このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ » プランナーの現場最前線!! VOL.390 ”築後10年目。現在のライフスタイルにマッチしたファサードアップデート工事”その4

プランナーの現場最前線!! VOL.390 ”築後10年目。現在のライフスタイルにマッチしたファサードアップデート工事”その4

イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

お盆休みも終わり、気付けば8月もあと1週間となりましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
お盆期間中、当Blogをご覧頂いております皆さまも里帰り等様々な所へお出掛けになられたと思いますが、まさかの台風直撃には本当に参りましたね。。
特に西日本方面へお出掛けになられた方は、大変ご苦労をされたのではないでしょうか?
また、台風前後に見舞われた40℃近くに達する猛暑は本当にきつかったですネ。。
私たちも今月は、長梅雨の影響で先延ばしされてた施工案件がどっとやって来た為、この猛暑は本当に頭を悩まされました。
特に、コンクリート舗装の際はコンクリートを流し込んでいる所から既に固まり始め、職方さんが必死になってコテで作業をしている事がとっても印象深かったですし、何より作業中に熱中症等で体調を崩すのではと本当に心配になりましたが、無事作業を終えられて本当に安堵しました。
そんな猛暑もようやく落ち着くようで、今週は30℃に届かない日もある様です!
このまま平穏無事に秋を迎えられればと願うばかりですネ。

さて、先程お話ししましたお盆休み中の台風ですが、実は私も友人たちと計画していた小旅行の日程とバッティングしてしまいまして。。(苦笑)
しかし、せっかくの休みなので決行しようと云う事で、こんな所へ出掛けて参りました!


その行った先とは、栃木県を代表する観光地”日光・鬼怒川”です!写真は日光のシンボルとも云える日本三大瀑布の一つ”華厳の滝”です。

大迫力の滝!!
ここまで凄い大きな滝を関東で見れる場所は、早々に無いと思います。
ここは、関東を代表します観光地の一つ、栃木県は日光市にあります日本三大瀑布の一つ”華厳の滝”です。
実は台風10号が通過している最中、私は友人たちと1泊2日にて日光・鬼怒川の小旅行に行って参りました!
ちなみにこんなに華厳の滝をじっくり見たのは、小学生以来30年振りぐらいでしょうか!?
この日は台風の影響で霧と大雨に見舞われてしまいましたが、華厳の滝はこの大雨のお陰でいつにも増して水量が多く、もの凄い迫力ある姿を我々に見せてくれました!
小学生の頃は正直あまり印象に残らなかったこの滝ですが、30年経った大人になってようやくこの滝の良さを知った様に思います(笑)
ちなみに”日本三大瀑布”。この”華厳の滝”以外にあと2つご存知の方はいらっしゃいますか?
一つは関西は和歌山にあります”那智の滝”ですが、もう一つは関東にあるのです!
それは・・・


もう一つは栃木県のお隣り、茨城県にあります”袋田の滝”です!写真は数年前に私が友人と出掛けた際に撮った写真です。

栃木県の隣、茨城県にあります”袋田の滝”です!
写真は数年前、水戸に住んでいた友人と出掛けた際に撮ったものです。
華厳の滝とは対照的に横に大きく広がり、何本もの白糸を垂らした様な繊細は姿を見せてくれています。
こうして見ますと、改めて自然の風景の壮大さを強く感じさせてくれますね!
華厳の滝を見ていたら、また改めてこの”袋田の滝”を見に行って見たくなりました。
この二つの滝をご覧頂いて、少しでも涼を感じて頂ければ幸いです!

さて、本日も前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


多摩市 K様邸ファサードアップデート工事。玄関前の屋根設備が完成し、いよいよお庭のテラス屋根工事に取り掛かりました!

多摩市 K様邸ファサードアップデート工事。
ようやく懸案事項でありました玄関前の屋根設備が完成しまして、次にお庭へのテラス屋根工事に取り掛かりました。


今回お庭空間に設置します屋根部材は、LIXIL”エクシオールココマ供匹髪召商品になります。

今回お庭空間に設置します屋根部材は、LIXILの看板商品の一つ”エクシオールココマ供匹髪召商品です。
この”ココマ供匹蓮屋根のみの”オープンデッキ仕様”、前面に設けられた縦桟にパネルを追加した”サイドスルー仕様”、更に両サイドに折戸パネルを設けた”ガーデンルーム仕様”の3タイプがあり、設置する用途等に合わせてご提案する事が出来る多彩なバリエーションが特徴です。
今回の案件でお選びしました仕様は、お客様から”屋根空間+プライベート空間の確保”と云うご要望にお応えしまして、前面に半透明のパネルを組み込んだ”サイドスルー仕様”となります。


