このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ
イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日から4月!いよいよ新年度・・・と明るくお話ししたいのですが、世界中で猛威を振るう新型コロナウィルスによって、大きな影響が出て来てしまいましたね。。
きっと皆さまもこのコロナの影響で色々とご苦労をされている事と思いますが、如何お過ごしでしょうか?
丁度一か月前は新型コロナウィルスの影響が徐々に出始めた頃で、様々な自粛要請やオリンピック・パラリンピックの是非が問われ始めてきた感じでしたね。
それがこの1か月の間に状況がどんどんと悪い方向へ進んでしまい、そして本日4月を迎える事となりました。
特に非常にショックだった事として挙げるならば、やはりタレントの志村けんさんが新型コロナウィルスによる肺炎でお亡くなりになってしまった事でしょうか。。
志村けんさんは、私たち世代にとってはテレビ界のヒーローの様な存在で、”ドリフ”を始めとして”変なおじさん”や”バカ殿様”等々のキャラクターで日本中を幸せな笑いで包んでくれた方でした。
またドリフのメンバーの中でも最年少であったにも拘らず、荒井注さん・いかりや長介さんに続いて旅立って行ってしまった事は本当にショックです。
そしてその死因が、よりによって新型コロナウィルスとは・・・身をもって私たちに新型コロナウィルスの怖さを教えてくれたのだと思います。
改めまして、志村けんさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


先日たまたま通り掛けに立ち寄りました、高幡不動の様子です。桜の花と五重塔、土方歳三像がとても素敵でしたが・・・やはり何となく寂し気ですね。。

上の写真は、先日早朝のウォーキングで立ち寄りました高幡不動の境内の様子です。
境内の五重塔や土方歳三像の周りでは桜が見事な姿を見せてくれて、とても素敵な光景を見せてくれました。
しかし、こんな素晴らしい光景もウィルス騒動で何処となく寂しげにも感じました。。
お堂にて、”お不動様、そして土方様、どうかこの難局を乗り切れるようにお守りください!”
と、長くお祈りしてきました。
どうか皆さま、これからまだまだ大変な時期が続くと思われますが、体調にはくれぐれも気を付けて頑張っていきましょう!
また、私たちイゲタヤE&Rでは、御来店されなくてもこちらの”お問い合わせフォーム”よりご相談を随時承っております。
御用の際は是非、お気軽にホームページよりお尋ねください。どうぞ宜しくお願い致します!

さあ!少々湿っぽい始まり方となってしまいましたが、気を取り直して本日も元気いっぱいに前回のBlogの続きを御紹介しようと思います。


八王子市 O様邸新築外構工事。前回のBlogでは、掘削工事の様子をご覧頂きました。

八王子市 O様邸新築外構工事。
前回のBlogでは、敷地内の土壌の掘削工事の様子をご覧頂きました。
さてここから、次はどんな工事が始まるのでしょうか?


次の工程は、最も重要となります”土留めブロック積み”施工です。

次の工程は、今回のプランの中で非常に重要となります”土留めブロック積み”施工です。
上の写真は前回のBlogにてご紹介しました土留めブロック設置箇所の基礎穴の様子です。
通常のブロック基礎に比べますと、幅広く且つ深い事が分かります。
まず基礎穴内に砕石を敷き、プレートやランマと云った振動を与える機械を使ってしっかりと締固めます。
基礎穴横にある鉄筋は、基礎コンクリート・ブロック内に組む鉄筋です。


砕石下にはパイプが1本通っていますがこれは・・・

その際、同時に配管計画も一緒に対処します。
上の写真をご覧頂きますと、砕石下に一つパイプが通っている事がお分かり頂けると思います。
これは一体何の為のパイプかと云いますと・・・


駐車場内に水栓を設置する為の配管でした。また同時に、機能門柱に必要となりますインターホン・照明の配管も予め設置します。

駐車場内に設置予定の埋め込み水栓を設置する為の給水管の為の菅でした。
給水管は既に建物へ向けて配管されておりますが、建物と駐車場との間には堅牢な土留めによって隔てられます。
その為、予め建物側と駐車場側との間を繋げる管を考慮しておかなくてはなりません。
ちなみに今回のプランでは、駐車場内に”埋め込み散水栓””インターホン””照明”、そして”屋外コンセント”と云った設備を設置する計画でおります。
それらの設置を考慮して給水管の他、建物側からインターホン線・電線を通すための菅も予め配置しておきます。


