このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ
イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

いよいよ今日から6月となりますが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
6月に入り、ニュースでは食料品や映画館の値上げの話題、そして梅雨入りと云ったチョット気が滅入る話が入ってきますね。。
そして6月と云えば、冬物から夏物への衣替えの季節でもありますね!
今年は梅雨に入る前から30℃を超える真夏を思わせられる様な陽気になってしまい、皆さまの中でもいち早く夏物を出した方も多いのではないでしょうか?
また同時にエアコンも稼働し始めたりと、まさに暑い夏が待ったなしでやって来ますね。
これから高温になる日も多くあると思いますが、皆さまくれぐれも体調管理、取分け熱中症にはお気を付け下さいね!

さてさて、本日も美味しいお昼ご飯を求めてこんな所へ出掛けて参りました。


本日は西八王子にあります”らーめん熊八”さんへ行って参りました!今回注文したメニューは、”バジルチーズラーメン”です。

本日伺ったお店は、西八王子にあります私イチオシのお店”らーめん熊八”さんです。
このお店、ラーメンは元より餃子もチャーハンもとても美味しい、注文した物にハズレが無い美味しいお店なんです!
そんなお店故、変わり種のメニューがあるとつい注文してしまうのです(笑)
今回注文したラーメンは、”バジルチーズラーメン”。
元々こちらで提供されている”塩八王子ラーメン”をベースに、チーズを載せてバジルを散らしたもので、シンプルな見た目ですがチーズがひと際目を引く変わり種ラーメンです。
一見、塩ラーメンにバジルとチーズってどんなだろう?って思ってしまうのですが、食べてみますとこれがまた見事に合うのです!
塩スープの素直な風味が、チーズやバジルと云った洋風テイストの物も寛容的に受け入れて出来上がる味なのでしょうね。
此方のお店、定期的にこんな期間限定の面白いメニューも提供したりしておりますが、通常のメニューも本当に美味しい物ばかりです。
もしご興味がありましたら、是非お出掛けになって見て下さいね!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


”八王子市 W様邸”外構リノベーション工事。この日も順調に施工が進みました!

外構リノベーション工事案件の”八王子市 W様邸”。
この日も順調に施工が進みました!


駐車場敷地内の菜園スペースは、この通り綺麗に再構築する事が出来ました。

駐車場敷地内では、先日より埋もれていたブロックを再利用した菜園スペースの再構築工事をしておりましたが、この通り綺麗に出来上がりました。


かなり広大な菜園スペース。肥えた黒土も入り、これからどんなものが育つのか楽しみになってきますネ!

再利用したブロックを仕切りに肥えた黒土が入り、菜園としての準備は万端です!
これからどんな作物をお育てになられるのか、見ていて楽しみになってきます。


一方敷地内では、岩盤を掘削した後に黒土が入りました。芝生の敷き込みの準備万端です!

一方敷地内においては、岩盤を掘削した後に黒土を搬入しました。
こちらはお客様がご自身で芝生を敷き詰めていくとの事で、今後こちらもどんな感じに変わっていくのか楽しみになってきます。


玄関前の前庭も同様に黒土を搬入し、元々あった飛び石を据え直しました。

前庭に関しても同様に、黒土を搬入して更に元々あった飛び石を据え直しておきました。
お庭の片隅には既にお客様がご用意された芝生が積んであります。
お客様にとっても、これからのお庭づくりが楽しみで仕方ないようです!


前庭から奥側のサイドヤードには、この様に砂利が敷き詰められました。

黒土を搬入した方とは逆側のサイドヤード。
此方には防草シートを敷いた上にライトグレーの砂利(石灰岩砕石)を敷き込みました。
厚さはおよそ3cm厚で、全体に均一に敷き込んであります。
各配管の桝も、事前に高さ調整を行ったので、しっかりと見える様になっております。


更に施工は進み、残りの駐車場スペースにダストを敷き込んで仕上げていきます。

更に施工は進み、駐車場スペースでは残りのダストチップを敷き込み、転圧機で踏み固めて仕上げていきます。


そしてこの通り、駐車場スペースのリニューアルが完了しました。

そしてこの通り、駐車場スペースのリニューアルが完了しました!
施工前のうっそうとした状況から考えますと、かなり見違えった感じです。
まだ細かな箇所の補修等はありますが、ひとまず第一段階終了です。


また、石灰岩砕石を敷き込んだサイドヤードには、ガレージ上の陸屋根に設置されていた物置きを組み立て直しました。

さらに石灰岩砕石を敷き込んだサイドヤードには、ガレージ上の陸屋根に設置されておりました物置きを組み立て直しました。
これで裏側のリニューアル工事はおおよそ完了です。
次の工程は、いよいよメインとなりますファサードのリニューアル工事へと移っていきます。
どの様に変化していくのか、是非お楽しみにして頂ければと思います。
それでは次回のBlogも是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は5月最後の週末、皆さま如何お過ごしでしょうか?
先日から続く季節外れの暑さが本日も続いていて、身体がとてもきつく感じますね。。
暑さで毎年話題に上がります埼玉県熊谷市では、34℃を記録するぐらいの正に猛暑!?
梅雨前だと云うのに、驚かされるばかりですね。
まだ身体が暑さに慣れてない時期ではありますので、こまめな水分・塩分補給をしてくれぐれも熱中症にならない様に気を付けましょう。
さて、本来この時期は”新緑”が綺麗なカラッとした爽やかな季節。
ガーデニングを行うのには打って付けの時期です!
そしてこの時期、見頃を迎えているお花と云いますと何と云っても忘れてならないのが”薔薇”です。
そこで先日、都心にあります薔薇の名所で有名な場所へ出掛けて参りました。


