このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ » プランナーの現場最前線!! VOL.363“細部にまで拘ったシンプルモダンなセミクローズドデザイン”新築外構工事 その8

プランナーの現場最前線!! VOL.363“細部にまで拘ったシンプルモダンなセミクローズドデザイン”新築外構工事 その8

イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は一日どんよりとした空模様で、午後以降はパラパラと雨が降ったりしたハッキリしない天気でしたね。
ちなみに明日は日中19℃と、まるで春を先取りしたような陽気に見舞われるようです!
暖かくなるのは有難いですが、翌日以降は本来の冬の陽気に戻る様で、寒暖の差にやられてしまいそうですね。。
また、暖かくなれば同時にスギ花粉の事も気になりますネ(苦笑)
皆さま、くれぐれも体調にはご自愛くださいね。

さて、本日もお仕事の合間に美味しいお昼ご飯を求めて出掛けて参りましたが、今回はこのBlogでは初めて御紹介しますお店です!


本日のお昼は、八王子でも南側の堀之内にありますお店”浜焼き太郎”さんへ伺いました!写真は、”アジフライ定食”です。

本日お昼に伺ったお店は、八王子でも多摩市や町田市に近い堀之内にありますお店”浜焼き太郎”さんに伺いました!
実はこのお店のオーナー、私のゴルフ仲間が営んでおりますお店で、ゴルフをご一緒した時に”是非食べに来てよ!”と云われていて、本日初めて伺いました。
ちなみにこのお店は、夜は店名通りに海鮮を炭火で焼く”浜焼き”をメインとした居酒屋さんなのですが、お昼は当日豊洲市場で仕入れた新鮮な魚介を使ったランチを提供してくれるお店なのです。
店前の黒板メニューには、どれも目移りしそうなメニューで迷わされてしまうのですが、今日はその中で”アジフライ定食”をオーダー!
出て来た定食は、大ぶりのアジフライにサラダ・ご飯・お味噌汁・漬物・そして嬉しいのが茶わん蒸しまで付いている良心的なもの。
特に美味しかったのが、アジフライ!外側の衣はカラッとしていて、中はふんわりとした美味しいアジフライで、これがまたご飯ととっても合うのです。
ご飯大盛りのサービスも付いてお値段は¥850と、とってもリーズナブル!!
ちなみにその他には”マグロのカマ焼定食””マグロ漬け丼定食””カレイの煮つけ定食”等々で、お値段もほぼ一緒。
お仲間さんへのお世辞抜きに、”良いお店見つけた!”と喜んでしまうお店でした!
場所は京王堀之内駅から歩いて数分、多摩センター通りよりも駅よりに歩いた所にあります。
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね!!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


多摩市 J様邸新築外構工事。工程も徐々に中盤に差し掛かって参りました!

多摩市 J様邸新築外構工事。
前回のBlogでは、アプローチの縁石工事やお隣さん側へのRC土留めの為の型枠工事等の様子をご覧頂きました。
さてこの日は、更にどの様に変化していったのでしょうか?


玄関前の土留めブロック上には、更に白いパネルが設置されました。

玄関前の土留めブロック上には、更に白くて太いパネル状のものが嵌めこまれていきます。
柱を見ますと、場所場所で高さが違いますネ。
さてこの不思議な物体、後程その正体が明らかになります(笑)


アプローチでは、職方さんが更にカーブ状にレンガ縁石を設置しております。

一方こちらは玄関へのアプローチ箇所の様子です。
先日に引き続き、職方さんが貫板を定規代わりにしてレンガをカーブ状に設置しております。


隣地側の方では、先日造りました型枠内にコンクリートを流し込む作業を行っております。

更に隣地側へ目を向けますと、先日組みました型枠内に職方さんがせっせとコンクリートを流し込んでおります。
ちなみにコンクリートを型枠内に流し込みますと、型枠下側はかなりの圧力が発生し、最悪型枠が破裂してしまう恐れがあります。
その為流し込む作業も慎重に行っております。


ある程度コンクリートを流し込んだ後、長い筒状のゴムが付いた機械を入れ込んで振動を掛けます。

型枠内にコンクリートをある程度流し込んだ後、この長い筒状のゴムが付いた道具を使って、型枠内に振動を掛けます。
振動を掛ける事で、鉄筋等がいり込んでいる型枠内の隅々にコンクリートが入り込み易くなります。


午後にはこの通り、見事に型枠内にコンクリートが流し込まれました。

午後にはこの通り、無事コンクリートが型枠内に流し込まれました。
後は硬化するまでしばらく養生します。


さて、再び玄関前に目を向けますと、いよいよ例の白い物体に何やらマジックで曲線が描かれております。

再び玄関前の様子。
いよいよ先述した例の白い物体に、マジックで曲線が描かれております。
線は、私がデザインしたカーブ状の塀と同じような曲線になっております。
さて、それをどうするかと云いますと・・・


なんと、柱ごと”ジグソー”と云う道具を使ってカーブ状にカットしていきます。

なんと、そのラインに沿って”ジグソー”と云う道具を使って柱ごとカットしていきます。
勘の良い方はお気づき頂けたと思いますが、この白い物体こそ、ブロック塀に変わる新しい素材の塀なのです!
この商品は、四国化成が発売しております”アートウォール”と云う部材です。
アルミ製の柱とパネルで構成された列記とした”アルミフェンス”で、これに塗り壁材等にて左官を施し、あたかもコンクリートブロックで造った”造作塀”の様になります。
ブロック造と比べた際の大きなメリットは、
.屮蹈奪造では認められない高さの造作塀を作る事ができる
▲屮蹈奪造にて1m以上の高さの場合必要な”控え壁”が不要
9柔材がアルミ材・発砲素材等で出来ている為、カーブ等のデザイン加工がし易い
そ杜未コンクリートブロック造に比べて軽い為、地震に対しての信頼度が高い
等が挙げられます。
特にここ最近、昨年発生した”大阪北部地震”でのブロック倒壊事故を受けて、ブロック造に対しての見方が非常に厳しくなってきましたが、そんな中ブロックに変わる新しい素材として脚光を浴び始めている部材と云えます!


カットした小口は、付属のアルミテープを貼って塞ぎます。まずこれで第一段階終了。

天端をカーブ状にカットした後、柱やパネルの小口には付属のアルミテープを貼って塞ぎます。
これで第一段階は終了です。
ちなみにブロック造の場合、同じ工程を行おうとしますと加工にかなりの手間が掛かり、数倍の日数が掛かってしまいます。。
それを考えると、大幅な工期短縮を計れる画期的な部材と云えると思います!
さて、ここから更にどの様な工程が始まるのか・・・これはまた後程の回のBlogでお話ししようと思います。
(実はこの後が大変でした(汗))


アプローチ箇所ではカーブ状のレンガ縁石が設置完了!

更にアプローチ箇所ではこの通り、ダークグレーのレンガの縁石がカーブ状に設置されました!
完成へ向けて一歩一歩着実に進んでおります。
更にここから、どの様に変化していくのかとっても楽しみですね!
それではまたこの続きは、次回のBlogにて御紹介しようと思います。
是非宜しくお願い致します!



ブログカレンダー

<   2019-02   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
保護しております。