このページのトップへ
8月 2020年 の記事
イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

残暑の厳しい毎日が続く今日この頃ですが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
8月も気付けば下旬。来週は9月と、あっという間に8月が過ぎ去ってしまいましたね(汗)
今年はコロナ禍と云う特殊な状況の中での8月でしたが、それを予見したかのように梅雨も非常に長く、梅雨明けが8月入ってからと、異例尽くしの8月でした。
私の中で”8月”のイメージと云うと、各地でお祭りや花火と云った大型イベントがあり、半ばでお盆休みが入ったりと様々な事が盛りだくさんの月で、とても長く感じる1か月と云うイメージがあるのですが、今年は先述した通りの状況でとても短く感じる1か月だったと思います。
学校に通われてるお子様も、今週ないし来週から新学期と云う方も多いと思いますし、ホント非常に短い夏だったなと思っちゃいますネ。。
これから台風シーズンを経て秋に入ってきますが、コロナ禍での影響下でどの様になってくるのか心配ですね。
くれぐれも皆さま、日頃の体調管理には気を付けて元気に過ごして行きましょう!
そして何より、来年の夏はいつもの賑わいのある夏が戻って来てくれる事を心から祈りましょう!!
(オリンピックもありますしネ!)

さて、残暑厳しい中夏バテにならない様にするには良く寝る事と美味しいご飯を食べる事(笑)
と云う事で、本日も美味しいご飯を求めてこんな所へ行って参りました♪


本日はお仕事で出向いた府中からの帰り道で立ち寄ったお店”中華そば ひびき”さんを御紹介します!

本日はお仕事の関係で府中の方へ出向いたのですが、その帰りに府中方面の美味しいラーメン屋さんが無いか?と云う事で、府中方面の地の利に詳しい弊社マネージャーから教えて貰ったお店”中華そば ひびき”さんに立ち寄って見ました。
伺って見ますとお店前には早速数人の方が並んでいて、美味しいラーメン屋さんなんだと云う期待が膨らんできます!
回転も早く、数分で店内へ!ますます良い店感を感じさせてくれます。
始めて伺ったお店と云う事もあり、注文したメニューはオーソドックスな”中華そば”。
出て来たラーメンは、醤油スープと細いストレート麺にシナチク、海苔、チャーシュー、刻み玉ねぎと云った八王子ラーメンにも通じるシンプルなラーメンでした。
まずは一口スープを飲んでみますと、煮干し系の出汁が良く効いたサッパリめのスープで、細いストレート麺との相性もとても良いです。
また麺も、小麦の風味を感じさせてくれるコシのある麺でとても良い感じです。
何より最も特徴的なのは、中央に乗せてある”チャーシュー”。何時間も丹念に仕込んだ感じがとても良く出ているトロトロのチャーシューで、味は少々甘め。
このトロトロチャーシューと魚系のスープととても良く合い、全体的にとっても美味しいラーメンでした!
これは確かに、並んでいる人がいる人気店のラーメンだと思いました。
農工大のキャンパスに近いお店で、八王子や日野からは少々離れておりますが、もしお近くにお出掛けの御用がありましたら、是非行って見て下さいね!
おススメのラーメン屋さんです。

さて本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


リガーデン案件の”多摩市 M様邸”。前回のBlogでは、LIXIL”プラスG”のフレーム・屋根の設置及び電気工事の様子をご覧頂きました。

リガーデン案件の”多摩市 M様邸”。
前回のBlogでは、LIXIL”プラスG”のフレーム・屋根材、照明器具の設置の様子までをご覧頂きました。
いよいよここから、次の工程に進んで参ります。さて、どんな作業が始まるのでしょうか?