先日、東京は北区にあります薔薇の名所”旧古河庭園”へ行って参りました。

その名所とは、東京は北区にあります”旧古河庭園”です。
西洋と東洋の文化がうまく融合して開花したと云われる”大正時代”に出来上がった邸宅。
元々は明治時代に活躍した政治家”陸奥宗光”の邸宅が古河家に養子に出された次男の手に渡り、それ以来古河家所有の邸宅となった事がこの名前の由来との事です。
さて上の画像を見ると、薔薇の庭を見るにしてはあまりにも暗い時間に何故と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?


5月の決まった時期に毎年行われております”薔薇のライトアップ”を見に行ってきました!

実はこの時期、期間限定で”薔薇のライトアップ鑑賞会”を行っているのです。
園内には、石造りの洋館とその周りに沢山植えられております”薔薇”が照明によりライトアップされております。


落ち着いた色合いの洋館と白い窓、そして鮮やかな色合いの薔薇が見事なコントラストを醸し出しております!

長年の年月により落ち着いた色合いとなっております洋館の外壁、そして白い窓と色鮮やかな薔薇の花。
この見事なコントラストは、ただただウットリとさせてくれます。
辺りが暗い中に上手くライティングにより浮かび上がる為、より一層素敵に見えるのでしょうね。


薔薇のお庭から洋館正面を見た雰囲気。まるでタイムスリップしたかの様な素敵な佇まいです。

こちらは薔薇のお庭から洋館を眺めた1ショット。
シンメトリー(左右対称)デザインのお庭だからこそ、堂々とした洋館の雰囲気が引き立つのでしょうね。
ちなみにこの日、テレビ朝日が撮影テストに入っていた影響で園内は物々しい感じでした。。
考えてみれば、何十年も前からテレビ朝日では毎年この時期に、ニュースステーション等で旧古河庭園での中継を行っていて、私もこの庭園のライトアップを知った切っ掛けが正にこのテレビ局の番組だった事を思い出しました。
なんとも感慨深いものです。


旧古河庭園のもう一つの見所は、低地に広がっております大きな池を中心とした日本庭園。幻想的な雰囲気が広がっておりました。

さて、旧古河庭園のもう一つの見所は園内の低地に広がっております大きな池を中心とした”日本庭園”です。
各場所に配置された大きな灯篭と植栽がとても良く効いていて、様々な角度からいろんな表情を見せてくれるとても味わい深いお庭です。
それを効果的にライトアップして見せているので、より一層奥行き感が増して、池の反射した風景も相まってとても幻想的な雰囲気を醸し出しております。
石造りの洋館と見事な薔薇の洋風庭園、そしてこの味わい深い日本庭園。まさに”和”と”洋”を上手く融合させた大正時代を代表する素敵な空間でした。
もしご興味がありましたら、是非一度お出掛けになられては如何でしょう?とてもおススメのスポットですよ!

さて、本日も前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


エクステリアリノベーション案件の八王子市 W様邸。この日も施工を張り切って進めて参りました!

エクステリアリノベーション案件の”八王子市 W様邸”。
前回のBlogでは、敷地内の岩盤掘削作業と駐車場造成工事の様子をご覧頂きました。
さてこの日もさらに施工は進捗して参りますが、果たしてどんな作業を行っていくのでしょうか?


駐車場には、以前藤棚等が陣取っていた箇所に大型の物置きが設置されました。

駐車場には、以前藤棚等が陣取っていた箇所に大型の物置きが設置されました。
両開きタイプで尚且つハイルーフタイプの、家庭用としてはかなり大きな物置きとなります。
まさに”スペースの有効活用”です。


同時にガレージ上の陸屋根上にありました物置きは一時解体しておきます。

同時にガレージ上にありました物置きに関しては、陸屋根の防水工事を行う関係などの理由で一時解体し、作業の邪魔にならない箇所にシートを掛けて養生しておきます。


さてこちらは、先日掘削した箇所とは別のサイドヤードの様子です。こちら側は仕上げ高を高めに設定して砂利を敷き込んでいきます。

さてこちらは、先日掘削した箇所とは別のもう片方のサイドヤードの様子です。
手前側から職方さんがいる方に向けて太い管が見え隠れしているのが分かります。
この間は”汚水管”で、本来であればもう少し深い箇所に埋め込まれこの様に管が見える事は無いのですが、土地全体が硬い岩盤の為、浅い位置に配置せざる負えなかったようです。
こちら側は砂利を敷き詰める予定なのですが、敷地全体の状態を考慮して掘削せず、砂利敷きの仕上げ高を全体的に高めに設定する事にしました。
土留め側に見える黄色い線は、職方さんが割り出した仕上げ高です。


