このページのトップへ
8月 2019年 の記事
イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は1日どんよりとした天候に見舞われてしまいましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
8月も明日で終わり、明後日からはいよいよ9月。何だかあっという間に時間が過ぎていきますね。。
陽気の方も”秋雨前線”と云う言葉が出て来まして、朝晩も比較的涼しい陽気となり、秋の足音が徐々に聞こえてきましたね。
しかし”秋雨前線”と聞きますと、しとしとと長雨が続いて徐々に秋らしくってイメージがあったのですが、連日のゲリラ豪雨の様な大雨に見舞われてしまいますと、そんな風流なイメージではなくなってしまいます。。
特に九州北部での洪水の惨状を見てしまいますと、本当に心が痛みますし、同時に他人事とは思えません。
なんとか穏やかな晩夏から秋へ季節が変わってくれればと祈るばかりですね。

さて、本日も美味しいお昼ご飯を求めてこんなものを食べて参りました!


本日伺ったお店は、下柚木は野猿街道沿いにありますラーメン屋”たまぞう”さんに久々に伺いました!写真は本日注文しました”辛しおラーメン”です。

本日伺いましたお店は、八王子は下柚木 野猿街道沿いにありますラーメン屋”たまぞう”さんに久々に伺いました!
オープンしてから数年経ちますが、常連さんも多くついている様で、お昼時に伺いますとお店前の駐車場はいっぱいになっております。
店内は広々とした空間で、カウンターの他にテーブル席もあるのでグループや家族連れで来られている方も多いお店です。
さて本日注文しましたメニューは、残暑で身体がバテ始めている時にうってつけのラーメン”辛しおラーメン”です。
注文時、辛さを1辛から3辛まで選ぶ事が出来るとの事ですが、私は程良いマイルドな辛さが好みなので1辛を選びました。
出て来たラーメンは、塩ラーメンをベースに様々な香辛料を加えたスープで、更に柔らかいチャーシュー、自家製の穂先メンマ、カイワレ大根に高菜などと云った具材で、とてもバランスの取れた美味しいラーメンでした。
1辛ですと、もともと旨味たっぷりの塩スープに程よい辛みが入り、更にピリッとした高菜が良いアクセントとなり、私的にとても好みの味でした。
これが2辛以上となった時、どの様に味が変わるのかチョットだけ興味深く感じますネ(笑)
ここは他に、3種類のチャーハンも選べたり様々な種類のラーメンを選べたりと、様々なレパートリー豊富なお店です!
場所は野猿街道沿いで、南大沢のアウトレットへ向かう途中にあるお店なので、もしご興味がありましたら立ち寄って見ては如何でしょう?

さて本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


エクステリアリノベーション案件の多摩市 K様邸。この日も着々と施工が進んで行きました!

多摩市 K様邸ファサードアップデート工事。
工程の方は着々と進み、この日も順調に作業を進めて行きました!


前回設置しましたお庭のテラス屋根ですが、その下側には人工木デッキを設置し始めました。

前回のBlogでご紹介しましたお庭のテラス屋根”ココマ供匹任垢、その屋根下には新たに人工木デッキ”LIXIL 樹ら楽ステージ”が設置し始めました。
このデッキによって、面しておりますリビングルームから段差の少ない屋根の掛かったデッキ空間が生まれ、非常に使い勝手の良い場所となります。
さらにその使い勝手を良くするために、お庭奥側の壁で何かの設置工事をしております。


奥側の壁面には穴が開けられております。一体何の設置工事でしょうか?

奥側の壁面にて、下側に設置しておりました屋外コンセントは外され、更に中間ぐらいの高さの所に穴が開けられております。
まだこの状況では、何を設置しようとしているのか分からないですね(笑)


正解は、デッキ空間を照らす”スポット照明”の設置工事でした。

正解は、デッキ空間全体を照らしますスポット照明の設置工事でした。
スポット照明は電球色に光っておりますが、LED照明になります。
ちなみに電源は下側の既設のコンセントの配線を分岐させ、途中に屋外用のスイッチを介して点灯する様にしております。
建物の外壁内が空洞の為、配線は外壁内を通して行いました。
お陰で表に配線は出ない為、非常にスッキリした納まりです!


