このページのトップへ
ホーム » 新築外構工事の施工情報
イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は曇ったり晴れ間が見えたりとハッキリしない1日でしたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
西の方でしばらく停滞していた台風14号が進路を変えて東の方面に向かってきている様ですが、気付けばいつの間にか関東の南側を通過する進路に変わってきておりますね。
最も接近する明日は、どうやら1日荒れ模様に見舞われてしまいそうですが、何よりも大きな被害が出ない事を祈るばかりです。
ところで皆さま、突然ですが気象情報は主にどこから手に入れていますか?
今までであれば、テレビ・ラジオ・新聞と云ったメディアから得ている方がほとんどだと思いますし今も比較的多くの方がそうだと思いますが、最近ではネット、とりわけスマホのお天気アプリから情報を得ている方も多いのではないでしょうか?
私も仕事柄、ピンポイントでの気象情報は施工の段取り等を行うのにとても重宝にしておりますが、特にアプリ内の”雨雲レーダー”の精度には驚くばかりです!
スマホから”あと1時間後に雨が降り始めます”とか”あと30分後で雨が止みます”と云ったお知らせが来ると、ほぼほぼその通りになるのには本当に驚かされます。
(且つて”バックトゥザフューチャー2”と云う映画の中で、ドクがマーティーに”あと数秒で雨が止む”と云って数秒で土砂降りの雨が止んだ描写がありましたが、まさにその通りですね!)
今後、気象情報も更にきめの細かい情報を得られる様になると思いますが、どの様に発展していくのかとても楽しみになって来ますね!
同時にこう云った技術もスマホアプリを中心に発展するのだと思いますが、益々スマホに依存して行って良い物かと一抹の不安も感じさせられます。
いずれにせよ、明日の荒天は皆さまお気を付け下さい。

さて本日も美味しいご飯を求めてこんなものを食べに行って参りました♪


本日は、八王子は戸吹町。滝山街道沿いにあります”おゆう”さんへ伺いました。

本日は久々に八王子は戸吹町。滝山街道沿いにありますラーメン店”おゆう”さんへ伺いました。
こちらのお店は、以前Blogでもご紹介しましたが、八王子は元横山町にあります八王子ラーメンの名店”藍華”さんで修行された方が独立して営んでいるお店です。
売りはもちろん、刻み玉ねぎとラード油が浮いた醤油スープの八王子ラーメン(メニュー名は中華そばですが)。
見た目は濃いめの醤油ラーメンの様に見えますが、藍華さん同様に魚系と動物系の出汁が上手くブレンドされた、スッキリとした美味しい醤油ラーメンです!
特にチャーシューはとても柔らかく、チャーシュー麺で堪能しても良いぐらいに美味しいです。
そしてこちらではもう一つ売りのメニューがあります♪


”おゆう”さんのもう一つの売りは、美味しい”チャーハン”が食べられる事です!注文したAセットは、中華そばと半チャーハンのセットなんです。

それはこちらの”チャーハン”です!
焦がし醤油が良く効いた香ばしい風味のチャーハンで、美味しい八王子ラーメンと共に堪能できるのは中々有難いお店です。
ちなみに今回選んだメニューは、八王子ラーメンの並に半チャーハン付いたAセットです。
少々ボリューミーではありますが、美味しいラーメンとチャーハンを味わえるのはちょっとした贅沢なひとときですね(笑)
お店はカウンターの他にテーブル席もあり、駐車場も数台完備されていて行き易いお店です♪
もしご興味がありましたら是非行って見て下さいね!

それでは本日も前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


”日野市 S様邸”新築外構工事。前回のBlogでは、駐車場箇所の路盤工事を行いました。

”日野市 S様邸”新築外構工事。
前回のBlogでは、ファサードの路盤工事の様子を御紹介致しました。
砕石を撒いてしっかりと転圧を行って歩きやすくなったので、お客様からはスムーズに引っ越し作業が出来たとの事でした。
更にここから、施工作業を進めて行きます!


この日行った箇所は、東側隣地境界沿いの土留めブロック積み工事です。

この日行った作業は、東側隣地境界沿いのブロック積み工事です。
お隣り様では既に駐車場箇所には土間コンクリートが打たれており、奥側も防草シートと砂利が準備されていました。
雨でお隣り様に泥水が行かないようにする為にも、早急に土留めを構築しなくてはなりません。


職方さんが土留め設置箇所にスコップでブロックベースの為の溝掘り作業を行います。

まずは土留め設置箇所のベース作りからです。
ブロックベースの為の溝を、職方さんがスコップを使ってどんどんと掘っていきます。
掘った際に出る残土は、運び出し易い様に土のう袋に入れて行きます。


こちらは溝を掘り終えた様子です。土のう袋下に見えます太い配管は汚水管。懸念していたガス管は出て来ませんでした。

溝を掘り終えた様子です。
手前の白い桝は雨水浸透桝で、その後ろを通っている太い配管は汚水管になります。
懸念材料であったガス管はこの時点では出て来ず、少々ホッとしました。
尚、ガスメーター隣にありましたエアコン室外機に関しては、エアコン職方により予め配管から外して一時撤去と云う形を取りました。
ブロック積み一つとっても、こう云った狭い箇所に関しては、様々な事に気を配らなくてはなりません。


翌日、溝を掘った箇所に砕石を撒いて転圧し、その上に鉄筋を配置していきます。

後日、溝を掘った箇所に砕石を撒いて転圧し、その上に鉄筋を配置していきました。


こちらは土留めの奥側の様子。左側にあるコンクリートの杭が隣地境界杭になります。

こちらは土留めの奥側の様子です。
通常のブロックに比べて、鉄筋の太さ、ピッチ、ベースの大きさが変わります。
更にここで気を付けなくてはならないのが”隣地境界線”です。
上の画像の左側に見えますコンクリート杭が”隣地境界杭”で、表記されている矢印の先端が境界線となります。
ブロックはもちろんですが、ベース部分もこの隣地境界線にはみ出さない様にして作らなくてはなりません。


型枠を施した上でコンクリートを流し込んだ様子です。基礎はブロックから敷地内に入れ込んだ”L型基礎”と云う工法で構築しております。

型枠を配置してコンクリートを流し込んだ様子です。
基礎はブロックから敷地内に入り込んだ”L型基礎”と云う工法にて設置してあります。
尚、基礎は土留めの高さが高くなればなるほどL字の部分が長くなっていきます。
鉄筋の上についているキャップは、鉄筋の位置を明確にするのと同時に鉄筋の先で怪我をしないようにする為の保護材です。
(昔は”空き缶”等で代用していた事もあった様です。)


こちらは奥側の様子です。枠により、境界線内で納まっているのが分かります。

こちらは奥側の様子です。
枠により、先程説明しました境界線内に基礎が収まっている事がお分かり頂けると思います。
この状態でしばらく養生期間を置き、硬化した所でブロックを積んでいきます。
境界沿いのブロック積みは一見地味な物ではありますが、こうしてご説明しますと意外に手間の掛かるものである事がお分かり頂けたかと思います。
これから新築を御検討されているお客様におかれましては、是非覚えて頂けたら幸いです。
それではこの続きは、また次回のBlogにてご紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は晴天に恵まれ、比較的過ごし易い1日でしたが皆さま如何お過ごしでしょうか?
先週から前線の停滞により、夏から一気に秋の気配を感じられる気温となりましたが、長雨続きの天候の時は何処となく気分も沈みがちになる物ですね。
そう思いますと、本日の様にお日さまが見える天気の有難さを感じさせられますね♪
さて、先日大手エクステリアメーカーであるLIXIL主催の研修会に参加して参りました!
と云っても、ショールームへ出向いてと云う形ではなく、”ZOOM”アプリを使ったオンラインセミナーと云う形で参加して参りました。
”ZOOM”を使ってのお仕事は、Blogをご覧頂いておりますお客様の間でもかなり多くの方が使われていると思いますが、実は私、オンラインセミナーと云う形で”ZOOM”を使用したのが今回初めてでした。
総勢100人もの大勢の方が参加されていたようですが、いったいオンラインでどの様な感じでセミナーが行われるのか内心不安ではあったのですが、意外にもスムーズに受講する事ができ、現在の技術力の進歩に驚かされてしまいました!?
コロナ禍で様々なマイナス面が多い中、リモート技術等に関しては今後の世の中においてとても大きな一歩だと改めて考えさせられました。
そう思いますと、コロナ騒動が落ち着いた後において、対面とリモートを巧みに使った新たなサービス等々は、今後どの様な発展をしてくのかとても楽しみになって来ますね!

さて本日も美味しいお昼ご飯を求めてこんな物を食べて参りました♪


本日は、八王子は四谷町。松枝橋近くにありますラーメン店”横浜ラーメン 道”さんへ始めて伺いました。

本日は、八王子は四谷町。高尾街道の松枝橋ちかくにありますラーメン店”横浜ラーメン 道”さんと云うお店へ始めて伺ってみました。
こちらのお店、私が良くラーメン店探しにてお世話になっているSNSのグループの中で、良く話題に上がるお店でとても気になっていたお店なんです。
さて、今回は始めて伺ったお店なので奇をてらわずデフォルトの”中華そば”を選びました。
出て来たラーメンですが、店名にもあります”横浜ラーメン”と云う名の通り、醤油豚骨スープに太麺と云った、所謂”家系”ラーメンとなります。
しかし味は、醤油等の味がきつくない優しい味で、太めの麺との相性も抜群!
具材のホウレンソウやチャーシューも良い感じなのですが、なによりも秀逸なのが”海苔”なんです。
家系では大きな海苔を載せているお店が多くありますが、こちらのお店の海苔は一味違いまして”わさび海苔”となります。
この”わさび海苔”の風味と醤油豚骨スープとの相性が非常に良く、結構病みつきになりそうな感じでした♪
私はやりませんでしたが、これならライスを頼んでご飯の上にスープを少々掛けて、わさび海苔を巻いて食べたら非常に美味しい事請け合いでしょうね(笑)
個人的には”家系”の様なコッテリ系のラーメンはあまり好みではないのですが、此方のお店はお勧めしたい家系ラーメン店だと思います。
もしご興味がありましたら、是非お出掛けになって見て下さいね!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。



前回のBlogにて、施工前の状況御紹介しました”日野市 S様邸”新築外構工事。
いよいよこの日から施工開始となります!
お客様のご期待に応えられる様に、職方さん達と一丸になって施工にあたります♪
さて、まず最初に行う作業は、家の前の土を掘削して行く作業からとなります。


敷地横から見ますと、道路からかなり土地が高いことが分かります。

東側から敷地を見た様子。
こうして見ますと、道路から敷地の高さがかなり上がっている事が分かります。
まずは道路と繋がります駐車スペースの残土掘削が必要ですね。


土をユンボを使って掘削してダンプに積み、残土を処分場へ運び出して行きます。

という事で、早速土の掘削作業を始めて行きます。
土は”ユンボ”と云う重機を使ってどんどんと掘削し、発生した残土はダンプカーに載せて処分場へ運び出してきます。
ちなみに土は掻き出す際に空気を含んで膨らみます。その量、およそ1.5〜2倍に膨らむと云われております。
今回はコンクリートの厚みが必要となる駐車スペースの範囲がとても広いので、発生する残土もおよそ2トンダンプ6〜7台分との事。
残土搬出のコストが掛かる理由も、こうして現場に実際に立ち会いますと、とても良く分かります。