仕上げ高を高める事によって枡が埋もれない様、配置されている桝を全て仕上げ高に合わせて嵩上げします。

さて仕上げ高を高める際に問題になるのは、既設の各桝の高さです。
適当に砂利を撒てしまえば、当然ながら枡を全て埋もれさせてしまう事となります。
確かに普段であれば、枡を開けたりすることはほぼ無いのですが、設備のメンテナンス(特に汚水管の詰まり等)や、汚水配管の設備増設等を行う際には非常に重要な役割を果たします。
(特に汚水枡が設けられている位置は、管がカーブしていたり他の菅と合流していたりして詰まる可能性がある所に設置されております。)
その為、もし埋もれさせてしまいますとその後に大きな影響を与えてしまいます。
そこで設けられている桝に対して、写真の様に仕上げ高に合わせて”ソケット”を噛まして嵩上げを施します。


枡の嵩上げを終えて、全体的に残土を均して砂利敷きのベースを作ります。

そして各桝の嵩上げが完了した後、駐車場造成の際に出た残土を逆に敷地内に撒いて均し、砂利敷きのベースとしました。
土と枡との間の高さは、砂利を敷いた際と厚みとなります。
あとは土壌の上に防草シートを敷いて砂利を敷き込めば完了です。


駐車場では埋もれていたブロックを再利用して、菜園スペースを再構築しております。

さて、再度駐車場に目を向けますと、埋もれていたブロックを再利用して菜園スペースを再構築しております。
敷地内に出た岩盤の瓦礫は駐車場へ、そして逆に整地した際に発生した残土は敷地内へと上手くリサイクル出来ておりますね!
エクステリア工事においてコストを下げる一番の基本は、”以下に廃棄物を少なく出来るか?”です。
しかし、だからと云ってなんでも再利用としてしまえば、出来栄え・質感・そして何より耐久性と云った事に問題が生じ、結果としてコストパフォーマンスに大きな栄養を与えてしまいます。
そこをどう見極めて再利用・断捨離の線を設けられるかが私たちプロの腕の見せ所と云えると思います。
この案件では、まさにそこが”肝”と云えるプランニングであったと思います。

さて、徐々に施工も進んで参りました!
次にどの様に変化するのかとっても楽しみになってきますネ。
それではこの続きはまた次回のBlogにてご紹介しようと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

5月も中旬に入り、爽やかな初夏の陽気が続きます今日この頃、皆さま如何お過ごしでしょうか?
新元号”令和”が始まって2週間が経ちますが、様々な書類等で”令和1年”もしくは”R1”と云う文字を目にする事も多くなってきましたね。
私も図面や様々な書類に日付を記載する際、”R1”と云う令和の略式表記を使っておりますが、まだまだ習慣で平成の”H31”と書こうとしてしまう事があります(笑)
数年の間は中々”令和”と云う元号が馴染みにくいかも知れませんが、その後々に過去に流行った言葉や物を見て”なんだか平成っぽいデスね(笑)”なんて言葉が出てくるようになるのでしょうかネ。
さて、本日もお仕事をパワフルに過ごせるように美味しいものを求めてこんなものを食べに行って参りました!


本日のお昼は、八王子の中町にあります”武蔵野うどん たまや”さんへ久々に行って参りました。これからの時期、このおうどんはとってもおススメです!

店内には行って見ますと、木をふんだんに使ったウッディーで且つちょっとクラシカルな雰囲気で、何となくホッとさせてくれます。
広々としたカウンター席とテーブル席が数席と云った感じですが、老若男女問わず入り易いお店です。
さて此方のお店の看板メニューは、表の看板にも書いてあります”味噌ラーメン”!
と云う事で、迷わず味噌ラーメンをオーダーしますと、出て来たラーメンは上の画像の通り、想像以上に濃厚な味噌ラーメンでした。
スープを蓮華ですくって見ますとドロッとするぐらいに濃厚なのですが、一口飲んでみますと濃い中に様々な旨味を感じさせてくれる美味しいスープでした。
特に面白いのが、上にのっております摺り生姜がとても良い塩梅で効いていて、飲み進めて行っても飽きない味なのです。
麺は比較的太めの麺で、この濃厚なスープとの相性は抜群です!
さて、食べていると隣の席の人が”スープ割りをお願いします”と頼んでおりました。
”つけ麺”なら定番のスープ割りですが、普通の味噌ラーメンでスープ割りをオーダーするのは始めてです。
つられて私もスープ割りを注文すると、小さなやかんが出て来まして、どうやらその中にスープ割りが入っている様です。
早速割って好みの濃さにして食べてみますと、魚出汁の効いたスープ割りがとても良い感じになり、また違う感じのラーメンに生まれ変わりました!
これなら人それぞれの好みに沿って濃さを変えられるので、老若男女問わず楽しめるラーメンであるのが納得です。
(実際最初から薄めを注文されている方もいらっしゃいました。)
多摩地区では中々見ないスタイルのラーメン、とても新鮮で良い感じでした!もしご興味がありましたら、遠いですが何かのついでに訪ねて見ても良いと思いますヨ(笑)

さて本日も、前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


八王子市 W様邸外構リノベーション工事。この日も頑張って施工を進めて行きます!