この日から始まる作業は、タイルポーチの基礎工事です。まず、レーザーにてポーチの仕上げ高を正確に出します。

この日から始まった作業は、タイルポーチの基礎工事です。
まずは手前に写っております”レーザー墨出し器”を使いまして正確にポーチの仕上げ高を割り出して行きます。
柱下に薄っすらと見える糸は、割り出されたポーチの仕上げ高です。
こうして見ますと、駐車場との高低差が意外とある事が良く分かりますね。


仕上げ高が割り出された所で、ブロックを積んでいきます。このブロックはポーチ基礎を作る上での重要な枠となります。

さて、ポーチの仕上げ高が割り出された所でいよいよポーチの基礎作りを行います。
ポーチ作成には2通りの作り方があります。
一つは型枠を設けてコンクリートを流し込んで作成する”RC工法”。もう一つはコンクリートブロックを使って枠を作り、その中に砕石路盤・コンクリートを施す”ブロック工法”。
”RC工法”は、建物を建築する際に重要な”ベタ基礎”を作成する際に、同時にとられる工法です。特に建物の玄関ポーチを作成する際に多くとられる工法です。
確かに”RC工法”は強度もあり安心感はとても強いですが、後付けで考える場合、コンクリート型枠設置等でのコスト、コンクリート自体のコスト等々、様々な面で非常に高コスト、そして強度のオーバースペックと云った様々な問題があり、一般的ではありません。
そこで、そういった問題をクリアできる工法として挙げられるのが”ブロック工法”です。
”ブロック工法”は、先にポーチの仕上げ高までブロックにて枠を作成。その後、ブロック枠内に土・砕石にて路盤を作り、更にメッシュ鉄筋等を配置してコンクリートを流し込み、最後にタイル等で化粧を施すと云った手順で行われる工法です。
この工法を取る事で、コンクリート型枠工と云った特殊な工事・大量なコンクリートと云った事が不要となり、低コストで施工を行う事が可能です。
後付けでポーチを作成する際、この”ブロック工法”を選ぶのが一般的です。
と云う事で、今回選んでいる工法はこの”ブロック工法”になります。


ブロックを積む際は、色々な事を考慮して積んでいきます。

またブロックを積む際は、様々な事を考慮して積んでいきます。
一つは路盤造成する際の土圧に耐えられる様に鉄筋を配置する事。もう一つはタイルの施工厚を考慮して高さや位置関係を出す事。
上の画像では柱際のブロックの位置関係をご覧頂いております。
柱とブロックの間に貫板が挟まれている事が分かると思いますが、これはのちのち側面にタイル張りを施す事を考慮して開けた間隔です。


枠内にあります枡等は、ポーチの仕上げ高に合わせて嵩上げを施します。

枠内にあります各桝も、ポーチの仕上げ高に合わせて嵩上げを施します。


更に作業は進み、ブロックが仕上げ高まで積みあがりました。

そして翌日にはこの通り、ブロックも仕上げ高まで積まれました。


先述した枡もこの通り、仕上げ高まで嵩上げされました。

先述しました枡に関しても、この通り嵩上げ調整されました。
以前のお庭の状況から、かなり高い所にポーチの床が出来る事が分かりますね。


遠くから離れてみますと、何となくポーチのイメージが湧いてきますネ!

遠くから全体を見てみますと、大分カタチになってきたことが分かりますネ!
更にここからどの様に姿を変えて来るのかとても楽しみです。
それではこの続きは、また次回のBlogにてご紹介しようと思います。
是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

連日猛暑が続きます今日この頃ですが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
先日の日曜日までお盆休みと云う方も多いと思いますが、今年は休暇中どの様にお過ごしになられたのでしょうか。
今年は例の流行り病の影響で、帰省等を控えられた方も多いと思います。
本来であれば、遠く離れた故郷の御両親と過ごされたり、お墓参りをしたりと云った時期になるのでしょうが、そう云った事をも許してくれないコロナ禍はとても悲しいですね。。
新聞やテレビでは相変わらず感染者の数ばかりを追っている状況の様ですが、ネットでは様々な専門家等有識者の方々が、直接様々な数字等を挙げながら丁寧に解説しており、テレビ(特にワイドショー)の報道の仕方に対しての意見を多くしている方が多いようです。
一つ言えることは、徐々に新型コロナに関して様々な事が明らかになり、それに対して現場もしっかり対応し始めているという事の様です。
テレビ等のメディアの報道で不安になられている方も多いと思いますが、色々な情報から正しいと思う情報を選んで、冷静に対応していく事が大切の様です。
まだまだ大変な夏が続きますが、体調には気を付けて乗り切って参りましょう!