更にデッキには、床下へアクセス出来る様に点検口を設けました。

更にデッキには、メンテナンス等で床下にアクセス出来る様に”点検口”も設けました。
点検口がある事で、普段は床下を収納として活用することも出来ます。


前回のBlogの最後で指摘しました、お庭と玄関前との高低差問題。早速対応する事となりました。

さて、いよいよ前回のBlogの最後で指摘しましたお庭と玄関前との高低差問題を解決させるべく、動き始めました。
今回選んだ方法は、お庭と玄関前との間に土留めとなるブロックを設置して、しっかりと区分けを施す方法を取りました。


此方が施工後の様子。ブロックを設置して見ますと、改めて玄関前との高低差が良く分かります。

そして此方が対応後の様子です。
こうしてブロックを設置して見ますと、改めてお庭と玄関前との高低差が良く分かります。
尚、正面のブロックに関しては、モルタル左官を施した上で、既存の土留めと一緒に塗装を掛けます。
また内側に関しては、デッキ下の陰に隠れ、更にコンクリート舗装で大部分が埋まると云う事を想定して、ブラウン系の化粧ブロックにて土留めを作りました。


更に作業は進み、新たにコンクリートが打たれる箇所は土の鋤取りを行った上で、土嚢を積んで段差をなるべく解消できるようにしました。

更に作業は進み、新たにコンクリート舗装を施す箇所は土壌を鋤取った上で土嚢を積み、既存の舗装箇所との段差が出ない様にしました。
コンクリート施工に移る際には、土嚢を取り除いてすぐにs業に取り掛かれるため、とても効率的な養生方法です。


先日設置しましたプラスGのファンクションポールには縦型ポストも設置され、かなり完成形に近づいてきました!

先日設置しましたプラスGのファンクション柱には、新たに縦型ポストも設置され、かなり完成形に近づいてきました!
更にここからどの様に変わっていくのかとても楽しみになってきますネ。
それではこの続きは、また次回のBlogにてお話ししようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

お盆休みも終わり、気付けば8月もあと1週間となりましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
お盆期間中、当Blogをご覧頂いております皆さまも里帰り等様々な所へお出掛けになられたと思いますが、まさかの台風直撃には本当に参りましたね。。
特に西日本方面へお出掛けになられた方は、大変ご苦労をされたのではないでしょうか?
また、台風前後に見舞われた40℃近くに達する猛暑は本当にきつかったですネ。。
私たちも今月は、長梅雨の影響で先延ばしされてた施工案件がどっとやって来た為、この猛暑は本当に頭を悩まされました。
特に、コンクリート舗装の際はコンクリートを流し込んでいる所から既に固まり始め、職方さんが必死になってコテで作業をしている事がとっても印象深かったですし、何より作業中に熱中症等で体調を崩すのではと本当に心配になりましたが、無事作業を終えられて本当に安堵しました。
そんな猛暑もようやく落ち着くようで、今週は30℃に届かない日もある様です!
このまま平穏無事に秋を迎えられればと願うばかりですネ。

さて、先程お話ししましたお盆休み中の台風ですが、実は私も友人たちと計画していた小旅行の日程とバッティングしてしまいまして。。(苦笑)
しかし、せっかくの休みなので決行しようと云う事で、こんな所へ出掛けて参りました!


その行った先とは、栃木県を代表する観光地”日光・鬼怒川”です!写真は日光のシンボルとも云える日本三大瀑布の一つ”華厳の滝”です。

大迫力の滝!!
ここまで凄い大きな滝を関東で見れる場所は、早々に無いと思います。
ここは、関東を代表します観光地の一つ、栃木県は日光市にあります日本三大瀑布の一つ”華厳の滝”です。
実は台風10号が通過している最中、私は友人たちと1泊2日にて日光・鬼怒川の小旅行に行って参りました!
ちなみにこんなに華厳の滝をじっくり見たのは、小学生以来30年振りぐらいでしょうか!?
この日は台風の影響で霧と大雨に見舞われてしまいましたが、華厳の滝はこの大雨のお陰でいつにも増して水量が多く、もの凄い迫力ある姿を我々に見せてくれました!
小学生の頃は正直あまり印象に残らなかったこの滝ですが、30年経った大人になってようやくこの滝の良さを知った様に思います(笑)
ちなみに”日本三大瀑布”。この”華厳の滝”以外にあと2つご存知の方はいらっしゃいますか?
一つは関西は和歌山にあります”那智の滝”ですが、もう一つは関東にあるのです!
それは・・・


