このページのトップへ
5月 2016年 の記事
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

「おなかがすいた…」
いきなり冒頭からすみません。実は明日、これ迄の不摂生が祟ったせいか健診の再検査があり前日は色々と制限されていて満足な食事が摂れていません。(泣)
日頃多忙な時は、心も身体も集中していているせいか、気付けば夕方になっていてお昼ごはんを食べていなかった…なんて事もしばしばあるのですが、元々食べる事が大好きな健啖家でして食欲に対して今回のように少しでも制約があると、コンビニエンスストア・レストラン・ラーメン屋さん等々、営業の移動の最中でも色々と気になって仕方ありません。

思う存分何でも食べれる迄暫しの我慢となりますが、そんな私の状態とは逆に現場の方は今日もしっかりと動いてくれていました。(笑)


水栓柱を固定する為に造作したコンクリート柱ですが、型枠を外しモルタル左官を掛けて仕上がりました。

エクステリア工事を施工中の多摩市J様のお宅では、この日のBlogで紹介した水栓柱を固定する為に造作したコンクリート柱が無事固まり、型枠を外した後モルタル左官仕上げを施しました。
J様邸では、明日からデッキの設置工事が始まりますが、デッキ上に露出するコンクリート柱の一部に先日Blogで書いた通りモザイクタイルを貼ります。
その施工は、まだ少し先となりますが想定通りの状態を見て、J様からこの工事に求められている事が全て上手くいくと確信しました。
J様邸のエクステリア工事は、明日から又、大きな変化が表れる事となりますが、是非ご期待下さい。

大きな変化と言えば…本日からタイル貼り工事の施工が始まった八王子市A様新築外構工事にも進展がありました。


本日から再開した八王子市A様新築外構工事ですが、タイルが貼られると見栄えが大きく変化しますね。

積まれたブロック塀にレンガ調タイルをどんどん貼っていっています。先日、しっかりとタイル貼りの準備をしていたので貼る速度も本当に速いです。当然ながら速いだけでは無く、しっかりと正確に貼られていきます。


チームで息を合わせて正確にタイルを貼っていく様は、スゴいの一言です。さすがは専門職方です。
タイル貼りは少しのズレでも見栄えに大きく影響が出ますが、非常に美しく貼られています。

本日は、助っ人も頼んで3人チーム体制で施工を進めています。写真の様に2人でタイルを貼りながら1人はタイルのカット等加工をしています。このチームワークが、スピードと美しさを両立させているのですね。
これから上部のタイル貼りに取り掛かるとの事ですが、その殆どの箇所がタイル素材の加工が必要との事で大変な作業となりそうです。タイル目地を入れる迄まだ先はありますが、このペースで頑張って戴きたいと思います。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は朝から1日雨模様で、肌寒い一日でしたね。
今日の様な日が来ますと、梅雨入りへ刻一刻と近づいている事が感じられ、何となく憂鬱になりますね。
私たちの方も雨続きになりますと、承り中の施工現場の工程がずれ込んでしまう恐れがあるため、とても頭を悩まされます。
とはいっても、空梅雨になってしまいますと、夏場の水不足という事態が起こる恐れもあるので、それも困ってしまいますし、自然の摂理には、素直に受け入れなければならないと云う事でしょうかね。。
ここの所寒暖の差の激しさで、体調を崩されている方も多い様なので、くれぐれも体調管理には気を付けて下さいね。

さて、ここの所当店にて様々なエクステリア工事を承る事が多いのですが、その中でも非常に多いのが「駐車場」「駐輪場」のご提案です。
確かに日野・八王子周辺は、全ての地域が駅から近いと云う訳ではないので、車の有無は毎日の生活の上で欠かせない物であると思います。
しかし、ご相談を受けている上で以外に気付かされる事として、ご自身で御乗りのお車等に関して、サイズを覚えている方が比較的少ないと思いました。
軽自動車のサイズは? 自転車のサイズは?? ミニバンのサイズは???
こう聞かれまして、パッと直ぐに思い付くでしょうか?
そこで、この場にて代表的な車種を挙げて、実際のサイズを出して行こうと思います。
是非御参考にして頂ければと思います。


まずは一般的な自転車のサイズから

まずは一般的な自転車から。
自転車1台の平均的なサイズとしては、全長190cm×横幅60cmを目安としています。
(自治体の駐輪場では、このサイズを基準に設計します。)


次は原動機付自転車。50侫好ーター等が一般的ですね。

次に50ccサイズの原動機付自転車(スクーター)。
こちらは全長1.7m×全幅65cmとなります。ちなみに原付1種(125CC)のバイクですと、同形状のものでもこのサイズの限りではないので、必ず確認が必要です。


次に最近では比較的乗っている方が多い、ビッグスクーター(250CC超)のサイズです。

更に最近では多く見られます、「ビッグスクーター(250CC超)」のサイズです。
このクラスの物になりますと、各車種によってまちまちになってしまうのですが、
全長2.7m×全幅1.1mを基準にすれば大抵の物は納まると思われます。


次に軽自動車です。軽自動車は全幅と全長に対してはどの車種もほぼ同サイズなのですが、高さに対しては要注意です。

さて、2輪車のサイズを挙げた所で、次にご紹介する物は自動車に関してです。
まず最初にご紹介するのは「軽自動車」です。
軽自動車は、サイズに関しての厳格な規格があり、昨今のモデルではどの車種も規格いっぱいで設計している事が大半です。
全長3.4m×全幅1.48mというサイズが、現行の軽規格でのサイズで、各メーカーともほぼこのサイズで考えればよいと思います。
しかし問題は”全高”に関してで、国交省の定める高さは「2m以下」としております。
例えば、「スズキ アルト」「ダイハツ ミライース」等のセダンタイプですと、全高は1.5m。
「スズキ ワゴンR」「ダイハツ ムーブ」等のワゴンタイプですと、全高1.65m。
「ダイハツ タント」「ホンダ NBOX」等のハイトワゴンタイプですと、全高1.75m。
更に「ダイハツ ウェイク」の様なスーパーハイトワゴンになりますと、全高1.83m。
といった具合で、車種によって高さはまちまちです。


次にコンパクトカークラスのサイズです。

次に挙げる車種は、「ホンダ フィット」「トヨタ アクア」「マツダ デミオ」「日産 マーチ」等といったコンパクトカークラスです。
このクラスの車種は、以前ですと軽自動車+αぐらいのサイズ展開で分かり易かったのですが、最近ではグローバル化によるサイズ展開や安全性向上の影響で徐々に肥大化しておりまして、日本におけるコンパクトカーというクラスが揺るいでいる様に思われます。
ちなみに代表車種のサイズを挙げますと、
・「ホンダ フィット」全長3.95m×全幅1.69m×全高1.55m
・「トヨタ アクア」全長3.99m×全幅1.69m×全高1.45m
・「マツダ デミオ」全長4.06m×全幅1.69m×全高1.5m
といった感じです。全長に関しては、以前は4m以内の車種が多かったのですが、それを超える車種が増えてきているので、注意が必要です。


ここ最近では様々な所でお見かけするハイブリッドカー「プリウス」。気になるサイズは?

さて、次にミドルサイズの車種をと思ったのですが、このクラスになりますと最近では圧倒的に「トヨタ プリウス」の独壇場といっても過言ではないと思われます。
この自動車、初代ではかつての「トヨタ カローラ」と同サイズの1500CCクラスの5ナンバー車であったのですが、モデルチェンジを行うにつれて徐々に肥大化し、現状ではかつての2000CCクラスの車種と変わらない3ナンバーサイズとなりました。
では気になるサイズですが、
全長4.54m×全幅1.76m×全高1.47m となります。
初代のサイズから考えますと、実に約10cm程のワイド化。本当に大きくなりました。。


更に数年前からファミリーカーとしての市民権を得たミニバン。これにより、カーポートのハイルーフタイプが標準高になりました。

そしてファミリーカーとしてすっかり定着しました「ミニバンタイプ」です。
私がプランナーとしてお仕事し始めた頃から、この車種はどんどんと増え、今ではご依頼頂くお客様のお車の大半がこのタイプの自動車となりました。
このクラスの車では、5ナンバーサイズでは「トヨタ ノア&VOXY」「日産 セレナ」「ホンダ ステップワゴン」が代表車種。
3ナンバーサイズでは「トヨタ アルファード&ベルファイア」「日産 エルグランド」「ホンダ オデッセイ」が挙げられます。
実際のサイズとしては、
・「トヨタ ノア&VOXY」全長4.7m×全幅1.69m×全高1.86m(グレードによってはサイズが変わります。)
・「トヨタ アルファード&ベルファイア」全長4.9m×全幅1.85m×全高1.95m
といった感じです。
ちなみにこのタイプの車種がファミリーカーの標準となって来た事から、カーポートにおける柱のサイズが、標準高で1.8mから2.2mへと変わりました。時代の変化の凄さを感じさせられます。


ちなみにBMWやメルセデスベンツを乗られているお客様も多くご依頼を頂きます。

そしてセダンタイプでは、最近ではBMWやメルセデスベンツをお乗りになられている方がご相談を多く頂いております。
その中でも、BMW「5シリーズ」メルセデスベンツ「Eクラス」といった車種に御乗りの方が比較的多いです。
では実際のサイズは、
・BMW「5シリーズ」全長4.95m×全幅1.9m×全高1.49m
・メルセデスベンツ「Eクラス」全長4.85m×全幅1.85m×全高1.47m
といった感じです。サイズからも、堂々としたスタイルである事が感じられます。



如何でしたでしょうか?
ここ最近ご相談を受ける際に、お乗りになっているお客様の代表的な車種のサイズを挙げて見ました。
時代と共に、家族構成も変わってきておりまして、お車の車種もかつてのセダンタイプ全盛からミニバンタイプ、そして軽ハイトワゴンへと変わり、カーポート等のサイズ展開や形状等もここ10年で目まぐるしく変わりました。
改めてこうして取り上げて見ますと、様々な事を考えさせられます。
是非駐車場・駐輪場を御検討する際に、このサイズを念頭において計画されて見ては如何でしょう?
また、ご自分のお車のサイズを再度確認するのにも良い機会かもしれません。
ちなみにサイズをご確認の際は、車載されております「車検証」を見れば直ぐに分かりますよ。
ご相談の際には、是非御参考にして頂ければと思います。


大貫雄三 27年4月
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は一日とっても爽やかな日曜日でした。
皆さんも今日は色んな所へお出掛けになられた事でしょう。
私もお仕事で無ければ、高尾山へでも行って思いっきり美味しい空気を吸いに行きたい物でした(笑)
そんな中、貴重なお時間を割いてお庭やエクステリア等のご相談で御来店頂いたお客様が多数いらっしゃいまして、本当に有難く思います。
また、「Blog拝見してますよ!」と仰って頂ける方もいらっしゃり、書いている私たちも嬉しい気持ちでいっぱいです!
今後もご覧頂いた皆様に、少しでもお役に立てる情報を発信出来ればという気持ちでBlogを更新して参りますので、是非宜しくお願いします。

さて、先日のBlogにて花壇の写真を載せましたが、その中で「これは本当に使い易いお花だな!」という物がありましたので、改めてご紹介しようと思います。


これは先日ご紹介した当店の花壇の様子です。

この写真は、先日のBlogの冒頭でもご紹介いたしましたが、当店の店頭にあります花壇の様子です。
ガザニアの黄色いお花とサルビアの鮮やかな赤いお花がとっても綺麗なのですが、それを上品に見せてくれている白い小花。
こうして改めて見ましても、双方の目立つ花を上品に引き立てる、とても良い役目を果たしてくれています。


先日完工しました八王子市 S様邸の花壇。こちらでもカラフルなお花の中で、白い小花がとても良い役目を果たしております。

こちらの写真は、このBlogでもご紹介いたしました先日完工した八王子市 S様邸の花壇です。
この花壇の中でも、ダイアンサスとベゴニアのカラフルなお花を白い小花が引き立ててくれています。

さてこの植物の名前、一体何という植物でしょう?


白い小花がとっても可愛らしく上品なお花「ユーフォルビア ダイアモンドフロスト」です。

答えは「ユーフォルビア ダイヤモンドフロスト」です。
ユーフォルビアは、トウダイグサ科ユーフォルビア属の非耐寒性低木、つまり草ではなく「木」になります。
草花の様で実は木という物としては、ハーブコーナーでお馴染の「ラベンダー」も挙げられます。
ただし寒さには弱いので、我々の中では「一年草」の扱いとしております。
ちなみにトウダイグサ科で有名な植物としては、クリスマスの贈り物として有名な「ポインセチア」が挙げられます。
11月下旬頃から園芸店で売られるのでてっきり寒さに強いのではと思われがちですが、実は元々熱帯性気候で育つ植物のため、冬の寒さには非常に弱い植物なのです。
(せっかく頂いたのに枯れてしまったとがっかりされても、落ち込む必要はありませんヨ(笑))

さて、ユーフォルビアのお話しに戻りますが、同じトウダイグサ科のポインセチア同様、この植物も元々は熱帯性の気候で育つ植物で、夏の暑さや乾燥には非常に強い植物です。
(一見すると、非常に繊細で弱々しく見えますが。)
開花期は春〜晩秋と非常に長く、株の高さは30cm、株はりも30〜40cmとボリュームがあるのですが、お花自体が主張しない物なので、ビビッドな花色のお花の間に入れますととても調和し易く、使い易いお花です。
(丁度花束の中に入れる「カスミソウ」の様な役目といっても良いと思います。)

置き場所は日当たりが良く、水捌けの良い土壌を好みます。
水やりも乾いてからたっぷりとあげれば元気に育ちます。乾燥に強い植物なので、花壇の場合でしたらたまに様子をみてあげる様にする程度で大丈夫です。
肥料に関しても、特別いっぱいあげる必要は無いのですが、週に一回液体肥料をあげると非常に丈夫な株に育ちます。
注意点としては、ジメジメとした湿った環境は非常に苦手ですので、そういった環境を好むインパチェンスなどと一緒に植える事はお勧めしません。
その点だけを注意して頂ければ、非常に育て易いお花だと思います。
普段色んなお花を花壇やコンテナ等にお植えになられていて、少し雰囲気を変えたいとお思いでしたら、是非この「ユーフォルビア ダイヤモンドフロスト」をお勧めします!
当店の花苗コーナーでも販売しておりますので、ご興味がございましたら是非お買い求めください。
宜しくお願いします。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は曇りがちで、時折晴れ間が見えると云った過ごし易い陽気でした。
現場管理の合間に伺ったお客様宅のお庭で、リフォームのご相談を色々とお伺いしていたのですが、時折吹く風がとても心地よく、お庭のある生活の良さを色々と実感させてもらった様な気がします。
そのお庭も、奥様が芝生や植物の管理を楽しんで行っているとの事で、確かにその空間からなにかワクワクする様な物を感じさせてくれました。
そんな素敵なお庭を更に良くするお仕事、ある意味プレッシャーも掛かりますが、とっても遣り甲斐を感じさせてくれました。
後にこちらのBlogにて、その工事の事をご紹介できたらと願うばかりです!

