このページのトップへ
ホーム » 新築外構工事の施工情報
イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日も25℃と、連日季節外れの夏日を迎えておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
連日、朝晩と日中とで10℃以上寒暖の差がありますと、とても身体に堪えますね。。
更に土日は、場所によっては30℃越えの真夏日を迎える場所もあるとの事。
ちなみに30℃越えになると、この時期の観測史上としては初めての事だそうです。
皆さま、くれぐれも熱中症にならない様に小まめに水分補給等行ってお過ごしくださいね。

さて、そんな暑い本日も、カラダがばてない様に美味しいお昼ご飯を食べて参りました!


本日は日野バイパス沿いにあります”マラマラ”さんへ行って参りました!いつもなら辛い”マーラー麺”を選ぶのですが・・・

本日は以前Blogでご紹介した事のある、日野バイパス沿いの”マラマラ”さんへ久しぶりに伺いました!
いつもなら真っ赤なスープの”マーラー麺”を選ぶのですが、無性にチャーハンが食べたくなり、”レタスチャーハン”を注文してみました。
少々シットリ系のチャーハンですが、レタスの程よいシャキッと感が良い感じで、塩加減も良い塩梅で、今日みたいに暑い日にはありがたいチャーハンでした!
付いてくる中華スープも、かきたまの感じが良い美味しいスープで、中々のものです。
看板のイメージで辛い四川系のメニューだけかと思ったのですが、最近減り始めている”街中華”のメニューが食べられるお店は貴重だと思います。
もしご興味がありましたら、是非行ってみて下さいね!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


日野市 O様邸新築外構工事。前回のBlogではお庭の土留めブロック工事が出来上がりました。

日野市 O様邸新築外構工事。
前回のBlogでは、お庭周りの土留めブロック工事が終えた所までご紹介しました。
さて今回では、どの部分の工事を行うでしょうか?


妹様側の玄関前から駐車場に掛けてのスペースは、レンガにて花壇縁石を設置します。

まずこの日は、妹様側の玄関ポーチから駐車場に掛けての設えを作り始めました。
上の画像は、玄関から駐車場に掛けての花壇スペースに、レンガにて縁石を設置している様子です。
水糸で仕上げ高を出し、それに合わせてレンガを据えていきます。


レンガの配置が決まると、レンガ下側にベースコンクリートを流してレンガを固定し、レンガとレンガとの間に目地を設けてモルタルを入れ込みます。

レンガの位置が決まりますと、レンガ下にベースとなるコンクリートを流し込んでレンガをしっかりと固定し、レンガとレンガの間に等間隔に設けた目地の中にモルタルを入れ込んでいきます。
ちなみに据えてありますレンガは、見て頂けると濡れている事が分かると思います。
職方さんに聞いてみますと、予めレンガを水につけておくと、モルタルの着きが良くなるからとの事です。


さらに妹さん側の駐車場の舗装工事も始めました。

更に妹様側の駐車場の舗装工事にも取り掛かりました。
まず水糸で仕上げ高の基準を割り出し、それに合わせて土を鋤取ってベースを作っていきます。


鋤取りが終わりますと、赤い粉チョークで乱張り石の配置ラインを描き、それに合わせてメッシュ鉄筋を敷いて乱張りを配置していきます。

鋤取り作業が終えますと、設計図に則って乱張り石を配置するラインを赤チョークにて描き、それに合わせてメッシュ鉄筋と乱張りを配置していきます。
同時に水道メーターボックス、各ます関係を勾配に合わせて高さ調整します。


また、玄関ポーチ前にも乱張り石を配置していきます。

更に玄関ポーチ前にも駐車場前と同様にメッシュ鉄筋を配置した上で乱張り石を据えていきます。
今回も担当職方の斉藤さんが、乱張り石を選別した上で必要に応じて一枚ずつハンマーで割り、目地のバランスを整えていきます。
丁寧な乱張り舗装を毎度行ってもらえるので、プランニングする私にとっても安心して設計図に乱張り石を配置する事が出来ます。
本当に助かります!


お庭入り口箇所には、スリットフェンスと門扉の柱が立てられました。

更にお庭の入り口箇所には、スリットフェンスと門扉の柱が立てられました。


建物からの基礎コンクリートが思った以上に張り出していたので、逆にそれを利用して金物で柱を固定。

こちらは柱の裏側の様子。
実はこの箇所も悩みの種となった箇所で、掘り出してみると想定以上に建物のコンクリート基礎が張り出しておりました。
通常であれば、それなりに深い基礎穴を掘って柱を立てるのですが、コンクリート基礎となりますと、それをハツリ(壊す)作業をするだけで大きな手間が掛かってしまいます。
そこで、各職方さんと私プランナーの3人で知恵を出し合い、逆転の発想で建物基礎にL型アングル金物とビスにて柱をしっかりと固定。
さらにアプローチ舗装を行う際に一緒にコンクリートを流し込むことで、建物基礎と一体となるコンクリート基礎を構築する工法に切り替えました。
こうする事で、効率よく且つ堅牢な基礎を構築する事が出来ます。まさに”三人集まれば文殊の知恵”と云うことわざ通りです(笑)


妹様側のスリット門袖には、ポストも設置されました!

更に妹様側のスリット門袖にはポストが設置されました。
今回お選びしたポストは、私のプランでは比較的多く採用しております”LIXIL ネクストポストL-1型”と云う商品です。
見かけはとってもシンプルなポストですが、ポスト脇に設置されております”光るナンバーキー”に設定した暗証番号を入力する事で開く、とっても優れモノのポストです。
(ちなみに電子錠は、単三乾電池ないし充電池で長期間稼働し続けます。)

という事で、この日も順調に作業を進める事が出来ました!
着々と作業が進む現場は、見ていてとっても気持ちの良いものです。更にどの様に変化してくるのか、とっても楽しみになってきます!!
ではまた次回のBlogにて、続きをご紹介しようと思いますので是非宜しくお願いします。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

いつの間にやら桜の時期も過ぎ、新緑の時期となりましたね!
季節が進むのが一か月ほど早く、少々戸惑ってしまう人も多いのではないでしょうか?
気温も日中は20℃超えになる日があっても、朝晩は冷え込み、10℃を下回る日もまだまだあります。
皆さま、体調にはくれぐれもお気を付けくださいね!
さて本日は、仕事の関係であきる野方面へ出向いたのですが、その際に気になる佇まいのお店を見つけて、そこへ入って見ました。


あきる野市は睦橋を渡ってすぐの所にあるお店”五ノ神精肉店”。特徴的な看板と店名に惹かれてしまいました(笑)

睦橋通りを五日市方面へ車を進め、睦橋を渡り切ってすぐの交差点にありますお店。
その名も”五ノ神精肉店”。通り沿いに面しております特徴的な看板が目に入ってしまいました。
ちなみに精肉店と名乗っておりますが、お肉屋さんではなくラーメン屋さんです(笑)
さらに秋川駅近くにも”精肉店”を名乗るラーメン屋さんがありますが、姉妹店とかではないようです。
(ラーメン屋さんなのに何故に精肉店??)


”精肉店”と名乗っている理由は、鶏・豚・牛にちなんだラーメンメニューがあるからの様です。ちなみに注文したラーメンは、看板メニューの”豚骨ラーメン”です。

店内に入って見ますと、落ち着いた色調のバーのようなラーメン屋さんでした。
早速券売機を眺めて見ますと、”精肉店”と名乗っている理由が分かりました。
と云うのは、”鶏””豚””牛”にまつわるメニューを用意しているからなのです。
大半のラーメン屋さんは”鶏ガラ””牛テール””豚骨”等々、出汁を一本に決めて作られているお店が多いようですが、肉をテーマにメニューを考えているお店は、ありそうでなかったと思います。
さて今回は、のぼり等で看板メニューとして謳っていた”豚骨ラーメン”を選びました。
出て来たラーメンは非常に濃厚でとろみのある豚骨スープで、ガーリックの利いた”マー油”も入っている様でした。
麺は太めのストレート麺で、チャーシューは昔ながらの噛み応えのあるロースチャーシュー。
食べて見ますと、”ガツン”と濃厚な肉の旨味が感じられる特徴的なスープで、博多ラーメンのような豚骨ラーメンとは一線を画す味だと思いました。
ただし後味は意外にスッキリとした感じなので、食べ進めていくうちに嵌まる人は嵌まる味ではないかと思います!
その他にも、”牛つけそば”等のメニューもあり、また通り掛かる事があれば試してみたいと思いました。
駐車場も隣接するスーパーと共有しているので車でも行きやすいと思います。もしご興味がありましたら、是非行ってみて下さいね!

