このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ
イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

朝晩の冷え込みも強くなり、徐々に年末が近づいてきていると感じさせられます今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
コロナが落ち着き、徐々に平時へ向けて世の中が動き始めてきましたが、同時に様々な揺れ戻しが起きて来ましたね。
身近な所で云いますと、”原油不足”によるガソリン価格の高騰でしょうか。。
私も仕事柄、各現場へクルマを使っての移動が多い為、このガソリン価格高騰は頭が痛いですね。
地方では更に移動手段がクルマを頼っている所がほとんどでしょうから、この問題は非常に大きな問題ですね。。
その他にも、半導体不足や鉄鋼材不足による様々な製品の品不足も頭の痛い所です。
実は私どもエクステリア業界におきましても、鉄鋼材不足の影響で物置きの納品遅れが問題となっており、ご依頼頂きましたお客様にお待ち頂いている状態が続いております。
長期間に渡るパンデミックの影響がこの様に身近な所で起きると、その大きさをとても痛感させられます。
まだまだその他にも、この先どの様な事態が起きるのか中々見通せない状態が続いておりますが、平穏に年末年始を過ごせる様心から願うばかりです。
(物置き等御検討のお客様は、是非事前にお問い合わせ頂ければと思います。)
さて本日も、美味しいお昼ご飯を求めてこんな物を食べて参りました!


本日伺ったお店は、八王子は戸吹交差点角にありますお蕎麦屋さん”鍾庵”さんに伺いました!

本日伺いましたお店は、八王子は戸吹町。滝山街道の戸吹交差点角にありますお蕎麦屋さん、”鍾庵”さんに久々に伺いました!
こちらのお店、八王子に居ながら本格的な”静岡めし”を味わえるお店でとても人気のあるお店なんです♪
コロナ前には良く食べに行っていたお店なのですが、ここ最近は中々行く機会が無くご無沙汰しておりました。
数年越しに伺いましたら元気に営業されていて、ホッとした次第です。
店内では様々な感染予防対策が行われておりまして、安心して静岡めしを堪能できる空間になっておりました。
さて今回選んだメニューは、此方のお店のウリでもあります”桜海老天そば”に”ミニ釜揚げしらす丼”が付いたセットメニューをチョイス。
お蕎麦は甘めの出汁にコシのあるお蕎麦で美味しく、そこに静岡名物の桜海老のかき揚げが出汁に良く染みて、肌寒い陽気の時には有難い優しい味わいのお蕎麦でした。
更にミニ丼は、釜揚げしらすのふわっとした食感がとても良い感じで、シンプルな見栄えなのですがとても美味しいドンブリでした。
仕事柄どうしても外食が多い自分にとって、こう云った優しい味わいのご飯はとても有難いです!
更にセルフのお茶に関しましても、流石茶処の静岡!お抹茶を入れての物で、これがまた良い風味なんです。
こちらのお店、その他にも真っ黒いおでんで有名な”静岡おでん”や、様々なバリエーションが楽しめる”カレーそば”と気になるメニューが色々あるおススメのお店です!
駐車場も止め易く、店内にはテーブル席もあるのでご家族連れでも入り易いお店です。
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいネ!

それでは本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


”日野市 S様邸”新築外構工事。前回のBlogにて、ようやく型枠内にコンクリートを打設した所までを御紹介しました。

”日野市 S様邸”新築外構工事。
前回のBlogにて、型枠内にようやくコンクリートを打設した所までを御紹介致しました。
打設されてからおよそ1週間の養生期間を経て、いったいどの様になったでしょうか?


この通り、綺麗な白いコンクリート舗装に仕上がりました!

1週間の養生期間を経た様子がコチラです!
コンクリート打設された所が、綺麗な白いコンクリート舗装に仕上げる事が出来ました。
打たれた直後は濃いグレーでしたが、あれから時間を経て真っ白い舗装空間を見ますと、ホント不思議に感じますね!
尚、一時撤去していたエアコン室外機もコンクリートが乾いたのを確認した上で復旧しました。
さあ、いよいよ残す工程もわずかとなって来ました♪
更に作業を進めて行きます!


アプローチとなる箇所には、乱形の自然石にて乱張り舗装を施します。

機能門柱前のアプローチの様子。
こちらは、華やかなエントランスを表現する為に黄色系の乱形天然石にて乱張り舗装を施します。
尚、下の段の舗装箇所は、自動車が乗る事も考慮して駐車場コンクリートと同じ仕様のメッシュ鉄筋と厚み(100弌140弌砲砲栃涸を施します。


乱張り石は選別しながら仮置きし、目地のバランス等々を見ながら丁度良い大きさに割ったりして据えていきます。

乱張り石は様々なサイズ、形の物が入っています。
その中から選別し、バランスを見ながら仮置きして行きます。
更に目地等のバランスに合わせて適宜石を割り、コンクリートを盛りながら石を固定して行きます。


また乱張りで考慮しなくてはならないのが”水勾配”です。

また、乱張り石で重要且つ難しいのが”水勾配”の取り方です。
乱張り石は表面が凸凹しており、勾配が緩すぎますと水たまりが出来易くなってしまいます。
それが長く続きますと、石の表面に苔がむしてしまい著しく景観が悪くなってしまいます。
その為に比較的強めの勾配を取って雨水が捌けやすくするのですが、勾配が強すぎてしまえば歩きにくい空間となってしまいます。
その塩梅を考えながら仕上げていく所に、乱張り舗装の難しさがあるのだと思います。


そして乱張り石が据えられた様子がコチラです。

そして乱張り石が据えられた姿がコチラです。
四角い枠内に綺麗に納まり、大小様々な石が収まっているのにも拘らず、纏まりのある雰囲気に仕上がっています。
まさに乱張り石の選別や調整等がしっかりしたからこその仕上がりと云えます。
最後に目地内にモルタルを入れて完成となります。


更に舗装外の所には防草シートを敷き込んだ上で黄色系の化粧砂利を敷き込んでいきます。

更にコンクリートの型枠を外した後、未舗装となっております目地等には防草シートを敷き込んだ上で黄色系の化粧砂利を敷き込んでいきます。


更にバックヤード等は、整地を施した上で防草シートを敷き込み、石灰岩砕石を敷き詰めて行きました。

更にバックヤード、サイドヤードでは整地を行った上で防草シートを敷き、その上にライトグレーの石灰岩砕石を敷き込んで行きました。
砂利を敷き込む事で見栄えを良くするだけでなく、防草効果や降雨時の泥撥ね防止の効果もあるとても重要な施工です。
新築外構を計画する上では、かなり優先順位の高い施工と云えると思います。
さて、様々な施工が全て終わり、ようやく無事に完工する事が出来ました!
次回のBlogでは、イメージ等を交えながら完工した姿を御紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

11月に入りまして、上着を羽織りたくなる様な肌寒い日が続いておりますが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
緊急事態宣言による様々な規制も大幅に解除され、少しづつ平時に向けた動きが出て来ましたね!
Blogをご覧になられている方の中には、観光地へのお出掛けや飲み会等々予定されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
私も先日、友人達と少人数ではありますがちょっとした飲み会を行いまして、久々に美味しいお酒と会話を楽しむことが出来ました♪
緊急事態宣言中は自宅での”リモート飲み”が流行りましたが、やはり実際に人と会ってのスキンシップは良い物ですね。
これから寒くなる上での所謂”第六波”の懸念はありますが、なんとか平穏無事に年末年始を過ごせればと切に願いたいものです。
皆さまも今まで通りうがい手洗い等をしっかりして、体調には気を付けながら秋を満喫してくださいね!
さて、本日も美味しいお昼ご飯を求めてこんな物を食べて参りました!


