このページのトップへ
ホーム » エクステリアリノベーション工事の施工情報
イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

昨日は久しぶりに天候に恵まれ、太陽のありがたみをとても強く感じさせられましたね!
ご覧頂いている皆さまの中でも、多くの方がお洗濯等に勤しんだのではないでしょうか?
私たちも昨日は、長雨で滞っていた施工をどんどんと進める事が出来ましたが、そんなお天気も束の間、夕方あたりから急に気温が下がったかと思えば、夜からは雨が降り出してしまいました。。
今日は最高気温も12℃と、まるで師走の時期を思わせられる気温となってしまい、冷たい雨の一日となってしまいましたね。
天気予報によると、雨は週明けまで続く様ですが、極めつけは台風が近づいている事に尽きます。。
今週末は衆議院選挙の投票日ですが、台風と選挙、両方ともとても気になりますね。
一先ず今は、この寒暖の差で体調を崩さないように気を付けなければいけませんね。
皆さま、くれぐれも身体をご自愛くださいネ!
さて、私もこんな寒い時こそ身体を温めなくては!と云う事で、こんな物を食べて来ました(笑)


本日は八王子は子安町にあるうどん屋”ふたばや”さんへ!

本日は久しぶりに八王子は子安町、裏路地にある知る人ぞ知るうどん屋”ふたばや”さんへ行って参りました!
こちらのBlogでは、うどん屋さんというと”武蔵野うどん たまや”さんを良く取り上げておりますが、実はこちらのうどん屋さんも長年地元の人達に愛されている人気店なんです。
”ふたばや”さんは、”たまや”さんとは対極的にうどんを1玉〜4玉、そして温かいか冷たいつけ麺を選ぶと云った、王道を行ったシンプルな物となっております。
後はお好みで天ぷらやお揚げ・天かす・肉・山菜とトッピングを選ぶと云うスタイルを取っております。
今日私は、1.5玉の温かいうどんに天ぷら(かき揚げ)トッピングを選びました。
つゆは、かつお出汁をベースに作られた関東ではオーソドックスな色の濃い物。
うどんは御主人がその場で打っている打ち立ての物で、”たまや”さんと同様の太さが不均等な”田舎うどん”スタイル。
それに揚げたての天ぷらが乗った王道の天ぷらうどんです。
味は、かつおの風味が効いた少々甘めのつゆと、喉越し・コシともに申し分ないうどんと良くマッチングした、非常に美味しいおうどんです!
また、揚げたての天ぷらが徐々につゆが浸みこみ、うどんと相まってとてもまろやかな感じになります。
時折箸休めに小皿に乗った大根のぬか漬けを食べると、これがまた良く漬かっていて美味しいんです!
シンプルですが、王道のうどんが食べたいって時には、コチラはとってもおススメです。
駐車場もあり、テーブル席・お座敷席とあるので老若男女問わず入り易いお店です。もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね!(ただし、営業はお昼のみです。あしからず・・・)

さて、本日からまた新たな施工案件をご紹介しようと思います。


今回より御紹介致します案件は、八王子市 S様邸です。

今回から御紹介致します案件は、八王子市にお住いのS様邸です。
緑深い丘陵地の住宅街で、ブラウンとアイボリーの温かい色目の建物が目を引きました!


こちらは駐車場の様子。画像では大型のセダンとコンパクトカーが止まっておりますが、更にミニバンが一台あり、スペースが手狭となってしまっております。

こちらは駐車場の様子。
画像では大型のセダンとコンパクトカーが止まっておりますが、さらにミニバンが1台あり、現状では駐車がかなり困難となっております。
また、面している道路は4m幅と比較的狭く、更に坂道となっているため、駐車場のタイトさに拍車をかけている状態となっております。
ちなみにS様は2世帯でお住いで、コンパクトカーは御両親が普段の足として運転されているお車。
毎日の出し入れのしにくさがとてもネックだと仰っておりました。。


ちなみに門は、駐車場内にあります。鋳物の門扉とレンガ風の門袖がとてもお洒落な感じでした!

こちらは門周りの様子。
エントランスは駐車場横に設けてあり、鋳物の門扉とレンガ風の門袖がとっても建物とマッチしていて素敵な雰囲気になっております。
しかし、人と車の導線が駐車場に集約されてしまっており、さらに車3台の駐車を考えますと、現状では使い勝手に難が出てしまっているとの事でした。


門内は植栽スペースと玄関へのアプローチを機能的に分けた、良く考えられている物でした。

こちらは門の後側の様子です。
植栽スペースとアプローチスペースを上手く分けた機能的な配置で、門袖のレンガ風の素材を様々な所で使用し、全体的にまとまったデザインとなっておりました。
お客様にお聞きしましたら、建物を建てた際にハウスメーカーに一緒に提案して作って貰った外構で、アプローチ導線等は当時のトレンドに会った物を提案されたとの事。
なるほど、建物の雰囲気と良くマッチさせてあり、所々コンクリート造の塀等を用いたかなり堅牢な物となっているため、まさに当時のハウスメーカーが考えた外構と云う所が見ていて感じさせられました。


