このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ
イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

6月も半ばとなり、先日ようやく梅雨入りとなりました今日この頃ですが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
今年は梅雨入りが例年に比べて遅いと云う事で、このままカラ梅雨になってしまうのかと思いましたが、今週に入って予定通り(!?)梅雨入りとなりましたね。
外仕事を生業としております我々にとっては有難かったのですが、ここからうっとおしいお天気が続くのでしょうネ(苦笑)
世の中では流行り病の状況も徐々に落ち着きを見せ、20日には東京は緊急事態宣言からまん延防止措置(マンボウ)へ移行していくようですね。
更に高齢者へのワクチン接種もかなりのハイペースで進み、いよいよ我々現役世代へもワクチン接種が行われようとしている様です。
私の方でもの、両親がワクチン接種を受け、その後の副反応も無く元気に過ごしている様です。
少しずつ、でも着実に終息へ世の中が進んでいる事を感じられます!
また、来月にはいよいよ東京オリンピックが控えております。オリンピックがどの様に行われるのか期待と不安の中ではありますが、無事成功を収めて暗いコロナの世の中を吹き飛ばすきっかけとなってくれればと願うばかりですね。

さて、梅雨時期と云えば見頃を迎えるのが”紫陽花(アジサイ)”ですね♪
毎年高幡不動の裏山では綺麗なアジサイの花を見せてくれますが、今年も綺麗な姿を見せてくれていました!


今朝、日課にしているウォーキング途中で高幡不動内を歩いている際に撮影したアジサイの様子です!
青、淡い青、白、ピンクと、色とりどりのアジサイの花が訪れる人の目を楽しませてくれます!

高幡不動の敷地内には沢山のアジサイを植えていて、毎年訪れる人の目を楽しませてくれます。
私は早朝にウォーキングで裏山から境内へ向けて歩ているのですが、この時期はアジサイが見事に咲き誇っていて、この見事な風景を独り占めしている様な贅沢感を味あわせてくれます!
ちなみに画像は、私が最も気に入っている五重塔横のアジサイの様子です。
毎年見事な光景を見せてくれていまして、幸せな気持ちにさせてくれます♪
更に奥の方では、ヤマアジサイや希少品種のアジサイも植えられていて、マニアな方の目も楽しませてくれております!
こうして咲き誇ったアジサイを見ておりますと、植物の人を癒す力の偉大さを改めて感じさせられます。
ちなみにアジサイは、比較的日陰の場所を好む低木で、北側の日の当たりずらい所で植え込む樹木としては貴重なものです。
北側で何か季節感を感じさせてくれるお花をとお探しでしたら、とてもおススメの樹木ですよ!

それでは本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


日野市 S様邸エクステリアリノベーション工事。前回のBlogにて、駐車場ルーフ部材の骨組みが出来上がりました。

日野市S様邸 エクステリアリノベーション工事。
前回のBlogにて、駐車場箇所のルーフ部材の骨組みが出来上がった所まで御紹介致しました。
ここから更に施工を進めて行きます。


こちらが設置する屋根材です。フラットなデザインを成立させる為、屋根材自体に勾配を付けた特殊な形状となっております。
この屋根材の縁部分へ予めゴムパッキンをセッティングして、設置した際に継ぎ目から水がしみ込まない様にします。

いよいよこの骨組みへ屋根材を設置していきます。
通常の屋根部材で使われるものは、3弌5亳のポリカーボネートの平板材を用いていくのですが、今回設置します”プラスGルーフ フリータイプ”の場合、フラットなデザインを成立させるために屋根材自体に勾配を持たせた特殊な形状の物となります。
この屋根材に縁に、右の写真の様に黒いゴムパッキンを予め付けておくことで、設置した際に継ぎ目から雨水がしみ込む事を防ぐようにします。


この屋根材を、各梁に設置していきます。

そしてこの屋根材を、各梁に設置していきます。
こうして設置されるところを見ますと、どうして屋根材がこの様な形状をしているのかが良く分かりますね。


こちらが上部から見た様子です。屋根上を見ますと、複雑な形状をしている事が良く分かります。

更に屋根を上から見た様子です。
屋根材は各梁に設置した上で、アルミのカバー材を上からはめ込んで固定していきます。
ちなみにこのカバー材、最初の骨組みを組む段階でしっかりと水平・直角に設置されていないと上手くはめ込むことが出来ません。
更に強引に上から叩き込んで設置しますと、その際に生じてしまったわずかなすき間から雨水が侵入してしまい、後々雨漏りの原因となってしまいます。
パッと見ではフラットで且つシンプルなデザインのルーフ部材なのですが、そのデザインを成立させるために上部はとても複雑且つデリケートな施工を求められます。


前回のBlogで御紹介しました横樋部分。屋根材に設けられた勾配は、この樋に向けて勾配が取られております。

更にこちらが、前回のBlogで御紹介しました雨樋部分の様子です。
屋根材に設けられました勾配は、この樋に雨水が流れ込む様に取られております。
屋根材の形状の意味が、とても良く分かりますね。


再度下から屋根を眺めた様子です。上側とは打って変わって、シンプルな納まりです。

再度下から屋根を眺めてみた所です。
上側の様子とは打って変わって、下側はシンプルでスッキリとした納まりですね。
尚駐車場側は、この屋根下に天井材を設置して更にフラット感を演出します。
どの様に仕上がるかはまた後程御紹介します。


同時進行で、屋根にダウンライト照明を設置する為の配管工事を行っていきます。

同時進行にて、プラスGに設置しますダウンライト照明のための配線工事を行っていきます。
こちらの柱に既存電源から100V電線を通すための埋設管を予め配管し、100Vから12Vへ落とすトランスユニットを設置します。
手前側の箱上にあります器具が、設置するトランスユニットです。


電源は水栓下にありますコンセントからCB管を介してトランスユニットへ配線します。

電源は、水栓下に設けられております屋外コンセントからCB管を介してトランスユニットへ配線します。
なおコンセントからCB管が2本出ておりますが、今回は駐車場側とお庭側と2系統に分けて設置する為に2本設けました。
最近エクステリア照明としてローボルト器具が主流となってきましたが、メリットとデメリットがあります。
メリットとしては、
。隠横屬板稘徹気琉戞∨が一の漏電が生じた場合でも感電の恐れが少ない。
安全性が高い為、電気工事士でなくても一応施工は可能。
消費電力も少なく、ランニングコストを低く抑える事が出来る。
と云った事が挙げられますが、その一方デメリットとして、
\賤僖肇薀鵐好罐縫奪函∪賤冉枩コネクター等の必要部材が多く必要となり、イニシアルコストが掛かり易い。
▲肇薀鵐硬の部材はメーカーそれぞれの専用部材となる為、他メーカー同士の互換性が無い。
ローボルトとなる為トランスから設置する照明器具の数や設置距離に制約があり、許容範囲を超えると誤作動、故障の原因となる恐れがある。
と云った事が挙げられます。
昨今はLEDの性能が格段に向上し、低電圧でも非常に明るい照明が多くなった為ローボルトタイプの照明が主流となりつつありますが、メリットとデメリットを良く理解した上でプランニングしないとベストな照明計画を立てる事が出来ません。