残土を搬出し終えますと、今度は路盤材として必要な砕石を敷地内に搬入します。

残土の搬出が終わりますと、次は路盤材として必要となる砕石を敷地内に搬入します。


砕石の敷き込みは、鋤簾を使って人力で均一に拡げていきます。

ダンプカーから落とした砕石は、職方さんが鋤簾を使って人力で均一に拡げていきます。
なかなかの重労働です。


砕石を敷き込み、最後にユンボのキャタピラにて踏み固めて路盤を造り上げました。

鋤簾で砕石を拡げ、最後にユンボのキャタピラーを使って踏み固めた様子です。
実はお客様から、「数日中に引越しの作業を行いたいので、人が入っても大丈夫な様にしておいて欲しい」と云うご要望を頂きまして、急ピッチで路盤作業を行いました。
砕石を撒いて踏み固めた状態にしておけば、敷地内に入ってもドロドロにならずにすみ、引っ越し作業も行いやすいだろうと段取りしてくれた職方さん達の気配りのお陰て、お客様も引っ越し作業が滞りなく行われたと喜んで頂けました。


東側の掘削作業は、ブロックベース作りも兼ねて行うので、後日にて行う事としました。

東側の残土掘削に関しては、ブロック塀のベース作りも一緒に行う事を考慮して、後日引っ越し作業が完了した後にて設定しました。
こちら側はガス配管等の設備配管や、お隣り様への配慮も考えながら作業を行わなくてはならない為、少々手間が掛かりそうです。
何事も無く、スムーズに作業が進んでくれれば良いのですが。
それではこの続きは、次回のBlogにてご紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

8月もあっという間に終わり、気付けば今日から9月となりましたが皆さま如何お過ごしでしょうか?
前回のBlogでも書きましたが、8月中は東京オリンピック、甲子園、東京パラリンピック等々様々なビッグイベントが目白押しでしたが、華やかなイベントのあった1か月には思えない憂鬱な8月に思えました。
やはりその原因は、”新型コロナウィルス”なのでしょうか。
夏と云えば、花火大会や夏祭りなどなど様々なイベントがあって、それを機会に久々に会う友人知人との触れ合いがある事で、かけがえのない思い出が生まれる。
そんな当たり前のことが、昨年同様今年も奪われてしまった事にとても悲しい気持ちになります。。
私も人ととの接触が仕事以外ではほぼ無く、とても寂しい気持ちで1か月を過ごしてきたと思います。
(ちなみに8月の私にとって大きなイベントとしては、月初めに行った2回目のワクチン接種でしょうか。)
そんな中、唯一励みになったのは、承った施工現場が完工し、お客様からお褒めの言葉を頂けたときでしょうか。
その言葉を頂く度に、私も職方も一生懸命仕事をした甲斐があったと本当に嬉しく思います!
そして同時に、人とのふれあいの大切さも身に染みて感じさせてくれました。
流行り病に関してメディアの多くはいまだにネガティブな発言が多くありますが、一方でワクチン接種や治療法等々、色々と平時へ向けての明るい方向性も示し始めている様です。
今日から新しい月になりますが、希望をもって頑張って行きましょう!

さて本日も、美味しいものを食べにこんな所へ行って参りました♪


本日伺いましたお店は、八王子は高倉町にあります日野バイパス沿いの”十八製麺”さんへ伺いました。本日選んだメニューは名前が涼やかな”親子冷やし”です。

本日伺いましたお店は、八王子は高倉町。日野バイパス沿いにありますラーメン店”十八製麺”さんです。
自家製麺を巧みに使って、様々なメニューにチャレンジしているお店で、私も数年通っているお気に入りのお店です!
本日選んだメニューは、この時期限定で出されている”親子冷やし”と云うとても涼やかなネーミングのメニューです。
と云っても、”親子冷やし”って聞いただけじゃ”冷たい親子丼?!”なんて思っちゃいますが、そうではありませんでした(笑)
出て来たメニューは、冷たい塩スープにシャキッとした麺、白髪ねぎ、メンマ、そして細切り大葉が添えられた大ぶりの炙り鶏チャーシュー。
もう片方の器には、出し汁ととろろ、そして温玉が入っていて、ここで始めて”親子”の意味が分かりました♪
ちなみにお店の方からは、”最初に冷たいラーメンとしてどんぶりの麺を食べて貰って、途中からつけ麺の要領で温玉の入った器に麺を付けて食べて見て下さい”との事。
と云う事で最初は冷たいラーメンの方から食べて見ましたが、出汁の効いたスープと麺の喉越しがとても良く、相変わらず美味しいラーメンを作るなぁって感心させられてしまいました。
途中から云われた通り麺を温玉の入った器に浸けて食べて見ますと、更に喉越し良く、且つ温玉のまろやかさも相まってとても美味しかったです!
何より、大ぶりの炙り鶏チャーシューがとても食べ応えがあり、期待通りの美味しいラーメンでした。
また最後に、サービスの炊き込みご飯の上にとろろ&温玉を載せて食べて見ましたら、もう満足ですね(笑)
夏の限定メニューなのでいつぐらいまで提供しているか分かりませんが、とてもおススメしたいラーメンです。
もしご興味がありましたら、是非お出掛けになって見て下さいね!

さて本日より、新たな案件のお話を御紹介しようと思います。
ここの所、新築を建てられるお客様から外構工事をご相談される方が多くいらっしゃいます。
しかし多くの方が、ハウスメーカーや工務店から云われるがままに依頼して、出来上がって見たら使い勝手が悪い等ご満足されていない方が多いようです。
そこで今回より、とある新築外構案件のお客様を通してプランニングのポイントをお話しできたらと思います。


本日よりご紹介します案件は、新築外構案件の”日野市 S様邸”です。

本日よりご紹介します案件は、新築外構案件の”日野市 S様邸”です。
現地では様々な住宅が建築中で、その一角にご依頼頂きましたお客様のお宅がありました。


建物デザインはとてもシンプルな物で、シックなネイビーブルー系の外壁がとても印象的です。

建物デザインはとてもシンプルな物で、シックなネイビーブルー系の外壁がとても印象的です。
こう云ったシンプルなデザインの建物の場合、外構の印象一つで良し悪しに大きく影響されます。
中々にプランナーとしての責任重大です(笑)
さて建築中の場合、まだお施主様に引き渡されていないので敷地内に入る事は難しいのですが、外側からでもわかる注目しておかなくてはならないポイントが幾つかあります。


こちらは東側のお隣り様との間の境界線の様子です。
こちらは西側の隣地境界の様子です。
こちらは建物裏側の様子です。

その一つとして、”隣地境界ブロックの有無”が挙げられます。
外構プランの中でも最も基本となるのは、お隣り様との境界を区分けする為の物を何にするかと云う事が挙げられます。
区界がハッキリしていませんと、色々な問題が生じてきます。
一つは、”越境”(つまり設置物等が土地の区画を超えてしまう事)の問題。その他に、プライバシー等の防犯面の問題や、雨水の侵入の問題等々。
どれも一歩間違えますとお隣り様との大きなトラブルへと発展してしまいます。
そういった問題を未然に防ぐ事として”境界ブロックの設置”が挙げられます。
今回のS様の場合、住宅奥側には既に3段ブロックが積まれておりましたが、西側、東側両サイドにはブロックは設置されておりませんでした。
また、ブロックを設置する際にもう一つ気を付けなくてはならないのは、”お隣り様との土地の高低差”です。
以前のBlogでも説明した事がありますが、両サイドにて高低差が生じる場合、その土地の土圧に耐えられる様にブロックも基礎等で強度を持たせた”土留めブロック”として構築しなくてはなりません。(当然ながら、通常のブロック塀よりもコストが上がります)
画像の上段左側が東側隣地境界の様子ですが、お隣り様との間に高低差が生じていて、その土をコンパネと木杭で設けた仮設土留めで押さえております。
ブロック設置の際には、”土留めブロック”を考慮して設置しなくてはなりません。
また、画像上段右側は西側の隣地境界の様子ですが、こちらもブロックは設置されておらず、何かしら区界に見切りを設けなくてはなりません。


隣地境界ブロックは距離が長くなるため、思った以上に高コストになり易く注意が必要です。

隣地境界ブロックは比較的見落としされやすい地味な存在ですが、設置距離もかなり長くなるので思った以上に高コストになり易いです。
その為、設置の際には幾つかポイントがあります。
一つは、”請負の建築会社との交渉”です。業者によってはブロック工事を一手に引き受ける大きな施工業者を傘下にしている所もある為、こう云った比較的単純なブロック工事だと好条件を引き出しやすい場合があります。
場合によっては、建築費の中でサービスなんて事にもなるかもしれないので、是非交渉して見ても良いかも知れません。
もう一つは”共用物”としての設置です。
境界線を中心にブロックを設置する事で、お隣り様とブロック塀を共用する事で費用を折半して抑える方法となります。
その代わり、施工等に関して必ずお隣り様の同意が必要となってくる為、それによる様々なデメリットも考慮しなくてはなりません。
今回S様の場合、この住宅街のルールで、”東側の隣地境界ブロックに関しては自費で設置する”と云う事になっているとの事です。
と云う事で、実際にブロックを設置するのは東側のみで、西側に関しては東側で使われている仮設の土留めを使って区界を立てて欲しいと云う事になりました。


もう一つの注目点は、水道メーター等設備配管の位置です。

もう一つの注目点として挙げられることは、”水道メーター”を始めとした配管設備の位置です。
水道メーターが設置されている箇所が駐車場を設けようとしている位置とする場合、メーターと道路との高低差がとても重要となって来ます。
(万が一、水道メーターが道路よりも高い位置にある場合、水道局指定の専門業者にメーターの移設を依頼しなくてはならなくなります。)
特に中古物件等を購入した際、土地を掘削して駐車場をと云ったケースでこう云った問題が生じやすいです。
今回の場合、上の画像右側をご覧頂きますと水道メーターと道路との高さ関係がほぼ同じであることがお分かり頂けると思います。
もし建築中にて水道メーターと道路との間に高低差が生じてしまっていると分かりましたら、必ず施工業者とご相談される事を強くお勧めいたします。
(ガス配管や下水管も同様です。)


お客様からは事前に建築業者からの図面をお預かりした上で、これを元にCADを使って作図を行っていきます。こちらは”敷地平面図”です。
こちらは建物の立面図です。玄関ドアの位置や窓の位置、高さ等をCAD内に入力し、それに合わせて目隠しや導線計画を考えて行きます。

更にお客様からはご相談時に、建築業者からの各図面をご用意して頂きました。
上の画像は左側は”敷地平面図”。右側が”建築立面図”です。
この二つの図面をCAD内に取り込み、現地での調査内容や画像等を元にプランニングを行っていきます。
ちなみに事前にお客様から伺っていた事として、建築業者から提案された外構プランが、前面敷地一杯に土間コンクリート舗装を施して駐車場とした、なんとも云えない無機質な物で、金額もその内容にそぐわないものだとの事でした。。
確かにお客様からのご要望としては、”駐車スペース2台分+α”との事で、であれば敷地一杯使って3台分設ければと考えてしまったのかもしれませんが、それではいくら何でも殺風景としか言いようがありません。。
せっかくシックでお洒落なお家が建つのですから、せめて玄関周り等はお洒落に見せたいものです。
そこでプランニングする上で重要となる事が、”ゾーニング”です。
”ゾーニング”とは、家の間取りを考えるのと同様に”駐車場””アプローチ””門周り””駐輪場””お庭”等々と云った機能的に必要なスペースをゾーンとして区分けしてプランニングして行く手法の事です。
お客様からのご要望から欲している機能を挙げて”ゾーン”として区分けし、更に優先順位等々を考慮してプランを立てて行きます。
そして出来上がったプランがコチラです。