植栽や庭石も豊富にあり、特にこの立派な松と根元に据えてある大きな庭石に目が行きました。

また、敷地内には様々な植栽が植えてありまして、特に門近くにありますこの立派な松と大きな庭石が目に入って来ました。
お客様にお聞きしましたら、特に庭石は代々大切にしている庭石との事で、リニューアルする際に何とか活かしたいとの御要望を戴きました。


こちらは道路側からファサードを見た様子です。確かに全体的から見てこのスペースがかなり幅を取っているのが分かります。

再度、道路側からファサードを見た様子です。
こうして見ますと、確かにこのスペースが比較的多く幅を利かせてしまっているのが分かります。
さて、ここでお客様から戴きました具体的な御要望をまとめますと、
|鷦崗譴鬘蛎翳楽々止められる様にスペースを広げたい
駐車場全体を覆えるカーポートを設置したい
人の出入りのし易さも考慮した使い勝手を提案して欲しい
ち澗療に建物にマッチした落ち着いたお洒落な雰囲気のファサードをデザインして欲しい
と云った事が挙げられました。

さて、プランニングに当たり私プランナーが実際敷地を拝見して、様々なポイントを挙げて見ました。
|鷦崗譴魍班すると共にファサードを大胆にリセットし、導線計画も含めてリノベーションを計る
△修虜櫃法現状の物でお客様が活かしたいと思う物を上手くプランに盛り込む事を考慮
F垣計画等を大幅リニューアルする代わりに、デザインに関しては現状の特徴をしっかりと把握して、上手くアレンジする
づ變韻瓩魴〆錣垢觝檗現状の配管(ガス・水道・下水)の位置を必ず把握
と云った点を挙げました。
特にこの中で最も重要なのは、い稜朶匹琉銘屬任后
配管計画は、建物を建てる際に基準の敷地高を設定して、効率的に本管から建物内へ通せるように計画されております。
それ故、今回の様に敷地を掘削する際に配管が出て来てしまいますと、その管の移設を検討しなくてはなりません。
またその中には移設が不可能な物もあり、特に”水道メーター”と”下水管”は注意が必要です。


水道メーター・ガス管・下水管は、敷地内の端の植栽スペースに集約されておりました。

上の写真は、敷地内の植栽スペースの物です。
植栽スペースの比較的端の方に、水道メーター(青い四角い物)・ガス管(緑色の杭)・そして枯葉の中に下水の最終枡を確認する事が出来ました。
位置的に、拡幅予定箇所に掛からない所にあったため、一先ず安堵出来ました。
採寸の際に、位置関係をしっかりと把握し、その箇所は手を付けないようにしてプランニングする方針を取りました。
さて今回のプランニングは、”傾斜地””高低差””完成された外構””3台分の駐車場”と云った、どれをとっても非常に難しい要素を含んだ、難易度の高いプランニングとなりました。
これに更に加えて、部材のサイズ・御予算と云った要素も考慮しなくてはならないので、プランが決定するまで非常に難航しました。
しかし、お客様のプランニングに対しての思い入れもとても強い物で、お客様にはかなりの回数御来店頂きまして熱心にお打ち合わせをさせて戴きました。
そんなお客様の熱意、そして非常に難しい条件の中でのプランニングとなりますと、私の中のプロ意識が、プランニングに対しての創作意欲を思いっきり掻きたてて頂きました!
そして、ようやく決定したプランが次の物です。


駐車場を拡幅し、門の向き・位置を大幅に変更しました。

こちらが、数多く打ち合わせさせて戴いた結果、出来上がったプランのイメージです。
プランに当たりまして、まず駐車3台分を考える上で必要なスペースの確保・導線計画の再設計・そして配管等がある手を付けない箇所の3点を考慮し、それに合せて撤去箇所等を確定させました。
そしてスペースが確保できた所で、門の向きを道路側に向け、更に内側へセットバックさせる事で門前の懐を持たせることで、余裕のあるファサード空間と車両の出入りの際に生じる”内輪差”を考慮した物にしました。


3台分のカーポート選びは、サイズに対しての様々な制約があり難航を極めましたが、ジャストサイズの物をお選びする事が出来ました。

こちらは駐車場正面の様子です。
駐車場空間において頭を悩まされたのが、”3台分カーポート”の選択でした。
このクラスのカーポートとなりますと、ご用意しているサイズ等も限られて来まして、今回の駐車場全体を覆える物を探すのがとても難しかったでした。。(柱の位置・高さ・コスト等々)
そしてお客様と様々な物を検討した上で決まった物が、LIXILのカーポート「アーキデュオプレミアム」78-50型と云う物でした。
通常一台分のカーポートですと、”25-50型”(2.5m×5.0m)ですので、その横幅サイズの大きさが非常に大きな物である事がお分かり頂けると思います。
また、面する道路の左右に対する高低差、家の窓の位置、駐車場から庭への出入りの事を考慮し、最大の設定高となる”H28柱”(高さ2.8m)をお選びしました。
カラーは建物の色目の雰囲気から、”シャイングレー&木目カラー(クリエモカ)”と云う物をお選びしました。
さらに駐車場を囲む土留めやフェンスには、統一感を出させるためにモルタルによる左官補修を掛けた上で全体的に塗装を施し、既存の物と同様にレンガ調の部材にて笠木を設ける仕様としました。