さて本日も、前回のBlogの続きを書きたいと思います。


日野市 O様邸新築外構工事。この日も前回に引き続き外周の土留めブロック積み工事を行いました。

日野市 O様邸新築外構工事。
この日も前回に引き続き、外周の土留めブロック積み工事を行いました。


土留めブロックの基礎部分。均一に鉄筋が設置されております。

前回のBlogでは、ブロックベースのための溝掘りの様子をご覧頂きましたが、その箇所にはこの通り均等に鉄筋が入り、更にコンクリートが打たれておりました。


ベースが出来ると、そこへいよいよブロックを積み始めます。

ベースが打たれますと、いよいよそこへコンクリートブロックを積み始めます。
今回使用するブロックは、大小の凹凸が特徴的な”エスビック:ウルトラC”と云う化粧ブロックです。
今回は建物全体の雰囲気と合わせて”ミスティーブラウン”と云う優しい色合いの物をお選びしました。
凹凸の雰囲気はとっても良いのですが、積む際にはブロックそれぞれの凹と凸の位置を考えないと、ガチャガチャなデザインとなってしまうため、カット等が必要な今回の現場では少々厄介なブロックではあります(苦笑)
職方さん達、ガンバレ!!


今回は二人で手分けして作業を進めております。並ブロックの上部に更に鉄筋とモルタルを詰めて補強します。

今回はブロック職方さんが一人助っ人を呼び、二人体制で作業を進めてくれました。
一人はブロックを積み、一人はブロックの溝に鉄筋を配置してモルタルを詰め込みます。


1段が積み終わり、更にブロックを積んでいきます。

翌日、1段が積み終わったところで更にもう一段積んでいきます。


午後には2段目も積み終わり、ブロック上に笠木ブロックを乗せていきます。

さらに時間が進み、午後には2段目も積み終わり笠木ブロックを設置する段階まで進みました。


全ての土留めブロックが立ち上がりますと、道路と敷地との高低差がようやく分かりますね!

そして夕方にはこの通り、なんとか土留めブロックの設置が完了しました。
こうして見ますと、道路と敷地との高低差が結構ある事が分かりますね。
実は設計する際に、頂いております建築図面の高低差表記と実際の寸法と比べて明らかに誤差がある事が分かり、かなり四苦八苦してしまいました。。
せめてもの救いは、現場が会社から比較的近い所にあった事ですかね(苦笑)
もし片道1時間以上かかる現場であったら、職方さん達とかなり現場で四苦八苦していたと思います。
(ある意味、”地元密着”でやっている当社の基本方針に救われたと思います。)

如何でしたでしょうか?
土留めブロック積み工事としては低いものではありますが、その裏ではかなり手間が掛かるものであるとお分かり頂けたと思います。
もし使用するブロック、さらに見えない基礎部分を疎かにしてしまいますと、ゾッとしてしまいますね。。
私たちが施工に携わる際にいつも考えている事は、お客様が何十年もその外構とお付き合い頂くための”未来”に向けた外構です。
その為に最も重要となる部分は、表面からは見えない”基礎”の部分です。
ブロック積み等をご覧頂いた時に、少しでもその事を思い出してもらえれば幸いです!

さて、更に施工はどんどん進んで参ります!
次はどの様に変化するのか、是非次回のBlogをご覧頂ければと思います。
宜しくお願いします!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

ここの所寒暖の差が激しいせいか、体調を崩されている方も多くいらっしゃるようですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
俗に云う”5月病”という物も、原因は激しい環境変化のほか、春先の寒暖の差で自律神経が激しく刺激されてしまう事が原因と聞きます。
実は私もここの所、花粉症や寒暖の差が原因なのか、朝起きても疲れが残っていてペースがいまいち掴めないでおります。。
外はカラッとした爽やかな陽気なのですが、そんなときに限って体調がイマイチなのはなんだか悔しくなってきますネ。
かといって、”気合いだ!”と無理をしてしまって、後日に寝込んでしまっては元も子もないですね。
こんな時こそ、休む時は休んで、活動するときは活動するとオンオフをメリハリ付ける事が大切なようです。
そして何より、生活リズムを作る上で大切なのは3食の食事と質の良い睡眠との事。
皆さまも今新年度のスタートで張り切っている方も多いと思いますが、無理をせずお身体を是非ご自愛くださいね!
さて私も、体の調子を整えるうえで本日も美味しいお昼ごはんを食べて参りました(笑)


本日の昼は、石川工業団地内にありますお気に入りの定食屋”レストラン ひこち”さんへ行って参りました。

という事で本日のお昼は、八王子は石川工業団地内にありますお気に入りの定食屋”レストラン ひこち”さんへ行って参りました!
この日もお店は近隣の工場の従業員さんやプロドライバーさん達で大変賑わっており、差し詰め”工場街のオアシス”と云った感じでしょうか(笑)
さてこの日は、2種類ある日替わり定食の中で”B定食”である”海老と若鳥の塩炒め”をチョイス!
炊き立てのご飯といい塩梅のお味噌汁、そして本格中華顔負けのメインと嬉しい三つの小鉢と、まるで人気ドラマ”孤独のグルメ”で主人公の井之頭五郎さんが好みそうな内容です(笑)
味はもう申し分なく、何より炊き立てのご飯が本当によく進み、思わずお替りしちゃうんです!
外食をしていると、どうしてもバランスの良いメニューって中々出くわさないのですが、そういった意味ではここは本当に貴重なお店です。
週末も土曜日はやっており、テーブル席もあるためご家族連れで来られている方も多いです。
もしご興味がありましたら、是非行ってみて下さいね!

さて本日も、前回のBlogの続きをお話ししようと思います。


日野市 O様邸新築外構工事。いよいよ施工が本格的に開始されました。

日野市 O様邸新築外構工事。
いよいよ施工が本格的に始まりました!


前回のBlogでご紹介しました隣地境界のブロック塀工事もこの通り積まれました。
カーポート施工を行う際にネックとなっていた雨水浸透桝も、無事移設されました。

前回のBlogでご紹介しました隣地境界沿いのブロック塀工事も、左の写真の通り無事に積まれ、道路側のミカゲピンコロ縁石も設置されました。
今回の施工では、お隣様側の駐車場の勾配とピンコロ縁石が関係するため、どの高さで設定するかが問題だったのですが、お隣様側の施工業者さんと話をつける事が出来たため、無事に設置する事が出来ました。
また、妹様側の駐車場カーポートを立てる際にネックとなっていた雨水浸透桝に関しても、水道職方がすぐに対応してくれたため、こちらも右側の写真の通り無事に移設完了しました。


妹様側の玄関前。ポーチ前にオリジナルのスリット門袖が立てられました。

そしてこちらは、妹様側の玄関前の様子。
ポーチ前には、木調のアルミ角材を用いたスリット門袖が立てられました。
今回のスリット門袖では、全体の雰囲気とのマッチングを考え、70角の細い角柱を5cm間隔で立てたものとしました。
一本一本等間隔で且つ垂直を見ながら正確に立てるため、中々難易度の高い仕事ではあったのですが、イメージ通りに進める事が出来て良かったでした。
ちなみに門袖前に出ている2本の管は、門袖に設置するインターホン・照明のための管で、それぞれ設置位置の柱内に予め内蔵されております。


こちらは宅内と屋外との配管を繋ぐときに使う”ジャンクションボックス”。こちらを介してインターホン・電気配線を繋ぎます。
早速スリット門袖にインターホンが設置されました。これでひと先ず、門袖としての最低限の機能が付きました。

そしてまずは最低限の機能を持たせるために、インターホン設置工事を行いました。
お客様がご在宅の際に電気職方が宅内に入って親機から配線を行い、左側写真の”ジャンクションボックス”を介して右側の写真の通りインターホン外機を設置しました。
これで訪問者が来られても家の中との連絡が取りやすくなります。


次の工程は、道路と敷地とを仕切る土留めブロックの設置工事です。まずは図面に則ってブロックの位置を水糸を引いて割り出します。

次に行う作業は、道路と敷地とを仕切る”土留めブロック”の設置工事です。
まずは図面に則って設置するブロックの位置や高さを水糸を引いて割り出します。


実際に線が引かれないと道路と敷地との高低差が分かりませんが、実際には約ブロック1個ちょい(20儷)もの高低差があります。

こちらは角度を変えた所からの画像です。
パッと見ではやたら桝の配管等が高い所にある様に見えますが、その高さが実際の敷地高となります。
ちなみに水糸を引いて道路との高低差を図りますと、ブロック1個ちょい(約20cm強)程あります。
まだ現地が出来上がっていない状況で図面のみで想定してブロック高を割り出すのですが、実際に寸法があっている事が分かりますと本当にホッとします。


基準が出た所で、いよいよブロックベース作りを始めます。

ブロック設置の基準が出た所で、いよいよブロック積のための基礎工事を行います。
上の写真はブロックベースを作るための溝掘りの様子です。


そしてこの通り、ベースのための溝が掘れました。

そしてこの通り、無事ブロックベースの溝が掘れました。
ちなみにベースの大きさは、ブロックの段数・土留めとしての用途の有無等で大きさが変わってきます。
今回は20儷の高さのブロックとは云え、敷地全体の土留め(土砂を抑えるため)としての用途のため、それなりにしっかりとした大きさのベースを作っております。
土砂が外側へ出ようとする力(土圧といいます)は、私たちが考えている以上に長年大きな力が加わるため、しっかりと作らなくてはなりません。
その為、土留めブロックは通常のブロック積よりもコストが掛かると覚えて頂けると幸いです。是非ご理解くださいね。

さて、施工はまだまだ序章の段階ですが、これから更にどの様に変化してくるのか楽しみになってきますネ!
それではこの続きは、また次回のBlogにてご紹介致しますので是非宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は昨日と打って変わって暑いぐらいの陽気になりましたね。
日中は25℃に届きそうなぐらいの陽気で、ジャケットなどを羽織っておりますと汗が額からにじみ出てきそうでした。
昨日との気温差はおよそ10℃近くあるとの事で、現場から会社に戻てくると何処となく疲労感が襲ってきます。
また本日は一日中強風に見舞われ、それも疲労感を一層強めているのかもしれませんね。。
皆さま、くれぐれもお身体にはお気を付けくださいね。

さて先日の休暇、私こんな所へ行ってきました!