もう一つは栃木県のお隣り、茨城県にあります”袋田の滝”です!写真は数年前に私が友人と出掛けた際に撮った写真です。

栃木県の隣、茨城県にあります”袋田の滝”です!
写真は数年前、水戸に住んでいた友人と出掛けた際に撮ったものです。
華厳の滝とは対照的に横に大きく広がり、何本もの白糸を垂らした様な繊細は姿を見せてくれています。
こうして見ますと、改めて自然の風景の壮大さを強く感じさせてくれますね!
華厳の滝を見ていたら、また改めてこの”袋田の滝”を見に行って見たくなりました。
この二つの滝をご覧頂いて、少しでも涼を感じて頂ければ幸いです!

さて、本日も前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


多摩市 K様邸ファサードアップデート工事。玄関前の屋根設備が完成し、いよいよお庭のテラス屋根工事に取り掛かりました!

多摩市 K様邸ファサードアップデート工事。
ようやく懸案事項でありました玄関前の屋根設備が完成しまして、次にお庭へのテラス屋根工事に取り掛かりました。


今回お庭空間に設置します屋根部材は、LIXIL”エクシオールココマ供匹髪召商品になります。

今回お庭空間に設置します屋根部材は、LIXILの看板商品の一つ”エクシオールココマ供匹髪召商品です。
この”ココマ供匹蓮屋根のみの”オープンデッキ仕様”、前面に設けられた縦桟にパネルを追加した”サイドスルー仕様”、更に両サイドに折戸パネルを設けた”ガーデンルーム仕様”の3タイプがあり、設置する用途等に合わせてご提案する事が出来る多彩なバリエーションが特徴です。
今回の案件でお選びしました仕様は、お客様から”屋根空間+プライベート空間の確保”と云うご要望にお応えしまして、前面に半透明のパネルを組み込んだ”サイドスルー仕様”となります。


お庭空間全体を囲う為、2.5間(4.6m)×8尺(2.5m)もの非常に大きなものとなります。

今回設置します”ココマ供匹離汽ぅ困蓮△庭空間全体をほぼ囲う為、2.5間(4.6m)×8尺(2.5m)もの非常に大きなものとなります。
改めて玄関側からこうして見ますと、非常に広大な屋根空間であることがとても良く分かります。


屋根を設置する際にネックとなるのが、2階ベランダ等に設置されておりますこの雨樋。雨樋設置箇所には、部材に予め切り込み加工を施しておきます。

さて、こうした屋根商品をご提案する際にネックとなるのが、2階ベランダ等に設置されております雨樋です。
雨樋も建物によって様々な形状をしたものがあり、物によっては加工等が不可能となってしまう物もあり、プランを考える上での悩みの種となってしまいます。。
今回幸いなのが、一般的な丸形状の規格ものであったので、メーカーで用意されている対策部材を活用する事が出来ました。
まず手始めに、屋根設置の際に干渉する雨樋箇所に合わせて、アルミ部材に予め切り込み加工を施した上で建物に固定部材を設置しました。


午後には屋根材が設置され、梁には木調のカバー材が設置されました。

さて、午後に現場へ伺いますと、この通り”ココマ供匹鵬虻材が設置されました。
屋根材はエクステリア部材としては一般的となりました”ポリカーボネート材”で、色目は空間全体を明るく見せてくれます乳白色の”クリアマット”と云う色目になります。
更にこの部材が通常のテラス屋根と大きく違う特徴として、梁や母屋材、柱材に木調色のカバー材を設置する事で、表にビス等を見せない点です。
カバー材はアルミ製で、最近の乗用車の内装で使われているのと同様のはめ込み構造(スナップイン構造)となっております。
実はこの部材を嵌めこむのにはチョットしたコツが必要で、現場の職方さん曰く”現場泣かせ”の部材の様です(苦笑)
特にもし何かの不備で外さなくてはならない状況となってしまった際、はめ込み構造故に外す際に壊さない様に外す事はかなり困難。。
故に、うっかりミスが許されないシビアな部材でもあります。