こちらは門周りの様子です。既存の門周りのデザインを踏襲し、玄関横には代々大切にされている”庭石”をモニュメントとして配置しました。

こちらは門周りのイメージです。
先述の通り、思い切って門の位置・向き等を大胆に変更しましたが、既存の門周りのデザインを踏襲したレンガ風素材の門袖、鋳物門扉等を中心に私なりにアレンジ。
アプローチ材は、ブラウン系の外構には非常にマッチングする”エルドラドクォーツイエロー”と云う乱張り石を用いて華やかな雰囲気に仕立てました。
右側の配管が集中すている箇所はそのまま残し、土留めには他の塀と同様の化粧を施して統一感を出すようにしました。
そして今回最も拘った物が、代々大切にされている”庭石”をどう活かすかです。
今回、撤去箇所に関わる植栽の多くが移植を好まない樹種で、残念ながら立派な松も撤去せざる負えませんでした。
そこで、その根元に据えてある庭石を、S様邸の新たなる”シンボルストーン”となる様に門正面に植栽スペースを設けた上で配置。
庭石後ろには、私イチオシの落葉樹”クロモジ”を植えて、新たなるファサード空間を設えました。
また、御高齢となる御両親に配慮し、門周りはスロープ状にして段差を最小限とした上で、階段横には木調の手摺りを設置して出入りのし易さを考慮しました。

様々な要素を含んだ大規模なエクステリアリノベーションで、部材・施工等に対する費用もかなりの金額となりますが、お客様側も何度も家族会議を開いて御検討頂いた結果、私たちに施工を委ねると御成約戴く事が出来ました!
プランナーとして一つのお仕事やり遂げられた達成感はありましたが、同時にこれをどの様に具現化させるのか、まさにこの時から大工事に対しての戦いが始まりました。
では実際に、次回のBlogよりこの案件の施工の様子を順次御紹介して行こうと思います。
この施工の様子が、ご覧頂いているお客様の参考になれば幸いです!是非ご覧頂ければと思いますので、宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は一日どんよりとしたあいにくの空模様でしたね。
天気予報によりますと、秋雨前線の影響による空模様との事。いよいよ夏も終わり、秋が一歩一歩近づいてきているのですね。
ちなみに今週末は高気圧に覆われて、絶好の行楽日和になるとの事!
是非爽やかな週末をお過ごし頂ければと思います。
さて9月に入って来ますと、いよいよ様々な果物が旬の時期になりますね。
実はこの間の休日、友人と山梨の方へ遊びに行きまして、こんな所へ行って参りました!


棚に張ったツタの先に、沢山の白い袋。勘の良い方はこの光景で直ぐに分かりますね!

山梨でこの光景を見れば、勘の良い方ですと直ぐに分かりますね!
はい!山梨へぶどう狩りに行って参りました。
今回訪れた農園は、山梨は善光寺近くにありますぶどう園”早川園”さんと云う所へ行って来ました。
実はココ、2〜3年前にフラッと友人と伺ったぶどう園なのですが、ふつうのぶどう狩りとは一風変わった物を楽しませてくれる所だった故に、今回はリピーターとして訪れたお気に入りのぶどう園なんです。
ぶどう園としては比較的小じんまりとした所なのですが、その中には非常に多品種のぶどうを栽培しておりまして・・・


”世界のぶどう狩り”と銘打った、世界中の多くの品種のブドウを栽培し、その時期に食べごろの品種を味わう事が出来るのです!

”世界のぶどう狩り”と銘打った、世界中の様々な品種のブドウを味わう事が出来る農園なのです!
農園内では何十種類もの数多くのブドウを栽培しているのですが、行った時期に食べごろを迎えている品種のブドウを選んで食べさせてくれるのです。
食べ放題ではないのですが、その代わり農園の方がまるで観光案内の様に品種の説明をしながら少しずつ採らせてくれて、気付くと上の写真の様に様々な品種のブドウがお皿いっぱいに盛られております。
ご覧頂くと、様々な形の中々お目に掛かりにくいブドウがある事がお分かり頂けると思いますが、この中には”リンゴの味”がする様な物、”日本酒”の風味を味わえる物、”特級品のデラウェア”、”干しブドウ”の様な非常に濃厚な物等など、計8品種ものブドウが盛られております。
これで一人あたま約1000円。もちろん時間制限はありません。
2人でゆっくりと味わいながら食べましたが、あまりの量に非常にお腹いっぱいになりました(笑)
もちろん食べきれなければ、その分をパックして持ち帰る事も出来るので、一般的な食べ放題のブドウ狩りよりも充実したブドウ狩りを楽しむ事が出来ます。
もちろんその他にも、お土産用としての様々なブドウがリーズナブルな価格で購入する事が可能です!
もしご興味がありましたら、お出掛けになって見ては如何でしょう?オススメしますよ!

さて、今回も前回のBlogの続きをご紹介しようと思います。


八王子市M様邸 施工3日目。養生期間を経て無事カーポート柱を建てる事が出来ました!

