マイリッシュOK」の新色 アースカラーとの相性も抜群に良く、まさに理想的なカーポートとなりました。
この様な良い工事をさせて頂きましたK様には本当に感謝です。ありがとうございました!


2件目は、ファサード工事を進行中の日野市 I様邸です。

2件目の現場は、ファサード工事を進行中の日野市 I様邸です。


1段目の乱張り石ポーチは目地も入り、綺麗に完成しました。
駐車場箇所には、アクセントとなる乱張り石の施工を始めました。

左の写真の通り、1段目の乱張り石ポーチは目地も入り、綺麗に仕上げる事が出来ました。
そして次の工程として右の写真の通り、駐車場部の真ん中にアクセントとして配置する乱張り石施工を始めました。
左右前後のバランスをしっかりと取って、担当職方の斉藤さんが丁寧に施工を進めてくれます。


午後には乱張り石も配置完了!後は周りにコンクリートを打設して駐車場部は完了します。

そして午後にはこの通り、乱張り部も綺麗に設置されました。
1段目乱張りポーチのデザインと共通性を持たせるための乱張り石アクセントですが、こうして見ますととてもバランスの良い配置となりました。
後は周りにコンクリートを打設すれば駐車場部は完成します。今からとっても楽しみです!


そしていよいよ、今回の施工においての重要箇所となる、右側既存塀へのボード化粧工事に入りました。
ポスト・インターホンの位置をくり抜いては嵌めて見て、更に合わない箇所を削って調整します。まさにミリ単位のお仕事です。
当たる箇所を見つけてはこうして細かく削って行きます。こういった細かい所も拘るあたり、さすがタイル職人です。
そしてもう一度嵌めて見て、壁とボードとのフィッティングを見ます。

そして今回のプランでの最も重要となる部分、右側既存塀のボード貼り施工へと移りました。
今回使用する部材は、販売されてからまだ日が浅い新商品「タカショー エバーアートボード」です。
実際ボードを拝見しますと、素材のディテールを忠実に再現されたとてもリアルな物でした。
そのボードへ、ポスト・インターホンの位置を確認しては丁寧に切り抜いて実際に嵌めて見て、当たる箇所が見つかればもう一度外して削り、更に嵌めてフィッティングを見ると云ったとても根気のいる作業を繰り返します。
一見すればただボードを嵌めるだけの単純な施工の様に見えますが、実は数ミリ単位で削ったりしては調整する、ある意味難易度の高い施工となります。
そういった作業を難なくこなす斉藤さん。普段ミリ単位で施工を行うタイル職方の本領発揮です。
そしてその作業を何回か繰り返し、夕方には絶妙な感じで見事加工に成功しました。
本日は完全にボードを貼りつける所までは行いませんが、かなり良い仕上がりになる事は確かです!
経年劣化でかなり傷んでしまった塀が、どの様に様変わりするのか是非御期待頂ければと思います。

という事で、今日はなんとか雨にも降られずに一日施工を進める事が出来ました。
どちらの案件も、新商品を積極的に盛り込んだプランで、それが良い効果を発揮してくれている事はプランナーにとって喜ばしい事です。
今週は比較的梅雨空となる割合が多い様ですが、また施工に動きがありましたら当Blogにてご紹介いたしますので、是非宜しくお願いします。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

一昨日・昨日と2日ほどBlogをお休みさせて頂き、申し訳ありませんでした。
本日より再びBlogを再開いたしますので、是非宜しくお願いします。
さて昨日頂いた休暇にて、夜にとある所へ行って来ました。


見覚えのある不二家の看板では?見下ろす光景は中々無いですよね。
さらに隣にはソニーの看板も見えます。

上の2つの写真から、どことなく見覚えのある所だと思いませんか?
左は不二家の特徴的な看板。右はソニーの看板。これで何となくお分かりになった方もいらっしゃるのでは?
そうです。答えは「銀座4丁目」の風景です。
しかし、どちらの光景も大抵は下側から見上げる事が多いと思いますが、それをなんと上から見下ろすなんて不思議と思いませんか?
実は昨日伺った所は、


銀座の新しいスポット「東急プラザ銀座」の屋上にある「キリコテラス」という所です。
植栽も下からしっかりとスポットで照らし、シンボルツリーとしての存在感があります。

