このページのトップへ
ホーム » リ・ガーデン工事の施工情報
イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は気温も低く、雨が降ったり止んだりと云ったどんよりとした天気でしたね。
9月に入り急に秋めいてきましたが、今年はあまりにも暑さが酷かったのでこの涼しさはホッとしますね!
ちなみに週間天気予報によりますと、連休中は晴れないし曇りとなんとか天候がもってくれそうですが、気温も30℃近くまで上がる様なので、少々蒸し暑くなりそうですね。
さらに来週中頃にまた天気が下り坂になる様なのですが、それを超えると日中も25℃を下回る秋らしい陽気になる様です。
いよいよ秋本番となりそうですが、同時になんとかこれ以上大きな台風等の気象災害が起きない事を心から祈りたいものですね。。

さて今朝はとても涼しく、絶好のウォーキング日和でした!
今朝も南平の住宅街を抜けて高幡不動尊の裏山を散策していたのですが、こんな光景を目にする事が出来ました。


散策路内に赤い可愛らしいお花がいくつも咲いておりました!

散策路内に可愛らしい赤い花が沢山咲いていて、通り掛かる人の目を楽しませてくれています!
早朝の高幡不動でこんな綺麗な光景に出くわせるとホント幸せな気持ちになりますネ。


近づくとこんな赤い花が姿を見せてくれます。さてこの花は??

お花に近づいてみますと、こんな可憐な姿を見せてくれます。
下から茎がニョキニョキっと出ていて、その先に幾つか赤い花が咲いており、とても独特な姿ですね。
さてこの花、なんてお花なんでしょう?
早速調べてみた所、”曼珠沙華(マンジュシャゲ)”と云うお花だそうです。学名は”リコリス・ラジアータ”、一般的には”彼岸花”として知られているお花との事です。
ヒガンバナ科、ヒガンバナ属の多年性球根植物で、まさに9月中旬のお彼岸の時期に咲くお花との事です。
花言葉は”情熱””独立””再会””転生”
丁度この散策路を下っていきますと、高幡不動の墓地があるのですが、お彼岸・そしてこの花言葉、何か深い繋がりを感じさせられますね。
このヒガンバナは、散策路のいろいろな所で目にする事ができ、とても可愛らしい姿を見せてくれます!
もしご興味がありましたら、一度高幡不動尊へ散策に出掛けてみても良いかもしれませんね。

さて本日も前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


八王子市 K様邸ガーデンルームプラン工事。先日から行っておりますブロック積み工事。着々と進捗中です!

八王子市 K様邸ガーデンルームプラン工事。
前回のBlogでご紹介しましたブロック積み工事も、お陰様で順調に進んでおります!
さて、パッと見では分かりずらいですが、実はルーム前に急遽設置されたものがあります。


急遽設置された物。それは白い鳥居状のアルミゲートです。

それは、ルームと同じアルミ素材で造作しました鳥居状の”アルミゲート”です。
実は施工中にお客様から
「ルーム前にシェードないし庇のようなものって設置可能でしょうか?」
と云うお声に応えて設置した物でした。


コチラはシェードを設置したイメージ。こうすればルーム前のタイルテラス空間も有効活用できます!

上の画像は、お客様のお声にお応えしてお造りしたイメージです。
シェードを設置すれば、確かにルーム前に設けたタイルテラス空間を有効活用する事ができます。
ただし、シェードを直接ルームのフレームに設置するのは構造上不可能なので、ルームの横梁の高さに合わせて、鳥居状にアルミ角柱を組んでアルミゲートを設ける方法を考案しました。
これにより、後程お客様の方でお好みのシェードを設置する事が可能となります!


ただし、設置には少々難儀な所もありました。雨樋の配管、通風口、既設の電気ケーブル・・・etc。設置箇所がまさに集中している個所だったのです。

代わりに現場サイドでは設置に関して少々難儀となってしまった所もありました。
上の写真がその箇所で、柱を設置する箇所に雨樋配管・通風口・既設の電気ケーブル等が丁度集中している個所だったのです。
また、ルームへのステップ等も関わるデリケートな場所だったもので、設置位置には細心の注意を払いました。
丁度その際に、ブロック職方・タイル職方・エクステリア職方と揃っていたため、全員で知恵を出し合って何とか設置位置を割り出し、それに合わせてステップ幅等の最適化を行ったお陰で設置する事が出来ました。
”3人集まれば文殊の知恵”と云うことわざは伊達じゃありませんね(笑)


さて、タイルポーチへの施工に入る前にしなくてはならない大切な事がありました。

さて、いよいよタイルテラスの施工に取り掛かるのですが、ここで忘れてはならない事がありました。
施工箇所にあたる、ワンちゃんのお墓の移設の件です。
早速お客様立会いの下、作業を開始しました。
まずお墓にお神酒を差し上げ、更に盛り塩をしてワンちゃんの御霊が鎮まる様手を合わせて拝みました。


お墓を移す位置を、お客様とご相談の上で既存タイルテラスの一部開いた箇所に決めました。そちらにもお神酒と盛り塩にてお清めをしました。

そしてお墓を移す位置をお客様とご相談し、既存のタイルテラスに丁度ワンポイントで開いている位置があったので、そこへ移すことになりました。
その移設箇所にもお神酒と盛り塩にてお清めさせてもらいました。


早速新しいお墓の位置にて穴を掘り、骨壺を入れる準備をしました。

そしていよいよ移動作業を執り行いました。
まずお墓から骨壺を掘り出し、その大きさに合わせて新たに設けるお墓の位置にて骨壺が入る様に土を掘り出します。


骨壺を穴に入れて埋め戻した後、土を均して防草シートを敷き直しました。

骨壺を穴に入れて埋め戻した後、土を均して防草シートを敷き直します。


お墓にあった化粧砂利・ビー玉・平板・ネームの入ったレンガを使い、新たに設えます。

防草シートの上に白い珪砂を敷き込んで均し、お墓にあった化粧砂利・肉球模様の平板・ネームの入ったレンガを設え直しました。


そして仕上げに砂利等を水で洗い流して完成。移動後はお線香を備えて再度供養しました。

最後に砂利や平板を再度水で洗い流して仕上げて完成です。
お客様と共にお線香を備えて手を合わせ、これからの工事の無事を祈って拝みました。
先代の植栽を移植ないし伐採したりと云った植樹に関しての供養は経験がありましたが、今回のワンちゃんのお墓の移設は初めてで、とても良い経験をさせて頂きました。
お客様もお喜び頂け、本当に良かったでした。
さて、更に工事は進んでいきますが、この続きはまた次回のBlogでご紹介しようと思います。
是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は3連休最終日ですが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
日中は30℃以上の夏の陽気が復活と云った感じでしたが、夕方に突然降り始めたスコールのような夕立が止むと一気に涼しくなりましたね。
さて本日17日は”敬老の日”です。皆さまの中にも、お子様と一緒にお爺様・お婆様をお祝いした方も多いのではないでしょうか?
私もお客様宅へお伺いしている途中、公園でお爺さん・お婆さんとお孫さんが楽しそうに遊んでいる光景を目にして、とってもほのぼのした気持ちになりました!
私も小さい頃、お爺ちゃんやお婆ちゃんに可愛がってもらった事が懐かしく思い出します。
当時はいつまでもお爺ちゃんお婆ちゃんと元気に過ごせるものと思った物ですが、今にして思えば本当に貴重な時間だったと思う物ですね。
ちなみに今では、自分の両親が敬老の日の対象になっていて、”まだそんな自覚がない”なんて話していた両親の言葉が思い出します(笑)
永遠とは行かないまでも、いつまでも長生きして欲しいものだと思いますね。
さて、本日はこんなものを食べに行って参りました!


本日は、八王子は戸吹にあります”鍾庵”さんへ伺いました。ここは八王子にいながら本格的な”静岡めし”が食べられるお店なんです!

本日は八王子は戸吹町にあります”鍾庵”さんへ久しぶりに伺いました!
ここは、八王子にいながら本格的な”静岡めし”が食べられるお店なんです。
さて本日チョイスしたメニューは、”桜エビ天ぷらと冷やしおろしそば”です。
桜エビって言うと、私たちはついついお好み焼きなどに入っているおまけの様な小さなエビのイメージが強くあるのですが、実際の桜エビって親指の第一関節ぐらいある大きなものなのです。
それをかきあげにしたものは、サクサクっとした食感と、とっても甘みの濃いエビが良い感じに合い、とても旨いんです!
さらに、シャキッとした冷やしぶっかけそばにおろしと万能ネギを載せたお蕎麦は、喉越しも良くスルスルっとお腹に入っていきます。
そんなお蕎麦と桜エビの天ぷらの組み合わせ、まさに”美味”の一言に尽きます!
あと、”静岡めし”で忘れてはならないのは・・・


”静岡めし”の定番と云えば、この真っ黒い”静岡おでん”です!青のりと魚粉をたっぷりかけて頂きます。

この真っ黒い”静岡おでん”です!
今回は静岡おでんの代表格と云っても良い”黒はんぺん”と真っ黒い”大根”をチョイス。
真っ黒なお出汁を入れて、青のり・魚粉を掛け、お好みで八丁味噌を付ければオッケー!
見た目、とってもしょっぱそうな感じに見えますが、食べてみますと魚の旨味がとっても活きている見た目とは裏腹なマイルドな味わいなのです。
中々東京では食べられないこの”静岡おでん”、一度食べてみる価値はあると思いますよ!
場所は滝山街道の戸吹町交差点にある”ファミリーマート”さんのすぐ隣です。駐車場もあり、中にはテーブル席もあるのでご家族連れでも安心して食べに行けます。
もしご興味がありましたら、是非お出掛けになって見て下さいね!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


八王子市 K様邸ガーデンルームプラン工事。前回のBlogでは腰壁のブロック積みと配管工事の様子を御紹介しました。

八王子市 K様邸ガーデンルームプラン工事。
前回のBlogでは、L字型の腰壁のベースとなるブロック積み工事の様子と、ルーム内への配管工事の様子を御紹介致しました。
さて今回は、どの様な箇所の作業を進めるのでしょうか。


今回は、玄関側におけるタイルテラスと再構築する玄関ポーチへの施工を行います。写真は、タイル職方とブロック職方が仕上げ高等に関して話し合っております。

この日は、玄関側のタイルテラスを作る為のブロック積み工事を始めました。
まず、今回の施工に携わるブロック職方とタイル職方とで仕上げ高・通気口の位置・段鼻の設置位置等を話し合っております。
当社では違う職種の職方がこうして打ち合わせしている所は当たり前の様に行っておりますが、実は前のBlogでもお話しした通り”縦割り”が基本のこの業界、こういった光景は中々珍しい光景とも呼べます。
ある意味、こういった”横の連携”で作業を行える所も当社の強みと云えるかもしれませんね!


