このページのトップへ
6月 2021年 の記事
イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

6月も半ばとなり、先日ようやく梅雨入りとなりました今日この頃ですが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
今年は梅雨入りが例年に比べて遅いと云う事で、このままカラ梅雨になってしまうのかと思いましたが、今週に入って予定通り(!?)梅雨入りとなりましたね。
外仕事を生業としております我々にとっては有難かったのですが、ここからうっとおしいお天気が続くのでしょうネ(苦笑)
世の中では流行り病の状況も徐々に落ち着きを見せ、20日には東京は緊急事態宣言からまん延防止措置(マンボウ)へ移行していくようですね。
更に高齢者へのワクチン接種もかなりのハイペースで進み、いよいよ我々現役世代へもワクチン接種が行われようとしている様です。
私の方でもの、両親がワクチン接種を受け、その後の副反応も無く元気に過ごしている様です。
少しずつ、でも着実に終息へ世の中が進んでいる事を感じられます!
また、来月にはいよいよ東京オリンピックが控えております。オリンピックがどの様に行われるのか期待と不安の中ではありますが、無事成功を収めて暗いコロナの世の中を吹き飛ばすきっかけとなってくれればと願うばかりですね。

さて、梅雨時期と云えば見頃を迎えるのが”紫陽花(アジサイ)”ですね♪
毎年高幡不動の裏山では綺麗なアジサイの花を見せてくれますが、今年も綺麗な姿を見せてくれていました!


今朝、日課にしているウォーキング途中で高幡不動内を歩いている際に撮影したアジサイの様子です!
青、淡い青、白、ピンクと、色とりどりのアジサイの花が訪れる人の目を楽しませてくれます!

高幡不動の敷地内には沢山のアジサイを植えていて、毎年訪れる人の目を楽しませてくれます。
私は早朝にウォーキングで裏山から境内へ向けて歩ているのですが、この時期はアジサイが見事に咲き誇っていて、この見事な風景を独り占めしている様な贅沢感を味あわせてくれます!
ちなみに画像は、私が最も気に入っている五重塔横のアジサイの様子です。
毎年見事な光景を見せてくれていまして、幸せな気持ちにさせてくれます♪
更に奥の方では、ヤマアジサイや希少品種のアジサイも植えられていて、マニアな方の目も楽しませてくれております!
こうして咲き誇ったアジサイを見ておりますと、植物の人を癒す力の偉大さを改めて感じさせられます。
ちなみにアジサイは、比較的日陰の場所を好む低木で、北側の日の当たりずらい所で植え込む樹木としては貴重なものです。
北側で何か季節感を感じさせてくれるお花をとお探しでしたら、とてもおススメの樹木ですよ!

それでは本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


日野市 S様邸エクステリアリノベーション工事。前回のBlogにて、駐車場ルーフ部材の骨組みが出来上がりました。

日野市S様邸 エクステリアリノベーション工事。
前回のBlogにて、駐車場箇所のルーフ部材の骨組みが出来上がった所まで御紹介致しました。
ここから更に施工を進めて行きます。


こちらが設置する屋根材です。フラットなデザインを成立させる為、屋根材自体に勾配を付けた特殊な形状となっております。
この屋根材の縁部分へ予めゴムパッキンをセッティングして、設置した際に継ぎ目から水がしみ込まない様にします。

いよいよこの骨組みへ屋根材を設置していきます。
通常の屋根部材で使われるものは、3弌5亳のポリカーボネートの平板材を用いていくのですが、今回設置します”プラスGルーフ フリータイプ”の場合、フラットなデザインを成立させるために屋根材自体に勾配を持たせた特殊な形状の物となります。
この屋根材に縁に、右の写真の様に黒いゴムパッキンを予め付けておくことで、設置した際に継ぎ目から雨水がしみ込む事を防ぐようにします。