先述しました竪樋箇所。此方にはメーカーオプションのカバー材を使って竪樋を貫通させました。

さて、先述しました竪樋箇所。
ポリカの屋根材を加工して竪樋を貫通させた上で、メーカーオプションのカバー部材を設置して塞ぎました。
もともとこの箇所はベランダ下に位置しており、直接雨が入り込みにくい箇所なので貫通させても雨漏り等の心配が少ない事を想定してこの様な仕様としました。


屋根材やカバー材が設置された事で、かなり形になりましたね!

屋根材とカバー材が設置された事で、かなり形になってきました!
これで更に正面へパネル材を設置されると、かなり良い感じの雰囲気になる事が容易に想像できます。
完成形がとっても楽しみです!
しかしここで、施工前のプランニング時に想定できなかった事が明るみになりました。。


想定できなかったのは、お庭と玄関前との高低差でした。。この箇所はもともと門袖や植栽、乱張りアプローチがあった場所で、正直想定が厳しかった懸案箇所でした。。

それは、お庭と玄関ポーチ前の”高低差”です。
この箇所は、土留めや門袖、植栽、乱張りアプローチ等が設置されていた箇所で、現調時ではどれだけ高低差が生じるかが想定しずらかった、プランニング時の懸案箇所でした。。
上の写真をご覧頂きますと分かる通り、本来地面に隠れる箇所が露になっているのがお分かり頂けると思います。
この件に関しては、事前に各職方さん達に相談していて中々回答が出せなかった箇所でした。。
その際職方さん達からは、”露になった所で様々な対応方法があるから、心配せずにプランニングを進めて!”と心強い言葉を貰えました。
同時にこの件に関してはプレゼン時にお施主様にもご説明させて頂き、ご理解頂いた上で”多少の仕様変更でも大丈夫ですよ!”とご了承頂けました。
なんとも本当に有難い事です。。
さて、ではこの箇所をどの様に納めるのか?
これに関しては、また次回のBlogにてご紹介しようと思います。
是非次回も宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

8月も中旬、皆さまの中にもお盆休み中の方が多いと思いますが、如何お過ごしでしょうか?
35℃を超える連日の酷暑で、非常に身体に堪える日が続きますネ。。
私も長梅雨が明けてから怒涛の如くの現場ラッシュで屋外での仕事が多く、気付けば真っ黒く日焼けしてしまいました(笑)
海でのレジャーで全身がこんがりに焼けていれば良いのですが、肌が露出している箇所のみ焼けていて、それ以外は白い肌でまさに”パンダ”状態!?
水着を着て海やプールへなんて、恥ずかしくて出来ないですね(笑)
しかし、この連日の酷暑により熱中症で救急搬送されている人も多くいるようです。
私たちも現場で最も恐れているのは、まさにこの”熱中症”です。
とくに炎天下での作業で意識がもうろうとしている時に機械や工具でうっかりミスなんて事になってしまいますと、非常に大変な事となってしまいます。。
なので作業効率を考慮して、場合によっては2時から3時の間作業を敢えて止めて、4時から作業を再開するなんて工夫をしております。
皆さまの間でも、張り切ってDIYやガーデニング等の屋外での作業をされる方もいらっしゃると思いますが、くれぐれも無理はなさらない様にお気を付け下さいね。

