このページのトップへ
12 6月 2016年 の記事
yuzo_2
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日も一日とっても良い天気で、梅雨の中でとっても貴重な日曜日でしたね。
皆さんは今日一日、どの様にお過ごしになられたでしょうか?
明日は天気予報によると、一日しっかり雨が降るとの予報も出ておりますので、洗濯や布団干しを行うのには今日一日がチャンスだったのではないでしょうか?
(私はすかさず、朝から洗濯に勤しみました!)
それにしても、ここ最近の気になるニュースとして、関東圏の水がめであるダムの貯水率が過去最低の状態である事と、今年の夏は2010年の酷暑を上回る暑い夏になると云った事でしょうか。。
どうやら今年の冬の記録的な雪不足と、5月の少雨によるダブルパンチが今の状態の様です。
天気が続く事は良い事ですが、こういったニュースを聞くと雨の大切さを考えさせられますね。。
少なからずとも、節水等資源の無駄遣いには注意した方が良さそうです。
そして梅雨の方も、適度に雨を降らせてくれる事を祈るばかりですね。どうなる事でしょう。

さて、本日もエクステリアやお庭に関してのご相談をされるお客様が多くいらっしゃいました。
その中でとても多く寄せられる質問としては、「幾らぐらい掛かる物なの?」といったご予算の事に関してのご相談がとても多く感じられます。
特にその中でも、新築をされるご予定のお客様からそういったお話しをとても多く寄せられます。
確かに、プランを考えて行く上で絶対に無視できない部分はまさに「ご予算」ではあります。
しかし、プランニングを進め、いざプレゼンを行わせて頂きますと、「ご予算」のウェイトよりも「デザイン」「機能性」「質感」等々の違う要素のウエイトが重要視されて行きます。
もちろん私も、プランを考える上で「予算」は重要視しますが、私が最も重要視する要素はズバリ「機能性」です。
そしてその「機能性」がクリアできて始めて次に「質感」「デザイン」を考え、最後に「予算」と照らし合わせて更にデザインを精査して造り上げて行きます。
さあ、そこで予算とプランとの関係を考えて行く上で予算を併せるためには幾つかの方法があります。それは何だと思いますか?

まず始めに皆さんが思い付き易い物としては、「商品ないし化粧材等のグレードを下げる」といった事だと思います。
もちろんこれは、予算を抑えるのには一番速効性のあるやり方ではあります。
しかし考えてみて下さい。エクステリアやお庭は、家を建てるのと同じようにほぼ”一生もの”のお買い物であります。
そんな大切なお買い物なのに、全体的にグレードを下げたみすぼらしいエクステリア空間と長い間過ごす事を。。
それはとっても寂しいし、徐々に我慢が出来なくなってくると思います。

次に考える事として、「施工費を抑える」といった事だと思います。
これもある面では大切な事ではあります。全ての物に対して、非常に手間の掛かる施工を行う様なデザインを考えてしまえば、当然それに対してのコストが跳ね上がってしまいますので、手間が必要な所とそうでない所を精査してバランスを取る必要があります。
しかし、それを誤ってとらえて、職人さんの施工費を全体的に値切るなんて事は絶対にしてはいけません。
何故なら、そのしわ寄せを被ってしまった職人さんからすれば、当然同じクオリティーのお仕事をする事が出来ず、見えない所で施工の質を落とさざる負えないお仕事となってしまいます。
となれば、当然数年後経ってから様々な支障がでてしまい、それに対して保証をしろと言ってもほぼ受け入れて貰えない状態になってしまい、ほぼ泣き寝入りとなってしまうでしょう。

そこで、第三の方法があります。それは「プランを第一期・第二期・・・と分けて考える」です。
つまり、プランに対しての優先順位を必要度合いで考え、優先順位が低い物は後から考える方法です。
では、実例を挙げて説明しようと思います。


こちらは、先日工事を行わせて頂いた日野市 K様邸の1番最初のイメージです。

上のイメージ図は、先日エクステリア施工を行わせて頂いた日野市 K様邸において、一番最初にお出ししたプランイメージです。
K様から頂いたご要望、お好みのイメージをお聞きして私なりに素直に造ったプランです。
しかし、当然ながらこのプラン通りに行いますと、最初にお話しされていたご予算からかなりかけ離れた物となってしまいます。
そこで、このプランにて特に何処に優先順位を付けたいかという事をお話し頂きまして、