お庭空間全体を囲う為、2.5間(4.6m)×8尺(2.5m)もの非常に大きなものとなります。

今回設置します”ココマ供匹離汽ぅ困蓮△庭空間全体をほぼ囲う為、2.5間(4.6m)×8尺(2.5m)もの非常に大きなものとなります。
改めて玄関側からこうして見ますと、非常に広大な屋根空間であることがとても良く分かります。


屋根を設置する際にネックとなるのが、2階ベランダ等に設置されておりますこの雨樋。雨樋設置箇所には、部材に予め切り込み加工を施しておきます。

さて、こうした屋根商品をご提案する際にネックとなるのが、2階ベランダ等に設置されております雨樋です。
雨樋も建物によって様々な形状をしたものがあり、物によっては加工等が不可能となってしまう物もあり、プランを考える上での悩みの種となってしまいます。。
今回幸いなのが、一般的な丸形状の規格ものであったので、メーカーで用意されている対策部材を活用する事が出来ました。
まず手始めに、屋根設置の際に干渉する雨樋箇所に合わせて、アルミ部材に予め切り込み加工を施した上で建物に固定部材を設置しました。


午後には屋根材が設置され、梁には木調のカバー材が設置されました。

さて、午後に現場へ伺いますと、この通り”ココマ供匹鵬虻材が設置されました。
屋根材はエクステリア部材としては一般的となりました”ポリカーボネート材”で、色目は空間全体を明るく見せてくれます乳白色の”クリアマット”と云う色目になります。
更にこの部材が通常のテラス屋根と大きく違う特徴として、梁や母屋材、柱材に木調色のカバー材を設置する事で、表にビス等を見せない点です。
カバー材はアルミ製で、最近の乗用車の内装で使われているのと同様のはめ込み構造(スナップイン構造)となっております。
実はこの部材を嵌めこむのにはチョットしたコツが必要で、現場の職方さん曰く”現場泣かせ”の部材の様です(苦笑)
特にもし何かの不備で外さなくてはならない状況となってしまった際、はめ込み構造故に外す際に壊さない様に外す事はかなり困難。。
故に、うっかりミスが許されないシビアな部材でもあります。


先述しました竪樋箇所。此方にはメーカーオプションのカバー材を使って竪樋を貫通させました。

さて、先述しました竪樋箇所。
ポリカの屋根材を加工して竪樋を貫通させた上で、メーカーオプションのカバー部材を設置して塞ぎました。
もともとこの箇所はベランダ下に位置しており、直接雨が入り込みにくい箇所なので貫通させても雨漏り等の心配が少ない事を想定してこの様な仕様としました。


屋根材やカバー材が設置された事で、かなり形になりましたね!

屋根材とカバー材が設置された事で、かなり形になってきました!
これで更に正面へパネル材を設置されると、かなり良い感じの雰囲気になる事が容易に想像できます。
完成形がとっても楽しみです!
しかしここで、施工前のプランニング時に想定できなかった事が明るみになりました。。


想定できなかったのは、お庭と玄関前との高低差でした。。この箇所はもともと門袖や植栽、乱張りアプローチがあった場所で、正直想定が厳しかった懸案箇所でした。。

それは、お庭と玄関ポーチ前の”高低差”です。
この箇所は、土留めや門袖、植栽、乱張りアプローチ等が設置されていた箇所で、現調時ではどれだけ高低差が生じるかが想定しずらかった、プランニング時の懸案箇所でした。。
上の写真をご覧頂きますと分かる通り、本来地面に隠れる箇所が露になっているのがお分かり頂けると思います。
この件に関しては、事前に各職方さん達に相談していて中々回答が出せなかった箇所でした。。
その際職方さん達からは、”露になった所で様々な対応方法があるから、心配せずにプランニングを進めて!”と心強い言葉を貰えました。
同時にこの件に関してはプレゼン時にお施主様にもご説明させて頂き、ご理解頂いた上で”多少の仕様変更でも大丈夫ですよ!”とご了承頂けました。
なんとも本当に有難い事です。。
さて、ではこの箇所をどの様に納めるのか?
これに関しては、また次回のBlogにてご紹介しようと思います。
是非次回も宜しくお願い致します!



ブログカレンダー

<   2019-08   >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
保護しております。