八王子市 M様邸カーポート施工3日目。
数日間の養生期間を経て、ようやくカーポートの柱建てをする事が出来ました!
柱周りには元通りに化粧砂利が撒かれ、前回ご紹介した大きなコンクリート基礎があるとは分からないぐらいの自然な仕上がりです。
さていよいよここから、カーポートの屋根材を組み上げていきます。


まずは柱に、屋根材を吊るための丸い梁を組んで行きます。

まずは組み上げた柱に、この様な大きな丸い梁を組んで行きます。
この梁によって、屋根全体を吊りあげる役目を果たしており、云わば”前柱”の代わりとなる重要な部材です。


少し離れた所から見渡しますと、如何に大きな梁であるかがお分かり頂けると思います。

少し離れた所から見渡した様子です。
こうして見ますと、いかに大きくて立派な梁であるかがお分かり頂けると思います。
まさに、”吊り橋”を造っているのと同じ光景ですね。


午後にはこの通り、大きな屋根が組み上げられました。

そして午後にはこの通り、ほぼ完成に近い状態まで出来上がりました。
職方さん達からお話をお聞きすると、もっとも通常のカーポートと組み上げていく上で違う所は、やはり”柱建て”の部分で、その段取りさえキッチリ行えば、後は通常のカーポートを組むのとほぼ同じとの事でした。
どんな施工もそうですが、もっとも重要な事は準備段階を含めた”段取り”で、それがキッチリとこなされているからこそ、この通りスムーズに施工が進むのだと思います。


こちらは下から覗いた様子です。ちなみに今回間口方向に切り詰め加工を行ったため、向かって一番右側部分の梁の間隔が短い事が分かります。

ちなみにこちらは、下側から屋根を見上げた様子です。
今回の案件では、間口方向に対して切り詰めて納めなくてはなりませんでした。
写真をご覧頂きますと、向かって右側の梁の間隔が極端に短い事がお分かり頂けると思います。
この商品は、柱から梁を出して屋根全体を吊る構造となるため、切り詰め加工を行う際もその事を考慮して行わなくてはなりません。
今回の納めたサイズは、まさにその規格ギリギリの位置での切り詰め。中々に頭を悩まさせてくれた物でしたが、計画通りに納める事が出来て、ようやく安堵出来ました。


最後にポリカ製の屋根材を張り、接点等をコーキング剤でカバーして完成です。

最後にポリカ製の屋根材を張って、抑え部材にて固定。さらに部材同士の接点となる箇所にコーキング剤にてカバーして、ようやく作業完了です。


そしてこちらが、完成した姿です!

そしてこちらが、完成した姿です!
大掛かりな施工をした事を感じさせないくらいに、とても自然な納まりとなっております。


正面から見た様子。前柱が無いお陰で、開放的な雰囲気を損なわず、とても使い勝手の良い理想的なカーポート空間が出来上がりました!

こちらは正面から見た様子です。
お客様から戴いていた”開放的な空間を保持したい”というご要望にお応え出来た、まさに理想的なカーポート空間と云えます。
それでは最後に、施工前・イメージ・完成の画像をご覧頂こうと思います。


こちらは施工前の様子です。

こちらは施工前の様子です。


そしてこちらは私がお造りした設置イメージです。

そしてこちらが、私がお造りしました設置イメージです。


そしてこちらが完成した様子です。

そしてこちらが、完成した様子です。
今回もお陰さまで”イメージ図の120%の出来栄え”にする事が出来ました!
M様、施工中は色々とお気遣い頂き本当にありがとうとざいました。
是非末永く、カーポート空間をお使い頂ければと幸いです。御用命いただきまして誠にありがとうございました!

如何でしたでしょうか。
昨今カーポートは、技術革新のお陰で様々な使い勝手に対応可能な商品が生まれました!
しかし同時に、複雑な形状のカーポートとなると、それに対する施工力も必要となり、結果非常に高額な物となってしまう事もお分かり頂けたと思います。
エクステリアプランナーとしての大きな役目は、御依頼頂いたお客様の御要望、そして御予算に合せて適確な商品をご提案させて戴く事にあります。
それ故、ただ”かっこいい””お洒落”といたずら半分な理由だけで特殊形状のカーポートをお勧めする訳にはいきません。
今回ご紹介させて戴きました2つのカーポート案件は、まさにお客様の”御要望”とマッチングした案件で、その際に御呈示させて戴いたお見積りも、まさにその利便性等から見出された”価値”として認められた物と思います。
是非今回ご紹介させて戴きました2件のカーポート案件が、ご覧頂きましたお客様の御参考になれば幸いです!
もしお聞きになりたい事がございましたら、是非コチラの”お問い合わせフォーム”よりお問い合わせ頂ければと思いますので、宜しくお願い致します。

さて、また次回もお客様に御参考になる施工情報をご紹介出来ればと思いますので、是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