この玄関前のスリットフェンス・門袖は是非やりたい!というご要望を頂きました。

「是非この玄関前のスリットフェンスと門袖は実現化したい!」というご要望を頂きました。
そこで、お客様と色々とお話しを詰めた結果、


奥側のフェンス、門扉は今の所優先順位は低いと云う事になりまして・・・
必要最低限の土留めブロックのみとして、フェンス等は次回に施工が行い易い様に設えます。

今回のプランでは、奥側の植栽・フェンス・門扉はまだそこまで必要ではないと云う事になりました。
そこで、後々フェンス等の設置がし易い様に必要最低限の高さにて土留めブロックを設置する所で抑えました。
これにより、予算面でかなりのコストカットを行う事ができ、仕上げ等に妥協する事無く、なんとかお話しされてたご予算に合う事が出来ました。


そして実際に出来上がった玄関前エクステリア。イメージ以上にとても良い仕上がりとなりました。
そして奥側は、最低限の高さの土留めブロックに仕上げ、後々ブロックの増設やフェンス設置等をし易い様に設えました。

そして実際に出来上がった第一期目の完工写真です。
この際の一番の肝入りである玄関前エクステリアは、職方さんの技術をおしみなく使えたお陰で、イメージ以上に非常に良い仕上がりとなりました。
そして奥側の部分に関しては、最低限の土留めブロックにて留める事で第一期目での予算を抑えるだけではなく、未来にて土留めブロック上にブロックを積み増ししたりフェンスを設置する事がやり易い様に設計しております。
コストをただ抑えるだけではなく、“未来”の事もしっかりと考える事。これこそプランを行う上でとても重要な事と考えます。


それからしばらくして造り上げた、第二期目のイメージです。フェンス・門扉だけでなくテラス屋根も設置します。
更に駐車場奥側にコンクリート舗装を延長し、物置き・立水栓・植栽スペースを設置します。

そしてしばらくして、いよいよその”未来”を現実化して行く時期がやって参りました。
第二期目では、実際生活して見て出てきた改善したい点等をしっかりと考慮し、前回ご提案したよりもフェンス高等を高い物に変更し、門扉の仕様も、最初に提案した際にはまだ無かった玄関ドアと同じデザインの物にてご提案しました。
更に、リビングルーム前に屋根が欲しいと云う事で、LIXILの木目調カラーに合せた新商品「シュエット」というテラス屋根をご提案しました。
更にご予算に余裕を持たせる事が出来たとの事で、駐車場奥にコンクリート舗装部を延長。そこへ物置き・立水栓・植栽スペースをご提案させて頂きました。


そして実際に出来上がった第二期目の完工写真です。見た目だけではなく、機能面でも非常に良い物となりました。
駐車場奥側もこの様な設えに。ちなみに奥側の白い管は、後々照明器具等を設置し易い様にするための電管です。

そして先日実際に出来上がった第二期目の完工写真です。
見た目だけではなく、実際に生活された上で出て来た機能面での改善点を考慮して造っただけありまして、まさに「機能美」という表現が相応しいエクステリアに仕上がりました。
また、駐車場奥側も右側の写真の通りとても纏まった物になりました。
ちなみに植栽スペース奥にひょいっと出ている白い管は、後々ここに照明等の電気器具を設置する事を考慮した電管です。
こういった所も、しっかりと”未来”を考えたイゲタヤE&Rのポリシーが光っている部分だと思います。


そしていよいよ第三期として、近々カーポートを設置予定です。
しかも、お隣さんに考慮して屋根勾配を前後にとった仕様の物を納めます。

そしていよいよ第三期目として、駐車場にお隣さんに考慮したカーポートをという事で、上のイメージの様な仕様のカーポートを設置予定です。
このカーポート、三協アルミの「マイリッシュOK」といいまして、右側の写真でもお分かり頂けると思いますが、左右方向ではなく前後方向に屋根勾配を付けたカーポートなのです。
そしてカラーに関しては、三協アルミが今年出しましたアルミカラーの新色「アースブラウン」を選択しました。
特徴は一見すると木調色の様な温かみのある色合いをアルミカラーで体現させた事で、コストを抑えながら良質のデザインとした点だと思います。
実際にこのカーポートがどの様な雰囲気に仕上がるのか、今からとっても楽しみです。