さて本日も、夏の暑さが吹き飛ぶような美味しいものを求めてこんな物を食べて参りました♪


本日は西八王子にあります私イチオシのお店”らーめん熊八”さんへ伺いました。一見すると普通の八王子ラーメンの様に見えますが・・・

本日は西八王子にあります私プランナーイチオシのラーメン屋さん”らーめん熊八”さんへ伺いました。
ラーメン、餃子、チャーハンとバラエティーに富んだメニューで、どれを頼んでもほぼ間違いなく美味しいと云うお気に入りのお店です!
さて本日注文したメニューは、上の画像の醤油ラーメンです。
一見すると、刻み玉ねぎにラード油が浮いた”八王子ラーメン”なんですが、なんとこれ”冷やしラーメン”なんです!
”八王子冷麺”というメニュー名ですが、韓国料理の”冷麺”ではなく”冷やし八王子ラーメン”と云った方が良いのでしょうか?!
スープは魚系と動物系がブレンドされて旨味たっぷりの醤油スープ。これがキンキンに冷えていてとても良い感じです。
麺は細めのストレート麺で、これもまた冷水でシャキッと締まった喉越し良い感じです。
具材は細切りのロースチャーシュー、刻み玉ねぎ、シナチク、海苔と云った感じですが、これらが見事にバランス良くこのラーメンにマッチしていてとても美味しいです。
不思議に感じたのは、冷えれば白く固まるはずの油が固まらずに浮いており、さらに刻み玉ねぎも辛みがなく程良い甘みと風味を与えてくれている事です。
多分そこは企業秘密なんでしょうが、とても美味しいラーメンでした!
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね♪おススメですよ!!

それでは本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


リガーデン案件の”多摩市 M様邸”。前回のBlogでは、プラスG設置の上で重要な梁や柱を設置した所までを御紹介致しました。

リガーデン案件の”多摩市 M様邸”。
前回のBlogでは、”プラスG”と云う部材を設置する上で重要な梁と柱を設置した所までを御紹介致しました。
ここから更に、作業を進めて参ります。


今回も非常にたくさんの部材を用いて設置作業に入ります。

今回も非常に多くある部材を整理しながら設置作業を行っていきます。
さて、今回設置するものはどんなものでしょうか?


今回設置した物は、梁の上に設置されます”Gルーフ”と云う屋根部材です。

今回設置されました部材は、”プラスG”の中の屋根を構成します”Gルーフ テラスタイプ”です。


今回設置しました屋根部材”Gルーフ テラスタイプ”は、梁内にて設置位置を前後方向に自由に決められます。

この”Gルーフ テラスタイプ”の特徴は、設置した梁の中で前後方向に設置位置を設定で出来ると云う自由の効きやすい部材です。
今回の様にバルコニー下に屋根を設置する場合、雨の掛からないバルコニー下よりもある程度前側に設置する事で、必要以上に屋根サイズを大きくしなくても奥行きを確保する事が出来ると云う特徴があります。


ちなみに雨樋は、前側の梁に設置されます。

ちなみに屋根上の雨水を逃がす樋は、前側に設置されます。


更に作業は進み、道路側には残りの柱も設置されました。

更に作業は進み、道路側には残りの柱も立てられました。
フレームが設置される事で、大分カタチになってきましたね!


翌日には電気職方による照明工事が始まりました。

翌日には、電気職方による照明設置工事が始まりました。


電気配管は予め土の中から柱内へ設置する事で、電線が入れられる様にしてあります。

電気配管は予め土の中から柱内に設置する事で、柱内に電線を通せるようにしてあります。


柱内に入った電線を、梁に設置する照明器具と結線できるように穴空け作業を行います。

柱内に入った電線は、梁に設置します照明と接続できるように柱に穴を通しておきます。


梁には、”LEDバーライト照明”が設置されました。

そしてコチラが、梁に設置されました”LEDバー照明”です。
LED照明のお陰で器具自体が細い為、この様に違和感なく設置する事が出来ます。


こちらが照明の配線接続部分です。梁の下側にカバーが設置される事で、配線等はカバー内に隠れます。

こちらは照明と電線の接続部です。
先述した柱に空けた穴から電線を出し、LED照明に接続されております。
尚、梁の下部はカバーが設置されるので、配線はカバー内に収まって見えなくなります。


