このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ » プランナーの現場最前線!! VOL.367“細部にまで拘ったシンプルモダンなセミクローズドデザイン”新築外構工事 その12

プランナーの現場最前線!! VOL.367“細部にまで拘ったシンプルモダンなセミクローズドデザイン”新築外構工事 その12

イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は桜の咲く頃の暖かな陽気に恵まれ、何処かへとお出掛けしたくなる一日でしたね!
皆さま、如何お過ごしでしょうか?
先週は比較的ぐずついた天気が多く何となく寒々しい日が続いていたので、今日の様な暖かさは何処となくホッとしますネ。
住宅街を歩いていますと、ウメを始めカワズザクラ、ケイオウザクラと云った早咲きの桜が見頃を迎えており、通り掛かる人の目を楽しませてくれます。
予報によりますと今年は比較的早く暖かくなると云う事なので、お花見の定番”ソメイヨシノ”の開花も早いかもしれませんね!
(その分、花粉も多く飛散されている様です。花粉症の方はお気を付け下さいね。。)

さて本日も、美味しいお昼ご飯を求めにこんな所へ出掛けて参りました!


本日のお昼は、日野バイパス沿いにあります中華屋さん”マラマラ”さんに伺いました!今日は辛くないデフォルトのラーメンを選んでみました。

本日のお昼は、真っ赤な”麻辣麺”が売りの日野バイパス沿いの中華屋さん”マラマラ”さんへ伺いました!
いつもなら”麻辣麺”を選ぶのですが、今日は辛くない普通の”ラーメン”を選びました。
こちらで普通のラーメンを選ぶのは始めてだったのでどんなモノが出てくるのかと思いましたところ、醤油豚骨系のこってりラーメンが出て来ました。
見た感じは俗に云う”横浜家系”の様な感じですが、フライドガーリックがのっているなど、少々違いもあります。
さて食べてみますと、見た目よりも意外にサラッとした感じのしつこくないスープで、私的にはとても好感の持てる味でした。
麺は比較的太めの縮れ麺で、入っている具材は”麻辣麺”とほぼ同じホウレンソウ・海苔・シナチク・チャーシュー・ネギ・フライドガーリックと云った感じです。
麺ももちもちしていて、フライドガーリックが味にパンチを与えてくれていてなかなか美味しいラーメンでした。
このラーメンをベースに”麻辣麺”が作られていると考えると、ただ辛いだけでなく旨味もしっかりあるラーメンだという事が頷けました。
辛いのが苦手という方もこのラーメンなら安心だと思います。駐車場もあり、テーブル席もあるので家族連れの方も来やすいお店だと思います。
もしご興味がありましたら、ぜひ足を運んでみて下さいネ!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


多摩市 J様邸新築外構工事。前回のBlogでは駐車場の型枠工事の様子をご覧頂きました。

多摩市 J様邸新築外構工事。
前回のBlogでは、駐車場の型枠工事の様子をご覧頂きましたが・・・


ようやくコンクリートが打たれました!

ようやく前回型枠を設置した箇所のコンクリートが打たれました!
この日はまだ養生中でしたが、乾いてきて徐々にイメージの雰囲気に近づいております。


お引っ越し作業を行う事を考慮して、半分に分けてコンクリートを打設します。

今回の場合、もしすべての範囲にコンクリートを打ってしまいますと、養生中の建物へのアクセスが出来なくなってしまいます。
また、お客様よりお引っ越しの作業を行う事を考慮して欲しいと云うご要望を頂いておりましたので、範囲を2カ所に分けてコンクリート工事を行う事にしました。


養生期間を経て数日後、いよいよ作業再開です!

そして養生期間経て数日後、いよいよ作業を再開しました。
コンクリートが真っ白に乾いて、とても良い感じです!


新素材フェンス”アートウォール”での門袖に、埋め込みポストが設置されました。

前回のBlogにてご紹介しました新素材フェンス”アートウォール”での門袖には、埋め込みポストが設置されました。


メーカー指定のポストのみ設置可能ではありますが、”前入れ後ろ出し”のポストが設置可能なのはとても画期的です!

実はこう云ったユニット型の門袖は、今までにも数社が取り扱ってはいたのですが、構造的な問題で写真の様な埋め込みタイプのポストを設置する事が出来ないものがほとんどでした。
そんな中、この様に埋め込みタイプのポストが設置出来る部材が出来たのはとても画期的です。
(ただし、メーカー指定のポストと云う制約はありますが。)


さて、いよいよこの”アートウォール”に塗り壁材を施す準備を行っていきます。

さて、いよいよこの”アートウォール”に塗り壁材を施す準備を行っていきます。
まずパネルの継ぎ目となる所にメッシュテープを施した上でグレーの樹脂材である”下地処理剤”を塗布して塞いでいくのですが・・・


エクステリア職方さんが一生懸命試みようとしましたが、説明書通りにはいかないようで悪戦苦闘しております。。

施工当日の気温が30℃を超える高温!!
その為、樹脂材の硬化が非常に早く、職方さんも悪戦苦闘しておりました。。
説明書では”下地処理剤をローラーで塗布していきます”と記載されているのですが、実際には非常に粘っこい薬剤で、ペンキを塗るというよりも接着剤を塗ると云った表現の方が近いと思います。
最初のこの部材の謳い文句では”エクステリアの職人でほぼ施工可能な優れた施工性!”なんて書かれておりましたが、現実はそんなに甘くありませんでした。。


職方さんなりに努力してくれましたが、この作業は途中で切り上げる事にしました。。

この日、職方さんなりに一生懸命作業を続けてくれたのですが、職方さんと相談の上この作業を途中で打ち切る事にしました。
今回の作業は”ローラー”ではなく”コテ”を手早く使って塗る作業、つまり”左官のプロ”にお願いする事が肝要だという事を思い知らされました。
実はこの作業を左官職方さんにお願いしようと思っていたのですが、ちょうど同時期に別の大きな工事を抱えていて、施工できるのがかなり先になってしまうと云われていた為エクステリア職方さんに作業をお願いしたのですが、そこはやはり”餅は餅屋”。
エクステリア職方さんには悪いことをしてしまいました。。
(ちなみにこのピンチ状態、後に左官職方さんがしっかりとフォローしてくれました。その様子はまた後日のBlogにて)

今回のBlogでは、敢えて失敗談を御紹介させて頂きました。。
施工現場では様々なアクシデントがつきもので、それをどの様に解決させるかを様々な職方さん・商社・、メーカーと相談の上対応していきます。
その結果として、それらがかけがえのない”経験”として残り、その積み重ねこそがクオリティーの高い”施工力”となってお客様にご提供出来るのだと思います。
今回のケースでは、”その作業に対しての職方さんの当て方”の失敗例です。
初採用となる部材故の難しさもありますが、いずれにせよ私プランナーとマネージャーの認識不足が招いた失敗だという事を改めて思い知らされました。。
それと同時に、そのアクシデントに対応してくれるメーカー・商社・職方さん達の有難さも強く感じさせられました。
さて、ここから更にどの様に施工が進んで行くのでしょうか?
この続きはまた次回のBlogで御紹介しようと思います。是非宜しくお願い致します!



ブログカレンダー

<   2019-03   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
保護しております。