こちらは階段スペースの様子です。2本の配管は、こちらに設置する機能門柱の為の配管です。

コチラは階段スペースの様子です。
このスペースに設置予定の機能門柱の為の配管(インターホン・照明)を配置しておきます。


施工は進み、基礎部には型枠が配置され、同時に鉄筋も組まれました。

作業はどんどんと進み、基礎部には型枠が配置されて同時に鉄筋も組まれました。
型枠に関しましても、駐車場の勾配に合わせて段々に配置されている事がお分かり頂けると思います。


給水管は、水道職方によって既設管と接続されました。

先程ご説明しました給水管も、水道職方によって既設管と接続されて準備完了です。
またこうして鉄筋をご覧頂きますと、非常に太い鉄筋である事が分かります。
土留めブロックが土圧に耐えられるようにする為には、どれだけ堅牢にベースを作る必要があるかがお分かり頂けると思います。


最後に型枠内にコンクリートを流してブロックベース完成です。

最後に型枠内にコンクリートを流し込んでブロックベース完成です。
こうして見ますと、土留めブロックのベース作りが通常のブロック積みと比べて非常に手間が掛かる事が分かりますね。
積むブロックは、外観は通常のブロックとあまり変わらないのですが、その中身が全くの別物であるとご理解頂けると御紹介した甲斐があります(笑)
(逆に云いますと、コストを下げて土留めを・・・なんて云いますとどの様な物が作られるのか不安ですね。。)

さて、まだ工程としては基礎の基礎と云うべき箇所が出来た時点で、完成までにはまだまだ長い道のりが待っております。
ここからどの様に変わっていくのか、是非ご期待頂ければと思います!
最後になりますが、この先行政からどの様な形でお報せが来るか分かりませんが、このBlogは可能な限り今のペースで進めて行けるように頑張っていこうと思います。
どうか皆さまも、くれぐれも体調にはお気をつけてお過ごしくださいね。
今後とも是非、宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

桜も満開となり、まさに春爛漫と云った感じですが皆さま如何お過ごしでしょうか?
メディアでは連日新型コロナウィルスのニュースを伝えており、とても大変な状態であると云うのは分かるのですが、満開の桜の花を見ていますと、そんな状況とは裏腹にいつもと変わらない平穏な様子を見せてくれていますね。
今年は各自治体の自粛要請により、花見の名所となる様々な箇所にてシートを敷いての宴会は禁止。
また、花見に色を添えてくれる露店も出店中止と、とても寂しい気持ちにさせられますね。。
しかしそういった物が無いので、今年の花見はお散歩しながら眺めるのにはとても良好ですね!
私も先日、浅川沿いにある桜のスポットに出掛けて参りました。


浅川沿いのお花見スポット!南平の一番橋よりも東側にあります向河原団地前の桜並木です。

毎年綺麗な桜並木を見せてくれますこの場所。
ここは浅川沿い、南平の一番橋よりも東側に位置します向河原団地前の桜並木です。
丁度この角度から眺めますと、天気が良ければ富士山を背景とした素晴らしい風景となるのですが、この日は残念ながら薄曇りで富士山を見る事は出来ませんでした。
それにしても、こうして桜を眺めていますと、なんだか気持ちが安らぎますね!
この土手沿いは、老若男女問わずランニング・サイクリング・ウォーキングをしながらこんな景色を楽しんでいる人達が多くおります。
連日のウィルス騒動で心身ともにお疲れの方も多いと思いますが、是非お近くの桜スポットを散策されて、気分転換をされてみてはいかがでしょう?
そして一日でも早くこのウィルス騒動が納まって、いつもの平穏な日常が戻って来れくれる事を心から願いたいものです!
皆さまも、くれぐれも体調を崩されない様に身体をご自愛くださいね。

さて本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


八王子市 O様邸新築外構工事。いよいよこの日から施工開始となります!