本日伺ったお店は、八王子は中町。放射線Uロード沿いにありますスープカレー専門店”GARAKU(ガラク)”さんへ伺いました!

いつもラーメン店を御紹介する事が多い私ですが、本日は少々趣向を変えましてこんな物を御紹介して見ようと思います(笑)
本日御紹介するお店は、八王子は中町。放射線Uロード沿いにありますスープカレー専門店”GARAKU(ガラク)”さんへ伺いました。
こちらのお店、私が八王子の八日町に住んでいた頃に良く行っていたお店で、日野に移り住んでからは数年振りに伺いました!
メインとなる様々な具材のスープカレーに好みの辛さ、ご飯の量を選べ、更に好みのトッピングもプラスできると云う自分好みに楽しめるスープカレー店です。
今回選んだカレーは、”野菜15品目大地の恵み”と云うメニューに”岩のり”をトッピングしたもので、辛さやご飯の量は普通サイズのものを注文しました。
スープカレーは調理法の関係でどうしても出来るまでに時間が掛かり易いのですが、此方のお店では注文しておよそ10分ぐらいで出て来てくれるので、ランチ時にはとても助かります♪
スープカレーの中には大ぶりに切られたジャガイモ、ニンジン、ナス、ブロッコリー等々の野菜がゴロっと入っていて、カレーの良い香りと共に食欲を掻き立ててくれます。
早速スプーンでご飯をすくった後にスープカレーに浸して食べますと、様々な旨味が凝縮したスープカレーが口の中で広がってホント美味しいです♪
ゴロっとした野菜もホクホクしてとても美味しく、更にトッピングの岩のりがカレーに良い感じの風味をプラスしてくれてとても良い感じです!
また面白いのは、ご飯に添えられたレモン。こちらをご飯にしっかりと絞ってから食べますと、レモンの酸味とカレーが不思議とまた良く合い、ホント美味しいです。
久々に食べに行きましたが、以前伺った時と変わらず美味しいスープカレーでとっても満足でした♪
お店は明るいウッディーな感じの店内で、カウンター席とテーブル席があるとても入り易いお店です。
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね!おススメのお店です♪

それでは本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


”日野市 S様邸”新築外構工事。前回のBlogでは、敷地内の化粧ブロック積み工事等の様子を御紹介致しました。

”日野市 S様邸”新築外構工事。
前回のBlogでは、敷地内の化粧ブロック積み工事や機能門柱のフレーム設置等の様子をご覧頂きました。
更にここから、作業はどんどん進んで行きます!


駐車場内のエアコン室外機も外され、いよいよコンクリート打設工事の準備を始めて行きました。

こちらは駐車場箇所の様子です。
前回のBlogでご紹介しましたが、駐車場内に設置されていたエアコン室外機が外された事で、ようやくコンクリート打設工事の準備に取り掛かる事が出来ました。
早速職方さんが、図面を元に型枠設置工事に取り掛かり始めました。


玄関前に関しても、コンクリート打設箇所の型枠が設置されました。

こちらは玄関前の様子。
今回のプランにおいてメインとなる舗装材が土間コンクリートの為、型枠の配置は非常に重要になります。
こちら側に関しても無事型枠が設置されました。


更にファサードの顔となる”スマート宅配ポスト”も設置されました。

さらに作業は進み、ファサードの顔となります”スマート宅配ボックス”が設置されました。
こちらの機能門柱には、インターホン、表札、ポスト、そして宅配ボックスの機能を持たせた多機能の機能門柱となります。


裏側には照明用の光センサーが内蔵。
暗くなりますと、フレーム上部に内蔵されたLEDラインライトが盤面を照らして表札を浮かび上がらせます。

ちなみに、此方の機能門柱には裏側に光センサーが内蔵されており、暗くなりますと自動的にフレーム上部に設置されたLEDラインライトが点灯。
表札が設置された盤面を浮かび上がらせます。
画像は日中にテストのために強制点灯させておりますが、暗くなった時の雰囲気はとても良い感じです♪


翌日、いよいよ型枠内にコンクリートが打設されました。

翌日、いよいよ型枠内にコンクリートが打設されました!
この日は朝から4人の職方さん達が、コンクリートミキサー車から流し込んだ生コンクリートを大きなコテを使って黙々と均して行きます。


私にとって毎度見慣れている光景ではありますが、職方さん達の手際の良さは見ていて惚れ惚れします♪

コンクリートは、砂利・砂・セメント・水を混ぜたもので構成され、流し込まれた際はジャリジャリした感じの液体なのですが、それが職方さん達の手に掛かると、この様に表面がツルっとした物に生まれ変わります。
私にとっては見慣れた光景ではあるのですが、作業している光景を見ておりますと、職方さん達の手際の良さには本当に惚れ惚れします。
尚、設置されている型枠はコテを当てる際の定規の役目もしており、水勾配等をきちんと取った配置となっております。
また、奥側に見えます水道メーターや汚水桝の蓋は事前にその勾配に合わせてきちんと高さ調整されている為、コンクリート面の中に綺麗に納まっております。
こうして見ますと、事前に行っている下地作業があるからこそ、手際良く且つ綺麗に仕上がるのだという事が分かります。


そしてこの通り、無事コンクリート打設工事が完了しました。

作業はお陰様で順調に進める事ができ、お昼過ぎにはこの通り無事コンクリート打設工事を完了する事ができました。


この状態でしばらくの間、養生期間に入ります。

打設前と打設後で、大分雰囲気が変わりましたね!
この状態で硬化するまで、しばらくの間養生期間を設けます。
尚、養生期間は季節によって左右されますが、人が乗れるまででおよそ3日〜5日。車両の乗り入れまでにはおよそ10日〜2週間を見ます。
ここからどの様に姿が変わるのか、とっても楽しみになります♪
それではまたこの続きは、次回のBlogにてご紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は1日どんよりとした空模様の一日でしたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
10月に入っても30℃近い夏の名残を感じさせられる陽気が続いておりましたが、昨日のぐずついた空模様に変わってからは一転して20℃前後の秋らしい陽気に変わり、その寒暖差の様変わりに身体が着いて行かないという方も多いのではないでしょうか。
この天気を境に、更に秋らしい陽気へと変わっていくのだと思われますが、それに合わせて長袖や羽織る物等、衣替えの準備をして体調を崩さない様にしなくてはデスね!
そして秋が深まれば、秋の様々な味覚や紅葉等、色々と楽しみな事が待っております。
流行り病もとりあえず落ち着き、緊急事態宣言も明けて少しずつ世の中が平時へ戻ろうとしております。
確かに次の第6波が来るのではという不安も否めませんが、今まで通り正しく恐れて体調に気を付けて、元気に秋を楽しんで過ごして行きましょう♪
さて本日も、美味しい食べ物を求めてこんな物を食べに行って参りました!


