このページのトップへ
28 6月 2016年 の記事
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は昨日とは打って変わって朝から梅雨らしい雨模様に見舞われました。
また気温も最低気温が20℃を下回った様で、5月上旬ぐらいの涼しさとの事です。
久しぶりにエアコンを付けなくても涼しい1日でしたね。
そして雨の方もお昼ぐらいには何とか止んでくれて、外仕事をしている我々にとってはとても助かりました。

という事で、本日も早速施工現場の進捗状況をご報告いたします。


本日の現場は八王子市 F様邸です。いよいよ昨日まで加工しておりました部材の組付け作業に入ります。

本日の施工現場は、八王子市 F様邸です。
昨日まで様々な部材の加工作業を行っておりましたが、本日よりいよいよ本格的に組付け作業に入ります。
本当は午前中から行う予定だったのですが、早朝からの雨のために時間をずらし、雨が止み始めたお昼過ぎより作業に入り始めました。


先日組み付けたウッドデッキにシート等にて養生をし、加工した部材を搬入し始めました。
ちなみに今回新たに設置する屋根には、新たな照明が内蔵されます。そのため、既存のスポットライトを撤去し、その配線を利用します。

早速先日組み付けたウッドデッキに板やシートにて傷つかない様に養生を施し、早速加工した部材の数々を搬入していきます。
また、今回ご提案したこの中庭空間には屋根部にて新たに照明を設置します。
そのため、元々設置されておりますスポットライトを右の写真の通り撤去し、その配線をむき出しの状態にしました。
さて、どの様な照明が付くかは後々のお楽しみという事で。


先日設置した柱固定部材に、用意した屋根柱を設置していきます。まずは設置位置の狂い等が無いかもう一度確認します。
上部を見ますと、梁や飾り帯等と柱とのシビアな位置関係がお分かり頂けると思います。

さて、いよいよ組み付け作業に入ります。
まずは屋根を支える柱の設置作業からです。
先日設置した柱の固定部材にまずは柱を実際にあて、設置位置等の狂いが無いかを綿密に確認します。
ちなみに右側の写真は、その柱の上部の様子ですが、梁・飾り帯等とのシビアな位置関係がお分かり頂けると思います。
前回のBlogにてご説明した通り、何度も寸法取り等を行っていた理由がこれでお分かり頂けたと思います。


設置高を確認し、更にミリ単位で屋根の水勾配を設定した上でこの様に柱を更に切断加工します。
カットしたら再度柱をはめ込んで寸法を確認します。ピンク色テープで標した基準高とレーザー墨出し器の光との誤差が無ければOKです。

そして屋根を考える上で大切な事は、「水勾配」です。
今回の屋根構造は、中心から左右に勾配がとられておりますが、同時に後ろから前へ微妙に勾配を取らないと、水溜り・そして雨漏りの原因となってしまいます。
そこで、前柱のみ基準高から数十ミリ短くして勾配を取る様にします。
先程スケールにて必要寸法を割り出した所で、左上の写真の通り切断機で慎重に柱をカットし、再度設置場所に柱をはめ込んで寸法を確認します。
事前にある程度の寸法等を正確に割り出していたので、カットは一発OK!
担当職方であるIB建工の飯村さん(親方)と息子さんとの息もピッタリ!流石の一言に尽きます。


そしてこれが、アルミの柱と固定部材とを固定する特殊なステンレス六角ドリルビス。かなり高価ですが、アルミ柱の固定では重要部材です。
そしてこの通り、無事柱の固定が完了しました。尚、この上にデッキ材が設置されるため、接続部は綺麗に隠れます。

そして柱の高さ等が定まった所で、いよいよ固定していきます。
固定する際に使用する重要な部材が、左の写真の大きなドリルビスです。
このドリルビス、頭が六角ボルトになっているため、電動工具にて強力なトルクを掛けて締めつける事が出来るのですが、もう一つ重要な特徴があります。
それは、”ステンレス”であると云う事です。
理由として、アルミ金属に通常のユニクロームビスで止めますと、化学反応を起こしてアルミが腐食してしまいます。
(アルミの表面が白く粉をふいた状態が、アルミの腐食(つまりサビ)です。)
それを防ぐために必ずステンレスビスで止めて行きます。
その代わり難点としまして、一個当たりのビスのコストが通常のビスの何倍にも膨れ上がる点が挙げられます。
そのため、あまり一般的な部材ではありませんが、今回の様な施工においては十二分に効果を発揮してくれる部材です。
という事で、このビスを使いまして右側の写真の通りしっかりと固定されました。
さらにこの上にデッキ材が覆うため、納まりは非常にスッキリした物になります。