ここ最近の秋の空気を感じ始められたかと思えば、気付けば9月になっておりましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
お子様たちも新学期が始まり、いよいよ秋へ向けて季節がより一層進んで行くのでしょうね。
そんな中、野球やサッカーでは大きな盛り上がりを見せてくれておりますね!
サッカーで云えば、何といっても先日31日に行われた”ロシアワールドカップ予選 日本対オーストラリア”ですね。
オーストラリアには、日本は幾度となく苦しめられ、なかなか一勝する事が難しい強敵でしたが、そんなオーストラリアに対して2−0と快勝!見事6大会連続のワールドカップ本戦出場を決める事が出来ました。
私自身ワールドカップ予選と云いますと、”ドーハの悲劇”をリアルタイムに見ていた世代だけに、日本サッカー界の発展の目覚ましさには、何処となく感慨深い物があります。
更に野球で云いますと、何と云っても”U18侍ジャパン”の活躍でしょう!
先日行われた全国高校野球大会で活躍していた選手が一同に集められ、世界の強豪国と世界一を賭けて戦っておりますが、初戦の相手であるメキシコ相手に10−1と大勝利を納めました!!
次の相手は、難敵アメリカとの一戦となりますが、是非頑張って貰いたいものです。

さて、そんな”スポーツの秋”を感じさせてくれる本日は、こんな物を食べに行って参りました(笑)


今日のお昼は、八王子は小宮にあります”麺屋 樽座”さんへ久しぶりに行って参りました。自慢の海老出汁の香りが良い感じでした!

本日伺ったお店は、八王子は小宮にあります味噌ラーメンの名店”麺屋 樽座”さんへ久しぶりに行って参りました。
こちらのお店の特徴は、何と云っても自慢の”海老出汁”を使った味噌ラーメンです。
お店に入りますと、海老出汁の香りが店内を漂っており、食欲を掻き立てられます!
さて本日選んだメニューは、味噌ラーメンのお店では珍しい”味噌つけ麺”をチョイス。
出てきたラーメンは、通常のラーメンに使われている麺とは違う、うどんの様に太い極太麺と、濃厚な海老味噌のつけ汁のセットで、ボリューム満点な一杯です。
食べれば、まさに”ザ・海老”と云った海老の旨味が凝縮された味噌スープと、その味に負けないプリップリな太麺とが良く合っておりとっても美味しいです!
食べ進めていくと、海老の風味が”やめられない・止まらない♪”と云った感じでアトを引き、気付けばあっという間に食べきってしまいました(笑)
最後は、スープ割をお願いして、熱々のスープを堪能!とっても優しい味噌スープは、お腹の中を温かくしてくれます。
久しぶりに伺ったお店ですが、期待を裏切らない美味しい味噌ラーメンを堪能できました!
”海老出汁”がかなり効いているため、海老が苦手でなければとってもオススメのラーメン屋さんですよ。
駐車場もありテーブル席もあるので、もしご興味がございましたら是非行って見て下さいね。

さて本日も、前回のBlogに引き続きましてカーポートのお話をしようと思います。


八王子 M様邸カーポート工事。前回のBlogでは大きな基礎穴を開けた所までお話しましたが、いよいよこの日は柱立てを行います。

八王子 M様邸カーポート工事。
前回のBlogでは、基礎穴を開ける所まで御紹介しましたが、本日はいよいよ柱立てを行って行きます。
ご覧頂きますと分かる通り、非常に背が高くて太い柱が3本、この様に仮立てされております。
長さで云いますと約4m強の非常に長い物。カーポート柱でもここまで背の高い柱は中々無いと思います。


地中にはこの通りいくつもの配管が複雑に通っておりますが、今回のケースでは柱立て位置に配管が影響せずに済みました。

柱の近くで見て見ますと、柱が非常に太い物であるのがお分かり頂けると思います。
また地中には、様々な配管が複雑には云っているのですが、柱立ての位置にはなんとか配管が影響されないで済みました。
どの様なカーポート設置工事でも、常に案じなければならないのはこの地中内にある配管。
状況によっては配管の移設、それが出来ない場合は設置位置の変更を余儀なくされるため、とても悩まされる物です。。


屈強な職方さん3人がかりで、柱の位置の微調整を行って行きます。

そしてコンクリートを流し込む前に、更に柱の水平垂直の微調整を行います。
物がものだけに、微調整を行うのも屈強な職方さん達3人がかりでやっとこ。。
中々に難しい施工です(汗)


準備が整った所で、いよいよコンクリートを基礎穴へ流し込んで行きます。

準備が完了した所で、いよいよ基礎穴にコンクリートを流し込んで行きます。
今回は、通常のカーポートの倍以上の大きさの基礎穴となるため、コンクリートミキサー車をチャーターしての作業となります。
私も色々なカーポートをご提案させて戴きましたが、生コン車をチャーターして行う施工はとても珍しいです。


コンクリートを”ネコ(一輪車)”を用いて手際良く流し込んで行きます。

コンクリートを”ネコ(一輪車)”という道具を用いて手際良く流し込んで行きます。
コンクリートミキサー車での作業は、コンクリート打設工事と同様に”時間との勝負”です。
事前の段取りが非常に重要となります。


