このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

いよいよ6月に突入しました。
巷では冬物から夏物への衣替えの季節になりますね。そして、いよいよ入梅の季節にもなります。
さらに私事で恐縮なのですが、本日6月1日は私プランナーの40回目の誕生日でもありまして。。
40歳というと、人生80年と云われているこのご次節では折り返しの歳でもあり、自分にとっても人生経験豊富な大人のイメージがあったのですが、いざ自分がその歳になりましても・・・正直実感が湧かないんです。
でも先日、実家にて両親と色んな話をしておりましたら、当店に入社してから今までの事を色々と話しておりまして、世の中のすさまじい変化の中でお店の取引先等もかなり様変わりし、私自身も入社した16年前から考えれば、目まぐるしく変化した事を感じさせられました。
なんだか社会に出てから今に至って、時間が立つのが本当に早く感じます。
さてそんな中、40歳になった節目にいつも使っている眼鏡を新しい物に変えて見ました。


大人っぽい雰囲気に、両サイドのフレームデザインが特徴的な眼鏡です。

青味掛かった黒をベースとした落ち着いた雰囲気のものに、両サイドのちょっとした遊び心のあるデザインのフレームの眼鏡にして見ました。
この眼鏡を掛けて、心機一転お仕事に打ち込んでいこうと思います!

さて、本日も2現場にて動きがありましたので、両現場の進捗状況をお話しようと思います。


まず本日1件目は、多摩市 J様邸です。本日よりいよいよウッドデッキの施工に入ります。

本日一件目は、多摩市 J様邸の施工現場です。
本日よりいよいよウッドデッキの施工に入ります。


ウッドデッキが出来上がるまで、一時エアコン室外機は駐車場の方へ避難しておきます。
今回のウッドデッキ施工では、形状等が少々複雑な物となるため、束柱・大引きの配置が非常に重要となります。
昨日仕上がりました水栓柱のコンクリ基礎。この場所も大引き・束柱との位置関係が非常に重要となります。

今回のウッドデッキ施工は、範囲的に広くは無いのですが、代わりに形状が少々複雑で、既存物(コンクリートタタキ・スクリーン・エアコン室外機等)とデッキの基礎となります束柱・大引きとの位置関係がとても重要となります。
まず始めに、デッキ施工場所にあるエアコン室外機を移動する事から始めました。
エアコン室外機と云いますと、見た目では簡単に移動可能では?と思われる方もいらっしゃると思いますが、実はかなりデリケートな物でして、特に室内機と室外機を繋ぐ配管がとても重要となります。
配管に使われている物は主に「銅管」なのですが、銅管は経年と共に硬くなり、無理に引っ張ったりしますと銅管が傷つき、そこから冷媒ガスが漏れて壊れてしまう可能性があります。
今回の室外機の場合、まだ比較的新しい機種なので、配管もまだ新しい物である事が判明。
とりあえずは配管カバーを外して動かし易い状態にして、慎重に駐車場側へ避ける事としました。
そして昨日完成しました、水栓柱のコンクリ基礎もしっかりと考慮して、大引き・束柱の位置関係を割り出して行きます。


お昼過ぎには、建物側のウッドデッキも出来上がり始めました。
束柱を仕上げ高を元に加工し、既存のコンクリタタキ等を利用しながら設置して行きました。
水栓柱のコンクリ基礎もL型アングルを付けて、デッキ基礎として利用します。
今回も担当職方 近藤さんが部材を丁寧に加工して綿密な施工を行ってくれております。

午後には建物側のデッキの一部が張り終えていました。
デッキの下側を覗いて見ますと、既存のコンクリタタキ等を巧く利用して、小さな束柱と大引きを通してあります。
そして水栓柱のコンクリ基礎の方に目を向けますと、この基礎を利用してL型アングルを付け、その基礎もデッキの基礎として利用するとの事でした。
今回施工を担当しております近藤さんの綿密且つ細やかな技術がとても光っており、設計した私としましても頭の下がる思いです。
明日も引き続きウッドデッキ施工をして頂きますが、どの様に仕上がっていくのかとても楽しみです!