駐車場奥側の柱へもう一方の100V配管を通し、お庭側照明用のトランスユニットを設けます。

今回の場合、駐車場側からお庭側へ広範囲に掛けて照明を設置する為、一つのトランスユニットだけでは許容範囲を超えてしまいます。
そこで、駐車場側とお庭側とでトランスユニットを分けて配線計画を立てる事としました。
上の写真は、駐車場奥側の柱に100Vの電線を配線した様子です。
ローボルト照明は、トランスより先に関しては電気工事士でなくても施工可能ではありますが、結局トランスから元の電源にて100Vを扱わなくてはならない為、弊社では原則電気工事士である電気職方が照明工事を行います。


トランスから先の各照明に対して、電線を配線していきます。柱や梁の構造を上手く使って、極力電線が表に出ない様に配線を行っていきます。

電気職方に施工を依頼するもう一つの理由として、”配線の隠蔽技術”が挙げられます。
トランスから先のローボルト箇所に関しても、極力配線が表に露出しない様に柱や梁の構造を利用して配線を行っていきます。
更に、万が一の故障等が発生した際にも対応出来る様に、メンテナンス性を考慮して配線を行っていきます。
これら2つの事を意識して施工を素早く行える人材として、電気職方は非常に重要な役目を果たしてくれます。
上の画像は柱から梁を使って配線を行っている様子です。
駐車場箇所では先端から車庫内にてダウンライトを数多く設置します。
意匠性の高い部材で、メンテナンス等も考慮して綺麗に設置していく。非常に高度な仕上がりを求めておりますが、それを実現してくれるプロの技術には本当に脱帽です。
私プランナーが、安心して色々な提案を行う事が出来る裏には、こう云った様々な職方さんの技術に支えられているという事を改めて考えさせられました。
有難いものですね!


駐車場箇所の屋根材が設置されました。更にここから、どんどんと姿を変えて行きます!

ようやく駐車場箇所の屋根材が設置されました。
しかしまだまだ途中段階。
ここから更に施工を進めて、どんどんと姿を変えて行きます。
どの様に変化していくのか、とっても楽しみになりますね♪
それではこの続きは、次回のBlogにて御紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

6月なって時折天気になると夏の暑さを感じさせられる今日この頃ですが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
それにしましても、2021年になってから半年が経とうとしておりますが、そのほとんどが緊急事態宣言ないしマンボウにほとんど充てられてしまった、ある意味昨年よりも異常な半年となってしまいましたね。。
新聞やテレビでは1年以上も流行り病の事を報じており、うんざりしてしまっている方々も多いのではないでしょうか。
そんな中、新たなメディアとしてネットへ移行して云った方々も多く、極端な人では家のテレビを捨ててネットのみにしてしまったという人もいる様です。
私自身もテレビよりネット動画等を見る機会の方が多くなってきましたが、そのネット内ではYOUTUBEを始めとした動画配信サービスにて様々な著名人の方々が個人チャンネルを開設されていて、とても活況になってきている様です。
ちなみに最近、私が嵌まっているYOUTUBEチャンネルは、元プロ野球選手が開設されているYOUTUBEチャンネルです。
”ミスターレオ”こと石毛宏典さんが開設されているチャンネルや、”巨人軍最強助っ人”ことウォーレン・クロマティーさんのチャンネル等々、私が学生の頃に活躍されていたスター選手が個人チャンネルにて、選手時代のエピソード等を気軽に聞けると云うのは、本当に凄い世の中だなぁと思いました。
世界中に大きな影響を及ぼした流行り病ではありますが、その裏で様々な事が変わってきているのだと云う事をとても強く感じさせられます。
ワクチン接種もペースが上がり始め、徐々に終息へ向けて世の中が進み始めておりますが、終息後の世の中がどの様になるのか、とても興味深いものです。
まだまだ暗い空気が漂う世の中ですが、明るい気持ちで頑張って行きましょう♪

さて本日も、美味しいご飯を求めてこんな物を食べて参りました!


本日は八王子は大和田町にあります”らーめん楓”さんへ伺いました。暑い時期はスルッとつけ麺が食べたくなりますね!

本日伺いましたお店は、八王子は大和田町にあります人気ラーメン店”らーめん楓”さんへ伺いました。
今の時期、飲食店は非常に苦しい状況下に置かれておりますが、此方のお店もカウンター内に一席ずつアクリル板を設置したり換気を徹底したりアルコール消毒を徹底したりと様々な対策を施して頑張って営業されております。
伺うたびに頭が下がる思いです。
さて本日は、此方のお店ではあまり頼んだ事の無かった”つけ麺”を選んでみました。
しばらくして出て来たものは、お洒落な焼き物の器に盛られた平べったい麺と刻み玉ねぎやチャーシュー等が入った醤油味のつけ汁で、とても綺麗に盛り付けられております。
楓さんは自家製麺を使ったメニューが自慢のお店ですが、メニューによって麺の太さ等を変えていてとても麺に対してのこだわりを感じさせられます。
つけ麺用の平べったい麺は、喉越し良くコシもあり、噛むと麺からほのかな甘みが感じられる美味しい麺です。
その麺に対してつけ汁は、魚介と動物系の合わせ出しが効いた旨味の詰まったつけ汁で、麺の個性に負けない美味しいつけ汁でした。
更につけ汁内には、良く仕込まれたチャーシューも入っていて、とても柔らかく美味しい物でした。
そして麺が食べ終えた後のつけ麺のもう一つの楽しみは、スープ割りを入れた味わい深いスープです。
スープ割りは煮干し系が強めの出し汁で、更に味の感じが変わってとても美味しいスープでした。
色々なつけ麺を食べましたが、その中でもとても上品なつけ麺で、とても旨い物でした。
もしご興味がありましたら、是非食べに行って見て下さいね♪おススメですよ!

それでは本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


日野市 S様邸エクステリアリノベーション工事。前回のBlogでは、駐車場箇所の柱立ての穴あけ工事を行いました。

日野市S様邸 エクステリアリノベーション工事。
フェンス設置工事が完了し、いよいよ”LIXIL プラスG”を使った屋根設置工事が始まりました。
前回のBlogでは、駐車場箇所への柱設置工事を始めました。


駐車場内では前回開けた基礎穴に柱が立ち始め、同時に梁も設置され始めました。

前回開けた基礎穴に柱が立ち始め、同時に梁も設置され始めました。
梁の高さも窓上のシャッターボックスとほぼ同じ高さに設置され、予定通りの位置に納められました。
中々良い感じです。
更に施工は進みまして・・・


無事に骨組みが組まれました。大分雰囲気が出て来ましたね!

この通り、無事に骨組みが組み終わりました。
実際に組みあがりますと、その立派さが良く分かりますね!
このフレームをベースに、屋根材や照明等を設置していきます。どの様になっていくのかとても楽しみになって来ます!