本日伺ったお店は、八王子は高倉町。日野バイパス沿いにあります”十八製麺”さんです。選んだメニューは”タンメンのつけ麺”です。

本日伺いましたお店は、八王子は高倉町。日野バイパス沿いにあります”十八製麺”さんです。
”親子冷やし”や”炙りタンメン”と云った自家製麺を使った独特なメニューを出されているお店で、伺うたびに丁寧に作られた麺やスープをベースとしたオリジナルメニューは本当に期待を裏切らない美味しさです!
さて本日注文したメニューは、”タンメンのつけ麺”と云う、またまた独特な感じのメニューです。
以前伺った際に”炙りタンメン”を頂きましたが、出来上がる直前にバーナーで炙った香ばしい風味はとても好感が持てる味でした!
さて、そんなタンメンとつけ麺の組み合わせ。どんなものが出て来るのかとても楽しみです♪
出て来たラーメンは、塩ベースの旨味が凝縮したスープの中に沢山の野菜や炙りチャーシューが入った秘奥にボリューミーなつけ汁。そして隣に喉越し良さそうな自家製麺が盛られた、見ていて食欲がそそられる井出立ちです。
そしてこちらにも、炊き込みご飯と付け合わせのモヤシの小鉢がサービスされ、食べきれるのかちょっと心配になりそうな感じです(笑)
早速食べて見ますと、プリッとした麺と野菜や肉の旨味が凝縮されたつけ汁はとても相性が良く、非常に美味しいです!
何より、此方のつけ汁も出る直前にバーナーで炙っているので、その香ばしい風味が非常に良い感じです♪
また、具沢山のつけ汁はおかずにもなり、サービスの炊き込みご飯との相性も抜群!
とてもボリューミーな感じでしたが、あっという間に食べ終えてしまいました(笑)
最後にスープ割りにてつけ汁を薄めて飲みましたら、優しい味わいが口の中に拡がり、とても満足な一杯でした。
まさに”食欲の秋”にはもってこいのメニューだと思います。(炊き込みご飯は付けなくても良かったかもですが(苦笑))
明るい店内にはカウンター、テーブル席があって、休日は家族連れの人達も多く訪れる入り易いお店です。
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね♪
それでは本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います!


”日野市 S様邸”新築外構工事。前回のBlogでは、隣地境界沿いの土留めブロックが積み終わり、いよいよ敷地内の作業に取り掛かりました。

”日野市 S様邸”新築外構工事。
前回のBlogでは、隣地境界沿いの土留めブロックが無事積み終わりまして、いよいよ敷地内の作業に取り掛かりました。


玄関前では、化粧ブロックによる土留めブロック積みが完了しました!

こちらは玄関前の様子。
前回のBlogでは、図面に則って水糸にて基準線を割り出してブロック基礎の溝を掘っておりましたが、この通り無事に化粧ブロックが積み終わりました。


正面から見た様子。化粧ブロックにより、玄関前のエントランスの雰囲気が見えます。

正面から見ますと、化粧ブロックで玄関前を囲っただけでも、何処となくエントランスとしての雰囲気を醸し出せている事が分かります。
化粧ブロック上は笠木キャップを設けた事で、より重厚な雰囲気が出ています。
低い高さのブロックで囲ったのみですが、今回のプランではこのブロックの配置がとても肝となって来ます。


ブロックを積む前に設置されていた仮設の土留めは、逆側の隣地境界沿いにて設置し直して活用しました。

尚、土留めブロックが積まれる前に設置されておりました仮設の土留めは、逆側の隣地境界沿いの土留めとして設置し直して活用しました。


翌日。職方がエクステリア職方にバトンタッチして、フェンス・機能門柱の設置工事に移りました。

翌日。職方が舗装職方からエクステリア職方にバトンタッチし、機能門柱とフェンスの設置工事を始めました。


機能門柱下側の様子。舗装仕上げ高に合わせて基礎工事を行い、同時にフレーム内に配管を通してあります。

こちらは機能門柱下の様子です。
機能門柱のフレームは、舗装の仕上げ高に合わせて基礎穴を掘った上で設置。
同時に前もって配管しておいたCB管を機能門柱内に配管して置きます。
2本の内一本はインターホン用、もう一本は照明用の配管となります。


作業はどんどん進み、隣地境界沿いの土留め上にはフェンス柱が立ちました。

作業はさらに進み、隣地境界沿いの土留めブロック上にはフェンス柱が立てられました。


土留め等の設置が終えたので、一時撤去しておいたエアコン室外機を再度元の場所に復旧させました。

そして土留めブロック、フェンス柱等が設置された事で、ようやく一時撤去していたエアコン室外機を元の場所へ復旧させることが出来ました。
こちらはエアコン職方とお客様ご在宅のスケジュールを調整して、作業を行いました。


同時に駐車場箇所に設置されていました室外機を一時撤去。コンクリート舗装に備えます。

同時に駐車場箇所に設置されておりましたエアコン室外機を一時撤去。
駐車場箇所のコンクリート舗装を行えるように準備します。
いよいよ施工も佳境に入って参りました!
ここから更に、どの様に作業が進んで行くのかとても楽しみです♪
それではこの続きは、また次回のBlogにてご紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日もカラッと晴れた良い天気に恵まれましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
10月に入り秋らしい陽気が・・・と云いたい所なのですが、先日の台風16号の影響か、30℃近い暑さが続いておりますね。
それでも朝晩は、20℃を下回る肌寒い陽気となり、秋と夏が同時にやってきた様な感じですね(笑)
寒暖の差で身体に堪える日が続きますが、体調には気を付けて過ごして行きましょう!
また10月に入り、非常に長かった緊急事態宣言もようやく全面解除となりました。
今年は殆どの日が緊急事態ないしまん延防止措置と云った状態になっていたので、平時の状態がどの様な感じだったのか分からなくなってしまったと思う方も多いのではないでしょうか。(苦笑)
(私も友人達との飲み会等が無くなってから久しくなってしまいました。)
第6波が寒さと共にやって来る等、まだまだ油断できない状況が続いておりますが、確実に明るい方向へと潮目が変わってきている事が感じられます。
また、新型コロナに対しての新しい飲み薬の導入と云った明るいニュースも入って来ました。
いずれにせよ、体調には気を付けて前向きな気持ちで頑張って行きましょう♪

さて先日、久々にお客様との打ち合わせでLIXILの高井戸ショールームへ行って参りました!
コロナ騒動が明るみになる前以来なのでおよそ2年振りぐらいになるかと思うのですが、ショールーム内も感染対策を施した上で様々な新商品に様変わりしていてとても良い感じでした。
特にカタログやネットからでは伝わりにくい商品の質感をしっかり感じられるのはとても貴重だと思いました。
今は感染症対策で完全予約制と云う形になりますが、もしエクステリアリフォームを御検討されていましたら、一度ショールームへ行かれる事をお勧めいたします!
そして同時に、そのショールーム近くにありますこのラーメン屋さんもお勧めいたします(笑)


LIXIL高井戸ショールームより歩いて3分ほどの所にあります人気ラーメン店”らあめん小池”さん。久々に伺いましたが、相変わらずとっても美味しいラーメン屋さんです♪

