このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ » プランナーの現場最前線!! VOL.435 Stay Home企画第2段”リビングルーム前にプライベートテラスを”リガーデン案件その5

プランナーの現場最前線!! VOL.435 Stay Home企画第2段”リビングルーム前にプライベートテラスを”リガーデン案件その5

イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

まだまだ残暑が続く今日この頃ですが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
梅雨明けと共に8月が始まったかと思ったら、あっという間に9月!?時間が過ぎるのが本当に早く感じました。
8月中はいろんな事がありましたが、驚かされたのは先日辞意を表明されました安倍内閣総理大臣でしょうか。
先日戦後の歴代総理の中で最も長く在職されたという事が報じられた直後の辞意表明で、本当に驚かされました。
第2次安倍内閣が始まったのがおよそ7年程前との事で、その在職期間中の7年間はまさに激動であったと思います。
新聞やテレビ、ネット等でその7年間の事を色々と報じられていると思いますが、やはり一番大きかったことは”アベノミクス”と云う経済対策にて、日経平均が在任前に1万円を切るどん底の状態から2万3千円台まで回復させ、失業率等もかなり改善させたことと報じておりますね。
また、外交面でも一癖あるアメリカのトランプ大統領と親密な関係を気付いたり、G7において指導力を発揮した等々、様々な功績が報じられておりました。
更に在任中に、平成から令和への元号が変わった事や、東京オリンピックの対応等、思い返すとまさに激動の7年間でしたね。
もちろん、それとは別に消費増税やコロナ禍の対応等々、マイナス面の事も否めない部分はありますが。。
いずれにせよ、7年間もの長きに渡り、持病と付き合いながら激務をこなしてこられて、本当にお疲れ様でしたの一言に尽きるとおもいます。
そしてこれから新しく選ばれます総理大臣が、今後どの様なかじ取りをされるのか注目ですね!
今私が思う事は、まずは一早くコロナ禍が終息し、今まで当たり前に行えて来たお祭りやイベント、何より来年開催予定の東京オリンピックが無事開催される事を願うばかりです。

さて本日も、美味しいご飯を求めてこんな物を食べて参りました!


本日は八王子は高倉町にあります”十八製麺”さんへ伺いました!本日注文したメニューは、”担々味噌つけ麺(冷)”です。

本日伺いましたお店は、八王子は高倉町にありますラーメン店”十八製麺”さんです。
明るく丁寧な接客と、丁寧に作られたラーメンがとても印象的なお店ですが、本日注文しましたメニューは、数量限定の”担々みそつけ麺”です。
こちらのお店で味噌ラーメンは何度か食べた事があり、とてもまろやかな美味しいラーメンなのですが、その味噌ラーメンと担々が合わさるとどんな感じのなのかとても興味が湧きました!
またこのメニュー、冷たいのと温かいのと選べるとの事で、今回は冷たい方にて注文して見ました。
出て来たつけ麺は冷水でシャキッとしたストレート麺と、濃厚そうな味噌のつけ汁に濃厚そうな肉味噌と白髪ねぎがトッピングされたもの。
もちろんスープは冷たく冷やされたものです。
早速食べてみますと、冷たいつけ汁がシャキッとした麺と良く絡んで美味しいのですが、後からとてもまろやかなコクのある味が追い付いてくるような感じでとっても美味しいです。
また、肉味噌を少しずつスープに解きながら食べますと、肉味噌の濃厚な味と山椒の刺激が利いてこれがまたとても良く合います!
更にサービスで付いてきますチャーシューご飯とモヤシの小鉢が更に良い感じで、とっても満足なメニューでした。
冷たいみそつけ麺は中々想像つきませんでしたが、とても美味しくお勧めしたいメニューです。
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね!

それでは本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


リガーデン案件の”多摩市 M様邸”。前回のBlogでは、タイルポーチのベース作りをご覧頂きましたが、今回もその続きになります。

リガーデン案件の”多摩市 M様邸”。
今回のBlogも、前回同様タイルポーチのベース作りの続きを御紹介しようと思います。
上の画像は、ブロックで作成した枠内に残土、砕石を入れてプレートと云う重機で締め固める作業の様子です。


枠内に新たに土を入れて締固めますと、土内の空気が抜ける関係で驚くぐらいに沈みます。

プレートを使っての締め固める作業は、通常のコンクリート等々の舗装工事と同じです。
ただし、ブロック枠内に新たな土を入れた関係で、土は土中に多くの空気を含んでいてフカフカ状態。
実際にプレートを掛けますと、空気が抜けて驚くぐらいに沈みます。
ちなみにこの作業が疎かになってしまいますと、後々舗装したコンクリート等々に大きなひび割れが生じてしまう原因となってしまう為、とても重要な作業です。


午後には枠内の路盤工程も完了しました。

丹念にプレートで締固め、更に砕石を敷いて再度締固めを行い、午後には上の画像の通り枠内の路盤工程が完了しました。


玄関脇のステップも同様に造作。徐々に形になってきました!

こちらは玄関脇のステップの様子。
ステップに関しましても、メインのポーチ部と同様にブロックで枠を設けて、その枠内に残土・砕石を敷き込んだ上で締固めておきます。
大分カタチが見えてきましたね!


こちらは建物脇の様子。ポーチをサッシ下まで上げて造作する際は、必ず建物と間隔を空けて作ります。一体何故でしょう?

こちらは建物脇の様子です。
ご覧頂きますと建物脇にはブロックが積まれ、建物とポーチとの間に間隔を空けようとしているのがお分かり頂けると思います。
さて、何故ポーチを建物にくっつけずに間隔を空けたのでしょうか?
これには非常に重要な理由があります。
今回のポーチの仕上げ高は、なるべくお部屋と段差の少ない空間にする為にサッシ下数センチと云う所に設定しました。
そうしますと、サッシ下に白いアルミの水切り材よりも上に設定される事になります。
さてこの、建物下部をぐるりと囲っております水切り材ですが、この中には建物床下の通気を良くするための空気弁が内蔵されております。
もしこの空気弁を塞いでしまいますと、床下の通気が出来なくなってしまい、結露等による湿気が発生する恐れがあります。
そうしますと、お部屋が常にカビた状態になってしまったり、シロアリによる建物の損傷の原因にある等、とても深刻な状態となってしまいます。
そこでポーチは建物にくっつけずに間隔を空ける事で、水切り下の通気を考慮した物としました。
更に建物との間の間隔を塞ぐために、上の画像の様なステンレス製の溝蓋(グレーチング)を設置しました。


グレーチングは

グレーチングは、ブロック側にアンカーとモルタルで固定する”片持ち金具”を用いて設置する為、建物側には固定穴を開けずに設置する事が可能です。
もちろん、グレーチングの取り外しも可能となっております。
尚、グレーチングしたは敢えて未舗装とし、侵入してきます雨水を浸透処理出来る様に考慮してあります。


ポーチ前側の様子。プラスGの柱とブロックの間にはおよそ1cmの間隔が空けてあります。

こちらはポーチ前側の様子。
前回のBlogで、柱とブロックの間に貫板を挟んでいたのをご覧頂きましたが、丁度その間隔(およそ1cm)が空いているのがお分かり頂けると思います。
この1cm空ける事で、後程行いますタイル張り工の際の貼りシロを考慮しております。


いよいよカタチが見えてきましたね!更にここからどんなふうに仕上がるのか楽しみになってきます。

大分カタチが見えてきましたね!
ここから更にどの様に姿を変化してくるのか期待が湧いてきますネ(笑)
それではこの続きは、また次回のBlogにて御紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!



ブログカレンダー

<   2020-09   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
保護しております。