八王子市 W様邸外構リノベーション工事。
この日も各職方さん達が張り切って施工に励んでくれました!
さてこの日はどんな作業をするのでしょうか?


この日から次の工程である、”駐車場造成工事”に入りました。造成箇所に杭と水糸を引いて、全体的な仕上げ高を割り出して行きます。

前回のBlogでは、造園職方による大規模な植栽メンテナンス工事の様子をご覧頂きました。
メンテナンス後、かなりスッキリとした駐車スペースにていよいよ次の工程である”駐車場造成工事”に入ります。
今回の施工は、面積に対してのコスト面を考慮し、コンクリート等で舗装を施すのではなく砂利よりも細かい”ダストチップ”という物を敷き詰め転圧を掛けて均していく乾式施工を選択しました。
まず、敷地内に図面に則って杭と水糸を引いて実際のスペース、そして仕上げ高等を割り出して行きます。


雑草に覆われていた菜園スペース箇所も、再構築します。菜園スペースの縁石としては、雑草内に埋もれていた沢山のブロックを再利用します。

前回の除草作業で露になりました菜園スペース。
こちらも駐車場造成と共に再構築します。
駐車場とを仕切る縁石には、雑草内に埋もれていました沢山のコンクリートブロックを再利用して、極力運搬処分のコストを抑える様にします。


敷地内におきましても、懸案事項であります岩盤の掘削作業を行い、その際に出た瓦礫を駐車場の路盤材として再利用します。

同時に敷地内におきましては、懸案事項である岩盤の掘削作業を行っていきます。
大型の掘削機にて硬い岩盤を削り、芝生を植えるのに必要な客土の深さを稼ぎます。
またその際に出た瓦礫に関しては、駐車場造成の為の”路盤材(ベース材)”として再利用します。
今回の作業はいかに広範囲にわたる工事において、創意と工夫を施して低コストで最大限機能を発揮できるかに掛かっております。
見た目は地味ではありますが、非常に重要な作業です。


駐車場ではいよいよ造成工事が始まりました。写真は駐車場内に敷き詰める”ダストチップ”です。

さて、駐車場内におきましても造成工事が本格的に始まりました。
トラックの荷台に乗ってありますグレーの山は、駐車スペースに敷き詰める”ダストチップ”と呼ばれるものです。


敷地内での掘削作業の際に出た瓦礫を敷き詰め、その上にダストチップを敷き詰めて転圧機で平らに押し固めていきます。

敷地内にて掘削作業の際に出た瓦礫を駐車スペースに敷き詰め、更にダストチップを撒いて転圧機にて押し固めていきます。


ある程度ダストチップを撒いて押し固めた様子が此方です。

そしてこちらは、ある程度駐車場内にダストチップを撒いて押し固めた様子です。
砂利よりも細かい粒子の為、転圧機で振動を掛けますと、砂利よりもしっかりと締まっているのが分かりますね。


更に駐車場入り口脇にあります壊れかけてしまったブロックとフェンス。こちらもお客様のご要望で撤去します。

さて、駐車場入り口脇にあります金網フェンスとブロック。
此方も経年で傾いてしまっており、柱下のブロックはパックリとひび割れが出てしまっているのが分かります。
この箇所におきましても、お客様から撤去して欲しいというご要望を頂きました。
そこで・・・


この通り、綺麗に撤去しました。

この通り綺麗に撤去を施しました。
ちなみにコーナー箇所のブロックに関しては、敷地の土留めとしての役割等を果たしている関係上、残す様にしました。

と云った感じで、作業も順調に進んでおります。
さらに次の工程ではどの様な作業が進められるのか、楽しみになっていきますね!
それではこの続きは、また次回のBlogにてご紹介しようと思いますので、宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

GW10連休、そして新元号スタートと云う大きなイベントが終わり、ようやく日常生活に戻って来ましたウィークデイの木曜日、皆さま如何お過ごしでしょうか?
10連休もの長い期間のお休みで、連休明けの月曜日はとても辛かったと云っている方がとても多かったようですね。
逆に私と同じように連休中もお仕事と云う方にとっては、無事に連休が明けたとホッとされている方も多いのではないでしょうか(笑)
なにわともあれ、皆さまお疲れ様です!
しかし連休中もそうでしたが、ここに来て天気の急転、そして日中と朝晩との激しい気温差は本当に身体に堪えますね。。
私もここの所、運転中に突然眠気がさして、信号で止まっていると危うく眠ってしまいそうになりました。
連休中、そして連休後に痛ましい交通事故のニュースが流れておりましたが、チョットした不注意からとんでもない大事故につながる事を考えると本当に怖いですね。。
お仕事等で運転される方も多いと思われますが、もし疲れたと思いましたら無理せずに車を止めて、数分でも目をつぶる等の小休憩を取る様にしましょう!
数分の小休憩だけでも、かなりの効果がある様です。是非気を付けて、安全運転心掛けて下さいね。

さて先日、所用で千葉の船橋の方へ出掛けていたのですが、その帰り道、江戸川にありますチョット気になっていたお店に立ち寄って見ました。


江戸川区は都営新宿線”船堀駅”から数分の所にありますラーメン屋”大島”というお店に伺いました。

そのお店は、都営新宿線”船堀駅”から歩いて数分の所にありますラーメン屋”大島”と云うお店です。
実はテレビ東京の”アド街ック天国”等の情報番組でこの界隈が紹介されると必ずと云って良いほど出演しているお店なのです。
(某有名”家電芸人”の方が常連と云う事でも有名なお店の様です。)
外観は、木調をベースとしたシンプルモダンな佇まいで、一見するとラーメン屋と云うよりかはオシャレな小料理屋さんと云った雰囲気ですね!