そのお店は、高井戸ショールームより歩いて3分ほど。甲州街道沿いにあります人気ラーメン店”らあめん小池”さんです。
(念の為、都知事とは何も関係は無いようです(笑))
こちらのお店、煮干し出汁をベースとしたラーメンを売りにしていて、その癖のない優しい味わいがとても好印象の美味しいお店です。
今回注文したラーメンは、醤油ラーメンをベースに山椒をプラスした”山椒中華そば”です。
食券を出して数分で出て来ましたが、スープから良い感じの山椒の風味が漂ってきたのがとても印象的です!
早速スープを一口飲んでみますと、優しい煮干しベースの醤油スープに風味豊かな山椒がプラスされ、とても好印象のスープでした。
ストレート麺との相性もとても良く、具材に入っている低温調理チャーシューと鶏つくねが本当に良く合っていて、とても旨いラーメンです。
さらにネギではなく刻み玉ねぎが入っている所が、八王子の人間としてなんだか嬉しくなっちゃう感じです(笑)
私は注文しませんでしたが、半ライスを頼んでスープを入れてお茶漬けの様に食べるのもおススメの様です。
もしLIXIL高井戸ショールームへ訪れた際には、こちらの”らあめん小池”さんへ立ち寄って見るのも良いカモです♪
ご興味がありましたら是非行って見て下さいね!

それでは本日も、前回のBlogの続きを書いて見ようと思います。


”日野市 S様邸”新築外構工事。前回のBlogでは、隣地境界沿いの土留めブロックのベース作りの様子を御紹介致しました。

”日野市 S様邸”新築外構工事。
前回のBlogでは、隣地境界沿いの土留めブロックの基礎作りの様子を御紹介しました。
この日も、順調に施工が進んで行きました!


先日作成したブロックベースにいよいよブロックが積まれていきます。

先日コンクリートを流し込んだブロック基礎。
数日間の養生期間を経てしっかりと硬化しました。
この日は型枠を外した上で、基礎上にコンクリートブロックを積み始めました。


午後にはこの通り、無事必要段数が積み終わりました!

職方さんの作業も順調に進み、午後にはこの通り必要段数まで無事積み終わりました。
職方さん達の手際の良さには驚かされます!


天端の溝にモルタルを流し込んで左官を掛けて仕上げました。所々に開いている穴は、ブロック上に設置するフェンス柱の為の穴です。

ブロックを積み終えた所で、天端の溝にコンクリートを流し込んで左官を掛けて仕上げました。
所々に開いております穴は、ブロック上に設置しますフェンス柱のための穴です。
尚、もしブロック上にフェンスを設置する場合は予めこの様に穴を開けておく事をお勧めいたします。
もし全て埋めてしまった後にフェンスを設置する場合には、柱立て箇所にコアドリルと云う特殊工具を使って穴を開ける作業を行うのですが、その作業だけで数万円余分に掛かってしまいます。
それが予め穴を開けて置ければ、その分はゼロとなる訳です。
かと言って、穴を開けて置く場合にも、予算の関係でしばらく放置と云う事はお勧めいたしません。
穴を開けた箇所に雨水が溜まってしまいますと、内部の鉄筋が錆びてブロック塀の強度に悪影響が出てしまいます。
穴を開ける場合は、なるべく早めにフェンスを設置する様にしましょう。


翌日からは、敷地内のブロック積み工事に取り掛かりました。

翌日。いよいよ敷地内のブロック積み工事に取り掛かりました。


こちらは玄関前の様子。図面を元に水糸にて墨出しを行い、それを基準にブロック基礎を作って行きます。

こちらは玄関前の様子です。
設計図に則って水糸と杭で墨出しを行い、それを基準にしてブロック基礎を作って行きます。
また一緒に、機能門柱を設置する箇所へ予めCB管を通して配線の準備も行っておきます。


鋤取り作業を行っている際に、玄関ポーチ傍に何やら黄緑色の物体が見えます。

鋤取り作業を行っている際に、玄関ポーチ近くで何やら黄緑色の物体が出て来ました。
何処となく見覚えのある物ではあるのですが・・・。
ちなみにすぐ近くにガスメーターがあるという事は!?


この樹緑色の物体の正体は、ガス管の保護ビニールでした。うっかりスコップで傷つけてしまったら大変な事になってしまう所でした。

予感的中!ガス管でした。
黄緑色の物体は、樹脂製のガス管を保護する保護膜でした。
想定していた以上に浅い箇所を通っており、うっかりスコップで傷でもつけておりましたら、大変な事になる所でした。。
油断大敵ですね(苦笑)


溝掘りが終えた所で配筋を施し、コンクリートを流し込んで化粧ブロックを配置していきます。

ブロック基礎の溝掘りが終えた所で配筋を施し、コンクリートを流し込んだ上でブロックを配置していきます。
敷地内に積むブロックに関しましては、ライトブラウンに配色された化粧ブロックを選んでおります。


玄関周りのブロックが積まれた様子です。大分外構らしい雰囲気が出て来ました。

そして玄関周りのブロックが設置された様子です。
まだまだ施工序盤ではありますが、何処となく外構っぽい雰囲気が出て来ました。
更にここからどの様に仕上がっていくのかとても楽しみです♪
それではこの続きは、また次回のBlogにてご紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は曇ったり晴れ間が見えたりとハッキリしない1日でしたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
西の方でしばらく停滞していた台風14号が進路を変えて東の方面に向かってきている様ですが、気付けばいつの間にか関東の南側を通過する進路に変わってきておりますね。
最も接近する明日は、どうやら1日荒れ模様に見舞われてしまいそうですが、何よりも大きな被害が出ない事を祈るばかりです。
ところで皆さま、突然ですが気象情報は主にどこから手に入れていますか?
今までであれば、テレビ・ラジオ・新聞と云ったメディアから得ている方がほとんどだと思いますし今も比較的多くの方がそうだと思いますが、最近ではネット、とりわけスマホのお天気アプリから情報を得ている方も多いのではないでしょうか?
私も仕事柄、ピンポイントでの気象情報は施工の段取り等を行うのにとても重宝にしておりますが、特にアプリ内の”雨雲レーダー”の精度には驚くばかりです!
スマホから”あと1時間後に雨が降り始めます”とか”あと30分後で雨が止みます”と云ったお知らせが来ると、ほぼほぼその通りになるのには本当に驚かされます。
(且つて”バックトゥザフューチャー2”と云う映画の中で、ドクがマーティーに”あと数秒で雨が止む”と云って数秒で土砂降りの雨が止んだ描写がありましたが、まさにその通りですね!)
今後、気象情報も更にきめの細かい情報を得られる様になると思いますが、どの様に発展していくのかとても楽しみになって来ますね!
同時にこう云った技術もスマホアプリを中心に発展するのだと思いますが、益々スマホに依存して行って良い物かと一抹の不安も感じさせられます。
いずれにせよ、明日の荒天は皆さまお気を付け下さい。