この屋根材を、各梁に設置していきます。

そしてこの屋根材を、各梁に設置していきます。
こうして設置されるところを見ますと、どうして屋根材がこの様な形状をしているのかが良く分かりますね。


こちらが上部から見た様子です。屋根上を見ますと、複雑な形状をしている事が良く分かります。

更に屋根を上から見た様子です。
屋根材は各梁に設置した上で、アルミのカバー材を上からはめ込んで固定していきます。
ちなみにこのカバー材、最初の骨組みを組む段階でしっかりと水平・直角に設置されていないと上手くはめ込むことが出来ません。
更に強引に上から叩き込んで設置しますと、その際に生じてしまったわずかなすき間から雨水が侵入してしまい、後々雨漏りの原因となってしまいます。
パッと見ではフラットで且つシンプルなデザインのルーフ部材なのですが、そのデザインを成立させるために上部はとても複雑且つデリケートな施工を求められます。


前回のBlogで御紹介しました横樋部分。屋根材に設けられた勾配は、この樋に向けて勾配が取られております。

更にこちらが、前回のBlogで御紹介しました雨樋部分の様子です。
屋根材に設けられました勾配は、この樋に雨水が流れ込む様に取られております。
屋根材の形状の意味が、とても良く分かりますね。


再度下から屋根を眺めた様子です。上側とは打って変わって、シンプルな納まりです。

再度下から屋根を眺めてみた所です。
上側の様子とは打って変わって、下側はシンプルでスッキリとした納まりですね。
尚駐車場側は、この屋根下に天井材を設置して更にフラット感を演出します。
どの様に仕上がるかはまた後程御紹介します。


同時進行で、屋根にダウンライト照明を設置する為の配管工事を行っていきます。

同時進行にて、プラスGに設置しますダウンライト照明のための配線工事を行っていきます。
こちらの柱に既存電源から100V電線を通すための埋設管を予め配管し、100Vから12Vへ落とすトランスユニットを設置します。
手前側の箱上にあります器具が、設置するトランスユニットです。


電源は水栓下にありますコンセントからCB管を介してトランスユニットへ配線します。

電源は、水栓下に設けられております屋外コンセントからCB管を介してトランスユニットへ配線します。
なおコンセントからCB管が2本出ておりますが、今回は駐車場側とお庭側と2系統に分けて設置する為に2本設けました。
最近エクステリア照明としてローボルト器具が主流となってきましたが、メリットとデメリットがあります。
メリットとしては、
。隠横屬板稘徹気琉戞∨が一の漏電が生じた場合でも感電の恐れが少ない。
安全性が高い為、電気工事士でなくても一応施工は可能。
消費電力も少なく、ランニングコストを低く抑える事が出来る。
と云った事が挙げられますが、その一方デメリットとして、
\賤僖肇薀鵐好罐縫奪函∪賤冉枩コネクター等の必要部材が多く必要となり、イニシアルコストが掛かり易い。
▲肇薀鵐硬の部材はメーカーそれぞれの専用部材となる為、他メーカー同士の互換性が無い。
ローボルトとなる為トランスから設置する照明器具の数や設置距離に制約があり、許容範囲を超えると誤作動、故障の原因となる恐れがある。
と云った事が挙げられます。
昨今はLEDの性能が格段に向上し、低電圧でも非常に明るい照明が多くなった為ローボルトタイプの照明が主流となりつつありますが、メリットとデメリットを良く理解した上でプランニングしないとベストな照明計画を立てる事が出来ません。


駐車場奥側の柱へもう一方の100V配管を通し、お庭側照明用のトランスユニットを設けます。

今回の場合、駐車場側からお庭側へ広範囲に掛けて照明を設置する為、一つのトランスユニットだけでは許容範囲を超えてしまいます。
そこで、駐車場側とお庭側とでトランスユニットを分けて配線計画を立てる事としました。
上の写真は、駐車場奥側の柱に100Vの電線を配線した様子です。
ローボルト照明は、トランスより先に関しては電気工事士でなくても施工可能ではありますが、結局トランスから元の電源にて100Vを扱わなくてはならない為、弊社では原則電気工事士である電気職方が照明工事を行います。


