このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ » プランナーの現場最前線!! VOL.247 ”導線”を変えて思いっきりリニューアル!ファサードリノベーション工事 その十一

プランナーの現場最前線!! VOL.247 ”導線”を変えて思いっきりリニューアル!ファサードリノベーション工事 その十一

イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

気付けばいよいよ12月!ついに師走に入りましたね。
今年も残りあと1カ月を切り、テレビ等でも年末恒例の「新語流行語大賞」「紅白歌合戦」等々の話題がメディアを賑わせております。
なんだか例年この時期になると毎度云っている事なのですが、本当に時が過ぎ去っていくのがとても速く感じさせられますね。
今年も私は、エクステリア工事の設計・施工に携わっている内にあっという間に時が過ぎ去って云った感じです。
お陰さまで、こちらのBlogにてご紹介しきれない数多くの完工案件をこなせ、今年もとっても充実した1年を過ごさせて頂けたと思います。
今現在も進捗中の施工案件・プランニング案件が多くありますが、良い1年の締めくくりになる様に全力で取り掛かって参ります!
今後とも是非宜しくお願い致します。

さて、皆さんの中に”電車”がお好きな方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実は私、乗り物全般はとっても好きなのですが、”電車”も小さい頃からとっても好きなのです(笑)
そこで、先日の休暇を使って友人たちとある所へ行って参りました!


先日の休暇、埼玉は大宮にある”鉄道博物館”へ始めて云って参りました!

それは、埼玉は大宮にあります”鉄道博物館”です!
JRの車両基地内にありますこの博物館には、かつて実際に日本国内で活躍していた国鉄時代の車両が沢山展示されている、鉄道好きの人には溜まらない博物館なんです。
博物館内には、明治時代の鉄道草創期の車両から、私も乗った事のある昭和末期に走っていた車両まで幅広く展示されており、館内では解説文が分かり易く設置されております。
そんな数多く展示されている車両の中で、私がお気に入りの車両なのが・・・


多摩地区の人にとっては非常に馴染み深い、オレンジ色の中央線車両。、小さい頃から見慣れた電車だけに、とてもお気に入りなんです(笑)
中央線の内部の様子。扇風機に青いシート、更に天井等に張られている国鉄時代の広告や停車駅案内が懐かしさを醸し出しております!

この”101系国鉄型電車”です。
オレンジ色で”高尾”の方向幕を見れば分かる通り、嘗て多摩地区の人にとっては馴染み深い”中央線”で活躍しておりました電車です。
今現在は、シルバーにオレンジ色のラインが入った最新型車両が活躍しておりますが、小さい頃から電車好きだった私にとってはこのオレンジ色一色の電車が何処となく馴染み深く感じさせられます。
車両内も活躍した当時のままで、等間隔に設置されている扇風機や青いシート、国鉄時代の広告や停車駅案内が更に懐かしさを醸し出しております。
実は私にとってこの電車、小学生の頃に生まれて初めて一人で乗車した思い出深い電車なんです!
こうして嘗てのった事のある電車と、この様な形で再会できてなんだか感慨深い物がありました。ほんと懐かしい!
この他にもご紹介したい物がいっぱいあるのですが、それだけでBlogの内容が終わってしまうぐらいなので止めておきますが、博物館内には見どころがとても沢山あります。
また、来年夏に向けてさらにリニューアルを行っているとの事。更に魅力的な博物館になる様です。
もし行った事が無ければ、是非一度は訪れる事をオススメしますよ。ノスタルジックな雰囲気に浸れる事、間違いなしです!

さて、本日も前回のBlogの続きをご紹介しようと思います。


八王子市 S様邸ファサード工事。前回のBlogでは、カーポートの組み付け工事が完了しました!

ファサードリノベーション工事案件の八王子市 S様邸。
様々な困難を乗り越えて、なんとかこの通り大型カーポートの組付けを完了させる事が出来ました!
更にここからどの様に変わっていくのか、とても楽しみになって来ます。


この日に行った工事は、”レンガ風ブロック部材”を使った”積み工事”です。

この日に行った工事は、レンガ風のブロック部材を用いて行う”ブロック積み”工事です。
一見しますと、レンガの様にしか見えない部材ですが、実は列記とした”コンクリートブロック”なのです。
今回使用したこの部材は、東洋工業と云うブロックメーカーより発売しております”バンダブリックウォール ローズ”と云う部材です。
レンガに近いサイズの、着色されたコンクリートブロックに様々な加工を加え、更に焼成処理を施してより本物のレンガの雰囲気に近づけた部材です。
ちなみに今回この部材を使用した理由として次の事が挙げられます。