方針が決まり、いよいよ作業開始です。まず、ガーデンルーム入り口側のブロックが積まれました。

職方同士での打ち合わせも終えて方針が決まった所で、作業開始。
まずはガーデンルーム入り口側のブロック積みから始めていきます。
適宜鉄筋を配置し、打ち合わせで割り出した仕上げ高に則ってブロック積みの高さを設定。
設定した赤い水糸の高さに合わせてブロックをさらに積んでいきます。


建物基礎内の通気を確保するために、”通気口”を設けます。その通気口上には、この”テラス用グレーチング”を用いて塞ぎます。

タイル床を作る上で今回忘れてはならない事は、建物基礎の通気を確保するための”通気口”を設ける事です。
ちなみに、最近の住宅で主流となっております”ベタ基礎工法(基礎全体を鉄筋コンクリートで構成し強固にする工法)”の場合、基礎内の通気弁がどこにあるかご存知ですか?
昔の建物で主流だった”布基礎工法(壁や柱下側のみにコンクリート基礎を設ける工法)”では、”縁の下”が覗ける通気口が数か所に渡って見る事が出来たと思われます。
それに対して、今回の様な”ベタ基礎工法”の場合、通気口は基礎と上部サイディングの間に設けております白いアルミ製の縁(これを”水切り”と呼びます)、この内部に弁が巡らしておりましてそこから通気を行っております。
つまり、今回の様にタイル床をサッシ下に設けようとした場合、水切りまでもタイル床で塞いでしまいますと、基礎内の通気を著しく悪化させてしまい、面している部屋が常に湿気っている状態になってしまったり、最悪建物を傷める恐れが出てしまいます。
そのような事を防ぐため、建物とタイル床との間に約10cm強の間隔を空けて”通気口”を設けます。
しかし、通気口を設ければその上をどの様に塞ぐかが問題となってしまいます。
そこで今回採用したのが、上の写真の”テラス用グレーチング”です。
タイル床側からステンレス製の腕を設置し、その腕にFRP製のグレーチングを載せて塞ぎます。もちろん取り外しも簡単に行えます。


木調のスクリーンフェンスが設けてある箇所にも、ブロックを積んでいきます。

ブロック積み作業は黙々と進み、左側面の木調スクリーンフェンス側にもブロックを積んでいきます。
ちなみに一番奥側に関しては、既存のブロックがK様所有の物となる為、そのまま活かしていきます。


建物側にもブロックが積まれ、同時に通気口も整備されました。

さらに工程は進み、ルーム内の建物側にもブロックが積まれました。
同時に先程ご説明しました通気口に関しても、同時に整備されました。


通気口を利用して、様々な既存のケーブル・電気配線等を通します。

また、この通気口を利用しまして建物からのケーブルや電気配線等の通り道にも利用します。
さらにこれから設置しようと予定されておりますエアコンの配管もこの通気口を利用して行います。
まさにルーム内の”ライフライン”と云っても良いかもしれませんね。

さて、作業は着々と進んでおります。さらにここからどの様に変化してくるのかとっても楽しみになって来ますね!
それではこの続きは、また次回のBlogにてご紹介しますので、是非宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は朝から降ったり止んだりとはっきりしない陽気でしたね。
気温も23℃と、10月上旬ぐらいの陽気。さらに秋めいたひんやりとした一日でした。
驚いたのが、本日の東京地方の気温が札幌の気温より低かったこと。
記録的な猛暑が連日続いていた先月に比べ、9月に入ってから急激に気温が下がり、あまりにも極端な変わり方ですね。。
ちなみにこういった急激な気温の変化や気圧の変化により、頭痛や肩こり、関節痛等を引き起こすことが昨今云われております。
総称して”気象病”と呼ばれているそうです。
確かに私も、台風か近づいてくる時や急激な天候の変化の際に、急に片側だけ頭痛になったりしつこい肩こりにに悩まされたりと色々起こります。
今日のような陽気の時も、こういった症状に悩まされたりする時があるのです。。
皆さまも私と同じような症状をお持ちの方がいらっしゃると思いますが、くれぐれも体調管理には気を付けて無理なく健康に過ごせるようにしましょうね!

さて本日も、そんなどんよりした天気を吹き飛ばせるように美味しいお昼ご飯を求めて出掛けて参りました(笑)


本日のお昼は、八王子は石川工業団地にあります”レストラン ひこち”さんへ。時折日替わり定食にでますこの”あんかけ焼きそば定食”、とっても美味しいのです!

本日のお昼は、八王子は石川工業団地にあります定食屋さん”レストラン ひこち”さんへ行って参りました。
相変わらず周りの工場や物流倉庫で働いている方、タクシーの運転手さん等で賑わっている店内は差し詰め”工業団地内のオアシス”と云った感じです!
さてさて本日選んだメニューは、時折定食メニューとして出ますA定食の”あんかけ焼きそば定食”です。
(ちなみにB定食は”ロースカツ定食”。これも捨てがたいのですが・・・(笑))
少し濃いめの味付けとなっている五目あんかけは、タケノコ・ピーマン・長ネギ等シャキシャキした食感が楽しめ、ご飯のおかずにピッタリな感じです。
また、焼きそばもムッチリした中に香ばしさが加わった麺であんかけと良く絡み、これまたとっても旨いのです!
あんかけ焼きそばだけでも立派なメニューとして出せるものを、更に定食にしてしまうなんとも贅沢なこのメニュー。
お昼ご飯時にチョットした贅沢を味わったような感じでした(笑)
もし行かれた事がなければ、是非行って見て下さいね。何を頼んでも本当に美味しいですよ!

さて本日も、前回のBlogの続きをお話ししようと思います。


八王子市 K様邸ガーデンルームプラン工事。ガーデンルームの骨組みがほぼ出来上がり、この日から違う工程が始まります。

八王子市 K様邸ガーデンルームプラン工事。
前回のBlogにて、ガーデンルームの骨組み工程までの様子を御紹介致しました。
いよいよこの日から、新たな工程が始まります。


新たな工程とは”腰壁ブロック積み工事”です。まずはブロック積みで重要な”ブロックベース作り”からです。

その新しい工程は、奥側にL字状に作られます腰壁の製作工程です。
まず腰壁の元となりますコンクリートブロックを立てるために、ブロック基礎工事を行います。
ベースの一番下となる箇所は、シャベルで溝を掘った上で砕石を敷き詰め、適宜鉄筋を組んでいきます。


鉄筋を組み終えますと、今度は砕石を敷いた溝にコンクリートを流し込み、ブロックベースが完成します。

鉄筋が組まれますと、次に砕石を敷いたベースにコンクリートを流し込み、ブロックベースを完成させます。


そしていよいよブロックを積み始め、この通り腰壁のベースとなるブロック積みが完了しました。

ブロックベースが完成した所でいよいよブロック積みを行い、この通りL字に積まれました。
ブロックでルームを囲いますと、施工前とは大分雰囲気が変わって来ますね。
ちなみにブロック内に管が組み込まれておりますが、これはコンセントを設置するための電気配管です。


更に工程は進み、水道職方による給排水配管工事も行いました。

更に工程は進み、水道職方が再登場してルーム内の給排水配管工事を行いました。
床の仕上がり高、ガーデンシンク等の設置位置を考慮して、管を設置していきます。
こうして見ますと、エクステリア工事と云うよりも建物の増築工事に見える様な感じですね(笑)

だんだんとガーデンルームの形が見えてきて、とっても楽しくなりますね!
ここから更にどの様に変化するのか、とっても楽しみになって参ります。
さてこの続きは、また次回のBlogにてご紹介しようと思いますので、是非次回もお見逃しなく宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は日中、相変わらず蒸し暑い陽気に見舞われましたが、雨が降り始めてからは一変して涼しくなってきましたね。
天気予報によりますと、丁度秋雨前線が通過しているとの事で、明日になりますと日中でも25℃と一気に気温が下がってくるようです。
さらに日を追っていきますと最低気温が20℃を下回る日も多くなってくるようで、一気に秋がやって来る感じですね、
涼しくなるのは本当に有難いですが、急激な気温の変化は体調を崩す元となってしまいます。
また今年の夏は非常に暑い日が続き、それによる疲労が多く溜まっている方も多いと思います。
くれぐれも羽織るものを用意して、風邪等体調を崩さない様にお気を付け下さいね。

さて、今日も元気に美味しいお昼ご飯を求めてこんなものを食べて参りました!


本日のお昼も、前回に引き続き刻み玉ねぎの乗っかった八王子ラーメンをという事で、八王子は暁町にある”めんくい亭”さんに伺いました!