同様にもう片側の梁にもLED照明が設置されました。
照明は、壁に設置されましたトランスユニットにて自動制御されます。

また同様に、もう片側の梁にもLED照明が設置されました。
この二つの照明は、壁に設置されたトランスユニット内のタイマーセンサーによって、自動制御されます。
煩わしいスイッチ操作は不要で、夜間のご帰宅の際はとても重宝される事だと思います。


着々と作業は進み、まずは第一段階終了です。

着々と作業を進められ、まずは第一段階終了と云った所です。
ここから更にどの様に姿を変えていくのか、とってもワクワクしてきますネ♪
それではこの続きは、次回のBlogにてご紹介しようと思います。
どうぞよろしくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

8月も半ばとなり、巷はお盆休みの時期ではありますが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
例年であれば、お盆休みの帰省ラッシュや各行楽地の賑わい等のニュースが出る頃なのですが、今年は御存じの通り新型コロナウィルスの影響でいつもとは違うお盆休みとなってしまいました。。
特にコロナのリスクが大きい御高齢の方の保護を考慮して、各自治体では帰省の自粛を求めると云った異例の事態となっております。
1年を通して、人として大切な事は”様々な人々とのふれあい”だと思うのですが、そういった文化を壊してしまうウィルス騒動。とても悲しく思えてなりませんね。。
それと同時に、改めて”ふれあい””思いやり”と云った事の大切さを考えさせられました。
中々終わりの見えない新型コロナウィルス騒動ですが、今は1日も早く騒動が収まる事を切に願う気持ちでいっぱいです。
どうか皆さまも、お身体には気を付けてこの夏をお過ごしください。

さて、少々暗い話から始まってしまいましたが、私プランナーは変わらず元気に過ごしております!
そして、そんな暗い気持ちを吹き飛ばしてくれるものはやはり”食”だと思います(笑)
と云う事で、本日も美味しいお店を一軒御紹介しようと思います。


先日、八王子は大和田にありますラーメン店”麺や 楓”さんへ行って参りました!こちらの限定メニューは毎度工夫を凝らした物が多く、とっても楽しみなんです。

今回ご紹介するお店は、八王子は大和田にありますラーメン店”麺や 楓”さんです。
こちらのBlogでも、以前何度か御紹介した事のあるお店ですが、配分等に拘り抜いた自家製麺や無化調の身体に優しいスープ等、相変わらず丁寧に作り込んだラーメンがとても印象的なお店です。
さて、楓さんのメニューの中でいつも楽しませてくれるメニューとして、月毎で提供しております”限定メニュー”があります。
様々な工夫を凝らした限定メニューですが、今月のメニューはこの時期にピッタリのメニュー”梅の冷やし地鶏そば”です。
ここ最近、”冷やしラーメン”のを提供しているお店は増えてきておりますが、こちらの冷やしラーメンはまた一味違うラーメンです。
出汁の風味がとっても利いた上品な味わいの冷たい塩スープをベースに、シャキッとした喉越し良い細麺、オクラやキュウリ、大葉等を細かくみじん切りにして味付けした餡、その上に細切りにした蒸し鶏、それに梅肉と青ネギと云ったとてもサッパリとした冷やしラーメンです。
食べてみますと、麺とスープが見事に主張した美味しいラーメンで、具材等はそれらを上手に引き立てている事が良く分かります。
特に具材の食感や梅肉の酸味が正に名バイプレーヤーを果たしている感じで、とても美味しいラーメンでした。
徐々に冷やしラーメンも一般的になってきましたが、こう云った趣向を凝らしたラーメンを食べますと、これからの展開が楽しみになってきますネ!
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね。

それでは今回も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


リガーデン案件の”多摩市 M様邸”。既存物はほぼ撤去されてまっさらなキャンパス状態です。

リガーデン案件の”多摩市 M様邸”。
前回のBlogにて、既存物の撤去の様子を御紹介致しました。
まっさらなまさに”キャンバス状態”と云った感じですね。


造作工程の初回は、”LIXIL プラスG”関連の施工から始まります。部材が山の様にあります。

さて、この日からいよいよ造作工程の作業に入ります。
まず1番最初の工程は、スクリーン等を担う”LIXIL プラスG”関連の施工からです。
この”プラスG”と云う商品は、”Gスクリーン””Gフレーム””Gルーフ”と云った部材を組み合わせて構成する商品で、とても自由度の高い商品であるのと同時に非常に複雑な商品でもあります。
今回納品された部材の内の必要な物だけを持ってきておりますが、画像の部材はその内のほんの一部。
部材の整理や見極め等、中々施工人にとっては厄介な部材でもあります。