トランスから先の各照明に対して、電線を配線していきます。柱や梁の構造を上手く使って、極力電線が表に出ない様に配線を行っていきます。

電気職方に施工を依頼するもう一つの理由として、”配線の隠蔽技術”が挙げられます。
トランスから先のローボルト箇所に関しても、極力配線が表に露出しない様に柱や梁の構造を利用して配線を行っていきます。
更に、万が一の故障等が発生した際にも対応出来る様に、メンテナンス性を考慮して配線を行っていきます。
これら2つの事を意識して施工を素早く行える人材として、電気職方は非常に重要な役目を果たしてくれます。
上の画像は柱から梁を使って配線を行っている様子です。
駐車場箇所では先端から車庫内にてダウンライトを数多く設置します。
意匠性の高い部材で、メンテナンス等も考慮して綺麗に設置していく。非常に高度な仕上がりを求めておりますが、それを実現してくれるプロの技術には本当に脱帽です。
私プランナーが、安心して色々な提案を行う事が出来る裏には、こう云った様々な職方さんの技術に支えられているという事を改めて考えさせられました。
有難いものですね!


駐車場箇所の屋根材が設置されました。更にここから、どんどんと姿を変えて行きます!

ようやく駐車場箇所の屋根材が設置されました。
しかしまだまだ途中段階。
ここから更に施工を進めて、どんどんと姿を変えて行きます。
どの様に変化していくのか、とっても楽しみになりますね♪
それではこの続きは、次回のBlogにて御紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

6月なって時折天気になると夏の暑さを感じさせられる今日この頃ですが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
それにしましても、2021年になってから半年が経とうとしておりますが、そのほとんどが緊急事態宣言ないしマンボウにほとんど充てられてしまった、ある意味昨年よりも異常な半年となってしまいましたね。。
新聞やテレビでは1年以上も流行り病の事を報じており、うんざりしてしまっている方々も多いのではないでしょうか。
そんな中、新たなメディアとしてネットへ移行して云った方々も多く、極端な人では家のテレビを捨ててネットのみにしてしまったという人もいる様です。
私自身もテレビよりネット動画等を見る機会の方が多くなってきましたが、そのネット内ではYOUTUBEを始めとした動画配信サービスにて様々な著名人の方々が個人チャンネルを開設されていて、とても活況になってきている様です。
ちなみに最近、私が嵌まっているYOUTUBEチャンネルは、元プロ野球選手が開設されているYOUTUBEチャンネルです。
”ミスターレオ”こと石毛宏典さんが開設されているチャンネルや、”巨人軍最強助っ人”ことウォーレン・クロマティーさんのチャンネル等々、私が学生の頃に活躍されていたスター選手が個人チャンネルにて、選手時代のエピソード等を気軽に聞けると云うのは、本当に凄い世の中だなぁと思いました。
世界中に大きな影響を及ぼした流行り病ではありますが、その裏で様々な事が変わってきているのだと云う事をとても強く感じさせられます。
ワクチン接種もペースが上がり始め、徐々に終息へ向けて世の中が進み始めておりますが、終息後の世の中がどの様になるのか、とても興味深いものです。
まだまだ暗い空気が漂う世の中ですが、明るい気持ちで頑張って行きましょう♪

さて本日も、美味しいご飯を求めてこんな物を食べて参りました!


本日は八王子は大和田町にあります”らーめん楓”さんへ伺いました。暑い時期はスルッとつけ麺が食べたくなりますね!

本日伺いましたお店は、八王子は大和田町にあります人気ラーメン店”らーめん楓”さんへ伺いました。
今の時期、飲食店は非常に苦しい状況下に置かれておりますが、此方のお店もカウンター内に一席ずつアクリル板を設置したり換気を徹底したりアルコール消毒を徹底したりと様々な対策を施して頑張って営業されております。
伺うたびに頭が下がる思いです。
さて本日は、此方のお店ではあまり頼んだ事の無かった”つけ麺”を選んでみました。
しばらくして出て来たものは、お洒落な焼き物の器に盛られた平べったい麺と刻み玉ねぎやチャーシュー等が入った醤油味のつけ汁で、とても綺麗に盛り付けられております。
楓さんは自家製麺を使ったメニューが自慢のお店ですが、メニューによって麺の太さ等を変えていてとても麺に対してのこだわりを感じさせられます。
つけ麺用の平べったい麺は、喉越し良くコシもあり、噛むと麺からほのかな甘みが感じられる美味しい麺です。
その麺に対してつけ汁は、魚介と動物系の合わせ出しが効いた旨味の詰まったつけ汁で、麺の個性に負けない美味しいつけ汁でした。
更につけ汁内には、良く仕込まれたチャーシューも入っていて、とても柔らかく美味しい物でした。
そして麺が食べ終えた後のつけ麺のもう一つの楽しみは、スープ割りを入れた味わい深いスープです。
スープ割りは煮干し系が強めの出し汁で、更に味の感じが変わってとても美味しいスープでした。
色々なつけ麺を食べましたが、その中でもとても上品なつけ麺で、とても旨い物でした。
もしご興味がありましたら、是非食べに行って見て下さいね♪おススメですよ!