2件目は八王子市 A様邸です。昨日に引き続き、本日もタイル貼り施工です。

本日2件目は、八王子市 A様邸です。
昨日に引き続き、ブロック塀へのタイル貼り施工を行っている真っ最中です。


玄関側のタイルはほぼ貼り終えております。
近づいて見ますと、側面・天端に巧くタイルを加工して貼ってあります。
奥側の方から。こうして見ますとこれだけの広範囲を1日少々で仕上げる技術、さすがタイル職方です!
担当職方 斉藤さん達が黙々と作業を進めてくれています。

玄関側の方では、タイルもほぼ貼り終えております。
上部を縦貼りにしたアイデアが、こうして見ますととても良い感じに見えます。
そして近づいて見ますと、天端・側面等に担当職方 斉藤さん達の細やかな仕事を垣間見る事が出来ます。
しっかりと今回の目地デザイン「うま目地(互い違いにして目地を通さない貼り方)」を側面でもタイルを加工して揃えております。
こう云った細やかな気配り、プランナーとして本当に頭の下がる思いです。
私が描いたイメージ以上に仕上がるのには、こう云った現場での細やかな気配りが本当に良く効いております。
目地がまだ入らない状態でこの仕上がり、これから仕上がっていくのが本当に楽しみです!

と云う事で、両現場とも非常に完工に向けてとても順調に仕上がっております。
さらに明日、どの様な姿に変化するのかがとっても楽しみです。
またその様子も当Blogにてご紹介いたしますので、是非宜しくお願いします!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

「おなかがすいた…」
いきなり冒頭からすみません。実は明日、これ迄の不摂生が祟ったせいか健診の再検査があり前日は色々と制限されていて満足な食事が摂れていません。(泣)
日頃多忙な時は、心も身体も集中していているせいか、気付けば夕方になっていてお昼ごはんを食べていなかった…なんて事もしばしばあるのですが、元々食べる事が大好きな健啖家でして食欲に対して今回のように少しでも制約があると、コンビニエンスストア・レストラン・ラーメン屋さん等々、営業の移動の最中でも色々と気になって仕方ありません。

思う存分何でも食べれる迄暫しの我慢となりますが、そんな私の状態とは逆に現場の方は今日もしっかりと動いてくれていました。(笑)


水栓柱を固定する為に造作したコンクリート柱ですが、型枠を外しモルタル左官を掛けて仕上がりました。

エクステリア工事を施工中の多摩市J様のお宅では、この日のBlogで紹介した水栓柱を固定する為に造作したコンクリート柱が無事固まり、型枠を外した後モルタル左官仕上げを施しました。
J様邸では、明日からデッキの設置工事が始まりますが、デッキ上に露出するコンクリート柱の一部に先日Blogで書いた通りモザイクタイルを貼ります。
その施工は、まだ少し先となりますが想定通りの状態を見て、J様からこの工事に求められている事が全て上手くいくと確信しました。
J様邸のエクステリア工事は、明日から又、大きな変化が表れる事となりますが、是非ご期待下さい。

大きな変化と言えば…本日からタイル貼り工事の施工が始まった八王子市A様新築外構工事にも進展がありました。


本日から再開した八王子市A様新築外構工事ですが、タイルが貼られると見栄えが大きく変化しますね。

積まれたブロック塀にレンガ調タイルをどんどん貼っていっています。先日、しっかりとタイル貼りの準備をしていたので貼る速度も本当に速いです。当然ながら速いだけでは無く、しっかりと正確に貼られていきます。


チームで息を合わせて正確にタイルを貼っていく様は、スゴいの一言です。さすがは専門職方です。
タイル貼りは少しのズレでも見栄えに大きく影響が出ますが、非常に美しく貼られています。

