このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ » リ・ガーデン工事の施工情報 » プランナーの現場最前線!! VOL.424 Stay Home企画”薄暗いお庭を爽やかな空間に”リガーデン工事その1

プランナーの現場最前線!! VOL.424 Stay Home企画”薄暗いお庭を爽やかな空間に”リガーデン工事その1

イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

6月も半ばになり、先日梅雨入り宣言となりましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
”ウィズ コロナ”や”新生活様式”と云う言葉が当たり前の様に聞かれるようになり、様々な店舗や施設にて”マスク装着”や”ソーシャルディスタンス”と云った事のポップや看板を良く見掛ける様になり、新たな常識となりつつありますね。
特に”3密”をいかに避けるかと云う事が多く叫ばれるようになり、私もいつの間にか混雑した所へ行く事を避ける様になってしまいました。。
昨年までの色んな写真等を整理していましたら、懇親会や飲み会で色んな方々と楽しそうに盛り上がっている写真が出て来まして、なんだかとても懐かしく感じてしまいました。
たった1年ぐらい前の写真なのに、遠い昔の様に感じてしまったのが不思議の様です。
逆に1年前の頃に、今の様な世界がひっくり返る様な事が起きるとは想像も出来なかったでしょうし、なによりオリンピックが延期になるなんて誰が想像したでしょうか。。
今もなんだか、現実を受け入れたくない気持ちになってしまいますが、ちゃんと現実を見なくてはなりませんね。
とにかく今気を付けなくてはならない事は、”3密(密集・密閉・密着)”をなるべく避けて、感染を拡大させない事。
またこれからの時期、熱中症に掛からない様にマスクの着用や水分補給を臨機応変に行う事。
そして何より、うがい・手洗いを徹底して感染予防に努める事ですね。
まだまだ新型コロナウィルスとのお付き合いは続くと思いますが、頑張って乗り切りましょう!
そして何より、昨年までの様な”あたりまえの日常”が早く戻ってくる事を祈りましょうね!!

さて、そんなコロナに負けない様にするには、やはり美味しい料理を食べてしっかりとスタミナをつける事が大切です(笑)
という訳で、本日はこんな所へ出掛けて参りました!


本日は八王子の街中、中町にありますうどん屋さん”武蔵野うどん たまや”さんへ行って参りました!

本日伺いましたお店は、八王子は街中の中町にあります人気うどん店”武蔵野うどん たまや”さんへ伺いました!
最近では八王子在住の芸能人もお忍びで来られるとの事で、とても有名なお店になって参りました。
でもそれも何より、美味しいおうどんとご主人・奥様の人柄がお店の人気を決定づけていると思います。
いつ行っても暖かく迎えて頂きます”たまやさん”、私もファンの一人です(笑)
さて本日注文したおうどんは、今月から開始した夏の人気メニュー”ネギ塩豚バラぶっかけうどん”です。
コシの強いおうどんとサッパリとしたお出汁に、豚バラ肉、きのこ等をネギ塩だれで炒めた物をのっけて、さらに山盛りの大根おろしを乗っけたおうどん。
小皿に乗せられたレモンをおうどんの上にたっぷり絞って頂きますと、サッパリしたおうどんとお出汁の後に、豚バラやきのこの香ばしく且つコクのある味が追っかけて来て本当に美味しいんです!
また、すだちが沢山入る時期になりますと、レモンからすだちに変わり、これがまた更に美味しいんです!!
私プランナーの中では、”たまや”さんのメニューの中でも冬季限定の”カレーうどん”と並ぶ超おススメのメニューです。
もしご興味頂けましたら、是非お出掛けになって見て下さいね!

さて本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


今回ご紹介致します案件は、八王子市 H様邸です。モダンでスタイリッシュな建物がとても印象的です!

リガーデン工事案件の”八王子 H様邸”。
いよいよこの日から、施工が開始されます!
どの様にお庭の姿が変わっていくのか、今からとっても楽しみになってきますネ♪


お庭内の様子。目隠しの為に植えられた生垣がとても旺盛に育っていて、少々圧迫感があります。。

さて、前回のBlogでご紹介しました”レッドロビン”の生垣が幅を利かせていますお庭空間。
まず初めに行った作業は、これら植栽等の撤去工事からです。
初日にてどの様に姿を変えたかと云いますと・・・


残す樹木は左右に植えられたシンボルツリーのみとし、それ以外の植栽や芝生は思い切って撤去!

