このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ » プランナーの現場最前線!! VOL.289“工夫いっぱい!平屋建て2世帯住宅”新築外構工事その7

プランナーの現場最前線!! VOL.289“工夫いっぱい!平屋建て2世帯住宅”新築外構工事その7

イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今年もゴールデンウィークに入ったと思いましたら、気付けば後半の5日”こどもの日”ですね!
早いもので明日にてGWも終わってしまいますが、Blogをご覧頂いてる皆さまも連休を満喫できたのではないでしょうか?
今年は例年にないぐらいにとても暑いGWで、本日も日中は27℃と夏を思わせられる陽気となりました。
明日最終日、予報ではなんと30℃を記録するとの事で、まさに”夏”が一足早くやって来てしまった感じですね(笑)
皆さま、くれぐれも熱中症対策をしっかりして残り少ないGWをお楽しみくださいネ!

またGW中にも拘らず、ホームページの”お問い合わせフォーム”より沢山のご相談のご依頼を頂きました。
この場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。
”エクステリアを通して少しでも多くの方に役立てられる情報を”と云う気持ちでBlog等を書かせて頂いておりますが、多くの方にご反響頂きまして誠に嬉しく思います!
時折更新が遅れてしまう時期も御座いますが、更に有益な情報をお届け出来る様に精進してまいります。
今後とも是非宜しくお願い致します!

さて先日私の実家に帰った際に、こんなものをお裾分けして貰いました。


お裾分けして貰ったものは、なんとあの超高級レストラン”八王子うかい亭”のレトルトカレーです!
箱を開けると、”こだわってます!”的な文言が書かれてありました。
もちろん、”うかい亭とは?”と云う説明書きも書いてあります。

それは何と、あの八王子の超高級レストラン”うかい亭”が出しておりますレトルトビーフカレーです!
以前のBlogで”八王子うかい亭”の事はご紹介した事がありましたが、まさかあのお店でレトルトカレーを出しているとは思いもよりませんでした。
たまたま両親宛の贈り物で詰め合わせを頂いたとの事なのですが、当然ながら一般店舗では販売していない商品のレトルトカレーの様です。
(通販サイトで購入可能の様ですが)
早速自宅へ持ち帰って重厚なデザインの箱を開けて見ますと、中には”こだわりのカレーの文言”と”うかい亭とは”と云う説明が書かれておりました。
これだけでも普通のカレーではない感じが十分感じられます。


早速炊き立てのご飯にカレーを掛けて食べて見ました。見た目では伝わり切れない非常に濃厚な旨味のビーフカレーです!

という事で、早速レトルトをお鍋で温め、炊き立てのご飯の上に掛けて見ました。
見た目では普通のカレーにしか見えませんがレトルトの封を開けた途端、とても上品なカレーの香りが漂いタダモノではない感じが伝わってきました。
さて肝心な味ですが、一言で”濃厚な牛肉の旨味が詰まったカレー”と云う表現が良いのか、とにかく複雑かつ重厚な高級店のカレーです。
特に、牛肉の旨味と云うか甘みが感じられる所は”さすがうかい亭!”と云った感じで、レトルトとは思えないカレーです。
後程通販サイトで調べてみましたが、1パックあたり・・・いや金額のお話は無粋ですね(苦笑)
でも、もし機会があれば是非一度は食べて見て頂いても後悔しない味だと思います。もしご興味が御座いましたら、是非調べて見て下さいね!

さて、本日も前回のBlogの続きをお話ししようと思います。



また更に目を配りますと、この界隈で多く見掛けられます富士桜も植えられておりました。
残念ながら少々見頃が過ぎてしまい新緑が目立っておりますが、可愛らしい薄ピンクの花をいっぱい着けておりました。
この桜は比較的大きくなり過ぎない花木で、実は一般住宅の庭木としても比較的人気のある樹木です。
今年は比較的気温が高く、例年に比べると花の見頃もかなり早まってしまっておりますが、まだまだ見頃を迎えているお花も色々とあります。
明日からのお出掛けの参考にしてみて下さいネ!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


日野市 O様邸新築外構工事。この日も張り切って施工進捗中です!

日野市 O様邸新築外構工事。
前回のBlogにて、お庭の縁石工事やカーポートの骨組み組付け工事の様子をご覧頂きましたが、この日も更に施工が進みました!


お庭内では、樹脂舗装材の下地となるベースコンクリート打ち工事を行っているなっている真っ最中です。

まずはお庭内から。
前回のBlogでは、アプローチラインへのレンガ縁石設置工事を行いましたが、この日はアプローチ内に施す”樹脂舗装材”の下地コンクリートを打っている真っ最中です。


角度を変えて見ますと、”砕石””メッシュ鉄筋””コンクリート”の断面が良く分かりますね。

角度を変えて、逆側から見た様子です。
化粧材の下地だからと云って適当にコンクリートを打つわけではありません。
まず砕石を均等に均して”プレート”と云う機械で押し固めた(填圧)後メッシュ鉄筋を配置し、その後コンクリートを流し込んで均一の厚さにコテで均し込んでいきます。


化粧材の施工厚は約5ミリ。コンクリートはその施工厚を考慮してコンクリートを均します。さらにレンガ縁近辺には何やら穴が開いてますが。

ちなみに今回使用します”樹脂舗装材”は、細かい粒の砂利を特殊樹脂で固めて舗装する材質で、その施工厚はおよそ5弌
レンガや桝蓋を良くご覧頂くと、コンクリートよりほんの少し上がっている様に見えますが、これはその施工厚を考慮してコンクリートが打たれているからです。
さらにレンガ縁石近辺には10个曚匹離僖ぅ廚砲禿間隔に穴が開けられております。
これは雨水を逃がすための”水抜き穴”で、樹脂舗装材の特徴の一つである”透水性”を活かした工夫の一つです。
ちなみにこの穴は、樹脂舗装材によってカバーリングされるため、全く目立たなくなります。


土留めブロックぎりぎりの位置に設置されていた汚水桝。こちらはブロックをうまく切り欠き、桝ふたが開けられる様にした上で笠木キャップを設置。

コチラは土留めブロックギリギリの位置に設置されていた汚水桝の様子。
ブロックを設置する上で悩みの種となっていた箇所なのですが、ここも職方さんたちの機転で、土留めブロックをうまく削ってふたが開けられる様に工夫した上で、笠木キャップでカバーリング。
また、周りをレンガにて囲う事で、舗装を施した際に埋もれない様にしております。
こんな小さな桝蓋ではありますが、舗装等の施工を行う際には非常に重要且つ注意しなければならない箇所なのです。


室外機近くに、青いプラスチックの容器が埋められておりますが・・・

さて更に目を配りますと、室外機近くにプラスチック製の丸い容器とコンクリートの溝が設置されております。
実はこれもチョットした仕掛けではあるのですが、後程のお楽しみという事で(笑)


コンクリートが打ち終えた頃、タイミング良く雨が降り始めてきたため、ビニールシートで全体を覆って養生をしてこの日の作業終了です。

さて、一通りコンクリートも打ち終えた所で、タイミング良く雨が降り始めてしまいました。。
直ぐにビニールシートで施工箇所を覆って養生した所でこの日の作業は終了。
更にどの様な姿に変わっていくのかとても楽しみになってきますネ!
それではまた、この続きは次回のBlogでご紹介致しますので、是非宜しくお願い致します。



ブログカレンダー

<   2018-05   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
RapidSSL_SEAL-90x50
本サイトでのお客様の個人情報はRapidSSLにより
保護しております。