本日伺いましたお店は、八王子は暁町にある”めんくい亭”さんへ久々に伺いました。
今回注文したメニューは、単純な”中華そば”の大です。
八王子ラーメンは、中太麺・刻み玉ねぎ・ラード油の浮いた醤油スープといたってオードソックスなラーメンです。
しかしスープに関しては、各お店毎でそれぞれとても特徴的な物を作られております。
特にスープに関しては、見た目とは裏腹に動物系・魚介系とそれぞれのお店で明確な違いがあり、奥深いものを感じさせられます(笑)
ちなみに私、こちらのお店に来ると必ず入れるのが”おろしにんにく”です!
おろしにんにくは、八王子ラーメンのお店では置いている所が少ないのですが、これをチョット入れるだけで非常に風味豊かなパンチのある味に生まれ変わるのです。
特にチャーシューとの相性は抜群で、チャーシュートッピングをされる方にはおろしにんにくはとてもおススメです!
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね。駐車場もあって寄りやすいお店です。

さて本日も、前回のBlogの続きをお話ししようと思います。


八王子市 K様邸ガーデンルームプラン工事。前回の状態から順調に工程が進んでおります!

八王子市 K様邸ガーデンルームプラン工事。
工事はお陰様で順調に進み、ガーデンルームの骨組みの大分出来上がってきました!


前回移設した雨樋の下には、既存ポーチを一部壊した上で配管を通しました。

前回移設した雨樋の下側には、既存の玄関ポーチを一部壊した上で配管を通し、アプローチ側に新たに設けた雨水浸透桝に接続しました。
同時にガーデンルーム設置箇所にあった雨水浸透桝は撤去した後に埋め戻しました。


この日は雨模様だったのですが、大きな屋根を先行した掛けたお陰で、滞りなく作業を進める事が出来ました!

この日は雨模様の中での施工だったのですが、先行して設置した屋根のお陰で、滞りなく作業を進める事が出来ました!
ちなみに今回選んでおります屋根材はポリカーボネート製のクリアタイプなのですが、面積の大きな屋根においてのメンテナンス性を考慮しまして、自浄作用のある特殊加工を施した”アクアシャイン”と云う屋根材をお選びしました。
実は数日前、設置した屋根の上に鳥のふんが数か所付いていたのですが、この日の雨のお陰で作業終了ぐらいには綺麗に洗い流されていました。
”アクラシャイン”の効果は抜群です。


入り口側に設置された銀色の横梁は、折戸パネルのレールとなる箇所です。

ガーデンルームの入り口箇所には銀色の横梁が入りました。
これがルーム内と玄関前とを仕切る折戸パネルのレールのベースとなります。
折戸パネルはアルミとガラスの複合材で、一枚当たり中々の重量となります。そのため、開閉している内に少しでも歪等が発生してしまいますと開閉不良の原因となってしまいます。
今回のプランにおいて最も重要な箇所です。


ルーム奥側の様子。エアコン配管は、ルーム下側に通気口を設け、そこから外部へ出す様にしました。

こちらはガーデンルーム奥側の様子です。
こちら側は入り口側とは構造が変わり、ブロック積みにて腰壁を設けるため、下側に梁等は設けません。
代わりに建物基礎箇所の通風を確保するために、建物からおよそ10cm強程空けて通風口を設けるようにします。
ウッドデッキの場合でしたら、下側は空洞となる為考えなくても良いのですが、今回は”タイルテラス仕様”となる為、しっかりと考慮しなくてはなりません。
また、その通風口を利用して、エアコン配管やその他ケーブル等を通す様にします。


この箇所か腰壁がL字型につながるコーナー箇所です。

この箇所は、腰壁がL字型に繋がるコーナー箇所です。
腰壁の高さは、柱に設置されているひだ状の金具の天端ぐらいになります。
また、上部に設置されている梁は、腰壁上の折戸パネルを支える梁なのですが、これから控えておりますブロック積みの作業効率を考え、少々上の所にて仮止めをしております。


作業を終えようとした午後には天気も回復しました。作業は順調に進んでおります!

午後には天候も回復し、ルーム内に陽の光がさしてきました!
先程ご説明しました入り口側の梁上部には、白い折戸パネルのレールも設置されました。
さらに上部の梁には化粧パネルも設置され、段々とカタチになってきました。
更にここからどの様に変化してくるのかとっても楽しみになってきます。

ではこのBlogの続きは、また次回にてお話ししようと思います。
是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今週は日本中が自然災害の脅威を思い知らされた1週間でしたね。。
今週半ばは台風21号による大きな影響を受け、関西地区、取分け大阪や兵庫にて暴風による信じられない様な光景を目にしました。
特に現在は、スマホやSNSの普及で誰もが衝撃的な映像を納める事ができ、ツイッター等で生々しい光景を目にした方も多いのではと思います。
20トントラックが橋の上で風にあおられて横転し、さらにその横で軽自動車がおもちゃの様に転がって橋から転落する映像。
マンション上に設置してある物置きが風にあおられて転落する映像、屋根材が吹き飛ばされ、撮影していたマンションの窓に突撃する映像などなど。。
今も台風被害からの復旧作業に追われて大変な方々か多いと思われます。
そんな矢先、今度は北海道の内陸で震度7という大きな地震に見舞われ、大規模な土砂崩れや液状化による変わり果てた街の姿、更に北海道全土が長時間による停電やライフラインのストップ。。
そのような惨状を映像として見ていて、とても他人事とは思えない気持ちになりました。
私も今から17年前の丁度この時期に、沖縄の慶良間と云う所へ旅行に行っていたのですが、その矢先に台湾の方へ向かっていた台風が事もあろうに沖縄に戻り、更に停滞して旅行期間中の4日間ずっと避難生活を余儀なくされた事がありました。
沖縄の小さな離島で、最大瞬間風速70mと云う恐ろしい暴風を目の当たりにし、滞在していた宿はかなりの被害を被ってしまいました。
屋外では車が転倒していたり、各家庭で用意している給水タンクが倒れていたり、電柱が倒れていたりと非常に酷い光景を目の当たりにしました。
また離島の為、食料もままならない状況に陥り、電気は4日間ずっと止まったまま。
その際唯一の救いだったのは、プロパンガスでガスが使えた事と、各家庭で設けていた井戸水が使用できた事、そして何より現地にいた人と人との助け合いの気持ちでした。
そして逆に一番困ったことは、”情報力不足”による不安がありました。。
当時情報源として使えたものは、携帯電話からの拙いニュース情報とラジオからの情報。
その為中々確固たる情報が掴みづらく、更に悪いことに9.11のアメリカ同時多発テロと日にちが重なってしまった事もあり、島内で様々なデマが駆け巡っていたことを思い出されます。。
今、被災されている方もSNS等からの心無いデマで不安になられている方も多いと思われますが、是非慌てず冷静に対処して行動して貰えればと思います。
今朝もラジオ等でデマとなる情報の特徴をあげており、”非常に重大な事象”を”〜らしい”と云う曖昧な表現で投稿し、”拡散希望”と云う言葉を冒頭に入れて善意ある人々に投げかけている場合が多いとの事です。
私たちもいつ何時、自然災害と向き合う事になるか分かりませんが、是非こういった事を教訓にして備えられる様にしましょう!
そして何より、被害にあわれた地域の方々へのお見舞いと共に、一日も早い復興が出来ますように心からお祈り申し上げます。

さて、気持ちを切り替えて本日より前回ご紹介しました案件の施工の様子をお話ししようと思います。


八王子市 K様邸ガーデンルームプラン工事。まずは施工前にメーカー・職方・私とで図面を照らし合いながら施工前の打ち合わせを行いました。

八王子市 K様邸ガーデンルームプラン工事。
まず施工に入る前日に、メーカー・職方・私プランナーとで施工前の打ち合わせを行いました。
伺いますと、ご主人様がお庭にあったものを整理して頂いたお陰で、大分すっきりした感じになっておりました!


今回の施工は様々な工事か絡む複雑な物となるため、綿密な段取りと各職方同士の連携が重要となります。

今回の施工では、様々な要素が複雑に入り混じったかなり難易度の高い施工となります。
建物の構造・ガーデンルームの墨出し(正確な設置位置を出す事)、床の高さ、水道の給排管の位置、電気配管・・・などなど。。
それらを踏まえ、どの様な順番で施工を行うのか?そして効率良く正確に施工を行う為にどう職方さん同士を連携させるのか?
と云った、段取りやコラボレーションが今回の施工での重要なポイントとなります。
という事で、施工に入る前に現場にて綿密にそういった事を打ち合わせていきました。
また今回打ち合わせに来れなかった職方さん達には、LINE等のモバイルツールを駆使して綿密に情報のやり取りが出来るように工夫しました!
基本施工現場では、各職方が個別に施工を担当しなるべく他の職方さんと干渉しない様にする”縦割り”が一般的なのですが、今回はその常識を覆してチームとして連携を強化すると云う、当社としても初の試み!俄然、プランナーとして力が入ります!!


翌日よりいよいよ施工開始です!まず初めに、設置箇所に干渉する雨樋の移設を行いました。

そしていよいよ施工開始!
まず最初の作業は、設置箇所に干渉する雨樋の移設工事です。
ちなみに今回、雨樋移設の施工を担当するのは塗装職方です。
”塗装職方”と云うと、外壁等の塗装のみと思われる方も多いと思いますが、実は雨樋や屋根修繕、建物の防水工事等も請け負っている”建物周りのエキスパート”なのです!