左右に植えられたシンボルツリーのみを残し、それ以外の植栽や芝生は思い切って撤去しました!
撤去し終えますと、”こんなに広かったっけ?!”と云うぐらいに広々とした空間が生まれました。


ほとんどの樹が無くなり、まさに”無地のキャンパス”状態です。

お隣り様の建物もかなり接近している所に、旺盛に育つ生垣が植えられていたので、どうしても空間に圧迫感を与えてしまっていた事が分かりますね。
植栽を使っての目隠しはお庭としてはとても理想的なのですが、植栽は生き物だけに日頃のメンテナンスがどうしても必要となってしまいます。
最近の夫婦共働きが当たり前となりつつある日本の住宅では、ライフスタイルに合った植栽計画がとても大切である事を痛感させられます。
さて、サッパリと風通し良く広々とした空間ですが、お隣り様の窓や勝手口は筒抜け状態で早く何とかしてあげなくてはなりません。
まさに、”無地のキャンパス”状態ですね。


撤去作業が完了し、今度はタイルポーチ等の”墨出し作業”に入りました。

さて植栽等の撤去工事が終えた後には、タイルポーチ等の墨出し作業を始めました。
今回のプランの中でも、タイルポーチの位置はフェンスの設置高や植栽スペース等々の位置を決める上での基準となる為、とても重要な役目となります。
ちなみに30cm角のタイルを使ったプラン。一見しますと規則正しい30儚僂寮喫形の舗装材だけに、プランを考える上でとても簡単では・・・と思われる方も多いと思います。
しかし実は、規則正しい部材故の難しさもあります。
それはズバリ”調整シロ”を設けられないという事です。
規則正しいサイズの部材は、目地もミリ単位で正確に設ける事で綺麗な仕上がりになります。
しかし、外構におけますタイル工事は、そういった正確な位置出しを阻害する要素が色々と出て来ます。
上の写真の様に、元々設置してありますタイルポーチや立水栓、更には各桝ふたや植栽等々。。
これらに対して、いかに違和感が無い様にタイルポーチを設けるか・・・。まさに現場での職方の腕の見せ所なんです。


タイルポーチの墨出しが完了し、いよいよお隣さん側の目隠しとなるスクリーンフェンスの設置工事が始まります。

タイルポーチの墨出し作業か完了しましたら、いよいよお隣さん側への目隠しフェンスの設置作業へと移ります。
今回設置します”F&F「マイティーウッドベーシック」”と云う樹脂材とアルミ材の複合フェンス部材。
特徴としては、アルミ材のフェンスに比べて軽く、また加工等のし易い樹脂ボード材なので、部材コスト・施工コストの両面からとてもコストパフォーマンスの高い部材ではあるのですが、デメリットもあります。
それは、樹脂材の特徴であります”温度変化からの伸縮”に対応する為にどうしても柱の本数を倍ぐらいにしなくてはならないという事です。
上の写真の四角く掘られている箇所が柱の設置位置なのですが、かなり密になっているのがお分かり頂けると思います。
さてそんな中、想定外の事が判明しました。。


掘って10cm弱という浅い位置で、ブロックのコンクリート基礎が出て来てしまいました。。

それは、土を掘っておよそ10cm弱と云う浅い所で、なんとブロックのコンクリート基礎が出て来てしまったのです!?
この浅さでは、当然柱を保持する事は到底不可能です。。
そこでエクステリア職方と話し合いまして出した結論は、


ある程度の所までコンクリート基礎に穴を開け、その穴に柱を入れた上でボルト等にて柱とコンクリ基礎を固定する事で、柱の基礎として利用する方針に変更。

大型の掘削機である程度穴を開けた所でフェンス柱を立て、その基礎にボルト等で柱を固定した上でコンクリートを流し込むと云う固定方法に変更しました。
つまり、既存のコンクリート基礎をフェンス柱の基礎として活用するという方法です。
そうする事で、必要以上にコンクリート基礎を壊す必要もなく、更にはより堅牢な柱基礎にする事が出来ると云ったメリットを生み出せます!
とは云う物の、当初考えていた手間よりも大分手間が掛かってしまう事は事実です。。
上の写真には2台の掘削機が映っていますが、左側が通常の掘削機で、右側が大型の掘削機。
見比べますと、大きさの違いが一目瞭然ですね。
今回多く掛かってしまう手間(つまり職方さんへの工賃)に関しましては、予備費を当てて対応しました。
エクステリア工事では、様々な想定外が起きる事がどうしてもあるので、予備費(お見積り書では”諸経費”と記載されているものです)の大切さを痛感させられます。


大型の掘削機にて黙々と作業を進めて貰いました。柱の本数がとても多いので、その大変さもヒトシオです(汗)

大型の掘削機を使って、職方さんが黙々と作業を進めてくれました。
それにしても柱の本数が半端ないので、その大変さもヒトシオです(汗)
でも、文句ひとつ出さずに作業を進めてくれる職方さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです!
尚、良くエクステリア工事で施工が大幅に遅れる原因の大半は、実はこの”予備費”が大きく影響します。
安価の見積もりが出て、更に予算ギリギリで施工をお願いした場合、こう云ったアクシデントに対応しきれず、結果として工期が大きく影響を受けてしまいます。
これからエクステリア工事を御検討されている皆様に置かれましては、是非ご参考にして頂ければと思います。

さて、ここから更にどの様に施工が進んで行くのでしょうか?
この続きは、また次回のBlogにてご紹介しようと思います。是非宜しくお願い致します!



ブログカレンダー

<   2020-06   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
保護しております。