このページのトップへ
ホーム » 施工事例 » リガーデン » 古くなったウッドデッキを再構築!できないとあきらめていたサンルームを設置

古くなったウッドデッキを再構築!できないとあきらめていたサンルームを設置

サンルーム(テラス囲い)設置位置が玄関庇とサッシシャッターボックスとベランダに干渉していました。

八王子市で承りました、リガーデン工事です。

閑静な住宅街にあるT様邸。邸宅の前には、ファサード+ガーデンスペースが広がりLDKとつながるサッシ前には素敵なデザインの天然木ウッドデッキがありました。
しかし、経年劣化によりデッキの一部が腐り始めT様ご家族が日々使っていくには危ないと感じた事が、この工事を検討するきっかけとなりました。


施工前の写真です。家屋前面の広い空間にウッドデッキが設置されていました。
とても素敵な天然木のウッドデッキですが、経年劣化で腐ってしまい危ない状態でした。

T様からのご要望は下記のものでした。

・腐ってしまって使えないウッドデッキを解体して欲しい。
・そこに出来ればサンルーム(テラス囲い)を設置したいが、他の業者さんに無理と言われてしまった。

そこで、私たちが考えた提案が“LIXIL・サニージュ”を加工したサンルーム(テラス囲い)の設置です。
既に、他の業者さんに無理と言われてしまった事から、できない工事だとあきらめていたT様ですが、私たちの緻密な現調と経験から設置可能と判断しました。
実は、サンルーム設置位置は玄関庇・サッシシャッターボックス・2Fベランダとの干渉だけでは無く、家屋の構造体が軽量鉄骨であった事も無理と判断された大きな要因でした。

上記干渉を避ける為屋内からサンルーム内に入る際に段差が付きましたが、T様ご家族皆さんが毎日それぞれの使い方で便利に過ごされているとの事です。
特に共働きのT様にとって、花粉の季節や梅雨・長雨の季節に、このサンルームが活用出来る事がとても嬉しいそうです。



こちらの工事の提案から完工までの施工の詳細は、下のBlog記事をご覧下さい。

Vol.1Vol.2Vol.3Vol.4Vol.5


イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部