さて先日、都心の方からの帰りがけにコチラのお店へ立ち寄って見ました。


以前御紹介した事があります高井戸のLIXILショールーム近くにありますラーメン屋”らーめん小池”さん!今回は”こってりらーめん”を選んでみました。

そのお店は、以前Blogで御紹介しました高井戸にあるLIXILショールーム近くにありますラーメン店”らーめん小池”さんです。
お店が甲州街道沿いにあり、お店前に立っているのぼりが目に入ってつい寄っちゃいました(笑)
今回選んだラーメンは、以前からチョット気になっていた”こってりらーめん”をチョイス。
以前ご紹介した事があります”中華そば”は、煮干し出汁を使った非常に澄んだ醤油スープでとてもサッパリとした美味しいスープだったのですが、これがコッテリになるとどの様になるのかとても興味深かったです。
さて出て来たラーメンは、具材に関してはデフォルトの中華そばとほぼ変わらないシンプルな感じなのですが、スープに関しては白濁したスープになっております。
どうやら中華そばをベースに、豚骨スープをプラスした”醤油豚骨スープ”になっている様です。
早速スープを飲んでみますと、少しとろみ掛かったスープがとても印象的で、豚骨の旨味と煮干しの旨味が合わさった感じの味で、中華そばとは違う美味しさがありました。
さらにそのスープが麺が良く絡み、まさに”こってり”とした美味さが病みつきになっていきます。
食べた当日も暑い日だったのですが、気付けばあっという間に完食!とても美味しいラーメンでした。
ちなみに更にそのスープを使って、ご飯を頼んでお茶漬け風に食べても良し!具材付きの替え玉を頼んでさらに楽しんでも良し!!
好みはあると思いますが、とてもおススメのラーメンですよ!(メタボを気にする私は、1杯でやめておきました(苦笑))

さて、本日も前回のBlogの続きを御紹介しようと思います。


多摩市 K様邸ファサードアップデート工事。この日も、前回のBlogで御紹介致しました玄関前の屋根設置工事の続きを行いました。

多摩市 K様邸ファサードアップデート工事。
この日も前回のBlogで御紹介しました、玄関前の屋根(LIXIL「プラスG”Gルーフ”」)設置工事の続きを行いました。


プラスG”Gルーフ”は、フラットでスタイリッシュな屋根空間を作る非常に画期的な商品です。しかしその分、弱点もあります。。

今回お選びしたLIXIL「プラスG”Gルーフ”」は、従来のテラス屋根等で使われております”片屋根形状”では中々出す事の出来ない、フラットでスタイリッシュなデザインの屋根空間を作る事が出来るとても画期的な商品です。
特に今回、住宅の”顔”となる玄関前に設置する事もあり、この商品以外での選択肢は中々考え付かないぐらいとてもオシャレな商品です。
しかしデザイン性が強いという事は、それに伴う弱点もあります。
それは”構造が複雑”と云う事です。
一般的に屋根を設計する際に重要となるのは”勾配”です。勾配を一定方向に設ける事で、雨は屋根上に溜まらず上手く樋を伝って地表へ流れます。
当然勾配がきつくなれば、その分屋根上に水が溜まらないので、大雨が降った際にも雨漏り等のリスクは大きく避けられます。
しかしその分デザイン性は悪くなってしまう為、各メーカーともこのバランスに大きく苦慮している事が良く分かります。
さて今回選んでおります商品の特徴は、屋根が梁からはみ出ない非常にフラットなデザインの屋根を特徴としております。
しかしそれは、勾配が取れないという事で屋根上に水が溜まり、結果的に雨漏りの原因になってしまうのではと考えられます。
それをメーカーとしてはどの様な構造でその様な事が起こらない様にしたのでしょうか?


フラットな屋根空間を作る為に、1枚1枚に勾配を持たせた特殊な屋根材がそれを可能としました。

上の写真は、屋根材が設置された様子です。
梁と屋根材をご覧頂きますと、屋根材自体に勾配が設けられている事がお分かり頂けると思います。
つまりフラットな屋根形状を作る為に、屋根材一つ一つに勾配を持たせて雨水を巧く流す構造としました。
その代わり、当然屋根材の形状と一つ一つの梁の形状がマッチしていなくてはなりませんし、ちょっとでもゆがみ等がありますと部材が嵌まらず、さらに強引に止めようとしますと後々の雨漏りのリスクを高める事となります。。
そのため前回のBlogでもご紹介した通り、柱を先にコンクリートで固定せずに仮組みを行い、微調整を行いながら屋根材を納めて行きました。


屋根材設置に悪戦苦闘し、気付けば日が暮れてしまいましたが何とか無事設置完了しました!