”大島”さんの看板メニューは、表の看板にも書いてあります”味噌ラーメン”です!

店内には行って見ますと、木をふんだんに使ったウッディーで且つちょっとクラシカルな雰囲気で、何となくホッとさせてくれます。
広々としたカウンター席とテーブル席が数席と云った感じですが、老若男女問わず入り易いお店です。
さて此方のお店の看板メニューは、表の看板にも書いてあります”味噌ラーメン”!
と云う事で、迷わず味噌ラーメンをオーダーしますと、出て来たラーメンは上の画像の通り、想像以上に濃厚な味噌ラーメンでした。
スープを蓮華ですくって見ますとドロッとするぐらいに濃厚なのですが、一口飲んでみますと濃い中に様々な旨味を感じさせてくれる美味しいスープでした。
特に面白いのが、上にのっております摺り生姜がとても良い塩梅で効いていて、飲み進めて行っても飽きない味なのです。
麺は比較的太めの麺で、この濃厚なスープとの相性は抜群です!
さて、食べていると隣の席の人が”スープ割りをお願いします”と頼んでおりました。
”つけ麺”なら定番のスープ割りですが、普通の味噌ラーメンでスープ割りをオーダーするのは始めてです。
つられて私もスープ割りを注文すると、小さなやかんが出て来まして、どうやらその中にスープ割りが入っている様です。
早速割って好みの濃さにして食べてみますと、魚出汁の効いたスープ割りがとても良い感じになり、また違う感じのラーメンに生まれ変わりました!
これなら人それぞれの好みに沿って濃さを変えられるので、老若男女問わず楽しめるラーメンであるのが納得です。
(実際最初から薄めを注文されている方もいらっしゃいました。)
多摩地区では中々見ないスタイルのラーメン、とても新鮮で良い感じでした!もしご興味がありましたら、遠いですが何かのついでに訪ねて見ても良いと思いますヨ(笑)

さて本日も、前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


八王子市 W様邸外構リノベーション工事。いよいよ施工開始です!

八王子市 W様邸外構リノベーション工事。
前回のBlogにて施工前の状況をご覧頂きました。
さあ、いよいよ施工開始です!どの様に変化していくのかとっても楽しみですね!


まず最初に取り掛かったのは、植栽の剪定・間引き・除草等のメンテナンス工事です。

まず最初に取り掛かりました作業は、駐車場・敷地お庭内の植栽メンテナンス工事からです。
建設工事中にて手付かずになってしまった伸び放題の植栽を剪定・間引きし、更に雑草等もしっかり除草して次の工程の作業がし易い様にします。
作業には、上の写真の様な重機(バックホー)やクレーン車も駆使していきます。
かなり大規模な造園工事です。


造園職方は、この日でおおよそ6人。屈強な職方衆がおよそ2〜3日で作業を進めて行きます。

この工程に取り掛かります職方の人数は6人。
また午後からは応援の別チームも加わり、人海戦術で作業を行っていきます。
これだけの大規模の工事をおよそ2〜3日で仕上げようと云うのですから、まさに”プロフェッショナル”です。
写真は今回参加する各職方による作業前のミーティングの様子。
この際に間引きする樹、植栽の剪定の仕方等の細かな打ち合わせを行っていきます。
また今回は、お施主様の奥様も立ち会って作業を見守りたいとの事で、造園工のリーダーと話し合いながら作業を進めて貰いました。


いよいよ作業開始!職方さん達が各場所に散らばって手際よく作業を進めて行きます。

いよいよ作業開始です!
各職方さん達が各場所に散らばり、手際良く黙々と作業を進めて行きます。


同時に敷地内のお庭では、別の職方さんが除草等の作業を進めております。

更に敷地内のお庭では、剪定・除草等の作業を進めております。
徐々にサッパリしていく様子を見ていると、此方も気持ちが何だか晴れやかになっていきますネ(笑)


そして作業を終了した様子が此方です!うっそうとしていた最初の姿が嘘の様に広々としました。

そして作業開始から翌日の夕方には、この通り作業が完了しました!
短時間でここまで手早く作業を進める職方さん達。まさにプロならではだと思います。
お陰で駐車場内はかなり広々とし、車もとても止めやすくなりました。


藤棚等が置かれていた場所も、この通りスッキリと広いスペースが出来ました!