コチラがお造りしたプランです。ご予算等に合わせてシンプルな内容ではありますが、色々な工夫を施しております。

お客様から頂きましたご要望、ご予算を考慮してお造りしたプランです。
先述した東側境界ブロックに関しては、お隣り様との高低差を考慮して必要最小限の段数にてブロックを積み、その上に”ハイグリッドフェンス”と云うメッシュタイプのフェンスにてコストと機能を優先したフェンスとしました。
西側境界は東側で使われていたコンパネと木杭での仮設土留めを活用して区界としました。


東側には2台分の駐車スペースを確保。タイヤの乗らない中央部分は未舗装として、化粧砂利を敷き込みます。

西側は2台分の駐車スペースを確保して、土間コンクリートにて舗装を施します。
また、タイヤの乗らない中央部分は敢えて未舗装として化粧砂利を敷き込む事で、単調になり易い駐車スペースのアクセントと舗装範囲節約によるコスト削減を計りました。


一番のポイントとなるのは、東側の玄関前スペース。道路との高低差から生じる段差を上手く使って、エントランス空間を確保しました。

今回のプランにおいて最も重要となる箇所が東側の玄関前のスペース。
前面道路は西側から東側に掛けての坂道で、道路から玄関前では高低差が生じます。
そこを逆に利用して、笠置付き化粧ブロックにて区分けを設けてエントランス空間を設置。
道路側は広めの奥行き空間を確保して、駐輪スペース兼臨時駐車スペースとなる”ユーティリティースペース”をご提案。
アプローチラインには黄色系の乱張り石にて化粧を施して華やかさを演出し、1段目の踊り場にて宅配ボックス付き機能門柱”LIXIL スマート宅配ポスト”を設置して公と私との区界としました。そこから右へ1段上がって玄関へと誘うエントランス空間としました。


限られた予算の中での機能優先のプランですが、ゾーニングの工夫で色々な見せ方が可能です!

今回はコストが掛かり易い駐車空間がとても広いのと、東側の境界ブロックが土留めを兼ねなくてはならないと云った部分にて予算配分を取られてしまったため、プランとしては比較的機能に重点が置かれたシンプルなプランとなりましたが、その中で”ゾーニング”を工夫してプランする事で立派なエントランス空間を設けた素敵なファサード空間を造る事が出来ました。
欲を言えば、これに植栽やスリットフェンス等をプラスしてあげれば更に素敵な空間になると思いますが、それは後々の楽しみとして取っておくとして、新築外構としてはとてもベストなプランだと思います。
お客様からも、”予想していた物とは全然違うお洒落なプランで、とても気に入りました!”とお喜びのお言葉を頂きました。
お陰様で大きな変更も無く、ほぼ一発で御成約を頂けました。
お客様からのご期待に応えられる様に、施工は職方と共に頑張って行かなくてはと気の引き締まる思いでいっぱいです!

新築は、建物の方で様々な労力・予算を取られるため、いざ外構になって苦労される方が多いようです。
外構は奥が深く、プランニング次第で良し悪しが決定します。
今回ご紹介しました案件が、これから新築をご計画されているお客様にとってご参考にして頂ければ幸いです。
次回のBlogでは、いよいよ施工の様子を御紹介して行こうと思います。
施工も色々と奥の深いものです。是非ご覧頂いて少しでも参考にして頂ければと思います。
それでは次回もどうぞ宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

4月も残りあと数日。今週末で5月となりますが皆さま如何お過ごしでしょうか?
明日29日”昭和の日”より、いよいよゴールデンウィーク突入!・・・と云いたい所ですが、先日25日より3回目となります緊急事態宣言が発令しまして、昨年同様に自粛ムードの中での大型連休となってしまいました。。
昨年の緊急事態宣言から1年経ち、もうこういった状況にならない事を願っていた人も多いと思いますが、その願望は脆くも崩れてしまい、本当に残念で仕方ありませんね。
また、今回の緊急事態宣言の内容は今までの物よりも厳しいもので、大型商業施設の休業要請やお酒の販売自粛、更には終電の繰り上げや夜のネオン看板等の点灯自粛と云った、今までに例のないぐらいに厳しい物となってしまっております。
今回の緊急事態宣言の期間は来月11日までと短いものになっておりますが、予定通りその期間で終了してくれればと願うばかりです。
爽やかな陽気がとても心地よいこの時期だけにとても残念ですが、今まで通り3密を避けてうがい手洗いを徹底して、正しく恐れて乗り切っていきましょう!

さて、こんな時だからこそ美味しいものを食べて明るい気持ちにならなくてはなりませんネ(笑)
と云う事で本日も、美味しいものを求めてこんな物を食べて参りました!


本日伺いましたお店は、八王子は西八王子駅南口にあります私イチオシのお店”らーめん熊八”さんへ久々に伺いました。今回選んだメニューは”西八つけめん”と云うメニューです!

今回伺いましたお店は、八王子は西八王子。西八ハイツそばにあります私イチオシのラーメン店”らーめん熊八”さんへ久々に伺いました。
こちらのお店、私が何故イチオシかと云いますと、とにかくどのメニューも”ハズレが無い!”とにかく美味しいラーメン屋さんなんです。
醤油、塩、味噌と提供しているラーメンも多岐に渡り、まさに”ラーメンのデパート”なんて云っても過言ではないかもしれません。
さて今回選んだメニューですが、つい券売機にて”店主オススメ!”と云う文字に惹かれて”西八つけめん”と云うメニューを選んでみました(笑)
実はこちらのお店でつけ麺を選ぶのは始めてなのですが、きっと熊八さんならではの美味しいつけ麺が出て来るのではと期待もひとしおです♪
そして出て来たものが、上の写真のつけ麺です。
つけ汁はラードと刻み玉ねぎが入った醤油ベースのつけ汁。(ここが如何にも”八王子ラーメン”っぽいですね。)
麺は中太のストレート麺で、麺の下に具材が隠れていて、チャーシュー、カイワレ、メンマ、そしてシャキシャキのもやしが載せてありました。
更にもう一つ。小皿に入っている茶色い粉。これが一体何なのかとても興味深いです。
早速食べてみますと、麺はとってもシャキッとしていてコシと喉越しが楽しめる美味しい麺で、魚介系と動物系の出汁を掛け合わせた旨味たっぷりの醤油スープととても良くマッチしていて美味しいです。
まさに”八王子ラーメンをつけ麺にするとこんな感じ”と云った物でした。
しばらく食べ進んで半分ぐらい食べ終えた所で、例の小皿に入った”茶色い粉”をいよいよ投入!
スープを飲んでみますと魚介の旨味が一気に増し、今まで食べていた物とはまた別のつけ麺に早変わりしました♪
どうやら粉の正体は”魚粉”の様です。これがまた、中太の麺ととても良く合っていて、ホントに美味しいです!
まさに”一粒で2度美味しい”的なつけ麺でした!これは店主オススメと云う文字も間違いないぐらい美味しいつけ麺でした。
もしご興味がありましたら、是非食べに行って見て下さいね♪

さて、長期間にわたって御紹介して参りました”日野市 W様邸”新築外構工事案件でしたが、ようやく無事完工する事が出来ました!


”日野市 W様邸”新築外構工事。この通り無事完工を迎える事が出来ました!

改めまして”日野市 W様邸”。
設計、プランニングから施工まで色々とありましたが、ようやく無事完工する事が出来ました!
全体的に落ち着いた佇まいの、素敵な外構に仕上げる事が出来ました。


門前の様子。限られた奥行きの空間の中に、アーチやスクリーンフェンス、スリットフェンスを組み込んで立体的な佇まいとなりました。

まずは”家の顔”となる門前の様子です。
限られた奥行きのスペースですが、アーチを中心にスクリーンフェンス、スリットフェンス、機能門柱、門扉の配置がとても良く効いていて、奥行き感のある立体的な空間となりました。
ベージュ系の外壁と道路側に施した樹脂舗装材の淡いブラウンが良くマッチしており、白黒のモノトーン調でコーディネートしたエクステリア設備とをうまく繋げてくれています。


門左側の駐輪スペース前の様子。細格子のスクリーンと市松模様の格子パネルスクリーンが”和モダンテイスト”をうまく醸し出してくれています!

次に駐輪スペース前の様子です。
アーチ内に設置した細格子フェンスと、その斜め前に設置した市松模様の角格子パネルスクリーンが、”和モダン”な雰囲気を醸し出してくれています。
スクリーン前に植えた株立ちのソヨゴも更に良い雰囲気を醸し出してくれています。
同時にスクリーンフェンス奥側の掃き出し窓に対しても程良い目隠し効果となっており、景観と機能を兼ね備えた物となっております。


日を改めて、ファサード全体を撮影した様子です。植え込んだイロハモミジやソヨゴが元気に育ってくれています!

日を改めて、数か月後に撮影した様子です。
(植え込んだイロハモミジやソヨゴが元気に育ってくれていて良かったです!)
改めて角度を変えてファサード空間全体を見渡しますと、良くまとまった素敵な佇まいの空間に仕上げる事が出来ました。
特にこの角度から見ますと、門前のアプローチに設えた乱張り石”ジャワ鉄平”がとても良く効いています!


そして夜の様子です。各設備に配置した照明が、建物の照明と相まって煌びやかな雰囲気を醸し出しています。

そして夜の雰囲気です。
照明は、アーチ内に設置したダウンライト、スマート宅配ポストに内蔵されています表札灯・フットライトにより、昼間とはまた違う煌びやかな雰囲気を醸し出してくれています。
また、玄関周りに設置された建物の照明と相まって、温かみのある空間を醸し出しております。
照明はセンサータイマーにより自動点灯・消灯してくれる為、夜帰宅した際に暖かな光の空間で出迎えてくれるのは、利便性だけでなく満足度の高いものとなるでしょう。

それでは最後に、施工前・イメージ・完工の画像を並べてみようと思います。


まずは施工前の様子です。

まずは施工前の様子です。
建物以外は土の空間で、まだガランとした寂しい印象ですね。


そしてコチラが、私プランナーがお造りしましたCADイメージです。

そしてコチラが、私プランナーがお造りしましたCADイメージです。


最後に完工した画像です。

最後にコチラが、完工した写真です。
CADイメージと見比べて、しっかりと忠実に再現されているばかりでなく、それぞれの設備や樹木等の質感が加わりまして、とても完成度の高いものとなりました!
まさに毎度お話しておりますが、イメージ図の”120%”の仕上がりにする事が出来ました。
長い期間お付き合い頂きましたW様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです!
どうぞ今後とも、この外構空間と共に末永いお付き合い頂ければ幸いです。
本当にお疲れ様でした。そして誠にありがとうございました!

如何でしたでしょうか?
建物と道路との間の空間が限られていて、どの様にプランニングしようかとても悩まされた案件でしたが、”LIXIL プラスG”と云う商品を駆使して、商品コンセプトになっております”間取る”と云う特徴を上手く活かせた案件だったと思います。
また、格子パネルやスクリーン、スリットフェンスで機能を持たせながらデザイン的な遊びを入れてみましたが、その点もお客様からご評価頂けたのは本当に有難い限りでした。
振り返って見まして、今まで携わらせて貰いました案件の中でも、とても印象深く且つとても気に入っている作品です。
お陰様で、昨年度の”LIXIL 施工コンクール”におきましても入選賞に選ばれた作品となり、とても有難く思います。
更に精進して、素敵な空間づくりのお役に立てるよう今後も頑張って行こうと思います!
尚この案件は、弊社のHPの施工事例にも掲載しております。宜しかったら、そちらも覗いて頂けますと幸いです♪
さらに、”私たちの家を更に素敵にしい!””エクスリア、何処に相談したらよいのかな?”とお悩みでしたら、是非一度こちらの”お問い合わせフォーム”より気軽にご相談下さいませ!
このコロナ禍の中ではありますが、張り切って随時ご相談承り中です!どうぞ宜しくお願い致します!!