屋根材の設置は非常にデリケートで、梁のゆがみ等を調整しながら行っておりましたら、結果的に日が暮れてしまいました(笑)
しかしその苦労の甲斐があり、無事に屋根材を納める事が出来ました!
ちなみに横樋や竪樋も全て梁や柱内に内蔵されており、外側にビス等も見せないぐらいに非常に意匠性の強い構造となっております。
その為施工性に関しては様々な工夫やコツが必要で、職方さんの技術力や応用力を問われる高度な部材と云えます。
ご覧頂きました皆様には、こういった意匠性の強い部材を使う際には、必ずそれだけの手間が掛かり、最終的にコストに反映されるという事を是非ご理解いただければ幸いです。


翌日、更に作業は進み、屋根の柱を利用した機能門柱にインターホン等の電気設備の設置工事を始めました。

さて翌日には更に作業を進め、屋根の柱を利用した機能門柱にインターホン等の設置工事を行います。


こちらは玄関横にありますジョイントボックス。既設の照明のタイマースイッチは撤去し、新しい器具やインターホン回線の接続等の準備をしていきます。

こちらは玄関横に設置しておりますジョイントボックス。
今までお使いだった照明のタイマースイッチは撤去し、さらに新たに設置します照明のトランスユニットやインターホン回線の接続等、様々な準備を行います。


機能門柱を後ろから見た様子。長細い穴は縦型ポストを設置するスペースです。
機能門柱下側の様子。柱からは2本の電管(CB管)が出ており、一つはインターホン用、もう一つは照明用の配管となります。

なお、上の写真は機能門柱を裏側から見た所です。
左側写真の長細い空洞は、縦型ポストが組み込まれるスペースになります。
インターホンや照明の配線は、ポスト脇の空洞を利用して各箇所に設置され、柱下側にあります電管(CB管)に接続されます。


同時進行で、お庭側ではエクステリア職方がLIXIL”ココマ供匹了楾に取り掛かりました。

更に作業は進み、同時進行でエクステリア職方がお庭側にてガーデンラウンジ”ココマ供匹了楾に取り掛かりました。
着々と確実に作業は進んでおります!


ジャンクションボックス脇に新たに設置された、照明の12Vトランスユニット。トランスユニットには光センサー・タイマースイッチが内蔵されておりとても多機能です。

午後にはジャンクションボックス隣に照明のトランスユニットが設置されました。
このトランスユニットは、100Vから12Vへ変圧する機能の他に、光センサーとタイマースイッチの機能も内蔵されており、面倒なスイッチ操作せずに、自動点灯・消灯を行ってくれます。
私たちがエクステリア照明をご提案する際には、ほぼ標準的にご提案する機能です。


夕方になりますと、予定通り梁に設置しましたダウンライトが点灯しました。インターホンも結線され利用可能です!

そして夕方にはこの通り、梁に設置しましたダウンライトが点灯し、インターホンの方も使用可能となりました!
同時にお隣りさん側のスクリーンにもポリカパネルが設置され、”プラスG”関連設置工事はポスト設置を除いてほぼ完了です。
ここから更に作業を進めて行きますが、この続きはまた次回のBlogにてご紹介しようと思います。
是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

いよいよ今日から8月に入り、正に夏本番ですね!皆さま如何お過ごしでしょうか?
先日の月曜日に梅雨明け宣言が出されましたが、それからの気温の上がり方が余りにも急激で本当に身体に堪えますね。。
今日も日中の気温が35℃を超える猛暑日となり、屋外で作業をしておりますと危険を感じる暑さとなりました。
施工現場では本日も各職方さん達が頑張って作業を行ってくれておりましたが、そんな屋外での仕事のプロである職方さん達でも今の暑さは危険だと云っておりました。
何よりもとても頭を抱えさせられるのが、”土間コンクリート打設工事”。
生コンを流し込んでコテで均していくのですが、正に時間との勝負で、35℃を超える高温ともなりますと、硬化する時間も非常に早くなってしまい、手を休める事を許してはくれません。
職方さん達も必死になって作業を行ってくれておりましたが、途中身体が攣りそうになるぐらいまで極限に達してしまったと話しておりました。。
皆さまの中にも、屋外でDIY等を楽しまれている方がいらっしゃると思いますが、くれぐれも日中の作業はご無理をなさらない様に気を付けて下さいね!

さて、そんな暑い陽気の一日でしたが本日も美味しいお昼ご飯を食べて仕事に励んで参りました!


