このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ » プランナーの現場最前線!! VOL.226 ”昨今のカーポート事情”パート2-2 施工編1日目

プランナーの現場最前線!! VOL.226 ”昨今のカーポート事情”パート2-2 施工編1日目

イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は8月最後の週の始まりで、今週金曜日より9月が始まろうとしております。
いよいよ”晩夏”の時期に入り、徐々に秋の足音を感じられる時期になって来ましたね。
夏休み中のお子様も、今週は宿題に追われている人が多いのではないでしょうか?
私自身も夏休みの最後の週と云いますと、必死になって読書感想文を書いたり、溜まってしまった日記を書いたり、漢字ドリルや計算ドリル、はたまた自由研究を大慌てでやったりと、慌ただしい一週間を過ごした記憶があります(笑)
そういえば昔、デパートの催しものコーナーで各業界のエキスパートを招いて”夏休み宿題相談コーナー”なんて物をやっていた記憶があります。なんだか懐かしいですね。
今では私の姪っ子や甥っ子達が溜まってしまった宿題に追われている最中で、当時両親に云われていた言葉をそのままこの子たちに話して急かしております(笑)
なんとも不思議なものですネ。。みんな、最後までがんばれ!!
さて、そんな夏休みも終わろうとしている本日、私はこんな物を食べに行って来ました(笑)


今日のお昼は、西八王子駅近くにあります”弥栄(いやさか)”さんと云うラーメン屋さんへ行って参りました!

本日は、高尾の方でのお仕事から戻る途中に寄った西八王子駅近くにあります”弥栄(いやさか)”さんと云うラーメン屋さんへ行って来ました!
こちらのお店、昨年開店されたばかりの新しいラーメン屋さんなんですが、八王子のラーメン通な方々の間では人気急上昇中のお店なんです。
というのもこちらの御主人、もともと楢原にある超有名店”みんみん”さんで働いていた方で、満を持して昨年独立されたとの事です。
西八王子駅エリアは、ここ最近有力なラーメン屋さんが次々と軒を連ね始めている超激戦区となって来ておりまして、私も時間があればいろいろと周って見たいぐらいにオススメのラーメン屋さんが多いエリアなんです。
さて、券売機にてメニューを眺めますと、まさに”みんみん”と同様の醤油スープの八王子ラーメンを中心としたラインナップとなっておりました。
今回選んだラーメンは、”みんみん”でもファンが多い”バラチャーシュー麺”をチョイス!
出てきたラーメンは、写真の通り下の麺が見えないぐらいに何枚もバラチャーシューが乗った本家にも負けないぐらいの綺麗なラーメン!
味は、忠実に本家の味を受け継いでいる、基本に忠実な王道の味でした。
このレベルのラーメンなら、激戦区のエリアでも着実にお客様を付けられるのでしょうね!とっても美味しいラーメンです。
お店も出来たてでとても綺麗で、知名度も本家の”みんみん”さん程ではない為、比較的入り易いお店だと思います。
もしお近くを通られる機会がありましたら、一度寄って見ては如何でしょうか?
駐車場はありませんが、近くにコインパーキングが沢山ありますので、とっても寄り易いですよ!

さて本日も、前回のBlogに引き続きましてカーポートのお話をしようと思います。


前回のBlogにてご紹介しました八王子在住のM様邸。いよいよ施工を開始して行きます!

前回のBlogにてご紹介させて戴きました八王子市在住のM様邸。
いよいよあの特殊なカーポート”三協アルミ「ダブルフェース」”の設置工事を行って行きます!


まず最初に行う工程は、柱立てのための基礎穴工事です。通常のカーポート施工と最も違う部分は、この工程となります。

まず最初の工程は、カーポートの柱を立てるための”基礎穴工事”です。
今回のカーポートは、背面より3本の柱によって屋根全体を保持する構造のカーポートとなります。
そのため必要となるコンクリート基礎も、通常のカーポートの倍以上の大きさの基礎が必要となります。
(特に柱前部に対しては実に1m以上の大きさのコンクリート基礎が必要となります。)
今回柱を設置するに当たって気を付けなくてはならないポイントが2つ程あります。
一つは、既設配管(汚水管・雨水菅・ガス管・水道管)の位置に気を付けながら掘り進めなくてはならない事。
もう一つは、建物の基礎部分を考慮して設置する事の二つです。
上の写真をご覧頂きますと、建物際に幅にして20cm程のコンクリート部分がある事が分かります。
これが、”建物の基礎コンクリート”となります。ここ最近では、耐震対策と云う事で、建物下側に分厚いコンクリート基礎を打つ”ベタ基礎構造”が主流となっております。
そのため、建物際を掘るとこの様な分厚いコンクリート基礎が出てくる事を考慮しなくてはなりません。


また、配管設備のこの通り複雑に地中の中に埋まっております。

また配管設備に関しては、上の写真の通り地中の中に複雑に入り混じっており、やみくもに穴を開ける訳にはいきません。
本来であれば、”ユンボ”と云う重機を使って掘り込んで行くのが一般的なのですが、こうした配管が密集している所では重機を入れる訳にはいかず、丁寧に職方さん達の手掘りにて慎重に掘り進めなくてはなりません。


2トンダンブに残土を入れた様子です。土は空気を含むと体積が約2倍に膨れてしまうため、写真の量でまだ半分以下の量となってしまいます。

写真は2トンダンプカーに残土を積み込んだ様子です。
土壌は空気を含みますと体積が約2倍に膨れるため、かなりの量となります。
ちなみに写真の量で、まだ全体の半分以下ぐらいにしかなりません。。もちろん通常のカーポート施工で発生する残土量と比べますと、3〜4倍の量となります。
改めて基礎穴を開ける上での難しさを考えさせられます。


さらに掘り進め、夕方にはなんとかこの様に基礎穴を開け終える事が出来ました。

そして夕方には、この通りなんとか綺麗に基礎穴を開ける事が出来ました。
ちなみに既設コンクリート下には約1m程の穴がトンネル状に空いております。
さらに柱を立てる位置に合せて、建物基礎を10cm程削っております。
これで柱を立ててコンクリートを流し込みますと、既設コンクリート舗装と建物基礎コンクリートと一体となった、非常に強固な柱基礎を形成する事が出来ます。
また、3本の柱を一体のコンクリート基礎にて形成するため、その丈夫さは計り知れない物となります。
その代わり、その基礎穴に対しての残土処分量は実に2トンダンプカー2台以上。
必要となるコンクリート量も2?とコンクリートミキサー車をチャーターするぐらいの量となるため、通常のカーポートよりも遥かに手間・労力が掛かる事がお分かり頂けると思います。

さて、この日の施工はここまでで終了です。
次回のBlogでは、いよいよカーポートの柱立て等をご紹介しようと思います。今まで造ったカーポートの中でも、一番太くて高いカーポート柱をご覧頂く事になると思います。
それはそれはとっても見事な物なので、是非次回のBlogも御期待頂ければと思います!
宜しくお願い致します。



ブログカレンダー

<   2017-08   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
RapidSSL_SEAL-90x50
本サイトでのお客様の個人情報はRapidSSLにより
保護しております。