こちらは駐車場奥側の柱と梁の写真です。こうして見ますと、梁と柱がずれて設置しているのが分かりますが・・・。

ちなみにこちらは、駐車場奥側の柱と梁の設置位置を分かり易くした写真です。
こうして見ますと、フレームの角の下に柱が来るはずが、フレームの外側に柱が設置されております。
これは手違いという訳ではなく、お庭の土地形状に合わせて考えた設置方法なのですが、それはお庭へのフレームが設置され始めた時にその理由がお分かりいただけると思います。


シルバーの梁には屋根材が設置され、その両脇には横樋が設置されております。

今回設置します”プラスG”の”フリールーフタイプ”は、フラットなデザインの屋根を造り上げるために、様々な工夫が施されております。
シルバーの梁は、ポリカーボネートの屋根材が組み込まれる梁となり、その両脇には横樋が設置されております。
下から見ますと横樋がどれになるのか分かりにくいですね。


こちらは骨組みを上から見た様子です。黒く見えている所が横樋となります。

そしてこちらが、横樋箇所を上から見た様子です。
画像の黒く見える箇所が横樋となる所で、屋根材から流れて来る雨水をこの樋に流して、縦樋から下へ落とします。
尚、横樋は細い溝の為、枯葉等が詰まり易く上手く水が流れにくい構造となっております。
そこでその状況を防ぐために、溝内に予め黒い樹脂製の網を入れて枯葉が溝内に入りにくい様にしました。


次回はこの骨組みに屋根材を設置していきます。

ここから更に施工を進め、次回は梁に屋根材を設置していきます。
実はこの屋根材が、またとても特徴的な形状の物となるのですが、それはまた次回のBlogで御紹介しようと思います。
それではまた次回もどうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

6月に入りどんよりとした天候が続きますが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
先月一杯で終わる予定だった緊急事態宣言もまさかの再延長となり、天候同様に世間もどんよりとした空気が漂っている様な感じですね。。
私事ではあるのですが、6月1日は私の誕生日で本来であれば明るい気持ちで過ごしたかったのですが、再延長のニュースで誕生日気分も吹き飛んでしまいました。
ホント寂しいものですね。
しかしそんな中、徐々にワクチン接種も進み始め、終息に向けて徐々に進み始めている様です。
私の両親も無事1回目のワクチン接種を受ける事が出来たとの事で、身近な所で進んでいる事を感じさせられます。
私たち現役世代がワクチンを受けられるものいつになるか分かりませんが、来年は平穏な誕生日を迎えられればと心から願うばかりです!
今は体調に気を付けて、心身ともに健康でいられる様に頑張って行きましょう♪

さて本日も、美味しいご飯を求めてこんな物を食べて参りました!


本日は八王子は高倉町、日野バイパス沿いにあります”十八製麺”さんへ伺いました。表看板の”炙り豚バラタンメン”と云う文字に惹かれちゃいました♪

本日伺いましたお店は八王子は高倉町。日野バイパス沿いにありますラーメン店”十八製麺”さんです。
このお店の前は通勤中に良く通るのですが、お店の前に掲げられている限定メニュー目に入ってとても気になってしまうのです(笑)
ちなみに今の時期は”炙り豚バラタンメン”と云う事で、”炙り”と云う文字がとても気になって本日フラッと寄ってしまいました。
早速注文して見ますと、カウンター越しから”ゴー”とガスバーナーで豪快に炙っている音が聞こえ、嫌が追う無しに期待感が膨らみます!
しばらくしますと、塩スープベースでたっぷりの野菜やお肉が乗っかっている具沢山のタンメンがドンっと出て参りました。
スープを飲んでみますと、相変わらず旨味たっぷりの塩スープが良い感じなのですが、何処となく香ばしい風味がプラスされてとても美味しいです。
そして何より、具沢山の野菜や豚バラ肉からとても香ばしい風味を感じられ、看板のメニューの期待を裏切らない美味しいラーメンでした!
ラーメンと一緒に付いてくる混ぜご飯と味付けモヤシの付け合わせも嬉しく、とても満足なメニューでした。
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね♪
とてもおススメなメニューです。

それでは本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


日野市 S様邸エクステリアリノベーション工事。前回のBlogでは、駐車場奥とお庭等に掛けてのフェンス設置が完了した所までを御紹介しました。

日野市S様邸 エクステリアリノベーション工事。
前回のBlogでは、駐車場からお庭、サイドヤードに掛けてフェンス、門扉が設置された所までを御紹介致しました。
いよいよ次の工程として、駐車場とお庭に”LIXIL プラスG”を使ったルーフ設置工事を行います。


まずは駐車場内の柱設置箇所への基礎穴施工を始めて行きます。

まず始めに、駐車場内の柱設置箇所への基礎穴施工を始めて行きます。
今回設置します部材の範囲はかなり広範囲で且つ、長い距離を数メートルにも渡る巨大な梁で囲うので、柱の位置出しは非常に重要な作業となります。


お隣り様側は、所定の箇所にて予定通り穴を開ける事が出来ました。

位置出しを行った所で、穴開け作業開始。
お隣り様側に関しては埋設物等は発見されず、所定の箇所にて穴あけする事が出来ました。
穴の開けた箇所は、土のう袋等を置いて転落しない様に養生します。


問題は建物側です。建物側にはエネファーム等の設備があり、それに伴う配管等の埋設物が心配されます。

問題は建物側です。
建物側にはエネファーム等の住宅設備があり、それに伴う配管等が埋設されている事が心配されます。
それ故穴開け作業は、慎重に行う必要があります。


こちら側はコンクリート舗装箇所となる為、ハツリ機を使って丁寧に作業を進めて行きます。

と云う事で、建物側に関しても穴開け作業を始めて行きました。
こちら側はコンクリート舗装箇所が多い為、コンクリートハツリ機を使って慎重かつ丁寧に作業を進めて行きます。


エネファーム近くの基礎穴の様子。
機器の傍での作業でかなり緊張感がありましたが、掘削箇所からは配管等は発見されず、無事穴あけを行う事が出来ました。

懸案箇所であったエネファーム付近の穴開け作業でしたが、地中からは配管等は発見されず、無事穴あけ作業を行う事が出来ました。
図面を書いている時から心配していた箇所でしたが、何とか無事に作業をする事が出来て奔走に良かったです!