先日の休暇、私と同じエクステリアプランナー仲間、そして専門学校の恩師と共に靖国神社へ行って参りました。

上の写真を見て何処となく見覚えがあると思われた方は、中々の”ニュース通”だと思います!(笑)
という事で、先日は何かとニュースで話題になります”靖国神社”へ行って参りました。
靖国神社は、都心から千葉方面へ向かう際に通る”靖国通り”沿いにある事は知っておりましたし何度も前は通るものの、境内に入るのは生れて初めてでした。
ご一緒した仲間内も、初めて訪れたという人がほとんどでした。
広い境内の中にひと際目立ちます二つの大きな鳥居、特に写真の”第二鳥居”はニュース等でよく映りますね。
また、靖国神社は”東京の桜の観察樹”がある事でも有名です。すなわち、ここの桜が咲いた時に、東京地方での開花宣言がされる場所なのです!
実は今回、境内の桜並木を見ながらのお花見をと云うのが目的だったのですが・・・、残念ながらほぼ葉桜状態でした(苦笑)
昨年の同時期でしたら、まさに見頃の時期だったのですが、まさかこんなにも早く葉桜になってしまうとは思いもよりませんでしたね。


ソメイヨシノは散ってしまいましたが、遅咲きの”八重桜”はこの通り見頃を迎えておりました。

その代わり、比較的遅咲きの部類になる”八重桜”はこの通り見頃を迎えておりました。
また、ハナミズキなどもかなり花が目に付くようになってきました。いずれも比較的初夏の花なのですがね(笑)
今年はそれだけ季節が進むのが早いようです。


境内にはこの様な”能”の舞台があります。ちなみにこの日は”夜桜会”という物を催そうとしていたようですが(笑)
また、敷地奥の方にはこの様な”茶室”もあります。

また敷地内には、上の写真のような”能舞台”や”茶室”もあり、通常の神社とはまた違う雰囲気が感じられました。
(この日は能舞台の方では”夜桜会”と云う催し物を企画されていたようでしたが・・・)
それに意外だったのが、比較的外国人観光客も多く見掛けられました。
どうしてもニュースでは比較的デリケートな場所として取り上げられる事が多いのですが、訪れて見ますと、とても穏やかな”憩いの場所”と云った感じの神社でした。
出来たら、桜の見ごろの頃に一度訪れてみたいものですがね(笑)
もし行かれた事がありませんでしたら、一度お出掛けになってみても良いと思いますよ!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


日野市 O様邸新築外構工事。いよいよこの日から施工が始まりました!

日野市 O様邸新築外構工事。
前回のBlogでご紹介した時はまだ基礎工事真っ最中の状態でしたが、建物が出来上がって見ますとほぼ私がCADにて描きましたイメージと同じように出来上がっておりました。
敷地形状と建物との位置関係もほぼ同じ。この確認できた瞬間が、新築外構プランを手掛ける際にホッとする瞬間です。
しかし、用意された図面等から読み取りにくい事もあります。


こちらは妹様側の駐車場の様子です。こちら側にはカーポートを立てる予定で、赤い水糸にて設置位置を確認しております。

上の写真は、妹様側の駐車場の様子です。
こちらの駐車場にはカーポートを立てる予定でして、赤い水糸はその位置関係を示しております。
しかし、位置関係を追って見ますと・・・


カーポートの柱を立てる位置に、雨水浸透桝が設置されておりました。。中々予定通りにはいかないものです。

カーポートの柱を立てようとしている位置に、この様に雨水浸透桝が設置されておりました。。
雨水浸透桝は比較的後から設置されることが多く、図面から読み解く事は非常に難しいのです。
早速水道職方に連絡し、カーポート施工前に移設するよう指示を出しました。
ちなみにこういった配管設備関係は、建設業者側も設置コストを少しでも抑えるため、図面と違う位置に設置されていたり、想定以上に浅い位置に設置されている場合が多々あり、そのしわ寄せを我々エクステリア業者が被る事も多くあります。。
またそういった配管移設の費用に関しては、大抵の場合”運搬諸経費”から捻出して対応するのですが、予算をギリギリにして請け負ってしまいますとそういった対応が出来ず、お施主様と元請け業者との協議の影響で工事が数か月に渡って止まってしまうというトラブルも多く聞かれます。。
これから新築をご計画されているのであれば、是非その点をご理解いただけると幸いです。


また、お隣様との境界沿いのフェンスに関しても同時に施工を行いました。

同時にお隣様との間に立てる”境界ブロック”も施工をしました。
上の写真はブロックベースを作っている様子です。


今回の境界ブロックは、お隣様との折半で作られるとの事で、基礎に対しては一般的な”L型”ではなく”T型”にて作られます。

今回の”境界ブロック”に関しては、お施主様がお隣様と協議し、”共有物”として折半で作る事となりました。
その為、基礎に関してはどちらの方にも差が生じない様に一般的な”L型基礎”ではなく、両サイドに構築される”T型基礎”にて作られます。
境界線沿いで作る場合、隣接する双方の方のコスト負担を折半できるというメリットがありますが、デメリットとして必ずお隣様と協議の上立てなければならないので、打ち合わせ等に時間が掛かり、それ以降も補修等を行う場合は必ずお隣さんに了承を得た上で行わなければならないと言った事が挙げられます。
新築工事において、この”境界塀”は比較的見落としがちになり易い事なので、是非チェックして頂けると良いと思います。

如何でしたでしょうか?
新築外構工事は、まっさらな状態から施工をする事が出来るので一見楽そうに見られがちですが、その反面色々な想定外の事が起きやすい工事でもあります。
また、新築外構のお見積りをご依頼される方に多くある事としては、比較的コストや日数の見通しが甘いケースが多いという事です。。
結果、そのしわ寄せは施工現場に来てしまい、施工が止まる・見えない基礎部分で手抜きをしてしまう等、本末転倒な事が起きてしまいます。
是非このBlogをご覧頂いております皆さまには、ご紹介致します施工の様子を通して、施工に対する日数・コスト等にご理解頂ければと思います。
本日のBlogは現場サイドから見た少々辛口の物となってしまいましたが、次回のBlogでは徐々に出来上がっていく夢のある過程のお話が出来ればと思います。
是非ご期待頂ければと思いますので、宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

いよいよ今日から4月!新年度となりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
新年度初めとは言いましても本日は日曜日のため、明日から新年度初めのお仕事となる方も多いと思われます。
今年は桜の開花が史上稀にみるぐらいに非常に早く、関東地方では葉桜の入学式になってしまいそうですね(笑)
今日も日中は20℃を超える暖かさ。ちょっと外で体を動かしていると、汗が出て来そうなぐらいな陽気でしたね。
とはいう物の、4月は寒の戻りにより一桁台の気温になる日もある、寒暖の差が激しい時期です。
くれぐれも皆さま、体調には気を付けてお過ごしくださいね!

さて、こんな暖かい日は”花より団子”もとい”花よりゴハン”が恋しくなってきます(笑)
という事で、今日のお昼はこんなものを食べて参りました!


本日はこちらのBlogではとても良く登場します八王子の人気うどん屋さん”武蔵野うどん たまや”さんへ行って参りました!