本日のお昼は、八王子は中町にありますうどん屋さん”武蔵野うどん たまや”さんへ伺いました!写真は夏季限定メニューの”田舎ぶっかけうどん”です。

本日のお昼は、八王子は中心市街地 中町にありますおうどん屋さん”武蔵野うどん たまや”さんへ伺いました!
毎度ご主人こだわりの腰の強い手打ちうどんが本当に美味しい超人気うどん店です。
さて本日選んだメニューは、この時期限定のメニュー”田舎ぶっかけうどん”です。
冷たく喉越しの良いおうどんの上に、この時期旬の茄子やきくらげ、しめじ、シイタケ等がたっぷり入ったとってもヘルシーなメニューです。
特に印象深かったのが、たっぷり入った茄子です。茄子の甘みがおうどんの出汁ととても良く合い、それにきくらげのコリコリした食感がとても良い感じで、本当に美味しいおうどんでした!
この時期、やはり旬の夏野菜がたっぷり入ったメニューは美味しいし、元気を与えてくれますネ。
もしご興味が御座いましたら、是非一度食べに行って見て下さいね!おススメですよ!!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


多摩市 K様邸ファサードアップデート工事。前回のBlogでは、既存の門袖等の解体作業の様子を御紹介致しました。

多摩市 K様邸ファサードアップデート工事。
前回のBlogでは、既存の門袖や植栽、ウッドフェンスの撤去工事の様子をご覧頂きました。
さて、フェンス等が無くなった所からどんな作業を行うのでしょうか?


足場が組まれ、養生シートに家全体が覆われております。そうです!建物の塗装工事が始まりました!

建物全体に足場が建てられ、養生シートで覆われております。
更にドア周り等に養生のビニールが設置されております。
そうです!建物の塗装工事が始まりました!
通常建物の塗装工事を行う際は、門袖・門扉等エクステリアの養生をしっかりと行った上で作業を行うのですが、今回は外構リニューアルも兼ねたお仕事の為、足場等が掛け易いように先に解体工事を行った上で塗装工事を行いました。
さて、塗装工事が終えた後の姿はどの様になったでしょうか?


この通り、綺麗に塗装が施されました!

この通り、全体に塗装が施されました!
今回は前回の色目と同じ物を選んで塗装を施した為、パッと見大きな変化はありませんが、特に木調サイディングの箇所は新築直後の色目に見違えりました!


建物も綺麗になった所で、ここから更にどの様な作業が行われるのか、楽しみになってきますネ!

建物も綺麗になり、エクステリアリノベーションの準備が整いました!
ここからどの様な作業が行われるのか、楽しみになりますネ。


日にちが少々進みまして、いよいよエクステリア工事が本格的に始まりまりました!

さて、塗装工事が完了してから数日が経ち、いよいよ本格的にエクステリア工事が始まりました!
さて、まず最初に設置した物はと云いますと・・・


玄関前の屋根設置工事から行いました。今回設置する部材は、LIXIL「プラスG”Gルーフフリータイプ”」と云う商品です。

玄関前に設置します大きな屋根工事から設置し始めました。
今回設置します部材は、LIXIL「プラスG”Gルーフフリータイプ”」と云う商品です。
木調のアルミフレームで空間を囲み、その天井にアルミの梁と特殊形状のポリカ材を組んで屋根空間を形成します。
またこの部材はフレームに様々な機能をプラスする事ができ、今回は隣地側にスクリーンフェンス、入り口側の梁内にダウンライト、そして左側の柱にはポスト等を加えた機能門柱をプラスさせます。
非常に画期的な部材ではあるのですが・・・


屋根形状は片屋根構造のテラス屋根と違い、フレーム内に屋根を納める為に複雑な構造となります。その為施工手順を誤りますと・・・

通常の片屋根形状のテラス屋根部材とは違い、フレーム内に屋根を納める特殊で且つ複雑な構造となっております。
その為、フレームを正確に設置しないと部材全体が歪んでしまい、屋根材が納める事が出来ません。
更に強引に屋根材を納めてしまいますと結果的に、雨漏りの原因となってしまいます。。
(実は且つて、この部材にはとても痛い目にあった事がありまして。。)
その為事前に、担当職方さんと綿密に打ち合わせた上で作業を進めて行きました。
ある意味、私にとってのこの部材に対するリベンジとも云えます。