藤棚等が置かれていましたスペースは、この通りスッキリと広い空間が生まれました。
此方には後程、大型の物置きを設置する予定です。


雑草等で埋もれてしまっていた花壇スペースも露になりました。

逆側の様子。
雑草等で覆われてしまっていた花壇スペースが露になりました。
花壇内には、お客様が植えられた植栽の他、野鳥の糞の中に紛れていた種から育った樹木もいくつかあったとの事です。
数本は間引いたのですが、一本一本とても大きく育っており、自然の強大さの様なものを感じさせられました。


敷地と駐車場とを繋ぐ階段も露になりました。手前の花壇に関しては、後程駐車場を再構築する際に一緒に作り直します。

駐車場奥側にあります敷地とを繋ぐ階段も露になりました。
これで敷地と駐車場の行き来がし易くなります!
何本も育っていた植栽に関しては、形の良いものを奥様に選んで頂いた上で数本残し、残りは間引きました。
それでも残した樹木に関しては、非常に大きな樹となっています。自然ってホント凄いですね!
尚、手前側に露になっておりますブロックで囲まれた菜園スペースは、後程行います駐車場再構築工事の際に一緒に再構築を施します。


敷地内の前庭もこの通り、サッパリとなりました。

こちらは場所が変わり、敷地内の前庭の様子です。
こちらもうっそうと雑草や樹木の枝が伸び放題となっておりましたが、この通り綺麗サッパリとなりました!
剪定・間引きを施したお陰で、樹木1本1本がしっかりと主張する様になり、さらに風通しが良くなったことで居心地の良い空間となりました。
メンテナンスの大切さをとても強く感じさせられますネ。

と云う事で、まず最初の造園工の工程は完了です。
次はどの様な工事を進めて行くのか、とても楽しみになってきますネ!
それではこの続きは、また次回のBlogにてご紹介しようと思います。
どうぞよろしくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

ゴールデンウィーク史上最大となる10連休真っ只中、皆さま如何お過ごしでしょうか?
連休に入ってから数日間は雨になってしまったりと落ち着かない日がありましたが、本日は日中夏日を迎え、とても暑い一日になりましたネ!
急な暑さに晒されると身体が慣れておらず、熱中症等に掛かってしまうかもしれませんので、くれぐれも水分補給等しっかりとってお過ごしくださいね。
さて5月に入り忘れてならないのが、前回のBlogでも書きましたが”新元号 令和”が始まった事ですね!
その為か、なにかとテレビやネット等のメディアでは”令和初!”なんて言葉が飛び交っておりますネ(笑)
皆さんにとってもそんな”令和初!”、何か印象深いことは起こったでしょうか?
私の場合、今日書いているBlogこそ正に”令和初!”となります(笑)
そしてもう一つの”令和初!”として、今回も美味しいお昼ご飯を食べて参りました!


令和一発目となるラーメンは、八王子は”イーアス高尾”と云うショッピングモール近くにあります中華屋さん”リバティ”さんと云うお店です!

本日伺いましたお店は、八王子は東浅川町。”イーアス高尾”と云うショッピングモールにほど近い所にあります中華屋さん”リバティ”さんです。
コチラのお店、SNS等でいろんな方が良く紹介されているお店で、特徴的な名前とは裏腹にとても美味しそうな料理の写真が飛び交っていてとても気になっておりました。
本日は高尾方面にお仕事で出向いていたので、この機会にと伺ってみました。
お店は厨房をL字型にカウンターで囲う、如何にも”街中華”的な感じの佇まいでした。
厨房では若い御主人が一人黙々と鍋振りをしていて、出てくる料理に期待が膨らんできます!
さて、今回選んだ料理はオーソドックスは”中華そば”。
出てくるラーメンは、刻み玉ねぎにラード油が表面を覆う”八王子ラーメンスタイル”ではと勝手に予想していたのですが、出て来たラーメンはそんな予想を裏切ったビジュアルのラーメンでした。
醤油ベースに縮れた細麺が入り、表面には豚の背油やガーリック等が浮いたコッテリ系のもので、具材はチャーシュー・ホウレンソウ・メンマ・もやし・ネギと云ったオーソドックスな物。
さて早速食べてみますと、スープは見た目程コッテリな感じではなく、背油やガーリックからの独特の香ばしい風味が良く効いている美味しいスープです。
これに細い縮れ麺がとても良く絡み合い、まさに”これだよこれ!”と云いたくなる様な私的にツボな味のラーメンでした!
八王子と云うと、やはり”八王子ラーメンスタイル”のお店がとても多くあるので、その中でこう云った感じのラーメンはとても良い感じだと思いました。
その他にも、チャーハンや色々な中華メニューがある様で、周りを見渡すと、ラーメン以外の料理を選んでいる人も多くいらっしゃいました。
皆さんももし高尾方面にお出掛けする機会がありましたら、一度寄って見ては如何でしょう?
私はまた違う料理を食べに、必ず寄ろうと思っております!