銀座に出来ました最新スポット「東急プラザ銀座」の屋上にあるガーデンテラス「キリコテラス」です。
銀座の大人な雰囲気にとってもマッチした、非常にモダンでシックな空間が広がり、上部には植物を植えて造った「グリーンウォール」がぐるりと囲み、奥側にはシンボルツリーがとても良い雰囲気で植えてあります。
まさに現在における「都会のオアシス」とはこの様な空間なのかと考えさせられます。
また、先日のBlogにて、ライティングのお話しをしましたが、まさにその手法を使ったライティングにてグリーンがとってもお洒落に浮かび上がり、全体的にお洒落で優しい空間を醸し出しております。
銀座という都心の一等地で、この様なお洒落な空間がある事、本当に贅沢の一言に尽きました。
ちなみに場所は、有楽町駅から数寄屋橋交差点に向かった所にあり、となりはソニービルがあります。
もちろんショッピングモールなので入場料掛かりませんし、中にはとてもお洒落なショップが並んでいて一見の価値はアリだと思います。是非お出掛けになる事をお勧めしますよ!

さて本日は、2件の施工現場へ伺って来ましたのでその事をご紹介しようと思います。


1件目は、八王子市 A様邸です。

1件目は、八王子市 A様邸です。
改めまして、レンガタイルと鋳物フェンスの雰囲気がとってもお洒落な良いエクステリアとなりました。


本日最後の工程となる電気工事が入り、インターホン・照明が入りました。
こちらは照明の12Vトランスユニットです。このユニットは、タイマーセンサースイッチの機能も内蔵されております。

そして本日電気工事が入り、上の写真の通りインターホン、そして照明が入りました。
さて「照明?どこに??」と思われる方も多いと思いますが、実は今回の照明は上部のアルミ笠木内に組み込まれている「LEDバーライト」にて間接的に点灯する様に工夫されております。
更にこの照明、電圧を100Vを12Vに落とす事で安全且つ省電力となり、更にトランスユニットに組み込まれている明るさセンサーとタイマーにて自動点灯・消灯する優れモノなのです。
本当は肝心要の点灯した様子をお見せしたいのですが、残念ながらここ最近の日の長さで、暗くなるのが20時ぐらいと遅くなりすぎてしまっていて撮る事が出来ませんでした。
改めて別の機会にて、点灯している様子をアップしますので、是非御期待頂ければと思います。
A様邸では本日にて、予定しておりました工程が全て無事終了となりました。
ただし、実は最後の工程として道路際フェンスの下部のタイル貼りが残っております。
これは、今年度中に行われる道路工事にてフェンス沿いに「L型側溝」が設置される事に伴い、敢えて残す様にしました。
いつ行われるかは行政次第というなんともやるせない気持ちでいっぱいなのですが、一日でも早く施工にあたりたいものです。
またこちらも、今後施工に動きがありましたらこのBlogにてご紹介しますので、是非御期待下さい。


2件目は多摩市 J様邸です。

2件目は、多摩市 J様邸です。
こちらもLIXILの木調色である「クリエモカ」で統一されたエクステリア、とっても温かみがあって素敵なデザインに仕上がりました。


ようやくオリジナルガーデンシンクが設置されました。下部のコンクリート基礎にはモザイクタイルが貼られ、そても可愛らしい仕上がりです。
更に電気工事も入り、先日設置されたポイントライトのトランスユニットがシンク横に配置されました。

そして最後の工程となる、ガーデンシンクの設置と電気工事の工程となり、上の写真の通り無事納める事が出来ました!
ガーデンシンクは、全体的にピンク系のパステル調のモザイクタイルがとても色鮮やかな物で、今回のウッドデッキ空間に可愛らしさをプラスしてくれています。
先日水栓柱を支えるために造ったコンクリート基礎には、別途用意したモザイクタイルを張る事で無骨さを解消!
全体的にとっても良い感じに仕上げる事が出来ました。
そしてシンクとコンセントの間には、先日設置された「LEDポイントライト」のための12Vトランスユニットを設置。
とっても機能的な配置となりました。
もちろんこの12Vトランスユニットも、最初に八王子市 A様邸で御紹介した通り明るさセンサーとタイマーが内蔵されている優れ物で、自動点灯・消灯を行ってくれます。
こちらに設置されているポイントライトは、夜間になりますと上部の「LIXIL レイスクリーン」を下から照らす事で浮かび上がらせ、間接的に空間を明るくするといった手法を用いたのですが、残念ながら日が長すぎてこちらもその様子を納める事が出来ませんでした。。
こちらのライティングの雰囲気も、後日改めてBlogにてご紹介できればと思いますので、宜しくお願いします。
そしてこちらの案件も、無事に完工する事が出来ました。
長きに渡っての施工となりましたが、お疲れ様でした!