また、奥まった複雑な形状のコンクリート打ちの場合、この長いゴムホースの様な物が付いた道具が重要となります。
コンクリートを流し込みながら、先程の道具を奥の方へ突っ込み、コンクリートに振動を掛けます。そうする事で、隅々までコンクリートが入り込んで行きます。

また、今回の様に複雑な形状のコンクリート工事の場合、なかなか隅々までコンクリートが行き渡りにくくなります。
いい加減に施工を行ってしまいますと、入り込まなかった箇所が空洞となってしまい、後々に強度不足を招く恐れが出てしまいます。
それを防ぐために、左側の画像に出ている、先にゴムホースを付けた様な道具を使います。
一見すると、まるでポンプの様に見えますが、そうではありません。
これは”コンクリートバイブレーター”と云う工具で、コンクリートを流し込んだ後にこのゴムの部分を突っ込んでスイッチを入れると、コンクリートに振動が伝わります。
例えるなら、入れ物の中に粘っこい物を入れる際、外側からトントンと叩いてあげるとスムーズに物が入っていきますよね。
それと同じ原理で、強烈な振動を与えてコンクリートを隅々まで入れ込むようにします。


そして無事、基礎穴全体にコンクリートを流し込む事が出来ました。あとは小割り等で動かない様に養生し、柱立ての完了です。

そして半日でなんとか無事コンクリートを流し込む事が出来ました。
今回の基礎は、建物基礎とコンクリート舗装部とを一体化させて堅牢な基礎とした今回の巨大な柱のためのスペシャルなもの。
見ていて何処となく安心感があります。
あとは小割りを用いて固まるまで動かない様に固定し、養生期間を置きます。
この日の作業はここで終了となります。

さて、次の段階では、いよいよ完成に向けて屋根部分を組み付けて行きます。
実際にどの様な物が出来上がるのか、とっても楽しみになって来ますネ!
それでは是非次回のBlogも宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は8月最後の週の始まりで、今週金曜日より9月が始まろうとしております。
いよいよ”晩夏”の時期に入り、徐々に秋の足音を感じられる時期になって来ましたね。
夏休み中のお子様も、今週は宿題に追われている人が多いのではないでしょうか?
私自身も夏休みの最後の週と云いますと、必死になって読書感想文を書いたり、溜まってしまった日記を書いたり、漢字ドリルや計算ドリル、はたまた自由研究を大慌てでやったりと、慌ただしい一週間を過ごした記憶があります(笑)
そういえば昔、デパートの催しものコーナーで各業界のエキスパートを招いて”夏休み宿題相談コーナー”なんて物をやっていた記憶があります。なんだか懐かしいですね。
今では私の姪っ子や甥っ子達が溜まってしまった宿題に追われている最中で、当時両親に云われていた言葉をそのままこの子たちに話して急かしております(笑)
なんとも不思議なものですネ。。みんな、最後までがんばれ!!
さて、そんな夏休みも終わろうとしている本日、私はこんな物を食べに行って来ました(笑)


今日のお昼は、西八王子駅近くにあります”弥栄(いやさか)”さんと云うラーメン屋さんへ行って参りました!

本日は、高尾の方でのお仕事から戻る途中に寄った西八王子駅近くにあります”弥栄(いやさか)”さんと云うラーメン屋さんへ行って来ました!
こちらのお店、昨年開店されたばかりの新しいラーメン屋さんなんですが、八王子のラーメン通な方々の間では人気急上昇中のお店なんです。
というのもこちらの御主人、もともと楢原にある超有名店”みんみん”さんで働いていた方で、満を持して昨年独立されたとの事です。
西八王子駅エリアは、ここ最近有力なラーメン屋さんが次々と軒を連ね始めている超激戦区となって来ておりまして、私も時間があればいろいろと周って見たいぐらいにオススメのラーメン屋さんが多いエリアなんです。
さて、券売機にてメニューを眺めますと、まさに”みんみん”と同様の醤油スープの八王子ラーメンを中心としたラインナップとなっておりました。
今回選んだラーメンは、”みんみん”でもファンが多い”バラチャーシュー麺”をチョイス!
出てきたラーメンは、写真の通り下の麺が見えないぐらいに何枚もバラチャーシューが乗った本家にも負けないぐらいの綺麗なラーメン!
味は、忠実に本家の味を受け継いでいる、基本に忠実な王道の味でした。
このレベルのラーメンなら、激戦区のエリアでも着実にお客様を付けられるのでしょうね!とっても美味しいラーメンです。
お店も出来たてでとても綺麗で、知名度も本家の”みんみん”さん程ではない為、比較的入り易いお店だと思います。
もしお近くを通られる機会がありましたら、一度寄って見ては如何でしょうか?
駐車場はありませんが、近くにコインパーキングが沢山ありますので、とっても寄り易いですよ!

さて本日も、前回のBlogに引き続きましてカーポートのお話をしようと思います。


前回のBlogにてご紹介しました八王子在住のM様邸。いよいよ施工を開始して行きます!

前回のBlogにてご紹介させて戴きました八王子市在住のM様邸。
いよいよあの特殊なカーポート”三協アルミ「ダブルフェース」”の設置工事を行って行きます!