予め既存の雨樋のメーカーや口径、カラーを調べ、同じものを用意した上で新たに設置し直します。

既存の雨樋のメーカー、口径サイズ、カラーを調べて置いた上で部材を準備し、一度樋を撤去した上で新たに設置し直します。
今回の雨樋は、比較的流通性の高い部材であったため、問題なく用意する事が出来ましたが、ハウスメーカーによっては、そのメーカー独自の規格品を使用している事もある為、注意が必要です。


雨樋が移設されますと、いよいよ設置施工開始です。

雨樋が移設されますと、いよいよ本格的に設置施工開始です。


門側では、水道職方とタイル職方がコラボレーションで配管工事を行っております。

門側では、水道職方とタイル職方がコラボレーションにて配管工事を行っております。
既存タイル及びベースコンクリートの撤去工事に関しては、タイルの専門家であるタイル職方が担当し、配管が露出してきた所で水道職方が作業に入ります。
タイルの一部撤去は、ひびの入り易い素材の為、かなり慎重を期して行っていきます。


タイルとベースコンクリートが撤去し終えた様子です。各配管がむき出しになっております。

そして撤去作業が終え、配管がむき出しになった所です。
立てに伸びている菅は”汚水管”、オレンジ色の2本の管はインターホンや電気配線の管です。
今回の場合、この”汚水管”の途中に分岐管を設置して、ルーム内からの排水管に接続する様にします。


一方建物側では、ガーデンルームの骨組み工事を行っております。写真は、建物外壁に固定に必要な”ブラケット部材”を設置している様子です。

一方建物側では、ガーデンルームの骨組み設置工事が始まりました。
写真は建物に固定用のブラケット部材を設置している様子です。
今回の建物構造は木造による在来工法のため、建物内に入っている梁に直接ボルト固定を行う事が出来ます。
また、窓とベランダとの間のクリアランスも非常に余裕がある為、設置する上では中々ない好条件と云えます!
さて、ここから更にどの様に作業が進んでいくのでしょうか?
この続きは、また次回のBlogにてご紹介しようと思います。
是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は台風21号の影響で一日荒天となってしまいましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
先月は毎週のように台風が発生しては日本に接近し、その数今回の21号を含めて9個も発生したとの事。
ちなみに例年の8月の台風発生数は5個前後との事なので、いかに今年が台風の当たり年かが良く分かります。。
そしてその発生個数が多い原因が、南側の海の海水温が非常に高いという事です。
今年は連日35℃を超える酷暑に見舞われ、地球温暖化の影響をとても強く感じられましたが、更にその温暖化がもたらすものの一つがこの”台風”なのですね。
いずれにせよ、今回の台風は西日本を縦断して日本海へ抜けるルートとなるようですが、離れている関東地方も大雨等の大きな影響がもたらされるとの事。
皆さま、お気をつけてお過ごしくださいね。

さて、こんな荒天時も私プランナーは図面を書いたりと様々なお仕事に励んでおりました!
そして当然、お昼にはお腹もすいてくるワケで(笑)
という事で、大雨の中本日はこんなものを食べに行って参りました!


本日は八王子は高倉町にあるラーメン屋”十八製麺”さんへ。ここのお店で私一番のお気に入り”塩ラーメン”をオーダーしました。

本日のお昼は八王子は高倉町、日野バイパス沿いにありますラーメン屋”十八製麺”さんへ。
ここのお店、丁寧な接客や真面目なラーメン作りへの姿勢が見えるのか沢山の常連さんが付いておりまして、土日ともなりますと必ず満席になっております。
私もここのお店の丁寧な接客が好きで、高倉町方面に行くと高い確率で寄っているお気に入りのお店です。
さて本日は、ココのお店で私が一番お気に入りのメニューである”塩ラーメン”をオーダー。
相変わらず丁寧に出汁を取った綺麗なスープにシコシコの自家製麺、独特の形をしたシナチクが良い食感でとても美味しいです!
また嬉しいのが、どのメニューを頼んでも炊き込みご飯と中華風の漬物がサービスされるのです。
味も優しく、ボリュームもあってコスパの良いメニューです!
クルマも近くのゲームセンターさんの駐車場に止める事ができ、テーブル席も多くあるのでご家族連れのお客様も安心して来れる貴重なラーメン屋さんです。
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね!

さて本日より、新しい案件の施工の様子を御紹介しようと思います。
今回も前回に引き続きまして”リガーデン案件”となります。


今回ご紹介します案件は、八王子市在住のK様邸です。お庭内は、お客様が一生懸命ガーデニングをされていたのが良く分かりますが・・・

今回ご紹介致します案件は、八王子市在住のK様邸です。
始めてご訪問した際は、ご主人様が人工芝・ユニットタイル・枕木等々を使って一生懸命ガーデニングをされていたのが良く分かります。
しかし、色々と拘っていく内に段々と整理がつかなくなってきてしまったとの事です。。


玄関手前側にはタイルテラスがあり、ワンちゃんを洗う為のシャワー水栓も設置されております。

こちらは玄関手前側の様子です。
手前側には人工木デッキとタイルテラスが設置されており、タイルテラス内にはワンちゃんを洗う為のシャワー水栓も設置されております。


また一角には枕木やレンガ等でご主人がDIYした坪庭があり、その脇にアルファベットのタイルで名前の入った箇所があります。ここは・・・

またお庭の一角には、枕木やレンガ等でご主人様がDIYしました坪庭があります。
実はその左隅の所にアルファベット文字が入ったレンガにて設えてある箇所があります。
実はこの箇所、以前飼われていたワンちゃんのお墓として設えたとの事でした。
丁度黒い化粧砂利で設えられた箇所の土中に、そのワンちゃんの骨壺が入っているとの事でした。
可愛らしい肉球をあしらった丸い平板等、ご主人のワンちゃん愛がとても良く感じられました。

さて今回、お客様からご相談いただいた事はズバリ”ワンちゃんと過ごせる広々としたガーデンルームが欲しい!”と云う事です。
また設置に対して、幾つかのご要望を頂きました。それは次の通りです。

―估りは玄関側のみで、その他は腰壁で囲って欲しい。
⊂欧魯妊奪ではなくタイルにして、玄関や門へのアクセスがし易い様に考慮して欲しい。
ガーデンルーム内にシンクや幾つかの家電が設置出来る様に配線・配管を考えて欲しい。
ぅ襦璽犲りのライティングを提案して欲しい。
ゴ存物の撤去の際、ワンちゃんのお墓の移設を考慮して欲しい。

と云ったご要望を頂きました。
そこで今回は、メーカー・エクステリア職方・ブロック職方・タイル職方・水道職方・電気職方と云った正に”TEAMイゲタヤE&R”として細かい打ち合わせを重ね、次の様なご提案をさせて頂きました。


今回お選びしたガーデンルームはLIXIL”NEW暖蘭物語”です。サイズは横幅2間×出幅10尺と云う非常に大きなタイプです。

今回お選びさせて頂きました商品は、発売から何十年も実績のあるLIXILの最高峰ガーデンルーム”NEW暖蘭物語”です。
とても重厚なデザインで且つ、ルーム内の気密性が非常に高いガーデンルームです。
サイズはお客様からの”可能な限りでのサイズで”と云うご要望にお応えしまして、横幅2間×出幅10尺と云う広大な物をお選びしました。
またカラーは、明るめの色目でとのご要望から”アイボリーホワイト”をご選択し、折戸パネルには装飾格子付きの物をお選びしました。
床タイルは、既存のタイルテラスのデザインを踏襲して白基調の中に黒のラインを施した物をご提案。
玄関ポーチと一体化させることで、住宅内へもガーデンルーム内へもアクセスしやすい様に考慮してあります。


開口は玄関側のみで、それ以外は腰壁で囲った”L字腰壁タイプ”を選択しました。
腰壁にはナチュラルな雰囲気漂う細割タイルを選択。腰壁上のパネルは折戸パネルにより開閉も可能です。

折戸パネルを左側のイメージの様に開けますと、腰壁がL字型に囲まれた空間が出て来ます。
腰壁はコンクリートブロックにて積んだ後、ナチュラルテイスト溢れる細割タイルにて化粧を施します。
全開口タイプのガーデンルームとはまた一味違う、重厚な雰囲気が漂います。
ちなみに腰壁上のパネルは折戸パネルとなっており、もちろん開口可能です。
更に開口箇所には収納網戸も設置されるため、パネルを全開しても虫の侵入を防ぎます。


広大なルーム内はまさに”リビングルーム”!お客様のご要望で、ルーム内にはガーデンシンクを始め、製氷機・ドラム型洗濯機が設置出来る様に配管・配線計画を行います。

こちらはルーム内のイメージです。
広大なルーム内は、まさに”リビングルーム”の様です!
そのルーム内にはガーデンシンクを設け、その横には製氷機・ドラム型洗濯機と云った家電を設置出来る様に、配管・配線計画を行います。
更にイメージをご覧頂いてからお客様より、”ルーム内にエアコンの設置を検討しているので、200Vの電源を作って欲しい!”と云う追加のご要望も頂きました。
確かに、ガーデンルームを展示しているショールームでルーム内にエアコンを設置している所は見た事がありますが、個人邸でそういったご要望を頂いたのは始めてでした!
イメージをご覧頂いて構想が膨らんで貰えたのは、プランナーとしてはとても嬉しい事です。
と同時に、どの様に施工を行うか、各職方との連携が非常に重要となるプレッシャーも強く感じておりました。。


ライティングイメージ。ガーデンルームの上り縁に段鼻を設け、その下側にLEDラインライトを設置して間接的に光らせます。

そしてこちらは夜のライティングイメージです。
今回ライティングでは、ガーデンルームの上り縁に段鼻を設け、その中にLEDラインライトを設置して間接的に照らす方法をご提案させて頂きました。
今まで私の中で温めていたライティング技法なのですが、ようやく今回の案件でチャレンジしようという事になりました。
また、ルーム内にはLEDスポットライトと、ガーデンルームの屋根の桟に設置する”ライティングレール”をご提案。
特に”ライティングレール”は、ご自分のお好みの照明を任意の場所に、そして電気定格内にてお好きな数だけ設置する事が可能な画期的な部材です。
今後のガーデンルームにおけるスタンダートになりうるライティング部材だと思います。

この様にお客様にご提案させて頂きましたところ、大変お気に召して頂きまして無事ご成約を頂ける事となりました!
総額でかなりの金額となるこのプランですが、ご英断いただきましたお客様には本当に脱帽です。
さて、ご成約頂いただけで安心できないのがこのお仕事。。
実は幾つか心配な要素もあります。