さて本日も美味しいご飯を求めてこんなものを食べに行って参りました♪


本日は、八王子は戸吹町。滝山街道沿いにあります”おゆう”さんへ伺いました。

本日は久々に八王子は戸吹町。滝山街道沿いにありますラーメン店”おゆう”さんへ伺いました。
こちらのお店は、以前Blogでもご紹介しましたが、八王子は元横山町にあります八王子ラーメンの名店”藍華”さんで修行された方が独立して営んでいるお店です。
売りはもちろん、刻み玉ねぎとラード油が浮いた醤油スープの八王子ラーメン(メニュー名は中華そばですが)。
見た目は濃いめの醤油ラーメンの様に見えますが、藍華さん同様に魚系と動物系の出汁が上手くブレンドされた、スッキリとした美味しい醤油ラーメンです!
特にチャーシューはとても柔らかく、チャーシュー麺で堪能しても良いぐらいに美味しいです。
そしてこちらではもう一つ売りのメニューがあります♪


”おゆう”さんのもう一つの売りは、美味しい”チャーハン”が食べられる事です!注文したAセットは、中華そばと半チャーハンのセットなんです。

それはこちらの”チャーハン”です!
焦がし醤油が良く効いた香ばしい風味のチャーハンで、美味しい八王子ラーメンと共に堪能できるのは中々有難いお店です。
ちなみに今回選んだメニューは、八王子ラーメンの並に半チャーハン付いたAセットです。
少々ボリューミーではありますが、美味しいラーメンとチャーハンを味わえるのはちょっとした贅沢なひとときですね(笑)
お店はカウンターの他にテーブル席もあり、駐車場も数台完備されていて行き易いお店です♪
もしご興味がありましたら是非行って見て下さいね!

それでは本日も前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


”日野市 S様邸”新築外構工事。前回のBlogでは、駐車場箇所の路盤工事を行いました。

”日野市 S様邸”新築外構工事。
前回のBlogでは、ファサードの路盤工事の様子を御紹介致しました。
砕石を撒いてしっかりと転圧を行って歩きやすくなったので、お客様からはスムーズに引っ越し作業が出来たとの事でした。
更にここから、施工作業を進めて行きます!


この日行った箇所は、東側隣地境界沿いの土留めブロック積み工事です。

この日行った作業は、東側隣地境界沿いのブロック積み工事です。
お隣り様では既に駐車場箇所には土間コンクリートが打たれており、奥側も防草シートと砂利が準備されていました。
雨でお隣り様に泥水が行かないようにする為にも、早急に土留めを構築しなくてはなりません。


職方さんが土留め設置箇所にスコップでブロックベースの為の溝掘り作業を行います。

まずは土留め設置箇所のベース作りからです。
ブロックベースの為の溝を、職方さんがスコップを使ってどんどんと掘っていきます。
掘った際に出る残土は、運び出し易い様に土のう袋に入れて行きます。


こちらは溝を掘り終えた様子です。土のう袋下に見えます太い配管は汚水管。懸念していたガス管は出て来ませんでした。

溝を掘り終えた様子です。
手前の白い桝は雨水浸透桝で、その後ろを通っている太い配管は汚水管になります。
懸念材料であったガス管はこの時点では出て来ず、少々ホッとしました。
尚、ガスメーター隣にありましたエアコン室外機に関しては、エアコン職方により予め配管から外して一時撤去と云う形を取りました。
ブロック積み一つとっても、こう云った狭い箇所に関しては、様々な事に気を配らなくてはなりません。


翌日、溝を掘った箇所に砕石を撒いて転圧し、その上に鉄筋を配置していきます。

後日、溝を掘った箇所に砕石を撒いて転圧し、その上に鉄筋を配置していきました。


こちらは土留めの奥側の様子。左側にあるコンクリートの杭が隣地境界杭になります。

こちらは土留めの奥側の様子です。
通常のブロックに比べて、鉄筋の太さ、ピッチ、ベースの大きさが変わります。
更にここで気を付けなくてはならないのが”隣地境界線”です。
上の画像の左側に見えますコンクリート杭が”隣地境界杭”で、表記されている矢印の先端が境界線となります。
ブロックはもちろんですが、ベース部分もこの隣地境界線にはみ出さない様にして作らなくてはなりません。


型枠を施した上でコンクリートを流し込んだ様子です。基礎はブロックから敷地内に入れ込んだ”L型基礎”と云う工法で構築しております。

型枠を配置してコンクリートを流し込んだ様子です。
基礎はブロックから敷地内に入り込んだ”L型基礎”と云う工法にて設置してあります。
尚、基礎は土留めの高さが高くなればなるほどL字の部分が長くなっていきます。
鉄筋の上についているキャップは、鉄筋の位置を明確にするのと同時に鉄筋の先で怪我をしないようにする為の保護材です。
(昔は”空き缶”等で代用していた事もあった様です。)


こちらは奥側の様子です。枠により、境界線内で納まっているのが分かります。

こちらは奥側の様子です。
枠により、先程説明しました境界線内に基礎が収まっている事がお分かり頂けると思います。
この状態でしばらく養生期間を置き、硬化した所でブロックを積んでいきます。
境界沿いのブロック積みは一見地味な物ではありますが、こうしてご説明しますと意外に手間の掛かるものである事がお分かり頂けたかと思います。
これから新築を御検討されているお客様におかれましては、是非覚えて頂けたら幸いです。
それではこの続きは、また次回のBlogにてご紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は晴天に恵まれ、比較的過ごし易い1日でしたが皆さま如何お過ごしでしょうか?
先週から前線の停滞により、夏から一気に秋の気配を感じられる気温となりましたが、長雨続きの天候の時は何処となく気分も沈みがちになる物ですね。
そう思いますと、本日の様にお日さまが見える天気の有難さを感じさせられますね♪
さて、先日大手エクステリアメーカーであるLIXIL主催の研修会に参加して参りました!
と云っても、ショールームへ出向いてと云う形ではなく、”ZOOM”アプリを使ったオンラインセミナーと云う形で参加して参りました。
”ZOOM”を使ってのお仕事は、Blogをご覧頂いておりますお客様の間でもかなり多くの方が使われていると思いますが、実は私、オンラインセミナーと云う形で”ZOOM”を使用したのが今回初めてでした。
総勢100人もの大勢の方が参加されていたようですが、いったいオンラインでどの様な感じでセミナーが行われるのか内心不安ではあったのですが、意外にもスムーズに受講する事ができ、現在の技術力の進歩に驚かされてしまいました!?
コロナ禍で様々なマイナス面が多い中、リモート技術等に関しては今後の世の中においてとても大きな一歩だと改めて考えさせられました。
そう思いますと、コロナ騒動が落ち着いた後において、対面とリモートを巧みに使った新たなサービス等々は、今後どの様な発展をしてくのかとても楽しみになって来ますね!