今回職方と話し合った結果、まず柱をクランプ等を利用して仮止め状態にし、屋根材が納まる様に微調整できるように工夫しました。

しっかりと屋根材が納まる様にする為の、私と職方さんと話し合って出した回答が、四隅の柱をクランプ等で仮止めし、屋根材がうまく納まる様に微調整が利く様にする施工方法です。
通常カーポート等の屋根を納めるには、先に柱をコンクリートでしっかりと固定した上で屋根を組んでいく方法を取るのですが、今回は作業工程の順番を変えて臨みました。
この施工方法は、行程的には非常に非効率な施工方法なのですが、こういった特殊な屋根を組む上では非常に有効な施工方法で、結果的に失敗の起こりにくい方法と云えます。
さてこの施工方法が、結果的に吉と出るか凶と出るか?!
この続きは次回のBlogにてご紹介しようと思います。是非宜しくお願い致します!



ブログカレンダー

<   2019-08   >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
タグリスト
  • ファサード
  • クローズド外構
  • セミクローズド外構
  • エバーアートボード
  • 目隠しフェンス
  • 人工芝
  • インターロッキング
  • 完工まとめ
  • プラスG
  • 特殊な工事
  • 入隅空間の有効活用
  • ウッドデッキ
  • 樹ら楽ステージ木彫
  • 和モダン
  • プランニング
  • ホームページのバージョンアップ
  • リードデッキ
  • 樹ら楽ステージ
  • 屋外コンセント
  • 美彩シンプルラインライト
  • ウッドデッキの点検口
  • 小さなお子さまの安全対策
  • 古いブロック塀の改修
  • サニーブリーズフェンス
  • レストステージ
  • 乱張石貼り工事
  • アースカラー
  • マイリッシュOK
  • UNISUSポスト
  • テラス屋根の修繕工事
  • レイスクリーン
  • レンガ調タイル
  • オリジナル門袖
  • 美彩グランドライト
  • デザイナーズパーツ
  • エアコン室外機移設
  • フロアビーズ
  • アプローチの舗装
  • フラットパン
  • デッキ上の手摺
  • アーキレール
  • ガーデンシンク
  • 立水栓
  • カーポート
  • フーゴ900
  • サイクルポート
  • フーゴミニ
  • 駐車場造成
  • ナノコンポジットW
  • 外壁塗装
  • トランス
  • エクステリアの照明
  • 美彩グラスウォールライト角型
  • ベランダ手摺モダンパネル
  • 鋤取り砕石填圧
  • ブロック積
  • ローシェン
  • ソルディーポート
  • エクステリアコンテスト
  • 植栽工事
  • 無金利リフォームローンキャンペーン
  • クリエカラー
  • 物置設置
  • NEXTA
  • イナバ物置
  • スピーネ
  • テラス屋根
  • サイドパネル
  • テグランネオ
  • アーキフラン
  • 庭王門
  • ハイグリッド門扉
  • 既存塀フェンス設置
  • コア抜き工法
  • 前後勾配カーポート
  • ケミカルアンカー工法
  • 人工芝(砕石ベース)
  • 人工芝(コンクリベース)
  • エルドラドクォーツイエロー100方形
  • 駐車場コンクリート工事
  • 二世帯住宅外構
  • 二世帯住宅外構
  • スマートエクステリア
  • キャンペーン
  • 新築2世帯住宅外構
  • 新素材フェンス
  • タイルポーチ(デザイン貼り)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 人工木デッキ造り替え
  • タイルデッキ
  • ゴルフパット向け人工芝
  • ゴルフパット向け人工芝
  • 2018年総括
  • 新素材フェンス
  • セミクローズド外構
  • 宅配ボックス
  • 建て替え
  • 外構リノベーション
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • LIXIL”ココマ供
  • LIXIL”プラスG”
  • LIXIL”フェンスAA”
  • 土地拡幅リガーデン
  • 造作壁
  • イゲタヤE&R

    エクステリアオフィス
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ南平店内)
    〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

    八王子サテライト
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ八日町店内)
    〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

    TEL:042-591-8497
    メールお問合せはこちら

    施工エリア
    東京都の以下地域となります。
    日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
    本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
    保護しております。