さて、本日も1件施工現場が動きましたので進捗状況をご紹介します。


本日は八王子市 A様邸の施工現場です。駐車場のコンクリートも養生が終え、しっかりと固まりました。

本日伺いました現場は、八王子市 A様邸です。
先日のBlogにて、コンクリートを打設した所をご紹介しましたが、本日伺いましたらしっかりと養生期間を置いたお陰で、とても良い感じに固まりました。


駐輪場も同様にしっかりと固まり、早速自転車を止めて頂いております。

駐輪場の方もしっかりと綺麗に固まり、早速自転車を止めて頂いております。
実際に設計した物がこうして使って頂いておりますと、とても嬉しく思います。


本日は駐車場の型枠を外しながら、設けた目地の所に黒土を入れながらタマリュウを植えていきます。
型枠も外れ、目地に土とタマリュウが入りますと、ようやく駐車場としての姿が現れて来ます。
お昼頃にはタマリュウも植え終えて、ようやく駐車場が完成しました!

本日午前中の工程は、駐車場の型枠を外しながら、設けた目地の中に黒土とタマリュウを植え込んでいきます。
タマリュウは昨日花き市場にて仕入れてきた新鮮な物を使用しております。
実際型枠を外して土とタマリュウが入りますと、一気に雰囲気が変わって来ます。
そしてお昼過ぎには無事タマリュウも入り、駐車場が完成いたしました。


午後からは、先日立ち上げたブロック塀に貼るタイルの加工を始めました。
定規にてしるしを付けて、「サンダー」という道具を使ってタイルをどんどんとカットして行きます。
ブロック塀の側面に割り振りの墨出しを行い、
その墨出しを元に先程カットしたタイルをあててバランスを見て、必要に応じて更に加工して行きます。

午後からは、来週より控えておりますブロック塀へのタイル貼りの下準備として、側面や天端等細かい所に貼っていくタイルのカット加工を行いました。
ブロックに隅出し器でしるしを付け、そこにタイルをあててバランスを見、適宜タイルを「サンダー」という道具にて綺麗にカット加工を行いながら再度ブロックにあてて調整します。
今回は側面となる部分も比較的多いので、カットしたタイルをかなり用意しなくてはなりません。
しかしそこは、長年タイル職方として働いておりますタイル職方 斉藤さん。経験と勘で最もバランスの良い大きさを割り出して、手際良く黙々とこなして行きます。
そして夕方には、タイル加工の方もほぼ終える事ができ、いよいよ来週よりタイル貼り工程へ進めます。
どの様に変化するのか、今からとっても楽しみです!



A様邸も完工へ向けて着々を仕上がって来ました。
来週から始まるタイル貼り施工により、更に雰囲気が変わってい事と思います。
また現場にて動きがありましたらこちらのBlogにてご紹介いたしますので、宜しくお願いします。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は朝から1日雨の予報が出ていたので予定していた施工をあきらめていたのですが、なんと9時過ぎぐらいには時々小雨となんとか持ち堪えてくれました!
比較的風も涼しく、施工を行うのにはとっても良い陽気でした。
そんな訳で、本日も現場に動きがありましたのでご報告いたします。


本日は多摩市 J様邸での施工現場です。先日からの水道工事において、今日は一番重要な工程となります。

本日の現場は、多摩市 J様邸です。
先日のBlogでもご紹介した通り、ただいま水道工事を進めておりますが、本日は一番重要な工程となる「コンクリート水栓柱」の立ち上げ工事です。
この施工では、水道職方の稲葉さんの他にタイル職方 斉藤さんとのコラボレーションによって行われます。
その道のプロ同士での知恵を出し合っての施工、他では中々見れない物だと思います。
まずは上の写真、先日打ちましたベースコンクリートに鉄筋を立てます。
たかが水栓柱に何故ここまで鉄筋を入れるのか、まだこの状態では謎ですよね。


これが今回立てる水栓柱です。岐阜県にあるメーカーさんのハンドメイドによるもので、とてもお洒落な水栓柱です。
そしてこれが、水栓柱前に設置されるタイルシンクとシンク台。モザイクタイルがとってもお洒落で素敵です。
この木の枠。これが今回の施工においての重要となる物で、担当職方 斉藤さんが予め手作りして来ました。

上の2つの写真は、今回設置するオリジナルの水柱栓とガーデンシンクです。
岐阜県にあるメーカーさんのハンドメイド品で、色鮮やかなモザイクタイルがとてもお洒落です。
問題はコンクリート製のため、かなりの重量となります。
これを直接ウッドデッキに設置する事はまず不可能ですが、これを可能とするために、下の写真にある木製の型枠がとても重要な役目を果たします。
水道職方 稲葉さんとタイル職方 斉藤さんが事前に知恵を出し合って生まれた工法です。


まずはデッキ上に乗せる事を考慮して水栓柱を仮立てして、稲葉さんが配管を接続します。
配管が終わった所で、斉藤さんが針金で鉄筋と水栓柱を縛って固定します。

まず、水栓柱をウッドデッキの床高を想定して設置高を決めて仮立てし、そこへ水道職方 稲葉さんが水道管を水栓柱へ接続します。
そして配管が完了すると、タイル職方 斉藤さんが鉄筋と水栓柱を針金でしっかりと固定します。


いよいよ先程用意した木枠が登場。
木枠を設置すると、水平等を調整しながらしっかりと固定して行きます。

そして先程お見せした謎の木枠がいよいよ出番となります。
まず木枠を水栓柱に通して、通し終わると水平器をあてながらベースコンクリートにあて木を打ちつけて固定して行きます。


更に木枠に支柱を立てて、厳重に固定して行きます。
木枠の中には、鉄筋が水栓柱の周りを囲んでおります。

更に杭を打ち付けて支柱を立て、四方から木枠をしっかりと固定して行きます。
木枠の中には、水栓柱の周りに鉄筋が囲んでおります。
まだこの状態では何をしようとしているのか、良く分かりませんよね。


午後より斉藤さんがコンクリートを練り始めました。
そしていよいよ木枠の中にコンクリートを流し込んでいきます。
コンクリートを少しずつ流し込んでは木の棒で突いて奥まで入り込む様にします。

午後からは、いよいよ斉藤さんがコンクリートを練り始めました。
これでようやく何を行うかが見えてきたと思います。
そうです!鉄筋コンクリート製の土台にて水栓柱を固定するのです。
コンクリート製の水中栓はかなりの重量があるため、生半可な固定の仕方では支えきれず倒れてしまいます。
また、地面より40cm強の高さとなるウッドデッキの床から更にシンクの高さを考慮して設置しなければならないため、水道職方が行う通常の施工方法では設置する事が出来ません。
そこで、タイル職方の斉藤さんに知恵を出して貰い、重量ある水栓柱を鉄筋コンクリートの土台にてしっかりと固定しようという事になりました。
水道の事を熟知している稲葉さん、コンクリートの事を熟知している斉藤さんの二人だから出来る工法です。
ちなみになぜ四方からしっかりと支柱にて固定したかというと、コンクリートを型枠に流し込んだ際、かなりの圧力が掛かり、固定が甘いと圧に耐えきれず型枠が破裂してしまう事を防ぐためです。
そして、木枠内の隅々にコンクリートが行き渡る様に少しずつコンクリートを流し込んでは棒で突いて行きます。


型枠いっぱいまでコンクリートを入れて、最後にコテで上部を慣らして今日の工程は終了です。

木枠いっぱいまでコンクリートを流し込みましたら、最後に上部をコテでならして本日の施工は終了です。
このまま数日間養生期間を置いて、来週には木枠を外して表面をさらに左官を掛けて仕上げます。
その作業が終えてようやく次の工程、ウッドデッキ設置施工へ移ります。
今からどの様な形に仕上がっていくのか、とても楽しみです!

本日の施工では、それぞれのプロが知恵を出し合っての工法を見る事が出来ました。
通常違う職種の職方がコラボレーションを組んで施工を行う事は、様々な理由から中々やらないようです。
しかしその様な垣根を越えて施工を行えたのも、私たちイゲタヤE&Rの特徴とも言える「チーム」という意識があってこその物だと思います。
プランニングを実際に行ったプランナーである私にとっても、描いた物がこうして着実に具現化させようと努力して頂いている職方さん達に本当に感謝です!
是非今後もチーム一丸となって、御依頼頂いたお客様に御満足頂ける作品が作れるように精進して行きます。
そして、真心込めた施工現場をまたこのBlogにてご紹介いたしますので、是非楽しみにして頂ければと思います。
今後とも宜しくお願いします!


大貫雄三 27年4月
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は晴れと曇りが入り混じったはっきりしない天気でしたね。
時折吹く風が少々湿っぽく感じ、だんだんと梅雨の時期が近付いているのかなと感じさせてくれるようです。
さてそんな中、店頭のコンテナに植えてある植物で一つとっても目に付く植物がありました。


目に鮮やかな様々なグリーンの中で、細かい葉がとても可愛らしい植物が元気に育っております。

お店の入口のコンテナにて育っている緑鮮やかな植物。
その中でも、溢れんばかりに細かい葉の植物が元気に育っております。


近づいて見て見ますと、枝先に可愛らしいピンクの小花を付けております。

さらに近付いて見て見ますと、枝先にピンク色の可愛らしい小花を付けており、なんだかとっても愛らしい姿です。
この植物の名前、一体何という植物でしょう?

答えは「クリーピングタイム」です。
この植物は、シソ科イブキジャコウソウ属の宿根草で、名前の通り「タイム」のクリーピングタイプ(這性)の植物です。
もともと、アフリカやユーラシアの乾燥した草原生まれの植物で似た仲間が沢山あります。
ちなみにタイムは香辛料として有名で、レモンタイム、ゴールデンタイムなどがあり、どれも白から淡い紫色の花をつけます。
日本にも同じ仲間イブキジャコウソウが、山に分布しています。

特徴としては、
〕佞箏圓地面を這う形で広がります。
■機腺昂遒海蹐法⊂さい花が咲きます。
2屬咲くころ茎や葉を刈り取って料理に使うと、さわやかな香りが楽しめます。
ぅ蓮璽屮謄ーにとしての使い方の他、タイムの精油は、歯磨き粉、うがい薬、石けんの香料にもなっています。
といった所です。

管理のポイントとしては、比較的乾燥に強い特性を持っているので、植える際は水捌けの良い土に植えると良いです。
また、少々日が陰る所でも元気に育ってくれるため、とても育て易いです。
さらに肥料に関しては、あげ過ぎてしまいますと返って香り等を失ってしまうため、元肥以外は肥料はほぼ不要です。
冬に関しては、ある程度の寒さにはほぼ耐える事ができ、もし地上部が枯れてしまっても土中の根がしっかり生きているので、春先に新芽を出してまた育ち始めます。
虫や病気に関してもほとんど付く事が無いので、とても手間いらずで丈夫な植物です。

最近ではこの丈夫さから、タマリュウ等に代わるグランドカバープランツとして注目を浴びており、ここ数年徐々に人気が出始めて来ました。
種類も様々な物があり、上の写真の様な斑入りの物を選べば、明るい雰囲気のグランドカバーとして活用する事が出来ます。
ただし、まだまだ絶対的な流通量がタマリュウなどと比べると少ないため、一株当たりのコストが高い所がデメリットであります。
その代わり、植えてからの横への増え方はとても旺盛で、タマリュウ等にない華やかさもあるため、そう行った所でのコストパフォーマンスは優れていると思います。

もし何か地面を覆う華やかなグランドカバープランツをお探しでしたら、是非一度、この「クリーピングタイム」を植えてみては如何でしょう?
私プランナー一押しの植物ですよ!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

ここのところ真夏のような暑さが続いていましたので、今日は小休止になるのかな…と思っていたのですが、しっかり蒸し暑かったですね。
ニュースサイトでは、"史上最も暑い夏が来る"なんて怖い見出しが出ていましたが、30度近くなると「今日はめちゃくちゃ暑いねー」なんて言ってた頃がとても懐かしく思います。
実は私、学生時代水泳部に所属しておりまして、学校には温水プールなんて豪華な設備は無く、大体毎年4月中旬頃から泳ぎだすのですが、やっぱり7月に入らないと寒くて寒くて仕方なかった事を30年以上経った今でも身体が覚えています。特に4月5月はホント命懸けで気合いと根性のみで泳いでいたような…あ、その頃の事を思い出していたら悪寒がしました。(震)
そういった意味では、この暑さは良いのかもしれませんが、現場で大汗をかきながら働く職方衆にとっては本当に大変かと思います。
それにしても…入梅前のこの時期にこの暑さは酷いですよね。

さて、本日も現在施工中の現場では色々な進展がありました。


エクステリア工事中の日野市T様邸では照明設備と外電源の設置工事を施工しました。

現在、エクステリア工事中の日野市T様邸では、照明設備と外電源の設置工事の施工を行いました。
上の写真は照明設備設置後の写真となりますが、チョット分かり難いのですね…。機能門柱の照明を交換し、カーポート柱下部にライン照明を設置しました。


T様邸の機能門柱に設置されていた元々の照明はスポットライト型でした。
T様邸の機能門柱は、"シコク・MY門柱"という製品です。
この機能門柱の照明は何故か左側の写真のようにスポット型のライトが標準仕様となっていました。(現在は廃番となっています。)
正直、この大きなスポット型のライトは、表札を照らすという機能を考慮してもかなりゴツい印象です。
又、この照明器具にはセンサの機能はありません。
機能門柱の照明をLIXIL・美彩グラスォールライト角型/遮光カバー付に交換しました。

交換するにあたり色々と考えましたが、T様にはプランナーから提案があった"LIXIL・美彩グラスウォールライト角型/遮光カバー付"を選んで戴きました。
設置後の写真を見ると、かなりスマートな印象に変わったと感じます。
カーポート柱下部に設置したのは、同じく"LIXIL・美彩シンプルラインライト"です。以前も同様の工事をした経験からT様邸の駐車場部の明かりにと提案をさせて戴きました。


新たに設置した外電源とトランスと既設のジャンクションボックスです。

"LIXIL美彩シリーズ"は、ローボルト照明器具となりますので専用トランスが必要となります。
今回の使用目的は常夜灯として考えている為、専用トランスの明るさセンサ機能を活かす事を前提に提案する部材選びをしました。
尚、機能門柱の照明器具を交換する際に、元々のスポットライト型照明を留める為のビスピッチが"LIXIL・美彩グラスウォールライト角型"の全径よりも若干大きかったので、シコク純正の穴塞ぎ用のシールを使用しましたが、工夫して設置すれば全く目立たない事も分かりました。
もし、既存の機能門柱に設置されている照明を交換したいと検討されているのであれば、この製品はとても価値があると思います。その際は、機能門柱の正面を照らす理由はありませんので、是非遮光カバー付をお選び下さいね。

T様邸の次の施工は、乱張石周りの舗装材敷設工事となります。


外壁・屋根塗装工事を施工中の日野市T様邸です。本日架設足場を外しました。

次は、外壁・屋根塗装工事の施工中である日野市T様邸です。
本日、架設足場を外しましてとても綺麗になった外壁の全貌が表れました。T様の奥様から新築当時と変わらない美しい状態となり、とても喜んで戴く事が出来ました。


塗装工事前の写真です。その変化は一目瞭然です。
左の写真は、塗装工事前のものです。

現在は、塗った直後なので綺麗になって当然ですが、先日のBlogに書いた通り"ナノコンポジットW"の効果が発揮される未来をしっかりと検証したいと考えています。
今回の提案に於いて、T様には日当たりのとても良いロケーションを考慮して最良の塗料を選んで戴けたと思います。