こちらはCADで描きましたJ様邸のイメージ図です。
こちらは実際の完成した様子です。まさに”120%”の出来栄えです!
八王子市 A様邸のCADでのイメージです。
実際に完成した写真です。こちらもCAD以上の仕上がりとなりました!

上の写真は、J様邸 A様邸のCADでのイメージ図と実際の写真です。
多少撮影した角度に違いがありますが、ほぼ同じかそれ以上の仕上がりと言っても良いと思います。
この様に素晴らしい作品が出来たのも、なによりもお施主様を含めたチーム一丸となったからこそ出来上がった物であると思います。
この出来上がりました新しいエクステリア空間にて、これからどの様なドラマが起きるのかプランナーととっても楽しみです!
是非長い間、愛着を持って接して貰えれば、とっても幸いです。
さあ、そしてまた新たに別の施工現場が私たちを待っております。
これからどの様な物が出来上がるのか、今からとっても楽しみです!
また施工現場にて動きがありましたらこちらのBlogにてご紹介いたしますので、是非御期待下さい!
ありがとうございました。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

昨日の荒天とは打って変わって、本日は朝から気持ちの良い青空が広がりましたね!
天気予報によると、昨日の雨と風が大気中の塵を洗い流してくれたお陰で、非常に綺麗な青空になったそうです。
そう思うと、雨や風がもたらしてくれる役目は、とても重要な物なのですね。
お陰で、今日は早朝の日課にしているウォーキングがとても気持ち良かったです!
その代わり、昼間は25℃を超える夏日に見舞われ、とても暑かったですね。
皆さん、くれぐれも熱中症にならない様にこまめに水分を取る様に気を付けて下さいね。

さあ、こんな暑い中、職方さん達が一生懸命汗水流して施工を頑張ってくれました!
今日もそんな頑張りを報告しようと思います。


本日1件目は、八王子市 A様邸です。先日に引き続き、本日もブロック積み工事を行いました。

まず本日1件目は、エクステリア工事を行っている八王子市 A様邸の現場です。
先日マネージャーがBlogにてご紹介しておりましたが、本日も先日に引き続きブロック積み工事を行いました。


家のほぼ周囲にブロックを積むため、かなりの量のブロックとなります。
長い距離を黙々とブロックを積んでいきます。
今回は、家のほぼ周囲をブロックにて囲む「クローズドスタイル」の外構となるため、左の写真の様にかなりの量のブロックを必要とします。
このブロックを、家の奥側から数人がかりで黙々と積み上げていきます。
今日は日中、夏の様な風もないとても暑い陽気でしたので、職方さんが調子を崩さなければと心配しておりましたが、汗水掻きながら黙々としかも丁寧に積んでいきました。


午後にはある程度の形に仕上がっていましたが、まだまだ道半ば。明日も更にブロックを積んでいきます。

午後伺った際には大分形になって来ましたが、まだまだ道半ば。更にブロックを積んでいきます。
職方さん達も暑い中、水平・配筋・目地等を考えながら頑張って作業を進めてくれました。
いつもながら頭が下がる思いです。
これから完工に向けてどんどんと作業を進めていきます。明日もどのぐらい変化するのかとても楽しみです!


本日2件目は、八王子市 K様邸です。本日にてカーポートが完成しました!

本日2件目の現場は、八王子市 K様邸です。
懸案事項が幾つかある中をコツコツとクリアし、本日にてようやく完成する事が出来ました。


LIXIL「ソルディーポート」ナチュラルシルバー&クリエラスク 建物とのマッチングが素晴らしいです。
屋根材は乳白色の「クリアマット」。すりガラス調の屋根材が全体を明るく見せてくれます。

先日のBlogでもマネージャーが話していましたが、この「LIXIL ソルディーポート」は、木調の枠が入るだけでとても印象の変わるカーポートです。
今回お選びした「ナチュラルシルバー&クリエラスク」というカラーが、新しく塗り替えたホワイトの外壁ととても良くマッチしており、K様からも「イメージ通りに仕上がってとても良かった!」とお褒めの言葉を頂きました。
屋根材は、カーポート屋根の中でも断トツの人気カラーである「クリアマット」。すりガラス調の乳白色の屋根材は、太陽の日差しを散光させて空間全体を明るくしてくれます。
また、ある程度照り返しを抑えてくれるので、駐車場に面しているリビングルームも以前より暑くなりにくくなると思います。


全体のイメージ
CADで造り上げたイメージ。

こうしてCADでのイメージ図と実際の写真を並べて見ますと、ほぼイメージ通りどころか、質感も加わるため、「イメージからの120%の出来栄え」といっても過言ではないと思います。
そして何より、施工をご依頼頂きましたK様のお喜び頂ける物が出来上がった事が何よりです。
ありがとうございました!