穴あけ作業が終わり、柱を立てた時には既に日が暮れ始めていました。

穴あけ作業が完了後、駐車場奥側の基礎穴に柱を立て始めた際には既に日が暮れようとしていました。
ちなみにこの2本の柱は、駐車場からお庭に掛けてL字に繋がるルーフ設置箇所の上で最も重要な箇所となります。


お庭に掛けて長いフレームが掛かる雰囲気が感じられます。

駐車場からお庭へ目を向けた様子です。
この柱から、お庭と駐車場に掛けて梁が渡されます。
尚、プラスGの色目に関しましては、先日設置しましたフェンス等の色合いと同じ”クリエモカ”。
同色の為、違和感なく設置される雰囲気が目に浮かびます!
さて更にここからどの様に変化していくのかとても楽しみです♪
ではこの続きは、また次回のBlogで御紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

5月も下旬となり、夏日と梅雨が入り混じった天気が続いておりますが皆さま如何お過ごしでしょうか?
ここの所寒暖の差や気圧の変化で、体調を崩しやすい方が多くいる様です。
特に最近云われているのが”気象病”と云われるもので、雨の日に起こる気圧の変化の影響で片頭痛が出たり関節が痛みだしたりする症状に悩まれている方が多いようです。
私もこの時期になると時折頭痛に悩まされる事があるのですが、昨年の今頃は”まさか!?”と焦って思い悩んでしまった事がありました。。
ここ最近では同様に悩まれている方が多くいる為か、YouTube等の動画で整体師やお医者様によるストレッチやマッサージ等の方法をアップされている方が多く、本当に有難いものです。
もし同じように悩まれている方がいましたら、是非”頭痛””気象病”で検索して見てストレッチ等をお試しになって見ても良いカモです!
調子の崩しやすい時期が続きますが、体調に気を付けて頑張って行きましょう♪

さて本日も、美味しいご飯を求めてこんな物を食べて参りました!


本日は八王子は楢原町。秋川街道沿いにありますラーメン店”一陽来福”さんへ伺いました。本日選んだメニューは”ゴマつけ麺”です。

本日伺ったお店は、八王子は楢原町。秋川街道沿いにありますラーメン店”一陽来福”さんへ伺いました。
今回選んだメニューは、前回選んで美味しかったつけ麺のバリエーションより”ゴマつけ麺”を選んでみました。
こちらも麺は太麺か細麺と選ぶことが出来るのですが、今回もゴマの風味と合いそうな太麺をチョイス。
太麺は細麺と比べて10分ほど茹で時間が掛かってしまうのですが、時間に余裕があれば是非お勧めした麺です。
と云う事で、12分ほど待っていたら麺と共に白濁したつけ汁が出て来ました。
つけ汁からは香ばしいゴマの香りが漂い、食欲を掻き立ててくれます♪
食べて見ますと、前回食べた醤油ベースのつけ汁にたっぷりのすりゴマが入った事でまろやかさと香ばしさが加わり、とても美味しかったです。
また、モチモチっとした太麺との相性も良く、とても美味しいつけ麺でした!
駐車場も隣接するバッティングセンター内にあり、とても寄り易いお店です。もしご興味がありました是非行って見て下さいね♪

それでは本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


日野市 S様邸エクステリアリノベーション工事。この日も順調に施工を進めて参りました!

日野市S様邸 エクステリアリノベーション工事。
前回のBlogではフェンスや門扉の柱を立てるための穴あけ作業の様子を御紹介しましたが、あれからどの様になったでしょうか?


前回のBlogにて御紹介しました苦労して開けた基礎穴ですが、無事に開いて門扉柱を設置する事が出来ました!

この様に無事、門扉柱を立てる事が出来ました!
仕上がりもまるで、ブロック上に柱を立てたかの様な仕上がりでとても良い感じです♪


門扉柱と同時に、フェンス柱も綺麗に立てられました。

小川側から見た様子です。
既存のブロックを丁寧に掘削していきましたが、無事ひび割れ等も無く開ける事が出来ました!
また、ブロック上に空けた穴に関してもフェンス柱が綺麗に立てられました。


柱は1.2mの高さの物。ブロックと見比べてみて。どれだけ太い柱であるかが分かります。

柱は前回のBlogでも御紹介した通り高さ1.2mの物。
ブロックと見比べてみますと、如何に太い柱であるかが分かります。


隣地側の通路沿いには、2段フェンス柱の基礎穴が開けられました。

また、隣地側の通路には2段柱の基礎穴が開けられました。


穴あけ後、フェンス柱が立てられました。

穴あき後、等間隔にフェンス柱を立てた様子です。
従来品の多段柱には木調色の設定が無かったのですが、今回設置します”フェンスAA”からは木調色を選ぶことが可能となりました。
その為、裏側の景観もウッディーな雰囲気を持たせることが出来るので、お庭の景観を崩さずに設置出来る画期的な商品なのです。


お庭前では、1.2mの高さのフェンスが設置され始めました。こうして見ますと、とても高いフェンスであるかが良く分かりますね。

お庭前のブロック塀上には、高さ1.2mのウッドフェンスが設置され始めました。
細い桟と太い桟をランダムに配置されたデザインの物で、従来のウッド調フェンスに比べるとより一層ウッディーな雰囲気を醸し出してくれています。
それにしましても、ブロック上に1.2mの高さのフェンスが実際に立ちますと、その大きさがとてもお分かりいただけると思います。
確かに柱も、通常のフェンスの物と比べて太い理由か分かります。


隣地側にはフェンスが無事設置されました。ウッディーな雰囲気が良い感じです!

隣地側ではこの通り、無事フェンスが立てられました。
柱、フレームが前述通り木調色となる為、裏側もウッディーな雰囲気を醸し出してくれています。
高さは胸の高さとなる1.3m。
お隣り様との楽しい会話をしている風景が思い浮かべられます♪


再び駐車場奥側の様子。無事フェンスと門扉が設置されました!

そして再び駐車場奥側に目を向けますと、フェンスと門扉が無事設置されました。
今回お選びしたカラーは”クリエモカ”と云う明るさと落ち着きを兼ね備えたLIXIL自慢の木調色です。


小川側から見た様子です。建物やお庭を程よく目隠ししてくれています!

小川側から見た様子です。
太い桟と細い桟をランダムに合わせたフェンスが、お庭内を程よく目隠ししてくれているのが分かります。
また”クリエモカ”の雰囲気が建物やお庭の雰囲気ととてもマッチしていて、とても素敵な感じです♪
と云う事で、まずは第1段階の施工完了!
ここから更に施工が進んで行きますが、どの様に変わっていくのかとても楽しみです。
それではこの続きは、また次回のBlogで御紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

5月も半ばを過ぎ、時の速さをとても感じさせられる今日この頃ですが皆さま如何お過ごしでしょうか?
ここに来て天候もスッキリしないぐずついた空模様が続いておりまして、例年よりも早く梅雨入りしそうな気配を感じますね。
うっとおしい時期に入って来ますが、そんなジメっとした雰囲気を吹き飛ばしてくれる明るい話題が舞い込んでくれればと心から願うばかりです。
今年夏には、昨年より延期された東京オリンピック・パラリンピックが予定されておりますが、開催か中止かでまだまだ混沌した状況が続いている様ですね。
これに関しては賛否両論あるようですが、昨年から続いている流行り病による暗いムードを払拭するきっかけになるのであれば、私個人的には無観客でも是非開催して欲しいと思います。
特に私たちの地元、多摩地区に関しては、自転車ロード競技のコースにもなっていますね。
府中からスタートして多摩センター通りを橋本方面へ駆け抜け、そこから城山地区を抜けて道志みちの山間部より山梨県に入り、山中湖から南下して静岡県にあります富士スピードウェイがゴールと云うルートの様です。
普段何気なく通っている通りが世界の注目の舞台になるなんて、とても凄い事ですね♪
こうして書いていてもウキウキしてくる事なのですが、テレビや新聞等ではネガティブな報道が多く流れていて、とても残念に思いますね。
確かに流行り病に関しては色々と不安視される事もあるとは思いますが、それを”しょうがない”の一言で終わらせるのではなく、どういった状況の中でもどの様にすれば安心して開催できるのかと云う事を議論すべきと思うのですが、皆さまはどの様に思いますか?
(実際、状況が日本よりも遥かに酷い欧米にてテニスやゴルフ、サッカーのメジャー大会を観客を入れて行っているのですがね。。)
少々ぼやき気味な文章になってしまいましたが、早く明るい元気な世の中になってくれればとホント心から願うばかりです。
どんよりとした気持ちに負けず、頑張って行きましょう♪

さて先日、FBを眺めていたら美味しそうなうどんの画像が目に入って来まして、たまらずこちらのお店へ伺って参りました!