八王子市 O様邸新築外構工事。
いよいよこの日から施工開始です!
なんとかお客様にご満足頂ける外構空間が出来る様に職方さん達と一生懸命施工を進めて参ります。
まず最初に行う工程は、外構工事における最も需要な下地作り”掘削・路盤工”からです。


汚水桝、給水管等の配管位置を確認しながら、基準となる建物周りの地面高(レベル)を設定してきます。

上の写真をご覧頂きますと、ポーチ前に薄っすらと赤い糸が張ってあるのがお分かり頂けると思います。
これ線が、建物周りの地面の高さ(レベル)を設定した基準線です。
この高さを割り出す事で、土留めブロック設置の際の必要な高さが割り出されます。
また同時に、土留め設置の際障害となります各設備配管(汚水桝・給水管等)の位置も確認します。


こちらは、階段スペース予定の箇所。こちらも予め階段位置等を割り出して掘削します。

こちらは階段設置予定箇所の様子です。
予め階段の位置、大きさや高さ等を割り出して掘削を進めます。
同時に、階段箇所は仮通路となる様にスロープ状に掘削してシートを敷いておきます。


こちらは階段スペースとは逆側の様子です。重機で掘削して見ますと、汚水桝近くに細い管を発見!これはいったい??

基準位置も定まり、”ユンボ”と云う重機で掘削作業を進めて行きます。
階段側とは逆側の箇所の掘削を進めて行きますと、汚水桝近くに細くて黒い管を発見!?
これは一体何かと云いますと、水道の給水管です。
荒くユンボで掻き出していましたら、危うく給水管を破損して水びだしにしてしまう所でした。。
掘削作業では、この他にもガス管や埋設電線と云った設備が埋まっている事があり、うっかりすると破損して大事故に繋がる恐れがあります。
その為掘削作業は、結構なリスクが生じる恐れのある作業であり、手間が掛かる(=コスト高)となり易い作業であるとご理解いただければと思います。


お隣り様との間の境界沿いを掘削している様子。こうして見ると、お隣様との土地の高低差がある事が良く分かりますね。

コチラはお隣り様との境界沿いの掘削作業の様子です。
お隣り様から事前に御了承を頂きまして、掘削作業を進めています。
こうして見ますと、お隣り様との土地の高さが大分ある事が良く分かりますね。


掘削作業が概ね完了した様子。こちらは階段スペース側の様子ですが、水道メーターから黒い給水管が横に伸びている事が良く分かります。

掘削作業が概ね終わった様子です。
階段スペース側には、汚水管の他に横方向に黒くて細い水道管が伸びていますね。
給水管は、道路際の水道メーターを経て階段スペース側から横へスライドし、土留めを設置しようとしている箇所に渡って伸びている事が分かります。


そしてその給水管は、お隣り様との境界手前のスペースにて建物側に伸びていますね。

そしてその給水管は、お隣り様との境界手前で建物方向に伸びている事が分かります。
また、溝状に掘られているスペースは土留めブロックを設置する際の基礎コンクリートを打設する為のスペースです。
土留めは、高さが増せばその分強度を確保する為に基礎の大きさも大きくする必要があります。
土留めを構築する際、どうしても高コストになる理由はこの表面には見えない基礎の部分にあります。
ここを疎かにしてしまいますと、大雨が降った際に土留めが崩壊して最悪土砂崩れとなってしまう恐れがあります。
コストと安全は、正に比例するものだと云う事が分かりますね。


コチラは境界沿いの土留め基礎の様子。
建物脇にも境界線沿いにブロック塀を設置します。赤い糸はブロック塀の設置高。溝はブロック塀の基礎箇所となる部分です。

境界沿いに関しましてもこの通り土留め及びブロックフェンスの基礎の為の溝が掘られました。
こうして見比べますと、土留めとしての基礎とブロック塀としての基礎とで溝の大きさが違う事が分かりますね。