本日は、助っ人も頼んで3人チーム体制で施工を進めています。写真の様に2人でタイルを貼りながら1人はタイルのカット等加工をしています。このチームワークが、スピードと美しさを両立させているのですね。
これから上部のタイル貼りに取り掛かるとの事ですが、その殆どの箇所がタイル素材の加工が必要との事で大変な作業となりそうです。タイル目地を入れる迄まだ先はありますが、このペースで頑張って戴きたいと思います。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は朝から1日雨の予報が出ていたので予定していた施工をあきらめていたのですが、なんと9時過ぎぐらいには時々小雨となんとか持ち堪えてくれました!
比較的風も涼しく、施工を行うのにはとっても良い陽気でした。
そんな訳で、本日も現場に動きがありましたのでご報告いたします。


本日は多摩市 J様邸での施工現場です。先日からの水道工事において、今日は一番重要な工程となります。

本日の現場は、多摩市 J様邸です。
先日のBlogでもご紹介した通り、ただいま水道工事を進めておりますが、本日は一番重要な工程となる「コンクリート水栓柱」の立ち上げ工事です。
この施工では、水道職方の稲葉さんの他にタイル職方 斉藤さんとのコラボレーションによって行われます。
その道のプロ同士での知恵を出し合っての施工、他では中々見れない物だと思います。
まずは上の写真、先日打ちましたベースコンクリートに鉄筋を立てます。
たかが水栓柱に何故ここまで鉄筋を入れるのか、まだこの状態では謎ですよね。


これが今回立てる水栓柱です。岐阜県にあるメーカーさんのハンドメイドによるもので、とてもお洒落な水栓柱です。
そしてこれが、水栓柱前に設置されるタイルシンクとシンク台。モザイクタイルがとってもお洒落で素敵です。
この木の枠。これが今回の施工においての重要となる物で、担当職方 斉藤さんが予め手作りして来ました。

上の2つの写真は、今回設置するオリジナルの水柱栓とガーデンシンクです。
岐阜県にあるメーカーさんのハンドメイド品で、色鮮やかなモザイクタイルがとてもお洒落です。
問題はコンクリート製のため、かなりの重量となります。
これを直接ウッドデッキに設置する事はまず不可能ですが、これを可能とするために、下の写真にある木製の型枠がとても重要な役目を果たします。
水道職方 稲葉さんとタイル職方 斉藤さんが事前に知恵を出し合って生まれた工法です。


まずはデッキ上に乗せる事を考慮して水栓柱を仮立てして、稲葉さんが配管を接続します。
配管が終わった所で、斉藤さんが針金で鉄筋と水栓柱を縛って固定します。

まず、水栓柱をウッドデッキの床高を想定して設置高を決めて仮立てし、そこへ水道職方 稲葉さんが水道管を水栓柱へ接続します。
そして配管が完了すると、タイル職方 斉藤さんが鉄筋と水栓柱を針金でしっかりと固定します。


いよいよ先程用意した木枠が登場。
木枠を設置すると、水平等を調整しながらしっかりと固定して行きます。

そして先程お見せした謎の木枠がいよいよ出番となります。
まず木枠を水栓柱に通して、通し終わると水平器をあてながらベースコンクリートにあて木を打ちつけて固定して行きます。


更に木枠に支柱を立てて、厳重に固定して行きます。
木枠の中には、鉄筋が水栓柱の周りを囲んでおります。

更に杭を打ち付けて支柱を立て、四方から木枠をしっかりと固定して行きます。
木枠の中には、水栓柱の周りに鉄筋が囲んでおります。
まだこの状態では何をしようとしているのか、良く分かりませんよね。


午後より斉藤さんがコンクリートを練り始めました。
そしていよいよ木枠の中にコンクリートを流し込んでいきます。
コンクリートを少しずつ流し込んでは木の棒で突いて奥まで入り込む様にします。