さて本日も美味しいお昼ご飯を求めてこんな物を食べて参りました♪


本日は、八王子は四谷町。松枝橋近くにありますラーメン店”横浜ラーメン 道”さんへ始めて伺いました。

本日は、八王子は四谷町。高尾街道の松枝橋ちかくにありますラーメン店”横浜ラーメン 道”さんと云うお店へ始めて伺ってみました。
こちらのお店、私が良くラーメン店探しにてお世話になっているSNSのグループの中で、良く話題に上がるお店でとても気になっていたお店なんです。
さて、今回は始めて伺ったお店なので奇をてらわずデフォルトの”中華そば”を選びました。
出て来たラーメンですが、店名にもあります”横浜ラーメン”と云う名の通り、醤油豚骨スープに太麺と云った、所謂”家系”ラーメンとなります。
しかし味は、醤油等の味がきつくない優しい味で、太めの麺との相性も抜群!
具材のホウレンソウやチャーシューも良い感じなのですが、なによりも秀逸なのが”海苔”なんです。
家系では大きな海苔を載せているお店が多くありますが、こちらのお店の海苔は一味違いまして”わさび海苔”となります。
この”わさび海苔”の風味と醤油豚骨スープとの相性が非常に良く、結構病みつきになりそうな感じでした♪
私はやりませんでしたが、これならライスを頼んでご飯の上にスープを少々掛けて、わさび海苔を巻いて食べたら非常に美味しい事請け合いでしょうね(笑)
個人的には”家系”の様なコッテリ系のラーメンはあまり好みではないのですが、此方のお店はお勧めしたい家系ラーメン店だと思います。
もしご興味がありましたら、是非お出掛けになって見て下さいね!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。



前回のBlogにて、施工前の状況御紹介しました”日野市 S様邸”新築外構工事。
いよいよこの日から施工開始となります!
お客様のご期待に応えられる様に、職方さん達と一丸になって施工にあたります♪
さて、まず最初に行う作業は、家の前の土を掘削して行く作業からとなります。


敷地横から見ますと、道路からかなり土地が高いことが分かります。

東側から敷地を見た様子。
こうして見ますと、道路から敷地の高さがかなり上がっている事が分かります。
まずは道路と繋がります駐車スペースの残土掘削が必要ですね。


土をユンボを使って掘削してダンプに積み、残土を処分場へ運び出して行きます。

という事で、早速土の掘削作業を始めて行きます。
土は”ユンボ”と云う重機を使ってどんどんと掘削し、発生した残土はダンプカーに載せて処分場へ運び出してきます。
ちなみに土は掻き出す際に空気を含んで膨らみます。その量、およそ1.5〜2倍に膨らむと云われております。
今回はコンクリートの厚みが必要となる駐車スペースの範囲がとても広いので、発生する残土もおよそ2トンダンプ6〜7台分との事。
残土搬出のコストが掛かる理由も、こうして現場に実際に立ち会いますと、とても良く分かります。


残土を搬出し終えますと、今度は路盤材として必要な砕石を敷地内に搬入します。

残土の搬出が終わりますと、次は路盤材として必要となる砕石を敷地内に搬入します。


砕石の敷き込みは、鋤簾を使って人力で均一に拡げていきます。

ダンプカーから落とした砕石は、職方さんが鋤簾を使って人力で均一に拡げていきます。
なかなかの重労働です。


砕石を敷き込み、最後にユンボのキャタピラにて踏み固めて路盤を造り上げました。

鋤簾で砕石を拡げ、最後にユンボのキャタピラーを使って踏み固めた様子です。
実はお客様から、「数日中に引越しの作業を行いたいので、人が入っても大丈夫な様にしておいて欲しい」と云うご要望を頂きまして、急ピッチで路盤作業を行いました。
砕石を撒いて踏み固めた状態にしておけば、敷地内に入ってもドロドロにならずにすみ、引っ越し作業も行いやすいだろうと段取りしてくれた職方さん達の気配りのお陰て、お客様も引っ越し作業が滞りなく行われたと喜んで頂けました。


東側の掘削作業は、ブロックベース作りも兼ねて行うので、後日にて行う事としました。

東側の残土掘削に関しては、ブロック塀のベース作りも一緒に行う事を考慮して、後日引っ越し作業が完了した後にて設定しました。
こちら側はガス配管等の設備配管や、お隣り様への配慮も考えながら作業を行わなくてはならない為、少々手間が掛かりそうです。
何事も無く、スムーズに作業が進んでくれれば良いのですが。
それではこの続きは、次回のBlogにてご紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

8月もあっという間に終わり、気付けば今日から9月となりましたが皆さま如何お過ごしでしょうか?
前回のBlogでも書きましたが、8月中は東京オリンピック、甲子園、東京パラリンピック等々様々なビッグイベントが目白押しでしたが、華やかなイベントのあった1か月には思えない憂鬱な8月に思えました。
やはりその原因は、”新型コロナウィルス”なのでしょうか。
夏と云えば、花火大会や夏祭りなどなど様々なイベントがあって、それを機会に久々に会う友人知人との触れ合いがある事で、かけがえのない思い出が生まれる。
そんな当たり前のことが、昨年同様今年も奪われてしまった事にとても悲しい気持ちになります。。
私も人ととの接触が仕事以外ではほぼ無く、とても寂しい気持ちで1か月を過ごしてきたと思います。
(ちなみに8月の私にとって大きなイベントとしては、月初めに行った2回目のワクチン接種でしょうか。)
そんな中、唯一励みになったのは、承った施工現場が完工し、お客様からお褒めの言葉を頂けたときでしょうか。
その言葉を頂く度に、私も職方も一生懸命仕事をした甲斐があったと本当に嬉しく思います!
そして同時に、人とのふれあいの大切さも身に染みて感じさせてくれました。
流行り病に関してメディアの多くはいまだにネガティブな発言が多くありますが、一方でワクチン接種や治療法等々、色々と平時へ向けての明るい方向性も示し始めている様です。
今日から新しい月になりますが、希望をもって頑張って行きましょう!

さて本日も、美味しいものを食べにこんな所へ行って参りました♪


本日伺いましたお店は、八王子は高倉町にあります日野バイパス沿いの”十八製麺”さんへ伺いました。本日選んだメニューは名前が涼やかな”親子冷やし”です。

本日伺いましたお店は、八王子は高倉町。日野バイパス沿いにありますラーメン店”十八製麺”さんです。
自家製麺を巧みに使って、様々なメニューにチャレンジしているお店で、私も数年通っているお気に入りのお店です!
本日選んだメニューは、この時期限定で出されている”親子冷やし”と云うとても涼やかなネーミングのメニューです。
と云っても、”親子冷やし”って聞いただけじゃ”冷たい親子丼?!”なんて思っちゃいますが、そうではありませんでした(笑)
出て来たメニューは、冷たい塩スープにシャキッとした麺、白髪ねぎ、メンマ、そして細切り大葉が添えられた大ぶりの炙り鶏チャーシュー。
もう片方の器には、出し汁ととろろ、そして温玉が入っていて、ここで始めて”親子”の意味が分かりました♪
ちなみにお店の方からは、”最初に冷たいラーメンとしてどんぶりの麺を食べて貰って、途中からつけ麺の要領で温玉の入った器に麺を付けて食べて見て下さい”との事。
と云う事で最初は冷たいラーメンの方から食べて見ましたが、出汁の効いたスープと麺の喉越しがとても良く、相変わらず美味しいラーメンを作るなぁって感心させられてしまいました。
途中から云われた通り麺を温玉の入った器に浸けて食べて見ますと、更に喉越し良く、且つ温玉のまろやかさも相まってとても美味しかったです!
何より、大ぶりの炙り鶏チャーシューがとても食べ応えがあり、期待通りの美味しいラーメンでした。
また最後に、サービスの炊き込みご飯の上にとろろ&温玉を載せて食べて見ましたら、もう満足ですね(笑)
夏の限定メニューなのでいつぐらいまで提供しているか分かりませんが、とてもおススメしたいラーメンです。
もしご興味がありましたら、是非お出掛けになって見て下さいね!