さて、また次回のBlogより新たな案件のお話をしようと思います。
(同時に新たなラーメンネタもお話しできればと 笑笑)
それではまた次回も、どうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

4月も半ばを過ぎ、日中は初夏を思わせる様な暖かい日が続いておりますが皆さま如何お過ごしでしょうか?
ここの所、昼間は20℃を超える汗ばむような陽気となるのですが、朝晩は10℃を下回るひんやりとした陽気で、とても身体に堪えて来ますね。。
また起きてからテレビやラジオを付けると、流れて来るのは流行り病の話題のオンパレードで正直うんざりしてきてしまいますね。
しかし最近は、ネットから様々な情報を得られる世の中になってきて、テレビやラジオ等、様々なしがらみのあるメディアからでは得られない情報を得る事が出来る様になってきました。
特に現場で働いている医療関係者や様々な分野の専門家の方からの直の情報や声を聴けるのは非常に大きく、そういった物を聴いた上でテレビやラジオの情報を聞くと、また違った見方をする事が出来ると思います。
日本初の緊急事態宣言からおよそ1年経ちますが、またここに来て、緊急事態宣言の再発令の兆しが出てきている様です。。
しかし世界中に目を向を向けますと、ワクチン接種が進んでようやく抑え込めてきたと云う報道がありますが、それでも今の日本の状況よりも酷い状況である様です。
それから見ますと、今現在の日本の状況はワクチン接種が進んでいないのにも拘らず世界から見て桁違いに抑え込めている状況にあると云える様です。
ちなみにこの様な情報はネットから来る生のデータから得られるもので、冷静になれば”なるほど!”と思う事に気付かされます。
過剰に心配し過ぎて免疫力が低くなってしまい、更に寒暖の差で体調を崩してしまう事が最も良くありませんし、それこそ流行り病に掛かるリスクも高まってしまうと思います。
今はとにかく、テレビ(とりわけワイドショー的な番組)の情報を鵜のみにするのではなく、多方面からの情報を得て動じない様にして、今まで同様に正しく恐れて元気に過ごす事が大切です!
頑張って乗り切っていきましょう♪

さて、そんな世の中ではありますが、ここ最近脚光を浴びているスポーツがあります!
それは”ゴルフ”です。
先日松山プロがアメリカのマスターズで東洋人初の制覇と云う明るい話題がありましたが、昨年から”3密”を避けられ且つ静かに行えるスポーツとして、20代30代の若いゴルファー人口が増えてきているとの事です。
私も20代後半からゴルフをしているゴルフファンの一人なのですが、ここに来て人気が盛り上がってきてくれるのは嬉しいものです♪
また、ガーデンの世界で働いている者としましても、綺麗に整った芝や樹木等々の光景を見るのはいろんな面で参考になります。
さて先日、チョット面白いゴルフ場に行く事が出来たので御紹介しようと思います。


先日、群馬県は高崎市にあります”吉井カントリークラブ”と云うゴルフ場へ行って参りました♪

先日のお休みの日に、ゴルフ仲間からのお誘いで群馬県は高崎市にあります”吉井カントリークラブ”というゴルフ場へ行って参りました。
最近ゴルフが活況になって来た一因として、”ネット”の普及により、そのゴルフ場の会員でなくても気軽に一般の方が予約サイトからリーズナブルな価格で予約する事が出来るようになって来た事が挙げられます。
(30年前のバブルの頃の様な”お金持ち”だけのスポーツと云うイメージは大分無くなったと思います。)
さて、実はこのゴルフ場を御紹介したかったのには一つ理由がありまして・・・


群馬県の中に”ハワイ”を創りあげたゴルフ場なんです!

この様に火山岩をふんだんに使いまして、一般的な日本のゴルフ場の雰囲気とは違う情景を見せてくれるコースなのです。
差し詰め群馬県の中に”ハワイ!?”を創りあげたと云っても良いかも知れませんね(笑)


真っ青な池に白い砂浜。飛び跳ねているイルカのオブジェ。画像だけ見たら”ハワイ”のゴルフ場の様ですが、まぎれもなく群馬なんです(笑)
アプローチにも至る所で火山岩を使っていて見ていて面白いです。
カート道や至るところで火山岩が使われていて、まさに”ロックガーデン”のデパート状態と云っても過言ではないと思います。

真っ青な池と白いバンカーが、まさにハワイのビーチを連想させてくれる様なとても美しい光景。
更にアプローチや階段、はたまたカート道路の舗装材にまで火山岩を使っている徹底ぶりで、まるで”ハワイ島のキラウェア火山”付近の情景の様です!
ちなみにこの大量の火山岩、どこから運んで来たかと云いますと”浅間山”の方から運んで造り込んだとの事です。
それを聞いて思わず納得!流石にこれをハワイから調達するなんてことは無いと思いますよね(笑)
しかし、プロ目線で石材の使い方や植物との組み合わせ方等々、参考になる物がいっぱいありました。
流石にここまで大規模なロックガーデンを造る事は無いと思いますが、その要素のほんの一つまみだけでもデザインの中に組み込めたら、面白いものが出来そうだと思いました。
ちなみに”ハワイ”の様な常夏の情景が漂ってきますが、当日は上州特有の赤城山や榛名山からのからっ風が吹き荒れ、やはり”群馬”を感じさせられました(苦笑)
スコアは・・・置いといて、お陰様で中々見れない光景を直に見る事が出来た貴重な一日でした!
早く平時に戻って、また海外旅行とかが気軽に楽しめる世の中になって欲しいものですネ。

それでは本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


新築外構工事進捗中の”日野市 W様邸”。大分施工も進みまして、いよいよ最終工程へ進み始めました!

新築外構工事進捗中の”日野市 W様邸”。
長い期間を掛けて施工が行われてきましたが、なんとかいよいよ最終工程へと進んで参りました!


前回のBlogで御紹介しました駐輪場前のスクリーンフェンスもこの通りパネルが入りました。

前回のBlogで御紹介しました駐輪場前のスクリーンフェンスも、この通りパネルが入り無事完成しました。
今回パネルに関しましては、あくまで道路と敷地内を仕切る意味合いの物となる為、なるべく閉鎖的にならない様にとのご要望からこの様な形のスクリーンフェンスとなりました。


こちらは向かい側から眺めた様子。細桟のスクリーンフェンスと市松模様を描いた格子フェンスとの組み合わせがなかなか面白いです!

こちらは向かい側から全体を見渡した様子です。
奥側の細桟のスクリーンフェンスと格子フェンスをあえて被らせたことで、それぞれのスクリーンフェンスを立体的に見せ、かつ連動性も持たせております。
スクリーンパネルは全面に貼らずに市松模様となる様に配置し、和モダンの雰囲気を醸し出したものとしました。


更に施工は進みまして、道路側空間の舗装工事を始めました。

そして翌日、再び職方が入れ替わり、道路側の空間の舗装工事に取り掛かりました。


先日植えましたイロハモミジ周りも、型枠を施して舗装を施します。
逆側のソヨゴ周りも同様に型枠を施して舗装を行います。

先日植えましたイロハモミジとソヨゴの周りには型枠を施して間隔を空け、その周りを舗装していきます。


こちらはコンクリートを流して均した様子です。大分落ち着いた雰囲気になりました。

型枠、メッシュ鉄筋が配置された所で、型枠内にコンクリートを流し込んで均した様子です。
コンクリートが打たれただけでも、大分雰囲気が落ち着いて見えますね!
植栽箇所は開けておくことで、水遣り等の樹木の管理がし易くなります。


玄関内の様子。溝等に化粧砂利”伊勢サビ砂利”を入れた事で、既存のタイルや建物のカラーとの調和が取れます。

更に先日仕上げました玄関前等のアプローチでは、目地に防草シートを敷いた上で化粧砂利(伊勢サビ)を敷き詰めました。
化粧砂利が入った事で既存のタイルや外壁と上手くマッチし、より一層お洒落な雰囲気が強まりました。


更に施工は進み、コンクリート上には天然砂利を使った樹脂舗装材”フロアービーズ”が施されました。

そして後日、コンクリート上には天然砂利を用いた樹脂舗装材”フロアービーズ”が施されました。
実は最初、この箇所は化粧砂利を敷き込む予定でいたのですが、お客様より”道際に砂利が飛び散ってしまうのを避けたいので”というご要望で、樹脂舗装材を施しました。


樹脂舗装材を施す前のコンクリートの様子。コンクリートは道側へ勾配を取り、一番低くなる際には上の様な”水抜き穴”を数カ所設けてあります。

こちらは樹脂舗装材を施す前のベースコンクリートの様子です。
コンクリートは予め敷地側から道路側に向けて勾配を取り、更に道際には水抜き穴を数か所空ける事で、雨水が溜まらない様に工夫しております。


樹脂舗装材は透水性がある為、穴を舗装材で埋めてもしっかりと水抜きの役目を果たしてくれます。

そしてこの樹脂舗装材”フロアービーズ”には透水性がある為、穴も含めて舗装材で埋めてもしっかりと水抜き効果を得る事が出来ます。
これであれば、化粧砂利の雰囲気を持たせながら砂利が道路へ散らばる心配はありません。
また、植栽スペースには更に黒土を足してあげて、舗装面となるべく平滑な雰囲気になる様に仕上げました。


更に駐輪場スペースにはサイクルポートを設置。かなり機能的になりました。

更に駐輪スペースにはサイクルポートを設置しました。
今回は、予め調べて置いたガス配管位置を考慮して、管に干渉しない位置に柱を設置出来る部材を選択。
”LIXIL フーゴテラス”と云う、建物に打ち付けずに設置出来る独立タイプのテラス部材をお選びし、屋根とアーチの梁が上手く被る位置になる様に高さを調整しました。

と云う事で、長きに渡り御紹介して参りました”日野市 W様邸”。
ようやく完工する事が出来ました!
次回のBlogでは、完工した姿を施工前やCADイメージと比べながら総括しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は朝からぐずついた天気となってしまいましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
早いもので4月も半ばへと入って参りました。新年度開始からおよそ1週間が経ちまして、ようやく落ち着いてきた人、まだまだ落ち着かない人等、様々な方がいらっしゃることと思います。
また、流行り病の陽性者が増えて来たという事で、今週初めからまん延防止措置法による緊急事態宣言に準じた措置が取られ始めました。
まだまだ先が見えない流行り病の行方で、新年度もこのまま暗い空気が世間を覆うのかと思いきや、スポーツ界から2つの明るい話題が飛んできましたね!
一つは、水泳女子の池江里佳子選手が東京オリンピック出場権を勝ち取ったという事です。
白血病という重い病を患い、一時は選手生命も絶たれるのではと云われておりましたが、苦しい闘病生活に打ち勝ち、更には怪我の功名とも云えるのか東京オリンピックの延期も重なり、一転して復活!自国開催のオリンピックの出場権を得るという快挙を成し遂げました!
この報せは暗いニュースが多い中、世の中に一筋の明るい兆しをもたらしてくれた嬉しいニュースでしたね♪
そしてもう一つは、先日行われたゴルフメジャー大会の一つ”マスターズ”にて松山英樹選手が優勝した事です!
これまでに”マスターズ”に挑戦した日本のトッププロは数多くいますが中々結果が出せず、”世界の壁”を日本人が超えるのは不可能ではとも云われておりました。
そんな中、なんと遂にその壁を越え、日本人初と云うだけでなく東洋人初のマスターズ制覇と云う偉業を成し遂げたのですから、本当に凄い事です。
池江選手、松山選手、本当におめでとうございます!!
この二つの話題は、暗い空気を吹き飛ばして明るい光明を見せてくれたニュースでしたね。
また、ようやく高齢者に向けてのワクチン接種も開始されました。これがどの様に転じるのかはまだ未知数ですが、是非良い方向へと向かってくれればと思います。
世の中は少しずつではありますが、着実に一歩一歩前進しております!私たちも前向きな気持ちをもって、頑張って行きましょう♪

と云う事で、本日も美味しいものを求めてこんな所へ行って参りました!