まず設置箇所に干渉するであろう雨樋。こちらは移設が必要です。また、沢山の宅内への配線コードも整理が必要です。

まずベランダから伸びております”雨樋”。
今の位置では確実にガーデンルーム設置の上で干渉してしまう為、移設が必要となります。
また、宅内へ入り込んでおります各配線等も整理等が必要です。


また、このエアコン配管も設置の際に考慮しなくてはなりません。
ちなみに室外機は奥側のバックヤードにあります。

また、既設のエアコン配管も設置の際に考慮しなくてはなりません。
どの様にルーム内から外側へアクセスさせるか。。思案のしどころです。
この他にもいくつか考慮しなくてはならない点があるのですが、施工前はプランナーとして心配になる事がいっぱい出て来ます。。
さて、これからどのように施工が進んでいくのか、期待と不安でいっぱいな気持ちです(苦笑)
それでは、次回のBlogよりいよいよ施工の様子を御紹介しようと思います。
是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

昨日今日と、残暑と呼ぶにはきつ過ぎる厳しい暑さが続いておりますが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
明日でいよいよ9月に入ると云うのに、本日の日中は35℃と真夏の陽気。
涼しい秋が待ち遠しくなってしまいますね。
そんな陽気とは裏腹に、味覚の方では秋が旬の”秋刀魚(サンマ)”が例年稀に見るぐらいの豊漁に見舞われているとの事です!
昨年は大不漁で、秋刀魚が高級魚!?になってしまうぐらいに高値が付いたと云うのですから、自然の摂理は本当に読めないものですね。
(ちなみに私、昨晩、秋刀魚の塩焼きを頂きました!脂がのっていて本当に美味しかったです(笑))
またその他の味覚ですと、”ぶどう”がとても良く実っているとの事です!
陽気はまだ真夏の感じですが、刻々と秋が近づいておりますね。是非皆さんも秋の味覚に舌鼓して見ては如何でしょうか。

さて先日、連休を頂きまして気の合う仲間と1泊2日の群馬ゴルフ合宿へ行って参りました!
1日目は伊香保、2日目は赤城と2日間思いっきり緑の綺麗な芝生と群馬の大自然を満喫してきました。
(スコアは・・・さておいてデスかね(笑))
さてその日の夜、敢えてホテルの食事はとらずに群馬の名物を堪能しようって事になりまして、ホテルから車で数分の食堂へ。
雰囲気は普通の街の食堂って感じの小さなお店なのですが、店内は沢山のお客さんで賑わっておりました。
どんなものが出てくるのか楽しみになっちゃいますネ!


先日気の合う仲間と行った群馬旅行。その日の夜は、養豚の盛んな群馬の名物”ホルモン焼き”を堪能しました!

予め幹事さんが予約しておいてくれましたのが、上の画像にあるボリューム満点のお肉山盛り!
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、群馬は昔から養豚が盛んで、とんかつを始めとしてもつ煮等、豚料理が名物なんだそうです。
そして上の写真は、このお店の名物である”豚のホルモン焼き盛り合わせ”です!
お皿の中にはレバー・ハツ・カシラ・ガツ...etcと云った沢山の部位の豚肉がてんこ盛りでして、それを丸い独特な鉄板いっぱいに乗せて豪快に焼きます。
豚肉ですからしっかりと焼かなくてはなりませんが、とにかく臓物系特有の臭み等は全くなく、まさに新鮮そのもの!!
それぞれの部位の旨味がしっかりと凝縮されておりまして、非常に美味しいホルモン焼きでした。
これだけ美味しいお肉ですと、とにかく生ビールが進むこと進むこと!
お陰様で、昼も夜も思いっきり群馬を堪能させて頂きました(笑)
是非群馬へお出かけの際は、名物の豚料理堪能して見て下さいね!ホント美味しいですよ!!

さて、毎回ご紹介させて頂いておりますリガーデン案件。ようやく完工する事が出来ました!


日野市 I様邸リガーデン工事。無事完工する事が出来ました!

日野市 I様邸リガーデン工事。
非常にスッキリした感じに仕上げる事が出来ました!


門周りの様子。植栽にメンテナンスを施したお陰で、全体的にスッキリ明るい雰囲気になりました!

こちらは門周りの様子。
施工前はうっそうとしてしまった少々重い雰囲気となっておりましたが、剪定等メンテナンスを施したお陰で全体的に明るくスッキリした雰囲気に変わりました!


玄関前。ポーチステップをお庭側へ広げ、タイルテラスと繋げたお陰でとても明るい雰囲気になりました!

こちらは玄関前の様子。
玄関ポーチのステップをお庭側へ広げ、更にお庭のタイルテラスと繋げたお陰で、明るい雰囲気に変わりました!
既存の洗い出しアプローチ・植栽が織りなす落ち着いた雰囲気が更に引き立ち、お庭側に撒かれた大きめのウッドチップが入る事で、明るいタイル空間とシックな洗い出しアプローチとをうまく繋げてくれています。


こちらはお庭の様子。植栽際のタイルデザインも、意匠性と機能性を兼ね備えたバランスの良いものにする事が出来ました!

こちらはお庭の様子です。
お客様がとっても迷われていた植栽際のタイルデザインでしたが、ストレートと凹凸をうまく組み込んだ、バランスの良いテラス空間が出来上がりました。
まさに、意匠性と機能性がうまく融合した”機能美”のタイルテラスであると思います。


テラス全体を見渡すと、既存のタイルとの調和のとれた空間と言えます。立水栓周りもうまく納める事が出来ました!
LEDフロアライトも良い感じに納める事が出来ました。ケーブルは照明の移動が効く様に少々長めに設定。

玄関ポーチから駐車場を眺めた様子。
既存のタイルととてもうまく調和がとれている事が分かります。
水仙周りに関しても、細かい箇所まで気を抜かずにタイルを貼ったため、違和感のない自然な感じに納める事が出来ました。
LEDフロアライトも右の写真の様に綺麗に納める事が出来ました。
ケーブルは多少の移動が出来るように余裕を持たせ、タイル下の配管に雨水が入りにくい様にコーキング材で塞ぎました。


駐車場の様子。建物側にはタイルテラスが延長され、車両の乗る箇所にはコンクリートが延長されて、とても使い勝手の良い空間となりました。

こちらは駐車場の様子。
最後に残された駐車場奥の土間コンクリート打設工事も無事完了し、周りに化粧砂利も敷かれてとても広く使い勝手の良い空間となりました。
建物側のタイルテラスも奥側まで広がり、とても広くお洒落な空間が出来上がりました!


とても広々としたテラス空間。ここでこれからどんな生活が送られるのかとっても楽しみです!

駐車場側から改めてお庭を見渡しても、とっても素敵な空間が拡がっております!
これからどんなガーデンライフを過ごして頂けるのか、本当に楽しみになっちゃいますね(笑)

では最後に、いつものように施工前・イメージ・完工後の様子を御紹介して締めくくろうと思います。


コチラは施工前の様子。薄暗く、芝生が剥げてしまっておりますね。

まずこちらは施工前の様子。
大きく育ってしまった植栽により薄暗い空間となってしまい、芝生も剥げてしまっております。


コチラが私がお造りしたイメージパースです。

そしてこちらが、私がお造りしましたイメージパースです。


そしてこちらが施工後の様子です。

そして最後に完工後の様子です。
私がお造りしたイメージよりも、広々としてとっても素敵な雰囲気に仕上げる事が出来ましたね。
まさに毎度お話ししております通り”イメージの120%の仕上がり”とする事が出来ました!
I様、この度はご依頼頂きまして誠に有難うございました!!

如何でしたでしょうか?
今回は久しぶりのお庭メインのリノベーション案件でした。
”玄関ポーチが泥で汚れない様に”と云うご相談から、結果として広々とした素敵なタイルテラスにまで発展しました。
ご提案中も、そして施工中も熱心に関心をもってお声がけして頂いたお陰で本当に素敵な空間が出来上がり、プランナーとしてもとってもやりがいのある案件でした!
また、施工中に思わぬハプニングも発生してしまいましたが、お施主様からの労いの言葉は本当に有難く、そしてまた一つ学ぶ事が出来ました。
是非”ウチの庭も素敵にしたい!”と思われましたら、お気軽にコチラの”ご相談フォーム”よりお問い合わせ下さいませ。
宜しくお願い致します!

さて次回のBlogでは、”新着施工事例”にも掲載されましたガーデンルーム案件の様子を御紹介しようと思います。
是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日も朝から晴天に恵まれましたが、非常に暑い一日でしたね(汗)
気温も日中は37℃と、残暑と云うには暑すぎる陽気です。
1週間ほど前は秋を思わせる様な清々しい陽気だったのに、先日はいずれも35℃を超える猛暑日。
湿度も高く、本当に身体に堪えました。。
実は私も、先日作業中に目まいと共に倦怠感が襲い、同時に左腰を軽く痛めてしまいました(苦笑)
掛かりつけの医者に聞いてみましたら、血液内の水分が少なくなって血の巡りが悪くなり、同時に今までの蓄積された疲労が出て腰に出たのだろうとの事でした。
今年の暑さは本当に異常で、今は大丈夫でも蓄積された炎天下での疲労は必ず何かをきっかけに噴出してしまう様です。
是非皆さま、くれぐれも無理をなさらず小まめに水分・塩分補給とともに適度な休息をとって、上手に残暑を乗り越えていきましょうね!

さてそんな暑い中、先日こんな物を食べて参りました!


先日のお昼、八王子は大和田町にある”らーめん楓”さんへ久しぶりに訪れました。目的は夏の限定麺”夏野菜の豚しゃぶ冷やし麺”をオーダー!