という事で本日伺いましたお店は、こちらのBlogでは良くご紹介致します八王子の人気うどん店”武蔵野うどん たまや”さんです。
”たまや”さんは”ファンモン常連のお店”として有名ですが、ファンモンだけではなく、工夫を凝らしたおうどん食べたさに集まってくる常連さんも多く、私もその一人であります!
また、毎年八王子市にて地元の優良なお店を表彰する”お店屋さん大賞”にも今年度受賞された実力店でもあり、味は折り紙付きです。
さて本日注文したおうどんは、この時期の限定メニューである”豚キムチチゲうどん”に”あさりトッピング”をチョイス。
今日のような暖かい日には、ちょっとホットなメニューだったかもしれませんが、ちょっとピリ辛の出汁と具沢山の野菜、そしてコシの強いうどんと、云う事ない美味しいうどんです!
また、トッピングのアサリの旨味がさらに合い、満足な一杯でした。
食べ終えたときには額にいっぱい汗をかいておりましたが、そんな汗も爽やかに感じる一杯でした(笑)
もしご興味がありましたら、是非行ってみて下さいね!

さて本日より、また新たな案件をご紹介しようと思います。


本日からご紹介致します案件は、日野市在住のO様邸新築外構案件です。最初にお話を頂いた際は、まだ基礎工事を行っている真っ最中でした。

本日からご紹介致します新たな案件は、日野市在住のO様邸の新築外構案件です。
最初にお話を伺った際に現地調査をした時は、上の写真の通りまだ基礎工事の真っただ中でした。
承りましたこの地域は、日野市内の至る所で多く行われております区画整理の真っ只中の状況でして、ある意味住宅の”建築ラッシュ”と云った感じです。


こちらはお客様からお預かりしました建築図面の平面図。1フロアにかなりの部屋数があります。

上の画像は、お客様からお預かりしました建築図面をスキャニングしたものです。
土地形状は比較的変則的且つ、広大です。
さらに拝見して気付いたことは、1フロアにおいてかなりの部屋数がある事でした。
お客様からお話をお聞きすると、なんと平屋建てで2世帯住宅になるという事!
土地の広さが限られる東京近郊では、平屋建て物件は比較的珍しく、さらに2世帯住宅は、私としては初めてのケースでした。
どおりで部屋数が多い訳です。
さて、今時珍しい平屋建て。どうしてそこに拘ったのか色々とお話を伺いますと、今から遡る事23年前の事がきっかけであるとお話し頂きました。
その出来事とは、今から23年前の1995年に関西地方を襲った”阪神淡路大震災”です。
お客様は当時阪神地域にお住まいで、まさにこの時に被災され、2階建て住宅が倒壊する現場を目の当たりにされたとの事でした。
私は当時高校3年生でしたが、今でもテレビで信じられない光景を目にした事は鮮明な記憶として残っており、倒壊した家屋から自分の体を犠牲にして子供を守った親子のスクープ映像等を見て、涙した事を思い出します。
テレビから伝わる映像を見てもそれだけ印象に残るのですから、被災された方からしたらそれは想像もつかないぐらいに怖い思いをしたのだと思います。
そんな体験から、新しく建てる家に対しては平屋建てに拘られたとの事です。
また、震災の経験からライフラインが寸断された事を考慮して、雨水タンク・ソーラー発電等々、様々な工夫を住宅に盛り込んでいるとの事です。
そしてお客様からは、栽培スペースや雨水タンク等を考慮したエクステリアプランを考えて欲しいとご依頼を受けました。


預かった図面を元に作成したプランがこちらです。

そしてお預かりしました平面図・立面図、そしてお客様からのご要望や好みを折り合わせて出来上がったプランが、こちらのイメージです。
CADにて実際に建物を再現して思ったことは、今現在の平屋建ては非常に立派であることです。
その住宅のデザインにしっかりとマッチさせるべく、全体的に木調部材等を用いた落ち着いた雰囲気のデザインに仕上げました。


2世帯を繋ぐ共用スペースとなるのが、こちらのガーデンスペース。細桟の木調スクリーンとシンボルツリーのイロハモミジが、奥ゆかしい雰囲気を醸し出しております。

画像のこの箇所は、2世帯を繋ぐ共用スペースとなるガーデンスペースです。
細桟の木調スクリーンパネルと、シンボルツリーであるイロハモミジが、全体の雰囲気を奥ゆかしいものに表現してくれております。
ちなみに木調スクリーンは、樹脂材とアルミ材で構成されたもので、当然ながら塗装等のメンテナンスは不要で且つ、高耐久です。


お庭内は既設のウッドデッキのイメージに合わせて、暖色系の樹脂砂利舗装材”フロアービーズ・ニューフリージア”とレンガ縁石の組み合わせです。

お庭内は、既設のウッドデッキのイメージに合うように暖色系の落ち着いた雰囲気のアプローチ空間でまとめてみました。
アプローチ材は、樹脂砂利舗装材”フロアービーズ・ニューフリージア”とレンガ縁石の組み合わせで、洋と和の両方のテイストを加えたデザインとしました。


雨水タンクに設置されている蛇口下に、アプローチをくり抜いたパンを造作し、さらにその排水は設置したU字溝によって植栽スペースに流れるように工夫しております。

また、お庭内には雨水タンクが設置されており、緊急の際の備蓄水槽として使用可能になっております。
さらにお客様からの”普段でも雨水タンクの水を利用できるようにしたい”とのご要望から、蛇口下にアプローチをくり抜いて小さなパン(受け皿)を設け、さらにその水はU字溝を伝って植栽スペースに流れるように工夫してあります。


住宅はお姉様・妹様の2世帯となります。こちらは妹様側のファサード空間。明るめの木調スリット門袖、乱張り石が目を引きます。

ちなみに住宅は、お姉様・妹様の2世帯がお住まいになります。
こちらは妹様側のファサード空間。明るい木調のスリット門袖と乱張り石が目を引くデザインです。
玄関横には花壇空間を設け、お花はもちろん、果樹等も栽培可能な空間を設けております。


こちらはお姉様側のファサード空間。妹様側とは対照的に、ダークブラウン系の木調フェンス、白ミカゲ敷石と黒那智砂利のアプローチと云った和のテイストに仕上げました。

一方こちらはお姉様側のファサード空間イメージです。
妹様側とは対照的に、落ち着いた”和”のテイストを強めたデザインで、ダークブラウン系の木調門扉、白ミカゲの敷石と黒那智砂利を組み合わせたアプローチと、落ち着いた雰囲気のファサード空間に仕上げました。
実はここまでのプランに落ち着くまでには、数か月間に渡ってのお客様との打ち合わせを経て出来上がったもので、まさにお客様との共作といっても良いと思われます。
その甲斐あって、お客様も納得のプランに仕上げる事が出来ました。

さて、いよいよ次回より施工の様子を御紹介しようと思います。
今回の案件も広範囲にわたっての大きな施工案件となりました。具現化に向けてどの様に出来上がっていくのか、是非ご覧頂ければと思います。
それでは次回のBlogも施肥宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

ここの所、非常に暖かい日が続きますね!
昨日も本日も日中は20℃以上を記録し、3月としては異例の暖かさの様です。
地域によっては夏日を観測し、更に小笠原諸島の方ではこの時期としては史上初の台風接近と、季節を飛び越え、一気に初夏の陽気となっております。
過ごしやすい暖かさが来るのは良いですが、昨今叫ばれております”地球温暖化””異常気象”と云う事を考えますと、手放しには喜べませんね。。
しかしこの急激な暖かさは、様々な花木が一斉に咲き誇り、街を歩いていてもとても華やかな感じがして楽しいものですね!


ここの所毎度UPしておりました浅川の桜スポットも、この通り満開となりました!

今朝も日課のウォーキングをしていたのですが、こちらのBlogで毎度UPさせて頂きました浅川河川敷の桜スポットも、この通り見事に満開を迎えております!
空気が澄んでおりますと、奥側に見事な富士山を拝む事が出来るのですが、本日はスモッグが掛かってしまい、うっすらと影が映るぐらいでした。
(この画像からでは見えないですね(笑))


近づきますと、淡いピンク色の花が沢山の房状となって咲いております。見事!!

近づいてみますと、この通り淡いピンク色の花が沢山の房状となって咲いております!
青空に桜の花びら、まさに”春爛漫”と云った感じですね!!


ちなみにこちらは、振り返って逆側見た様子。土手を覆うように枝を伸ばす桜が、まるでトンネルのような幻想的な雰囲気を醸し出しております。

こちらは振り返って逆側から見た光景です。
逆光となるため少々暗く見えますが、何処となく落ち着いた雰囲気が私的にはとっても気に入っております。
土手を覆うように桜の枝が伸びており、まるで”桜のトンネル”のように感じますね!
ソメイヨシノは開花期間が短いので、見頃は今週末と云った感じなのでしょうか。
私、実は来週半ばにお花見を計画していたのですが、その頃にはどうも葉が目立ってしまいそうですね(苦笑)
もしお花見をご計画されるのであれば、今週末がチャンスですよ!

さて、連日Blogでご紹介させて頂きました”日野市 H様邸新築外構工事”。
ようやく全ての工程が終え、無事完工する事が出来ました!
本日はその様子を御紹介しながら、総括したいと思います。


日野市 H様邸。この通り無事に完工する事が出来ました!