T様邸では、明日木部の塗装を行い完工する予定です。

そして本日最後のご案内は、エクステリア工事を施工中の多摩市J様邸です。


新しい設備であるLIXIL・レイスクリーンとベランダ笠木ですが、既に家の一部として馴染んでいると思います。

この日のプランナーのBlog記事にも書いてありますが、新しい設備である"LIXIL・レイスクリーン"とベランダ笠木が既にJ様邸にあって当り前のように馴染んでいると思います。
本日は、デッキ上に設置するガーデンシンクの立水栓柱を固定するコンクリート柱の基礎造作工事の施工を行いました。


この画像は、昨日立ち上げた給排水管の位置とデッキ上に設けるガーデンシンクの位置を確認している状況です。
位置の確認後、強固な基礎を打設しました。この工事は、後のガーデンシンクに大きく絡む重要な仕事となります。

この工事は、デッキ設置後は表面上見えない箇所の仕事となりますが、これからの施工上、非常に重要な工事となります。
当然、失敗は許されない一発勝負となりますので、正確にガーデンシンクの設置位置と高さを計算し強固な基礎の要となるコンクリートを打設しました。
先のレイスクリーンやベランダ笠木のように、ガーデンシンクを設置すれば当り前のように見えるのは既に設置する前から分かっていますが、見えない所にこそ正確さと手間が求められるのは、どこの工事も同じです。
これからどんどん進んでいく工事ですが、この一見地味な仕事の意味が良く理解して戴けると思います。
これから同様の工事をご検討している皆さまには、その当り前の設備がどのようにして設置されていくのかをこのBlogを通じて感じて戴けたら嬉しいです。

J様邸の次の施工は、ガーデンシンクの水栓柱を設置する工事となります。

本日ご案内した現場は、どこも完工に向け順調に進んでいます。心配なのは天気だけ。毎日、天気予報をチェックしながらどうか天候が安定した状態でいて欲しいと祈っています。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日も昨日同様、夏を思わせるかのような暑い陽気でしたが、皆さんいかがお過ごしのことでしょうか?
まだまだ身体が暑さになれてないので、なんとなく夜になっても身体がほてっている様な気がしますね。
そんな中、当店店頭に設置されている花壇はとても元気に育っております。


暑い陽気の中、花壇のお花が元気に育っております!

サルビアの赤、ガザニアのオレンジ・イエロー、そしてその中に散りばめられたユーフォルビアの白い小花がアクセントとしてとても品のある雰囲気を醸し出しております。
また、どのお花も夏の暑さにすこぶる強い性質を持ったものなので、これからやってくる夏の暑さの中でも元気に咲いてくれる事でしょう。
毎朝掃除をしながら花壇の様子を見ておりますが、元気な植物の姿を見ていますと、こちらもなんだか元気をもらっている様です。

さて、本日も現場ではこのお花達の様に職方さん達が元気に施工を進めてくれました。


1件目は日野市 T様邸です。いよいよベースコンクリートを入れて乱張り石舗装を仕上げております。

本日1件目は、日野市 T様邸です。
昨日の段階で乱張り石の配置が決まりまして、本日より乱張り石下にベースコンクリートを打ちながら舗装を仕上げる工程に入りました。


片方でどんどんと砂・砂利・水・セメントを混ぜてコンクリートを作って行きます。
もう一方で作ったコンクリートを乱張り石の下に入れて水平器をあて、設定した勾配に調整して行きます。

片方でセメント・砂・砂利・水を混ぜてコンクリートを作り、もう片方では乱張り石の下にコンクリートを入れ、水平器をあてながら設定した勾配に調整して行きます。
乱張り石は一つ一つ厚みが違い、表面に凹凸が入るため、勾配を誤りますと雨水がたまり易い物になってしまいます。
また、本日は気温もどんどん上昇しているためコンクリートの硬化も早くなってしまい、素早い作業を求められます。


午後には乱張り舗装が完成。目地も入りとてもお洒落なアプローチが出来上がりました。
今回もお選びした「フラットパン」や各枡類との勾配もバッチリです。

午後には乱張り舗装は目地も入って完成しました。
自然の風合いを活かしながらのきっちりとした乱張り舗装、まさに私が描いたイメージ以上の仕上がりです。
また、今回もプランの中にお入れした「フラットパン」や各枡類との納まりもバッチリ決まっております。
担当職方 斉藤さんの技術がとても光っております。


残りの工程は、乱張り以外の所に人工樹脂舗装材「フロアービーズ」にて化粧する工程です。

後残っている工程は、乱張り石舗装以外に人工樹脂舗装材「フロアービーズ」にて化粧する工程と、既存の機能門柱に設置されている照明をLED照明に交換するのみです。
いよいよT様邸の完工も見えて来ました。最後まで気を抜かず、きっちりと納められる様に頑張って行きます。


本日2件目は、多摩市 J様邸です。昨日納まったスクリーン等がとてもスッキリと納まっております。

本日2件目は、OB様の多摩市 J様邸です。
昨日納まりましたスクリーン等がスッキリと納まっております。


本日からの工程は、これから設置されるウッドデッキ上に納まるガーデンシンクに向けての水道工事となります。
既存の立水栓に使用されている給水管・排水管を利用します。

本日行った作業は、既存の立水栓を撤去し、後程施工するウッドデッキ上に設置されるガーデンシンクのための配管工事を行いました。
じっさい元からあるパンを動かして掘って見ますと、比較的深い所に配管が入っております。


午後には配管の延長も完了。

午後には配管の延長も完了しました。
通常ならあとはウッドデッキを施工後にガーデンシンクを設置するのですが、実は今回納めるガーデンシンクはモザイクタイルを用いたとてもお洒落なもので、いつもの工程とは違う方法にて納めます。
今日の工程はここまでですが、これからどの様な物が納まるかはこう御期待という事で、宜しくお願いします。

ここの所天候が安定しているので、各現場の工程が順調に進められとても有難いです。
このまま良い天候が続いてくれればよいのですが、金曜日辺りから少々崩れる予報も出ている様で、少々それが気掛かりでもありますが。。
それでは、また今後の進捗状況を当Blogにてご紹介しますので、是非宜しくお願いします。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は朝からとっても暑い一日でしたね。
あまりの暑さに、自動車に乗ってる最中、遂にエアコンをつけて走る様になりました。
お昼過ぎの気温を調べてみたら、なんと35℃!?
朝方の気温が13℃ぐらいでしたので、その差なんと22℃!これは流石に身体に堪えますね。。
皆さんも体調には気を付けて、くれぐれも熱中症にならない様にこまめに水分補給をしてお過ごしくださいね。

さてこんな暑い中、本日も職方さん達が一生懸命施工を進めてくれました。早速、進捗状況をお話します。


本日1件目は、日野市 T様邸の現場です。

本日1件目の現場は、エクステリア工事を進行中の日野市 T様邸の現場です。
昨日、マネージャー・職方・T様とでアプローチ等の配置に関しての最終確認を行いまして、本日より本格的にそれらの設置工事を行って行きます。


担当職方 斉藤さんが今回も腕を奮います。写真は既存の雨水桝をアプローチ仕上げ高にあわせて加工している様子です。
同時に玄関内では、建具職方 唐木さんが棚前に設置するロールカーテンの取り付け工事を行っております。

昨日の段階で、立水栓の設置・機能門柱の位置決めを行い、本日はアプローチ施工とフェンス設置施工を行います。
今回も担当職方 斉藤さんが腕を奮ってくれます。左の写真は、既存の枡をアプローチの仕上げ高に合せて加工している様子です。
また平行して玄関内では、建具職方の唐木さんが玄関横の棚前に設置するロールカーテンの取り付け工事を行っております。


午後には目隠しフェンスも設置完了。
アプローチの方では乱張り石を加工しながら図面のイメージに合せて並べていく作業を行っております。

午後には目隠しフェンスも設置完了。
今回設置したフェンスは、LIXIL「サニーブリーズフェンス」という光と風を通しながら目線は隠す機能を持ったフェンスを設置しました。
また、アプローチに関しては乱張り石「エルドラドクォーツ」を選別しながら図面に則って配置して行きました。


必要に応じて石の形状を調整しながら加工を行いバランスを見る所は、担当職方 斉藤さんのこだわりです。

乱張り石施工を長年携わって頂いている担当職方 斉藤さん。
バランスを見ながら石の選別を行い、状況に講じて石を加工して程良い目地幅等に合せたり、自然な風合いを残しながらアプローチラインを出す所はまさに職方さんの腕の見せ所です。
私のプランでは比較的乱張り石を活用してのアプローチも多くあるのですが、いつもイメージ通りに造ってくれる斉藤さんには本当に感謝です。
本日の施工はここまで。あとはT様に配置の最終確認を行ってからいよいよ乱張り舗装を行って行きます。


本日2件目は、昨年施工を行わせて頂いたOB様 多摩市J様邸の現場です。

本日2件目は、昨年エクステリア工事をさせて頂きましたOB様の多摩市 J様邸です。
本日より第二期目の施工が始まりました。どの様に変貌していくのか、今からとっても楽しみです!


午前中にて、いの一番にベランダ手摺りの交換が完了しました。仕事が迅速です!
午後からはリビングルーム前のスクリーン設置工事に着手。

まず午前中、2階ベランダの手摺り交換工事を行い、私が伺ったお昼過ぎには既に交換作業が終えておりました。
担当職方の手際の良さに頭が下がります。
今回納めた手摺りは、「LIXIL ベランダ手摺りモダンパネル」という商品で、第一期で納めたスリットフェンスと同じ「クリエモカ」というカラーを選びました。
建物とエクステリアとの統一感が一層高まり、とても自然な納まりです。
そして午後からは、リビングルーム前に設置する「LIXIL レイスクリーン」という商品を設置する工事に取り掛かりました。
右の写真は、建物にベース材を設置している様子です。
二人がかりで慎重に作業を進めております。


夕方にはほぼ設置完了。イメージ通りの納まりです。

夕方にはほぼ設置が完了しておりました。
CADで描いたイメージとほぼ同じ仕上がりで、描いた私もとても嬉しくなります!
本日はこのスクリーンの柱に基礎コンクリートを打って終了となります。
お疲れ様でした。

どちらの現場も、イメージ通りに仕上がって来ており、とても順調です。
明日は更にどの様な雰囲気に変わっていくのかとてもワクワクして来ます。
それでは明日も施工の進捗状況を当Blogにてご紹介しますので、是非宜しくお願いします。


大貫雄三 27年4月
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

昨日今日と、窓を開けると爽やかな風が入ってくる気持ちの良い週末、皆さんいかがお過ごしですか?
こんなに気持ちの良い日は、思いっきり屋外で何かしたくなりますね!
当店にも、「お庭に何か植えたい」「もっとお庭を使い易くしたい」「菜園スペースにトマトやキュウリを植えたい」などなど、色んなお庭に関する御相談で御来店頂いたお客様が多くいらっしゃいました。
お話をお伺いさせて頂いてるうちに、「家にお庭空間がある贅沢」の様な物をとても感じさせて頂きました。
そんな空間で、私達がオススメした商品等が活用して頂ければ何よりです。

さてそんな中、当店に御来店頂いたお客様から「とっても良い香りがするけど、これは何?」と御質問頂いたお花があります。


アーチに生育旺盛に絡むこの植物です。

園芸コーナーにあるアーチに、とても生育旺盛に絡まっている植物。
ひと際目を惹きますね。


良く見ると、白や黄色のお花がたくさん咲いており、その花から甘い良い香りが漂います。

近づいて良く見ると、白・黄色の花がたくさん咲いており、その花からとても甘い良い香りがします。
さてこの植物は、一体なんでしょうか?

答えは、「ハニーサックル」です。

「ハニーサックル」は、スイカズラ科 / スイカズラ属のつる性植物で、和名では「ツキヌキニンドウ」と云います。
和名の由来は、対生する枝先の葉が基部で合着し、茎が葉を突き抜けているように見えることから”ツキヌキ”、冬でも落葉しないスイカズラを”忍冬(にんどう)”とも呼ぶことに由来します。

ハニーサックルは、初夏から秋まで長期間開花する、半常緑から常緑性のつる植物です。生育おう盛なため、ぐんぐんと枝を伸ばします。
花の外側は紅オレンジ色で、内側は咲き始めは白く、だんだんとオレンジ色がかる黄色に変化します。
鮮明な花色が内側と外側で対比し、鮮やかさを増しています。また、甘い香りも魅力の一つです。
栽培が容易で、1株あるだけで庭を明るくする丈夫な植物です。
ちなみに写真に写っている当店のハニーサックルは、植えてから10年ぐらい経過した物です。
今では、毎年この時期からしばらくの間、沢山のお花が良い香りを放ち、御来店頂いたお客様を楽しませてくれます。
またこの植物、一番のお勧めポイントは「手間が掛からずとても丈夫」という事です。
これだけ沢山のお花を付けておりますが、実は特別なメンテナンス等は行っておりません。
肥料に関しても、咲いているこの時期から7月ぐらいまでの間に月1回、緩行性の肥料をあげている程度です。
それに、病害虫等もほとんどつく事が無いので、本当に手間いらずです。
剪定に関しては、12月の時期に行う様にすれば、切り口から枝が新たに増えてそこから花芽を多く付けます。
もし何かアーチやトレリス等に絡ませるのに良い植物は?とお探しでしたら、この「ハニーサックル」をおススメしますよ!
是非御参考にして下さい。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日はとても天気の良い週末となりました。
日中は本当に暑く、天気予報によると北海道の方では所により30度を超える真夏日を迎えた所があるとか!?
実は昨年のこの時期に北海道へ行ったのですが、その時は冬に逆戻りしたかの様な陽気で、最高気温も15℃ぐらいの肌寒い陽気でした。
そこから考えても、今年の北海道の陽気は異常ですね。。
やはり、地球温暖化という物が少なからず影響しているからなのでしょうかね。とても心配になります。。

さて、このとっても良い天気の中、施工現場でも動きがありましたのでその事をご報告します。


本日八王子市 A様邸にていよいよコンクリート打設工事を行いました。

本日の現場は、八王子市 A様邸です。
先日までコンクリート工事の準備に追われておりましたが、本日ようやくコンクリートを打つ事となりました。
朝から手配して置いたコンクリートミキサー車から生コンクリートをどんどんと手際良く型枠へ流し込み、もう片方で流し込んだコンクリートにコテをあてて撫でていく作業を行い、私が伺った10時過ぎには写真の通り、無事コンクリートを打ち終える事が出来ました。


周りにコンクリートが飛び散って汚さない様にしっかりビニールで養生をしております。

コンクリート打設の際は、まさに時間との勝負です。
気温が上がってくればコンクリートが硬化をし始め、仕上がりに影響が出るので手際良く行わなければなりませんし、かといって慌てて行えばコンクリートが飛び散って周りを汚してしまったりします。
そのため、カーポートの柱、フェンス、住宅設備にビニールにてしっかりと養生を行ったりといった準備がとても重要となります。
また、型枠はコンクリートを仕上げていく上でのいわゆる「定規」の役目を果たしますので、こういう時に事前の準備の大切さを思い知らされます。
こういった所を考えて作業を行う職方さんの経験や技術には脱帽です。


道路との境界も、後々の道路仕上げ高を考慮して25亶發設定してあります。
奥側の駐輪場もきれいにコンクリートを打ち終えました。

事前に綿密に打ち合わせした箇所として、道路との高さの関係も忘れてはいけません。
市役所の方のお話によると、後々に道路境界にL型側溝を設置するため、現状よりも20个曚氷發なる可能性があるとの事でした。
そのため、今回は現状の道路の高さよりも25亶發した所に舗装高を設定し、将来的な環境の変化にも対応できる様に考慮しました。
同時に駐輪場の方もきれいにコンクリートを打ち終える事が出来ました。
後は時間を置きながら2〜3回程コテでならして、作業完了です。
ちなみにコンクリートはその後の養生期間が非常に重要で、表面は1晩で硬化するのですが、車両が乗れるまでには最低1週間みます。
もし養生期間を置かずに車両等を乗り入れてしまいますと、コンクリート内の水分とタイヤの成分が結びついてしまい、結果黒いタイヤ染みが付いてしまって落ちなくなってしまいます。
これからコンクリート舗装を検討中の方には、是非その点を考慮して舗装される事をお勧めします。

今日もお陰さまで順調に施工を進める事が出来ました。
また、A様が職方さん達に暖かい目で見守っていて下さり、有難い気持ちでいっぱいです。
私たちもお客様の期待や信頼に応えられる様に今後も施工にあたって行きます。
さらなる今後の進捗状況に御期待頂ければと思います。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は時折涼しい風が入る、とても過ごし易い陽気でした。
ここの所夏を思わせる様な暑い陽気が続いていたので、逆に少々肌寒く感じるぐらいでした。
こんな時、何故か無性に温かい物が食べたくなってしまいます。
という事で、今日もお昼に行って参りました!