本日は八王子は子安町。子安五差路傍にあります”でんでん”さんへ伺いました!

本日伺いましたお店は、八王子は子安町。子安五差路傍にあります”でんでん”さんへ伺いました。
こちらのお店は、いつも明るく気さくな女将さんが切り盛りしているお店で、基本は刻み玉ねぎの八王子ラーメンなんですが、比較的鶏ガラ等の動物系の出汁が効いている、昔ながらの中華そばスタイルのお店です。
最近は比較的、煮干し等魚介系の出汁をメインにした”意識高い系”のものか、背油チャッチャ系の”ガッツリ系”のどちらかが多くある中、此方のお店は変に気取っていない、肩の力を抜いて食べられる味で、私的にはとても好きなラーメンです。
また、シンプルな中にチャーシューは出る直前にバーナーで炙って香ばしさを出したり、刻み生姜を添えたりと云ったちょっとした工夫がなんともニクイ感じでとても良い感じなのです!
そしてもしお腹に余裕があれば、是非食べて頂きたいのが・・・


”でんでん”さんのもう一つの看板メニュー、それがこの”カレーライス”なんです。

この”カレーライス”なんです!
このカレー、ルウの中にはラーメンのスープを作る際の出汁を使って煮込んでいて、これがまたコクがあってとても美味しいのです。
辛さもちょうど良く、まさに”おふくろの味”と云った感じのカレーです。
でもって、ラーメンのスープ出汁を使っている為か、このカレーとラーメンがまたとっても良くマッチして美味しいのです♪
そしてこのカレーは、”ラーメンセット”として頼む事ができ、二つで900円ととても良心的なんです!
カレーとラーメンと云う、まさに昭和な感じの2大御馳走、とっても幸せを感じられます。
また、女将さんがいつも明るく接客されていて、なんだか元気も一緒に頂いている感じです!
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね♪おススメのお店ですよ。

それでは本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


新築外構工事進捗中の”日野市 W様邸”。前回のBlogより、ファサード箇所の舗装工事に取り掛かりました。

新築外構工事進捗中の”日野市 W様邸”。
前回のBlogより、ファサード箇所への舗装工事の様子を御紹介し始めました。
あれからどの様に変化したのでしょうか?


建物周り等へシートにて養生を施した上で、型枠内にコンクリートが打たれました。

玄関前の様子です。
建物周りにビニールシートにて養生を施した上で型枠内にコンクリートが打たれました。


駐輪場となる箇所にもコンクリートが打たれました。

駐車場と逆側。駐輪スペースとなる箇所にも同様にコンクリートが打たれました。
ここからコテで表面を徐々に均して行きます。


午後にはこの通り、表面が綺麗に仕上がりました。

そしてこちらは、その日の午後に伺った様子です。
全体的にコテでの均し作業が完了し、表面が綺麗に仕上がりました。


玄関前もこの通り、とても綺麗に仕上がりました。

そしてこちらが玄関前の様子です。
こちらもコテでの均し作業が完了し、この通り綺麗に仕上がりました。
コンクリート打設工事は、打設前と打設後でとても見栄えが変わる為、見ていて本当に楽しくなる工程です。
職方さん達からすれば、ぶっつけ本番で硬化するまでに手際良く作業を行わなければならないのでとても大変なのですが(苦笑)


およそ1週間後、エクステリア職方が残りの部材の設置作業に入りました。

コンクリート打設工事からおよそ1週間後、エクステリア職方が残りの設備の設置施工に入りました。
画像は駐輪スペース前に設置しますスクリーンフェンス設置の様子です。
こちらの部材は、”LIXIL プラスG Gスクリーン格子パネル”と云う部材で、丁度門正面に設置した部材の低いサイズの物です。


こちらは逆側から見た様子です。格子パネルは、既設の縦格子パネルよりも前に出してわざと被らせる位置に設置しました。

こちらは格子パネルを門側から見た様子です。
格子パネルは、前回設置した門正面の仕様とは異なり、上部のフレームを無くした”フレームレス仕様”を選び、重々しい雰囲気を出さない様にしました。
また、設置位置を既設の縦格子パネルの並びにせずに、あえて柱1個分前面へ配置させ、さらにパネル前に少々重なる位置に設定しました。
こうする事で、よりスクリーンフェンスを立体的に見せる様にしました。


同時に門扉本体も設置。格子デザインの鋳物門扉に、ヘアライン調のパネルがモダンな雰囲気を醸し出してくれています。

こちらは門前の様子です。
門扉柱には本体が設置され、ようやく門扉が完成しました。
今回お選びした物は。格子デザインのシンプル且つ重厚な雰囲気の鋳物門扉。
把手箇所にヘアライン調のパネルが入る事で、モダンな雰囲気を醸し出してくれています。


再び駐輪スペース前の様子。こちらにも同様デザインの門扉が設置され、スクリーンフェンスにもポリカパネルが設置され始めました。

再び駐輪スペース前の様子です。
こちらにも、先程と同様の格子デザインの門扉本体が設置されました。
同時にスクリーンパネルには、格子パネル内にマッド調のポリカパネルが設置され始めました。
ちなみにこちらの格子パネル、設置方法に少々遊びを加えてみました。
これに関しましては、次回のBlogにて御紹介しようと思います。

いよいよ完工が見えてきました!
徐々に仕上がっていく姿を見るのは、とてもワクワクして来ますね♪
それではこの続きは、また次回のBlogにて御紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

新年度最初の月となります4月に入り1週間が経とうとしておりますが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
桜の花も先日の雨風でほぼ散ってしまってほぼ葉桜となってしまいましたが、桜の花が終わりますと新緑の爽やかな時期がやって来ます♪
それにしましても、しばらく上着もいらないくらいの暑さがやって来たかと思いましたら、4月に入って雨と共に寒の戻りで寒さが戻って来てしまいましたね。。
この時期は寒暖差が本当に激しく、すこぶる身体には堪える時期です。
また、新年度に合わせた職場や学校等の環境の変化でお疲れになる日も多くなってくるかと思います。
皆さま、くれぐれも体調には気を付けて、うがい手洗いをしっかりして元気に過ごして行きましょうネ!

さて先日、私用で栃木の方へ出掛けたのですが、その帰りに美味しいラーメンが食べたくなりましたこんな所へ寄って来ました♪


栃木でラーメンと云えば”佐野ラーメン”です。という事で、栃木の知人から教えて貰った人気店”一乃胡(いちのえぴす)”と云うお店へ伺いました!

栃木でラーメンと云いますと有名なのは”佐野ラーメン”です!
という事で、栃木の知人におススメのお店を教えて貰いまして伺ったお店が今回御紹介します”一乃胡(いちのえぴす)”と云うお店です。
佐野ラーメンは佐野市内に何件もお店があり、私も数回食べに行った事があります。(実際以前このBlogでも御紹介した事があったと思います。)
さて、佐野ラーメンの特徴と云いますとやはり”麺”に尽きると思います。
佐野ラーメンでは、青竹を使って作る独特の平べったい縮れた”平打ち麺”となります。
例えますと、カップうどんの平べったい麺に近いと云ったら良いのでしょうか!?
この麺が透き通った醤油スープと良く絡み合いまして、とても美味しいのです♪
またチャーシューも拘っているお店が多く、此方のお店では煮豚の物の他に”吊るし焼き”と云う物も選ぶことが出来ます。
今回は”吊るし焼き”の方を選んでみたのですが、余計の油分が無く肉の旨味をしっかり堪能できる美味しいチャーシューでした!
さらに調子に乗って餃子も他ので見たのですが、


1個がとても大きい、ボリューム満点の餃子!ジューシーでとても美味しく、餃子だけでもお腹いっぱいになるぐらいです(笑)

この餃子が、通常ラーメン店で出て来る餃子の1.5倍ぐらい大きいボリューム満点の物でした!
大きさだけでなく、ジューシーな肉汁がたっぷりの美味しいもので、餃子だけでもお腹いっぱいになるぐらいのとても美味しいものでした。
先程のラーメンにこのボリューム満点の餃子。流石に食べ終えた時はお腹がはちきれるのではと思うぐらいでした(笑)
店内は密にならない様に席数を減らしてアクリル板を設置したり、入り口では検温器があったり、更に駐車場で車に乗ったまま順番を待てる呼び出し機を用意したりと、徹底したコロナ対策を施していました。
人気店故の責任感なのでしょうね!(ここまで徹底されたラーメン店は、流石に始めてでした)
味もボリュームも満点のとても良いお店でした♪もし佐野へお出掛けの際は、行って見ても良いおススメのお店ですよ!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


新築外構工事進捗中の”日野市 W様邸”。前回のBlogでは、植栽と砂利敷きの様子を御紹介致しました。

新築外構工事進捗中の”日野市 W様邸”。
前回のBlogでは、ファサードへの植栽と建物バックヤードへの砂利敷きの様子をご覧頂きました。


改めましてファサード箇所の様子です。植栽が入りまして大分雰囲気が変わりました!