さて本日より、新たな案件のお話を御紹介しようと思います。
ここの所、新築を建てられるお客様から外構工事をご相談される方が多くいらっしゃいます。
しかし多くの方が、ハウスメーカーや工務店から云われるがままに依頼して、出来上がって見たら使い勝手が悪い等ご満足されていない方が多いようです。
そこで今回より、とある新築外構案件のお客様を通してプランニングのポイントをお話しできたらと思います。


本日よりご紹介します案件は、新築外構案件の”日野市 S様邸”です。

本日よりご紹介します案件は、新築外構案件の”日野市 S様邸”です。
現地では様々な住宅が建築中で、その一角にご依頼頂きましたお客様のお宅がありました。


建物デザインはとてもシンプルな物で、シックなネイビーブルー系の外壁がとても印象的です。

建物デザインはとてもシンプルな物で、シックなネイビーブルー系の外壁がとても印象的です。
こう云ったシンプルなデザインの建物の場合、外構の印象一つで良し悪しに大きく影響されます。
中々にプランナーとしての責任重大です(笑)
さて建築中の場合、まだお施主様に引き渡されていないので敷地内に入る事は難しいのですが、外側からでもわかる注目しておかなくてはならないポイントが幾つかあります。


こちらは東側のお隣り様との間の境界線の様子です。
こちらは西側の隣地境界の様子です。
こちらは建物裏側の様子です。

その一つとして、”隣地境界ブロックの有無”が挙げられます。
外構プランの中でも最も基本となるのは、お隣り様との境界を区分けする為の物を何にするかと云う事が挙げられます。
区界がハッキリしていませんと、色々な問題が生じてきます。
一つは、”越境”(つまり設置物等が土地の区画を超えてしまう事)の問題。その他に、プライバシー等の防犯面の問題や、雨水の侵入の問題等々。
どれも一歩間違えますとお隣り様との大きなトラブルへと発展してしまいます。
そういった問題を未然に防ぐ事として”境界ブロックの設置”が挙げられます。
今回のS様の場合、住宅奥側には既に3段ブロックが積まれておりましたが、西側、東側両サイドにはブロックは設置されておりませんでした。
また、ブロックを設置する際にもう一つ気を付けなくてはならないのは、”お隣り様との土地の高低差”です。
以前のBlogでも説明した事がありますが、両サイドにて高低差が生じる場合、その土地の土圧に耐えられる様にブロックも基礎等で強度を持たせた”土留めブロック”として構築しなくてはなりません。(当然ながら、通常のブロック塀よりもコストが上がります)
画像の上段左側が東側隣地境界の様子ですが、お隣り様との間に高低差が生じていて、その土をコンパネと木杭で設けた仮設土留めで押さえております。
ブロック設置の際には、”土留めブロック”を考慮して設置しなくてはなりません。
また、画像上段右側は西側の隣地境界の様子ですが、こちらもブロックは設置されておらず、何かしら区界に見切りを設けなくてはなりません。


隣地境界ブロックは距離が長くなるため、思った以上に高コストになり易く注意が必要です。

隣地境界ブロックは比較的見落としされやすい地味な存在ですが、設置距離もかなり長くなるので思った以上に高コストになり易いです。
その為、設置の際には幾つかポイントがあります。
一つは、”請負の建築会社との交渉”です。業者によってはブロック工事を一手に引き受ける大きな施工業者を傘下にしている所もある為、こう云った比較的単純なブロック工事だと好条件を引き出しやすい場合があります。
場合によっては、建築費の中でサービスなんて事にもなるかもしれないので、是非交渉して見ても良いかも知れません。
もう一つは”共用物”としての設置です。
境界線を中心にブロックを設置する事で、お隣り様とブロック塀を共用する事で費用を折半して抑える方法となります。
その代わり、施工等に関して必ずお隣り様の同意が必要となってくる為、それによる様々なデメリットも考慮しなくてはなりません。
今回S様の場合、この住宅街のルールで、”東側の隣地境界ブロックに関しては自費で設置する”と云う事になっているとの事です。
と云う事で、実際にブロックを設置するのは東側のみで、西側に関しては東側で使われている仮設の土留めを使って区界を立てて欲しいと云う事になりました。


もう一つの注目点は、水道メーター等設備配管の位置です。

もう一つの注目点として挙げられることは、”水道メーター”を始めとした配管設備の位置です。
水道メーターが設置されている箇所が駐車場を設けようとしている位置とする場合、メーターと道路との高低差がとても重要となって来ます。
(万が一、水道メーターが道路よりも高い位置にある場合、水道局指定の専門業者にメーターの移設を依頼しなくてはならなくなります。)
特に中古物件等を購入した際、土地を掘削して駐車場をと云ったケースでこう云った問題が生じやすいです。
今回の場合、上の画像右側をご覧頂きますと水道メーターと道路との高さ関係がほぼ同じであることがお分かり頂けると思います。
もし建築中にて水道メーターと道路との間に高低差が生じてしまっていると分かりましたら、必ず施工業者とご相談される事を強くお勧めいたします。
(ガス配管や下水管も同様です。)


お客様からは事前に建築業者からの図面をお預かりした上で、これを元にCADを使って作図を行っていきます。こちらは”敷地平面図”です。
こちらは建物の立面図です。玄関ドアの位置や窓の位置、高さ等をCAD内に入力し、それに合わせて目隠しや導線計画を考えて行きます。

更にお客様からはご相談時に、建築業者からの各図面をご用意して頂きました。
上の画像は左側は”敷地平面図”。右側が”建築立面図”です。
この二つの図面をCAD内に取り込み、現地での調査内容や画像等を元にプランニングを行っていきます。
ちなみに事前にお客様から伺っていた事として、建築業者から提案された外構プランが、前面敷地一杯に土間コンクリート舗装を施して駐車場とした、なんとも云えない無機質な物で、金額もその内容にそぐわないものだとの事でした。。
確かにお客様からのご要望としては、”駐車スペース2台分+α”との事で、であれば敷地一杯使って3台分設ければと考えてしまったのかもしれませんが、それではいくら何でも殺風景としか言いようがありません。。
せっかくシックでお洒落なお家が建つのですから、せめて玄関周り等はお洒落に見せたいものです。
そこでプランニングする上で重要となる事が、”ゾーニング”です。
”ゾーニング”とは、家の間取りを考えるのと同様に”駐車場””アプローチ””門周り””駐輪場””お庭”等々と云った機能的に必要なスペースをゾーンとして区分けしてプランニングして行く手法の事です。
お客様からのご要望から欲している機能を挙げて”ゾーン”として区分けし、更に優先順位等々を考慮してプランを立てて行きます。
そして出来上がったプランがコチラです。