先日、八王子は大和田町にある”らーめん楓”さんに久しぶりに訪れました。
ココは化学調味料等は使わず、素材の味を活かしたラーメンを提供する事で人気を集めているお店です!
特に麺に関しては、小麦からこだわりを持って作られている”自家製麺”が特徴で、のど越しと風味がとっても良い感じのラーメンです。
さて今回の目的は、SNSで美味しいと評判になっていたラーメン、”夏野菜の豚しゃぶ冷やし麺”です。
この冷やし麺は、甘酸っぱい醤油ダレの冷やし中華をベースにした冷やし麺で、具材にパプリカ・ズッキーニ・ナス・レタスと云った夏野菜、そして大根おろしを添えた豚肉が入った夏らしい麺です。
食べてみてすぐに感じた印象は”麺が主役の冷やし中華”と云った感じで、コシが強く、のど越しの良い麺が本当に美味しく感じられる麺でした。
具材の夏野菜や豚肉、そして甘酸っぱいタレも、麺の味を引き立てる脇役と云っても過言ではなく、なかなか旨い冷やし中華でした!
ちなみにこのメニュー、残念ながらつい数日前にて終了してしまいましたが、代わりに更に美味しいそうな夏の冷たい限定メニューをご提供されているとの事です。
8月も終わろうとしていますが、残暑厳しいこの時期に冷たいラーメンを食べて元気を出すのも良いものです!
もしご興味を持って頂けましたら、是非お出掛けになって見て下さいネ!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


日野市 I様邸リガーデン工事。前回のBlogにて、大部分のタイル張り施工が終わりました。

日野市 I様邸リガーデン工事。
前回のBlogでは、タイル張り施工が概ね完了する事が出来ました。
さて、お客様が迷われておりましたお庭植栽スペース際のタイル張りですが、実際どの様に貼られたかと云いますと・・・


ご検討いただきました結果、私がアドバイスさせて頂いた折衷案にたどり着きました。

私がお客様にご提案させて頂いた”折衷案”にたどり着きました。
つまり、シマトネリコを境にお庭側はスペース重視のストレート張り、駐車場側はデザイン重視の凹凸張りにです。
こうして全体を眺めてみますと、お洒落で且つ広いスペースのタイルテラスが出来上がり、バランスの良い仕上がりとなりました!


いよいよ施工も大詰めです!まず駐車場の砂利目地の敷直し作業を行いました。

駐車場では、以前目地に撒かれていた化粧砂利を一度撤去し、土を均す作業を行いました。


門周りのアプローチでは、草目地に植えられていたタマリュウを撤去し、こちらでも土を均しております。

門周りのアプローチに設けられております草目地に関しても、植えられていたタマリュウを撤去し化粧砂利が入れられる様に土を均しております。
草目地はアプローチに柔らかい雰囲気を与えてくれて良いのですが、実際にはマメに間から生えてくる雑草を取ってあげないと見苦しくなり、メンテナンスが大変とのお客様のお声に応えて行いました。


駐車場奥側のスペースでは、コンクリート打ちの準備も一緒に行いました。

同時に駐車場奥側では、コンクリート打ちが出来るように土を鋤取った上で、砕石を撒いて均し、プレートと云う重機で振動を掛けて押し固めました。
周りには型枠も入り、これでメッシュ筋が配置されればコンクリート打ち準備完了です。
ちなみに範囲内にあります各桝蓋・水道メーターボックスは、コンクリートの仕上げ高・勾配に合わせて嵩上げ調整を行っております。


更に作業は進み、アプローチ箇所の目地には白い化粧砂利が撒かれました。

更に作業は進み、アプローチ側の草目地跡には防草シートを敷いた上で白い化粧砂利が撒かれました。
また目地の両脇には、植栽スペースに砂利がこぼれない様にアルミ製の見切り材を予め設置しております。


更に駐車場の目地にも、防草シートを敷いた上で白い化粧砂利が撒かれております。

同時に駐車場の目地に関しても、防草シートを敷き込んだうえで白い化粧砂利を撒きました。
かなり完成に近づいてきましたね!
後はコンクリートを打ち、細かい箇所を仕上げれば無事完成です。
次回のBlogでは、完成した姿を披露できると思います。是非ご期待くださいませ!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

昨夜はとても強い風が吹き荒れていて、音で目が覚めてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
私も昨夜はその音で2回ほど目が覚めてしまいました。何だか”台風直撃”なんて云われていた時よりもひどく強い風が吹き荒れてたのではと思ったほどです。
実際朝になりましてから、風が吹き荒れたと思ったら2回ほど停電が起こりましたし、なんとも分からないものですね。。
それにしても今回の台風は、四国や近畿地方に上陸していきましたが、台風本体付近の被害もそうですが、何気に本体から離れた東側での被害が多かったとの事ですね。
実際に山梨の方にて土砂災害警戒情報が出ていたぐらいです。
今後もまだまだたくさんの台風が通過すると思いますが、台風から東側にあたる地域の方々は、特に要注意した方が良いようです。
くれぐれもご用心の程!

さて、本日も美味しいご飯を求めにこんなものを食べに行って参りました!


本日のお昼は、八王子の石川工業団地にある”レストラン ひこち”にて”ゴマ味噌担々定食”を食べてきました!

本日のお昼は、八王子は石川工業団地にあります定食屋”レストラン ひこち”さんに行って参りました。
ここは毎日A定・B定と2つの定食が選べる”日替わり定食”が人気なのですが、今日は珍しく麺メニューである”冷やしゴマ味噌担々?定食”がA定食に!
という事で、すかさずA定食をオーダーしました。
ここの所Blogに乗せる物が連続で”ピリ辛麺もの”を載せておりますが、何故だか暑い夏場はピリ辛モノが食べたくなっちゃうんです(笑)
しかし今回ご紹介するラーメンは、ゴマ味噌のお陰で唐辛子の辛さが比較的抑えられており、マイルドでとっても食べやすいラーメンです。
また、味も上にのせられている肉味噌のしっかりとした味付けが炊き立てのご飯と良く合うのです。
まさに麺を”おかず”にした定食と云った感じでしょうか。
”ひこち”さんは、何を注文しても本当に美味しいお店!もしご興味頂きましたら、是非行って見て下さいね。

それでは本日も、前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


日野市 I様邸リガーデン工事。前回のBlogよりタイル貼り工事が始まりましたが、表から見て大分明るい雰囲気になってきました!

日野市 I様邸リガーデン工事。
前回のBlogよりタイル張り施工が始まりましたが、表から見ておりましても大分明るい雰囲気に変わってきたことが分かりますね!


お庭のタイルも大分貼られてきて、とても明るい雰囲気になってきました!

という事で、早速お庭の方へ。
お庭内では、広い範囲でタイルが貼られてきまして、かなり明るい雰囲気になってきました!
今回使用しているタイルは、玄関ポーチ等で使用されておりました”LIXIL アレス”と云う焼きムラ等の無いシンプルな雰囲気のタイル。
そのタイルより3種類の大きさの物を組み合わせてランダムに貼っていく”デザイン貼り”にした事で、シンプルさと複雑さがうまく融合されたバランスの良い雰囲気に仕上がってきました。


前回のBlogでご紹介しました”化粧桝蓋”にもタイルが貼られました。

前回のBlogでご紹介しました、雨水桝上の”化粧桝蓋”。
こちらにもタイルが貼られ、違和感のない雰囲気に仕上がってきました。
画像を良く見てみますと周りのタイルの目地に合わせてタイルを細かくカットしたり、中央の”回転把手”に合わせてタイルをうまく切り抜いたりと、タイル職方ならではの細やかな技術が光っております!


立水栓周りにもタイルが貼られました。こちらも良く見てみますと、タイル職方の細やかな加工が垣間見えます。

立水栓周りも綺麗にタイルが貼られました。
こちらも画像を良く見てみますと、水栓柱に合わせてタイルが綺麗にカットされていたり、排水管に合わせて丸く切り抜かれていたりと、細かい部分ではありますがタイル職方の妥協を許さない仕事が良く分かります。


駐車場箇所もこの通り、タイルが綺麗に貼られました。

駐車場箇所に関してもこの通り綺麗にタイルが貼られました。
とても明るい雰囲気に変わって来ましたネ!


タイルはこのまま植栽スペースに可能な限り貼っていき、一度お客様にご覧頂いた上で更に広げるかどうかを判断します。

さらにお庭箇所ではタイル貼りを続け、植栽スペースに可能な限り近づけられるように施しました。
ご覧いただきますと分かる通り、以前よりもかなりお庭が広く感じられますね。
お客様からも、”自分が想像していたよりもかなり広くなった!”とお喜びの声を頂きました。
さてここでお客様から、”植栽スペース際の仕上げ方をどうしたら良いのか迷ってしまいました。”とのお声も頂きました。
つまり、当初私がデザインしたような”凹凸のあるデザイン重視”の仕上げ方か、”可能な限り広げてストレートに仕上げるスペース重視”の仕上げ方か。
そこで私からは、”シマトネリコ”の樹の位置を基準に玄関側は”スペース重視”のストレートデザインにして、駐車場側は”デザイン重視”の凹凸のあるデザインにと云った折衷案をご提案しました。
お客様からは”晩考えさせて、翌朝決めさせてください”とお答えいただきました。かなりご主人と奥様とで迷われているご様子でした。
帰り際に私は、
”これはあくまでお客様のお庭空間なので、私(のデザイン)に遠慮せず自由にお選びくださいね!”
という一言を掛けさせて頂き、現場を後にしました。
私としては、真剣にお客様に迷って頂けるプランを作れたこと自体、まさにプランナー冥利に尽きると思いました。
同時にそこにお客様のご意見を取り入れて空間を仕上げていくことこそ、最も大切な事だと改めて感じさせられました。

さて、お客様にとって最良の答えが生まれればと思いますが、どの様な形に決まったかはまた次回のBlogにてご紹介しようと思います。
是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