と云う事で、初日は掘削に次ぐ掘削の画像オンパレードとなりました(笑)
どの様な工事もそうですが、良い仕上がりになる大きな条件はこの地味で見えない基礎の部分です。
料理でも、”美味しい料理は下ごしらえが大切”なんて言いますが、エクステリア工事でも全く同じことが言えますね!
また、掘削工事・土留め工事がどうして高コストになるかもお分かり頂けたかと思います。
プランニングの際、本来であればデザイン面で重要となる化粧部材にコストをかけたい所なのですが、こう云った掘削・土留めを構築しなくてはならない場合、そちらにコスト配分が多く行ってしまう為、余程必要でなければそう云った掘削等をなるべく避けられる様にプランニングを行います。
今回の様な案件は、そういった意味では本当に頭を悩まされるプランニングでした(苦笑)
是非ご覧頂きましたお客様には、”土地の掘削=高リスク・高コスト”と云う事だけでも覚えて置いて頂けたらと思います。

さて、次のBlogではどのような工事が行われるでしょうか?
是非、お楽しみにして頂ければと思いますので宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

新型コロナウィルスの報道が毎日の様に流れ、とても憂鬱な日々が続きます今日この頃ですが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
先日14日に、ソメイヨシノの開花宣言がなされ、いよいよ春本番!っと明るくお話ししたい所なのですが、新型コロナウィルスによる自粛ムードが影を落としてしまいましたね。。
ちなみに今年の開花宣言は平年より10日程早い、観測史上最速の開花宣言との事です。
更に今年はもう一つ。例年とは異例の現象が起こっているとの事ですが、どんな事か分かりますか?
それは、例年なら九州から順に開花宣言されるところが、今年は関東地方、それも東京が最も早く開花宣言した事だそうです。
今年は様々な事が異例尽くしですが、兎にも角にもこのウィルス騒動が終息してくれる事を切に願うばかりですね。
皆さまも色々と御苦労されている事と思いますが、丁寧なうがい手洗いを徹底して体調を崩されない様に気を付けて下さいね!

さて本日も、私プランナーはウィルスに負けない様に美味しいお昼ご飯を食べてきました!


本日は八王子の街中にあります”武蔵野うどん たまや”さんに伺いました!今日注文したうどんは、肉みぞれうどんです。

本日伺いましたお店は、八王子は街中の中町にありますうどん店”武蔵野うどん たまや”さんです!
少々疲れ気味の身体には、優しい味のうどんは本当に有難いものです。
本日注文したおうどんは”肉みぞれうどん”です。
つけ汁内には、豚バラ肉・ホウレンソウ・ネギ・きのこに、たっぷりの大根おろしが入っている具沢山のもの。
これに毎度おなじみ喉越し良くコシが強い手打ちうどんと良くマッチして、本当に美味しいおうどんです!
また、つけ汁のお味が出汁の効いたとっても優しい味で、その後に豚バラ肉のコクが追ってくる感じがとても後を引くんです。
ここの所、色々な事で心身ともに疲れて来ていたので、今日のおうどんは身体に良く染み渡る癒しの味。
もし街中へお出かけの際は、是非立ち寄って見て下さいね!とてもおススメのお店ですヨ。

さて本日より、新しい案件のお話をしようと思います。
実はここの所、新築をご計画されているお客様からの外構相談がとても多く頂いております。
今回御紹介する案件は、そんな外構を悩まれているお客様の参考になるのではと思います!


今回ご紹介します案件は、八王子市在住のO様邸です。

本日より御紹介します案件は、八王子市に新居を構えられましたO様邸です。
建物は黒基調の外壁に白いサッシ等がアクセントとして効いている、モノトーン調の建物です。


玄関前の様子。既に建物前には立派なタイルポーチとステップがあります。

こちらは玄関前の様子です。
落ち着いた木調の玄関ドアが、モダンな雰囲気の建物と良くマッチしていて素敵ですネ!
また建物前には、グレー系の30cm角タイルで化粧されたタイルポーチとステップが設置されております。
建物と敷地前部との間がフラットであれば、このポーチ位置で問題は無いのですが・・・


建物と敷地前部との高低差がかなりある事が分かりますね(汗)

この様に横から見ますと、建物と敷地前部との間の高低差がかなりある事がお分かり頂けると思います。
今は仮設階段で何とか建物との出入りが可能ではありますが、小さいお子様や足の不自由な御高齢の来客等を考えますと、この状態は早急に解決しなくてはなりませんネ(汗)