コチラがお造りしたプランです。ご予算等に合わせてシンプルな内容ではありますが、色々な工夫を施しております。

お客様から頂きましたご要望、ご予算を考慮してお造りしたプランです。
先述した東側境界ブロックに関しては、お隣り様との高低差を考慮して必要最小限の段数にてブロックを積み、その上に”ハイグリッドフェンス”と云うメッシュタイプのフェンスにてコストと機能を優先したフェンスとしました。
西側境界は東側で使われていたコンパネと木杭での仮設土留めを活用して区界としました。


東側には2台分の駐車スペースを確保。タイヤの乗らない中央部分は未舗装として、化粧砂利を敷き込みます。

西側は2台分の駐車スペースを確保して、土間コンクリートにて舗装を施します。
また、タイヤの乗らない中央部分は敢えて未舗装として化粧砂利を敷き込む事で、単調になり易い駐車スペースのアクセントと舗装範囲節約によるコスト削減を計りました。


一番のポイントとなるのは、東側の玄関前スペース。道路との高低差から生じる段差を上手く使って、エントランス空間を確保しました。

今回のプランにおいて最も重要となる箇所が東側の玄関前のスペース。
前面道路は西側から東側に掛けての坂道で、道路から玄関前では高低差が生じます。
そこを逆に利用して、笠置付き化粧ブロックにて区分けを設けてエントランス空間を設置。
道路側は広めの奥行き空間を確保して、駐輪スペース兼臨時駐車スペースとなる”ユーティリティースペース”をご提案。
アプローチラインには黄色系の乱張り石にて化粧を施して華やかさを演出し、1段目の踊り場にて宅配ボックス付き機能門柱”LIXIL スマート宅配ポスト”を設置して公と私との区界としました。そこから右へ1段上がって玄関へと誘うエントランス空間としました。


限られた予算の中での機能優先のプランですが、ゾーニングの工夫で色々な見せ方が可能です!

今回はコストが掛かり易い駐車空間がとても広いのと、東側の境界ブロックが土留めを兼ねなくてはならないと云った部分にて予算配分を取られてしまったため、プランとしては比較的機能に重点が置かれたシンプルなプランとなりましたが、その中で”ゾーニング”を工夫してプランする事で立派なエントランス空間を設けた素敵なファサード空間を造る事が出来ました。
欲を言えば、これに植栽やスリットフェンス等をプラスしてあげれば更に素敵な空間になると思いますが、それは後々の楽しみとして取っておくとして、新築外構としてはとてもベストなプランだと思います。
お客様からも、”予想していた物とは全然違うお洒落なプランで、とても気に入りました!”とお喜びのお言葉を頂きました。
お陰様で大きな変更も無く、ほぼ一発で御成約を頂けました。
お客様からのご期待に応えられる様に、施工は職方と共に頑張って行かなくてはと気の引き締まる思いでいっぱいです!

新築は、建物の方で様々な労力・予算を取られるため、いざ外構になって苦労される方が多いようです。
外構は奥が深く、プランニング次第で良し悪しが決定します。
今回ご紹介しました案件が、これから新築をご計画されているお客様にとってご参考にして頂ければ幸いです。
次回のBlogでは、いよいよ施工の様子を御紹介して行こうと思います。
施工も色々と奥の深いものです。是非ご覧頂いて少しでも参考にして頂ければと思います。
それでは次回もどうぞ宜しくお願い致します。


≪前のページへ || 1 || 次のページへ≫

ホーム » マネージャーのブログ

ブログカレンダー

<   2021-11   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
タグリスト
  • ファサード
  • クローズド外構
  • セミクローズド外構
  • エバーアートボード
  • 目隠しフェンス
  • 人工芝
  • インターロッキング
  • 完工まとめ
  • プラスG
  • 特殊な工事
  • 入隅空間の有効活用
  • ウッドデッキ
  • 樹ら楽ステージ木彫
  • 和モダン
  • プランニング
  • ホームページのバージョンアップ
  • リードデッキ
  • 樹ら楽ステージ
  • 屋外コンセント
  • 美彩シンプルラインライト
  • ウッドデッキの点検口
  • 小さなお子さまの安全対策
  • 古いブロック塀の改修
  • サニーブリーズフェンス
  • レストステージ
  • 乱張石貼り工事
  • アースカラー
  • マイリッシュOK
  • UNISUSポスト
  • テラス屋根の修繕工事
  • レイスクリーン
  • レンガ調タイル
  • オリジナル門袖
  • 美彩グランドライト
  • デザイナーズパーツ
  • エアコン室外機移設
  • フロアビーズ
  • アプローチの舗装
  • フラットパン
  • デッキ上の手摺
  • アーキレール
  • ガーデンシンク
  • 立水栓
  • カーポート
  • フーゴ900
  • サイクルポート
  • フーゴミニ
  • 駐車場造成
  • ナノコンポジットW
  • 外壁塗装
  • トランス
  • エクステリアの照明
  • 美彩グラスウォールライト角型
  • ベランダ手摺モダンパネル
  • 鋤取り砕石填圧
  • ブロック積
  • ローシェン
  • ソルディーポート
  • エクステリアコンテスト
  • 植栽工事
  • 無金利リフォームローンキャンペーン
  • クリエカラー
  • 物置設置
  • NEXTA
  • イナバ物置
  • スピーネ
  • テラス屋根
  • サイドパネル
  • テグランネオ
  • アーキフラン
  • 庭王門
  • ハイグリッド門扉
  • 既存塀フェンス設置
  • コア抜き工法
  • 前後勾配カーポート
  • ケミカルアンカー工法
  • 人工芝(砕石ベース)
  • 人工芝(コンクリベース)
  • エルドラドクォーツイエロー100方形
  • 駐車場コンクリート工事
  • 二世帯住宅外構
  • 二世帯住宅外構
  • スマートエクステリア
  • キャンペーン
  • 新築2世帯住宅外構
  • 新素材フェンス
  • タイルポーチ(デザイン貼り)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 人工木デッキ造り替え
  • タイルデッキ
  • ゴルフパット向け人工芝
  • ゴルフパット向け人工芝
  • 2018年総括
  • 新素材フェンス
  • セミクローズド外構
  • 宅配ボックス
  • 建て替え
  • 外構リノベーション
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • LIXIL”ココマ供
  • LIXIL”プラスG”
  • LIXIL”フェンスAA”
  • 土地拡幅リガーデン
  • 造作壁
  • 2019年総括
  • 旗竿地
  • ゲートアーチ
  • ゾーニング
  • 導線計画
  • 高低差
  • ステイホーム
  • 人工芝&タイル
  • ウッディー目隠し
  • タイルポーチ
  • プラスG
  • ガーデンラウンジ
  • ココマ
  • 2020年総括
  • ブロック塀ゼロ外構
  • ブロック塀ゼロ外構
  • 和モダン
  • LIXIL”フェンスAA”
  • 三協アルミ”Uスタイルアゼスト”
  • ファサードリノベーション
  • 隣境ブロック
  • スマート宅配ポスト
  • イゲタヤE&R

    八王子
    エクステリアオフィス

    〒192-0071
    東京都八王子市八日町
    10-8
    プレシス八王子レグリオ1F

    TEL:042-686-0499
    メールお問合せはこちら

    施工エリア
    東京都の以下地域となります。
    八王子市/日野市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
    本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
    保護しております。