レーザー等を使って、設置位置の墨出しを行います。今後の施工において一番重要な作業と云っても過言ではありません。

まずは、レーザー等を使って設置位置の墨出しを行っていきます。
この墨出し作業は、これから様々な部材を設置していくうえでとても状様な作業とも云えます。
また設計した私プランナーにとっても、図面の位置等が正確かどうかを確認する上で、とてもプレッシャーのかかる瞬間でもあります。


設置位置の墨出しが完了すると、いよいよ施工開始です。建物の外壁に補強部材を設置し、梁と柱を設置していきます。

設置位置の墨出しが完了した所で、いよいよ施工開始です。
なんとか私の描いた図面と実際の設置位置が、ほぼイメージ通りである事が確認できてとてもホッとしました!
さて、まずはプラスGを設置する上でとても重要な柱と梁の設置作業に入りました。
実際の部材をこうして目の当たりにしますと、非常に大きなものが設置されるのだという実感が湧いてきます。


前側に柱は5本。設置位置には既に基礎穴が開けられております。

ちなみに前側に立てる柱は計5本。
高さが2.9mと云う高いもの故に、基礎穴も深く掘ります。
現調時に少々心配しておりました配管等も、設置位置とはわずかにずれた位置なので、設置に支障は無いようです。


建物側の様子。外壁に取りつけられた横板は”躯体付けフレーム”と云う補強板で、これを介して横梁を設置します。

今回梁と梁との間に”Gルーフ テラスタイプ”と云う屋根を設置する関係で、梁を必ず建物の外壁に打ち付けなければなりません。
しかし、外壁内にあります間柱等はピッチが決まっており、それ以外は空洞となってしまう為、固定が利かなくなってしまいます。。
そこで建物側には、補強部材である”躯体付けフレーム”と云う部材を設置する必要があります。
今回の提案では、その”躯体付けフレーム”をデザイン上のアクセントと位置付けて、プラスG本体と同じブラックを選択。
その考えがとても良く嵌まり、全く違和感のない雰囲気にする事が出来ました。
(この施工方法は、同様のケースではほぼ必要になってくると思います。)


午後には両側に梁が設置されました。とても立派な感じですね!

午後にはもう片側にも柱と梁が設置されました。
こうして離れて見てみますと、とても立派な物が設置される事が分かりますね!
この日はここで作業は終了。続きはまた翌日からとなります。
更にどんな形に変わっていくのか、とても楽しみになってきますネ♪
それではこの続きは、また次回のBlogにてご紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

8月に入り、とても長かった梅雨も明けて夏らしい陽気となりましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
今年は7月のほとんどが梅雨空のどんよりとした天気となってしまい、その影響がとても多く出てしまいましたね。
九州や東北での豪雨による河川の氾濫被害も然りですが、私たちにとって直接的に影響が出たのが”野菜”の高騰でしょうか!?
日照不足による収穫不足は深刻で、ニンジンに至っては1本¥100!?と通常の倍近く値が上がってしまっております。。
また、全国的に始まりましたレジ袋有料化も言い換えればちょっとした”増税”に近いもので、先月は色んな意味で家計に打撃をうけた一か月に思います。
加えて7月に入ってからマスコミでは連日コロナの新規感染者数増加のニュースばかりで、とても気が滅入る事ばかりですね。。
もし今年コロナも無く、予定通りオリンピックが開催されていたら、この長梅雨がどう影響していたのかなんてチョット考えてしまいますね(笑)
さて連日気が滅入るコロナの報道ですが、ネット等では様々な専門家の方からの情報が多く出ており、特に4・5月の状況と現在の状況は大きく異なる事を説明しております。
また、その感染者数の中身も非常に重要なのにも関わらず、何故かテレビやニュースではその事を触れずに報じているのがほとんどの様です。
どうやらとても大切な事は、一つの情報だけで判断するのではなく、様々な情報を見て個々が冷静に判断する事がとても大切な様ですね。
今年は例年とは違う夏を迎える事となりましたが、状況を冷静に見ながら上手に流行り病と付き合っていける様にしましょう!