午後からは、いよいよ斉藤さんがコンクリートを練り始めました。
これでようやく何を行うかが見えてきたと思います。
そうです!鉄筋コンクリート製の土台にて水栓柱を固定するのです。
コンクリート製の水中栓はかなりの重量があるため、生半可な固定の仕方では支えきれず倒れてしまいます。
また、地面より40cm強の高さとなるウッドデッキの床から更にシンクの高さを考慮して設置しなければならないため、水道職方が行う通常の施工方法では設置する事が出来ません。
そこで、タイル職方の斉藤さんに知恵を出して貰い、重量ある水栓柱を鉄筋コンクリートの土台にてしっかりと固定しようという事になりました。
水道の事を熟知している稲葉さん、コンクリートの事を熟知している斉藤さんの二人だから出来る工法です。
ちなみになぜ四方からしっかりと支柱にて固定したかというと、コンクリートを型枠に流し込んだ際、かなりの圧力が掛かり、固定が甘いと圧に耐えきれず型枠が破裂してしまう事を防ぐためです。
そして、木枠内の隅々にコンクリートが行き渡る様に少しずつコンクリートを流し込んでは棒で突いて行きます。


型枠いっぱいまでコンクリートを入れて、最後にコテで上部を慣らして今日の工程は終了です。

木枠いっぱいまでコンクリートを流し込みましたら、最後に上部をコテでならして本日の施工は終了です。
このまま数日間養生期間を置いて、来週には木枠を外して表面をさらに左官を掛けて仕上げます。
その作業が終えてようやく次の工程、ウッドデッキ設置施工へ移ります。
今からどの様な形に仕上がっていくのか、とても楽しみです!

本日の施工では、それぞれのプロが知恵を出し合っての工法を見る事が出来ました。
通常違う職種の職方がコラボレーションを組んで施工を行う事は、様々な理由から中々やらないようです。
しかしその様な垣根を越えて施工を行えたのも、私たちイゲタヤE&Rの特徴とも言える「チーム」という意識があってこその物だと思います。
プランニングを実際に行ったプランナーである私にとっても、描いた物がこうして着実に具現化させようと努力して頂いている職方さん達に本当に感謝です!
是非今後もチーム一丸となって、御依頼頂いたお客様に御満足頂ける作品が作れるように精進して行きます。
そして、真心込めた施工現場をまたこのBlogにてご紹介いたしますので、是非楽しみにして頂ければと思います。
今後とも宜しくお願いします!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

ここのところ真夏のような暑さが続いていましたので、今日は小休止になるのかな…と思っていたのですが、しっかり蒸し暑かったですね。
ニュースサイトでは、"史上最も暑い夏が来る"なんて怖い見出しが出ていましたが、30度近くなると「今日はめちゃくちゃ暑いねー」なんて言ってた頃がとても懐かしく思います。
実は私、学生時代水泳部に所属しておりまして、学校には温水プールなんて豪華な設備は無く、大体毎年4月中旬頃から泳ぎだすのですが、やっぱり7月に入らないと寒くて寒くて仕方なかった事を30年以上経った今でも身体が覚えています。特に4月5月はホント命懸けで気合いと根性のみで泳いでいたような…あ、その頃の事を思い出していたら悪寒がしました。(震)
そういった意味では、この暑さは良いのかもしれませんが、現場で大汗をかきながら働く職方衆にとっては本当に大変かと思います。
それにしても…入梅前のこの時期にこの暑さは酷いですよね。

さて、本日も現在施工中の現場では色々な進展がありました。


エクステリア工事中の日野市T様邸では照明設備と外電源の設置工事を施工しました。

現在、エクステリア工事中の日野市T様邸では、照明設備と外電源の設置工事の施工を行いました。
上の写真は照明設備設置後の写真となりますが、チョット分かり難いのですね…。機能門柱の照明を交換し、カーポート柱下部にライン照明を設置しました。


