このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ » 【イゲタヤE&Rチラシ連動企画】こんな“お家まわりの困った?”ございませんか?古くなったウッドデッキ…どうにかならない?編

【イゲタヤE&Rチラシ連動企画】こんな“お家まわりの困った?”ございませんか?古くなったウッドデッキ…どうにかならない?編

わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
このBlogでは、新築外構・リガーデン・リノベーション等のエクステリア工事に興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今回も引き続き“イゲタヤE&Rチラシ連動企画”としまして、「こんな“お外の困った?”ございませんか?」と銘打って、特にご相談が多いお外の問題点について私たちが提案して来た解決策を書いていきます。
本日は2回目「古くなったウッドデッキ…どうにかならない?」編です。


ウッドデッキを作ってから年月が経ち、この様に所々傷んでしまったウッドデッキ。この状態では中々安心して使う事も難しいですね。。

上の写真の様に、ウッドデッキが経年劣化により傷んでしまい、使えない状態になってしまっているのでなんとかならない?と言うお客様からのご相談を、最近とても多く戴いています。
ウッドデッキは、ガーデニングブームが起こった約20年ぐらい前に爆発的に普及し、様々な住宅で見られるようになりました。
しかしその大半が「米杉材」や「パイン材」といった天然木製で、こういったウッドデッキは必ず定期的な防腐塗装等のメンテナンスが必要となります。
日本特有の梅雨を始めとした高温多湿の気候に対しては、屋外に晒されるウッドデッキにとっては非常に過酷です。
更に、多忙な日々を送られている方にとっては、塗装等のメンテナンスも段々と面倒になり…結果的に放置されて、いつ床が落ちるのか分からないくらいに危険な空間となってしまっているのが現実の様です。


また、メンテナンスをまめにされてる方でも、この束柱や大引きと云った部分までは中々メンテナンスを行えず・・・

又、まめにメンテナンスを行われている方でもどうにもならないのが、上の写真の様なデッキ下の「束柱」「大引」といった基礎部分。
実はココこそ非常に重要な箇所なのですが、床下に潜り込んでメンテナンスを行う事はなかなか難しく、この部分が経年で朽ち果てて残念ながら使えなくなってしまうケースが非常に多いのです。
これは、ウッドデッキの本場である欧米と日本との気候の違いが生んだどうしようもない事かと思います。
それ故、日本において上記仕様の天然木ウッドデッキの一般的な耐用年数としては、しっかりメンテナンスを行っても長くて10年前後と言われています。
それでは、日本ではウッドデッキの空間は諦めなくてはならないのでしょうか?
そんなことはありません!!
やはりウッドデッキは、お庭とお家とを繋ぐ非常に便利な空間!
各エクステリアメーカーも、その点を踏まえた上で様々な技術革新により、日本の気候に対応した高耐久な商品を生み出しております。
そして私たちイゲタヤE&Rにおきましても、この様なご相談に対しての良い解決策があります!


具体例その一。アルミ角材と人工木材を組み合わせた”高耐久ウッドデッキ”にて作り替えをご提案致しました。

◎具体例その1:アルミ材・人工木材を使った”高耐久ウッドデッキ”への作り替え提案

当社がまず皆さまにオススメする具体例として、上の写真の様な”腐りずらいウッドデッキ”への作り替えが挙げられます。
上の写真は、LIXILより発売されている当店でも採用例の多いウッドデッキ”樹ら楽ステージ(クリエモカ)”での作り替え例です。
各メーカー共に上の写真の様な様々な”人工木材デッキ”が発売されておりまして、共通の構造として、デッキ下の見えない部分は”アルミ材”にて構築し、デッキ材や幕板と云った見える箇所には、樹脂と木粉を混ぜて作られた”人工木”で構築された物となっております。
これにより、虫や雨風に対して非常に強い”メンテナンスフリー”を可能としたウッドデッキとなっております。
色目、肌触り等の質感は各メーカーとも様々な特徴があり、共通してかなり本物の木の質感に近付いた物が多くなりました。


やはり経年経過によってかなり傷んでしまったウッドデッキ。こちらも・・・
サンルーム”LIXIL サニージュ”によるユーティリティースペースへの作り替えをご提案させて頂きました。

◎具体例その2:周りをガラスサッシで囲った”ユーティリティースペース”への作り替え提案

そしてもう一つの具体例として、上の写真の様な”サンルーム”への作り替えもお勧め致します。
このお宅もやはり、経年によりウッドデッキが傷んでしまい、場所によっては床が抜け落ちてしまいそうなぐらいに危険な状態となっておりました。
このお客様からお話されていたのが、”雨が降っても安心して使える空間が欲しい”と云うご要望でした。
そこで、右側の写真の様に周りをガラスサッシで囲い、中側はフラットな人工木デッキにて構築されたサンルーム「LIXIL・サニージュ」を用いての「ユーティリティースペース(万能空間)」への作り替えをご提案させて頂きました。
これにより、お部屋からお庭へのフラットな雨の掛からない空間が生まれ、ランドリースペースや子供の遊び場、はたまたお部屋の延長空間といった様々な用途に活用できる新たな空間が生まれました!

いかがでしたか?
ここでご紹介しました具体例はほんの一例にしか過ぎませんが、その他にも様々なご提案をさせて戴いております。
重要な事として、「今までウッドデッキ空間をどの様に活用してきたか?」「そしてこれから更にどの様に活用したいか?」と云った機能面の観点から、自分にあった理想的な空間をお考え頂くのが最も良い方法であると私たちは考えます。
是非、ご参考にして戴き「もっと知りたい」「もっと細かく相談したい」場合は、お問い合わせフォームよりどうぞお気軽にご相談下さいませ。



ブログカレンダー

<   2017-03   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
保護しております。