さて、セミもあちらこちらで鳴き始めた暑い時期ですが、こんな時は何か涼しくなりそうな美味しい物を食べたいものですネ(笑)
と云う事で、本日はこんな物を食べに行って参りました!


本日は八王子は高倉町にあります”十八製麺”さんへ行って参りました!表の看板にあった”冷やしメニュー”がとっても気になりまして(笑)

本日お伺いしたお店は、八王子は高倉町にあります”十八製麺”さんです。
丁寧に作り込まれたラーメンもさることながら、毎度丁寧な接客が好きで、私にとっても気に入っているお店の一つです!
さて、毎度車で日野バイパスを走っておりますと、此方のお店の前に掲げられているメニュー看板が気になるのですが、今回は”冷やし味噌担々つけ?”と云う文字がとても気になりました!
担々?で冷やしってどんな感じなのか想像が付かず、お店前には行列も無かったのでこれは!と思い車を駐車場に止めて入店。
”いらっしゃい!”と、いつも明るい感じでお出迎えして頂きまして、席に着くなりおススメがまさにこの”冷やし味噌担々つけ麺”との事。
と云う事で、それにサービスのチャーシューご飯を付けて早速注文。
出て来たラーメンは、大きな器に冷たいゴマダレと肉味噌が盛られたつけ汁、コシの強そうなシャキッとした麺というまさに”冷やし担々つけ麺”。
食べてみますと、喉越しの良いコシのある麺とコクのあるまろやかなつけ汁とがとてもマッチして、とても美味しいつけ麺です!
更に少しずつ肉味噌を溶かしますと、まろやかなゴマダレがピリ辛でコクのあるつけ汁に変身して、これがまたとても美味しいです。
そのつけ汁を少量ご飯に掛けて食べますと、これがまたとても美味しいのです。
これから暑くて食欲が落ちる時期になりますが、この”冷やし味噌担々つけ麺”はとてもおススメですよ!
美味しいご飯をしっかり食べて、夏バテやコロナに負けない様に乗り切っていきましょうね♪

さて、本日も前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


リガーデン案件の”多摩市 M様邸”。いよいよこの日より施工開始となります!

リガーデン案件の”多摩市 M様邸”。
前回のBlogでは、施工前の様子と完成イメージをご覧頂きました。
いよいよこの日から施工開始となりますが、ここからどの様に変化していくのか、ワクワクドキドキものです!


まず最初に既存物の撤去作業となるのですが、その前準備として門袖に設置されているインターホンの移設作業から始めました。

一番最初の工程として既存物の撤去作業となるのですが、このまま撤去してしまいますとインターホン等の機能も無くなってしまうので、まずは門袖に設置されております電気設備(インターホン・照明・配線)の撤去作業を行いました。
電気設備を取り外しますと、設置面と枕木との間から雨水が入っている形跡がありました。
一時的に木材に電気設備を設置するのであれば良いのですが、何年も使用しますと劣化した木材からどうしても雨水が入ってしまって、場合によっては漏電等の事故に繋がる恐れがある事が分かります。
雰囲気と安全は、やはりちゃんと分けて考えなくてはと改めて思わされました。


既存門袖から配線等を外し、新たな機能門柱に活用できるように準備しておきます。またインターホンは、木の杭にて仮設し、使える様にしておきます。

既存の門袖より、電気・インターホンの配線を外す事で、次に設置します新たな機能門柱へ活用出来る様に準備をしておきます。
また、工事期間中にインターホンが使えるよう、木の杭を打ち付けて仮設置しておきます。


後日、造園職方により本格的に植栽等の撤去作業に掛かりました。

後日、いよいよ造園職方によって枕木や植栽等の撤去作業に取り掛かりました。
駐車場等に汚れない様にシートを敷いて、いよいよ作業開始です。


撤去作業はスムーズに進み、職人3人にて午後にはこの通り、綺麗に作業が完了しました。

造園職人3人にて作業はとてもスムーズに進み、午後にはこの通り綺麗サッパリに撤去作業が完了しました。
撤去作業の中で特に手間が掛かるのは、意外にも芝生だったりします。
日本のお庭にて一般的な高麗芝は、地面の中を根が這う様に縦横無尽に張り巡らします。
芝生を生育させる上では非常に重要な根なのですが、いざ撤去となった場合にこの根が非常にしつこくはびこる為、中々抜けずとても厄介な存在となります。
改めて植物の強さをとても感じさせられますね。