ファサードを逆側から見た様子です。
門周りに植栽が入り、大分雰囲気が変わりました!
いよいよ完工が見えて来ましたね。


次の工程は、ファサード周りの舗装工程です。舗装箇所へ図面を元に型枠を設置していきます。

次の工程は、再びファサード箇所への舗装工程となります。
路盤工事は既に植栽工事前に行っていたので、ここから図面に合わせて型枠を設置していきます。


型枠設置後、枠内にメッシュ鉄筋を配置していきます。

型枠設置後、枠内にメッシュ鉄筋を配置していきます。
同時に舗装内にあります枡等も、仕上げ高に合わせて高さを調整します。


メッシュ鉄筋設置後、舗装内に設えます乱張り石を仮置きします。

メッシュ鉄筋設置後、今度は枠内にて予め乱張り石を図面に合わせて仮置きし、バランスを見ます。
今回使用する乱張り石は、このBlogでは初登場かも知れませんがアジアンな雰囲気を作るのにはとても重宝する”ジャワ鉄平”と云う乱張り石です。
私がプラン内にて多く使っている”エルドラド系”の乱張り石に比べて形状等が変わる為、実際に仮置きしてバランスを見て、石の範囲の増減等を調整しながら作業を行います。


こちらは玄関側の様子。逆側から見ますとまた雰囲気が違います。

こちらは玄関側から見た様子です。
今回の舗装は、長方形のコンクリート舗装を組み合わせて、島状に配置。
その一角一角に、先程ご説明しました”ジャワ鉄平石”を設えて、日本庭園の園路で用いられます”延段”の雰囲気を持たせたアプローチをご提案致しました。
逆側から見ますと、また乱張りの配置した雰囲気が違って見えます。
こちらも門前同様、仮配置して石の範囲の増減を調整します。


石の範囲が決定した所で、乱張り石下にコンクリートを盛って固定していきます。

石の配置が決まった所で、コンクリートを打つ前に、予め乱張り石を固定します。
石の下にコンクリートを盛り、乱張り石を枠のラインに合わせて固定していきます。


玄関前の乱張り石も同様に固定していきます。

玄関前の乱張り石も同様に、石の下にコンクリートを盛って石を固定していきます。
そして乱張り石が全て固定された所で、ようやく型枠内にコンクリートを打設していきます。
コンクリート舗装内に乱張り石を散らして配置する手法は良く行われておりますが、良く勘違いされるのが、コンクリートを流し込んだ後に乱張り石を適当に上から置いて行くと思われている方がいらっしゃいます。
図面の段階では確かにそんな感じではあるのですが、実際にはこの様に予め乱張り石を配置してからコンクリートを流し込んで左官を行い、最後に乱張り石内の目地を仕上げて完成と、何工程も手間が掛かります。(つまりその分、コストも掛かります。)
もし同様なデザインの舗装を御検討されている際は、是非こういった工程を経て仕上がる事を念頭にしてお見積書をご覧頂けますと幸いです。
(”コンクリート打設費+乱張り石”だけでは仕上げる事は出来ません)

さて乱張り石も配置され、いよいよ次回はコンクリート打設工事を行ってアプローチを仕上げます。
ここから更にどの様に変化していくのかとても楽しみですネ!
それではこの続きは、また次回のBlogにて御紹介しようと思います。宜しくお願いします。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日も暖かな春らしい陽気に恵まれた1日でしたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
本日は3月31日。そして明日から4月が始まります!
巷では今週29日(月)からが新年度スタートとなるのでしょうか?
いずれにしましても、4月は様々な新しい事が始まるスタートの月です♪
スポーツ界では先日、プロ野球がセパ共に予定通り開幕されましたし、4月に入ってからは入社式や入学式と云った物が催される事でしょう。
昨年は未曾有の流行り病による影響で、様々な事が中止となってしまった寂しい時期でありましたが、今年は徐々に平時に向けて一歩一歩社会が進んでいる事を感じられます。
まだまだ新型コロナウィルスは終息しておりませんが、今まで通り正しく恐れながら体調に気を付けて、新たなスタートを切っていきましょう!

さて、前回のBlogにて桜並木の開花状況を御紹介しましたが、あれからどの様になったか気になりまして、先日の日曜日、ウォーキングを兼ねて早朝様子を見て参りました♪


こちらは前回Blogと同様の場所にて、ウォーキング途中で撮影しました浅川河川敷の桜の様子です。
見事なまでに満開の桜が咲き誇っております!
桜の淡いピンク色の可愛らしいお花。見ていて心が和みますね!

という事で、前回のBlogで御紹介した場所と同じ日野は南平、向河原団地の浅川河川敷にて早朝撮影した様子です。
その日の天気はあいにくの空模様で、遠くの富士山は残念ながら望む事が出来なかったのですが、桜の方は見事なまでの満開の姿を見せてくれていました!
近づいて見ますと、一本一本本当に見事なまでの咲き誇った姿を見せてくれていまして、また一つ一つの淡いピンク色のお花がとても可愛らしいです♪
まだまだ色々と不安な事が多い世の中ですが、こういった見事な春爛漫な光景を見ますと気持ちが和みますネ。
植物の持つ癒しの力を改めて感じさせてくれました!
いよいよ明日から新年度!この桜の樹も花が散った後新緑の時期を迎えますが、爽やかな気持ちで頑張って行きましょう♪

それでは本日も前回のBlogの続きを書いて行こうとも思います。


新築外構工事進捗中の”日野市 W様邸”。前回のBlogにて御紹介しました植栽をいよいよ植えて行きます!

新築外構工事進捗中の”日野市 W様邸”。
前回のBlogでは、立川にあります”小林養樹園”さんにてお客様と植栽を選んでいる様子を御紹介致しました。
そしていよいよこの日より、お選び頂きました樹木を植えていきます!


スリットフェンス前には、イロハモミジを植えます。限られたスペースに収まる様にお選びしましたがピッタリ納まりました!

こちらはスリットフェンス前に植え込みますイロハモミジです。
イロハモミジは、左右にかなり曲がった枝ぶりの物が多いのですが、今回は植えるスペース等を考慮してなるべくシュッとした形の物を数本お選びしました。
その中からお客様のインスピレーションでお選び頂きました一本ですが、限られたスペースにピッタリと納める事が出来ました。


門の左側に植えますソヨゴです。こちらもかなり植え込むスペースが限られるのですが、シュッとして且つ形の良い物をお選び頂けました!

こちらは門の左側に植えますソヨゴです。
ソヨゴを植えるスペースはかなり限られているので、根鉢があまり大きくないシュッとした樹形の物を選ばなくて名はりませんでした。
そんな中で、大きさ・バランス共にとても良い形の物をお選び頂けて本当に良かったです!
こちらも植え込みスペースにピッタリと納まりそうです。


同時にバックヤードでは、砂利敷きを行う前に平たんになる様に地面を整地しました。

同時進行で、バックヤードでは砂利敷きを行う前の地面の整地作業を行います。
砂利敷きの厚みを考慮して、土を鋤簾で鋤取って綺麗に整えます。
こうする事で砂利の厚みが均一になり、仕上がりがとても綺麗になります。


そしてこちらが、砂利を敷き終えた様子です。土の状態から見違えりましたね!

そしてこちらが、砂利を敷き詰めた様子です。
地面を整地した後、全体に防草シートを敷き込み、砂利を敷き込んでいきます。
砂利の厚みはおよそ3〜4cmぐらい。敷いた砂利は、ライトグレーのベーシックな”石灰岩砕石”です。
下地をしっかりと作った上で敷き込んだので、全体的に綺麗に敷かれ、土の状態から見違えるぐらいにスッキリとしました。
また砂利を敷き込むことで、雑草の抑制の他、雨による泥撥ねで建物等を汚す事も防いでくれます。
新築外構では必ず行いたい項目の一つです。


そして午後には植え込み作業も完了しました!

そして午後には、イロハモミジ・ソヨゴとも無事に植え込み作業が完了しました。
2本ともとても限られた狭いスペースでの植え込みとなりましたが、キツキツ感も無く綺麗に納める事が出来ました!
こうして見ますと、植栽のある無しで大分雰囲気が変わるのが分かります。


尚今回は、スペースの問題で通常の支柱を立てる事が出来ません。そこで、根鉢を直に3本の杭で打ち込んで固定する”打ち込み支柱”と云う方法にて植え込みました。

ちなみに植え込んだ際には、根が張るまでしっかりと固定する為の支柱を竹で数本組んで行う必要があります。
しかし今回、あまりにもスペースが限られている為、支柱を立てる事が出来ませんでした。
そこで、植栽の根鉢に3本の太い杭を打ち込み、それにひもを掛けて固定する”打ち込み支柱”と云う方法を取りました。
こうする事で、多少の風でも倒れずにしっかりと根付くまで保持する事が出来ます。


ソヨゴも同様の方法で植え込んであります。これからしっかりと根付いて、元気に育ってくれればと思います。

特にソヨゴに関しましては、非常に狭い箇所にて植え込んだため、まさにこの方法がとても最善の方法でありました。
もちろん出来れば、竹での支柱を組んであげるのが植栽にとっては最も良い方法なのですが、こういった地中に埋設する支柱の方法もある事を覚えておいて頂けたら幸いです。
植栽は植え込んでから根付くまでの1〜2年がとても大切です。
これらの樹が、しっかりとこの地に根付いて元気に育ってくれればと願うばかりです。

という事で、いよいよファサード箇所に植栽も入り、施工も終盤に差し掛かって参りました!
ここから更にどの様に変化していくのかとっても楽しみです♪
それではこの続きは、また次回のBlogにて御紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

日に日に暖かな春らしい陽気になってきた今日この頃ですが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
先日21日にて、長かった緊急事態宣言も解除され、さらにその翌日には靖国神社の桜の標本木にてソメイヨシノの満開が宣言されました。
まさに世の中的に色んな意味での”春”がやって来たと云っても良いでしょう♪
しかし同時に、開放的になりすぎて新型コロナ感染のリバウンドの懸念も否めないとメディアでは報じられておりますね。。
更にメディアでは変異株の蔓延の事も報じて、注意を促されております。
とは云いましても、こちらのBlog をご覧頂いております皆様におかれましては、1年前から様々な事を気を付けながら今に至っておると思われます。
1年前の今頃は、正体不明のウィルスのパンデミックで恐怖しながら過ごしていた事を思い出されますが、大分様々な事が明かされて来まして、しっかりと正しく恐れて対策すれば掛かる病気ではない事も見えてきました。
(ちなみに私、この1年の間に、体調を崩さず今まで以上に健康的に過ごせてきました(笑))
大切なのは気持ちを前向きにして免疫力を高めて、病気に掛かりにくい様に過ごす事が一番の様です!
これからも病気に対して今までと同様正しく恐れて、明るく元気に過ごして行きましょう♪

さて先述した通り、靖国神社のある都心方面ではソメイヨシノが満開との事ですが、私たちの地元多摩地区はどの様な状況でしょうか?


こちらは今朝、ウォーキング途中で撮影しました浅川河川敷の桜の様子です。

という事で私、毎日の日課で行っておりますウォーキングの途中にて、私が最も気に入っております桜のビューポイントへ行って見ました♪
場所は日野市は南平、一番橋と高幡橋の間にあります向河原団地前の浅川河川敷の様子です。
ここは正面に富士山も美しく見え、桜並木と河原の雰囲気と相まってホント素敵な場所なのです!
遠くから眺めてみますと、満開まではあと数日と云った感じでしょうか!?


桜並木に近づいて見ました。7部咲きと云った感じで、満開まであと一息でしょうかネ。

桜並木に近づいて最も咲いている樹を撮って見ました。
樹によっては写真の様に大分蕾が開いておりますが、およそ7部咲きと云った感じでしょうかネ!?
どうやら今週末には満開を迎えそうです♪
もしお近くでしたら、是非お散歩にお出掛けになられては如何でしょう?

それでは本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


新築外構工事進捗中の”日野市 W様邸”。ファサード箇所の施工も大分進んで参りました!

新築外構工事案件進捗中の”日野市 W様邸”。
日に日にファサード箇所も出来上がり始め、ようやく駐車場にお車も止める事ができる段階まで進める事が出来ました!
今回の案件は、各部材の配置がかなりタイトとなる為、納まりがどの様になるのかとても心配ではありましたが、なんとかCADでのシュミレーション通りに進める事が出来てホッとしております。
さて、施工もいよいよ折り返し地点になって参りました!
さて本日は、ファサードに植え込みます植栽の事を御紹介しようと思います。


という事で、この日はお客様を立川市にあります庭園樹の卸売業者”小林養樹園”さんへご案内しました。

という事で、場所は現場から変わりまして、お客様を庭園樹の卸売りをしております立川市の”小林養樹園”さんへご案内しました。
ご案内した当日はとても良い天気で、お客様にとっては良い樹木と出会える打って付けの日になりそうです♪


広い敷地内には様々な樹種が置かれております。

敷地内には、全国より取り寄せた様々な樹種が置かれております。
定番の物から非常に珍しいものまで様々あり、一から見て回りましたらとても1日では回り切れないほどです(笑)


また此方では、様々な樹種を使ったトピアリー生産もしております。見ていて飽きないです!