こちらはお隣り様との間の様子です。お隣り様との境にも高低差があり、現状は法面(斜面)を雑草で覆われている状態です。

こちらはお隣り様との境の様子です。
お隣り様との間には数十センチもの高低差があり、現状は法面(斜面状の土地)の上を雑草が覆っている状況です。
また、お隣り様の土壌の様子を見ますと、土砂が削れている形跡もあり、大雨等が降った際に泥水が敷地内へ流れて来る恐れがあります。
これも対策を考えなくてはなりません。。


もう一つ考慮しなくてはならない点。それは道路との境界線です。

そしてもう一つ考慮しなくてはならない点があります。
それは道路と敷地との間の”境界線”です。
上の画像を見ますと、先端が十字の切り込みがあり、赤く塗られているコンクリートの棒がある事がお分かり頂けると思います。
これは土地の区界を表します”境界杭”で、土地を定める際に測量士によって正確に位置決めをして杭を打たれます。
この杭は必ず敷地の四隅ないし折れ点となる箇所に設置してあり、何かを作る際には必ずこの境界線内にて納めなくてはなりません。
さて、上の画像を再度見ますと、杭の位置が既存の道路よりも内側に設置してある事が分かります。
これは、面している道路を管理している自治体が、将来的に道路をここまで拡幅する事を示唆する為に設けている杭になります。
今回の場合、敷地前面は車の駐車スペースとするのですが、その際駐車スペースと既存道路との間の”拡幅ゾーン”に関しては、車両が出入りできるように何らかしらの方法を考えなくてはなりません。
もちろん、その拡幅スペースにコンクリート等で舗装する事は道路への越境となってしまう為、舗装は行えません。
(自治体から撤去命令が出た際は、自費で撤去工事を行う事となってしまいます。。)


駐車スペース予定となる箇所。この中にミニバン1台・小型車1台・駐輪スペース・そして玄関への階段スペースを設けなくてはなりません。

そして最も重要な事として、前面スペースの”機能面”を考えなくてはなりません。
お客様からは、ミニバンとコンパクトカーが止められるスペースに駐輪スペースを設けて欲しいとご要望を頂きました。
その際にスペースとして必ず考えなくてはならない物として、玄関への”階段スペース”をどこに設けるべきかを考慮しなくてはなりません。
現状の仮設階段が設けられている位置に階段スペースを設置すれば、全長5m近くあるミニバンを納める事が非常に厳しくなります。
また仮設の階段の段数ではかなり急の為、緩やかにするためには段数を稼ぐためのスペースを設けなくてはなりません。
高低差・スペース・機能等々、様々な要素が含まれる中々に難しい案件です。


デザイン面のヒントとなるのは、このアンティークなデザインの玄関灯。このニュアンスをどこで表現するか・・・

最後にデザイン面にて、お客様の好みが現れている箇所がこの玄関横の照明。
裸球に傘が付いたこのデザイン、何処となく懐かしさも感じられるアンティークなデザイン玄関灯です。
ちなみに白熱電球に見えますが、実はれっきとしたLED照明なんです。
今の技術って凄いですネ!
この雰囲気を汲み取って、何処でこのニュアンスを表現するか・・・私プランナーの腕の見せ所ですネ(笑)

さて、以上を踏まえてまとめますと・・・

仝軸悗ら前面スペースへの高低差を考慮
△隣り様側との間の土留めを構築
A位魅好據璽垢砲蓮▲潺縫丱鵝Ε灰鵐僖トカー・駐輪スペースに階段スペースをどの様に配置するか?
て始と敷地との間の”拡幅スペース”をどうするか?
ゥ妊競ぅ鵑離劵鵐箸聾軸慍のアンティークな照明

と云った感じになります。特に頭を悩まされるのが、最も費用が掛かる”土留め”を構築する範囲が非常に多い事です。
そこにどうしても予算配分が多く行ってしまう為、化粧に関してはどのスペースに重点を持ってくるかを考えなくてはなりません。。