キャンパス状態を作り上げた所で、いよいよ次の造作工程に移ります。

既存物の無い、綺麗サッパリな”キャンパス状態”が出来上がりました。
いよいよここから、完成イメージへ向けての造作工程が始まります。
この状態からまずどんな作業が始まるのか、とても興味深い所ですね!
それではこの続きは、また次回のBlogにてご紹介しようと思います。
是非宜しくお願い致します!



ブログカレンダー

<   2020-08   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
タグリスト
  • ファサード
  • クローズド外構
  • セミクローズド外構
  • エバーアートボード
  • 目隠しフェンス
  • 人工芝
  • インターロッキング
  • 完工まとめ
  • プラスG
  • 特殊な工事
  • 入隅空間の有効活用
  • ウッドデッキ
  • 樹ら楽ステージ木彫
  • 和モダン
  • プランニング
  • ホームページのバージョンアップ
  • リードデッキ
  • 樹ら楽ステージ
  • 屋外コンセント
  • 美彩シンプルラインライト
  • ウッドデッキの点検口
  • 小さなお子さまの安全対策
  • 古いブロック塀の改修
  • サニーブリーズフェンス
  • レストステージ
  • 乱張石貼り工事
  • アースカラー
  • マイリッシュOK
  • UNISUSポスト
  • テラス屋根の修繕工事
  • レイスクリーン
  • レンガ調タイル
  • オリジナル門袖
  • 美彩グランドライト
  • デザイナーズパーツ
  • エアコン室外機移設
  • フロアビーズ
  • アプローチの舗装
  • フラットパン
  • デッキ上の手摺
  • アーキレール
  • ガーデンシンク
  • 立水栓
  • カーポート
  • フーゴ900
  • サイクルポート
  • フーゴミニ
  • 駐車場造成
  • ナノコンポジットW
  • 外壁塗装
  • トランス
  • エクステリアの照明
  • 美彩グラスウォールライト角型
  • ベランダ手摺モダンパネル
  • 鋤取り砕石填圧
  • ブロック積
  • ローシェン
  • ソルディーポート
  • エクステリアコンテスト
  • 植栽工事
  • 無金利リフォームローンキャンペーン
  • クリエカラー
  • 物置設置
  • NEXTA
  • イナバ物置
  • スピーネ
  • テラス屋根
  • サイドパネル
  • テグランネオ
  • アーキフラン
  • 庭王門
  • ハイグリッド門扉
  • 既存塀フェンス設置
  • コア抜き工法
  • 前後勾配カーポート
  • ケミカルアンカー工法
  • 人工芝(砕石ベース)
  • 人工芝(コンクリベース)
  • エルドラドクォーツイエロー100方形
  • 駐車場コンクリート工事
  • 二世帯住宅外構
  • 二世帯住宅外構
  • スマートエクステリア
  • キャンペーン
  • 新築2世帯住宅外構
  • 新素材フェンス
  • タイルポーチ(デザイン貼り)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 人工木デッキ造り替え
  • タイルデッキ
  • ゴルフパット向け人工芝
  • ゴルフパット向け人工芝
  • 2018年総括
  • 新素材フェンス
  • セミクローズド外構
  • 宅配ボックス
  • 建て替え
  • 外構リノベーション
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • LIXIL”ココマ供
  • LIXIL”プラスG”
  • LIXIL”フェンスAA”
  • 土地拡幅リガーデン
  • 造作壁
  • 2019年総括
  • 旗竿地
  • ゲートアーチ
  • ゾーニング
  • 導線計画
  • 高低差
  • ステイホーム
  • 人工芝&タイル
  • ウッディー目隠し
  • プラスG
  • タイルポーチ
  • ココマ
  • ガーデンラウンジ
  • イゲタヤE&R

    エクステリアオフィス
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ南平店内)
    〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

    八王子サテライト
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ八日町店内)
    〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

    TEL:042-591-8497
    メールお問合せはこちら

    施工エリア
    東京都の以下地域となります。
    日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
    本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
    保護しております。