さて、令和元年一発目となる案件を早速ご紹介しようと思います。


本日よりご紹介します案件は、八王子在住のW様邸です。山の中のとっても閑静な住宅地でした。

本日よりご紹介します案件は、八王子在住のW様邸です。
急坂の道路を登っていった中にあります、山の中の閑静な住宅地の中に、お宅はありました。


ガレージ横にタイル張りの階段があり、正面には門袖が立っております。

ガレージの横にタイル張りの階段があり、上がり切った正面には白い門袖が立っておりました。
外壁の塗装具合、さらにタイルの黒ずみ具合からかなり古い外構であることが分かります。


敷地内に入って見ますと、ガレージ上には陸屋根を利用したテラスとなっておりました。

敷地内に入りますと目に付くのが、ガレージ上の陸屋根を利用した広いテラスです。
広大なテラス空間の為、大きな物置き等を置いても全く狭さを感じません。
ただし、上に塗られております防水塗料もかなりの経年劣化で黒ずんでおり、塗装の切れた所から雨水がガレージ内に伝わっている形跡も見えました。
早めに対策をした方が良さそうです。


玄関前のお庭の様子。様々な植栽が育ちすぎてしまい、かなりうっそうとした感じです。

こちらは玄関前のお庭の様子です。
植えられた植栽がかなり育ってしまい、全体的にうっそうとしております。
全体的に除草や剪定等のメンテナンスを施してあげなくてはなりません。


こちらは玄関前の様子。白いサイディングの壁と木調の玄関ドアの対比がとても素敵で、背景の緑と良く映える建物です。

こちらは新たに建て替えられた建物の玄関前の様子です。
建物は白いサイディング壁に木調のドアとの対比がとても素敵で、背景の樹木のグリーンとの相性もとても良い、素敵な感じの建物です。
この雰囲気にマッチしたファサードの雰囲気を考えなくてはなりません。


サイドヤードの様子。現在は黒い防草シートが敷かれておりますが、シートの下は実は土ではないのです。。

こちらは玄関横のサイドヤードの様子です。
黒い防草シートが敷かれておりますが、このシートの下、実は土ではなく岩盤なのです。
今まで様々な施工現場をこなしてきましたが、土壌が岩盤と云う現場は流石に始めてです。。
このサイドヤードには砂利敷きをご依頼頂いているのですが、ゴツゴツとした岩盤相手にどの様にして整地を行うか、思案の為所です。


もう一方のサイドヤードの様子。此方へは日当たりの良さを活かして、芝生を植えられる様に客土を入れて欲しいとご依頼頂きました。

こちらはもう一方のサイドヤードの様子です。
こちら側も整地して、日当たりの良さを活かして芝生を植えられる様に客土を全体的に敷き込んで欲しいとご要望を頂きました。
こちらもやはり、シート下の岩盤をどの様に処理するか、思案の為所です。
更にお客様からご要望を頂いておりまして・・・


敷地下には更にお客様の土地があるのですが、樹木等がうっそうと育ちすぎてとても手が付けられない状態になってしまったそうです。。

それは、敷地下のお客様の土地です。
こちらは現在駐車場等で使用していたのですが、敷地内の樹木等が育ちすぎてしまってとても手が付けられない状態になってしまったとの事です。
(しかもこの樹木の半分近くは、自然に生えて育ったものとの事です。正に山の中の土地柄という物でしょうか。スゴイ!)
お客様からは、この中の樹を間引いたり剪定等を施して全体的に広くした所で、大型の物置きを設置したり、菜園を設けられる様にして欲しいというご要望を頂きました。

と云う事で、一通り現状を見廻しました。ここで内容をまとめてみますと、
.侫.機璽匹離螢縫紂璽▲襦奮段タイルの張替え、門袖リニューアル、門扉交換、塗装箇所の塗り替え)
▲レージ上の陸屋根の防水塗装塗り替え
8軸愾阿凌∈湾鯆蝓除草等のメンテナンス工事
ぅ汽ぅ疋筺璽匹虜粛敷き及び客土搬入
ド瀉浪爾療效呂凌∈魯瓮鵐謄淵鵐控擇喨置き等設置
と云った内容です。かなり広範囲に渡るお仕事となりました。そこで私が描きましたリニューアルしたイメージは次の通りです。


コチラがリニューアルしたイメージです。玄関前のイメージを踏襲して、白い外壁を基調に木調の門袖、黒系のタイルでシックに仕上げました。

まずファサードに関しては、玄関前のシンプルモダンな雰囲気を踏襲して、白い壁を基調に正面の門袖には玄関ドアと同系の木調の化粧を施し、階段タイルには、玄関ポーチと同様の黒系のタイルに張り替える事で、モダンなファサード空間にリニューアルします。


こちらは門周りのイメージ。木調のダークブラウンの化粧板が施された門袖には、新たに設置したインターホンやお客様がご用意する表札が設置されます。

こちらは、階段を上がった門周りの様子です。
玄関ドアと同系の木調の化粧板が、シックな雰囲気を醸し出しております。
(化粧板に関しては、後程の会にてご紹介します。)
そしてその門袖には、お客様がご用意されるモザイク柄の表札がとても良い雰囲気を出しております。
門扉は縦横格子のデザインの物をお選びし、少々”和”の雰囲気を持たせた空間としました。