といった感じで、第一期・第二期・・・と分けたプランニングの一例をご紹介させて頂きました。
これはあくまで一例ですが、長いスパンで無理なく予算の計画を立てて行う方法としてはとても有効であると思います。
また、メーカー各社にて毎年様々な新商品を出すので、タイミングが合えばそういった商品にてご提案する事も可能です。
ただしデメリットとしては、
.灰好箸量未覗軋療に一気にやるよりも高くなってしまう。
他の様々な事(趣味・娯楽・自動車等)に目が行き、次の工事への一手が中々踏み込みずらくなってしまう。
といった事も挙げあられるので、必ずしもこの方法が全てでは無いと思います。
そういった事の判断が中々付かないとお悩みでしたら、是非一度我々イゲタヤE&Rへご相談下さい。
プロとしての長年の経験等から、きっと良いアドバイス・ご提案等が出来ると思いますので、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。宜しくお願いします。



ブログカレンダー

<   2016-06   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
タグリスト
  • ファサード
  • クローズド外構
  • セミクローズド外構
  • エバーアートボード
  • 目隠しフェンス
  • 人工芝
  • インターロッキング
  • 完工まとめ
  • プラスG
  • 特殊な工事
  • 入隅空間の有効活用
  • ウッドデッキ
  • 樹ら楽ステージ木彫
  • 和モダン
  • プランニング
  • ホームページのバージョンアップ
  • リードデッキ
  • 樹ら楽ステージ
  • 屋外コンセント
  • 美彩シンプルラインライト
  • ウッドデッキの点検口
  • 小さなお子さまの安全対策
  • 古いブロック塀の改修
  • サニーブリーズフェンス
  • レストステージ
  • 乱張石貼り工事
  • アースカラー
  • マイリッシュOK
  • UNISUSポスト
  • テラス屋根の修繕工事
  • レイスクリーン
  • レンガ調タイル
  • オリジナル門袖
  • 美彩グランドライト
  • デザイナーズパーツ
  • エアコン室外機移設
  • フロアビーズ
  • アプローチの舗装
  • フラットパン
  • デッキ上の手摺
  • アーキレール
  • ガーデンシンク
  • 立水栓
  • カーポート
  • フーゴ900
  • サイクルポート
  • フーゴミニ
  • 駐車場造成
  • ナノコンポジットW
  • 外壁塗装
  • トランス
  • エクステリアの照明
  • 美彩グラスウォールライト角型
  • ベランダ手摺モダンパネル
  • 鋤取り砕石填圧
  • ブロック積
  • ローシェン
  • ソルディーポート
  • エクステリアコンテスト
  • 植栽工事
  • 無金利リフォームローンキャンペーン
  • クリエカラー
  • 物置設置
  • NEXTA
  • イナバ物置
  • スピーネ
  • テラス屋根
  • サイドパネル
  • テグランネオ
  • アーキフラン
  • 庭王門
  • ハイグリッド門扉
  • 既存塀フェンス設置
  • コア抜き工法
  • 前後勾配カーポート
  • ケミカルアンカー工法
  • 人工芝(砕石ベース)
  • 人工芝(コンクリベース)
  • エルドラドクォーツイエロー100方形
  • 駐車場コンクリート工事
  • 二世帯住宅外構
  • 二世帯住宅外構
  • スマートエクステリア
  • キャンペーン
  • 新築2世帯住宅外構
  • 新素材フェンス
  • タイルポーチ(デザイン貼り)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 人工木デッキ造り替え
  • タイルデッキ
  • ゴルフパット向け人工芝
  • ゴルフパット向け人工芝
  • 2018年総括
  • 新素材フェンス
  • セミクローズド外構
  • 宅配ボックス
  • 建て替え
  • 外構リノベーション
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • LIXIL”ココマ供
  • LIXIL”プラスG”
  • LIXIL”フェンスAA”
  • イゲタヤE&R

    エクステリアオフィス
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ南平店内)
    〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

    八王子サテライト
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ八日町店内)
    〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

    TEL:042-591-8497
    メールお問合せはこちら

    施工エリア
    東京都の以下地域となります。
    日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
    本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
    保護しております。