という事で、この通りスッキリと綺麗に納める事が出来ました!


シンプルなコンクリートベースの駐車場に、人工芝のグリーンがとても良く映えます。

シンプルモダンなデザインの住宅に合わせ、思い切ってシンプルなコンクリートベースの駐車場にしましたが、こうして見ますと雰囲気にとても良くマッチしました。
特にタイヤの乗らまい箇所に配置した人工芝のグリーンが、コンクリートのライトグレーの明るい色合いととても良く映え、爽やかな雰囲気を醸し出してくれております。
もちろん人工芝なので、雑草の繁茂や水遣り・芝刈り等のメンテナンスは不要です。
洗車等を行うであろう駐車場においては、とても良いご選択だと思います。


そして今回のプランにおける、私プランナーが拘ったオリジナル門袖。

そしてこちらが、私プランナーが今回のプランで最も拘った”オリジナル門袖”です。
サッシと外壁の色目に合わせ、太い角柱で構成されたツートンカラーの門袖に、お客様がご用意しました黄色いポスト。
まさにこれらが融合する事で、住宅全体のデザインテイストを表現してくれている”顔”の役目を果たしていると云っても過言ではないと思います。
ちなみに右上に設置された”LEDグラスウォールライト”は、センサー付きユニットにより自動点灯・消灯をしてくれる優れモノです。

それでは最後に、いつもの様にビフォア・イメージ・アフターの画像を並べてみようと思います。


コチラは施工前の様子です。

コチラは施工前の様子。
駐車場箇所にブルーシートが被せられたりと、雑然としておりますね。


そしてこちらが、完成イメージパースです。

そしてこちらが3DCADでお造りしました完成イメージです。


そしてこちらが完工後の写真です。

そしてこちらが完成後のイメージです。
今回も”イメージの120%の出来栄え”に仕上げる事が出来ました!
至ってシンプルな雰囲気ですが、建物の世界観をエクステリア空間で上手く表現できた素敵な空間となりました。
ご用命頂きましたH様、今回もありがとうございました。エクステリアと共に、末永いお付き合いの程、宜しくお願い致します!

如何でしたでしょうか?
エクステリアは、洋風・和風・モダン・ナチュラル・シンプル・トラディショナル・etc・・・と、様々な空間デザインを演出する事が出来ます。
これはまさに、建物を”人”と例えるとエクステリアは”洋服”と同じだと思います。
表現の仕方や好みは十人十色ですが、重要なのはデザインのポイントとなる所をどこに置くかと思います。
今回のプランでは全体的に敢えてシンプルに仕上げましたが、特徴的な門袖を設置したことで全体的に纏まったものにする事が出来ました。
これからエクステリア工事をお考えの皆さま、是非その点を踏まえてご参考にして頂ければ幸いです。

さて、また次回から新たなエクステリア工事案件をご紹介しようと思います。
今回ご紹介したプランとはまた一味違う、面白いプランだと思いますので是非ご覧頂ければと思います。
それでは次回のBlogも宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は日中20℃近くまで上がったとても暖かな日曜日でしたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
今週はとても寒暖差のある1週間で、21日には所によっては雪が積もるぐらいに寒い日もありました。
そんな冬を思わせられる日があったにもかかわらず、本日は初夏を思わせる陽気。
さらに週明けからは日に日に気温が上がり、週の半ばでは25℃の夏日を迎える日も出るとの事!?
驚いてしまいますね。。
しかも朝晩の気温は10℃前後となるため、非常に寒暖の差が激しい日が続くようです。
皆さま、くれぐれも着る物にて上手に体温調節して、くれぐれも体調を崩されない様にお気を付けくださいね。

さて、暖かくなってきますと気になるのが”桜”の開花状況。
都心の方では満開となっている所が多くあるようですが、日野ではどんな感じなのでしょうか?


今朝の浅川河川敷の様子です。私のお気に入りの桜並木ですが、前回ご紹介した時よりも大分花が咲いてきました。

という事で、本日も早朝ウォーキングをしまして、浅川河川敷を歩いて参りました!
その中でも、上の写真の桜並木が私の大のお気に入りなんです。
本日は天気も良く、桜並木の先には白い富士山の姿を見る事が出来ます!
さて、肝心の桜ですが前回のBlogでご紹介した時に比べまして大分開花も進んだようです。


近くから見た感じ、丁度4〜5分咲きでしょうかね?

近づいてみますと、見た感じ4〜5分咲きと云ったところでしょうか。
満開まではまだ少々掛かりそうですね(笑)
都心に比べて咲き方のタイムラグが生じるもの、それだけ気温差があるという事なのでしょうね。
それにしても、やはり桜のピンク色の花弁は気持ちをウキウキさせてくれますネ!
この分であれば今週半ばには見頃を迎えそうです。皆さまも近くの桜並木へお出掛けになって見てはいかがでしょう?

さて、本日も前回のBlogの続きを御紹介しようと思います。


日野市 H様邸新築外構工事。前回のBlogでは、人工芝設置個所のベースコンクリート工事の様子をご覧頂きました。

日野市 H様邸新築外構工事。
前回のBlogでは、人工芝設置個所へのベースコンクリート工事の様子をご覧頂きました。
この日は最後の工程である、人工芝敷設です。


ベースコンクリートの上に、この様に特殊な接着剤を全体にまんべんなく塗布していきます。

まず初めに、ロール状になっております人工芝を、敷設する箇所のサイズや形状に合わせて丁寧にカットしていきます。
カットしていく様子は差し詰め、裁断している洋服屋さんの様です(笑)
そしてそれと同時にベースコンクリート上には、特殊な接着剤をまんべんなく塗布していきます。


接着剤を塗布後、カットした人工芝を丁寧に張り付けていきます。

その後、カットした人工芝を植えの写真の様に設置していきます。


そしてしっかりと人工芝を接着面に圧着させて固定してきます。

設置し終えた後、この様にしっかりと人工芝と接着剤がくっつく様に固定していきます。


機能門柱の下側も当然人工芝を張ります。

さらに機能門柱下側も人工芝を設置します。
まずは先程ご紹介しました接着剤をしっかりと塗布していきます。


スリットフェンス下の細かい箇所もしっかりと人工芝を張ります。

そしてこの様に人工芝を設置していきます。
スリットフェンス下の細かい箇所も、人工芝を巧くカットし、抜かりなく設置作業を進めていきます。

さて、このまま作業を進めていき、いよいよ次回のBlogでは完成したお姿をご紹介できると思います。
イメージ通りに仕上がったのか、是非ご覧頂けると幸いです。宜しくお願いします!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日21日は”春分の日”。祝日です!
ここの所祝日と云いますと”ハッピーマンデー法”と云う施策により、土日を絡めた連休での祝日が多いイメージがあるのですが、本日は週の半ばの水曜日。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
しかしせっかくの祝日にもかかわらず、本日は朝からあいにくの天候で、所によっては季節外れの大雪となってしまいましたね。。
私たちのお店があります日野においても、お昼ぐらいには駐車している車がうっすらと雪化粧となるぐらいに積もったのには驚かされました!
ちなみに先週の水曜日は、最高気温が20℃を超えるぐらい暑い陽気で、場所によっては25℃の夏日となった所もあったぐらいです。
寒暖の差が大きいのは、春ゆえなのでしょうが、ここまで激しい気温差はどこか調子が崩れてしまいますね。。
皆さま、くれぐれも体調を崩されない様にお気を付けください。

さて、今朝も毎朝日課にしておりますウォーキングをしてきたのですが、歩いている最中にこんな”花木”に出くわしました。


高幡不動の裏山を歩いていますと、とても立派な樹木と遭遇!

上の写真は、ウォーキングコースにしている高幡不動の裏山での一枚です。
そこに、とても立派な樹木が植わっておりました。


その立派な樹には、この通り沢山の黄色い小花を付けておりました。

樹を下から眺めてみると、枝にはたくさんの黄色い小花が付いておりました。
派手な感じではありませんが、見ていると何処となく落ち着いた佇まいに思いました。


樹の下の立て札に目をやると、”日野市指定天然記念物 金剛寺のさんしゅゆ”と書かれておりました。

下に目をやると、この様な立て札があり、”日野市指定天然記念物 金剛寺のさんしゅゆ”と書かれておりました。
樹齢はなんと200年!?つまり、江戸時代の頃から育っている”さんしゅゆ”との事です。
今大河ドラマでの舞台となっている幕末よりもさらに昔から植えられている”さんしゅゆ”。何処となくロマンを感じさせられますね!
しかも、その後の震災や戦火も免れて、今に至っているとは、恐れ入りますね。
穏やかなこの姿は、そういった奥深さを表しているかのように思えます。
また、さらに足を運んで浅川の方へ行ってみますと・・・


浅川河川敷の桜並木。東京で先日開花宣言されておりましたが、果たして・・・

コチラは、浅川河川敷の桜並木の様子。
先日東京では開花宣言がなされておりましたが、日野では実際どうなのでしょうか?
こうして上の写真を見ると、パッと見ではほとんど咲いてない様に思えますが、更に近づいてみて見ますと・・・


この通り、つぼみは今にも開きそうなぐらいに膨らんでいて、いくつか花が咲いているものも見られました!