久方振りに八王子は中町にあります”武蔵野うどん たまや”さんへ行って参りました!こちらのカレーうどん、本当に美味しいんです♪

伺いましたお店は、八王子は中心街に位置します中町にある人気うどん店”武蔵野うどん たまや”さんです。
こちらのBlogでも何度か御紹介しておりますお店ですが、ファンキーモンキーベイビーズ、マキシマムザホルモン、笹野高史さんを始めとした八王子と縁があります著名人の方々から口コミ等で評判が拡がったお店です。
人気の理由は、御主人が丹精込めて打った喉越し良くコシのある手打ちうどんと、様々な趣向を凝らしたメニューにあります。
(ファンモンのメンバーからのリクエストが切っ掛けで出来た”ファンモンうどん”は看板メニューの一つです)
ここの所、中々行く機会が遠のいていたのですが、FBでコチラのお店の記事が目に入り、我慢できず久方振りに伺った限りです(笑)
さて、今回選んだメニューは先日まで限定で提供されておりました”カレーうどん”です。
数あるたまやさんのメニューの中でも、私の中では1〜2番に気に入っているメニューです。
うどん出汁をベースにして作るカレースープと豚バラやきのこ、野菜と云った沢山の具材。そして何より喉越し良いうどんと相まって、何度食べても飽きない美味しいおうどんなのです。
また、一緒に付けてくれます缶に入ったスパイスを途中で降りかけて食べますと、マイルドな和風な味が一気にパンチの効いた味に様変わりするのです。
残念ながら、先日16日にて終了してしまったのですが、秋には再度復活するメニューなので、機会があれば是非食べてみて下さい。
また、このメニューとは入れ替わりで提供されます”豚バラ塩ぶっかけうどん”も非常に美味しいメニューです。
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね♪
とってもおススメのお店ですよ!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


日野市 S様邸エクステリアリノベーション工事。この日もブロック塀関連の工事を行いました。

日野市S様邸 エクステリアリノベーション工事。
この日も前回のBlog同様に、既存ブロック塀への施工を行いました。


前日の施工で積み増ししたブロックへ、フェンス柱設置箇所への穴開け作業を行います。

前回のBlogでは、既存ブロック塀へ1段積み増しした所までを御紹介しましたが、この日はそのブロックへフェンス柱を立てるための穴開け作業を行いました。
画像は”コアドリル”と云う特殊工具を用いて穴あけ加工を行っている様子です。


”コアドリル”にて穴を開けた所です。綺麗に丸い穴が開いております。

そしてコチラが、”コアドリル”にて穴を開けたものです。
綺麗に丸い穴が開いていますね。
ちなみに穴の大きさを良く見ますと、ブロックに設けられている穴よりも少し大きな穴である事が分かります。
その理由は今回設置しますフェンス柱に関係します。
フェンス柱は、高さが一般的な1m内の物であれば通常のブロックの設けられている穴でも納められる太さとなるのですが、今回設置しますフェンスの高さは1.2mと、ブロック上に設置出来るフェンスの高さとしては最も高い物となります。
それに合わせてフェンス柱に関しましても通常の柱よりも若干太いものとなり、横風からの風圧に耐えられる様に設計されております。
したがって、その太い柱が納められる様にフェンス設置穴も太いものにしなくてはなりませんでした。


そして同様の穴を、フェンス柱のピッチに合わせて開けて行きます。

同様に他の箇所へも、フェンス柱のピッチに合わせて穴を開けて行きました。


ブロック上の溝には横方向に鉄筋を配置した上で、後程モルタルを充填します。

また、ブロック上に設けられている溝内には横方向に鉄筋を配置した上でモルタルを充填して仕上げます。


次に行った作業は、小川への勝手口に設けます門扉の設置工事です。まずは柱を設置する箇所に、グラインダーにて丁寧に切り込みを入れます。

次に行った作業は、駐車場奥側に設けます小川への出入りをする為の勝手口工事です。
前回のBlogにてお話ししましたが、今回なるべく駐車場側のスペースを広く確保したいとのご要望で、門扉柱をブロック上に設置する事となりました。
まず、門扉柱設置箇所のブロックにグラインダーを使って丁寧に切り込みを入れて行きます。


切り込みを入れた箇所に、今度はハツリ機やドリルを用いて丁寧に削っていきます。

次にその切込みを入れた箇所を、ハツリ機やドリルを用いて丁寧に削っていきます。
ブロックの残す箇所は2cm程と非常に薄い為、少しでも手荒に作業を行いますと簡単にヒビが生じてしまう恐れがある為、壊さない様に慎重に作業を進めて行きます。
非常に根気のいる作業です。


粘り強く作業を行い、なんとかハツリ作業完了。門扉柱を立てる事が出来ました。

かなり根気のいる作業でしたが、職人さんの粘りが功を奏して、無事ハツリ作業を完了させることが出来ました!
ハツリ後、この通り門扉柱を納める事が出来ました。
(めげずに作業を行った職人さんへは本当に脱帽です。)

さて、作業も少しづつ進み始めましたが、まだまだ序盤。
これから更に様々な作業が行われます。どの様に進んで行くのかとても楽しみになって来ますね♪
それではこの続きは、また次回のBlogにて御紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

GW、母の日も過ぎ、気付けばあっという間に5月半ばとなりましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
本来であれば昨日11日までと云われていた緊急事態宣言も、結局のところ今月いっぱいまで延長となってしまいましたね。。
世の中も長く続いてるこの状況に疲弊し始めているのか、メディアやSNSでは様々な不満等の報道が報じられておりますね。
特にその矢面は、今年7月に延長された東京オリンピック関連に向けられ始めているのが見受けられる様に思えます。
確かにオリンピックに関しては様々な考え方がる事は分かりますが、晴れの舞台に向けて日々努力されている選手に対して心無い言葉が掛けられると云った報道を聞くと、あまりにも悲しい気持ちになってしまいますね。
流行り病がもたらす影響が、これほど様々な事に拡がってしまう物なのかと改めてその恐ろしさを考えさせられました。
その一方で、ワクチン接種が進んでいるヨーロッパやアメリカでは、状況がかなり改善され、徐々に日常を取り戻してきていると云った明るい話も聞かれます。
日本においても、いよいよワクチン接種が10日より開始されたり、日本の製薬会社が年末までにはワクチンが完成する等、様々な動きが出始めて来ました。
暗い世相に流されて気持ちを沈ませてしまってはいけませんね!明るい気持ちをもって、元気に頑張って行きましょう♪

