このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ » 新築外構工事の施工情報 » プランナーの現場最前線!! VOL.451“限られた奥行きのファサード空間を立体的に”新築外構工事その3

プランナーの現場最前線!! VOL.451“限られた奥行きのファサード空間を立体的に”新築外構工事その3

イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ八王子市八日町から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
拙い文章ながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

2月も半ばとなってきましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
緊急事態宣言も1か月延長となってしまい、来月7日までとまだまだ不安な日々が続いてしまいますね。。
しかし、流行り病に関する数字も減少傾向に転じておりまして、少しずつですが光明が差してきましたね。
また、あまり世間では騒がれませんが、昨年に引き続き今年もインフルエンザの感染者がかなり低い状態との事です。
昨年に関しても、例年と比較して以上に低い感染者だったという事で、流行り病との関係性がどの様な物なのかとても興味深いものではあります。
いずれにせよ、これも日本国民の皆さんが感染予防を徹底して守っている表れではと思います。
これからも引き続き、うがい手洗い・マスク着用・3密回避を徹底して、体調崩さずに気を付けて過ごして行きましょうね♪
(ついでに花粉症対策もしなくてはですね(笑))

さて、本日も美味しいご飯を求めてこんな物を食べて参りました!


本日は八王子は高倉町にあります”十八製麺”さんへ伺いました!先週の”らーめん熊八”さんに引き続きまして今回も”味噌ラーメン”を頼んじゃいました(笑)

本日伺いましたお店は、八王子は高倉町にあります人気ラーメン店”十八製麺”さんです。
このお店は老若男女問わずとても人気のあるお店で、このコロナ禍でも密を避けつつも賑わっておりました!
先週のBlogで御紹介しました西八王子の”らーめん熊八”さんの白味噌ラーメンも好きなのですが、此方のお店の冬季限定として出している”味噌ラーメン”もホント美味しいのです♪
此方のお店では、ネギやメンマ、モヤシの他にバーナーで炙った大ぶりのチャーシューとホウレンソウが特徴的です。
味はとにかく非常にまろやかでとても優しい味。!それに香ばしい炙りチャーシューやのど越し良い自家製麺とマッチして、とても美味しい一杯です。
更にサービスで付いてきます炊き込みご飯と味付けモヤシの小鉢が嬉しく、これまたラーメンととても良く合います♪
カウンター席の他にテーブル席も数席あり、家族連れでも寄り易いという点が老若男女問わず人気のあると云う点なのでしょうね。
今のコロナ禍の中でも、頑張って営業しております!もし機会がありましたら、是非行って見て下さいね。

それでは本日も、前回のBlogの続きを書いて行こうと思います。


”日野市 W様邸”新築外構工事。前回のBlogでは、駐車場箇所の路盤工と仮設スロープ設置の様子をご覧頂きました。

新築外構工事案件の”日野市 W様邸”。
前回のBlogでは、駐車場箇所の路盤工と仮設スロープ設置の様子をご覧頂きました。
さて、ここから更にどんな作業が始まるのでしょうか?


まず最初に行った作業は、駐車場箇所に設置しますオーバードアの柱立て工事からです。

この日行いました施工は、駐車場入り口に設置しますオーバードアの柱立て工事です。
今回の施工では各部材の設置位置が非常に重要で、この位置決めが狂ってしまいますと、その後の様々な部材設置工事に多大な影響が生じてしまいます。
まず最初は、駐車場前に設置します幅広の”ワイドオーバードア”の位置を決め、それを基準に各部材の設置位置を割りがしていきます。
まずは玄関側のオーバードアの基礎穴を掘ります。


隣地側も同様に、基礎穴を掘ります。

隣地側に関しても同様に、正確に設置位置を割り出した上で基礎穴を掘ります。


基礎穴を掘った後、早速オーバードアの柱を設置します。今回は電動タイプを選んでいるので、同時にオーバードアへの電気配管も予め埋設しておきます。

基礎穴が掘り終えた所で、オーバードアの柱を設置します。
今回設置しますオーバードアは”ハイルーフタイプ”で且つ”電動タイプ”となります。
その為、柱の設置位置も標準タイプに比べて敷地内側にセットバックした位置に配置されます。
今回の場合、道路が敷地に対して並行では無い為、設置位置の割り出しが少々難儀ではありましたが、なんとか設置する事が出来ました。
更に電動タイプのオーバードアなので、柱へ電気配線を行えるように予めCB管(電気配管)を埋設しておきます。


翌日、腕木と本体パネルを設置します。

翌日、柱にオーバードアの腕木と本体パネルを設置します。
幅がおよそ6mあるオーバードア。こうして見ますと、その大きさが良く分かります。


本体パネルの設置高及びパネル両端に設置されている落とし棒の高さを調整します。

更に本体パネルの設置高、パネル両端にあります落とし棒の調整等を行います。


設置が完了した所で、手動モードにてオーバードアを跳ね上げた所です。

オーバードアの設置が完了した所で、手動モードにて扉を跳ね上げて見ました。
設置位置、動作等予定通りに進められた事が確認出来ました。
今回の駐車スペースでは、奥行きに限りがある玄関横にもお車が止まる事を前提に設置しなくてはならない為、設置位置には細心の注意を払いましたが、その後お客様にご協力頂いて実際に車を入れてオーバードアを無事閉める事が出来ました。
CAD上でのシュミレーションでは出来たとしても、実際にどうなのかは確認できない限りプランナーとしてとても心配な部分ではあったのですが、正直とてもホッとしました。
このオーバードア設置により、ファサード箇所の各部材配置の基準が出来上がりました。
ここから更に施工を進めて行きますが、どの様に変化していくのかとても楽しみです♪

それではこの続きは、また次回のBlogにて御紹介しようと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。



ブログカレンダー

<   2021-02   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      
タグリスト
イゲタヤE&R

八王子
エクステリアオフィス

〒192-0071
東京都八王子市八日町
10-8
プレシス八王子レグリオ1F

TEL:042-686-0499
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
八王子市/日野市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
本サイトでのお客様の個人情報はLet's Encryptにより
保護しております。