このページのトップへ
リ・ガーデン|お庭が変われば暮らしが変わる! リ・ガーデンはお庭のリフォーム、リノベーションを意味します。
リ・ガーデンのすすめ リ・ガーデンの施工事例 リ・ガーデンのブログ リ・ガーデンのご相談予約
ご相談予約は、お問合せフォームの「■お問い合わせ内容」欄に
ご希望日をご入力ください。
リ・ガーデンのすすめ.
イゲタヤE&Rリ・ガーデン専用ページへようこそ!
このページは、様々なお庭のリフォーム・リノベーションの情報をふんだんに盛り込んでいます。
「リ・ガーデン」と一言で申し上げても、ご検討されているご家族皆さまそれぞれのライフスタイルに密接に関係するので、なかなか目に見えるものではないと思います。


「ウチのお庭は雑草だらけ…」「以前はお花を植えてたけど、近頃忙しくてお庭の花壇使ってない…」「お庭はあるけど正直、あまり興味ない…」
極論を言ってしまえば、お庭は無くても日々の生活には困らないと思います。

では、なぜそんな今「リ・ガーデン」が注目されているのでしょうか。その答えを私たちと一緒に考えてみませんか。
私たちが提案する「リ・ガーデン」の中身に同じ物はありません。全てが、実際にこれから毎日使われるご家族皆さまの事を考えたオーダーメイドです。

「なぜ、この“リ・ガーデン”をしたのか?」

そこには必ず「理由」があります。是非、上のムービーをご覧になって戴き、参考にして戴けたら…と思います。

「リ・ガーデン」は、ご家族皆さまの心と日々の生活(くらし)をきっと豊かにしてくれます。
是非、その先にどんな世界が待っているのか…このサイトで感じて戴けたら嬉しく思います。

イゲタヤE&Rマネージャー
大貫雅央


リ・ガーデンの施工事例.
すべての施工事例を見る
リ・ガーデンのブログ.
2017/10/16
プランナーの現場最前線!! VOL.235 水捌けの悪いお庭のリガーデン工事施工状況その4
イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

先日から雨が降り続き、それと共に気温の低い日が続いていおりますが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
先週はまるで夏を思わせるかのようなとても暑い日が続いておりましたが、今日はその半分にも満たない気温で、さすがに身体に堪えて来ますね。。
私の周りでも、体調を崩されている人達が目立ち始めております。
皆さま、毎日の体調管理と着る物での温度調整に気を付けて、くれぐれも風邪等を引かないように気を付けて下さいね!
さて、そんな寒々しい雨模様の一日でしたが、今日のお昼はこんな物を食べて参りました(笑)


本日のお昼は、こちらのBlogでは良く紹介させて戴いております八王子は南町の”武蔵野うどん たまや”さんへ伺いました!

本日伺ったお店は、こちらのBlogではよく紹介させて戴いておりますお気に入りのうどん屋”武蔵野うどん たまや”さんです。
本日は、つい先日復活しました人気メニュー”カレーうどん”を注文しました!
寒くて身体が弱っている時に、このカレーうどんは本当に身体に染みわたる様で有難いんです。
カレーと出汁との相性により、非常にマイルドな味に仕上がっており、更に具材としてはいっている豚バラ肉が、より一層まろやかさに深みを与えてくれております。
そしてある程度食べた所で適宜に”辛みスパイス”を掛けて見ますと、程良い刺激が加わってまた良い感じになるんです!
このメニュー、本当にファンが多く、これをベースにチーズトッピングをしたり、玉子をトッピングしたりして楽しんでいる方も多いのです。
もしご興味がありましたら、是非食べに行って見て下さいね!とってもおススメです(笑)

さて、本日も前回のBlogにてご紹介しました施工の続きをお話しようと思います。


日野市 M様邸リガーデン工事。前回ご紹介した際は、人工芝ベースのコンクリート打ちの所まで御紹介致しました。

日野市 M様邸リガーデン工事。
前回のBlogでは、人工芝ベースのコンクリートが打たれた所まで御紹介致しましたが、いよいよ養生期間を経て人工芝張りを行って行きます。
養生期間中、何度か雨に降られた日もあったのですが、施工を再開した際には綺麗にコンクリートの硬化も進んでおりました。
また、このお庭でお客様にとって悩みの種となっていた水捌けも、計算通り綺麗に外側へ排出され、水の溜まらない空間になったとお客様も御満悦のご様子。
御提案した私たちもその言葉に安堵しました。
さて上の写真は、早速人工芝の一部を張った様子です。
こうしてコンクリート面と人工芝を張った様子を見比べますと、雰囲気の違いが一目瞭然ですね!
今の人工芝は、根元にわざと枯れた色の人工芝を織り込んでいるため、パッと見では本物に見間違うぐらいにとてもリアルです。


またお客様の御要望により、花壇スペースの土を入れ替えて欲しいとの事で、仕上がり面から約10cmの深さで土を鋤取りました。

またお客様より、花壇部分の土壌の入れ替えをして欲しいとの事から、コンクリート面より約10cm土壌を鋤取りました。
ちなみにこの広さで10cm程の土壌を鋤取りますと・・・


軽トラックの荷台に一杯になるぐらいの残土が発生します。空気を含みますと、かなりの量になるので毎度驚かされます。

上の写真の様に、軽トラックの荷台一杯になるぐらいの量の残土が発生します。
土壌は空気を含みますと、一般的には1.5倍から2倍ぐらいに体積が増えると云われておりますが、こうして改めて見ますと、かなりの量になる事がお分かり頂けると思います。
また、土の状態によって重量も変わるので、無理してトラックに土を乗せて走りますと”積載量オーバー”で、最悪トラックが壊れてしまう恐れがあり、注意が必要です。
(最も、車両の決められた積載量以上を積んで走りますと、”過積載”と云う事で道路交通法違反となってしまいます。。)
発生残土処理に対する費用が掛かる理由、お分かり頂ければ幸いです。


そして残りの箇所も張られ、人工芝施工完了です!