T様邸の機能門柱に設置されていた元々の照明はスポットライト型でした。
T様邸の機能門柱は、"シコク・MY門柱"という製品です。
この機能門柱の照明は何故か左側の写真のようにスポット型のライトが標準仕様となっていました。(現在は廃番となっています。)
正直、この大きなスポット型のライトは、表札を照らすという機能を考慮してもかなりゴツい印象です。
又、この照明器具にはセンサの機能はありません。
機能門柱の照明をLIXIL・美彩グラスォールライト角型/遮光カバー付に交換しました。

交換するにあたり色々と考えましたが、T様にはプランナーから提案があった"LIXIL・美彩グラスウォールライト角型/遮光カバー付"を選んで戴きました。
設置後の写真を見ると、かなりスマートな印象に変わったと感じます。
カーポート柱下部に設置したのは、同じく"LIXIL・美彩シンプルラインライト"です。以前も同様の工事をした経験からT様邸の駐車場部の明かりにと提案をさせて戴きました。


新たに設置した外電源とトランスと既設のジャンクションボックスです。

"LIXIL美彩シリーズ"は、ローボルト照明器具となりますので専用トランスが必要となります。
今回の使用目的は常夜灯として考えている為、専用トランスの明るさセンサ機能を活かす事を前提に提案する部材選びをしました。
尚、機能門柱の照明器具を交換する際に、元々のスポットライト型照明を留める為のビスピッチが"LIXIL・美彩グラスウォールライト角型"の全径よりも若干大きかったので、シコク純正の穴塞ぎ用のシールを使用しましたが、工夫して設置すれば全く目立たない事も分かりました。
もし、既存の機能門柱に設置されている照明を交換したいと検討されているのであれば、この製品はとても価値があると思います。その際は、機能門柱の正面を照らす理由はありませんので、是非遮光カバー付をお選び下さいね。

T様邸の次の施工は、乱張石周りの舗装材敷設工事となります。


外壁・屋根塗装工事を施工中の日野市T様邸です。本日架設足場を外しました。

次は、外壁・屋根塗装工事の施工中である日野市T様邸です。
本日、架設足場を外しましてとても綺麗になった外壁の全貌が表れました。T様の奥様から新築当時と変わらない美しい状態となり、とても喜んで戴く事が出来ました。


塗装工事前の写真です。その変化は一目瞭然です。
左の写真は、塗装工事前のものです。

現在は、塗った直後なので綺麗になって当然ですが、先日のBlogに書いた通り"ナノコンポジットW"の効果が発揮される未来をしっかりと検証したいと考えています。
今回の提案に於いて、T様には日当たりのとても良いロケーションを考慮して最良の塗料を選んで戴けたと思います。

T様邸では、明日木部の塗装を行い完工する予定です。

そして本日最後のご案内は、エクステリア工事を施工中の多摩市J様邸です。


新しい設備であるLIXIL・レイスクリーンとベランダ笠木ですが、既に家の一部として馴染んでいると思います。

この日のプランナーのBlog記事にも書いてありますが、新しい設備である"LIXIL・レイスクリーン"とベランダ笠木が既にJ様邸にあって当り前のように馴染んでいると思います。
本日は、デッキ上に設置するガーデンシンクの立水栓柱を固定するコンクリート柱の基礎造作工事の施工を行いました。


この画像は、昨日立ち上げた給排水管の位置とデッキ上に設けるガーデンシンクの位置を確認している状況です。
位置の確認後、強固な基礎を打設しました。この工事は、後のガーデンシンクに大きく絡む重要な仕事となります。

この工事は、デッキ設置後は表面上見えない箇所の仕事となりますが、これからの施工上、非常に重要な工事となります。
当然、失敗は許されない一発勝負となりますので、正確にガーデンシンクの設置位置と高さを計算し強固な基礎の要となるコンクリートを打設しました。
先のレイスクリーンやベランダ笠木のように、ガーデンシンクを設置すれば当り前のように見えるのは既に設置する前から分かっていますが、見えない所にこそ正確さと手間が求められるのは、どこの工事も同じです。
これからどんどん進んでいく工事ですが、この一見地味な仕事の意味が良く理解して戴けると思います。
これから同様の工事をご検討している皆さまには、その当り前の設備がどのようにして設置されていくのかをこのBlogを通じて感じて戴けたら嬉しいです。

