このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ » プランナーの現場最前線!! VOL.459“限られた奥行きのファサード空間を立体的に”新築外構工事その11

プランナーの現場最前線!! VOL.459“限られた奥行きのファサード空間を立体的に”新築外構工事その11

イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

新年度最初の月となります4月に入り1週間が経とうとしておりますが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
桜の花も先日の雨風でほぼ散ってしまってほぼ葉桜となってしまいましたが、桜の花が終わりますと新緑の爽やかな時期がやって来ます♪
それにしましても、しばらく上着もいらないくらいの暑さがやって来たかと思いましたら、4月に入って雨と共に寒の戻りで寒さが戻って来てしまいましたね。。
この時期は寒暖差が本当に激しく、すこぶる身体には堪える時期です。
また、新年度に合わせた職場や学校等の環境の変化でお疲れになる日も多くなってくるかと思います。
皆さま、くれぐれも体調には気を付けて、うがい手洗いをしっかりして元気に過ごして行きましょうネ!

さて先日、私用で栃木の方へ出掛けたのですが、その帰りに美味しいラーメンが食べたくなりましたこんな所へ寄って来ました♪


栃木でラーメンと云えば”佐野ラーメン”です。という事で、栃木の知人から教えて貰った人気店”一乃胡(いちのえぴす)”と云うお店へ伺いました!

栃木でラーメンと云いますと有名なのは”佐野ラーメン”です!
という事で、栃木の知人におススメのお店を教えて貰いまして伺ったお店が今回御紹介します”一乃胡(いちのえぴす)”と云うお店です。
佐野ラーメンは佐野市内に何件もお店があり、私も数回食べに行った事があります。(実際以前このBlogでも御紹介した事があったと思います。)
さて、佐野ラーメンの特徴と云いますとやはり”麺”に尽きると思います。
佐野ラーメンでは、青竹を使って作る独特の平べったい縮れた”平打ち麺”となります。
例えますと、カップうどんの平べったい麺に近いと云ったら良いのでしょうか!?
この麺が透き通った醤油スープと良く絡み合いまして、とても美味しいのです♪
またチャーシューも拘っているお店が多く、此方のお店では煮豚の物の他に”吊るし焼き”と云う物も選ぶことが出来ます。
今回は”吊るし焼き”の方を選んでみたのですが、余計の油分が無く肉の旨味をしっかり堪能できる美味しいチャーシューでした!
さらに調子に乗って餃子も他ので見たのですが、


1個がとても大きい、ボリューム満点の餃子!ジューシーでとても美味しく、餃子だけでもお腹いっぱいになるぐらいです(笑)

この餃子が、通常ラーメン店で出て来る餃子の1.5倍ぐらい大きいボリューム満点の物でした!
大きさだけでなく、ジューシーな肉汁がたっぷりの美味しいもので、餃子だけでもお腹いっぱいになるぐらいのとても美味しいものでした。
先程のラーメンにこのボリューム満点の餃子。流石に食べ終えた時はお腹がはちきれるのではと思うぐらいでした(笑)
店内は密にならない様に席数を減らしてアクリル板を設置したり、入り口では検温器があったり、更に駐車場で車に乗ったまま順番を待てる呼び出し機を用意したりと、徹底したコロナ対策を施していました。
人気店故の責任感なのでしょうね!(ここまで徹底されたラーメン店は、流石に始めてでした)
味もボリュームも満点のとても良いお店でした♪もし佐野へお出掛けの際は、行って見ても良いおススメのお店ですよ!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


新築外構工事進捗中の”日野市 W様邸”。前回のBlogでは、植栽と砂利敷きの様子を御紹介致しました。

新築外構工事進捗中の”日野市 W様邸”。
前回のBlogでは、ファサードへの植栽と建物バックヤードへの砂利敷きの様子をご覧頂きました。


改めましてファサード箇所の様子です。植栽が入りまして大分雰囲気が変わりました!

ファサードを逆側から見た様子です。
門周りに植栽が入り、大分雰囲気が変わりました!
いよいよ完工が見えて来ましたね。


次の工程は、ファサード周りの舗装工程です。舗装箇所へ図面を元に型枠を設置していきます。

次の工程は、再びファサード箇所への舗装工程となります。
路盤工事は既に植栽工事前に行っていたので、ここから図面に合わせて型枠を設置していきます。


型枠設置後、枠内にメッシュ鉄筋を配置していきます。

型枠設置後、枠内にメッシュ鉄筋を配置していきます。
同時に舗装内にあります枡等も、仕上げ高に合わせて高さを調整します。


メッシュ鉄筋設置後、舗装内に設えます乱張り石を仮置きします。

メッシュ鉄筋設置後、今度は枠内にて予め乱張り石を図面に合わせて仮置きし、バランスを見ます。
今回使用する乱張り石は、このBlogでは初登場かも知れませんがアジアンな雰囲気を作るのにはとても重宝する”ジャワ鉄平”と云う乱張り石です。
私がプラン内にて多く使っている”エルドラド系”の乱張り石に比べて形状等が変わる為、実際に仮置きしてバランスを見て、石の範囲の増減等を調整しながら作業を行います。


こちらは玄関側の様子。逆側から見ますとまた雰囲気が違います。

こちらは玄関側から見た様子です。
今回の舗装は、長方形のコンクリート舗装を組み合わせて、島状に配置。
その一角一角に、先程ご説明しました”ジャワ鉄平石”を設えて、日本庭園の園路で用いられます”延段”の雰囲気を持たせたアプローチをご提案致しました。
逆側から見ますと、また乱張りの配置した雰囲気が違って見えます。
こちらも門前同様、仮配置して石の範囲の増減を調整します。


石の範囲が決定した所で、乱張り石下にコンクリートを盛って固定していきます。

石の配置が決まった所で、コンクリートを打つ前に、予め乱張り石を固定します。
石の下にコンクリートを盛り、乱張り石を枠のラインに合わせて固定していきます。


玄関前の乱張り石も同様に固定していきます。

玄関前の乱張り石も同様に、石の下にコンクリートを盛って石を固定していきます。
そして乱張り石が全て固定された所で、ようやく型枠内にコンクリートを打設していきます。
コンクリート舗装内に乱張り石を散らして配置する手法は良く行われておりますが、良く勘違いされるのが、コンクリートを流し込んだ後に乱張り石を適当に上から置いて行くと思われている方がいらっしゃいます。
図面の段階では確かにそんな感じではあるのですが、実際にはこの様に予め乱張り石を配置してからコンクリートを流し込んで左官を行い、最後に乱張り石内の目地を仕上げて完成と、何工程も手間が掛かります。(つまりその分、コストも掛かります。)
もし同様なデザインの舗装を御検討されている際は、是非こういった工程を経て仕上がる事を念頭にしてお見積書をご覧頂けますと幸いです。
(”コンクリート打設費+乱張り石”だけでは仕上げる事は出来ません)

さて乱張り石も配置され、いよいよ次回はコンクリート打設工事を行ってアプローチを仕上げます。
ここから更にどの様に変化していくのかとても楽しみですネ!
それではこの続きは、また次回のBlogにて御紹介しようと思います。宜しくお願いします。



ブログカレンダー

<   2021-04   >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
タグリスト
イゲタヤE&R

八王子
エクステリアオフィス

〒192-0071
東京都八王子市八日町
10-8
プレシス八王子レグリオ1F

TEL:042-686-0499
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
八王子市/日野市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
保護しております。