本日のランチは、ラーメン通の方々から評判がすこぶる良い家系ラーメン「まるに家」さんへ行って参りました。

はい!ラーメン屋さんです(笑)
本日伺ったお店は、八王子は南町交差点近くでお店を構えている「まるに家」というお店です。
「横浜家系」と聞くと、こってりで味が濃いとんこつ醤油ラーメンのイメージがあり、好みが分かれやすいラーメンなのですが、このお店は八王子のラーメン通の方々からすこぶる評判の良いお店なのです。
味は家系の特徴を活かしながらも、スープのクセ等は無い後味スッキリのスープで、太めの麺との相性は抜群です。
具材も、チャーシューを始め、のり・ホウレンソウ等ラーメンとのバランスがとっても良く、とても好感のもてる味です。
そして家系ラーメンの特徴は、ご飯との相性が非常に良いと云う所なのですが、このラーメンもまさにその通りで、スープに浸した大きなのりをご飯に乗せて食べると、これがまたとっても美味しいんです!
付け合わせに付いている沢庵も、合間に食べるととっても甘味を感じるもので、全体的に本当に美味しいラーメンです。
更にこのお店、家系の荒々しいイメージとは皆無と云うぐらい非常に丁寧な気持ちの良い接客をしてくれるんです。
家系ラーメンは私的には少々好みと違うのですが、そんな私でもこのお店は非常に気に入ってるお店です。
もし八王子の街中にお出掛けの際は、是非行って見て下さい。おススメです!

さて、またラーメン話で熱っぽくなってしまいましたが、本日も施工現場にて動きがありましたので、その進捗状況をご報告しようと思います。


本日の現場は、日野市 T様邸です。先日にて後方支持カーポートが完成し、本日より玄関前アプローチ工事に入ります。

本日の現場は、先日のBlogにて、後方支持カーポート「LIXIL アーキフラン」が完成した日野市 T様邸です。


本日の工程は、アプローチ造りの下地となる土穣の鋤取り作業です。
掻き出した残土を土のう袋に入れ、処分場へ運びます。

本日より玄関前から駐車場に掛けてのアプローチ工事の工程に入ります。
本日はその第一段階である、土穣の鋤取り作業です。
昨日から八王子市 A様邸にて施工を担当している職方 斉藤さんがこちらも並行して施工を担当します。
舗装部の厚みを考慮しながら土を掻き出し、その土を土のう袋に詰め込んで処分場へ運び出します。
残土は、毎度この工程をお見せする度に説明しておりますが、空気を含みますとかなりの体積となります。
今回も右の写真の通り、かなりの量を搬出します。


午後には砕石を撒いてほぼベースが完了です。同時に機能門柱も移動して仮立てしました。
また、もともとある埋設水栓も、お洒落な立水栓に変更します。

午後には土の搬出もほぼ終わり、砕石を撒いて本日の工程は完了しました。
同時に、機能門柱に関してもお客様のご要望で最初の位置と逆側に移設。
T様からは、機能門柱の向きを考えたいとの事で、一先ず仮立ての状態にして、向きが決まった所でコンクリートにて固定します。
まさにお客様のご要望に合せる「オートクチュール」です。
更に、既存の埋設水栓は、使い勝手の良いお洒落な立水栓へ変更。
今日の工程は、ほんの序章に過ぎませんがこれからどの様に変わっていくのか、今からとっても楽しみです!

今日もその他にも色々な現場が動いていたり、施工前の打ち合わせを行ったりと移動に次ぐ移動で、気付けばあっという間に日が暮れてしまいました。
明日は八王子市 A様邸にて、いよいよコンクリート打設工事が控えております。
どの現場も、今後の変貌ぶりがとっても楽しみでなりません。
また明日も進捗状況を当Blogにてご紹介いたしますので、是非宜しくお願いします。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日も昨日同様、清々しい1日でした!
ここの所の好天は、梅雨入り前の貴重な天気ですね。
実は私たちの様な屋外の施工を行う者として、この時期は梅雨入りとの時間との勝負で、結構慌ただしい時期でもあります。
特にコンクリート等が絡む施工の場合、如何に今の時期に行えるかが勝負とも云えます!
という事で、本日も職方さん達と共に施工の方を進めましたので、その事をご報告いたします。


本日の八王子市 A様邸では、コンクリート打ち・タイル貼り施工を行う前の確認と下準備を行いました。

本日も昨日に引き続き、八王子市 A様邸にて施工を進めて参りました。
ここ1週間以上、ほぼ毎日A様邸に伺っておりますが、とても規模の大きい現場だと云う事を改めて感じます。
その中で、最後まで気を抜かず、黙々と施工を進めて貰っている職方さん達には本当に感謝です。
お陰さまでここまで、ほぼ順調に工程が進んでおり、A様からも安心してお任せできるとお褒めの言葉を頂けました。
有難い気持ちでいっぱいです!


本日もコンクリート打設箇所の型枠の確認と、メッシュ筋の確認を行っております。
このサイコロ状のコンクリートをメッシュ筋の下に入れて浮かせる事で、コンクリートの中間にメッシュ筋が入る様にします。

午前中は、土曜日に控えておりますコンクリート打設工事に向け、型枠の最終確認とメッシュ筋の高さ調整を行いました。
コンクリート打設工事は一発勝負となるため、些細な失敗も許されません。
最後まで気を抜かずに確認等を行います。
またメッシュ筋に関しては、コンクリートの中間に入って強度を持たせるため、丁度良い高さに浮かせる必要があります。
右の写真にあるサイコロ状のコンクリートは、メッシュ筋の下に入れる事で丁度良い高さ浮かせるための物です。
小さい物ではありますが、これがコンクリート舗装を行う上で非常に重要な役目を果たします。


本日もう一つの作業は、タイル貼りを行う際の墨出し作業です。
墨つぼを駆使して、タイルを貼る際の水平は勿論の事、高さ等からタイル位置の割り出しを行うとても重要な作業です。

午後からは、本日もう一つの重要な工程であるタイル貼りの割り出し作業を行いました。
フェンスの幅、ブロック塀の高さや幅、そしてそれに対するタイルの大きさ等を考えて基準を決めていきます。
そして出てきた丁度良い塩梅の位置に「墨つぼ」にて基準線を引き、後々に控えておりますタイル貼り施工に備えます。
さて、そんな基準を割り出している中でやはり問題点が分かりました。
それは天端部分がこのままの割り出しで追って行くと、およそ3cm程間隔が開いてしまうと云う事です。
たかが3cmと思われるかもしれませんが、形状が正確に整っておりますタイルの場合、たとえ数ミリのずれでもバランスを崩してしまうといった、タイル特有の問題点があります。
そこでタイル職方 斉藤さんの本領発揮です!


天端の部分を敢えて縦張りに変え、一つのデザインとなる様に工夫しました。

それは天端部分の貼り方を、敢えて縦張りに変えて調整する事です。
こうする事で、下からのタイル貼りの割り付けを崩さずに、バランス良く仕上げる事が出来ます。
後は、左側の様に縦張りを半分の大きさで目立たない様に貼るか、もしくは右側の様に切らずに貼る事で、一つのデザインのアクセントとするかという選択肢を作ってくれました。
これにはA様も「まさかこんな貼り方があるのか!?」と感心されており、同時にどちらにするかとても迷われておりました。
ちなみに私プランナーとしては、右側の切らずに貼る事でアクセントとするのが良いのではとお客様にはお伝えしました。
でもこれは、あくまで私個人の感覚なので、大切なのはお住いになっているA様御一家の感覚です。
A様からは、娘さん夫婦も含めて家族会議を開いて決めるとの旨を伺いました。
是非楽しんで、皆さんで納得のいくまでお話しあい頂き、お決め頂ければと思います。

こうして現場に立ちますと、CAD上では浮かんで来ない様々な事柄が発生し、外構の奥の深さの様な物を考えさせられます。
そうして得られた経験・知識はその後のプランニングに大きく行かせられるため、私プランナーにとって現場に通う事は非常に重要であると考えさせられます。
明日も現場にて、どの様な発見があるのかとても楽しみです!
また明日もBlogにて進捗状況をお話しますので、是非宜しくお願いします。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

昨日は1日Blogをお休みしてしまいまして、申し訳ありませんでした。
私プランナーは、昨日1日お休みを頂きまして神奈川県は真鶴という所へ行って参りました。
山に囲まれる八王子に住んでいますと、時折海を見に行きたくなってしまうのですが、最近は圏央道が茅ヶ崎まで繋がった事もあり、とても便利になりました!
そして海の方へ行けば、やはりその土地ならではの「海の幸」を食べたくなるものです!


もちろん、しっかりと食べて来ました!お刺身定食に更にお干物等サービスして貰っちゃいました(笑)

はい!しっかりと食べて来ました(笑)
真鶴半島は箱根の火山の噴火で流れ出た溶岩によって出来た土地なので、海岸線は独特の入り組んだ物となっており、その磯には沢山の魚介が住んでいる事で有名です。
そして半島には漁港を中心に磯料理のお店が沢山あるのですが、地元通の人に聞きましたら、
「港周辺は人が集まり易く、観光客目当てのお店が多いから、逆にそこから離れたお店の方がオススメだよ。」
とアドバイスしてくれました。
そこで教えて頂いたお店へ伺ったら、まさに大当たり!
味はさることながら、新鮮なお干物や塩辛までサービスして貰っちゃいました(笑)
どれも本当に美味しく、幸せな海での休日を過ごせました。
さあ、本日も充電した分、お仕事に精を出して行きますよ!

という事で、本日も施工現場での進捗状況をご報告いたします。


本日も八王子 A様邸にて施工を進めました。

本日も、八王子市 A様邸の施工現場にて動きがありましたので、その進捗状況をお話します。
昨日はあいにくの雨となってしまったため、施工を行う事が出来ませんでしたが、本日は昨日の天気が嘘の様なとても爽やかな天気となりました。
本日は、駐車場と駐輪場のコンクリート工事のための路盤工・配筋工と型枠工の工程を進めました。


2台分プラス駐輪場分のコンクリートのため、舗装内にいれるメッシュ筋もかなりの量を使います。
先日撒いた砕石上を、この”プレート”という機械を使って固めて行きます。

コンクリート舗装を行う際、とても重要となるのは下地となる”路盤”とコンクリート内に入る事で強度を増す”メッシュ筋”です。
これらをしっかりと計算して作っておかないと、コンクリート舗装をして数年後にひび割れ等の様々な問題を発生する原因となります。
そのため、まず仕上げ高とコンクリートの厚さを考え、それに合せて「プレート」という機械を使って路盤をしっかりと固め、そして左上の写真のメッシュ筋を敷いて行きます。


夕方には型枠も作られて行きました。だんだん舗装する面が形になって来ました。

プレートでの路盤工も終わり、午後には貫板を使っての型枠造りの工程に入りました。
溝の様になっている所は、”草目地”を入れるためのスペースです。
貫板自体の厚み等も考えながら、どんどんと型枠を作成して行きます。
だんだんとコンクリート舗装をした形が露わになって来て、イメージがし易くなってきました。


道路境界とコンクリート仕上げ高の関係を赤線にて墨出ししております。コンクリートを打つ上でとても重要となります。

ちなみに上の写真は、道路境界とコンクリート舗装の仕上げ高を表した写真です。
木わくの上部から赤い線が見えるのが、実際のコンクリートを舗装した際の線になります。
今回の場合、現状の道路舗装を市役所側に問い合わせた所、区画整理時の仮舗装という事で、数年後に舗装を行う際に「L型側溝」を設ける予定との事です。
その際、現状の舗装面よりも25个曚氷發なるとの事なので、それを見越してコンクリート仕上げ高を25仂紊欧得瀋蠅靴泙靴拭
数年後の事も見越して仕上げ高を考える事も、施工管理の上でとても重要となります。


駐輪場の型枠工も完成しました。

同時に行っていた駐輪場の型枠工の完成しました。
今週の土曜日にはコンクリートミキサー車を手配して、コンクリート打設工事を行う予定です。
またどの様に変貌していくのか、とっても楽しみになって来ました。

本日の工程は、見た目には比較的地味な工程ですが、この様な地味な事程、今後行う工程において非常に重要となります。
どんなお仕事もそうですが、一見華やかに見えるお仕事になる程、そのお仕事を支えている地味な下地があり、その地味な事を少しずつ地味重ねるからこそ、いっそう輝いて見えるのだと云う事を考えさせられます。
私たちのお仕事も、おしゃれな空間を作る上でこういった地味な工程が非常に重要となります。
Blogを通してご覧になって頂いている方に是非お伝えしたいのは、まさにその事なのです。
是非今後おしゃれなお庭やエクステリアをご覧になった際、少しだけでもこの事を思い出して頂ければ幸いです。
そして、どの様におしゃれなエクステリア空間が出来上がっていくのか、私と一緒に楽しんで頂ければと思います。
是非今後の進捗状況を楽しみにしていて下さいね!宜しくお願いします。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は途中パラッと雨が降る事がありましたが、何とか1日持ちましたね。
風は少々強風ではありましたが、比較的涼しい風を送り込んでくれて1日とっても過ごし易かったです。
しかし暖かくなると、場所によっては蚊が出てきている所もあるのではないでしょうか?
現場周りしておりますと、この時期場所によっては蚊に刺されて、とても痒い思いする事があります。
そんな時に、とあるお客様から
「”ドクダミ”をすり潰して出てきた液を刺された所に塗ると、自然と痒みがとれるよ。」
と教えて下さいました。
”ドクダミ”は、比較的これから夏に掛けて様々な所で見掛ける植物ですが、独特のニオイを放ち、苦手と思われている方も多いと思いますが、そんな”ドクダミ”にそんな使い方があるとは思いもよりませんでした。
もし蚊に刺された時がありましたら、ちょっと試してみようと思います。
効果があった時には、是非ご報告しますネ!