さて、これらを考慮して私プランナーがお造りしましたプランがコチラです。


こちらが今回私がご提案したプランイメージです。

コンクリート舗装メインのかなりシンプルなプランとなりますが、配置等はかなり考えられたプランです。
まずプランを考える際に、どうしてもやらなくてはならない事を挙げますと、
,隣り様との間の土留め
玄関前と駐車スペースとの間の土留め
3段スペース
っ鷦屮好據璽垢粒諒
これら4点となります。
そこで頂いた敷地図をベースに現地にて実際の高低差を測り、それらのデータをCADに取り込んだ上で現状を再現。
そこにお乗りになられているお車サイズを調べて駐車位置、そこへ導くための導線計画等を考えて行きました。
(これらの事を”ゾーニング”と呼びます。)
またお隣り様の敷地との高低差も考慮して必要な高さ等を割り出した結果、イメージの様に2メートル毎にブロック1段(20cm)ずつ高くする土留めとする事でコストを抑える案としました。


上から見たイメージです。敷地に対して道路は斜めとなり、左右にて全長が変わります。そこを重要ポイントとして車両を配置しました。

こちらは上空から見たイメージです。
ご覧頂きますと分かる通り、敷地に対して道路は斜めに位置しており、左右で全長が違う事が分かります。
そこで、全長を稼げる位置にて順にミニバン・コンパクトカーと配置し、全長が稼げない箇所に駐輪スペースと階段スペースを設けました。
駐車場内に配置してある黒い線は、ゴム製の目地(エキスパンタイ)です。
広範囲のコンクリートは硬化するにつれて伸縮を繰り返し、最も早く硬化する表面にはひび割れ(クラック)が生じてしまいます。
それを押さえるために配置するのがこの目地になります。
この目地位置も、駐車する際にの目安になる様に考慮する事で、低コストで且つ機能的になる様工夫しております。


門前のイメージ。玄関周りのイメージを汲んで、木調のアルミ角柱にインターホン、LEDマリンライト、表札を配置。ポストはアンティーク調のポストを角柱前に配置しました。

こちらは門周りの様子です。
サイクルポート後ろに階段スペースを設け、その前に門柱とポストを配置しました。
この箇所を”家の顔”として、玄関周りで表現した雰囲気を汲んで私なりにアレンジして見ました。
門柱に関しては、敢えて既製品を使わずに木調のアルミ角柱を使ったオリジナル門柱をご提案。
その角柱にインターホン・表札、そしてアンティークな雰囲気を醸し出す”LEDマリンライト”を組み込みました。
更にポストは別体にて、アンティーク調の可愛らしいデザインポストを配置。
私なりの玄関前の雰囲気に合わせた門周りをデザインして見ました。
更に駐輪スペースに設置したサイクルポートは、奥行き方向に対して1サイズ長めの物を配置。
こうする事で、門周りにチョットした屋根空間が生まれます。


既存のタイルポーチをさらに拡幅し、メインアプロ―として活用。追加箇所には黒系のタイルを持ってくる事でエッジの効いたデザインにして見ました。

既存の立派なタイルポーチは、タイル1枚分拡幅する事で階段から玄関へのメインアプローチに活用しました。
拡幅箇所のタイルに関しては、既存タイルが工務店オリジナルの入手しずらいものである事が分かったため、類似した物ではなく外壁のカラーに見合った黒系のタイルをお選びしました。
そうする事で、エッジの効いたモダンな雰囲気のタイルポーチ空間を演出。
安全面を考慮して、木調色を取り入れたモダンな手摺りを配置しました。


敷地と道路との間の拡幅箇所に関しては、目の細かい”路盤材”を敷き詰めた上で”プレート”と云う重機で押し均す簡易舗装をご提案。

また、敷地と道路との間の拡幅箇所に関しては、駐車場の簡易舗装等で使用する、目の細かい”路盤材”を敷き詰めた上で”プレート”と云う重機を用いて押し固める簡易舗装工法をご提案。
こうする事で、車両の乗り入れもし易く且つ、簡単に撤去も可能な物としました。もちろん、コストもかなり抑える事が出来ます。

と云った具合に、コストの掛け処・既存物の活用・ゾーニング・導線計画・etc・・・と云った様々な事を考慮してプランニングを行い、何とかお客様のご要望のご予算に合わせる事が出来まして、ご提案後、無事御成約を戴く事が出来ました!
シンプルな内容のプランではありますが、一つ一つに様々な事を考慮した機能的且つ効率的なプランである事がお客様の胸に響いたようです。
私個人的にも、プランを考える際に”自分が住むとしたら・・・”と云う事を考えながら色々と熟考したプランで、かなりお気に入りのエクステリアなのです(笑)
その一つ一つが、これからお住まいになられるお客様にとってフィットした物であればと願うばかりですね!