この通り、つぼみはかなり膨らんでいる感じで、いくつかはピンク色の花を咲かせておりました。
この様子ですと、来週には満開になりそうですね!今日は寒い一日でしたが、着実に春は近づいています!!
お花見をご計画されるなら、来週あたりが良いかもしれませんね。是非お出掛けになって見ては如何でしょうか。

さて、本日も前回のBlogの続きを御紹介しようと思います。


日野市 H様邸新築外構工事。前回ご紹介した駐車場のコンクリートも、この通りしっかりと乾燥しました!

日野市 H様邸新築外構工事。
前回のBlogではコンクリート打設工事の様子を御紹介しましたが、その日からおよそ1週間たった様子が上の写真です。
この通り、綺麗に白い舗装面を見せてくれています。


さてこの日は、型枠を外して次の工程に進めていきました。

さてこの日は、コンクリートの型枠を外しましていよいよ次の工程に進めていきました。
次の工程は、人工芝敷設箇所のベース作りです。


今回の人工芝施工では、車両が人工芝上に乗る事も想定して”コンクリートベース”で作っていきます。

今回の人工芝工事では、駐車場にて車両が乗る事を想定し、”砕石ベース”ではなく”コンクリートベース”にて敷設していきます。
人工芝箇所はおよそ3崢度と狭い範囲となるため、生コン車ではなく職方さん達による”手練り”での作業となります。
上の写真は、砂利・砂・セメント・水をコンクリートミキサーに入れて生コンを作っている様子です。


そして午後にはこの通り、敷設箇所にコンクリートが打たれました。

そして午後にはこの通り、人工芝敷設箇所にコンクリートが打たれました。
敷設箇所にあるエアコン室外機も、配管を破損しない様に慎重に移動してからコンクリートを流し込みました。


敷設箇所の一番低い所には、塩ビ管を用いて水抜き用の穴を数か所空けております。

また、コンクリートベースの一番低い場所には、上の写真の通り塩ビ管を用いて数か所に水抜き用の穴を開けております。
これはコンクリートベースにした場合、雨が降った際に雨水の逃げ場が無くなってしまいます。
それを避けるために、水が溜まりやすい一番低い箇所に穴を開け、水が抜けられるように工夫しております。
ちなみにこの上に人工芝が被せられるため、穴は見えなくなります。(もちろん、人工芝には透水出来るように設計してあります。)
この様に、施工後の様々な事を想定して見えないベースとなる箇所にも様々な工夫を凝らします。
デザインや価格だけでは語れない施工のクオリティーは、こういった地味な部分の積み重ねであるとご理解いただけると幸いです。

さて、いよいよ残す工程はは人工芝張りの作業となります。
この様子はまた次回のBlogにてご紹介しようと思いますので、是非宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は昨日のあいにくの天気から一変して穏やかな晴天に恵まれましたね!
ただし、前線通過の影響で最高気温も13℃と、少々肌寒い”寒の戻り”となってしまいました。
各地でソメイヨシノの開花宣言がなされ、東京でも本日開花が宣言されたようですが、この時期はまだまだ寒暖の差が激しい時期。
皆さま、くれぐれも体調を崩されない様にお気を付けくださいね。

さて本日は、少々寒い陽気でもあったのでなんとなく温かいものを食べたくなりました(笑)
という事で、今日のお昼は前々から気になっていたお店へ行ってみました!


今回伺ったお店は、八王子は石川町。多摩川大橋通り沿いにあります味噌ラーメンのお店”いっぱしや”さんへ行って参りました!

本日伺ったお店は、前々から前を通る度に気になっていたお店への初めても訪問です。
場所は八王子は石川町。多摩大橋通り沿いにあります味噌ラーメンのお店”いっぱしや”さんです。
八王子では、やはり圧倒的に醤油ラーメンのお店が多く、味噌ラーメン専門でやっているお店は中々珍しいです。
今回ご紹介するお店は、前々からいろんな人に評判を聞いているお店だったのですが、中々寄る機会がとても気になっていたのですが、本日は思い切ってお店の暖簾をくぐって見ました!
早速メニュー表を見てみたのですが、覗いてみますとこれでもかっと云うぐらいに様々な種類の味噌ラーメンが載っておりました。
白味噌・赤味噌はもちろん、西京味噌、こってり味噌・・・etc。
ここまで色んな種類の味噌ラーメンを揃えているお店は非常に珍しいと思います。
という事で、今回オーダーしてみたラーメンは、コチラのお店で一番人気と云う”信州みそラーメン”。
出て来たラーメンはまさに”ザ・味噌ラーメン”と云うべきオーソドックスな感じの物なのですが、一口スープを飲んでみますと、とってもまろやかでとても優しい味の味噌スープ。とっても好感が持てる味でした!
麺もスープの個性に負けない中太の縮れ麺で、これがスープに良く絡んでとっても良い感じの味でした。
これだけ美味しいと、さらに他の種類の味噌ラーメンも食べて見たくなる、期待を裏切らなかったお店でした。
ちなみに駐車場は、お店よりも大和田よりに行った駐車場に3台スペースがあります。(多摩大橋通り沿いです)
もしご興味がありましたら、是非行ってみて下さいね!

さて、本日も前回のBlogの続きを御紹介しようと思います。


日野市 H様邸新築外構工事。前回のBlogではコンクリート打設前の準備の様子を御紹介しました。

日野市 H様邸新築外構工事。
前回のBlogでは上の写真の様にコンクリート打設工事の下準備の様子を御紹介致しました。
さて、あれからどの様になったかと云いますと・・・


この通り、見事にコンクリートが流し込まれました。

はい!この通り早朝から作業を始め、無事にコンクリートが流し込まれました。
ちなみに今回のコンクリートの舗装面積は、およそ30屐C鷦崗譯佳翳ほどの広さです。


コンクリートを打ったばかりですと、表面はこの通りまだまだごつごつとした感じに見えますね。

コンクリートを流し込んだばかりですと、表面上はまだまだゴツゴツとした感じに見えます。
これは、コンクリート内の砂利等が落ち着いていないために表面に浮かび、この様にゴツゴツした感じに見えます。
ここから丸一日かけて、再度コテで表面を均してしばらく様子を見て、表面に水分が上がらなくなるまで同じ作業をコツコツと進めていきます。
さて、ここから時間が経って夕方ぐらいになるとどうなるでしょうか。


この通り、大分表面が平滑になりましたね!

この通り、表面がかなり平滑になりましたネ!
打ち立ては比較的ボツボツした感じでしたが、こうしてみると不思議な感じですね。


この様子は何度見ても、不思議に思います。

私、このお仕事を何年もやっておりますが、コンクリート打設工事を行うたびにこの様子の変化には何度も不思議に思います。
職方さんたちは地味にコツコツと作業を進めるのですが、まさにそういった作業の積み重ねによって出来る光景なんでしょうね。


門袖周りも、コンクリートが打たれた事で大分雰囲気がそれらしく変わってきました!

コチラは門袖周りの様子です。
コンクリートが打たれますと、大分雰囲気もそれらしく落ち着いた雰囲気になりました。


ここからしばらくの間養生期間を置きます。

さて、コンクリートも落ち着いた所で、しばらくの間”養生期間”を置きます。
置く期間は季節によっても変わりますが、概ね人が乗れる期間として3〜5日間。車両乗り入れ可能になるまでに1週間から10日を見ます。
この期間を守らずに車両等が入ってしまいますと、ひび割れ・タイヤ痕付着・最悪は割れ・陥没等の破損を生じてしまう恐れがあります。
これから新築工事でコンクリート工事をご検討されているお客様におきましては、引っ越しの時期等に余裕を見て日程をご検討される事を強くお勧めします。

さて、養生期間を経てどの様に変化するのでしょうか?
とても今から楽しみになってきますネ!それではまた次回、このBlogでお会いしましょう。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は暖かな陽気に恵まれた、穏やかな一日でしたが皆さまいかがお過ごしでしょうか?
先週は寒暖の差が非常に激しく、体調を崩された方も多かったのではないでしょうか。
実は私も先日体調を崩してしまいまして、”今年は花粉症が酷いなぁ”と酷い鼻みず鼻づまりに悩まされておりましたら、だんだんと悪寒がしてきまして、夜中目が覚めて体温計で熱を測ったらなんと38.8℃!?
ついにインフルエンザかと翌日かかりつけのお医者さんへ行って調べてもらいましたら、インフルエンザではなく風邪からの物である事が分かり、本当にホッとしました。
皆さまも花粉症だと思っていたら、ひょっとすると風邪かインフルエンザに掛かっているかもしれませんヨ。
おかしいなと思ったら、早めに掛かりつけのお医者さんへ行って診てもらう事を強くお勧めしますよ!