さて、本日も施工現場に動きがありましたので進捗状況をご報告します。


八王子市 A様邸では、ブロックもほぼ積み終わり、徐々に形が見えて来ました。

本日も八王子市 A様邸にて工程を進めて参りました。
ブロック積みの方もほぼ終わり、大分形が見えて来ました。


裏側のフェンス設置も完了しました。
フェンス設置工程は、担当職方 赤羽さん親子が進めてくれました。

裏側のフェンスに関しても、担当職方 斉藤さんの助っ人で来てくれている赤羽さん親子が手際良く施工を進めてくれて、無事設置完了する事が出来ました。
親子2代で仕事を進めてくれる姿、何か微笑ましい光景です。息子君ガンバレ!!


同時に敷地内駐輪場の方では、コンクリート舗装のための下地作りを進めております。

同時に敷地内駐輪場では、コンクリート舗装のための下地作りを進めております。


午後には玄関前の門袖ブロック積みが完了。

午後には、玄関前の門袖ブロック積み工事が完了しました。
ポストやインターホンの高さを図面を基準にしながらA様にご確認いただき、そこから使い易い高さを割り出して行きました。
実際最初の設計図での設定高よりも5cmほど下げたのですが、ポストやインターホンの設置高がとても絶妙な位置にする事が出来ました。
たかだか5cmと思われてしまいますが、この5cmがとても重要でした。
ちなみに側面に飛び出している管は2件分のインターホンの電気配管で、天端から出ている管は、照明用の電気配管です。


駐輪場のコンクリート下地も完了しました。

そして、駐輪場のコンクリート舗装下地も完了しました。
これにメッシュ筋・型枠を配置してコンクリート打設の準備完了となります。


道路面のブロック上に設置するアルミ鋳物フェンス。
このフェンスを職方さんがバランスを見ながら設置して行きます。

そして道路側のブロック上に、今回設置する鋳物フェンス「LIXIL ローシェン3型」を設置して行きます。
設置の際、ブロックの高さや目通り等を見ながらバランス良く設置して行かなくてはなりません。
今回は枚数もかなり使うので大変な作業なのですが、職方さんが手慣れた手つきでどんどんと設置して行きます。


フェンスも設置され、かなり形になって来ました。

そしてフェンスも設置され、かなり形になって来ました。
今回お選びしたフェンスと建物の外壁との相性はイメージ通りとても良い感じです。
これにレンガタイルが貼られると、とても重厚感のある良い雰囲気になる事が容易に想像できます。
本日の工程はここまで。次がとっても楽しみです!

ということで、本日も順調に施工を進める事が出来ました。
完成が見えてくると、とてもワクワクしてなりません!
また、今回はかなり広範囲に渡ってのタイル貼りとなりますが、まさに今回担当している職方 斉藤さんのタイル職人としての本領発揮です。
また次回、施工に動きがありましたら当Blogにてご紹介します。

明日ですが、マネージャーは出張に出掛け私は休暇の為、1日Blogはお休みさせて戴きます。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

それにしても毎日5月とは思えない暑い日が続いていますね!今日も好天に恵まれた暑い1日となりました。
昨日は秋葉原にて催されたセミナーに出席して来ましたが、駅から会場まで5分程度歩いただけで汗まみれになってへたれてしまいました。
こういう時にいつも日頃の運動不足を悔やんでいるのですが、ついつい日々の忙しさに感けて相変わらず具体的な行動を起こす気になれず仕舞。少しは気持にゆとりを持たなければ…と思う今日この頃です。


本日よりスタートした日野市T様の外壁及び屋根塗装工事。今日は架設足場の設置と洗浄作業を行います。

さて、本日より日野市T様邸では外壁及び屋根塗装工事がスタートしました。
南向きでとても日当たりの良いT様邸ですが、その分塗装の劣化もあり汚れも目立つようになって来ていました。再塗装を考慮するにあたり、とても重要な事はロケーションによって塗料の持つ機能性を考慮した上で適切なものを選ぶ事です。

今回の外壁塗装工事に際してT様が選ばれたのは、"水谷ペイント・ナノコンポジットW"という塗料です。

この、"ナノコンポジットW"という塗料の特徴は「外壁の汚れと耐候性に非常に優れている」という事です。
汚れへの強さは、セルフクリーニング機能によるものです。これは、ナノテクノロジーにより緻密に分散した塗料成分であるシリカ粒子が汚れの侵入をブロックし、親水性の塗膜表面が降雨により汚れを洗い流す機能です。
又、塗膜劣化の原因となる紫外線や降雨に対し非常に強いシリコン化合物を塗膜中に導入する事で、非常に優れた耐候性を発揮しています。
屋根への塗装は、既に定番の塗料となりました遮熱シリコン塗料"日本ペイント・サーモアイSi"を使用します。

私たちイゲタヤE&Rは、外壁塗装工事の提案をする際、数多の塗料からそれぞれ特徴を把握し、ご自宅のロケーションやお客さまがご要望される機能により、適切な塗料を具体的な商品名と特徴を説明する事が肝要だと考えています。
当然ながら、使用する塗料によっては金額も違ってきますが、大事な事は「何故、塗装工事が必要であるのか」という事です。
見た目をキレイにするのは当り前として、これから先、大切なご自宅を良い状態で長持ちさせる事が重要です。
外壁及び屋根塗装工事をご検討中の皆さま、是非ご自宅に一番適した塗料を選んで戴ければと思います。

日野市T様邸では、架設足場の設置と洗浄施工を行っています。これからこの塗装工事により、ご自宅がどのように美しく変化していくのか、とても楽しみです。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は昨日に比べると比較的過ごし易い陽気でしたね。
天気予報によりますと、今日は昨日まで吹いていた暖かい南風に代わって東からの涼しい風が吹いたために気温が下がったとの事です。
東風というのはあまり聞き慣れませんが、どうやら春と秋の季節の変わり目に吹く風らしく、東側の海の気温は2カ月ほど前の気温で、そこから吹く風が涼しさをもたらしてくれるとの事です。
私達のお仕事はとても天気と深く関わってくるお仕事ですが、改めて天気の奥の深さの様な物を感じさせられます。
明日は更に気温が下がり、日中は20℃前後ととても過ごしやすそうです。
せっかくの日曜日、どこかへお出掛けされては如何でしょう?

さて、そんな土曜日ではありましたが、私達イゲタヤE&Rでは今日も施工の方を進めて参りました。
早速その様子をご報告しようと思います。


本日も昨日に引き続き、八王子市 A様邸です。ブロック積みの工程も大分進んで参りました。

本日も昨日に引き続き、八王子市 A様邸にてブロック積み工事を行いました。
広範囲に渡ってのブロック積みも、ようやく形になって来ました。


本日はブロック積みと同時に、玄関前に設置する門袖部分のブロック積みも行います。
家側のジャンクションボックスから2軒分のインターホン・門灯に必要な電管を通し、土・門袖内に隠ぺいします。
ブロック積みと並行して、今回は玄関前に設置する門袖のブロック積みも行います。
左側の写真は、門袖ブロックの基礎となる鉄筋等を配置している様子です。
そしてもう一つ、その門袖に設置するインターホン・門灯のための電気配管も一緒に行います。
今回の場合、2世帯住宅となるため、門袖もそれに合せたデザインにて仕上げて行きます。


午後には道路に面するブロック積みは完了しました。

午後には道路に面する箇所のブロック積みは完了しました。
積み終わりますと、いよいよ完成形が見えて来てとてもワクワクして来ます!


逆側部分では、フェンス柱を立てはじめました。

逆側のブロック上には、フェンス柱を設置し始めました。
着々と完成に向けて順調に工程が進んでおります!


そして門袖部分では手際良くブロックも積まれ、電気配管、埋め込みポストも設置されました。

そして門袖に関しても順調にブロックが積まれ、更にポストと電気配管も通りました。
今回担当している斉藤さん以下、お仲間の職方さん達が黙々と手際良く作業を進めてくれているため、着々と工程が進んでおります。
頭が下がる思いでいっぱいです。
そしてブロックが積み終わりますと、次にフェンス設置・駐車場等のコンクリート打ち・更に今回のデザインの肝となるレンガタイル貼りの施工が控えております。
まだまだ完工まで道のりはありますが、最後まで気を抜かず頑張っていきます!

明日は日曜日で、施工の方も束の間の休日となります。
週明けからはA様邸の他にも様々な施工現場が控えております。
どの案件も、私達イゲタヤE&Rが丹精込めて造り上げたエクステリアプランです。
どの案件も気の抜けない、難しい案件の数々ですが、チーム一丸となって取り組んでいきますので、是非楽しみにしていて下さい!
宜しくお願いします!!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

昨日は休暇を戴きまして、1日ゆっくり過ごしていました。
そんな時ってチョットお昼にイイものを食べたくなりますよね♪いつもより遅めに起きた後、近隣にある市場の中のお肉屋さんでチャーシューを買って来まして、知ってる人は知っているラーメンの有名店"永福町大勝軒"のお土産ラーメンも買って来まして、妻とチョット美味しい休日の午後のひと時を過ごしました。(笑)
ただ、普段あまり家にいないので、まだ1才5ヶ月の末娘は結局1日全く懐いてくれませんでしたけど…。チョット淋しい。


本日も八王子市A様邸では、ブロック積み工事が続いています。

さて、本日も良い天気に恵まれ、新築外構工事が進行中の八王子市A様邸でもブロック積み作業が順調に進んでいました。
これぐらい作業が進んでくると、その全貌が見えてきますね。


ブロックもただ積むだけではなく、角度を計算しながらカット加工をして適切に積んでいきます。
特に角の部分は少しでもバランスが崩れると全体の出来栄えに大きく影響が出ます。

A様邸は角地となる為、道路沿いに設置するブロックをしっかりと計算しながらカット加工し適切に積まないと、全体的なバランスが大きく崩れ見た目も悪くなります。
今回は、特に角地で且つ傾斜もあるので、基礎となるブロックベースも含め丁寧な作業を進めて来ました。


奥側から積まれたブロックを撮影すると、傾斜部分ですがしっかりと直線が描かれているのが分かります。

家屋裏にある庭側から撮影してみました。
写真で見ると、その傾斜角とは違いブロックが平行にキレイに並んでいるのが良く分かりますね。こうして見るとブロック積みも、なかなか奥が深い仕事だという事が分かるかと思います。


お庭側の開口部には、フェンスと同系の門扉が設置されます。
このブロックとブロックの間にフェンスが設置されます。

明日は更にこのデザインを踏襲した門袖の造作にも取り掛かるとの事です。
私としては、早くレンガタイルが張られアルミ鋳物フェンスと門扉が設置された様を見たい気持ちで一杯なのですが、それはもう少し先の事となります。
ただ、良い工事とは見えない場所にこそ手間を惜しまず丁寧に仕上げる事が肝要です。初夏とは思えない暑い中ですが、この調子で職方さん達にも頑張って戴きたいと思います。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

昨日の荒天とは打って変わって、本日は朝から気持ちの良い青空が広がりましたね!
天気予報によると、昨日の雨と風が大気中の塵を洗い流してくれたお陰で、非常に綺麗な青空になったそうです。
そう思うと、雨や風がもたらしてくれる役目は、とても重要な物なのですね。
お陰で、今日は早朝の日課にしているウォーキングがとても気持ち良かったです!
その代わり、昼間は25℃を超える夏日に見舞われ、とても暑かったですね。
皆さん、くれぐれも熱中症にならない様にこまめに水分を取る様に気を付けて下さいね。

さあ、こんな暑い中、職方さん達が一生懸命汗水流して施工を頑張ってくれました!
今日もそんな頑張りを報告しようと思います。


本日1件目は、八王子市 A様邸です。先日に引き続き、本日もブロック積み工事を行いました。

まず本日1件目は、エクステリア工事を行っている八王子市 A様邸の現場です。
先日マネージャーがBlogにてご紹介しておりましたが、本日も先日に引き続きブロック積み工事を行いました。


家のほぼ周囲にブロックを積むため、かなりの量のブロックとなります。
長い距離を黙々とブロックを積んでいきます。
今回は、家のほぼ周囲をブロックにて囲む「クローズドスタイル」の外構となるため、左の写真の様にかなりの量のブロックを必要とします。
このブロックを、家の奥側から数人がかりで黙々と積み上げていきます。
今日は日中、夏の様な風もないとても暑い陽気でしたので、職方さんが調子を崩さなければと心配しておりましたが、汗水掻きながら黙々としかも丁寧に積んでいきました。


午後にはある程度の形に仕上がっていましたが、まだまだ道半ば。明日も更にブロックを積んでいきます。

午後伺った際には大分形になって来ましたが、まだまだ道半ば。更にブロックを積んでいきます。
職方さん達も暑い中、水平・配筋・目地等を考えながら頑張って作業を進めてくれました。
いつもながら頭が下がる思いです。
これから完工に向けてどんどんと作業を進めていきます。明日もどのぐらい変化するのかとても楽しみです!


本日2件目は、八王子市 K様邸です。本日にてカーポートが完成しました!

本日2件目の現場は、八王子市 K様邸です。
懸案事項が幾つかある中をコツコツとクリアし、本日にてようやく完成する事が出来ました。


LIXIL「ソルディーポート」ナチュラルシルバー&クリエラスク 建物とのマッチングが素晴らしいです。
屋根材は乳白色の「クリアマット」。すりガラス調の屋根材が全体を明るく見せてくれます。

先日のBlogでもマネージャーが話していましたが、この「LIXIL ソルディーポート」は、木調の枠が入るだけでとても印象の変わるカーポートです。
今回お選びした「ナチュラルシルバー&クリエラスク」というカラーが、新しく塗り替えたホワイトの外壁ととても良くマッチしており、K様からも「イメージ通りに仕上がってとても良かった!」とお褒めの言葉を頂きました。
屋根材は、カーポート屋根の中でも断トツの人気カラーである「クリアマット」。すりガラス調の乳白色の屋根材は、太陽の日差しを散光させて空間全体を明るくしてくれます。
また、ある程度照り返しを抑えてくれるので、駐車場に面しているリビングルームも以前より暑くなりにくくなると思います。


全体のイメージ
CADで造り上げたイメージ。

こうしてCADでのイメージ図と実際の写真を並べて見ますと、ほぼイメージ通りどころか、質感も加わるため、「イメージからの120%の出来栄え」といっても過言ではないと思います。
そして何より、施工をご依頼頂きましたK様のお喜び頂ける物が出来上がった事が何よりです。
ありがとうございました!