それでは本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


日野市 S様邸エクステリアリノベーション工事。前回のBlogでは、駐車場箇所の柱立ての穴あけ工事を行いました。

日野市S様邸 エクステリアリノベーション工事。
フェンス設置工事が完了し、いよいよ”LIXIL プラスG”を使った屋根設置工事が始まりました。
前回のBlogでは、駐車場箇所への柱設置工事を始めました。


駐車場内では前回開けた基礎穴に柱が立ち始め、同時に梁も設置され始めました。

前回開けた基礎穴に柱が立ち始め、同時に梁も設置され始めました。
梁の高さも窓上のシャッターボックスとほぼ同じ高さに設置され、予定通りの位置に納められました。
中々良い感じです。
更に施工は進みまして・・・


無事に骨組みが組まれました。大分雰囲気が出て来ましたね!

この通り、無事に骨組みが組み終わりました。
実際に組みあがりますと、その立派さが良く分かりますね!
このフレームをベースに、屋根材や照明等を設置していきます。どの様になっていくのかとても楽しみになって来ます!


こちらは駐車場奥側の柱と梁の写真です。こうして見ますと、梁と柱がずれて設置しているのが分かりますが・・・。

ちなみにこちらは、駐車場奥側の柱と梁の設置位置を分かり易くした写真です。
こうして見ますと、フレームの角の下に柱が来るはずが、フレームの外側に柱が設置されております。
これは手違いという訳ではなく、お庭の土地形状に合わせて考えた設置方法なのですが、それはお庭へのフレームが設置され始めた時にその理由がお分かりいただけると思います。


シルバーの梁には屋根材が設置され、その両脇には横樋が設置されております。

今回設置します”プラスG”の”フリールーフタイプ”は、フラットなデザインの屋根を造り上げるために、様々な工夫が施されております。
シルバーの梁は、ポリカーボネートの屋根材が組み込まれる梁となり、その両脇には横樋が設置されております。
下から見ますと横樋がどれになるのか分かりにくいですね。


こちらは骨組みを上から見た様子です。黒く見えている所が横樋となります。

そしてこちらが、横樋箇所を上から見た様子です。
画像の黒く見える箇所が横樋となる所で、屋根材から流れて来る雨水をこの樋に流して、縦樋から下へ落とします。
尚、横樋は細い溝の為、枯葉等が詰まり易く上手く水が流れにくい構造となっております。
そこでその状況を防ぐために、溝内に予め黒い樹脂製の網を入れて枯葉が溝内に入りにくい様にしました。


次回はこの骨組みに屋根材を設置していきます。

ここから更に施工を進め、次回は梁に屋根材を設置していきます。
実はこの屋根材が、またとても特徴的な形状の物となるのですが、それはまた次回のBlogで御紹介しようと思います。
それではまた次回もどうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

6月に入りどんよりとした天候が続きますが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
先月一杯で終わる予定だった緊急事態宣言もまさかの再延長となり、天候同様に世間もどんよりとした空気が漂っている様な感じですね。。
私事ではあるのですが、6月1日は私の誕生日で本来であれば明るい気持ちで過ごしたかったのですが、再延長のニュースで誕生日気分も吹き飛んでしまいました。
ホント寂しいものですね。
しかしそんな中、徐々にワクチン接種も進み始め、終息に向けて徐々に進み始めている様です。
私の両親も無事1回目のワクチン接種を受ける事が出来たとの事で、身近な所で進んでいる事を感じさせられます。
私たち現役世代がワクチンを受けられるものいつになるか分かりませんが、来年は平穏な誕生日を迎えられればと心から願うばかりです!
今は体調に気を付けて、心身ともに健康でいられる様に頑張って行きましょう♪

さて本日も、美味しいご飯を求めてこんな物を食べて参りました!