J様邸の次の施工は、ガーデンシンクの水栓柱を設置する工事となります。

本日ご案内した現場は、どこも完工に向け順調に進んでいます。心配なのは天気だけ。毎日、天気予報をチェックしながらどうか天候が安定した状態でいて欲しいと祈っています。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日も昨日同様、夏を思わせるかのような暑い陽気でしたが、皆さんいかがお過ごしのことでしょうか?
まだまだ身体が暑さになれてないので、なんとなく夜になっても身体がほてっている様な気がしますね。
そんな中、当店店頭に設置されている花壇はとても元気に育っております。


暑い陽気の中、花壇のお花が元気に育っております!

サルビアの赤、ガザニアのオレンジ・イエロー、そしてその中に散りばめられたユーフォルビアの白い小花がアクセントとしてとても品のある雰囲気を醸し出しております。
また、どのお花も夏の暑さにすこぶる強い性質を持ったものなので、これからやってくる夏の暑さの中でも元気に咲いてくれる事でしょう。
毎朝掃除をしながら花壇の様子を見ておりますが、元気な植物の姿を見ていますと、こちらもなんだか元気をもらっている様です。

さて、本日も現場ではこのお花達の様に職方さん達が元気に施工を進めてくれました。


1件目は日野市 T様邸です。いよいよベースコンクリートを入れて乱張り石舗装を仕上げております。

本日1件目は、日野市 T様邸です。
昨日の段階で乱張り石の配置が決まりまして、本日より乱張り石下にベースコンクリートを打ちながら舗装を仕上げる工程に入りました。


片方でどんどんと砂・砂利・水・セメントを混ぜてコンクリートを作って行きます。
もう一方で作ったコンクリートを乱張り石の下に入れて水平器をあて、設定した勾配に調整して行きます。

片方でセメント・砂・砂利・水を混ぜてコンクリートを作り、もう片方では乱張り石の下にコンクリートを入れ、水平器をあてながら設定した勾配に調整して行きます。
乱張り石は一つ一つ厚みが違い、表面に凹凸が入るため、勾配を誤りますと雨水がたまり易い物になってしまいます。
また、本日は気温もどんどん上昇しているためコンクリートの硬化も早くなってしまい、素早い作業を求められます。


午後には乱張り舗装が完成。目地も入りとてもお洒落なアプローチが出来上がりました。
今回もお選びした「フラットパン」や各枡類との勾配もバッチリです。

午後には乱張り舗装は目地も入って完成しました。
自然の風合いを活かしながらのきっちりとした乱張り舗装、まさに私が描いたイメージ以上の仕上がりです。
また、今回もプランの中にお入れした「フラットパン」や各枡類との納まりもバッチリ決まっております。
担当職方 斉藤さんの技術がとても光っております。


残りの工程は、乱張り以外の所に人工樹脂舗装材「フロアービーズ」にて化粧する工程です。

後残っている工程は、乱張り石舗装以外に人工樹脂舗装材「フロアービーズ」にて化粧する工程と、既存の機能門柱に設置されている照明をLED照明に交換するのみです。
いよいよT様邸の完工も見えて来ました。最後まで気を抜かず、きっちりと納められる様に頑張って行きます。


本日2件目は、多摩市 J様邸です。昨日納まったスクリーン等がとてもスッキリと納まっております。

本日2件目は、OB様の多摩市 J様邸です。
昨日納まりましたスクリーン等がスッキリと納まっております。


本日からの工程は、これから設置されるウッドデッキ上に納まるガーデンシンクに向けての水道工事となります。
既存の立水栓に使用されている給水管・排水管を利用します。

本日行った作業は、既存の立水栓を撤去し、後程施工するウッドデッキ上に設置されるガーデンシンクのための配管工事を行いました。
じっさい元からあるパンを動かして掘って見ますと、比較的深い所に配管が入っております。