それにしましてもGW中は、夏を思わせるぐらいに暑い日が続きましたね。。
そんなGW中、久々にこちらのお店に行って参りました♪


先日のGW中に、八王子は大和田にあるラーメン店”らーめん楓”さんへ久々に行って参りました。選んだのはGW限定メニューの”梅塩らーめん”です。

伺ったお店は、八王子は大和田にありますラーメン店”らーめん楓”さんです。
こちらのBlogでは一時期かなりの回数御紹介しましたが、事務所が移転してからは中々縁が無く遠のいていましたが、先日のGWに久々に伺う事が出来ました!
緊急事態宣言の最中ではありましたが、お店側は様々な対策をして元気に営業しておりました。
お客さんの賑わい具合も以前と変わらないぐらいの感じで、今のこの時期の大変な中、なんだか嬉しくなりました♪
さて今回選んだメニューは、GW中の限定メニューとなっておりました”梅塩らーめん”です。
こちらのお店の塩ラーメンは何度か食べた事があるのですが、これに梅をどの様に使うのかとても興味深かったです。
出て来たラーメンは、相変わらず綺麗な塩スープと自家製麺に、低温調理のチャーシュー、白髪ねぎ、みょうが、大葉と云ったとてもサッパリした感じの見た目です。
早速一口スープを飲んでみますと、相変わらず魚介等の旨味を凝縮させた美味いスープなのですが、後味にいい塩梅の爽やかな酸味も感じられ、とても良い感じです。
食べ進めて行くと、ちょうど白髪ねぎの下に梅肉が隠れていて、これが良い感じの風味を与えてくれていました。
ラーメンと梅のとりあわせって??っと、想像が付かなかったのですが、塩味とこれほどマッチするものなのかと驚かされました!
また、これに低温調理したチャーシューの肉の旨味がとても良く合い、ホント美味しいラーメンでした。
楓さんも毎度様々な限定メニューを出されておりますが、今回も期待通りの美味しいラーメンでした!
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね♪

それでは本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


日野市 S様邸エクステリアリノベーション工事。いよいよ施工開始です。

日野市S様邸 エクステリアリノベーション工事。
前回のBlogにて施工前の状況を御紹介致しましたが、いよいよこの日より施工開始となりました。
どの様に施工が進んで行くのか、とても楽しみです!


まず最初に行ったのは、既存フェンスの撤去工事からです。

さて、まず初めに行われた事は、駐車場奥側からお庭に掛けて設置されておりますフェンス撤去工事からです。
設置されてありましたハイグリッドフェンス本体を撤去し、柱も切断しました。


柱はある程度の高さを残して切断されておりますが、何故全部撤去しなかったのでしょうか?

ブロック上にフェンスが無くなり、スッキリとした状態になりました。
さてここで、切断された柱をご覧頂きたいのですが、何故か前撤去されずに一定の高さを残した状態で切断されております。
これは一体何の為でしょうか?


次の工程にて、ブロック上に鉄筋が設置されました。鉄筋の高さは、切断した柱の高さと同じ高さです。

次の工程にて、その理由のヒントがあります。
ご覧頂きますと、ブロック上には等間隔にて鉄筋が設置されました。
設置された鉄筋の高さは、切断した柱の高さと同じ高さです。


答えは、積み増しするブロックの鉄筋代わりとする為です。

その答えは、積み増しするブロックの鉄筋の一部として活用する為です。
こうする事で、フェンス柱を元から撤去する手間を省けるだけでなく、新たに設置するブロックの鉄筋代わりとしても活用出来るという正に”一石二鳥”の方法です。
鉄筋や柱が配された穴にはモルタルをしっかりと充填して、強度が出る様にします。
ブロックを1段積んだことにより、1段高く積まれていた花壇箇所の高さと同じ高さにする事が出来ました。


ちなみに一部、ポカンと空いた箇所は、小川へ出入りする事が出来る様に設ける門扉の設置箇所となります。

さて、一部手を付けずにポカンと空いた箇所があります。
こちらは、小川へ出入りし易い様に設ける勝手口の設置箇所です。
ちなみに今回、なるべく柱を駐車場に張り出さない様にと云うお客様のご要望でほぼブロック側へ寄せた位置に設置します。
実はここで懸案事項があります。
と云うのも、今見えているブロックは2段だけ積まれている訳ではなく、更に小川の低い所から立ち上がっているのです。


もう一度最初に説明した画像をお見せします。小川から4段ブロックが立ち上がっているのがお分かりいただけると思います。

再度、最初にお見せした画像です。
手付かずの柱が2本立っている箇所が、先程ご説明した勝手口を設ける箇所となります。
そしてその下側のブロックを見ますと、小川からおよそ4段立ち上がっているのがお分かりいただけると思います。
つまり、門扉柱を設置する際に、この土留めとなっているブロックの一部を削って門扉の柱を建てなければなりません。
ちなみに門扉の柱の太さは75亞僉そしてブロックの厚さは120弌
ブロックに対して門扉柱が太いことが分かると思います。
つまり、土留めとなっている120丱屮蹈奪を削って75个梁世気涼譴魴てるのですが、ブロックを壊さずに削るのはかなり難しい作業となります。
ではどのように行ったかは、次回のBlogにて御紹介しようと思います。
(ホント担当のブロック職方さん、大変な作業だったんです。)
それではまた、次回のBlogもどうぞ宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

5月に入り、日に日に汗ばむ陽気になって参りました今日この頃ですが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
本日は5月5日”こどもの日”。端午の節句で、家に鎧兜を飾ったり、鯉のぼりを飾ったりと云うお宅も多いのではないでしょうか。
(ちなみに私がこの時期で思い出すのは”かしわ餅”。花より団子になっちゃいますね(笑))
しかしながら今年も、昨年同様に流行り病の影響で”緊急事態宣言”の中のGWとなってしまいましたね。。
正直、まさかここまで長期化するとは予想もしませんでしたが、流石にお疲れになった方も多いのではと思います。
特にGWを繁忙期とされているご職業の方にとっては、非常に痛い状況だとお察しします。
どうやら来週あたりより、いよいよワクチン接種が始まる様ですが、どの様に状況が変わっていくのか気になる所ですね。
早くマスクを外した状態で、笑顔で接したいものです。
今はとにかく手洗い等をしっかりして、体調管理に気を付けて過ごして行きましょう!