そしてその他の柱も同様に設置。4箇所とも正確すぎるぐらいに絶妙な位置関係に納まりました。

その他、三箇所にも同様に屋根柱が設置されました。
事前に綿密な寸法取りと部材加工を行ったお陰で、スムーズ且つ絶妙な位置に柱を納める事が出来ました。
後でレーザーをあてて寸法の狂いを見ましたら、数ミリの狂いもないまさに「正確すぎる」納まりです。
担当しているIB建工さんの技術力に感服です。
本日の工程は午後からのため、残念ながら柱立てで終わってしまいましたが、今後の進捗状況が非常に楽しみになってきました。

今回のF様邸での施工、実はその他にもメーカーでも思い付かない様々な創意工夫を行っております。
今日行った柱建ても、その一部分にすぎません。
更なる工夫がどの様なものなのか、是非次回のBlogもご期待頂ければと思いますので、宜しくお願いします。



ブログカレンダー

<   2016-06   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
タグリスト
  • ファサード
  • クローズド外構
  • セミクローズド外構
  • エバーアートボード
  • 目隠しフェンス
  • 人工芝
  • インターロッキング
  • 完工まとめ
  • プラスG
  • 特殊な工事
  • 入隅空間の有効活用
  • ウッドデッキ
  • 樹ら楽ステージ木彫
  • 和モダン
  • プランニング
  • ホームページのバージョンアップ
  • リードデッキ
  • 樹ら楽ステージ
  • 屋外コンセント
  • 美彩シンプルラインライト
  • ウッドデッキの点検口
  • 小さなお子さまの安全対策
  • 古いブロック塀の改修
  • サニーブリーズフェンス
  • レストステージ
  • 乱張石貼り工事
  • アースカラー
  • マイリッシュOK
  • UNISUSポスト
  • テラス屋根の修繕工事
  • レイスクリーン
  • レンガ調タイル
  • オリジナル門袖
  • 美彩グランドライト
  • デザイナーズパーツ
  • エアコン室外機移設
  • フロアビーズ
  • アプローチの舗装
  • フラットパン
  • デッキ上の手摺
  • アーキレール
  • ガーデンシンク
  • 立水栓
  • カーポート
  • フーゴ900
  • サイクルポート
  • フーゴミニ
  • 駐車場造成
  • ナノコンポジットW
  • 外壁塗装
  • トランス
  • エクステリアの照明
  • 美彩グラスウォールライト角型
  • ベランダ手摺モダンパネル
  • 鋤取り砕石填圧
  • ブロック積
  • ローシェン
  • ソルディーポート
  • エクステリアコンテスト
  • 植栽工事
  • 無金利リフォームローンキャンペーン
  • クリエカラー
  • 物置設置
  • NEXTA
  • イナバ物置
  • スピーネ
  • テラス屋根
  • サイドパネル
  • テグランネオ
  • アーキフラン
  • 庭王門
  • ハイグリッド門扉
  • 既存塀フェンス設置
  • コア抜き工法
  • 前後勾配カーポート
  • ケミカルアンカー工法
  • 人工芝(砕石ベース)
  • 人工芝(コンクリベース)
  • エルドラドクォーツイエロー100方形
  • 駐車場コンクリート工事
  • 二世帯住宅外構
  • 二世帯住宅外構
  • スマートエクステリア
  • キャンペーン
  • 新築2世帯住宅外構
  • 新素材フェンス
  • タイルポーチ(デザイン貼り)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 人工木デッキ造り替え
  • タイルデッキ
  • ゴルフパット向け人工芝
  • ゴルフパット向け人工芝
  • 2018年総括
  • 新素材フェンス
  • セミクローズド外構
  • 宅配ボックス
  • 建て替え
  • 外構リノベーション
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • LIXIL”ココマ供
  • LIXIL”プラスG”
  • LIXIL”フェンスAA”
  • イゲタヤE&R

    エクステリアオフィス
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ南平店内)
    〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

    八王子サテライト
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ八日町店内)
    〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

    TEL:042-591-8497
    メールお問合せはこちら

    施工エリア
    東京都の以下地域となります。
    日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
    本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
    保護しております。