午後には配管の延長も完了。

午後には配管の延長も完了しました。
通常ならあとはウッドデッキを施工後にガーデンシンクを設置するのですが、実は今回納めるガーデンシンクはモザイクタイルを用いたとてもお洒落なもので、いつもの工程とは違う方法にて納めます。
今日の工程はここまでですが、これからどの様な物が納まるかはこう御期待という事で、宜しくお願いします。

ここの所天候が安定しているので、各現場の工程が順調に進められとても有難いです。
このまま良い天候が続いてくれればよいのですが、金曜日辺りから少々崩れる予報も出ている様で、少々それが気掛かりでもありますが。。
それでは、また今後の進捗状況を当Blogにてご紹介しますので、是非宜しくお願いします。


≪前のページへ || 1 || 次のページへ≫

ホーム » マネージャーのブログ

ブログカレンダー

<   2018-11   >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
タグリスト
  • ファサード
  • クローズド外構
  • セミクローズド外構
  • エバーアートボード
  • 目隠しフェンス
  • 人工芝
  • インターロッキング
  • 完工まとめ
  • プラスG
  • 特殊な工事
  • 入隅空間の有効活用
  • ウッドデッキ
  • 樹ら楽ステージ木彫
  • 和モダン
  • プランニング
  • ホームページのバージョンアップ
  • リードデッキ
  • 樹ら楽ステージ
  • 屋外コンセント
  • 美彩シンプルラインライト
  • ウッドデッキの点検口
  • 小さなお子さまの安全対策
  • 古いブロック塀の改修
  • サニーブリーズフェンス
  • レストステージ
  • 乱張石貼り工事
  • アースカラー
  • マイリッシュOK
  • UNISUSポスト
  • テラス屋根の修繕工事
  • レイスクリーン
  • レンガ調タイル
  • オリジナル門袖
  • 美彩グランドライト
  • デザイナーズパーツ
  • エアコン室外機移設
  • フロアビーズ
  • アプローチの舗装
  • フラットパン
  • デッキ上の手摺
  • アーキレール
  • ガーデンシンク
  • 立水栓
  • カーポート
  • フーゴ900
  • サイクルポート
  • フーゴミニ
  • 駐車場造成
  • ナノコンポジットW
  • 外壁塗装
  • トランス
  • エクステリアの照明
  • 美彩グラスウォールライト角型
  • ベランダ手摺モダンパネル
  • 鋤取り砕石填圧
  • ブロック積
  • ローシェン
  • ソルディーポート
  • エクステリアコンテスト
  • 植栽工事
  • 無金利リフォームローンキャンペーン
  • クリエカラー
  • 物置設置
  • NEXTA
  • イナバ物置
  • スピーネ
  • テラス屋根
  • サイドパネル
  • テグランネオ
  • アーキフラン
  • 庭王門
  • ハイグリッド門扉
  • 既存塀フェンス設置
  • コア抜き工法
  • 前後勾配カーポート
  • ケミカルアンカー工法
  • 人工芝(砕石ベース)
  • 人工芝(コンクリベース)
  • エルドラドクォーツイエロー100方形
  • 駐車場コンクリート工事
  • 二世帯住宅外構
  • 二世帯住宅外構
  • スマートエクステリア
  • キャンペーン
  • 新築2世帯住宅外構
  • 新素材フェンス
  • タイルポーチ(デザイン貼り)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 人工木デッキ造り替え
  • イゲタヤE&R

    エクステリアオフィス
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ南平店内)
    〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

    八王子サテライト
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ八日町店内)
    〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

    TEL:042-591-8497
    メールお問合せはこちら

    施工エリア
    東京都の以下地域となります。
    日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
    本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
    保護しております。