さて、昨日は一日休暇を頂きまして、こんな所へ行って参りました!


昨日は友人がいる長野県へ出掛け、数年振りにゲレンデに出向きました!

昨日は長野にいる友人を訪ね、その足で白馬方面にあります”鹿島槍スキー場”へ出掛けました!
例年ですと毎シーズンに一回はスキーをしに行っていたのですが、ここの所多忙になってしまい数年足が遠のいていたのですが、久しぶりに白銀のゲレンデに立つ事が出来ました。
スキー場に着く前は正直滑れるのか不安だったのですが、いざゲレンデに立ちますと自然と身体が動いてちゃんと滑る事が出来ました!
身体って案外覚えているものなんですね(笑)
それにスキー場で味わえる一面白銀の世界は、とっても気持ちの良いものです!
さてスキーの後はやはり美味しいご飯を食べたいもの(笑)
しっかりと”長野めし”を食べて参りました!


”長野めし第一弾”としては、やはり信州そばを外す事は出来ないですね!安曇野市内のあります”常念”と云う人気店にて”とろろ蕎麦”を堪能してきました。

という事で”長野めし第一弾”として友人が案内してくれたお店は、安曇野市内にあります”常念”と云う人気お蕎麦屋さん。
古民家を利用した店舗は非常に味があり、とっても好印象です!
さて今回はお約束の”信州そば”の中から温かい”とろろ蕎麦”を注文したのですが、それにもう一品頼んだものがあります。


それはなんと”蜂の子”です!海のない長野県において、昔から魚の代わりとなる貴重なたんぱく源として食べられてきたとの事です。

それがこの”蜂の子”です。
”蜂の子”は、名前の通り蜂の巣の中にいる幼虫をフライパンで炒ったもので、海のない長野県にって昔から貴重なたんぱく源として食べられてきたとの事。
見た目は!?ですが、食べて見ますと中々に美味しい物でした!
さすがにこの食材を長野以外でお目にかかる事は無いと思いますが、、長野ではマツタケ等の食材と肩を並べるぐらいの高級食材との事で、”蜂の子ご飯”と云った炊き込みご飯などにして食べられるようです。
ご覧頂いております皆さまも、もしご興味がありましたら”蜂の子”食べて見てはいかがでしょうか?見た目はチョット怖いですが、食べて見ますと意外に美味しいですよ!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


日野市 H様邸新築外構工事。前回のBlogでは駐車場の土壌鋤取り作業をご覧頂きました。

日野市 H様邸新築外構工事。
前回のBlogでは、駐車場舗装箇所の土壌鋤取りの様子をご覧頂きました。
今回はそこからさらにコンクリートの為のベース作りを行って参ります。


こちらはオリジナル門柱。アルミの角材の中には照明とインターホンの配管を事前に通して置き、いつでも設置できるようにしておきます。

コチラは今回のプランの中で重要となる”オリジナル門柱”です。
実は私が現場に伺った際には既に設置されておりました(笑)
門柱は太いアルミ角柱を5cm間隔で立て、柱内には事前にインターホンと照明が設置できるように配管を通しておきます。
根元から伸びている二つの白い管はその配管です。


仕上げ高に合わせて、貫板でコンクリートを入れる型枠を組んでいきます。

こちらは隣地側の様子。
境界杭の位置を基準に舗装開始位置をしっかりと割り出し、そこへコンクリートを流すための型枠を貫板を使って組んでいきます。
貫板の上の部分が、コンクリート舗装の仕上げ位置の基準となり、これがコテをあてた際の定規の役目をはたします。


奥側の様子。こちらも同様に貫板で型枠を組んでいきます。

こちらは敷地奥側の様子です。
こちら側も隣地側と同様に貫板で型枠を組んでいきます。
なお、エアコン室外機の箇所は人工芝設置個所のため、この時点ではこのままの状態を保持しておきます。
さらにここから型枠を急ピッチで組んでいき、メッシュ状の鉄筋等を配置して翌日のコンクリート打ちに間に合わせるように準備していきます。
コンクリートが打たれますと一気に雰囲気が変わっていきますが、その様子はまた次回のBlogにてご紹介しようと思います。
是非次回も宜しくお願いします!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は昨日までの穏やかな陽気から一変して、風雨が強まった嵐のような天候に見舞われてしまいましたね。
午後のゴーっと響くような大雨には驚かされましたが、これも冬から春への季節の変わり目なのかなぁっと思わされました。
夕方以降は落ち着いて全体的に潤った感じになり、何処となくホッとした感じになりましたね。
明日は晴れるようですが、明後日辺りからまた寒の戻りで最高気温も一桁台になってしまう様ですし、天候も目まぐるしく変わるとの事。
皆さま、くれぐれも体調管理に気を付けて風邪などひかないように気を付けて下さいね。

さて、こんな荒天に見舞われてしまった本日のお昼も、美味しいものを求めにこんな所へ行って参りました!


本日のお昼は、このBlogでは良く登場します石川工業団地にあります”ひこち”さんです。

本日のお昼は、石川工業団地にあります私のお気に入りのお店”ひこち”さんへ行って参りました!
こちらに来ると、大半は日替わり定食を注文する事が多いのですが、実はここのお店で出される”餃子”もとっても人気があるんです。
という事で、本日は”餃子定食”を注文して、その中のお味噌汁をこの時期限定の”ミニ味噌ラーメン”に変更しました。
出て来たものが上の写真なのですが、ちょっと欲張りすぎちゃいましたね(笑)
でも味は本当に美味しく、特に餃子は皮はパリパリっと香ばしく、中からはジューシーな肉汁が溢れんばかりに出てきてたまらない味なんです!
また味噌ラーメンもとっても濃厚且つまろやかで、右奥にある自家製の”食べるラー油”を乗せて食べると、これがまたとっても良い感じなんです。
それに炊き立てのご飯があれば、それはそれはあっという間に食べ終えてしまいます。
食べ終えた後少々罪悪感があるのですが、たまにはこんな感じの食事も良いですネ(笑)
ちなみに餃子定食はとてもリーズナブルなメニューで、お味噌汁でいただいても十分ボリュームあります!
もしご興味がありましたら、是非行ってみて下さいね。

さて本日も、前回のBlogの続きを書こうと思います。


日野市 H様邸新築外構工事。いよいよ施工が開始されました!

日野市 H様邸新築外構工事。
前回のBlogにて施工前の様子、そして完成イメージをご覧頂きましたが、この日は施工初日!
完成イメージに向けて腕を振るって参ります!!


まず最初の工程は、駐車場舗装箇所の”土壌鋤取り・路盤工”からです。

まず最初の工程は、駐車場舗装箇所への下地作りである”土壌鋤取り・路盤工”です。
今回は自動車2台分+アルファと云った広めの範囲。そして1トン以上ある乗用車が乗っても壊れないように厚めにコンクリートを打つため、掻き出して発生する残土の量も半端ありません。
ちなみに土は掻き出して空気を含みますと、およそ1.5倍から2倍ぐらいに膨らみます。
今回は敷地が道路に面しているお陰で、重機を入れられるスペースが確保できました。
そのため、上の写真のような油圧ショベル(一般的には”バックホー”ないし”ユンボ”と云われています。)を使って効率良く土を掻き出し、道路に横付けしたダンプカーに土をどんどん積み込みます。


建物側に見える黄色い糸は、今回コンクリートを舗装した際の仕上げ高になります。

ちなみに建物側に見える黄色い糸は、コンクリート舗装をした際の仕上げ高になります。
これを基準にして土を掻き出していきます。
また、ます関係もこの仕上げ高に合わせて嵩上げ等にて微調整を行って揃えます。


そして夕方にはこの通り、鋤取り作業が終了しました。

そして夕方にはこの通り、見事に鋤取り作業が完了しました!


建物下の基礎を見ると、どのくらい掻き出したのかが一目瞭然ですね!

建物下の基礎部分を見ますと、どのぐらい土を掻き出したのが一目瞭然ですね。


人力で2〜3日掛かる仕事が、たった一日でスピーディーに終わらせることができました!

ちなみにもし人力でこの範囲を掘るとしますと、プロの職人2〜3人がかりでおよそ2日〜3日掛かります。
そこを少人数(重機のオペレーター・助手・ダンプカーの運転手)で一日でスピーディーに終わらせました。
また前日は雨で土もぬかるんでいたのですが、作業後のお掃除もキッチリ仕上げております。
まさに”さすがプロ!”ですね!