GWが明けてから、着々と完工した案件が出て来ました。
完工するたびに、お施主様から「なんだか寂しいね」と仰って頂けると、私達も完工した安堵と共に一抹の寂しさの様な物を感じる時があります。
そう思って頂けるお客様と出会えた事を、いつも感謝の気持ちでいっぱいになります。
是非今後も、そんなお客様と出会えるように一生懸命施工等にあたっていこうと思います。
そして明日も、頑張って施工を進めて行きますので、是非宜しくお願いします。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は1日雨と強風に苛まれた1日でしたね。
ここの所天候が極端で、季節の変わり目とは云え強風に見舞われる日が多く感じますね。
ちょうど、北風と南風が交互に吹き荒れる様な感じですが、強風が止むとその翌日は夏の様な暑い一日になったりと、5月の過ごし易い爽やかな陽気という日が少なくなってしまった様に思えます。
これも、温暖化の影響なのでしょうかね。。
住宅の外回りに関わる我々としても、こういった荒れた天候ととても気掛かりです。
もし何か被害にあって補修等が必要な時は、是非我々に御相談下さいね。
宜しくお願いします。

さて本日は1件、現場調査してきた案件がありましたので、その事を書こうと思います。


現場調査に伺ったのは、先日リガーデン工事が完工した日野市 T様邸です。

本日お伺いしたお宅は、先日リガーデン工事をさせて頂きました日野市 T様邸です。
LIXIL「樹ら楽ステージ」(クリエモカ)で造った広大なウッドデッキと、その奥に広がるグリーンの人工芝とピンク系の化粧砂利がとっても良いコントラストとなっております。


既存の庭石で囲った花壇スペースには、早速野菜苗や季節の花苗を植えて楽しまれている様です。

既存の庭石で囲った花壇スペースには、野菜苗や季節の花苗を少しずつ植えて、ガーデニングを楽しまれている様です。
実際にこうして活用して頂けると、プランナーとしてとても嬉しく思います!


今回の御依頼箇所は、一つはガーデンシンク後方にイメージに合う目隠しフェンスを設置する事。
もう一つは、リビングルーム前にテラス屋根を設置する事です。

今回T様から御依頼頂いた内容は、
.ーデンシンク後方に、お隣さんとの目線を巧く隠すイメージに合った目隠しフェンスの設置したい。
▲螢咼鵐哀襦璽狒阿法▲ぅ瓠璽犬帽腓Ε謄薀慌虻を付けたい。
という2点でありました。
早速綿密に寸法等を測り、それを元に以前書いたCADデーターからイメージを作って見ました。


ガーデンシンク後方に、ウッド調の樹脂材で造られたフェンス、F&F「マイティーウッド」を設置。

まず、お隣さんの物置きの位置、そして既設のブロックフェンスの高さ等から最適なサイズのフェンスを提案。
今回ご提案したフェンスは、木調の樹脂材を使ったフェンス「F&F マイティーウッド」のチークブラウンというカラーの物です。
こちらの商品の特徴は、樹脂材とアルミ材で構成されたフェンスなので腐らず、メンテナンスがフリーな点。そして、幕板の枚数や間隔を状況に応じてフレキシブルに設定できる点です。
今回の場合、既に下部はブロックにて見えないのでブロックから上の部分を必要な枚数だけ幕板を設定。
さらに、デッキ上に設置するため、柱を支えるのに必要な強度を保てる大引きの上に柱が来るように配置しました。


テラス屋根は、LIXIL「シュエット」という木調のテラス屋根を設置。クリエモカのデッキと統一感を持たせました。

テラス屋根に関しては、ここの所とても評判が良いLIXIL[シュエット」というテラス屋根を選択。
カラーをデッキと同様の「クリエモカ」にする事で、統一感のある雰囲気を持たせました。
またこのテラス屋根は、前柱の位置を自在に動かす事が可能なので、デッキ上の導線等を考慮した任意の位置に柱を動かす事が出来ます。
デッキ上でのテラス屋根の提案の際は、とても重宝する商品だと思います。

今回新たに御提案した物が、お客様の心を掴めるものであればと願うばかりです。
今後、何らかの動きがありましたらまたこのBlogにてご紹介しようと思いますので、是非宜しくお願いします。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

大型連休が先週末で終わり、皆さまも平常通りの生活に戻られたと思います。この機会に旅行へとお出掛けされた方、お家でゆっくり過ごされた方、私のように殆どお仕事をしていた方…色々な連休の過ごし方があったと思いますが、実は今、私の周りには結構体調を崩されている方が多いです。
特に、今年は日中の気温が高く、夜はそこそこ下がるので風邪もひき易いですよね。
私自身も先月ひいた風邪の影響からか、声はだいぶ出るようになりましたが、まだ喉が全快とまではいきません。色々な意味で近年稀にみる忙しい春でしたが、来月こそは少し養生する時間を作ろうと思っています。
皆さまも連休明けで色々溜まっていて無理をしてしまう時期とは思いますが、どうぞ体調を崩さぬ様ご自愛下さいね。


色々な工事を経て、八王子市K様の工事もこのカーポート設置施工で終了となります。

完工に向けて残すはカーポート設置工事のみとなりました八王子市K様のエクステリア工事ですが、本日、柱の固定と屋根枠と母屋材の取付を施工しました。後は屋根材を設置するだけです。
いつも思うのですが、このLIXIL・ソルディーポートは屋根枠を木調色にするだけで、全体的に落ち着いたデザインになると感じます。実は、結構シンプル且つゴツいデザイン…しかもその物自体が非常に大きいので、オールアルミ色だと「如何にも構造物!」って感じに思えます。
耐積雪機能に優れ屋根材もポリカーポネートを採用する事で明るくなる素晴らしい製品ですが、設置をご検討されている方は、どうぞ屋根枠に木調色を選ばれる事をオススメします。
因みに、私このソルディーポートを結構な台数この地域に設置させて戴いておりますが、今迄設置した物全て屋根枠は木調色を選んで戴いています。
お近くに木調色のソルディーポートが設置されていたら、もしかしたら私たちの仕事かもしれません。(笑)
K様の工事もアト少し。今から完工が楽しみです。


昨日、官民境界の測量が完了した八王子市A様邸。本日より工事が再開です。

先日のBlogでも書きましたが、公社との打ち合わせ後、昨日八王子市A様邸で官民境界の測量が行われ、本日より工事を再開しました。
今日は、道路沿いと隣地境界線へのブロック積みの施工です。


境界線に沿ってキレイな直線を描きながらブロックが積まれていく様子は、なかなか壮観です。

境界線に沿ってキレイな直線を描きながらブロックが積まれていく様子は、正に壮観です。
昨日、このブロック上に設置されるフェンス部材も届きましたが、このブロックにレンガ調タイルが張られフェンスが設置される日が今からとても待ち遠しく思います。
又、A様より同様の仕様で造作する門袖上にLEDライン照明が仕込まれた笠木部材"LIXIL・コーピング"の設置もご了承戴き、更に全体的な完成度が増すと感じています。


今年もこの季節がやって参りました。

そして、今年もこの季節がやって参りました。
"LIXILエクステリアコンテスト2016"の募集が始まりました。毎年、6,000件を超える全国の素晴らしい案件が寄せられる大規模なコンテストですが、お陰さまで私たちイゲタヤE&Rは6年連続で入賞させて戴いています。
エントリーにあたり私の目で確実に入賞出来ると判断した案件のみを厳選して現場写真を撮影する為、毎年私たちがエントリーする件数は本当に少ない(昨年は1案件のみ。多くても3現場程度です。)のですが、今年は、かなりの件数をエントリーする事が出来ると思います。
正直、昨年度のような素晴らしい賞を戴けるかは分かりませんが、撮影のスケジュールの設定とスゴ腕カメラマンにオファーを出さなくては…。
去年がマグレだなんて言われたくありませんし。(笑)
既に今年は、かなりハイレベルな多くの完工案件があります。しかし、実は…これから工事が始まる複数の案件も本当に素晴らしいのです。(確信)
エントリー期間も一ヶ月延長されましたし、コチラも今から本当に楽しみです。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

GWも昨日で終わり、本日からお仕事再開という方が多い事と思いますが、皆さん調子は如何でしたでしょうか?
10連休後の仕事始めとなると、本調子に戻るまで中々大変な事と思います。
実際私達の方でも、各メーカ・商社が本日より仕事再開となるようですが、連休中に溜まっていた様々な事項を一気に処理しなくてはならない様で、どうも問い合わせても少々混乱気味の様でした。。
お昼過ぎには正常に戻った様ですが、長い連休というのもある意味大変なようですね。
皆さんもいきなりのお仕事で体調を崩さない様に、気を付けて下さいね。

さて、本日より再開される現場も含めて、何現場か同時に動きがありましたので、それらの進捗状況をご報告しようと思います。


本日1件目は、昨日より引き続き施工を行っている、八王子市 K様邸です。

まず本日1件目は、昨日よりカーポート施工を行っております八王子市 K様邸の現場です。
本日はカーポートの梁等を切り詰め加工し、フレームを組み付ける工程となりました。
今回設置する「LIXIL ソルディーポート」は、耐積雪50cmもの強度を誇る堅牢なカーポートです。
そのため、使用される梁に関してもかなり丈夫な物で、切り詰め加工を行う上でもかなり大変な物となりますが、今回も担当職方 篠崎さんが巧く加工を行い、上の写真の通りなんとか綺麗に納める事が出来ました。


玄関脇に出来る限り近い場所にという事で、写真の通り立樋との間隔20ミリにて綺麗に納めました。
電柱側も、昨日綿密に位置出ししたお陰で、絶妙な位置にて納める事が出来ました。
ベランダとの位置関係も絶妙で、ベランダ下に組み込む様にした事で、雨の日の利便性を考慮しました。

各箇所の納まりも、昨日綿密に行った位置出しのお陰で、絶妙な位置に納める事が出来ました。
また、ベランダ下に巧く組み込む様に位置設定したので、雨が降った際の使い勝手は抜群の事でしょう。
今後の仕上がりが非常に楽しみです!


本日2件目は、八王子市 S様邸の植栽工事です。

本日2件目の現場は、八王子市 S様邸です。
前回の施工から日が開いてしまいましたが、ようやく最後の仕上げの工程である植栽工事に入る事となりました。
上の写真は、今回植える箇所の砂利を避けて、その下に敷いておりました防草シートを切り取って植える準備を行っている様です。


最初の施工にて設定して置いた花壇スペースにも、ようやく植栽を植えていきます。
こちらの花苗は、植栽と共に花壇内に植えるために、先週花き市場にて、私自ら選んできた物です。

そして昨年の第一期施工時に設けた花壇スペースへ、ようやく植栽と花苗を植える事となりました。
かなり広いスペースなので、植える花苗の数も右の写真の通りかなりの量となります。
花苗に関しては、当店園芸スタッフと綿密に打ち合わせし、先週花卉市場にて私自ら選んできたものです。


造園職方さん達により、さっそく樹木を植えていきます。こちらは「シマトネリコ」を植えている様子です。
シマトネリコの土の部分に大量の水を入れて土を落ち着かせる、「水決め」の様子です。

そしていよいよ、選んだ樹木を所定の箇所に植えていきます。
上の写真は、新たなシンボルツリーとなる「シマトネリコ」を植えている様子です。
株立ち物のとても良い樹形をした常緑樹です。
S様も玄関前から樹木が植えられるのを見てとてもご満悦の様子です!


午後には無事完了しました!グリーンが入る事で、非常にお洒落な空間となりました。

午後には植え込みも完了し、雨が酷くなる前に仕上げる事が出来ました!
グリーンが入る事で、とても優しくお洒落な空間に仕上がりました。


花壇スペースには、S様が養樹園でお選びになったエゴノキを2本植えました。
2本の樹木の下には、用意した花苗をバランス良く配置。とても華やかになりました。
コーナーの花壇スペースには、「エゴノキ」を2本植え、その周りに用意した花苗をバランス良く配置しました。
今回選んだ花苗は「ベゴニア」「ユーフォルビア」「ダイアンサス」の3種類で、赤系統のグラデーションに白いお花をアクセントとしてアレンジしました。
どのお花も、これからの夏の暑さに耐えられる丈夫な物で、あまり手間の掛からない物を選んで見ました。
これから成長していく姿が、とても楽しみな花壇です。
こうして見ますと、いくらアプローチやサイクルポートをお洒落な物に選んでみても、やはりグリーンのある風景には敵わないと云う事を再認識させられます。
S様も、全体の仕上がりに本当に御満足頂いた様です。
長い期間お付き合い頂きまして、ありがとうございました!

本日は午後から天候が予報通り崩れ、工程の進捗状況が危ぶまれましたが、なんとか予定通り進める事が出来ました。
明日・明後日とGW中我慢していた天候が、この日に限り崩れてしまう様で進捗状況が心配ではありますが、少しでも作業が進められればと思います。
どの案件もとても内容の濃い物故に、気を抜く事が出来ない物ばかりですが、それだけに仕上がるのも楽しみになって来ます。
また現場にて動きがありましたらご報告いたしますので、是非宜しくお願いします。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

ついにGWも今日で終わってしまいます。
10連休、長い様に思えて何故か短い物ですね。。
皆さんはこの10連休、どの様な事をしてお過ごしになりましたか?
天気の方も、1日2日荒れた日がありましたが、比較的良い天候に恵まれましたね。
そして連休最後となる本日も、夏を思わせるようなとても日差しの強い一日でした。
そんな中、当店において本日にて最期を迎えるスタッフがおります。


長年お店の物流を支えてくれた働き者、1998年型ダイハツハイゼットトラックです。

そのスタッフとは、1998年式ダイハツ ハイゼットトラックです。


実に18年、14万キロもの長い間、一つの故障もなくお店を支えてくれました。

実に18年、走行距離14万2000キロもの長い間、かつてありました五日市店、そして南平店(イゲタヤE&R)の2店舗を、大きな故障もなく支え続くてくれました。
その間、様々な商品・生花・建築資材・廃材と様々な物を運び続けてくれた功労者です。
本日は彼の最後のお仕事となりました。運転する私も、彼に華を添えられるようなより一層の安全運転に努めて来ました。
見掛けは年数なりの状態ですが、エンジンは快調!