さて本日も、美味しいご飯を求めてこんな所へ行って参りました♪


本日は八王子は楢原町。秋川街道沿いにあります”一陽来福”さんへ伺いました。初夏の暑い時期は、ズルっとつけ麺がたべたくなりますね(笑)

本日伺いましたお店は、八王子は楢原町。秋川街道沿いにあります”一陽来福”さんへ伺いました。
汗ばむ時期になりますと、どことなくズルっとつけ麺が食べたくなっちゃいますね(笑)
と云う事で、”一陽来福”さんにておススメの”つけ麺”を選びました。
”つけ麺”は太麺と細麺の二種類が選べるのですが、モチモチっとした食感が好みなので、太麺を選びました。
太麺は茹で時間が細麺より少々掛かるのですが、細麺を頼んだ隣席の方より数分経ってから着丼。
前回のBlogで御紹介しました”らーめん熊八”さんの”西八つけ麺”とは対照的な雰囲気のつけ麺ですが、こちらもつけ汁は醤油ベースで刻み玉ねぎとラード油が覆っている”八王子ラーメン風?!”なつけ麺と云った所でしょうか。
味は少々甘めの醤油スープですが、後からコクが追っかけて来る味で、とても力強い味です。
その為、この太い麺ととても相性が良く、食べていて後を引く感じの旨さです!
こちらではこの他に、”ゴマつけ麺”等々の違うバリエーションのつけ麺も選べて、チョット興味を引きますね。次回は是非チャレンジしたいものです。
テーブル席もあり、駐車場もあるお店なので家族連れでも寄り易いお店だと思います。
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね♪

さて本日より、新たな案件のお話をして行こうと思います。
今回ご紹介します案件も、昨年の”LIXIL施工コンクール”にて受賞しました3案件の内の一つの案件となります。


今回御紹介します案件は、日野市在住のS様邸です。

今回より御紹介致します案件は、日野市在住のS様邸です。
玄関周りは、スリットフェンスと石貼りの門袖が、落ち着いた色合いの住宅と相まって、とても良い雰囲気のファサード空間です。


こちらは駐車場空間です。周りはブロック塀とハイグリッドフェンスで囲まれたシンプルな空間です。

こちらは住宅脇に設けてあります駐車スペースの様子です。
駐車スペースは自然石タイルとコンクリートで舗装されており、周りをブロックとハイグリッドフェンスで囲まれたシンプルな空間となっておりました。


駐車スペースの奥側からは、デッキ等が設けられたお庭空間が拡がっております。

駐車スペース奥側からは、お庭空間が拡がっております。
お庭にはリビングルーム前にウッドデッキが設けられており、デッキ脇にはお湯も出る機能的なシンクも設置されております。


お庭を逆側から見た様子です。ガーデニングを楽しまれているお庭なのですが、フェンスはハイグリッドフェンスのみでプライバシー性が乏しい感じです。

お庭を奥側から駐車場へ向いて見た様子です。
お庭では奥様がご趣味でガーデニングを楽しまれておりまして、木枠で設けたナーセリースペースが可愛らしいです!
しかしお庭周りは、駐車場同様にブロックとハイグリッドフェンスのみで囲まれたシンプルなもので、風通しは良いのですがプライバシー性は乏しい感じでした。
また、お庭沿いには小川があるのですが、そちらへの出入り口が無い為、時折小川からの雑草を刈りに小川へ行き来する際不便しているとの事です。


更にお隣り様との境のサイドヤードの様子です。こちらもブロックとハイグリッドフェンスのみで少々脆弱な感じでした。

更にこちらは、お隣り様との間のサイドヤードの様子です。
ブロック1段とハイグリッドフェンスと云った境界塀で、少々低く脆弱な感じです。

お客様からは、次の様なご要望を頂きました。
|鷦崗譴らお庭に掛けて、フェンスをもう少しプライバシー性の高いものに変えたい。
⊂川にアクセスし易い様に勝手口を設けて欲しい。
お隣さんとの仲は良好だが、もう少し性の高いフェンスを設置して欲しい。
ぅ侫Д鵐垢蓮△庭の雰囲気に合った木調の物を選びたい。
ッ鷦崗譴らお庭に掛けて屋根を掛けて、雨の掛からない便利な空間を提案して欲しい。
更にナーセリースペース上に、西日除けのシェードを提案して欲しい。
Ь般世皸貊錣膨鶲討靴突澆靴ぁ

と云ったご要望を頂きました。
そこで様々な事を勘案しまして、早速次の様なプランをご提案致しました。


まずは駐車場スペースのイメージです。お客様のご要望を元に”LIXIL プラスGルーフ”と云う商品を使ったプランをご提案致しました。

まずは駐車スペースからです。
お客様から頂きました”駐車場からお庭に掛けて、雨に濡れない様に屋根を掛けて欲しい”というご要望より、”LIXIL プラスGルーフ”を使ったプランをご提案致しました。
特に屋根を掛ける上で、私なりに幾つか考慮しなくてはならないポイントを挙げました。
一つは、”駐車場とお庭とを繋げられる屋根空間を提案できる部材”と云う事。二つ目は”駐車場脇にあるエネファーム等の設備や配管位置に干渉しない柱位置を設定できる部材”。そして3つ目は特に大切で”お庭にも屋根を掛けた際に、リビングルーム前の窓の高さを考慮する”と云う事です。
一般的なカーポートでは柱の高さは2.2m〜2.5mと云う高さになり、駐車場単体で考える上ではその高さで十分なのですが、そのままお庭に屋根を伸ばすとなりますと、当然ながら低すぎてサッシの高さよりも低い位置になってしまいます。
また、リビングルーム前にはウッドデッキもある事を考慮しなくてはならず、高さの設定としてはお庭の屋根の高さを基準に3m近いものでご提案しなくてはなりません。
そこで、それらのポイントをクリアしてくれる部材として選んだものがこの”LIXIL プラスG”なのです。
プラスGは、フレームを介して複数の屋根を繋げる事が出来るフレキシブル性の高い部材です。
今回は”Gルーフ フリータイプ”に天井材をプラスした仕様として、ガレージの様な重厚な空間をご提案しました。
また、エネファーム等の設備位置の関係で柱位置を割り出しましたら、手前側にアーチを掛けたようなお洒落なデザインのカーポートをご提案する事が出来ました。


駐車場からお庭に掛けてのイメージです。フェンスは”LIXIL フェンスAA YR−1型”と云う木調フェンスを選び、高さは1.2mの物をお選びしました。また、小川へアクセスし易い様に既存ブロック塀を一部撤去した上で木調の”開き門扉AA”と云う門扉を設けました。

こちらは駐車スペースからお庭を見たイメージです。
プラスGのフレームは、駐車スペースからお庭に掛けて設置する事で、一体感のある空間を演出する事が出来ます。
そのフレームを利用しまして、シンクやデッキの登り口上に屋根を設置。
こちらはお庭の入口と云う事を考慮して、敢えて天井材を設置せず、陽の光が入る様にしました。
フェンスに関しましては、花壇前に設けられていてチンバになっていたブロック塀の一部やハイグリッドフェンスを全て撤去。
ブロックの高さが揃った上でLIXILの木調フェンス”フェンスAA YR1型”をお選びしました。
YR1型は、アルミフェンスでは珍しく細い桟や太い桟をランダムに組み込み、本物のウッドフェンスの雰囲気を演出したデザイン性の高いフェンス。
特に今回、程良い目隠し性とある程度高いフェンス(フェンス高1.2m)をお選びする上で、とても打って付けな部材でした。
また、小川へのアクセスがし易い様に既存ブロックを一部撤去した上で、フェンスのデザインに準じた木調門扉”LIXIL 開き門扉AA”を設置しました。