GWが明けてから、着々と完工した案件が出て来ました。
完工するたびに、お施主様から「なんだか寂しいね」と仰って頂けると、私達も完工した安堵と共に一抹の寂しさの様な物を感じる時があります。
そう思って頂けるお客様と出会えた事を、いつも感謝の気持ちでいっぱいになります。
是非今後も、そんなお客様と出会えるように一生懸命施工等にあたっていこうと思います。
そして明日も、頑張って施工を進めて行きますので、是非宜しくお願いします。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は朝からどんよりとした少々肌寒い天気でしたね。
午前中はあいにくの雨模様に見舞われてしまい、せっかくの日曜日なのに残念だなぁっと思ったのですが、午後からは雨も止み、今日予定されていた各イベントも予定通り催されていた様ですね。
私達の方では、当店にて新築外構のプランニングを御依頼頂いたお客様へ初回のプレゼンを行ったのですが、とてもプランをお気に召して頂いたとの事で、更に様々なご要望を仰って頂きました。
11時から行っていたプレゼンもお互いに熱が入り、気付けば15時過ぎという長い時間お付き合い頂いてしまいました。
それだけ熱心に耳を傾けて頂けた事、本当に有難く思いました。
是非次回のプレゼンへ向けてプランを更にブラッシュアップさせて、御満足頂ける内容となる様に一生懸命努力しようと思います。

さて、本日も曜日に関係なく施工現場の方も動きがありましたので、進捗状況をご報告いたします。


本日1件目は、八王子市 A邸です。天候の様子を伺いながら、予定より少し遅い時間より作業を開始しました。

まず本日一件目は、昨日に引き続きカーポート、サイクルポートを施工中の八王子市 A邸からです。
昨日の段階でカーポートの方はほぼ完成に近い状態となり、今日は雨の具合を見ながら残りの屋根材を張る工程を行います。
さて、その前に更にもう一つ進めていかなければならない工程が控えております。
それは、玄関脇に設置するサイクルポートの施工です。
建物の入り隅内に設置するのですが、その際に考慮しなくてはならない点があります。
それは、「埋設物」です。
建物脇の場合、宅内への「ガス管」「水道管」「汚水管」のいずれかが入っている可能性がとても高く、基礎穴を掘る場合には注意が必要となります。
また、最近の住宅は「ベタ基礎工法」というかなり深く大きな基礎を打つ事がほとんどで、その基礎が建物の際以上に入っている事も多くあります。その際には、なるべく削っても影響が少ない様に建物より離れた所に基礎穴を設けなくてはなりません。
さて、今回の場合はどうなのでしょうか?


まず右側の基礎穴には予想通り、堅牢な建物基礎コンクリートが出現しました。
そして左側からは、汚水管のエルボーが出現。予想通りでした。

やはり想定した通り、右側からは建物の基礎コンクリート、そして左側からは汚水管が出現しました。
早速状況をA様にご覧になって頂いた上で設置位置の打ち合わせを行わせて頂き、前方のスペースが非常に余裕があると云う事で、予定の位置より15cm前方にずらした位置に設置する事となりました。
早速、その位置にて作業を続行しまして、


夕方にはサイクルポートのフレームがほぼ組上がりました。

夕方にはサイクルポートのフレームがほぼ組上げる事が出来ました。
今回設置したサイクルポートは、先に組み上げたカーポートに準じたLIXIL「フーゴRミニ」というサイクルポートです。
デザイン、色目等もカーポートと統一させたため、とても纏まりのある綺麗な納まりとなりました。
更にお客様のご要望により、「着脱式サポート柱」も設置。
これでもしもの降雪時もより安心です。


同時にカーポートも残りの屋根材を張り完成しました。
通し梁の非常に堅牢なワイドタイプカーポート。納まりもとっても良いです。

同時にカーポートの方も残りの屋根材を張り上げ、無事完成させる事が出来ました。
両支持の4本柱に前後1本ずつの通し梁により、とても堅牢な物となりました。
また、お選び頂いた「オータムブラウン」と建物外壁とのマッチングがとても良く、違和感の無い仕上がりとなりました。
本日の作業はここまで。
サイクルポートの仕上げは日を改めさせて頂き、その間自転車の方をカーポート下へ置いて頂くようにしました。
こちらの案件、更なる今後の展開が楽しみです。