1週間前辺りは非常に蒸し暑い酷暑の毎日で、一体いつまでこの暑さが続くのかと思った物ですが、本日も含めてここ数日は非常に過ごし易い陽気が続いておりますね。
特に週末は、朝の内20℃を下回るような非常に涼しい陽気で、湿度も40%ぐらいとまるで秋を先取りしたかのような日でした!
久しぶりにエアコンに頼らず、窓を開けて扇風機を回すだけでも涼しい陽気で、こんな日がもっと続けばと思う今日この頃です(笑)
しかしこの過ごし易い天気も南から近づいてきます2つの台風の影響で、再び蒸し暑い日が復活するとの予報です。
自然の摂理とは言え、台風にはホトホト参ってしまいますね。。
特に台風20号の進路次第では、関東地方も荒天に見舞われる可能性もありますし、油断できない状況です。
皆さま、くれぐれもご用心して下さいね。
さて本日は、夏バテ気味の身体に気合いを入れるために、前回に引き続き刺激的なモノを食べに行って参りました(笑)


本日のお昼は、八王子は小宮町にありますお店”麺処 樽座”さんへ久しぶりに訪れました。本日注文したのはこの時期の限定麺”台湾ラーメン”です。

本日のお昼は、八王子は小宮町にあります”麺処 樽座”さんへ久しぶりに訪れました!
コチラのお店、看板メニューは”海老味噌らーめん”なのですが、毎月出している変わり種の”限定麺”も中々なのです。
さて本日頂きました限定麺は、中京地区ではとてもメジャーなピリ辛ラーメン”台湾ラーメン”です。
台湾ラーメンって名前は付いているのですが、別に台湾と関係がある訳ではなく、あくまで中京地区の台湾料理店にて提供されたラーメンとの事で、俗に云う”名古屋めし”の一つとして知られている様です。
その特徴は、何と云っても”ニンニクの利いたピリ辛麺”!
そして出て来たラーメンはまさに上の画像の通り、醤油ラーメンベースに鷹の爪・スライスガーリック・にんにくの芽・にら・ひき肉等々の具材を入れた特徴通りのラーメン。
食べてみますと、確かにとってもピリ辛で刺激的な味なのですが、後から旨味やコクが追いかけてきて、とっても美味しいのです!
しかし夢中になってすすりますと、喉を思いっきり刺激して思わずむせてしまいます。
(隣で食べている人も、ゴホゴホむせながら食べていました(笑))
しかし食べ終わりますと、気だるい身体に喝を与えてくれた様に内側からカッカと元気がみなぎってくるようです!
前回のBlogに引き続き、今回もピリ辛麺をご紹介致しましたが、この夏にピッタリのメニューだと思います。
ご興味が頂けましたら、是非食べに行って見て下さいね!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


日野市 I様邸リガーデン工事。前回のBlogでは、お庭箇所のベースコンクリート打設工事の様子を御紹介致しました。

日野市 I様邸リガーデン工事。
前回のBlogでは、お庭タイルテラス箇所へのベースコンクリート打設工事の様子を御紹介致しました。
作業終了後しばらくして雨が降って来てしまったのですが、その後はどの様になったのでしょうか?


雨の影響はなく、無事作業を続行する事が出来ました!

ご覧の通り、雨による影響はほとんど無くこのまま作業を進める事が出来ました。
最初の土の状態から比べますと、大分雰囲気が変わって来ましたね!


しかし雨による影響、実はちょっとあったと職方さんより報告を受けました。それは・・・

しかし実は、雨による影響が作業中あったと職方さんより報告を受けました。。
それは住宅の”漏電遮断器”が働いて電源が落ちてしまったとの事でした。
ちなみに戸建て住宅での施工においては、お客様宅の電気・水道をお貸し頂く事が一般的で、職方さん達も電動工具を使用する際は、電気の使い過ぎで元のブレーカーが落ちない様に電源と工具の間に自前のブレーカーを介して作業を行っております。
しかしそのブレーカーはあくまで電力量に対しての安全装置であって、水濡れ等の漏電に対しては考慮されていないのです。
前回の作業の際、雨が降ったり止んだりと云った状況の中コンクリート工事を進めていたのですが、どうやらコンクリートを混ぜる際に使用する”ハンドミキサー”と云う工具が水濡れの影響か漏電を起こしてしまった様で、建物内の漏電遮断器が働いてしまった様です。。
今回すぐにお客様と連絡が付き、職場から自宅へ駆けつけて下さったので難を逃れましたが、もし遠方へ行かれている最中にこの状態となっていましたら、考えるだけでもゾッとします。
(工程の事だけでなく、住宅内の冷蔵庫や様々なIT家電等に多大な影響が出る恐れがあります。。)
担当職方さんはその帰り道、すぐに工具店にて漏電遮断器付きのブレーカーを購入し、上の画像の様に早速活用し始めました。
(通常のブレーカーの倍以上するものらしいですが。。)
このBlogをご覧頂いている皆様に置きましては、雨天での無理な施工によるリスクの中に、こういった漏電も含まれている事を是非覚えておいて頂ければと思います。
(是非、雨天での施工中止のご理解を宜しくお願いします!)


更に作業は進み、駐車場横のタイル舗装箇所もコンクリートが打たれました。

さて作業はどんどんと進みまして、駐車場横のタイル貼り箇所もベースコンクリートが打たれました。
職方さんのお陰で、作業はなんとか順調に進んでおります!


ベースコンクリートが出来上がった所で、いよいよタイル張りを施していきます!

ベースコンクリートが出来上がった所で、いよいよ今回の施工の”本丸”であるタイル張りが始まりました!
今回の施工は、3種類のサイズのタイルを組み合わせてランダムに貼っていく”デザイン貼り”。
最近ではあまり見られなくなったタイルの貼り方ですが、どの様に仕上がっていくのかとっても楽しみです。
また、今回施工を担当している当Blogでは最多出場の職方”斎藤さん”にとって、タイル張りはまさに本職中の本職!!
”手間は掛かるけど腕がなるよ!”と心強い言葉を貰い、プランナーとしても期待が膨らみます(笑)


ポーチの拡幅箇所のタイルも事前に使用タイルデータを手に入れる事が出来たお陰で、同じタイルで仕上げる事が出来ました!

玄関ポーチのステップ拡幅箇所におきましても、この通りタイルが貼られました。
タイルに関しては、事前にお客様から拝借頂いた住宅図面よりデータを得る事が出来たお陰で、違和感のない雰囲気に仕上げる事が出来ました!
今回使用しておりますタイルは、LIXILの”アレス”と云うタイル。
ステップでは、既存のタイルと同様にノンスリップタイプのタイルを使用しております。


パイプ等配管が地中から出てきている個所は、事前にタイルに赤鉛筆でしるしを付けてカット加工を施します。
大まかにカットして実際に合わせ、さらにカットラインにしるしを付けて形を整えていきます。

パイプ等が地中から露出する箇所に関しては、そのパイプの位置等を割り出してしるしを付け、大まかにカットしたら更にパイプに合わせてしるしを付けて加工を施します。
このタイルへのカット加工、”薄いから簡単では”と素人目には見えてしまうのですが、硬く焼いた陶器の為、ちょっとの差ですぐに切り口が欠けてしまったりひびが入ってしまったりととても厄介な物との事。
加工には細心の注意を払って行うのですが、プロ中のプロであるタイル職方でも欠損ロスは出ると云います。
その為、私プランナーもタイルの数量を出す際は、実際の嵜瑤茲蠅眈々多めに見てそう言った欠損ロスに備えられる様に設計しております。
タイル施工が一筋縄で行かない理由は、こういった事もその一つです。

さて、タイル施工も順調に進み始めました。
ここから更にどの様に変化していくのか楽しみになって来ますね!
それでは、また次回のBlogも是非宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

8月も中旬、お盆休みを満喫された方、まだまだ現在進行中の方と、思い思いに過ごされている事と思います。
それにしても今年は、台風の数が非常に速いペースで多く発生しておりますね。
本日も新たに台風18号が発生したとの事。
今までのイメージですと、15号辺りは9月の中旬に発生するイメージがあるのですが、まだ8月の中旬で18号!?
それだけ気温が非常に高く、また海水温も高い傾向にあるという事なのですね。
また、数多い台風の影響は各地で大雨をもたらし、東北地方ではかなりの雨量に達しているようですね。
それに忘れてはならないのは、つい数日前に多摩地区で発生したゲリラ雷雨!!
短時間に凄まじい勢いの雨と風、そして落雷が起き、私たちの所も停電に見舞われてしまったりとホント驚かされましたね。
まだまだ暑い日も続き、更には突然のゲリラ豪雨と予断が許されない今年の夏ですが、くれぐれもお気をつけてお過ごしくださいね。

さて、今日もとっても蒸し暑い日となりましたが、そんな暑さを乗り切ろうとこんな物を食べて参りました!