また此方では、上の画像の様な様々な樹種を使ったトピアリー生産も行っております。
トピアリーは様々な施設に卸されるとの事で、有名処で云いますと世田谷の馬事公苑に植えられております競走馬のトピアリーがコチラで作られた物との事です!
多分、我々が行く様々な商業施設等々でお目に掛かっているかもしれませんネ。


さて、肝心の樹の一つ”イロハモミジ”を選び始めました。

さて肝心の樹木選びですネ!
まずは、スリットフェンス前の空間に植えます”イロハモミジ”を選び始めました。
お客様からは、”和を感じられて、且つ秋に紅葉を楽しめる樹を植えたい”とのご要望より、此方を選びました。
まさに紅葉と云えば定番の樹木です。
今回は植える箇所もスペース的に限られるため、なるべくシュッとしたスリムな形の物をピックアップして貰いました。


葉や枝ぶり、全体的な形がイメージと合う物を3本ほどお選びし、その中からお客様に1本選んで頂きました!

幾つかあるイロハモミジから更に今回のイメージに合う物を私の方で3本ほどピックアップし、更にその中からお客様に”これ!”と思われる物を1本選んで頂きました。
そして上の画像の物が、今回お選び頂いた1本です!
形、バランス、葉や枝の付き方等、とても良い物をお選び頂けました♪
お客様も、選ばれた樹も喜んでいる様です(笑)


更に門左側に植えます常緑樹”ソヨゴ”も選びました!

更に門左側に植え込みます常緑樹”ソヨゴ”も選びました。
こちらもやはり、植え込むスペースからなるべく上にシュッとしたスリムで且つ良い形の物をピックアップしました。
そして数本ある候補の内よりお選び頂いたソヨゴが、上の写真の物です!
こちらも形やバランス等々、イメージに合う物をお選び頂けました♪
お客様にとっても、新築の記念に植える大切な樹木を自ら選ぶことが出来て本当に良かったとお喜び頂けました。
此方の養樹園へは何組かのお客様をご案内しましたが、この様にお喜び頂けると本当に嬉しくなりますし、ご案内した甲斐があります!
さて後日、これらの樹木を実際に植え込みますが、これに関しましてはまた次回のBlogにて御紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

ここの所、朝晩と日中で10℃以上もの寒暖差があり、身体に堪える日が続きますが皆さま如何お過ごしでしょうか?
私は毎朝の日課で早朝に1時間程ウォーキングを行っておりますが、家を出る時は寒くても、陽が徐々に差し込んでくるにつれて心地よい暖かさを感じられる様になってきました。
帰ってくる頃には良い感じに汗をかいていて、日に日に春の暖かさを感じられてきたなぁと思います。
街中でもピンク色の早咲きの桜が咲き始めて来て、気持ちが何だかウキウキして来ますね♪
今年も昨年の春同様に、コロナ禍で春のお花見イベント等は自粛傾向になりそうですが、街中の様々な花木は変わらず色々な綺麗な姿を見せてくれます!
皆さんも、身近な所でこんなお花見散歩を楽しんでみては如何でしょう?
心身共にリフレッシュできますし、何よりご飯が美味しく感じます♪といっても、食べ過ぎはいけませんけどネ(笑)
緊急事態宣言も予定としては今度の日曜日までとなっておりますが、少しでも閉塞的な雰囲気が和らいでくれればと願うばかりです。
皆さまも、くれぐれも体調には気を付けてお過ごしくださいね!

さて本日も、美味しいご飯を求めてこんな物をこんな所へ出掛けて参りました♪


本日は八王子は下柚木、野猿街道沿いにありますラーメン店”分田上”さんへ久々に伺いました!

本日伺いましたお店は、八王子は下柚木。野猿街道沿いにあります人気ラーメン店”分田上(わけたがみ)”さんです。
何処となく美味しい豚骨ラーメンが食べたくなり、気付きますといつの間にか野猿街道沿いを車で走らせていました(笑)
相変わらずとても人気のあるお店で、お昼時は店外で少々待つ事となりますが、回転も早いので数分で店内に入る事が出来ました♪
店内は落ち着いたダークウッド系の何処となくレトロな感じのお店で、暖かい接客が心をホッコリさせて貰えます。
頼んだラーメンは、ラーメン並に無料のチーズトッピング。
注文してから数分で出て来たラーメンは、豚骨の香りにマー油の香ばしさがプラスされたとても食欲をそそられる香りです。
スープは豚骨スープのコクとゴマやマー油の風味が良い感じに合わさったもので、とても美味しいです!
麺も細いストレート麺がスープと良くマッチし、それにキクラゲの食感やチャーシュー、煮卵の旨味が加わって本当に美味しいのです。
更にサービスのチーズを麺と絡めて食べますと、ラーメンがパスタに変わったかの様な不思議な感じになり、まさに”一粒で2度美味しい”ラーメンとなります。
そして豚骨ラーメンは何より、”替え玉”したくなっちゃうんですよね(笑)
替え玉をお願いしますと、麺の上にはチャーシュー等の具材も一緒に入れて出してくれるとても良心的な物で、更に満足度120%と云った感じです!
店内はカウンター席のみとなりますが、店員さん達もとても優しく入り易いお店です♪
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


”日野市 W様邸”新築外構工事。前回のBlogより駐車場へのコンクリート打設工事が始まりました。

新築外構工事案件の”日野市 W様邸”。
前回のBlogより駐車場へのコンクリート打設工事が始まり、まずは駐車場奥側のコンクリート打設が完了しました。
そして翌日になりますと・・・


駐車場の道路側に関してもコンクリートが流し込まれました。大分雰囲気が変わりましたね!

この通り、道路側に関してもコンクリートが流し込まれました!
コンクリート打設工事は幾つかのリスクがありまして、/人の人員確保∪献灰鷦屬陵縮鶚E係の3点を毎度考慮しなくてはなりません。
特に今回の案件の様に広範囲においてのコンクリート打設工事となりますと、職人の数の確保はとても大切で、その予定によって工程も大きく影響されてしまいます。


全体的に綺麗に仕上がり、ひとまずほっと一息です。

今回は、施工時期が比較的晴天率の高い時期に行えたので予定が組み易く、お陰で二日間にてスムーズ且つ綺麗に仕上げる事が出来ました!
一先ずホッと一息つく事が出来ました(笑)
ここからおよそ10日ほど養生期間を置きます。


10日後、いよいよ玄関周りの舗装工事に取り掛かりました。

そして10日後、いよいよ門から玄関に掛けての舗装工事に取り掛かります。
駐車場は型枠が外され、上の画像の通り車両が駐車場内に乗り入れる事が可能となりました。


門奥には浸透桝の他、散水ボックスや雨樋が露になっております。

早速舗装箇所の鋤取り整地等々の路盤工事を始めていくのですが、作業を行っていると様々な配管が露になって来ます。
上の画像は門奥、既存タイルテラス前の様子ですが、2つの雨水浸透桝、それに繋がっている建物からの雨樋、そして散水栓ボックス。
意外と浅い位置にある事が分かります。
残土を掻き出す鋤取り作業は単純な作業ではあるのですが、気を付けて作業を行わないとこういった配管を壊してしまう恐れがあります。


こちらは勝手口の様子。注目は手前の緑の杭と奥側に見える緑色のライン。これは一体なんでしょう?

こちらは駐車場とは逆側の勝手口前の様子。
注目は手前の緑色の杭と奥側に見えます緑色のライン。
これは一体何だか分かりますか?


緑色のラインの先にあるのはガスメーター。つまりガス配管なのです。

緑色のラインの先に見えるのは、良く見掛けますガスメーターです。
つまりこの緑色のラインは”ガス配管”なのです。
こうして見ますと、ガス配管が比較的浅い所を通っている事が良く分かりますね。
ちなみに道路側にあります緑色の杭は、ガス本管が埋まっている位置を表す杭となります。
このガス配管がとても厄介で、掘り進めていたら思わずスコップで破ってしまうと言った事が多くあります。
(たまにガス会社の緊急車両がサイレンを鳴らして走っているのは、大抵こういったガス管破損による出動となります。)
今回はさらにこの箇所に自転車用の屋根を設置する為、柱位置と合わさらない様に今のうちに配管位置を図って図面に記載しておきます。


駐車場へ早速お車を入れて頂き、オーバードアを閉めてみました。無事に納まり、更にホッとしました!

さて、設計段階から懸案事項であった玄関横の駐車ですが、お客様に早速お車を止めて頂いた上でオーバードアも下げてみました。
この通り、確かにギリギリではありますがCAD内にてシュミレーションした通りに納める事ができ、本当にホッとしました。
お客様も事のほか喜んで頂けて本当に何よりです!

さて、駐車場舗装も完了しいよいよ施工も折り返し地点に入りました!
次回のBlogでは、ファサード箇所に植えます植栽に関しての事を御紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

3月も半ばとなり、辺りから花の香が漂い始めた今日この頃ですが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
ここの所寒暖の差も激しく、更に花粉も飛び交っていて目や鼻には酷な時期ですね。
私もこの時期は毎度花粉症に悩まされていて、一度クシャミが出始めると止まらなくなってしまう事が多いです。
この花粉症さえなければ、今の時期は本当に過ごし易い時期なのですがネ(苦笑)
さて、明日は3月11日。新聞やテレビで報じられておりますが”東日本大震災”から丁度10年となります。
今も突然やってきた10年前の事は、様々な事が鮮明に覚えておりますが、あれからあっという間に10年が経ってしまうのかと考えると、色々と感慨深いものがあります。
特に今でも記憶に残っているのが、大津波によって引き起こされた原発事故と電力不足による輪番停電。
今までの地震災害と大きく違ったのが、これらによって危機が身近に強く感じられたことではないでしょうか。
そしてそれから10年経った現在。先日東日本を襲った”福島沖地震”が10年前の”東日本大震災”の余震である事に、如何に大きな地震であったのかを考えさせられました。
地震はいつ襲ってくるのか分かりません。これを機会に避難場所や食料等々の備蓄など、ご家族の皆さんで話し合う良い機会にしても良いかも知れませんね。

さて、本日も美味しいものを求めてこんな物を食べて参りました!


