このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ » 新築外構工事の施工情報 » プランナーの現場最前線!! VOL.168 八王子市 S様邸新築外構工事五日目

プランナーの現場最前線!! VOL.168 八王子市 S様邸新築外構工事五日目

わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

いよいよ二月に入り、今日は”節分”ですね!なんだか一年経つのが本当に早く感じられます。
今年は”恵方巻き”に関しての話題が、良い事も悪い事も含めてメディアを賑わせておりますね。
節分に恵方巻きを食べる習慣と云うのは、元々関西地方を中心に行われていた風習らしく、2000年頃から大手コンビニチェーンを中心に大々的にPRされ、日本全国広まったとの事です。
私も節分と行って思い付く事と云えば、「鬼は〜外〜!福は〜内〜!!」と云う掛け声をして行う”豆まき”が直ぐに思い付きますし、実際に学校や家、更にはお店でも行っておりました。
しかし、太くて長い”恵方巻き”を毎年変わる”恵方”の方角に向いて無言で食べると云った事は、全く馴染がありません。。
(実際大阪の方でも、”恵方巻き”を行っていた家庭と云うのは少数だったとの様ですが。)
それがいつの間にか日本全国に知れ渡り、今では至る所で恵方巻きが食べられているのですから、大手コンビニの仕掛けた事とは云え、凄い物ですね。
このまま新たな”縁起物”として根付けばいいのですが、その一方でコンビニ加盟店における暗い裏側の部分も無視は出来ません。
せっかくの縁起物なのですから、これによって不幸を招いてしまっては元も子もないと思うのですが。。
なにわともあれ、Blogをご覧頂いている皆さまへ向けて、
「福は〜内〜!鬼は〜外〜!!」沢山の福が訪れます様に。

さて、本日も前回のBlogにて取り上げました施工案件の続きをご紹介致します。


八王子市 S様邸新築外構工事施工五日目。この日は、舗装工事を行う上での下地作りを行いました。

八王子市 S様邸、新築外構工事施工五日目。
先日ご紹介した段階で、両側の隣地境界におけるブロックフェンス工事が無事完了しました。
そしてこの日より、次の重要な工程となる”舗装工事”への工程となりました。


下地を作る上で、再度仕上げ高を確認して”墨出し”を行い、それに則って残土を削って行きました。

再度、仕上げ高を確認した上で”墨出し(実際の仕上げ高のラインを塀等に記す作業の事)”を行い、それに則って敷地内の残土を鋤取って行きました。
今回の作業ではこれだけの広い敷地となるため、”バックホー”と云う重機を使って土を掻き出して行くのですが、今回先にカーポートを組み付けた上でその作業を行ったため、カーポートと重機が接触しない様に気を使いながらのデリケートな作業。
かなり職方さん達の技術が伴う物となりました。
また今回の施工では、”オーバードア”の設置も絡むため、コンクリート舗装の仕上げ高との関係も考慮しながらと云う、かなり高度な施工技術が必要となります。
(もし適当に舗装を行ってしまいますと、オーバードアの開閉に支障が出てしまったり、車両の出入りに支障が出てしまうと云った恐れがあります。)


こちらはファサード部の様子。水道管・下水管等の配管が思いのほか浅いため、勾配の設定がかなり難しかったです。
こちらは駐車場側の様子。左右の高低差が若干あり、そこをどう滑らかに仕上げるかも重要なポイントでした。

また、上の写真は左右両サイドの様子ですが、この点でも幾つか考慮しなくてはならない点がありました。
まず左側の写真に出ている”ファサード部”。
こちらでは、水道管等の配管が思いのほか浅い位置にあるため、舗装の際の勾配の設定が非常に難しい物となってしまいました。
うっかりしますと、敷地内と道路側とでかなりの勾配を付けなくてはならない恐れが生じてしまいます。
そこで、職方さんと私とで、仕上がりに支障の無いギリギリの勾配を設定し、なんとかデザイン等を崩さずに舗装する仕上げ高を設定する事が出来ました。
また、右側の写真は駐車場側の物ですが、こちらでも仕上げ高を設定する上で左右の高低差がある事が判明。
急激なものとなりますと、先程お話した通りオーバードア設置の上で様々な支障が出てしまいます。
そこで、こちらも図面・オーバードアの設計図等を精査しながら支障の無い勾配を設定。
なんとかこのままコンクリート舗装を行えそうです。


こちらは玄関前のアプローチ部分。こちらもデザイン面・機能面を考慮しながら勾配・仕上げ高を設定しました。

そしてこちらは、玄関前のアプローチ設置部分の様子です。
こちらでも幾つかポイントがあり、一つは既存の枡とアプローチデザインとの位置関係をどう考慮して仕上げるか。
そしてもう一つは、舗装面に雨水が溜まらない様にどの様に勾配を設定するか。
この二つの点をしっかり考慮して下地作りを行わなくてはいけません。
この点も、職方さんと図面と実際の状態を精査し、方針を決めた上で作業を進めて行きました。


下地作りの工程は一見すると非常に地味な作業ですが、仕上がりが左右される最も重要な作業と云えます。

全体的に砕石も撒かれ、填圧してしっかりとした下地を作る事が出来ました。
この日に行った工程は、一見すると非常に地味な工程ではありますが、イメージ通りに仕上げる事が出来るかを左右される、最も重要な工程と云っても過言ではないと思います。
これから更に、どの様に完成に近づくかとっても楽しみになって来ますネ!
ではまた、この続きは次回Blogにてご紹介しようと思いますので、是非宜しくお願い致します。



ブログカレンダー

<   2017-02   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
RapidSSL_SEAL-90x50
本サイトでのお客様の個人情報はRapidSSLにより
保護しております。