まず最初に行う工程は、柱立てのための基礎穴工事です。通常のカーポート施工と最も違う部分は、この工程となります。

まず最初の工程は、カーポートの柱を立てるための”基礎穴工事”です。
今回のカーポートは、背面より3本の柱によって屋根全体を保持する構造のカーポートとなります。
そのため必要となるコンクリート基礎も、通常のカーポートの倍以上の大きさの基礎が必要となります。
(特に柱前部に対しては実に1m以上の大きさのコンクリート基礎が必要となります。)
今回柱を設置するに当たって気を付けなくてはならないポイントが2つ程あります。
一つは、既設配管(汚水管・雨水菅・ガス管・水道管)の位置に気を付けながら掘り進めなくてはならない事。
もう一つは、建物の基礎部分を考慮して設置する事の二つです。
上の写真をご覧頂きますと、建物際に幅にして20cm程のコンクリート部分がある事が分かります。
これが、”建物の基礎コンクリート”となります。ここ最近では、耐震対策と云う事で、建物下側に分厚いコンクリート基礎を打つ”ベタ基礎構造”が主流となっております。
そのため、建物際を掘るとこの様な分厚いコンクリート基礎が出てくる事を考慮しなくてはなりません。


また、配管設備のこの通り複雑に地中の中に埋まっております。

また配管設備に関しては、上の写真の通り地中の中に複雑に入り混じっており、やみくもに穴を開ける訳にはいきません。
本来であれば、”ユンボ”と云う重機を使って掘り込んで行くのが一般的なのですが、こうした配管が密集している所では重機を入れる訳にはいかず、丁寧に職方さん達の手掘りにて慎重に掘り進めなくてはなりません。


2トンダンブに残土を入れた様子です。土は空気を含むと体積が約2倍に膨れてしまうため、写真の量でまだ半分以下の量となってしまいます。

写真は2トンダンプカーに残土を積み込んだ様子です。
土壌は空気を含みますと体積が約2倍に膨れるため、かなりの量となります。
ちなみに写真の量で、まだ全体の半分以下ぐらいにしかなりません。。もちろん通常のカーポート施工で発生する残土量と比べますと、3〜4倍の量となります。
改めて基礎穴を開ける上での難しさを考えさせられます。


さらに掘り進め、夕方にはなんとかこの様に基礎穴を開け終える事が出来ました。

そして夕方には、この通りなんとか綺麗に基礎穴を開ける事が出来ました。
ちなみに既設コンクリート下には約1m程の穴がトンネル状に空いております。
さらに柱を立てる位置に合せて、建物基礎を10cm程削っております。
これで柱を立ててコンクリートを流し込みますと、既設コンクリート舗装と建物基礎コンクリートと一体となった、非常に強固な柱基礎を形成する事が出来ます。
また、3本の柱を一体のコンクリート基礎にて形成するため、その丈夫さは計り知れない物となります。
その代わり、その基礎穴に対しての残土処分量は実に2トンダンプカー2台以上。
必要となるコンクリート量も2?とコンクリートミキサー車をチャーターするぐらいの量となるため、通常のカーポートよりも遥かに手間・労力が掛かる事がお分かり頂けると思います。

さて、この日の施工はここまでで終了です。
次回のBlogでは、いよいよカーポートの柱立て等をご紹介しようと思います。今まで造ったカーポートの中でも、一番太くて高いカーポート柱をご覧頂く事になると思います。
それはそれはとっても見事な物なので、是非次回のBlogも御期待頂ければと思います!
宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

先日までの、長い梅雨の様な悪天候も終わり、今日は一日良い天気に恵まれましたね。
しかし、青空に恵まれたと同時に太陽が姿を見せますと、気温も一気に30℃を超え、まさに”猛暑復活”と云った感じになってしまいました。
夏らしい天気がようやく戻って来てくれた事は良いのですが、やはり身体には堪えますね。。
今月は公私ともに歩く事がとても多かったせいか、何故か足の節々にいやな痛みを感じてしまいました。夏場の疲労ってこう云う感じで出るのでしょうかね。
皆さんも急な暑さで体調を崩されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
くれぐれも体調管理には気を付けて過ごしましょうね!
さて、そんな暑い陽気の最中、今日はこんな物を食べて来ました。


今日のお昼は、八王子は南町にあります”武蔵野うどん たまや”さんへ。本日は限定の”5種盛りおろしぶっかけうどん”を食べて来ました!

本日は八王子は南町にあります”武蔵野うどん たまや”さんへ行って参りました!
お目当ては、この時期の限定うどんである”5種盛りおろしぶっかけうどん”です。
写真をご覧頂くと分かる通り、なめこ・みょうが・おくら・じゅんさい・かつおぶしと、夏バテ気味の身体には打ってつけの旬な薬味等が沢山のっている、サッパリとしたおうどんです。
しゃっきりとした喉越しの良いおうどんと風味豊かなお出汁をベースに、これらの具材がとても良い風味・食感・味を楽しませてくれるのです!
いや〜、今回も本当に美味しいおうどんをご馳走になりました!
しかし残念ながらこのメニュー、今日で終了との事。。また秋に向けての限定メニューも考案中との事なので、もしご興味がありましたら、是非お出掛けになって見て下さいね。

さて本日も、前回のBlogに引き続きましてカーポートのお話をしようと思います。


今回御紹介致しますお客様は、八王子在住のM様邸です。

本日御紹介致しますお客様は、八王子市在住のM様邸です。
レンガ調のお洒落な門袖や植栽を巧みに組み合わせた、可愛らしいファサード空間がとってもお洒落です!