一昨日から門の設置工事を進めております日野市 O様邸。ようやく残りの部材も取り付け、完成となりました。

本日2件目の現場は、門設置工事を現在進行中の日野市 O様邸です。
本日にて残りの部材を取り付け、扉等の微調整を行い、晴れて完成となりました。
思った以上に和テイストの門がしっかりマッチングしているので、ホッとしました。


裏庭側の門も残りの部材を取り付け、無事完成しました。

裏庭側の門も写真の通り無事設置完了。
無骨になり易いハイグリッドフェンスも、周りの景観を考慮して「オータムブラウン」という色目にて納めましたが、しっかりと景観に溶け込んだスッキリとした納まりとなりました。
お悩みになっていた野良猫等の敷地内への侵入も考慮して、下部の地面との間隔は5cmに設定。
低めに抑えながらも開閉には支障の無い門となりました。


こちらは私が描いたイメージ図です。
そして今回完成した全体図。同じアングルから見ますと、私が描いた以上に良い物に仕上がりました。

最後に私が描いたイメージ図と実際の完成写真との比較です。
同じアングルにて撮影して見ましたが、私が描いた物以上に非常に良い仕上がりとなりました。
良くお客様へは、「仕上がりはイメージ図の120%の出来栄えになります!」と謳っているのですが、見比べて頂くとまさにその表現通りであると云うのがお分かり頂けると思います。
O様も、仕上がり具合にとても御満足頂きました。
どうも3日間、施工にお付き合い頂きありがとうございました。

日曜日にもかかわらず、両件のお客様には作業を進めさせて頂けて大変有難く思います。
お陰さまで、今日も順調に施工を進めさせて頂けました。
明日も全力投球で様々なお仕事に取り掛かりますので、是非宜しくお願いします!


≪前のページへ || 1 || 次のページへ≫

ホーム » マネージャーのブログ

ブログカレンダー

<   2018-11   >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
タグリスト
  • ファサード
  • クローズド外構
  • セミクローズド外構
  • エバーアートボード
  • 目隠しフェンス
  • 人工芝
  • インターロッキング
  • 完工まとめ
  • プラスG
  • 特殊な工事
  • 入隅空間の有効活用
  • ウッドデッキ
  • 樹ら楽ステージ木彫
  • 和モダン
  • プランニング
  • ホームページのバージョンアップ
  • リードデッキ
  • 樹ら楽ステージ
  • 屋外コンセント
  • 美彩シンプルラインライト
  • ウッドデッキの点検口
  • 小さなお子さまの安全対策
  • 古いブロック塀の改修
  • サニーブリーズフェンス
  • レストステージ
  • 乱張石貼り工事
  • アースカラー
  • マイリッシュOK
  • UNISUSポスト
  • テラス屋根の修繕工事
  • レイスクリーン
  • レンガ調タイル
  • オリジナル門袖
  • 美彩グランドライト
  • デザイナーズパーツ
  • エアコン室外機移設
  • フロアビーズ
  • アプローチの舗装
  • フラットパン
  • デッキ上の手摺
  • アーキレール
  • ガーデンシンク
  • 立水栓
  • カーポート
  • フーゴ900
  • サイクルポート
  • フーゴミニ
  • 駐車場造成
  • ナノコンポジットW
  • 外壁塗装
  • トランス
  • エクステリアの照明
  • 美彩グラスウォールライト角型
  • ベランダ手摺モダンパネル
  • 鋤取り砕石填圧
  • ブロック積
  • ローシェン
  • ソルディーポート
  • エクステリアコンテスト
  • 植栽工事
  • 無金利リフォームローンキャンペーン
  • クリエカラー
  • 物置設置
  • NEXTA
  • イナバ物置
  • スピーネ
  • テラス屋根
  • サイドパネル
  • テグランネオ
  • アーキフラン
  • 庭王門
  • ハイグリッド門扉
  • 既存塀フェンス設置
  • コア抜き工法
  • 前後勾配カーポート
  • ケミカルアンカー工法
  • 人工芝(砕石ベース)
  • 人工芝(コンクリベース)
  • エルドラドクォーツイエロー100方形
  • 駐車場コンクリート工事
  • 二世帯住宅外構
  • 二世帯住宅外構
  • スマートエクステリア
  • キャンペーン
  • 新築2世帯住宅外構
  • 新素材フェンス
  • タイルポーチ(デザイン貼り)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 人工木デッキ造り替え
  • イゲタヤE&R

    エクステリアオフィス
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ南平店内)
    〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

    八王子サテライト
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ八日町店内)
    〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

    TEL:042-591-8497
    メールお問合せはこちら

    施工エリア
    東京都の以下地域となります。
    日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
    本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
    保護しております。