このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ » プランナーの現場最前線!! VOL.434 Stay Home企画第2段”リビングルーム前にプライベートテラスを”リガーデン案件その4

プランナーの現場最前線!! VOL.434 Stay Home企画第2段”リビングルーム前にプライベートテラスを”リガーデン案件その4

イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

残暑の厳しい毎日が続く今日この頃ですが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
8月も気付けば下旬。来週は9月と、あっという間に8月が過ぎ去ってしまいましたね(汗)
今年はコロナ禍と云う特殊な状況の中での8月でしたが、それを予見したかのように梅雨も非常に長く、梅雨明けが8月入ってからと、異例尽くしの8月でした。
私の中で”8月”のイメージと云うと、各地でお祭りや花火と云った大型イベントがあり、半ばでお盆休みが入ったりと様々な事が盛りだくさんの月で、とても長く感じる1か月と云うイメージがあるのですが、今年は先述した通りの状況でとても短く感じる1か月だったと思います。
学校に通われてるお子様も、今週ないし来週から新学期と云う方も多いと思いますし、ホント非常に短い夏だったなと思っちゃいますネ。。
これから台風シーズンを経て秋に入ってきますが、コロナ禍での影響下でどの様になってくるのか心配ですね。
くれぐれも皆さま、日頃の体調管理には気を付けて元気に過ごして行きましょう!
そして何より、来年の夏はいつもの賑わいのある夏が戻って来てくれる事を心から祈りましょう!!
(オリンピックもありますしネ!)

さて、残暑厳しい中夏バテにならない様にするには良く寝る事と美味しいご飯を食べる事(笑)
と云う事で、本日も美味しいご飯を求めてこんな所へ行って参りました♪


本日はお仕事で出向いた府中からの帰り道で立ち寄ったお店”中華そば ひびき”さんを御紹介します!

本日はお仕事の関係で府中の方へ出向いたのですが、その帰りに府中方面の美味しいラーメン屋さんが無いか?と云う事で、府中方面の地の利に詳しい弊社マネージャーから教えて貰ったお店”中華そば ひびき”さんに立ち寄って見ました。
伺って見ますとお店前には早速数人の方が並んでいて、美味しいラーメン屋さんなんだと云う期待が膨らんできます!
回転も早く、数分で店内へ!ますます良い店感を感じさせてくれます。
始めて伺ったお店と云う事もあり、注文したメニューはオーソドックスな”中華そば”。
出て来たラーメンは、醤油スープと細いストレート麺にシナチク、海苔、チャーシュー、刻み玉ねぎと云った八王子ラーメンにも通じるシンプルなラーメンでした。
まずは一口スープを飲んでみますと、煮干し系の出汁が良く効いたサッパリめのスープで、細いストレート麺との相性もとても良いです。
また麺も、小麦の風味を感じさせてくれるコシのある麺でとても良い感じです。
何より最も特徴的なのは、中央に乗せてある”チャーシュー”。何時間も丹念に仕込んだ感じがとても良く出ているトロトロのチャーシューで、味は少々甘め。
このトロトロチャーシューと魚系のスープととても良く合い、全体的にとっても美味しいラーメンでした!
これは確かに、並んでいる人がいる人気店のラーメンだと思いました。
農工大のキャンパスに近いお店で、八王子や日野からは少々離れておりますが、もしお近くにお出掛けの御用がありましたら、是非行って見て下さいね!
おススメのラーメン屋さんです。

さて本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


リガーデン案件の”多摩市 M様邸”。前回のBlogでは、LIXIL”プラスG”のフレーム・屋根の設置及び電気工事の様子をご覧頂きました。

リガーデン案件の”多摩市 M様邸”。
前回のBlogでは、LIXIL”プラスG”のフレーム・屋根材、照明器具の設置の様子までをご覧頂きました。
いよいよここから、次の工程に進んで参ります。さて、どんな作業が始まるのでしょうか?


この日から始まる作業は、タイルポーチの基礎工事です。まず、レーザーにてポーチの仕上げ高を正確に出します。

この日から始まった作業は、タイルポーチの基礎工事です。
まずは手前に写っております”レーザー墨出し器”を使いまして正確にポーチの仕上げ高を割り出して行きます。
柱下に薄っすらと見える糸は、割り出されたポーチの仕上げ高です。
こうして見ますと、駐車場との高低差が意外とある事が良く分かりますね。


仕上げ高が割り出された所で、ブロックを積んでいきます。このブロックはポーチ基礎を作る上での重要な枠となります。

さて、ポーチの仕上げ高が割り出された所でいよいよポーチの基礎作りを行います。
ポーチ作成には2通りの作り方があります。
一つは型枠を設けてコンクリートを流し込んで作成する”RC工法”。もう一つはコンクリートブロックを使って枠を作り、その中に砕石路盤・コンクリートを施す”ブロック工法”。
”RC工法”は、建物を建築する際に重要な”ベタ基礎”を作成する際に、同時にとられる工法です。特に建物の玄関ポーチを作成する際に多くとられる工法です。
確かに”RC工法”は強度もあり安心感はとても強いですが、後付けで考える場合、コンクリート型枠設置等でのコスト、コンクリート自体のコスト等々、様々な面で非常に高コスト、そして強度のオーバースペックと云った様々な問題があり、一般的ではありません。
そこで、そういった問題をクリアできる工法として挙げられるのが”ブロック工法”です。
”ブロック工法”は、先にポーチの仕上げ高までブロックにて枠を作成。その後、ブロック枠内に土・砕石にて路盤を作り、更にメッシュ鉄筋等を配置してコンクリートを流し込み、最後にタイル等で化粧を施すと云った手順で行われる工法です。
この工法を取る事で、コンクリート型枠工と云った特殊な工事・大量なコンクリートと云った事が不要となり、低コストで施工を行う事が可能です。
後付けでポーチを作成する際、この”ブロック工法”を選ぶのが一般的です。
と云う事で、今回選んでいる工法はこの”ブロック工法”になります。


ブロックを積む際は、色々な事を考慮して積んでいきます。

またブロックを積む際は、様々な事を考慮して積んでいきます。
一つは路盤造成する際の土圧に耐えられる様に鉄筋を配置する事。もう一つはタイルの施工厚を考慮して高さや位置関係を出す事。
上の画像では柱際のブロックの位置関係をご覧頂いております。
柱とブロックの間に貫板が挟まれている事が分かると思いますが、これはのちのち側面にタイル張りを施す事を考慮して開けた間隔です。


枠内にあります枡等は、ポーチの仕上げ高に合わせて嵩上げを施します。

枠内にあります各桝も、ポーチの仕上げ高に合わせて嵩上げを施します。


更に作業は進み、ブロックが仕上げ高まで積みあがりました。

そして翌日にはこの通り、ブロックも仕上げ高まで積まれました。


先述した枡もこの通り、仕上げ高まで嵩上げされました。

先述しました枡に関しても、この通り嵩上げ調整されました。
以前のお庭の状況から、かなり高い所にポーチの床が出来る事が分かりますね。


遠くから離れてみますと、何となくポーチのイメージが湧いてきますネ!

遠くから全体を見てみますと、大分カタチになってきたことが分かりますネ!
更にここからどの様に姿を変えて来るのかとても楽しみです。
それではこの続きは、また次回のBlogにてご紹介しようと思います。
是非宜しくお願い致します!



ブログカレンダー

<   2020-08   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
保護しております。