こちらはお庭奥から見た様子です。Gフレームに横桟を掛けてパーゴラ風に仕上げ、それにダークグリーンのキャノピーを設置。必要に応じて閉じたり開いたりすることが出来ます。

こちらはお庭奥側から眺めたイメージです。
”西日除けの日除けを設置したい”とのご要望より、プラスGの長い梁に”サブフレーム”と云う桟を等間隔に載せてパーゴラ風にしました。
その桟にダークグリーンの”キャノピー”を設置する事で、お庭の雰囲気に合った日除けをご提案致しました。
キャノピーは1スパンずつ開閉が可能なので、状況に応じて陽の光をコントロールする事が可能です。


隣地境界沿いでは、お庭で設置したフェンスと同じタイプの物を用いてご提案致しました。高さはお隣り様とのフェンス越しでの会話を楽しめるように1.3mに設定しました。

隣地境界沿いのフェンスでは、お庭でご提案しました物と同じ部材を用いてご提案致しました。
高さはお隣り様とフェンス越しで会話が楽しめる様にとのご要望から、1.3mに設定。
また本体設置位置も、既存ブロックから上が隠れる様に調整しました。


夜のイメージです。駐車スペースでは、前梁や天井材に設置されたダウンライトが駐車場内を効果的に照らしてくれます。
駐車場からお庭を見た夜の雰囲気。ダウンライトが効果的に照らしてくれるので、夜も利便性の高い空間となります。
お庭奥側から見たイメージ。フレームに等間隔に設置したダウンライトが、花壇や植栽を上手く照らしてくれて、とてもムーディーな雰囲気を演出してくれます。

更に夜のライティングのイメージです。
フレームや天井材に設置しましたLEDダウンライトが各場所を効果的に照らしてくれるので、機能的且つムーディーな雰囲気を醸し出してくれます。
もちろんLED照明はセンサータイマーにより自動点灯・消灯を行ってくれるので煩わしいスイッチ操作は不要です。


裏側からの全景イメージです。実際にどの様に仕上がっていくのか、とっても楽しみになって来ます♪

最後に裏側から全体を見渡したイメージです。
こうして見ますと、とても広大な屋根空間が出来上がるのだと云う事が分かりますね!
ちなみに今回選んだ木調色は、建物の落ち着いた外壁色と既存のウッドデッキのカラーから考慮して、中間色である”クリエモカ”をお選びしました。
明るさと落ち着きを兼ね備えた色目で、今回のプランでは打って付けのカラーだと思います。
今回のご提案は、かなり広範囲に渡るもので且つお部屋等から見た雰囲気も大きく変わる為、お客様とCADでを使ったシュミレーションや実際現場で梁の高さの確認を行ったりと慎重に慎重を重ねた上で御成約に至る事が出来ました。
かなり思い切ったプロジェクト故に、お客様の御英断は本当に頭が下がる気持ちでいっぱいでした。

さて、いよいよ次回のBlogより施工の様子を御紹介していこうと思います。
お客様と何度も打ち合わせして作り上げたプランだけに、施工の上では緊張感が半端ないです!
それでは次回のBlogも是非宜しくお願い致します。


≪前のページへ || 1 || 次のページへ≫

ホーム » マネージャーのブログ

ブログカレンダー

<   2021-06   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
タグリスト
  • ファサード
  • クローズド外構
  • セミクローズド外構
  • エバーアートボード
  • 目隠しフェンス
  • 人工芝
  • インターロッキング
  • 完工まとめ
  • プラスG
  • 特殊な工事
  • 入隅空間の有効活用
  • ウッドデッキ
  • 樹ら楽ステージ木彫
  • 和モダン
  • プランニング
  • ホームページのバージョンアップ
  • リードデッキ
  • 樹ら楽ステージ
  • 屋外コンセント
  • 美彩シンプルラインライト
  • ウッドデッキの点検口
  • 小さなお子さまの安全対策
  • 古いブロック塀の改修
  • サニーブリーズフェンス
  • レストステージ
  • 乱張石貼り工事
  • アースカラー
  • マイリッシュOK
  • UNISUSポスト
  • テラス屋根の修繕工事
  • レイスクリーン
  • レンガ調タイル
  • オリジナル門袖
  • 美彩グランドライト
  • デザイナーズパーツ
  • エアコン室外機移設
  • フロアビーズ
  • アプローチの舗装
  • フラットパン
  • デッキ上の手摺
  • アーキレール
  • ガーデンシンク
  • 立水栓
  • カーポート
  • フーゴ900
  • サイクルポート
  • フーゴミニ
  • 駐車場造成
  • ナノコンポジットW
  • 外壁塗装
  • トランス
  • エクステリアの照明
  • 美彩グラスウォールライト角型
  • ベランダ手摺モダンパネル
  • 鋤取り砕石填圧
  • ブロック積
  • ローシェン
  • ソルディーポート
  • エクステリアコンテスト
  • 植栽工事
  • 無金利リフォームローンキャンペーン
  • クリエカラー
  • 物置設置
  • NEXTA
  • イナバ物置
  • スピーネ
  • テラス屋根
  • サイドパネル
  • テグランネオ
  • アーキフラン
  • 庭王門
  • ハイグリッド門扉
  • 既存塀フェンス設置
  • コア抜き工法
  • 前後勾配カーポート
  • ケミカルアンカー工法
  • 人工芝(砕石ベース)
  • 人工芝(コンクリベース)
  • エルドラドクォーツイエロー100方形
  • 駐車場コンクリート工事
  • 二世帯住宅外構
  • 二世帯住宅外構
  • スマートエクステリア
  • キャンペーン
  • 新築2世帯住宅外構
  • 新素材フェンス
  • タイルポーチ(デザイン貼り)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 人工木デッキ造り替え
  • タイルデッキ
  • ゴルフパット向け人工芝
  • ゴルフパット向け人工芝
  • 2018年総括
  • 新素材フェンス
  • セミクローズド外構
  • 宅配ボックス
  • 建て替え
  • 外構リノベーション
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • LIXIL”ココマ供
  • LIXIL”プラスG”
  • LIXIL”フェンスAA”
  • 土地拡幅リガーデン
  • 造作壁
  • 2019年総括
  • 旗竿地
  • ゲートアーチ
  • ゾーニング
  • 導線計画
  • 高低差
  • ステイホーム
  • 人工芝&タイル
  • ウッディー目隠し
  • タイルポーチ
  • プラスG
  • ガーデンラウンジ
  • ココマ
  • 2020年総括
  • ブロック塀ゼロ外構
  • ブロック塀ゼロ外構
  • 和モダン
  • LIXIL”フェンスAA”
  • イゲタヤE&R

    八王子
    エクステリアオフィス

    〒192-0071
    東京都八王子市八日町
    10-8
    プレシス八王子レグリオ1F

    TEL:042-686-0499
    メールお問合せはこちら

    施工エリア
    東京都の以下地域となります。
    八王子市/日野市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
    本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
    保護しております。