このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ » リ・ガーデン工事の施工情報 » プランナーの現場最前線!! VOL.335 ”タイルを使った新感覚デッキ”リガーデン工事その1

プランナーの現場最前線!! VOL.335 ”タイルを使った新感覚デッキ”リガーデン工事その1

イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

昨日からいよいよ12月。つまり”師走”に入りました!
っとメディア等では報じられておりますが、正直実感が湧かないのは私だけでしょうか?(笑)
今年の秋は比較的気温の高い日が続き、日中はコートなど不要な程の暖かさ。
その代わり日が暮れると急激に冷え込み、日中との寒暖差が10℃以上!?
とても身体に堪えますネ。。
そのせいか私はここに来て、急に鼻や喉が痛み、先日お医者さんの御厄介になってしまいました。風邪との事です(苦笑)
皆さまも体調を崩さない様に、くれぐれもお気を付け下さいね!

さてさて、そんな風邪を吹き飛ばしてくれる美味しいものはないかと、本日もお昼にこんな所へ行って参りました!


体調が悪いときはやはり”うどん”!という事で、八王子は南町にあります”武蔵野うどん たまや”さんへ行って参りました!写真は”みぞれ肉うどん”です。

体調がすぐれないときはやはり消化の良い物を。
という事で、美味しいおうどんを求めに八王子は南町にあります”武蔵野うどん たまや”さんへ行って参りました!
今の時期ですと迷わず冬季限定の”カレーうどん”を注文するのですが、何故か今日は”カレーうどん”を頼むお客さんが多かったらしく、残念ながら売り切れとの事。
それではという事で、とても身体に優しそうな”みぞれ肉うどん”を注文して見ました。
ちなみにおうどんは”つけ”と”かけ”が選べるのですが、身体を温めたい一心で”かけ”を注文(笑)
出て来たおうどんは、温かいおうどんの上にふわふわの大根おろしがたっぷり乗っかった見るからに身体に優しそうな佇まいです。
食べてみますと、温かいまろやかな味わいの出汁が、大根おろしによって更にまろやかになってとても美味しいです!
また、大根おろし下に入っております沢山の豚バラ肉やきのこ等の具材がうどんにコクを与えてくれており、なにより喉越しの良いうどんととても良くマッチしてくれるのです。
ある意味、今日の様な体調がイマイチな私にとっては、カレーうどんよりもジャストマッチしたおうどんでした。
また、いつも優しく迎えてくれます御主人と奥様にはとっても癒されます。
今日はお店もおうどんも、病んだ私をとっても癒してくれた美味しいお昼ご飯でした!ご馳走様でした!!

さて、前回のBlogにてOB様のお宅のお庭の様子をご覧頂きましたが、今回よりいよいよ施工の様子を御紹介しようと思います。


八王子市 S様邸リガーデン工事。いよいよこの日から施工開始です!

以前ファサード工事を請けさせて頂きました”八王子市 S様邸”。
いよいよこの日より、お庭のリガーデン工事が始まりました!
お庭がどの様に変わっていくのかとっても楽しみになって来ますね。


こちらは施工前のお庭の様子。まずこの中にあります、テラス屋根と物置きを解体していきます。

こちらが施工前のお庭の様子。
まず最初に行わなくてはならないのが、大きなテラス屋根の撤去とお庭奥にあります物置きや立水栓の撤去です。
初日におきましてこれらが・・・


この通り綺麗に撤去されました!

この通り無事綺麗に撤去されました!
屋根が無くなると、なんとなくスカッと広々した感じなりますね。
この状態からいよいよ位置取りを行ってデッキ等の設置を行います。


奥側にありました物置きもこの通り綺麗に撤去されました。

お庭奥側にありました物置きもこの通り綺麗に撤去されました。
ちなみに半コーナーブロックが置かれている場所が、新たに設置される物置きの配置位置です。
配置がちょっと変わるだけで、大分雰囲気も変わる事でしょうね。


いよいよデッキの骨組みとなります束柱と大引きを設置していきます。

さて、テラス屋根等の撤去が終えた所でいよいよタイルデッキの設置施工に入ります。
まず最初に行うのが、デッキの骨組みとなります”束柱””大引き”の設置です。
タイルデッキも人工木デッキと同様に、アルミ角材を組んで骨組みを作っていきます。


今回施工するタイルデッキは、範囲が非常に長く規格サイズを組み合わせて施工して参ります。その為部材の加工等もかなり大掛かりになります。

お庭手前の駐車場では、一台分のスペースをお借りして部材の加工スペースとさせて頂きました。
今回のタイルデッキは、奥行きに対して非常に長い形状の物で、タイルデッキの規格サイズを組み合わせて施工していきます。
その為、各部材の加工等もかなり大掛かりになって参ります。


午後にはこの通り、デッキの骨組みがかなり形になって参りました。

施工は順調に進み、午後にはこの通りかなり形になって参りました。
まだ今の見た目では、ウッドデッキの骨組みとあまり変わり映えはしませんネ。
ここからどの様に変わっていくのかは、注目していきたい所です!


ちなみにデッキ施工では、このようにデッキ下の既存物に合わせて束柱を加工して高さを調整して納めていきます。

ちなみにデッキ施工においては、極力既存物は壊さずに束柱等の加工で高さを揃えて納めていきます。
その為、大掛かりな既存物の撤去工事等を行わずに施工する事が可能な所が大きなメリットとも言えます。
また、今回設置するタイルデッキの良い所は、まさにその”デッキ”の良い点をタイルポーチに掛け合わせた点にあります。
通常タイルポーチは、以前のBlogで御紹介した通りブロックで枠を作り、その中に路盤材を入れてベースコンクリートを打設し、さらにタイル化粧を施すと云った様々な工程を行って初めて完成します。
その為、施工人同士の連携や段取り、工程管理、そして何より建物床下の換気の方法を考えなくてはならず、様々な手間、つまり”コスト”が掛かってきます。
タイルデッキは、下側の構造がデッキと同じアルミ角材での骨組み構造となる為、下側は空洞、つまり換気方法を考えずに済みます。
また、基本工程はデッキ同様にエクステリア職方による施工で完結できるため、大幅な工期短縮、すなわちコスト削減が出来る理想的な部材と云えます。
その点では、デッキやタイルポーチに変わる”第三の選択肢”としてご覧頂いても良いかと思います!

さて、さらに施工は着々と進んで参ります。
この続きはまた次回のBlogでご紹介しようと思いますので、是非宜しくお願い致します!



ブログカレンダー

<   2018-12   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
保護しております。