そして残りの建物側の箇所もこの様に張られ、人工芝施工が完了しました。
上の写真は花壇側から見た様子ですが、花壇の縁をご覧頂きますと、土壌・コンクリートベース・人工芝の関係が良く分かると思います。
ちなみにコンクリートに対して人工芝を張る際は、人工芝メーカーで用意されている専用の特殊接着剤を塗布して施工して行きます。
一度接着されますと、コンクリート面に対してかなり強力に張り着くので、ズレ等の心配はほとんどありません。


そして人工芝施工の翌日、造園職方による花壇への客土搬入と植栽工程に入りました。

そして人工芝施工が完了した翌日、最後の工程となる花壇部への客土搬入と植栽作業を行いました。


お客様立会いの下、植栽の位置関係等を確認し、作業を進めていきます。

上の写真は、花壇部での植栽の位置を確認している様子です。
お客様にお立会い頂き、樹木の位置関係や角度等をアドバイスしながら決めて頂きました。
ちなみに今回お選びした樹は、常緑樹のシンボルツリーとしては非常に人気の高い”ソヨゴ”の株立ち物です。
樹形もさることながら、病害虫に強く成長も比較的ゆっくりなので、とてもオススメし易い樹木です。


そして仕上がった姿が、コチラです。最初の状況からは想像もつかないぐらい見違えった空間となりました!

そして花壇部に植栽・客土が入りまして、ようやく無事完工となりました!
花壇部に黒土が入り、そこへ立派な樹木が入りますと、非常に見栄えのする素敵なお庭に見違えりました。


樹木にはしっかりと支柱を施し、強風等に煽られてもしっかりと根付く様にします。
水栓にはレンガ調のパン(受け皿)を設置。

植栽にはしっかりと支柱を施し、強風等に煽られても根付けるようにしてあります。
また、立水栓にもレンガ調のパン(受け皿)を設置し、雰囲気にマッチさせたお洒落な立水栓に生まれ変わりました。


木目調のテラス屋根と人工芝の組合せもとても良い感じです!
排水の肝となる機能門柱後の雨水桝。

一番最初に設置させて戴きました木目調のテラス屋根も、人工芝のグリーンの空間と良くマッチし、とても良い雰囲気です。
そして今回の施工においての一番の肝と云えるのが、右の写真の機能門柱後に設置した”雨水桝”。
施工中にも何度か雨に見舞われる事がありましたが、この雨水桝を設置した事で、うまく雨水を処理する事が出来ました!
今回設置させて戴いた物がそれぞれしっかりと機能しており、プランナーとしても嬉しいかぎりです。


こちらが施工前の様子。

最後にいつもの様に総括として、施工前・CADのイメージ図・完工後の写真をご紹介して締めくくろうと思います。
まず上の写真は施工前の様子です。


そしてこちらがCADでお造りしたイメージ図です。

そしてこちらがCADでお造りしたイメージ図です。


そしてこちらが完工した写真です。

そしてこちらが、完工した写真です。
今回もまさに、イメージ図の”120%”の仕上がりにする事が出来ました!
長年お悩みになっていたお庭空間が、便利な空間となれば何よりです。
M様、本当にありがとうございました!

と云う事で、人工芝を使ったリガーデン工事を二つの施工方法(砕石ベースとコンクリートベース)の実例にてご紹介させて戴きました。
それぞれの施工方法には一長一短がありますが、熟知した上で施しますと、お客様の御要望に沿った使い勝手の良い素敵な空間を手に入れる事が出来ます。
昨今では”共働き世代の増加”や”超高齢社会”と云った社会の変化から、お庭空間に求められる物も”手間の掛からない空間”と云うニーズが非常に増えて来ました。
そう云った中で、この”人工芝”を組み入れたお庭空間は、そう云ったニーズに対して非常に有効な物であると思います。
もしご興味をお持ち頂きましたら、是非こちらの”お問い合わせフォーム”よりお気軽に御相談下さい。宜しくお願い致します!

さて次回のBlogでは、私にとって今年度中で非常に印象の強いリノベーション案件をご紹介しようと思います。
様々な要素を含んだ案件で、遣り甲斐もあり且つ非常に難しい案件でもありました。
是非次回も宜しくお願い致します!


リ・ガーデン|お庭が変われば暮らしが変わる! リ・ガーデンはお庭のリフォーム、リノベーションを意味します。
すべてのブログを見る
お気軽にお問合せください TEL042-591-8497 お問合せはこちら
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部