一つは、”流通性”です。
レンガの場合、その多くはオーストラリア等からの輸入品が多く、商品によってはメーカー在庫の欠品の恐れが発生します。
特にこう云った積みレンガの場合、カット等の加工は必須となり、その際に加工ミスによる”ロス”が多く生じやすくなります。
それを見越して私たちは必ず、必要量の1割分は多く注文するのですが、それでも様々な理由で足りなくなってしまう場合があります。
その際にメーカーに対して追加発注を行うのですが、もし商品在庫が欠品してしまいますと、輸入品の場合最悪1カ月以上商品が入ってこない恐れが生じます。今回は比較的広範囲に渡ってレンガ部材を使用するため、その点はとても重要となります。
今回の部材は日本国内で製造されているため、比較的そう云ったリスクを避けられる利点があります。

二つ目に”コスト性”です。
レンガの場合、1個当たりのコストは比較的高めで、更にコンクリートブロックに比べますと使用する量も非常に多くなるため、単価コストは予算配分の上でとても気に掛けなくてはなりません。
特に今回、基礎工事・カーポート工事等、重要な箇所にてコストを掛けなくてはならない要素がとても多い為、更に化粧部材等にてデザイン性のみだけでプランニングしてしまいますと、軽く予算オーバーしてしまいます。
そこで、レンガの様な雰囲気で全体的なデザインテイストを損なわず構成できる部材として、この部材に白羽の矢を立てたのです。

3つ目に挙げられるのが”耐久性”です。
”積み工事”において、必ず考えなくてはならない事に”耐震性”が挙げられます。
そしてその強度を高めるのに必要となるのが、”鉄筋”です。
レンガの場合、”穴あきレンガ”と云う物を用いて、その中に鉄筋を入れ、コンクリートを流して強度を保持させていきます。
しかし、門袖の様にある程度の高さが必要となる物を作る際、縦方向への鉄筋のみでは脆弱となってしまいます。
今回使用する部材は、あくまで”コンクリートブロック”であり、機能等もそれに準じた物を持たせております。
つまり、ブロック同様に”横方向への配筋”が出来るように設計されているため、レンガ積み比べさらに強度を持たせた物を作る事が出来るのです。

ここに挙げた利点は、実は既にS様邸で設置されていた門袖等がそう云った部材で作られていたので、お客様からもとても御理解頂けて採用する事となりました。


この部材をこの様に土留め上に2段積み上げて、以前の雰囲気と同じデザインテイストを持たせていきます。

少々部材に対しての説明が長くなってしまいましたが、この部材をこの様に土留め上に積み、以前の外構デザインに準じたデザインテイストを持たせるようにしました。
ちなみに1段目にはしっかりと鉄筋が施されており、上段は穴の開いていない”笠置タイプ”のもので積んだ構造となっております。
化粧箇所ではありますが、抜かりはありません。


こちらは門袖積みの様子です。鉄筋の他、穴を利用して照明・インターホン用の配管も通しておきます。

こちらは門袖作成の様子です。
門袖の高さは約1.5mほどとなるため、中に入れる鉄筋、そして地中の基礎もそれに合せてしっかりと施しております。
目地は互い違いになる様に施す”うま目地”にするため、目地割り付けのバランス、それに合せた部材の加工等でかなり職方さんの技術が問われる仕様となっております。
通常のブロック積みに比べて、手間は倍以上掛かりますが、ブロック積みでは得られないデザイン性や質感は非常に価値があると思います!


そして更に”埋め込みポスト”も設置します。

更にこの様に大きな”埋め込みポスト”も門袖に組み込みます。
段々と形になって来ましたね!


そしてこの通り、無事門袖箇所の積み工事が完了しました!

そうしてようやくこの通り、無事門袖の積み工事が完了しました!
この門袖こそS様邸の新たな”顔”としての第一歩ですが、仕上がりは上々です。
さらに門袖横には新たに設置する門扉の柱も設置しました。
私が設計したエントランス空間の雰囲気に一歩ずつ近づいて来ました。


玄関側からの様子。階段横には手摺りも設置されました。

こちらは玄関側から見た様子です。
階段箇所には新たに手摺りも設置されました。
ちなみに下側に飛び出している菅は、これから設置する足元灯のための配管となります。


駐車場後ろ等の土留め上の化粧も無事完了しました!

こちらは駐車場後側の様子。
土留め上への化粧もこの通り無事に完了。中々良い出来栄えです!

いよいよ完成が見えて来ましたネ!
さらにここからどの様に変わっていくのかとっても楽しみになって来ます。
それでは、また次回この続きをご紹介しようと思いますので、是非宜しくお願い致します。



ブログカレンダー

<   2017-12   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
RapidSSL_SEAL-90x50
本サイトでのお客様の個人情報はRapidSSLにより
保護しております。