という事で、本日も施工現場に動きがありましたので、そちらの進捗状況をご報告しようと思います。


本日も昨日に引き続き、八王子市 K様邸での施工です。本日よりカーポート設置工事となります。

本日の現場は、昨日に引き続いて八王子市 K様邸です。
昨日にて玄関脇の物置きが建ちまして、本日はいよいよカーポートの設置工事となります。
今回設置するカーポートは、ここの所様々なお客様からご好評頂いておりますLIXIL「ソルディーポート」です。
今回の設置に関しまして、注意しなくてはならない点が2点ほどあります。


一つは敷地内にあります電柱です。
もう一つは埋設栓の水道配管です。

一つは敷地内にあります電柱に関してです。
今回は電柱脇に2〜3cmの間隔を持たせて立てる予定でいたのですが、実際に測って見ますと、なんと電柱が1〜2cm右側へ傾いでいる事が判明しました。。
現場調査時に見えてこない事がこうして出てくるので、施工現場では油断は禁物です。
もう一つの点は、逆側の散水栓の配管に関してです。
現調時に配管が、建物とは逆側に来ている一応は判断しているのですが、埋設物は実際に掘って見ない事には判明しない事が多々あります。柱の基礎穴を掘る際、万が一水道管が出てくる事を想定しながら作業をする様に慎重に行わなくてはなりません。
そして今回、もともと横幅5.4mありますカーポートをこの現場に合せて約5mに切り詰め加工を行う工程も伴いますので、正に様々な所で技術力を問われる事項が満載です。。
今回担当する職方 篠崎さんと事前に綿密な打ち合わせを行いまして、いよいよ施工へと移りました。


懸案でした電柱側に関しては、予定よりも数センチ大きく取った絶妙な位置にて設定しました。

慎重な位置取りから適確な寸法を割り出しまして、まず電柱側に関しては当初よりも2cm大きい5cmの間隔を取り、柱を立てる事としました。
こうする事で、万が一強風に煽られてカーポートが揺れても電柱に当たらない様にしてあります。


もう片側の穴からは、水道管ではなくインターホン等の電管(CB菅)が出て来ました。これでしたら、コンクリートを入れても問題ありません。
家側を見ましたら、玄関脇に電気設備のジャンクションボックスを発見。納得です。
逆側の基礎穴に関しては、懸念しておりました水道管は出現せず、代わりに想定内の家から門袖に掛けての電管(CB管)が出て来ました。
家側を見ますと、確かに玄関脇に電気設備のジャンクションボックスがありましたので、この位置に電管が出てくるのも納得です。
ちなみにもし水道管が出てきた際、迂闊に管ごとコンクリートで埋めてしまいますと、コンクリートが硬化する際におきる伸縮によって管を壊してしまう恐れがあります。
管一つとって見ても、施工に関しての奥の深さを感じさせられます。


ということで、逆側も無事に柱を立てる事が出来ました。

という事で、逆側も無事柱を立てる事が出来ました。
ここまでの工程に関しては、一先ず安心です。
ちなみに基礎穴を見て頂きますと、やけにコンクリートのハツリ部分が小さい事にお気づきの方もいらっしゃると思います。
実は、この穴から下側に関しては、かなり大きな穴が「とっくり」の様に大きく広がっております。
こうする事で、傷口を最小限に抑えるだけでなく、既存のコンクリート舗装も基礎の一部として強度を上げるのです。
まさに、職方さんの長年の経験が生んだ知恵なのです。


発生した残土は土のう袋に入れて、ひとまず当店に運びます。彼の最後のお仕事です。
こうして発生した残土は、土のう袋に入れてひとまず当店へ運び、後日処分場へ運搬処分します。
この運搬のお仕事が、彼(軽トラ)の最後のお仕事となりました。
安全運転でお店まで運びます。本当にお疲れ様でした!

という事で、本日の作業はここまで。
明日は梁の切り詰め等々の加工工程等があり、まだまだ気を抜けません。
私もK様に喜んで頂ける物となります様に、職方さんと共に施工にあたりたいと思います。
また、明日より新しい相棒が当店に配属となります。
どんな軽トラが来るのかはこう御期待です。
それでは、明日も進捗状況をご報告する予定ですので、是非宜しくお願いします。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

GWも明日で終わりですね。皆さん、いかがお過ごしのことでしょう?
今日も朝からとても天気が良く、日中は25℃を超える夏日となりましたね。
この時期は気温が高くても、湿度が低いカラッとした陽気なので、いざ風が吹くととても爽やかで気持ちが良いですね!
連休も残りわずかとなりましたが、是非思いっきり楽しんで下さいね。

さて、本日も施工現場にて動きがありましたので、御報告しようと思います。


八王子市 K様邸にて、施工を再開しました。今日は大型の物置き設置工事です。

本日は1件、八王子市 K様邸のエクステリア工事にて施工を再開いたしました。
一昨日のマネージャーのBlogにて紹介した際は、2階のテラス屋根の設置工事の段階でしたが、本日は玄関脇に設置する物置きの組み立て施工に入りました。
まずは、基礎ブロックと土台部品を置いて、水平取りの工程から入りました。
今回設置するイナバ「NEXTA」は、かなり大きなサイズの物となるため、ちょっとした水平の狂いが出てしまいますと、組上がった際に扉が閉まらなくなってしまう等の支障が出てしまいます。
そのため、職方さんが慎重に作業を進めていきます。


夕方にはほぼ組上がりました。今回選んだカラーは、プレミアムグレーというカラーです。

夕方にはほぼ組上がり、後は締まり具合を見ながらの水平の微調整の作業となります。
今回お選び頂いたカラーは、「プレミアムグレー」というものです。
カラーの雰囲気が、外壁の色目やベランダ下側のタイルととても良くマッチしており、とても綺麗な納まりとなりました。


今回も四隅に転倒防止アンカーを施し、コンクリートで固定してあります。

今回の施工でも、四隅に転倒防止のためのアンカーを設置し、コンクリートを流し込んで工程します。
そうする事で、地震や台風等の時にも安心です。


職方さんが内部にある水平アジャスター調製ねじを回して水平を微調整し、扉の閉り具合を調整しております。

上の写真は、職方さんが内部にある「水平アジャスター調製ねじ」を回して水平を調整し、扉の閉り具合を確認している様子です。
イナバ物置きの大きな特徴として、この「水平アジャスターねじ」が備わっている所にあります。
このアジャスターのお陰で、扉が閉まりきらない原因となる水平の調整を、通常なら物置きを持ち上げて板等を入れて調整するのですが、ねじを回すだけで済んでしまう優れモノなのです。
この機能は、今後物置きを使用した際に重み等で水平がとれなくなってしまった際、御自分でもねじを回すだけで簡単に調整が可能です。
我々プロがイナバ物置きをおススメする理由の一つに、こんな所も挙げられます。

という事で、物置きの設置工事も終わり、明日よりカーポート設置工事に入ります。
今回設置するカーポートは、LIXILが誇る非常に堅牢な造りの商品となります。
また明日も施工の様子をBlogにてご紹介しますので、是非宜しくお願いします。


大貫雄三 27年4月
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

いよいよ長かったGWも終盤に差し掛かって来ましたね。
昨日、一昨日とまるで夏がやって来たかの様な暑い陽気でしたが、今日は1日どんよりとした天気で、午後からはしとしとと雨も降り始めて来ました。
でも、数日カラッと晴れた後に降る雨は、乾いた街にちょっとした潤いを与えている様で、これはこれで心地よい物ですね。
そんな中、当店ファサードの花壇もようやく春夏の装いに変える事が出来ました。


赤と黄色のテーマカラーに、白い小花を散りばめた可愛らしい花壇になりました。

赤いサルビアと黄色いガザニアを植え込んだ間に、白い小花のユーフォルビアを散りばめた可愛らしい花壇が完成しました。
まだ植え込んだばかりなので少々スカスカの状態ではありますが、根付いてからの育っていく姿がとても楽しみです。
また今回選んでいるお花は、どれも夏の暑さに強い丈夫なもので、秋の霜が降りるくらいまで長く楽しめるお花です。
今後どの様に変化していくのか、時折当Blogにてご紹介しますので、是非御期待下さい!

さて、昨日は1日休暇を頂きまして、行楽地ではなく都心の前々から興味があった所へ行って参りました。
今日はその事を書こうと思います。


昨日行って来た、青山にある根津美術館。和モダンの佇まいがとても素敵です!

昨日行って来た所は、表参道駅から歩いて10分ぐらいの所にある青山の「根津美術館」に行って参りました。
「和モダン」な雰囲気がとっても素敵で、前々からとっても行って見たかった所なのです。


入口通路は、右手に竹の列植、左手は竹の壁面で構成されたとても素敵な佇まいです。

入口通路は、右側に竹の列植、左手に竹製の壁と、とてもシンプルでお洒落な佇まい。
この空間を見ているだけでも圧倒されてしまいます。
ちなみに「根津美術館」は、東武グループの社長を務めた初代 根津嘉一郎氏が収集した古美術品を展示した美術館で、館内には茶道も嗜んだ根津氏により造られた見事なお庭があります。
今回の目的は、そのお庭の見学でした。


本館からお庭への導入部分。とても手入れの行き届いた空間が広がります。
地形の高低差を活かした、立体的なお庭空間が広がります。
敷地内には大きな池と、その池に浮かぶ屋形船がとても目を惹きます。

館内に広がるお庭は、高低差のある地形を活かした立体的な空間で、石畳みや延段の通路がお庭の中を巡らしており、様々な角度から眺める事が出来ます。
また、お庭でとても目を惹くのが、大きな池とその池に浮かぶ屋形船です。
この風景を中心に所々に茶室が配置されており、非常に奥ゆかしい雰囲気を醸し出しております。
お庭を歩いていますと、ここが都心である事を忘れるぐらい、とても居心地の良い空間です。


また館内には「NEZU Cafe」という喫茶室もあります。
緑豊かなお庭を眺めながらのコーヒーは、格別です!

また館内には、お庭を一望できる「NEZU Cafe」という喫茶室も併設されており、お庭を眺めながら飲食を楽しめる様になっております。
カフェの建物自体、和風のお庭の中に巧く溶け込んだモダンな雰囲気の物で、そこから眺めながらのコーヒーは、とても優雅で贅沢なひと時を与えてくれます。
お庭に興味の無い方でも、このカフェはとてもおススメです。

如何でしたでしょうか?
都会のど真ん中に、まさかこの様な「オアシス」といえるとても落ち着いた空間が広がっているとは思いもよりませんでした。
仕事抜きで、昨日はモダンでお洒落なお庭の空間を思いっきり満喫する事が出来ました。
ご覧になって頂いた皆さんも、もし表参道の方へ行く機会がありましたら、是非訪れる事をお勧めします!
お庭がもたらす優雅な時間、思いっきり堪能する事が出来ますよ!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

大型連休も本日で終了という方も多いのではないでしょうか。行楽地はどこも人で溢れ、楽しい時間をお過ごしになられたかと思います。
私は調布市在住なのですが、通勤時甲州街道を会社方面に下っていくと行楽に向かう車だらけで、普段とは明らかに違う雰囲気となり渋滞にハマる事もしばしば…。羨ましいのやらなんとやら。
私自身、サービス業に従事して既に20年近くなりますので、休日のタイミングが他の方と異なるのは慣れっこなのですが、こういう時は家族でどこかに出掛けたくなります。
実は、昨日が息子の11才の誕生日だったので休暇を戴いたのですが、慢性的な疲れからか出掛けずに結局近隣での外食で終わったのは少々残念。この借りは夏休みでしっかりとお返ししたいと思います。


K様邸の2Fテラス設置も完了しました。これからの梅雨に大活躍してくれると思います。

さて、そんな大型連休中ではありますが、八王子市K様邸の2Fテラス設置工事が完了したとの事で訪問して参りました。これからの梅雨時期にきっと大活躍してくれると思います。
K様邸では、これから物置とカーポートの設置工事が待っています。もう暫くのお付き合い、宜しくお願い致します。


八王子市U様邸の照明設置工事も完了しました。これで夜間も安心して駐車出来ます。

そして、八王子市U様邸の照明設置工事も完了しました。
閑静な住宅街の中にあるU様邸は、所謂、旗竿型の土地でして駐車場部が車2台分の縦列駐車が可能なとても長いスペースとなっています。特に夜間となると視界性が皆無となり、隣地境界線上のブロックが低い為、目安になる物がほとんど無い状態での駐車を余儀なくされていました。
実は、以前も同様の照明器具を設置されていましたが、屋外用の仕様では無く又、照明自体の照度も暗くあまり役に立たなかったそうです。
今回選んだ"LIXIL・美彩/シンプルラインライト"は、そんなU様には正にぴったりの製品だったそうです。

同様の土地の形状である日野市T様と本日打ち合わせをしたのですが、この照明の設置にとても興味を示して戴き、ファサード部の照明も含めてプランニングをする事となりました。
旗竿型の土地で夜間の駐車にお悩みの方は、とても多いと思います。設置後の写真は、明る過ぎる様に見えますが実際には程良い明るさで、トランスにはセンサ機能もありますので面倒な事もありません。
是非、ご参考にしてみて戴ければ…と思います。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日5/4は、「みどりの日」です。
数年前は4/29だったのですが、新たにその日を「昭和の日」としたため、移動して5/4になったようです。
さて、4/29はもともと何の祝日だったか覚えている方はいらっしゃるでしょうか?
正解は、「昭和天皇の誕生日」です。
ちなみに昭和から平成に変わりました1989年当時、私は13歳で中学1年生でした(笑)
あれから平成も28年、もう30年近く経ったのですね。。
ひょっとすると、4/29が昭和天皇の誕生日だったと知っている人も少なくなっているかもしれませんね。
ちなみに「みどりの日」って、どんな祝日か御存知の方はいらっしゃいますか?
私もとっても興味深かったので調べて見ましたが、1989年に崩御された昭和天皇がとても植物を愛されていると云う事から、昭和天皇の誕生日を「みどりの日」としたとの事です。
なるほど!確かに昭和天皇は植物学に関しての造詣が深く、皇居内にも昭和天皇自ら研究されていた様々な植栽や植物が多く植えられていました。
(先日Blogで紹介した皇居の様子を見て頂けると納得です。)
そしてみどりの日には、全国の国立公園が無料開放されるとの事です。
この機会に、お出掛けになって見るのも良いかもしれませんね。



さて、昨夜遅くからお昼ぐらいに掛けて、まるで台風の様な強烈な風が吹き荒れましたね。
お住いの場所によっては、強風にあおられて眠れない夜をお過ごしになられた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実際今朝のニュースで、八王子市内では夜中に風速28mを記録したと云う報道が流れていました。
今回は強風による被害のニュースはあまり流れていなかったので良かったのですが、外の物を扱う者としてとても気が気ではない夜でした。
この様な強風は、様々な物に影響をもたらします。
建物ももちろんですが、カーポート、テラス屋根、フェンス、物置き等々。。
基本的にはどの構造物も、基礎となる部分にしっかりと対策を施しているので直ぐに壊れると云う事はありません。
しかし、そんな中以外に盲点となっている物があります。
それは、「植栽」に関しての風対策です。



今まで様々なお宅お庭等の御相談に伺った際、「植栽の元気がなくなってしまって・・・」というお話をお聞きする事があります。
特に、建て売り等の戸建て住宅で多いケースなのですが、玄関前に既に植えられているシンボルツリーが、水が上がりきらず枯れそうになってしまっている事があります。
お客様にお聞きすると、「購入してまだ1年ぐらいしか経っていないのに、何故か枯れそうなんです。水遣りとかもちゃんと見たりしたのですが、一向に元気になる気配が無くって・・・。」との事。
普通に考えれば、ちゃんと水の管理等も見ているのだから、一体何が原因なのか分からないと云った感じだと思います。
しかし、しばらくして感じた事に、その場所の風が良く通ると云う事に気が付きました。
そして、その風に植栽等が揺らされている事にも気が付きました。良く見れば、構わず業者さんの方で植えられたらしく、その植栽に支柱等がされておりませんでした。
これで、この樹が何故元気が無くなってしまったのか、もうお分かり頂けましたね。
そうです!原因は「風」なのです。


植栽をした際、必ず何らかの支柱を施して根が動くのを防ぐ様にします。

植栽は、植えてからその土穣に根付くまでが非常に大切で、上の写真の様にその樹に対してしっかりと様々な形の支柱を施して支えてあげる様にします。
御相談頂いたお客様の樹木では、この支柱が施されていなかったので、風に大きく煽られて、根付こうとしていた新しい根が切れてしまい、水や養分を得る事が出来ずに活力を無くしていたと云う事なのです。
昨日お話したコニファー類の場合は特に、根がとても細くデリケートな物が多いので、支柱での養生はとても重要になります。

本日の様な強風が吹いた後しばらくして、もし樹木が元気を無くしていたら、是非その点を疑って見る事をお勧めします。
そして、一度ちゃんと支柱を施して、根がしっかりと根付く様に養生して見て下さい。
それによって、根付く事が出来れば、また元気に育つかもしれませんよ。


大貫雄三 27年4月
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

GWもいよいよ後半、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
今年は昨日の月曜日もお休みにすれば10連休! 今年は例年に見ないぐらいの大型連休なんですね。
私達は仕事柄、暦通りの連休という物がないため、1週間以上ある休暇という物が想像もつきません(苦笑)
もしそれだけのお休みを頂けたとしたら、どんな休みを過ごそうか色々考えてしまいますね!
行った事の無い街へ旅行も良いですし、趣味に没頭するのも良いですし、家でゆっくり過ごすのも良いかもしれませんね。
ちなみにイングリッシュガーデンで有名な英国では、余暇をお庭でガーデニングして過ごす方が多いとの事です。
お庭に手を入れ、途中休憩を入れて庭を眺めながらお茶をする、中々優雅で贅沢なものですね。
私もプランニングしている時は、まさにそんな事を想像しながら図面を描いておりますが、実際にそうして楽しんで頂いているお客様の声を聞かせて頂きますと、とても励みになります!


