このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ » プランナーの現場最前線!! VOL.100 八王子市 F様邸エクステリア工事進捗状況

プランナーの現場最前線!! VOL.100 八王子市 F様邸エクステリア工事進捗状況

わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

梅雨明けをしたと云うのに、昨日今日と非常に不安定な天気が続きますね。
昨日は、仕事から帰る20時過ぎにスマホからの「豪雨注意」の知らせと共に突然凄い雨に見舞われてしまいました。
家に帰ってニュースを見れば、「只今日野市付近で豪雨を降らす雨雲が・・・」と、非常にピンポイントのニュースが流れていました。
なんともここ最近の気象情報の正確さ、そしてスマホの雨雲接近のお知らせ機能、感心させられますね。
しかし同時に、昨日は夕方にIT技術の弱点とも云うべき出来事が起きてしまいました。
それは、「東京湾を震源とするマグニチュード9.1の大地震が発生」という情報が誤って流れてしまったと云う事です。
そしてその原因が、観測装置のある場所付近での落雷が原因との事。
これから益々IT技術も発展し、その分IT技術への依存度も多くなってくるのでしょうが、その矢先に起きたこの誤報。
自然の恐ろしさという物を改めて考えさせられてしまいましたね。
これからの”IT技術VS自然”、どの様に展開されていくのか様注目ですね。。

さて、今回にて”プランナーの現場最前線!!”も遂に100回目に突入しました。
その100回目にてご紹介する現場は、


八王子市 F様邸

中庭リニューアル工事が再開された、八王子市 F様邸です。
前回ご紹介した時が7月6日でしたので、約1ヵ月間のブランクを空けての施工再開となりました。
F様には大変お待たせしてしまいましたが、いよいよ完成に向けて追い込みを掛けて行きます!


特別注文の屋根材もメーカーから納品され、いよいよ屋根張りの作業に入りました。
今回設置する屋根材は、屋根材自身に勾配を持たせた特殊形状の屋根材です。

ようやく発注を掛けた特別注文の屋根材がメーカーより納品され、その屋根材を設置していく作業から始めて行きます。
今回設置する屋根材は「LIXIL プラスG」の”Gルーフ フリータイプ”という商品で、右の写真の様に屋根材自身に勾配を持たせた構造により、正面からはフラットな屋根に見えると云う非常に意匠性の高い商品です。
通常のカーポートの屋根材であれば、そのサイズに合せて平板状の屋根材をカット加工して納めて行く事が可能なのですが、この形状故、現場加工は事実上出来ません。
そのため今回は、屋根の骨格を作成した上で再度正確に寸法を測り、メーカーへ特物注文にてお願いしました。
実際出来上がった物は、1ミリの狂いもない非常に正確なもので、実際に嵌めて見ますと何の遊びも無くピシッと納まりました。
その作成の正確さにも驚かされますが、施工をした担当職方 IB建工の精密さにも驚かされました。


家の外壁とフレームとの間には、この白い線の”バックアップ材”を挟みこみます。
バックアップ材を入れこんだ後、この様にしっかりとシリコンコーキング剤を充填して雨が内部に入り込まない様にします。

また、今回の様にルーフと建物とを独立させて設置する場合、一番問題となる事として、その隙間からの”雨の侵入”が挙げられます。
そこで、屋根フレームと外壁との間に、左の写真の様な白い筒状の”バックアップ材”を挟み込んだ上で、“シリコンコーキング剤”をしっかりと充填して、右の写真の様に仕上げて行きます。


屋根材を嵌めた後”押さえ部材”でしっかりと固定し、さらにその部材上に黒い”ゴムパッキン”を載せて行きます。
さらにその上に”カバー部材”を嵌めて固定します。

屋根材が梁に嵌った所で、左の写真の様に”屋根抑え材”にてしっかりと固定し、更にその上に黒い”ゴムパッキン”を載せて行きます。
そして右側の様に”カバー部材”にてパッキンごと嵌めてしっかりと固定させます。
この際、1ミリでも設置の誤差がありますと、このカバー部材が全く嵌める事が出来ません。
幾重にも防水対策を施し且つ意匠性を持たせた屋根材はデザイン的にも非常に素敵なのですが、反面施工に対してはかなりシビアな施工技術が必要となります。


全箇所に屋根材が入った所で、屋根上に”足場板”を載せて更に作業を進めます。

途中不安定な天候で施工を中断しながらも、何とか全体的に屋根材を設置する事ができました。
途中までは下から足場に乗って作業を行えたのですが、最後の最前部に関しては、屋根上に足場板を載せて行いました。
不安定な足場の状態でのシビアな作業でしたが、何とか無事設置する事が出来て良かったでした。

今回のF様邸での施工において、この屋根材設置の作業がもっとも難易度の高い作業で、一つの間違いが雨漏り等に繋がってしまうとても重要なものでありました。
更に今回の屋根施工では、建物の構造故のイレギュラーな要素が大変多く、色々な面でとても難しい施工ではありましたが、それをやってのけたIB建工さんには改めて頭が下がる思いです。
さて、いよいよ完成が見えて来ました。
実は今回の施工では、まだ幾つかメーカーの標準仕様では用意されていない仕掛けを設置する箇所があります。
それがどの様な物なのかは、是非次回以降のBlogにてご紹介しようと思います。
(後は早く天候が落ち着いてくれればなのですが(苦笑))
それでは、次回も是非宜しくお願い致します。



ブログカレンダー

<   2016-08   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
保護しております。