本日は八王子は大和田町にあります人気店”らーめん楓”さんへ伺ってきました!注文したのは”辛魚介豚骨そば”です。

本日伺いましたお店は、八王子は大和田町にあります人気店”らーめん楓”さんです。
毎年メニュー一つ一つをアップデートさせて日々切磋琢磨しているお店で、年々常連客が増えているお店です。
また、働いているスタッフの皆さんもとても若い人たちが多く、行くと元気をもらえるお店です(笑)
さて今回選んだメニューですが、今まで選んだことのなかったレギュラーメニュー”辛魚介豚骨そば”を始めて注文して見ました。
楓さんで頼むメニューでは比較的サッパリ目の物が多かったのですが、今回の様にチョットコッテリ系でしかも辛い系の物を頼んだのは始めてです。
どの様な物が出て来るのかとてもワクワクして来ます♪
さて出て来たラーメンは、チャーシュー・海苔・メンマ・刻み玉ねぎ・青ネギと云ったとてもシンプルなものでした。
しかしとっても個性的だったのは、兎にも角にもスープでした。
一口飲んでみますと、豚骨の味わいと魚介系の旨味が上手くブレンドされた濃厚なスープで、特に後から追っかけて来ますコクが後を引く感じでした!
辛さも、これらの味を邪魔しない程度に程良くピリリと効いていて、とても良い感じのスープです。
さらに麺も楓さん独自の自家製の中太麺で、スープと良く絡んでとても美味しかったです♪
比較的マイルドな味わいのラーメンが多い印象の楓さんにて、このラーメンは盲点でした。また是非、食べたいラーメンです!
もしご興味をお持ちになりましたら、是非行って見て下さいね♪おススメですよ!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


”日野市 W様邸”新築外構工事。前回のBlogにて、ファサードでのエクステリア設備の設置が概ね完了した所までを御紹介しました。

新築外構工事案件の”日野市 W様邸”。
前回のBlogまでで、ファサード部でのエクステリア設備の設置が概ね完了しました。
この日からは、再び舗装担当職方にバトンタッチしまして、駐車場等の舗装施工に入っていきます。


コンクリート打設前の準備として、型枠設置や各点検桝の高さ調整等を行います。

先日行いました舗装箇所の残土鋤取り・整地作業の際に割り出した仕上げ高の基準線に合わせて、型枠・点検桝の高さ調整等を行っていきます。
(建物基礎に薄く青いラインが入っているのですが・・・分かり辛いですネ(苦笑))


型枠設置と共に、転圧作業も行っていきます。

型枠設置が完了しますと、更に転圧機を使って路盤を押し固めて行きます。


以前、仮スロープを設けていた駐車場入り口は、スロープを撤去して路盤を作って行きます。

更に、先日御紹介しました駐車場入り口に設けました仮スロープに関しましても、撤去した後に後方と同様に路盤を作って行きます。
撤去する事を考慮して、スロープ下の枕として設けた残土入りの土のう袋がちゃんと機能してくれて良かったでした!


転圧作業も完了した所で、コンクリスペーサーを配置した上にメッシュ筋を配置しました。

転圧作業も完了した所で、コンクリートスペーサーを配置した上でメッシュ筋を配置。
枡蓋も汚れない様に養生シートを貼って、コンクリート打設作業の準備完了です!


翌日、いよいよコンクリート打設作業開始です。

そして翌日、いよいよコンクリート打設作業開始です。
今回は打設範囲がかなり広いので、建物で区切って2回に分けて作業を行います。
初日は建物横の駐車場箇所から作業を行いました。


駐車場箇所のコンクリート厚は10〜15cm厚。かなりの量の生コンクリートを流し込みます。

駐車場でのコンクリート厚は、人のみが乗るアプローチでの舗装厚である5cm〜7cmに対して倍近い10cm〜15cmとなります。
その為、流し込まれるコンクリート量もかなりの量となり、職方さん達も流し込み作業とコテでの均し作業であさイチからてんてこ舞いです。


同時に前側では、翌日の作業に備えてメッシュ筋の配置、枡蓋の養生、作業足場の設置を行いました。

同時に前側では、翌日の作業に備えてメッシュ筋の配置、各桝ふたの養生、作業足場の設置を行いました。
全面的にコンクリート舗装を施された姿を見るのが、とても楽しみになって来ますね♪
それではこの続きは、また次回のBlogにて御紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

徐々に暖かくなってきて、春の足音が聞こえてくるような今日この頃ですが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
2月は本当にあっという間に過ぎ去り、いよいよ3月に突入して参りました。
そして本日3月3日は”桃の節句”つまり”ひな祭り”ですね!
ひな祭りと聞くと、”女の子のお祭り”と云うイメージがあるのですが、起源を辿りますと決して女の子だけのものではない様です。
平安時代、旧暦の”上巳節(じょうしせつ)”にあたる3月最初の”巳の日”は季節の変わり目で体調を崩しやすい時期で、大病を患って命を無くしてしまう人も多かったようです。
そこで、紙や薬草で作った”ひとがた”で身体を撫で払って穢れを移し、その”ひとがた”を川や海に流して無病息災を願う宮中行事であった事が起源とされております。
(地方によって”流しびな”となっているのは、この行事の名残という事の様です。)
また同時期に宮中の子供の間では、人形を使って食事をとったりお祭りの情景を再現させた”ままごと”が流行り、その際の人形の事を”大きいものを小さくする”と云う意味の”雛”と云う言葉を用いて”ひな人形”と呼ばれるようになったようです。
そして時を経てそれらが合わさり、現在の様な”ひな祭り”になったのは江戸時代に入ってからとの事です。
”ひな人形”を毎年3月3日に飾る事で家族全体に穢れを人形が引き受け、この1年の家族の無病息災を祈るという意味があるとの事です。
また”ひな人形”は一生ものという事で、結婚して嫁いだ先においても、その家族を穢れから守ってくれるという事で”嫁入り道具”として用いられたのもこの頃からとの事です。
そういった意味からも、大人になっても是非3月3日には”ひな人形”を飾って、その年の無病息災を祈って見てはという事の様です。
当たり前の様に毎年やって来る様々な行事にも、歴史を遡ると先人の知恵や思いを感じさせられますね!
特に”コロナ禍”と云う疫病に見舞われている現在だからこそ、とても意味のある物なんかもしれませんね♪

さて、”花より団子”な私は、本日も美味しい物を求めてこんな所へ出掛けて参りました!


本日は八王子は暁町にありますラーメン店”めんくい亭”さんへ久々に伺いました。選んだメニューは”中華そば”に”煮たまご”トッピングです。

本日伺ったお店は、八王子は暁町にありますラーメン店”めんくい亭”さんです。
久々に伺いましたが、カウンター席は満席でご近所さんにホント愛されているお店だと感じさせられました。
待っていますと回転も早く、数分ですぐ席に着く事が出来ました!
本日選んだメニューは、”中華そば 並”に”煮たまご”トッピングです。
注文してから数分も経たないうちに直ぐに出て来まして、仕事中の人間には有難い限りです。
また煮たまごも、どんぶりの中ではなく小皿に別に乗せて出されて来ました。
どうやらトッピング具材をラーメンに載せて冷めてしまわない様にとの配慮の様です!
実際ラーメンはとても熱々で、”らーめんはこうでなくっちゃ!”とハフハフしながら食べるのがホント嬉しくなっちゃいます♪
ラーメンは”八王子ラーメンスタイル”に則った、醤油スープの表面にラード油が覆い、刻み玉ねぎとストレート麺と云う正統派なラーメンです。
味も煮干し系と動物系が上手くマッチしたバランスの良い味で、飽きのきにくいシンプルなラーメンです。
煮たまごもしっかりと出汁がしみ込んでいて、ラーメンとの相性もとても良かったです!
シンプルなラーメンに別皿で提供してくれるトッピング。載せて食べても良いし、単体で楽しんでも良いしこういうのも全然ありですね♪
駐車場も数台完備されていて寄り易いお店です。もしご興味がありましたら是非行って見て下さいね!

それでは本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


”日野市 W様邸”新築外構工事。前回のBlogにて、スクリーンフェンス等々の部材を設置している様子を御紹介しました!

新築外構工事案件の”日野市 W様邸”。
前回のBlogでは、スクリーンフェンスの設置等々の様子を御紹介しましたが、更に作業は順調に進んでいきまして・・・


門正面のスクリーンフェンスが出来上がり、門扉横の宅配ポストも設置作業を行い初めました。

門正面のタイルテラス前には、スクリーンフェンスが出来上がりました。
前回のBlogでは、格子パネル内へのポリカパネルを設置している様子をご覧頂きましたが、この通り全スパンに設置完了!
正面に見えていた窓やタイルテラス内は見事に目隠しする事が出来ました。
また、前回のBlogでもお話ししましたが、格子内の乳白色のパネルが、丁度”障子紙”の様な雰囲気を醸し出していて、とても良い雰囲気です♪
更に門扉横では、機能門柱に宅配ボックスの機能をプラスした”LIXIL スマート宅配ポスト”の設置を始めました。


宅配ポストのカラーは、スリットフェンスのカラーと同じマッドなホワイト&ブラックをお選びしました。

この宅配ポストには機能として、”表札””インターホン””ポスト””照明”の他に、”宅配ボックス”をプラスした多機能なものとなります。
またこの宅配ポストは、スマートフォンと連動させて照明の制御や宅配ボックスの開け閉め等も行える非常に高性能な物となります。
その代わり、その分配線等々は少々複雑でして、且つ宅配ポスト本体の重量もかなりあり、流石に職方さん一人だけでは少々厳しいようです。。
という事で、設置作業はエクステリア職方と電気職方のコラボレーションにて行いました。


そしてこちらが、設置完了した宅配ポストです。隣のスリットフェンスとの相性も良い感じですね♪

そしてこちらが、完成した宅配ポストです。
お色は、先述した通りスリットフェンスの色目と同じマッド調の”ホワイト&ブラック”にて、漆喰壁の様な雰囲気をイメージした物としました。
スリットフェンスとのマッチングも良い感じですね♪
またこの宅配ポスト、非常に多機能な商品なのですが見た目はとってもシンプルで、周りのデザインした雰囲気とも上手く溶け込め易く、プランナーとしてもとても使い易い部材です。
少々高価な物ではありますが、とてもおススメの宅配ポストですよ!


更に作業は進み。電気職方がフレームアーチ内へのダウンライト設置工事を始めました。

更に作業は進み、電気職方が黒いプレートに穴を開け始めました。
このプレートはアーチ下に設置されるカバー材なのですが、こちらに穴を開けてLEDダウンライトを設置する作業をしております。


ダウンライトは、アーチ柱下に設置したトランスユニットによって自動制御されます。

また設置するダウンライトは12Vの低電圧タイプ。
その為、消費電力は非常に少なく、且つ上の画像にあります”トランスユニット”に内蔵されている明るさセンサーとタイマーによって自動制御されます。
ランニングコストも抑え、且つスイッチもオートマチックとは本当に便利な照明です。


コチラは建物からの配線のやり取りを行う”ジャンクションボックス”。ここから、インターホン、照明、オーバードアへ配線を行います。

コチラは建物から各設備(インターホン・照明・オーバードア・宅配ポスト)へ配線のやり取りを行う”ジャンクションボックス”です。
ここから予め埋設しておきましたCB管を介して配線されます。
尚、建物基礎に白いボックスが設置されておりますが、これはオーバードア用のブレーカーを設置したボックスです。
オーバードアにて万が一漏電事故等が生じてしまった場合に、建物内の漏電遮断器が働く前に事前に電気をシャットダウンする事で、建物全体の停電を防ぐ安全装置です。
細かい事ではありますが、様々な演出等々を行っている裏にてこういった安全対策もしっかり行っていきます。


アーチには、ダウンライトが設置されました♪

少々見ずらいですが、アーチ下にはダウンライトが設置されました。
設置位置は、門横の特徴的なスリットフェンスを浮かび上がらせる様に配置しました。
宅配ポストも、表札灯、足元灯が内蔵されており、それと共にどの様に点灯するのかとても楽しみです♪
徐々にエクステリア設備も設置され、だんだん形が見えてきました!
更に作業はどんどん進んて参ります♪なんだかワクワクして来ますね!
それではこの続きは、また次回のBlogにて御紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。


≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | ... | 14 | 15 | 16 || 次のページへ≫

ホーム » 新築外構工事の施工情報

ブログカレンダー

<   2021-09   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
タグリスト
イゲタヤE&R

八王子
エクステリアオフィス

〒192-0071
東京都八王子市八日町
10-8
プレシス八王子レグリオ1F

TEL:042-686-0499
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
八王子市/日野市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
保護しております。