本日のお昼は、日野バイパス沿いにあります”マラマラ”さんへ。この真っ赤なスープの”麻辣麺”、無性に食べたくなる時があるんです(笑)

本日のお昼は、日野バイパス沿いにあります中華料理店”マラマラ”さんへ行って参りました。
夏の暑い時期、不思議と無性にピリッと刺激的なモノが食べたくなっちゃうんですよネ!
という事で、真っ赤なスープが刺激的な”麻辣麺”に半ライスをオーダー。
何度かこのBlogでもご紹介しておりますが、ラー油の刺激と花山椒の痺れる刺激と香り、結構病みつきになっちゃうんです(笑)
また、上に載っている白い大根のつまとフライドガーリックの食感と香りが、辛いラーメンに良い変化を与えてくれます。
時折大きな海苔をスープに浸し、ご飯に巻いて食べるとこれもまた旨いんです!
食べ終わる頃には、自然と顔から大粒の汗が噴き出してきますが、不思議と清々しい感じになるんです。
(改めてこうして文章にしながら麻辣麺の画像を見ておりますと、何故か顔から反射的に汗が出て来ちゃいます(笑))
辛いものがお好きな方には、是非一度行って見ては如何でしょうか?
ちなみに更に辛い麻辣麺もある様です。チャレンジしてみても良いかもしれません!(私は勇気がありませんが(苦笑))

さて本日も、前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


日野市 I様邸リガーデン工事。前回のBlogでは、舗装箇所のベース作りの様子を御紹介致しました。

日野市 I様邸リガーデン工事。
前回のBlogでは、タイルテラス・コンクリート舗装箇所へのベース作りの様子を御紹介致しました。
さてこの日は、どの様な作業を進めて行くのでしょうか?
またこの日は天候も不安定で、作業開始の午前中は雨が持ってくれているのですが、何時に振り出すのか少々心配の中の作業です。


本日の工程は、お庭のタイル舗装箇所へのベースコンクリート打設工事。職方さん達がコンクリートを練りながら黙々と打っていきます。

本日の工程は、お庭タイルテラス箇所のベースコンクリート打設工事です。
万が一雨が降って来てしまっても、タイル下のコンクリートであれば仕上がりには支障がないとの判断で作業を進めました。
今回のコンクリート範囲は広さ・厚さ共にミキサー車をチャーターするまでの規模ではないため、職方さん達がコンクリートを練り作業を進めて行きます。


予め設定した仕上げ高・水勾配を考慮してコンクリートを流し込み、コテで均していきます。

予め設定したタイルを含めた仕上げ高・水勾配に則って手際良くコンクリートを流し込み、コテで均していきます。
先程もお話ししましたがあくまで”タイル”を貼るためのベースコンクリートとなる為、駐車場等で見られる表面を仕上げた物ではなく、表面仕上げを省いた”荒打ち”にとどめます。


”白い雨水桝をうまく隠してほしい”とのお客様のご要望に応え、桝蓋上は四角い”化粧蓋”を設置しました。

また、お客様からの”せっかくタイルテラスを作るのに桝の蓋が見えたままではカッコ悪いので、何とか出来ないでしょうか?”と云うお声に応えまして、桝蓋の上に四角い”化粧蓋”を設置する事にしました。
化粧蓋は四角い器の様になっており、中にコンクリートを入れた上でタイル等舗装材にて化粧を施す事が出来ます。


タイルのベースコンクリートは植栽スペースギリギリまで施し、お客様のご要望にフレキシブルに対応出来るようにしておきます。

ちなみにタイルのベースコンクリートは、植栽スペースギリギリのラインまで施しておきます。
最初に私がお造りしたイメージでは、まだどのぐらいの範囲になるのかイメージが付きにくいとの事で、出来たら植栽スペースギリギリまで範囲を広げて欲しいとのお客様からのご要望に応えられる様に配慮しました。


同時に照明ユニットの施工も行いました。こちらは12V照明のトランスユニット。中にはタイマーセンサーが内蔵されております。
トランスユニットからのケーブルは、予め配管したPF管を通して設置箇所に出しておきます。
植栽スペース側にも同様に配線を施し、照明を設置。また、電線は”埋設型ジャンクションボックス”を介してもう一台の照明ユニットへ分岐しております。

同時に照明設置工事も行いました。
上の画像にあります”トランス電源ユニット”にて、100Vを12Vに変換し、各照明へ電気を流します。
また、トランス電源ユニットには”タイマーセンサースイッチ”も内蔵されている高機能タイプです。
トランスからのケーブルは各照明設置箇所へ予め配管したPF管を通して配線されます。
さらに植栽側では、埋設型ジャンクションボックスを介して隣の照明へケーブルを分岐させて送るように工夫。
全ての照明が一括制御できるように考慮されております。


ベースコンクリートを打ち終えた所で、ブルーシートを全体に掛けて養生し作業終了です。

作業は順調に進み、午後過ぎにはお庭箇所のベースコンクリートは打ち終える事が出来ました。
この日は時折日差しを見せたりしていたのですが、雨が降る予報を見越して、施工箇所全体にブルーシートにて養生しました。
まだベースコンクリートを打ったばかりなので、雰囲気はまだまだ地味な感じですが、これからタイルにて化粧した姿を見るのがとっても楽しみです!
それでは、また次回のBlogにて続きをご紹介致します。是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

先日は台風13号が接近してきまして、どうなるのかとヤキモキされた方も多かったのではないでしょうか。
ここの所、”猛暑⇒台風⇒猛暑⇒台風”と例年とは違う夏で頭を悩まされますね。
私たちエクステリアを生業としている物にとっては、”気象”は切っても切り離せない関係でして、プランを作っている身としても毎度頭を悩まされます。
冬場の大雪、寒さによる凍結、春先の花粉、突風、梅雨時期の豪雨、そして今年は夏の酷暑、台風。。
毎年様々な異常気象に対して様々な事を想定してプランニング・施工等にあたっておりますが、特に今年の酷暑はとても悩みの種となりました。
(職方さん達の熱中症を始めとした安全対策は今年は特に深刻です。。)
今後どのように気象が変化してくるのか中々想像がつきませんが、いずれの事にも対応できるように日々研究しなくてはと思う今日この頃です。
毎度お話ししている事ですが、皆さま、くれぐれも水分補給や塩分補給・適度なエアコン使用で熱中症にならない様に気を付けて下さいね!

さて、こんな暑い夏を乗り切るためにもちゃんと美味しいご飯を食べなくてはなりません(笑)
という事で、今日はこんなものを食べて参りました!


西八王子ラーメン激戦区の中で私イチオシのお店”らーめん熊八”。今日は限定メニューである”レトルトのカレーラーメン”と云う物をオーダーして見ました!

今日のお昼は、西八王子駅の南側にありますラーメン店”らーめん熊八”さんへ伺いました。
西八王子は老舗・新星と沢山の美味しいラーメン屋さんが集まるラーメン激戦区!
その中でも私プランナーがイチオシのラーメン店がこのお店なんです。
本日は夏の限定メニューとなっております”レトルトのカレーラーメン”という物をオーダーして見ました。
先日のBlogでは、”八王子冷麺”と云う限定メニューをオーダーしましたが、今回はもう一つの気になっていたメニューを選んでみました。
”レトルトのカレー”ってネーミング、正直飲食店で思いっきり前面に出すなんてことはまずありえないと思いますが、それを敢えて出すところ、チョット気になってしまいました(笑)
さて出て来たラーメンは、上の写真の様に素の醤油ラーメンの上にカレーと刻みネギが乗っかったとてもシンプルな物。
しかし食べてみますと、カレーがとてもまろやかで醤油スープのスッキリ感ととても良くマッチし、シャキッとした中太麺に良く絡んでくれてとても旨いんです!
どうやらこのカレー、熊八さんと業者さんとコラボして作った特別なレトルトカレーとの事で、ある意味とても豪華なカレーラーメンと云っても過言ではないと思います。
見た目のシンプルさと価格で、大半の人は前回ご紹介した”八王子冷麺”を頼まれておりましたが、これはこれで是非一度食べて貰いたいメニューと云えます。
もしご興味がありましたら、是非行ってみて下さいね!

さて本日も、前回のBlogの続きをご紹介しようと思います。


日野市 I様邸リガーデン工事。前回のBlogでは植栽メンテナンスの様子を御紹介致しました。

日野市 I様邸リガーデン工事。
前回のBlogでは、既存植栽のメンテナンス工事の様子をご覧頂きました。
全体的にスッキリとしたお庭を、さらに素敵な空間にするべくこの日も更に作業を進めて参ります!


お庭では、タイル舗装の範囲を大まかに決めてしるしをし、タイル舗装のベース作りを始めます。

まずお庭において、予めタイルの舗装範囲を大まかに決めてしるしをし、その範囲内にて土壌の鋤取り・整地・砕石撒き・転圧と云ったベース作りを行います。


玄関ポーチのステップ拡幅箇所においても、コンクリートブロックにて枠を施し、タイルポーチのペース作りを行います。

玄関ポーチのステップ拡幅箇所に関しても、コンクリートブロックにて枠を作り、その後タイル張りを行う為のベース作りを行います。


既存の立水栓におきましては、一度パン(受け皿)を外してタイルを施工したあと、復旧する様にします。

既存の立水栓におきましても、一旦パン(受け皿)を外し、タイル施工を行った後に復旧する様にします。


新ら設置する照明のために、舗装前にPF管を電源から各照明設置箇所まで配管しておきます。

また、今回新たに設置する照明の為に、舗装前に予めPF管を電源から各配置箇所まで配管しておきます。


駐車場箇所もお庭同様に、コンクリート舗装を行えるようにベース作りを行いました。

更に駐車場拡幅箇所におきましても、お庭同様にコンクリート舗装を行う為のベース作りを行いました。


お庭では型枠を設置し、メッシュ筋を適宜配置してベースコンクリート打ちの準備が完了です。

午後にはお庭では型枠も設置され、メッシュ筋も適宜配置されて準備完了。
ここにコンクリートを流し込んでタイル舗装の為のベースを作ります。


駐車場箇所も同様に型枠・メッシュ筋が配置されました。

駐車場箇所も同様に、型枠・メッシュ筋が配置されコンクリート打ちの準備が完了です。
PF管も埋設され、電気配線工事の準備も万端です!

という事で、今回の工程では各舗装工事の下地作りの様子を御紹介致しました。
正直、絵的には地味な物ばかりとなってしまいましたが、この作業が後々大きく仕上がりに左右される大切な工程です。
さて、更にここからどの様に変化するのか楽しみですね!
それでは次回のBlogも是非宜しくお願い致します。


≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | ... | 7 | 8 | 9 || 次のページへ≫

ホーム » リ・ガーデン工事の施工情報

ブログカレンダー

<   2018-09   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
RapidSSL_SEAL-90x50
本サイトでのお客様の個人情報はRapidSSLにより
保護しております。