このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ » リ・ガーデン工事の施工情報 » プランナーの現場最前線!! VOL.395 ”拡幅した土地を有効活用!”リガーデン工事施工前状況

プランナーの現場最前線!! VOL.395 ”拡幅した土地を有効活用!”リガーデン工事施工前状況

イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

先日、未曾有の被害をもたらしました台風19号上陸から1週間が経とうとしておりますが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
前回のBlogをUPしました日が、10月11日。台風が接近する前日でした。
翌日12日は、とりあえず内勤にてご依頼頂いておりましたお客様のプランニング作業を行おうと思っていたのですが、天候の方は朝からかなりの大雨。
スマホからは”豪雨警報”がなんども発せられており、流石に危険と判断して出勤する事を止めました。。
それから天候はさらに悪化をたどり、ついにはお昼過ぎにスマホから”浅川氾濫の恐れ!避難指示!”と発せられ、生れて初めて自宅から避難所へ足を運びました。
避難所に着いた時はとても不安な気持ちでいっぱいでしたが、避難所の小学校はとても頑丈な造りで、大荒れの外部の音や様子が分からないぐらいで、自分の部屋にいるよりもずっと安心感がありました。
また何より、私の隣におられた方々がとても優しい方達で、いろんなお話やお菓子など融通し合ったお陰で、不安な気持ちを紛れる事が出来ました。
(その方たちがご持参された”人生ゲーム令和版”で遊んだのは、とても良い思い出です。)
その後台風が過ぎ去り、川の水量も少しずつ下がってきたとの情報を確認し自宅へ帰宅したのが翌13日の午前0時30分。
非常に長く、とても印象に残った1日でした。。
翌朝、出勤後すぐに進捗中の各施工現場へ伺って状況を確認し、どの現場も無事であることを確認できてホッとしましたがそれも束の間、見慣れた日野橋の歪んだ光景をみて驚かされました。。
また、モノレールが通る新井橋付近を通過した際には、こんな光景を目にしました。


たまたま通り掛かった新井橋近辺の住宅街の様子。道路は泥が溜まっていて、周りの住宅も冠水した跡がありました。。

浅川からほど近い住宅街の一角ですが、この様に道路には泥が溜まり、周りの住宅街には冠水した跡が見えました。。
どうやら日野市内の一部地域でも、小規模ながら浅川の水が堤防を越えてしまった所があった様です。
小さい頃から慣れ親しんだ浅川ですが、ここまで非常に危険な状況になったのは生れて初めてでしたし、改めて自然の怖さを思い知らされたと思います。。
それと同時に、防災意識の大切さや人と人との繋がりの大切さ等々、様々な事を再確認させられた出来事でした。
Blogをご覧頂いております皆さまの中にも、私と同じような思いを感じられた方が多くいらっしゃると思いますが、是非今一度災害時の備え等の確認をされる事をお勧めいたします。
またこの場をお借りしまして、今回の台風により大きな被害に合われた皆様のお見舞いを申し上げると共に、一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。

さて、本日より新たな案件を御紹介しようと思います。
この案件、実は数年前に新築された際に外構工事を請け負わさせて頂きましたOB様になります。


今回よりご紹介致します案件は、日野市にお住いのH様邸です。

今回よりご紹介致します案件は、日野市にお住いのH様邸です。
白い外壁に所々カーブデザインを描いた建物も特徴的ですが、その建物に合わせた流れる様なカーブデザインのエクステリアも非常に特徴的です!
実は7年前に新築された際、この特徴的なエクステリアを手掛けさせて頂いたのが弊社”イゲタヤE&R”でございます。
こうして数年振りに私たちが手掛けたエクステリアを見て解説するのも何処となく照れ臭い所があるのですが、改めて建物の特徴的なデザインにとてもマッチした、まとまったデザインのエクステリアだと思います。
またそのエクステリアを、7年もの長い間綺麗に扱って頂きましたH様にも本当に感謝です!