さて、いよいよ次回のBlogより実際の施工の様子をご覧頂こうと思います。
果たしてこのイメージへ今回も近づく事が出来るか!? 是非ご期待頂ければと思います。
それでは、次回のBlogも是非宜しくお願い致します!


≪前のページへ || 1 || 次のページへ≫

ホーム » マネージャーのブログ

ブログカレンダー

<   2020-04   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
タグリスト
  • ファサード
  • クローズド外構
  • セミクローズド外構
  • エバーアートボード
  • 目隠しフェンス
  • 人工芝
  • インターロッキング
  • 完工まとめ
  • プラスG
  • 特殊な工事
  • 入隅空間の有効活用
  • ウッドデッキ
  • 樹ら楽ステージ木彫
  • 和モダン
  • プランニング
  • ホームページのバージョンアップ
  • リードデッキ
  • 樹ら楽ステージ
  • 屋外コンセント
  • 美彩シンプルラインライト
  • ウッドデッキの点検口
  • 小さなお子さまの安全対策
  • 古いブロック塀の改修
  • サニーブリーズフェンス
  • レストステージ
  • 乱張石貼り工事
  • アースカラー
  • マイリッシュOK
  • UNISUSポスト
  • テラス屋根の修繕工事
  • レイスクリーン
  • レンガ調タイル
  • オリジナル門袖
  • 美彩グランドライト
  • デザイナーズパーツ
  • エアコン室外機移設
  • フロアビーズ
  • アプローチの舗装
  • フラットパン
  • デッキ上の手摺
  • アーキレール
  • ガーデンシンク
  • 立水栓
  • カーポート
  • フーゴ900
  • サイクルポート
  • フーゴミニ
  • 駐車場造成
  • ナノコンポジットW
  • 外壁塗装
  • トランス
  • エクステリアの照明
  • 美彩グラスウォールライト角型
  • ベランダ手摺モダンパネル
  • 鋤取り砕石填圧
  • ブロック積
  • ローシェン
  • ソルディーポート
  • エクステリアコンテスト
  • 植栽工事
  • 無金利リフォームローンキャンペーン
  • クリエカラー
  • 物置設置
  • NEXTA
  • イナバ物置
  • スピーネ
  • テラス屋根
  • サイドパネル
  • テグランネオ
  • アーキフラン
  • 庭王門
  • ハイグリッド門扉
  • 既存塀フェンス設置
  • コア抜き工法
  • 前後勾配カーポート
  • ケミカルアンカー工法
  • 人工芝(砕石ベース)
  • 人工芝(コンクリベース)
  • エルドラドクォーツイエロー100方形
  • 駐車場コンクリート工事
  • 二世帯住宅外構
  • 二世帯住宅外構
  • スマートエクステリア
  • キャンペーン
  • 新築2世帯住宅外構
  • 新素材フェンス
  • タイルポーチ(デザイン貼り)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 人工木デッキ造り替え
  • タイルデッキ
  • ゴルフパット向け人工芝
  • ゴルフパット向け人工芝
  • 2018年総括
  • 新素材フェンス
  • セミクローズド外構
  • 宅配ボックス
  • 建て替え
  • 外構リノベーション
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • LIXIL”ココマ供
  • LIXIL”プラスG”
  • LIXIL”フェンスAA”
  • 土地拡幅リガーデン
  • 造作壁
  • 2019年総括
  • 旗竿地
  • ゲートアーチ
  • ゾーニング
  • 導線計画
  • 高低差
  • イゲタヤE&R

    エクステリアオフィス
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ南平店内)
    〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

    八王子サテライト
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ八日町店内)
    〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

    TEL:042-591-8497
    メールお問合せはこちら

    施工エリア
    東京都の以下地域となります。
    日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
    本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
    保護しております。