本日は八王子は高倉町、日野バイパス沿いにあります”十八製麺”さんへ伺いました。表看板の”炙り豚バラタンメン”と云う文字に惹かれちゃいました♪

本日伺いましたお店は八王子は高倉町。日野バイパス沿いにありますラーメン店”十八製麺”さんです。
このお店の前は通勤中に良く通るのですが、お店の前に掲げられている限定メニュー目に入ってとても気になってしまうのです(笑)
ちなみに今の時期は”炙り豚バラタンメン”と云う事で、”炙り”と云う文字がとても気になって本日フラッと寄ってしまいました。
早速注文して見ますと、カウンター越しから”ゴー”とガスバーナーで豪快に炙っている音が聞こえ、嫌が追う無しに期待感が膨らみます!
しばらくしますと、塩スープベースでたっぷりの野菜やお肉が乗っかっている具沢山のタンメンがドンっと出て参りました。
スープを飲んでみますと、相変わらず旨味たっぷりの塩スープが良い感じなのですが、何処となく香ばしい風味がプラスされてとても美味しいです。
そして何より、具沢山の野菜や豚バラ肉からとても香ばしい風味を感じられ、看板のメニューの期待を裏切らない美味しいラーメンでした!
ラーメンと一緒に付いてくる混ぜご飯と味付けモヤシの付け合わせも嬉しく、とても満足なメニューでした。
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね♪
とてもおススメなメニューです。

それでは本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


日野市 S様邸エクステリアリノベーション工事。前回のBlogでは、駐車場奥とお庭等に掛けてのフェンス設置が完了した所までを御紹介しました。

日野市S様邸 エクステリアリノベーション工事。
前回のBlogでは、駐車場からお庭、サイドヤードに掛けてフェンス、門扉が設置された所までを御紹介致しました。
いよいよ次の工程として、駐車場とお庭に”LIXIL プラスG”を使ったルーフ設置工事を行います。


まずは駐車場内の柱設置箇所への基礎穴施工を始めて行きます。

まず始めに、駐車場内の柱設置箇所への基礎穴施工を始めて行きます。
今回設置します部材の範囲はかなり広範囲で且つ、長い距離を数メートルにも渡る巨大な梁で囲うので、柱の位置出しは非常に重要な作業となります。


お隣り様側は、所定の箇所にて予定通り穴を開ける事が出来ました。

位置出しを行った所で、穴開け作業開始。
お隣り様側に関しては埋設物等は発見されず、所定の箇所にて穴あけする事が出来ました。
穴の開けた箇所は、土のう袋等を置いて転落しない様に養生します。


問題は建物側です。建物側にはエネファーム等の設備があり、それに伴う配管等の埋設物が心配されます。

問題は建物側です。
建物側にはエネファーム等の住宅設備があり、それに伴う配管等が埋設されている事が心配されます。
それ故穴開け作業は、慎重に行う必要があります。


こちら側はコンクリート舗装箇所となる為、ハツリ機を使って丁寧に作業を進めて行きます。

と云う事で、建物側に関しても穴開け作業を始めて行きました。
こちら側はコンクリート舗装箇所が多い為、コンクリートハツリ機を使って慎重かつ丁寧に作業を進めて行きます。


エネファーム近くの基礎穴の様子。
機器の傍での作業でかなり緊張感がありましたが、掘削箇所からは配管等は発見されず、無事穴あけを行う事が出来ました。

懸案箇所であったエネファーム付近の穴開け作業でしたが、地中からは配管等は発見されず、無事穴あけ作業を行う事が出来ました。
図面を書いている時から心配していた箇所でしたが、何とか無事に作業をする事が出来て奔走に良かったです!


穴あけ作業が終わり、柱を立てた時には既に日が暮れ始めていました。

穴あけ作業が完了後、駐車場奥側の基礎穴に柱を立て始めた際には既に日が暮れようとしていました。
ちなみにこの2本の柱は、駐車場からお庭に掛けてL字に繋がるルーフ設置箇所の上で最も重要な箇所となります。


お庭に掛けて長いフレームが掛かる雰囲気が感じられます。

駐車場からお庭へ目を向けた様子です。
この柱から、お庭と駐車場に掛けて梁が渡されます。
尚、プラスGの色目に関しましては、先日設置しましたフェンス等の色合いと同じ”クリエモカ”。
同色の為、違和感なく設置される雰囲気が目に浮かびます!
さて更にここからどの様に変化していくのかとても楽しみです♪
ではこの続きは、また次回のBlogで御紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!