さて、ちなみに人力で作業を行わなくてはならないケースとして、
〔未靴討い詁始が細く、ダンプカー等の車両が入れない場合
敷地内の奥まった場所(お庭等)にてコンクリート等の舗装を行う場合
と云ったことが挙げられます。
この場合、日数を掛けて地道に作業を行うか、大人数で取り掛かるかと云った方法がとられるため、最終的にコスト等に響いてきます。
もし舗装工事をご検討されている方がいらっしゃいましたら、是非見積もり判断の参考になさってください。
(業者によっては、最初に安く見積もっておきながらこう言った事が発覚しますと、”追加工事”として請求されてしまう場合があります。。)

さあ、ここからどの様に変化していくのか楽しみになってきますネ!
それではこの続きは、また次回のBlogにてご紹介致しますので、是非宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

昨日から3月に入り、一気に春らしい陽気に変わりましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか?
昨日は明け方辺りに激しい南風と雨に見舞われたようで、”春一番”と云うより”春の嵐”と云った方が相応しい荒れた天気になりました。
しかしお昼近くになりますと一気に晴天となり、とても暖かな陽気となりましたね!
そしてそれと同時に、杉林からの花粉が一気に増えたようで、花粉症の人にとってはツライ日になりました。。
(私も花粉症のため、今も目が痒くって辛いです(苦笑))
それにしても心配なのは、今回の嵐は北日本の方で大きな被害をもたらしているとの事。
北海道などでは今までに経験した事のない猛吹雪に見舞われてしまったようで、今後がとても心配になりますね。。
早く穏やかな春が来て欲しいものです。

さて先日の休みの日、春らしい雰囲気を求めて千葉方面へと車を走らせ、帰りは東京湾アクアライン経由で帰りました。


夕暮れに近い海ほたるPAからの東京湾の眺め。沢山の大きな貨物船が往来しておりました。

途中”海ほたるPA”より海の方へ目をやると、夕暮れ時の海にたくさんの貨物船が行き来をしておりました。
海の眺めって、何処となく癒されるんですよね。
さて、実はここに寄った理由はもう一つありまして、私の仲間内の情報から海ほたる1階にあるお蕎麦屋さんが何気に美味しくって有名であるとの話を聞きました。
これは一度行ってみなくてはという事で・・・


”海ほたるPA”一階。バスやトラックが止まる駐車場そばに、確かにお蕎麦屋さんがありました。”かずさ”と云うお店です。

という事で、早速1階へ。
ココは大型トラックや大型バスが駐車している階で、普通車で来る人にとってはあまり馴染みの無い場所ですね。
さて、そんな駐車場のそばにあります小さなお蕎麦屋さん”かずさ”を発見しました。
店内は小さな立ち食い蕎麦屋と云った感じでした。券売機で早速券を購入しようと思ったところ、調理場から”あさり蕎麦・あさりうどんとってもおススメですよ!”と云う店員さんの声をキャッチしました!


という事で、”アサリそば”を注文!大きなアサリが乗っかっており、海ならでな感じです。

という事で、迷わず”アサリそば”を注文!
ついついオススメされると素直に従っちゃうんですよね(笑)
券を出してしばらく待つと、数分で到着。申し訳程度にアサリが入っているのかなと思ったら、意外に大きなアサリがいくつか具材として乗っているものでした。
早速つゆを飲んでみますと、見た目とは裏腹に程よく出汁のきいた美味しいつゆで、細いお蕎麦とよく合います。
また、アサリからの出汁がとても良い感じで、パーキングエリアのお蕎麦にしてはとても好感の持てるお蕎麦でした!
入った時間が夕方の16時ぐらいで店内は空いていたのですが、食べ終わる頃には職業ドライバーさん達が多く入ってきて、いつの間にか店内は賑わっておりました。
中々に満足したお蕎麦で、噂通りの美味しい物でした!
”海ほたるPA”による機会がある時は、また立ち寄って見たいお蕎麦屋さん。
皆さんももし立ち寄る機会がありましたら、行ってみては如何でしょうか?

さて、本日からまた新しい案件のお話をしようと思います。


今回ご紹介しますお宅は、日野市在住のH様邸です。建物全体が黒い金属系サイディングで、とてもモダンな感じのする建物です。

今回よりご紹介しますお宅は、日野市在住のH様邸です。
実は以前、建て替え前の頃に隣地である公園との目隠しフェンス工事で携わった事のあるOB様宅でして、建て替えを機に外構も新たに考えたいとの事でご依頼を頂きました。
建物は黒い金属サイディングを用いたもので、とてもモダンな感じのする住宅です。
しかしこの建物、特徴的なのは玄関側の方でして・・・


コチラは玄関側です。斜めに配置された思い切ったデザインの外壁に、ウッディーな雰囲気の玄関周り。このギャップが独特の世界観を醸し出しております。

敷地内に張り玄関の方を向きますと、斜めに配置された思い切ったデザインの外壁と、ウッディーな雰囲気の玄関・バルコニーが中々良い独特の世界観を醸し出しております。
表側の雰囲気とのギャップがなかなか良いですね!


玄関ポーチは、隣の部屋の窓と同じ高さと合わせて”ウッドデッキ”で繋いでおります。中々お洒落な雰囲気です!

そして玄関は、隣のお部屋のサッシと高さを揃え、全体をウッドデッキで繋げているというとっても斬新な物でした!
こういった思い切ったデザイン、私プランナーとしてとっても好感が持てます。

さてこんな特徴的な建物なのですが、お客様の悩みとしてこの建物にマッチした外構を考えたいとの事なのですが、中々気に入ったデザインンを提案してくれる業者が見つからず、ならばという事で以前工事をさせて頂いた私共イゲタヤE&Rにお声を掛けて頂いたとの事でした。
実際に建物デザインを見まして、とてもシンプルで特徴的なデザイン故にその雰囲気を活かせるような雰囲気のデザインを考えるのはとても難しいものです。
しかし、そんなデザイン故に私たちプランナーとしてはチャレンジして見たくなるものなんですよネ(笑)

頂いたご要望としては以下の通りです。
ー動車1台プラス、大型バイクが乗ったまま出入りできる駐車場を作りたい。
駐車場内の舗装は、コンクリートの中にグリーンのアクセントを活かしたものでデザインして欲しい。
L臑気蓮建物の雰囲気に合った特徴的な物を考えたい。
と云った感じでした。また、お客様がお乗りになられているお車をお聞きしたら、フォルクスワーゲンのニュービートルとの事。
大型バイクとニュービートル、そしてこの建物のデザイン。なんとなくお好みのイメージ等が浮かんでまいりました!
そして私がプランさせて頂いたものがコレです。


駐車場中央にラインを設け、左右に振り分けたシンプルなデザインの外構をご提案しました。

駐車場となる敷地を中央で2分割にして均等に振り分けた、シンプルなデザインの外構をご提案させて頂きました。


グリーンのラインは人工芝を用いてアクセントとし、左側は普段自動車が止まる駐車場、右側は大型バイクが通り易い様に広めにコンクリート舗装を施します。

向かって左側は、タイヤの乗る位置のみにコンクリートで舗装し、それ以外はグリーンの人工芝でデザインした駐車スペースとしました。
そして右側に関しては、大型バイクが乗ったまま出入りがしやすい様に、シンプルに広めにコンクリート舗装を施した通行スペースとしました。
もちろん、緊急の場合は2台分の駐車場としても活用可能です。
人工芝下はコンクリートベースとする為、車両が上に載っても安心ですし、雑草等が生える事もありません。


今回のプランで一番拘ったのは、このオリジナル門袖です。10儚僂梁世瓩離▲襯瀉譴鯀箸濆腓錣察外壁の色目に合わせたものとしました。

そして今回のプランで一番拘ったものが、このオリジナル門袖です。
建物の外壁・サッシの色目に準じたブラックとシルバーのツートンカラーのものでコーディネートし、建物のデザインに負けないように10儚僂梁世ぅ▲襯潦冀譴妊妊競ぅ鵑靴泙靴拭
柱の空洞を利用してインターホン配管・門等の配管を通し、ポストはお客様がご用意するビビットなイエローのポストを中央に配置する、まさに住宅の”顔”となるに相応しい門袖をご提案させて頂きました。

お客様にご提案させて頂きましたところ、特にオリジナル門袖のデザインがお客様の好みとマッチしたとの事で大変お気に召して頂き、ご成約を頂ける運びとなりました!
お聞きしたご要望や好みを巧くイメージしてご提案でき、私プランナーとしてもとっても嬉しく思いました。
さて、これからこの外構を具現化すべく施工に移って参ります。
どの様な感じに仕上がるのか、今からとっても楽しみになってきますネ!
それでは次回のBlogも是非宜しくお願い致します!


≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | ... | 8 | 9 | 10 || 次のページへ≫

ホーム » 新築外構工事の施工情報

ブログカレンダー

<   2018-04   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
RapidSSL_SEAL-90x50
本サイトでのお客様の個人情報はRapidSSLにより
保護しております。