ファサードを上から見たイメージ。ガレージ上の陸屋根にはしっかりと防水塗装を施します。

そしてこちらは、上から門周りを眺めた様子です。
お庭の植栽はメンテナンスを施してスッキリとさせ、ガレージ上の防水塗装は改めてしっかりと施します。


こちらはサイドヤードの様子。岩盤を鋤取った上で防草シートを敷き直してその上に砂利を敷き込みます。

そして此方が、サイドヤードのイメージです。
サイドヤードに関しては、問題となっております岩盤を掘削機等で削った上である程度平滑に仕上げ、その上に防草シートを敷いた上で砂利(石灰岩砕石)を敷き込みます。
さて、ここで問題なのが削った岩盤の処分方法です。
実は産廃処分として処分しづらいものが外構の中でもいくつかありまして、一つは一時期ガーデニングブーム中に一世を風靡した”枕木”。そしてもう一つが、庭石や玉石と云った”岩石系”です。
どちらも共通して云える事は、”再利用が出来ない”と云うもので、これらを受け入れる処分場はとても少ないのが実情です。
またもし処分を受け入れたとしても、その単価はかなり高額となってしまい、予算内に重くのしかかってしまいます。。
さて、ここで職方さん達と知恵を出し合って出た答えが・・・


敷地下の土地の整地の際、残土を深めに鋤取った上で削った岩盤を敷き込み、路盤材として再利用する様にしました。

広大な敷地下の土地の整地の際、残土を深めに鋤取った上で削った岩盤を”路盤材”として再利用する事にしました。
そうする事でしっかりとした土地のベースを作る事が出来るのと同時に、高コストの処分費を抑える事が出来ると云う、まさに”一石二鳥”の処分法です。
こう云った最良の方法を思いつけたのも、まさに私たち”イゲタヤE&R”のチーム力の賜物であると思います。
さて、かなり広範囲に渡ります施工となりますが、これからどの様にリニューアルされていくのか、次回のBlogよりご紹介していこうと思います。
それでは、また次回も是非宜しくお願い致します!


≪前のページへ || 1 || 次のページへ≫

ホーム » マネージャーのブログ

ブログカレンダー

<   2019-12   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
タグリスト
  • ファサード
  • クローズド外構
  • セミクローズド外構
  • エバーアートボード
  • 目隠しフェンス
  • 人工芝
  • インターロッキング
  • 完工まとめ
  • プラスG
  • 特殊な工事
  • 入隅空間の有効活用
  • ウッドデッキ
  • 樹ら楽ステージ木彫
  • 和モダン
  • プランニング
  • ホームページのバージョンアップ
  • リードデッキ
  • 樹ら楽ステージ
  • 屋外コンセント
  • 美彩シンプルラインライト
  • ウッドデッキの点検口
  • 小さなお子さまの安全対策
  • 古いブロック塀の改修
  • サニーブリーズフェンス
  • レストステージ
  • 乱張石貼り工事
  • アースカラー
  • マイリッシュOK
  • UNISUSポスト
  • テラス屋根の修繕工事
  • レイスクリーン
  • レンガ調タイル
  • オリジナル門袖
  • 美彩グランドライト
  • デザイナーズパーツ
  • エアコン室外機移設
  • フロアビーズ
  • アプローチの舗装
  • フラットパン
  • デッキ上の手摺
  • アーキレール
  • ガーデンシンク
  • 立水栓
  • カーポート
  • フーゴ900
  • サイクルポート
  • フーゴミニ
  • 駐車場造成
  • ナノコンポジットW
  • 外壁塗装
  • トランス
  • エクステリアの照明
  • 美彩グラスウォールライト角型
  • ベランダ手摺モダンパネル
  • 鋤取り砕石填圧
  • ブロック積
  • ローシェン
  • ソルディーポート
  • エクステリアコンテスト
  • 植栽工事
  • 無金利リフォームローンキャンペーン
  • クリエカラー
  • 物置設置
  • NEXTA
  • イナバ物置
  • スピーネ
  • テラス屋根
  • サイドパネル
  • テグランネオ
  • アーキフラン
  • 庭王門
  • ハイグリッド門扉
  • 既存塀フェンス設置
  • コア抜き工法
  • 前後勾配カーポート
  • ケミカルアンカー工法
  • 人工芝(砕石ベース)
  • 人工芝(コンクリベース)
  • エルドラドクォーツイエロー100方形
  • 駐車場コンクリート工事
  • 二世帯住宅外構
  • 二世帯住宅外構
  • スマートエクステリア
  • キャンペーン
  • 新築2世帯住宅外構
  • 新素材フェンス
  • タイルポーチ(デザイン貼り)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 人工木デッキ造り替え
  • タイルデッキ
  • ゴルフパット向け人工芝
  • ゴルフパット向け人工芝
  • 2018年総括
  • 新素材フェンス
  • セミクローズド外構
  • 宅配ボックス
  • 建て替え
  • 外構リノベーション
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • LIXIL”ココマ供
  • LIXIL”プラスG”
  • LIXIL”フェンスAA”
  • 土地拡幅リガーデン
  • 造作壁
  • イゲタヤE&R

    エクステリアオフィス
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ南平店内)
    〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

    八王子サテライト
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ八日町店内)
    〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

    TEL:042-591-8497
    メールお問合せはこちら

    施工エリア
    東京都の以下地域となります。
    日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
    本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
    保護しております。