この時期色鮮やかな新芽が芽吹く「キンメツゲ」。名前の通り、黄金色の新芽が目を惹きます。

さてこの時期は良く「新緑の季節」といわれる位、様々な所で色鮮やかな新芽が芽吹く樹を様々なところで見掛けます。
特に良く目に入るものとして、上の写真の様な黄金色の新芽が無数に芽吹く樹があります。
さてこれは、何という樹でしょう?

正解は「キンメツゲ」です。

「キンメツゲ」は、モチノキ科モチノキ属の樹木で、名前の通り”ツゲ”の仲間になります。
色合いが鮮やかな黄緑で、刈り込むことで新芽が更に出てきてなお綺麗になります。
花も咲きますが基本的に葉っぱを楽しむ植物です。
暑さ・寒さに強く、常緑で、病気にも強く、日陰にも比較的強いですし、刈り込みにもとっても強いです。
新芽は出るのですが、樹木全体の生育(上へと伸びるという意味)は遅く、1年で10センチか20センチ程度と、大きくなりにくい樹木で、とても扱い易いです。
5月6月には花が咲いて、10月に真っ黒い実をつけます。
用途としては、生垣やトピアリー(刈り込んで動物や文字等に形作る植栽)にされる事が主ですが、私の最近の使い方としては、上の写真の様な1本ずつの樹形を見せて等間隔に植える「列植」で提案する事が多いです。

一時期、ヨーロッパ系のガーデンが流行った際に、樹形の整った樹木として「コニファー」(針葉樹の総称)がとても重宝され、様々は所で多く植えられておりましたが、実はここの所で当店に御相談される方の多くが、「コニファーを抜いて欲しい」という声が多くありました。
伺って見ますと、屋根よりも高い樹高5mにはなるのではという大きさのコニファーとなっておりました。
聞けば、家を購入した際に記念樹として植えたのだが、最初は1.5m位だったものが、十年ぐらい経って気付けばこの大きさになってしまったとの事。
確かに、コニファー類と呼ばれる樹の大半が「杉」「ヒノキ」「松」といった大木になりやすい樹の仲間になるため、これだけの大きさになってしまうのも頷けます。
かと言って、樹形の整い易植栽は、洋風ガーデンをデザインする際には非常に重要な役目を果たします。
そこで当店と提携している造園職方に相談して出てきた樹木が、この「キンメツゲ」なのです。

オススメのポイントとしては、「丈夫」「成長が遅い」「刈り込みに耐えられる」という3点です。
ちなみに気になる病害虫ですが、「ハマキムシ」という虫が時より付き易いと云った所なのですが、刈り込んで少々風通しを良くして挙げれば、比較的付き難くなります。

「洋」の空間でも「和」の空間でもどちらでも使い易い樹木でとてもおススメです!
是非御参考にして見て下さい。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

5月に入って初めての週明け、今日も一日過ごし易い陽気でしたね。
暦で云いますと今日は平日になり、皆さんの中ではお仕事であったりする人もいたのでしょうか?
私達はGW中も変わらず普通にお仕事となりますが、連休中にお仕事となると色々な面で不便を感じる事があります。
例えば、取引先のメーカーや商社もお休みとなり、お客様からの問い合わせに対して返答する事が難しくなったり、金融機関が連休中お休みになってしまって身動きが取れなくなってしまったり、お昼時の行きつけの飲食店がお休みしていたり・・・。
思わず一緒に我々もお休みできればなんて思ってしまうのですが、御来店頂いているお客様と接していたらそんな事を云っている場合ではありませんね(笑)
本日も貴重な時間を割いて、新築外構のプレゼンでお昼前から夕方近くまでの長時間、真剣に打ち合わせさせて頂いたお客様がいらっしゃいました。
お陰さまでプランの方もかなり磨きが掛かり、とても現実的な良い物となりました。
こういったプレゼンを行いますと、それまでに一生懸命プランを考えた事が本当に報われます。
是非御検討いただき、このプランを具現化させて頂ければと願うばかりです。

さて、本日も施工現場にて動きがありましたので、御報告しようと思います。


八王子市 A様邸では、駐車場の舗装工事に取り掛かりました。

本日は1件、八王子市 A様邸にて駐車場舗装の工程に入りました。
まずは既存の敷かれていた砂利を横に避けて、舗装部の鋤取り作業から入ります。


もともと敷かれていた砂利を横に避け、鋤取り作業が終わりましたらベースとして敷き直します。
乗用車2台分の駐車場のため、発生する残土もかなりの量となります。

敷かれていた砂利も、乗用車2台分の敷地に厚さ5cmにて敷かれていたので、かなりの量となります。
そして砂利を剥いで露わになった土を2人掛かりで鋤取り、発生する残土をトラックに積んで運び出すといった地道な作業を行って行きました。
ちなみに乗用車の乗る部分のコンクリート舗装は、コンクリート厚が最低でも12cm以上もの厚い物となるため、それに対する土を鋤取る深さは20cm以上とらなければなりません。
綺麗なコンクリート舗装の裏側には、こんな職方さん達の地道な努力があるのだと知って頂ければ幸いです。


夕方頃には鋤取り作業も終わり、既存の砂利をベース材として敷き直した所で本日の作業は終了です。

夕方頃には鋤取り作業も終わり、避けておいた砂利をベースに敷き直した所で本日の作業は終了です。


黄色い糸は、実際のコンクリートの仕上げ高です。レーザー墨出し機を使って、正確に必要な水勾配等を考えて割り出します。

上の写真は、実際のコンクリート仕上げ高の墨出しを行っている様子です。
この作業が、これから効率的に工程を進める上で非常に重要となる部分となり、常に私と職方さんとで神経を使う作業となります。
ちなみにこれを失敗してしまいますと、結果的に雨が降った際に水がたまり易い舗装となってしまい、最悪やり直しという事になってしまいます。
実際に舗装の水勾配は、私プランナーも仕事を始めたばかりの時に何度もつまづいた工程で、その都度どの様にしたら良いのかを職方さんと話し合い、そして今に至っております。
ちなみに今回の仕上げ高は、一番高くなる位置で奥側の設備機器が載せてあるコンクリートの土台とほぼ同じ高さとなります。
そこから勾配を取って、雨水を道路の方へ流す様に仕上げます。
これから更に、路盤工・配筋工・型枠工とコンクリートを打設する前に様々な工程をこなしていきますが、どの様にコンクリートが打たれていくのか是非御参考にして頂ければと思います。

本日も完工に向けて、順調に作業を進める事が出来ました。
こうして丁寧に作業を行える場を設けて頂けるお客様には本当に感謝です!
これから更にどの様な姿に変化していくのか、是非御期待頂ければと思います。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日からいよいよ5月!色鮮やかな新緑の月ですね。
連休も3日目に入り、穏やかな天気が続く絶好のお出掛け日和ですね!
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
当店においても、園芸コーナーにて野菜苗やお花をお買い求めになるお客様が多くいらっしゃいました。
休暇を家族皆さんで土いじりして過ごすのも、とっても楽しそうですね!



さて皆さん、植物を育てる上で一番多い失敗は何だと思いますか?
それは、「水やり」に関しての失敗です。
「たかが水やりで?」と思われる方も多いと思いますが、「水やり」こそ植物にとっては非常に重要で、それはあらゆる事に関わって来ます。
園芸業界の中では、「水やり3年」という言葉があるのですが、その水やりから植物の様々な事を学ぶ事ができ、非常に大切な作業と云えます。
私自身、かつてお世話になった園芸専門店にて最初に教わった仕事は水やりで、そこから植物に関する様々な知識を得る事が出来ました。

では「水やり」とは、植物にとって人間に例えると、どんな役目を果たすと思いますか?
大半の方が、「植物に水を飲ましてあげるため」と思われると思います。
もちろんそのためでもあるのですが、実はもう一つ大きな役割を果たしているのです。
「人間」はお水を飲んだ後しばらくすると、身体の中の老廃物を排出するためにトイレへ行く事になると思います。
植物も同様で、土の中にたまった老廃物を鉢底から洗い流さなくてはなりません。
その役割こそ、水やりのもう一つの大きな役割なのです。
本やネット等で、「鉢の底から水が流れるくらいたっぷりと」という表現には、その事が含まれているのです。

では具体的に、水やりに関して何を気を付けたらよいのでしょうか?

/紊笋蠅鬚垢訌阿法必ず土の表面を観察する。
一番多く失敗される事の筆頭となるのが、実はこれなんです。
毎朝律儀に水やりをされる方こそ多く失敗され、原因として土の表面を見ず、濡れているにもかかわらずあげてしまい、結果根腐れさせてしまう様です。是非土の表面を見て、白く乾いている様ならたっぷりあげて下さい。

頭から構わず水を掛けず、土の方へ丁寧にあげる
水やりをめんどくさくなってしまいますと、ついやってしまうのがこのあげ方。人に例えるなら、喉の渇いている人にホースで身体全体に水を掛けているのと同じ行為です。是非、土の方へ丁寧にあげるようにしましょう。

あげる時は、鉢底からお水が出るぐらいたっぷりと。
水の量を加減しなくてはと思いこんでしまい、ちょろちょろとしかあげない方もいらっしゃいます。
水やりは、冒頭でもお話した通り土の中の老廃物を洗い流す役割も果たします。
是非たっぷりあげましょう。
ちなみに土選びさえ間違えていなければ、水分量は土が自動的に行います。

た紊笋蠅筏げ垢盥洋犬靴泙靴腓Α
水やりをするに辺り、気温との関係も重要です。
簡単に話しますと、「冬⇒暖かい昼間に近い時間にあげる 夏⇒涼しい朝と夕方にあげる」
といった感じです。
根も土の内部の温度(地温)が重要で、誤った時間帯にあげると弱ってしまいます。
また、観葉植物のような暖かい所で育つ植物は、冬場は休眠に入るので水は不要となります。

ゲ燭茲蠅皸情を持ってあげましょう!
最後に、これが一番大切な事です。どんな植物も生き物で、一生懸命その環境で生きようとしています。
是非植物を人に例えながら、愛情を持って水やりしてあげましょう。

以上です。水やりを通して、植物は様々な事を教えてくれます。
そして、植物は厳しい環境になると、それに対応しようと一生懸命根を伸ばして強く生きようとします。
以外にズボラな人ほど植物がちゃんと育っているのには、そんな所が要因だと思います(笑)
是非失敗を恐れずに、愛情を持って植物に水やりをしてあげましょう。
そして、もし分からない事がありましたら、是非お気軽に当店園芸スタッフに御相談してみて下さい。
宜しくお願いします。



ブログカレンダー

<   2016-05   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
タグリスト
  • ファサード
  • クローズド外構
  • セミクローズド外構
  • エバーアートボード
  • 目隠しフェンス
  • 人工芝
  • インターロッキング
  • 完工まとめ
  • プラスG
  • 特殊な工事
  • 入隅空間の有効活用
  • ウッドデッキ
  • 樹ら楽ステージ木彫
  • 和モダン
  • プランニング
  • ホームページのバージョンアップ
  • リードデッキ
  • 樹ら楽ステージ
  • 屋外コンセント
  • 美彩シンプルラインライト
  • ウッドデッキの点検口
  • 小さなお子さまの安全対策
  • 古いブロック塀の改修
  • サニーブリーズフェンス
  • レストステージ
  • 乱張石貼り工事
  • アースカラー
  • マイリッシュOK
  • UNISUSポスト
  • テラス屋根の修繕工事
  • レイスクリーン
  • レンガ調タイル
  • オリジナル門袖
  • 美彩グランドライト
  • デザイナーズパーツ
  • エアコン室外機移設
  • フロアビーズ
  • アプローチの舗装
  • フラットパン
  • デッキ上の手摺
  • アーキレール
  • ガーデンシンク
  • 立水栓
  • カーポート
  • フーゴ900
  • サイクルポート
  • フーゴミニ
  • 駐車場造成
  • ナノコンポジットW
  • 外壁塗装
  • トランス
  • エクステリアの照明
  • 美彩グラスウォールライト角型
  • ベランダ手摺モダンパネル
  • 鋤取り砕石填圧
  • ブロック積
  • ローシェン
  • ソルディーポート
  • エクステリアコンテスト
  • 植栽工事
  • 無金利リフォームローンキャンペーン
  • クリエカラー
  • 物置設置
  • NEXTA
  • イナバ物置
  • スピーネ
  • テラス屋根
  • サイドパネル
  • テグランネオ
  • アーキフラン
  • 庭王門
  • ハイグリッド門扉
  • 既存塀フェンス設置
  • コア抜き工法
  • 前後勾配カーポート
  • ケミカルアンカー工法
  • 人工芝(砕石ベース)
  • 人工芝(コンクリベース)
  • エルドラドクォーツイエロー100方形
  • 駐車場コンクリート工事
  • 二世帯住宅外構
  • 二世帯住宅外構
  • スマートエクステリア
  • キャンペーン
  • 新築2世帯住宅外構
  • 新素材フェンス
  • タイルポーチ(デザイン貼り)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 暖蘭物語(腰壁タイプ)
  • 人工木デッキ造り替え
  • タイルデッキ
  • ゴルフパット向け人工芝
  • ゴルフパット向け人工芝
  • 2018年総括
  • 新素材フェンス
  • セミクローズド外構
  • 宅配ボックス
  • 建て替え
  • 外構リノベーション
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • 建て替え
  • エバーアートボード
  • LIXIL”ココマ供
  • LIXIL”プラスG”
  • LIXIL”フェンスAA”
  • 土地拡幅リガーデン
  • 造作壁
  • イゲタヤE&R

    エクステリアオフィス
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ南平店内)
    〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

    八王子サテライト
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ八日町店内)
    〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

    TEL:042-591-8497
    メールお問合せはこちら

    施工エリア
    東京都の以下地域となります。
    日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
    本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
    保護しております。