このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ » プランナーの現場最前線!! VOL.318 ”家と庭の融合!LDKから続くガーデンルーム&タイルテラス”施工その7

プランナーの現場最前線!! VOL.318 ”家と庭の融合!LDKから続くガーデンルーム&タイルテラス”施工その7

イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

昨日は日中も20℃を下回る寒々しい一日でしたが、本日は朝から秋晴れの天気となりましたね!
今日はまさに洗濯日和!ここの所雨続きの天気だったので、まさに恵みの太陽ですね。
しかしそんな天気も束の間、明日のお昼ぐらいからいよいよ台風の影響が出始め、予報では日曜日が荒れ模様の一日になるとの事です。。
そういう面でも、本日の天気は”嵐の前の静けさ”という物なのでしょうか。
いずれにしても、荒天となる前に何らかしらの台風対策はしておいた方が良さそうですね。
皆さま、くれぐれもご用心くださいませ!備えあれば、憂いなしですよ。

さて、本日も美味しいお昼ご飯を求めてこんなものを食べに行って参りました!


本日のお昼は、八王子は石川町にあります”とんかつ浜勝”さんへ伺いました!リーズナブルな金額で本格的なかつが食べられるおススメのお店です!

本日のお昼は、こちらのBlogでは初投稿となります八王子は石川町にある”とんかつ浜勝”さんへ行って参りました!
多摩大橋通り沿いで、オリンパスの工場を多摩大橋方面へ超えた先にあるとんかつ屋さんです。
長崎ちゃんぽんのチェーンで知られている”リンガーハット”が母体のとんかつ屋さんなんですが、このお店、特にランチタイムは本当に良心的なお店なのです!
ちなみに今回オーダーしたメニューは”浜勝ランチ”というロースカツ・チキンカツ・千切りキャベツ・お新香・ご飯・味噌汁と云った内容の物なのですが、この中でご飯は勿論、キャベツ、そしてお味噌汁までお替りが出来るのです!
しかも、キャベツは千切りと角切りと選ぶ事が出来、ご飯も白米と麦ごはん、更にお味噌汁も白味噌か赤味噌かを選べるという非常に良心的なお店なのです。
ちなみに私は1膳目に麦ごはん・赤味噌汁、2膳目は白米・白味噌汁と変化をつけて楽しんでおります(笑)
これだけ様々なお替りが出来、かつも衣が薄くジューシーな且つであるにも拘らず、1000円でお釣りが十分来ると云う、とっても満足なお店です。
さらに、会計時に貰うレシートにあるQRコードをスマホに読み込ませ、アンケートに答えますとドリンクないし好きな揚げ物を1品サービスと云う更に美味しいサービスが!
(ちなみに写真の白い皿に乗っている揚げ物は、サービスのクリームコロッケです!)
こんな非常に良心的なサービスの為、日中は工場にお勤めのサラリーマンや営業マンで非常に賑わっているお店なんです。
ただしこのランチは、平日の昼間のみのメニューなのでご注意くださいね。
駐車場も広く、席もゆったりしているのでとっても寄り易くお勧めのお店です。良かったら行って見て下さいね!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


八王子市 K様邸ガーデンルームプラン工事。前回のBlogにて、ブロック積み工事の様子を御紹介しました。さて今回はどの様な工事を進めるのでしょうか?

八王子市 K様邸ガーデンルームプラン工事。
前回のBlogにて、ブロック積みに関連する工事の様子を御紹介しました。
いよいよここからタイルテラス工事を・・・と云いたい所なのですが、大切な工事が一つありました!
それはルーム内の”電気設備工事”です。
特に今回は、ルーム内に大容量のエアコンを設置するという事で、200Vの電源を建物内から引いてこなくてはなりません。
今回のお仕事は、エクステリアでの電気工事と云うよりは増改築における電気工事の要素が強い工事です。


配電盤は、お庭の真裏に位置するお風呂場の脱衣場にありました。上の写真は、配電盤から電線を通すための貫通穴です。

さて、まず初めに行わなくてはならない事は、宅内の配電盤の所在探しと、そこからルーム内への配線計画です。
早速宅内へ入れさせてもらい、配電盤まで案内して頂きましたところ、お庭側の真裏にあたるお風呂場の脱衣場にありました。
その配電盤内にあります、200V・100Vの各回路から電線を引っ張り、屋外へ出す作業をします。
上の写真は、お風呂場近くの外壁から管を貫通させた様子です。


貫通孔から出した電線は、新たに設けたジャンクションボックスより塩ビ管を介してお庭側へ引き込んでいきます。

そして電線を引き出した所で、その線をジャンクションボックス・塩ビ管を介してお庭の方へ配線していきます。
ちなみにジャンクションボックス・塩ビ管に関しては、電線を通した上でパッキン・コーキング材を用いて密閉し、管内に雨水等が入らない様にします。


配電盤からお庭まではおよそ20m強と長くなるため、途中ジャンクションボックスを設けて中継地点とします。

塩ビ管で真下に下ろした後、水切り沿いにPF管にてお庭まで持っていきます。
その長さ、20m強とかなり長い距離となります。
その場合、考えておかなければならないのが”メンテナンス性”です。
もしそのまま電線を伸ばした場合、後々何らかの原因で断線・ショート等のトラブルが起きてしまいますと、波及事故で最悪配電盤を破損する恐れがあります。
そこで、途中にて上の写真の様に”ジャンクションボックス”を設けてそこを中継地点とする事で、何らかのトラブル時に備えておきます。


コチラが各電線をジャンクションボックスに通した様子です。200V線・100V線の他、緑色のアース線も通します。

そしてコチラが、実際にジャンクションボックスまで電線を通した様子です。
電線は200V線・100V線・そして緑色のアース線となります。


ルーム側では電気職方が、スイッチ設置箇所・コンセント設置箇所に穴を開け、メッセンジャーワイヤーで管より電線を引っ張り出します。

そしてガーデンルーム側では、電気職方がスイッチ設置箇所・コンセント設置箇所に穴を開け、そこから先程配置したPF管・ジャンクションボックス等を介して電線を引っ張り出します。
電線にメッセンジャーワイヤーと云う道具をつけて引っ張り出すのですが、距離の長い管から線を引っ張り出すのは中々の力仕事なのです。


200V線は上部のコンセント箇所に配線。あとは照明用の100Vスイッチに配線すれば完了です。

200V線に関しては、上部のコンセントにようやく配線完了。
残りは照明用の100Vスイッチへの配線です。


そして設置完了したのがコチラです。

そして設置完了した所がコチラです。
上部の200Vコンセント横には、後程エアコンを設置するとの事。
さらに下側のスイッチは、ルーム内に設けますスポット等の照明用スイッチで、念のために防水タイプの物を選んでおります。
エクステリア工事における電気工事としては、中々大掛かりな電気工事でして、Blogの中でも中々紹介しない分野ではあったのですが、ご覧頂いている皆さまにこんな事も可能であることをお知らせしたくて、今回敢えてご紹介させて頂きました。
地味な内容ではあるのですが、これが後々の仕上がり等に大きく影響するため、是非ご参考にして頂ければ幸いです。

さて、更に施工はどんどんと佳境に入っていきます!
次はどの様な工事が始まるのか、とっても楽しみになって来ますね。
それではまた次回のBlogも是非宜しくお願い致します!



ブログカレンダー

<   2018-09   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
保護しております。