こちらは川側から見た様子です。当時”面する浅川の川の流れをイメージ云々・・・”と、白いカーブデザインの造作壁をご提案した事を思い出します(笑)

こちらは川側から見た様子です。
白いカーブデザインの造作壁と、勝手口に設置したアルミ鋳物門扉がとても特徴的です。
当時、”面している浅川の川の流れをイメージして・・・”と、この造作壁をご提案した事を思い出します!
改めてお客様にお聞きしたした所、この緩やかなカーブデザインの造作壁をとてもお気に召して頂けたとの事で、デザインをした甲斐が本当にありましたし、当時の職方さん達と苦労して作った事が思い出されました。
(ちなみに川近くではありましたが、今回の台風による被害は無く無事であったとの事。本当に良かったです。)


さて今回のご相談は、この駐車場の奥のスペースに関してご依頼頂きました。

さて今回ご相談頂きました箇所は、この駐車スペース奥に広がります空間に関してです。


こちらは駐車場奥側の様子。非常に広大な空間が拡がっております!

駐車場の奥には、この様な広大な空間が拡がっておりました。
ちなみに私たちが7年前に施工させて頂いた際は、右側の砂利が敷かれている箇所でブロック塀が建てられていて、手付かずの空き地が拡がっておりました。
実はご相談頂いた1・2年前、隣の地主さんから土地を売りに出している事を聞き、家族会議の後にご購入されたとの事でした。


ちなみに此方は、元々あるお庭空間です。造作壁後ろに植えたトキワマンサクの生垣が非常に大きくなっていました。

ちなみに此方は、もともとある造作壁裏のお庭空間です。
塀際には目隠しの為のトキワマンサクの生垣を植えましたが、見事なまでに大きくなりしっかりとプライベート空間を確保してくれております。
ただし、お庭空間として見ますと手狭な印象は否めないようですネ(苦笑)


再び川側から拡幅箇所を見た様子です。お客様からは、拡幅した土地を、ご提案したこのカーブデザインの造作壁で囲って欲しいとの事でした。

再び川側から拡幅した土地を見た様子です。
造作壁は、元々の土地の区界で区切られており、隣の土地は武骨なRC(鉄筋コンクリート造)壁で囲まれております。
お客様からは、以下の様なご要望を頂きました。
,気に召した頂きましたこの白い造作壁と生垣にて、そのまま拡幅した土地全体を囲いたい!
拡幅した土地に家庭菜園が出来るスペースを作って欲しい!
M諭垢癖を収納できる大きな物置きが欲しい!
づ效脇發髻既存のお庭と同様に高麗芝を敷き込んで広大な芝生のお庭にして欲しい!
と云う4つのご要望を頂きました。
早速以前作ったCADデータから、新たな拡幅箇所を追加してプランニングしました。


既存の造作壁からデザインが繋がる様に計算して、カーブデザインの造作壁と生垣を入れ込んだイメージを作って見ました。

此方はまず、川側から見た造作壁のイメージです。
既存の造作壁のカーブデザインに繋がる様にカーブの角度、高さ等を計算して設計。
理想的なカーブデザインの造作壁イメージを作って見ました。


駐車場から拡幅スペースを見たイメージ。生垣と共に大きなサイズの物置きを設置します。

こちらは駐車場から拡幅スペースを見たイメージです。
お庭内はグリーンの芝生空間が拡がり、周囲を生垣のグリーンで囲むお庭空間をご提案。
奥側コーナーには、様々物を余裕をもって収納する事が出来るスタイリッシュな物置き”イナバ物置 ネクスタ”を設置。
パネルカラーは、元々のエクステリアカラーである”ホワイト”を選びました。


更に物置きの隣の空間には、アイボリー系のレンガで設けた家庭菜園スペースをご提案しました。

物置きの隣のスペースには、アイボリー系のレンガにて設けた家庭菜園スペースをご提案。


かつて自分がデザインしたエクステリアに繋がるお庭空間。全体イメージを見てとても感慨深いものがありました。

隣地側から全体を見渡したイメージです。
川側からカーブデザインの造作壁を敷地全体に掛けて囲みました。
こうして、かつて自分がデザインしたエクステリアに新たな空間を繋げて見まして、とても感慨深いものがありました!
手掛けてからの年月もしかり、かつて自分が提案したデザインの再考察、お客様からご評価頂いた部分、etc・・・
とにもかくにも、こう云った機会を頂けた事が本当に有難く思います。

さて、施工に関しても7年の月日の間に色々と進化しております。
以前作ったもの、いやそれ以上の仕上がりになると職方共々打ち合わせしながら考えておりました。
さて、この空間が実際にどのように出来上がっていくのか、次回のBlogよりご紹介していこうと思います。
次回も是非宜しくお願い致します!



ブログカレンダー

<   2019-10   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
保護しております。