ブログカレンダー

<   2021-06   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
タグリスト
  • ファサード
  • クローズド外構
  • セミクローズド外構
  • エバーアートボード
  • 目隠しフェンス
  • 人工芝
  • インターロッキング
  • 完工まとめ
  • プラスG
  • 特殊な工事
  • 入隅空間の有効活用
  • ウッドデッキ
  • 樹ら楽ステージ木彫
  • 和モダン
  • プランニング
  • ホームページのバージョンアップ
  • リードデッキ
  • 樹ら楽ステージ
  • 屋外コンセント
  • 美彩シンプルラインライト
  • ウッドデッキの点検口
  • 小さなお子さまの安全対策
  • 古いブロック塀の改修
  • サニーブリーズフェンス
  • レストステージ
  • 乱張石貼り工事
  • アースカラー
  • マイリッシュOK
  • UNISUSポスト
  • テラス屋根の修繕工事
  • レイスクリーン
  • レンガ調タイル
  • オリジナル門袖
  • 美彩グランドライト
  • デザイナーズパーツ
  • エアコン室外機移設
  • フロアビーズ
  • アプローチの舗装
  • フラットパン
  • デッキ上の手摺
  • アーキレール
  • ガーデンシンク
  • 立水栓
  • カーポート
  • フーゴ900
  • サイクルポート
  • フーゴミニ
  • 駐車場造成
  • ナノコンポジットW
  • 外壁塗装
  • トランス
  • エクステリアの照明
  • 美彩グラスウォールライト角型
  • ベランダ手摺モダンパネル
  • 鋤取り砕石填圧
  • ブロック積
  • ローシェン
  • ソルディーポート
  • エクステリアコンテスト
  • 植栽工事
  • 無金利リフォームローンキャンペーン
  • クリエカラー
  • 物置設置
  • NEXTA
  • イナバ物置
  • スピーネ
  • テラス屋根
  • サイドパネル
  • テグランネオ
  • アーキフラン
  • 庭王門
  • ハイグリッド門扉
  • 既存塀フェンス設置
  • コア抜き工法
  • 前後勾配カーポート
  • ケミカルアンカー工法
  • 人工芝(砕石ベース)
  • 人工芝(コンクリベース)
  • エルドラドクォーツイエロー100方形
  • 駐車場コンクリート工事
  • 二世帯住宅外構
  • 二世帯住宅外構
  • スマートエクステリア
  • キャンペーン
  • 新築2世帯住宅外構
  • 新素材フェンス
  • タイルポーチ(デザイン貼り)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 人工木デッキ造り替え
  • タイルデッキ
  • ゴルフパット向け人工芝
  • ゴルフパット向け人工芝
  • 2018年総括
  • 新素材フェンス
  • セミクローズド外構
  • 宅配ボックス
  • 建て替え
  • 外構リノベーション
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • LIXIL”ココマ供
  • LIXIL”プラスG”
  • LIXIL”フェンスAA”
  • 土地拡幅リガーデン
  • 造作壁
  • 2019年総括
  • 旗竿地
  • ゲートアーチ
  • ゾーニング
  • 導線計画
  • 高低差
  • ステイホーム
  • 人工芝&タイル
  • ウッディー目隠し
  • タイルポーチ
  • プラスG
  • ガーデンラウンジ
  • ココマ
  • 2020年総括
  • ブロック塀ゼロ外構
  • ブロック塀ゼロ外構
  • 和モダン
  • LIXIL”フェンスAA”
  • イゲタヤE&R

    八王子
    エクステリアオフィス

    〒192-0071
    東京都八王子市八日町
    10-8
    プレシス八王子レグリオ1F

    TEL:042-686-0499
    メールお問合せはこちら

    施工エリア
    東京都の以下地域となります。
    八王子市/日野市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
    本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
    保護しております。