今回お客様から御要望戴いたのは、この駐車スペースにおけるカーポート設置工事です。

そして今回お客様より御相談頂いたのは、この駐車スペースにおけるカーポートの御提案です。
横幅のスペースとしては、”ワイドタイプ”と云われる2台分のカースペースより少し小さいぐらいの大きさとなります。
ちなみにカーポートを考える上で、1台分を考える”標準タイプ”(幅2.5m〜3m)と2台分以上を考える”ワイドタイプ”(幅5m以上)のどちらかを選ぶ事から考えていきます。
今回の場合、横幅が5m弱となるため、ワイドタイプでは少々大きくなり過ぎ、1台分では小さすぎてしまいます。
また、今回の場合においてお客様より戴いたご要望で注意しなくてはならない点は、ズバリ”柱”の位置になります。
今回の場合では、2台分のワイドタイプカーポートの横幅を切り詰め加工して納める方法を取ろうと思うのですが、通常2台分のカーポートの場合、前後左右4箇所に柱を立てて強度を保持する物が標準的なものとなります。
しかし、お客様からの御希望は「門袖側の開放的な雰囲気を活かせるように、そちら側に柱を立てなくても良い物を」と云うものでした。
普通に考えれば、4本必要なカーポートの内の1本を抜くと云う事は、当然ながら不可能ですよね。。


もう一つ考えなくてはならない点は、家側に設置されている花壇の存在です。
また、上側にある窓の位置・開き方も考慮しなくてはなりません。

さらに考慮しなくてはならない点は、家側奥の”花壇”と”窓””庇”の位置です。
殺風景になりがちな駐車スペースに、お客様が素敵にお花を植えられていて、とても良い感じになっております。
この際に考えなくてはならない事として、何故この位置に”花壇”を設けているのかと云う事です。
この外構をプランした業者側の立場になって考えるとしますと、花壇したにある埋設物(配管・建物基礎等)を考慮し、そこに何か構造物を立てられない様に敢えてブロックを立てて花壇風に仕立てると云う事を考えます。
つまり、”花壇下に何かがある”と云う事です。
また窓に関しても、開閉の仕方が外側へ30cm程開くので、壁面いっぱいに屋根を掛けてしまいますと、窓の開閉に悪影響を与える恐れがあります。
屋根を掛ける事の裏側には、様々なリスクを等も考慮しなくてはなりません。
さて、柱の位置・様々な敷地の条件より、この御希望を満たせる商品はあるのでしょうか?
と云う事で、前回のBlogに引き続き、今回もこの様なカーポートをご提案させて戴きました!


今回ご提案させて戴きましたカーポートは、三協アルミ”ダブルフェース”と云う商品です。

今回ご提案させて戴きましたカーポートは、三協アルミ”ダブルフェース”と云うカーポートです。
ご覧頂きますとお分かり頂けると思いますが、カーポート前側には柱が一切無く、後側に3本の柱が集中しております。
更に三本の柱から前側に掛けて斜めに梁が入る事で、屋根を後端から吊って支える構造となっております。
これにより、柱3本でも幅広の屋根全体を支える事が出来ます。


また柱の位置が内側に設置されるため、花壇を活かした状態で設置する事が可能です。

更に柱が屋根の内側に3本納まる構造となっているため、花壇をそのまま活かして設置する事が可能です。


更に窓の開閉も考慮し、窓が開閉できる位置にクリアランスを取って設置する様に間口切り詰め加工します。

こちらは横方向から見た様子です。
花壇上の窓は外側に開くタイプの物なのですが、庇の位置等も考慮して花壇に掛からない位置に屋根が掛かる様に間口を切り詰めて調整する方法をとる事にしました。
こうする事で、窓・花壇の干渉を避けて設置する事が可能です。

と、まさに今回の御相談頂いたご要望に対してジャストフィットしたカーポートと云えます。
しかし、同時に考えなくてはならない事があります。
それは”施工性”です。
本来のカーポートと設置方法が違うと云う事は、すなわち通常のカーポートと比べて設置の難易度も高くなると云う事が云えます。
そしてそれは、当然の事ながら”コスト”にも直結します。
それ故、やみくもにこの商品をただ”カッコいいから”と云うだけでお勧めする事が出来ませんし、そこに価値を生み出す事は難しいと思います。
しかし今回の場合では、お客様のご要望にまさにジャストフィットしたカーポートで、そのコストを払っても生まれてくる大きな”価値”を御理解頂けました!
さて次回のBlogでは、実際のこのカーポートの施工の様子をご紹介しようと思います。
ご覧頂きますと、通常のカーポートと設置の難易度が全く違う事にお気づき頂けると思いますので、是非宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

8月中旬の一大バカンスである”お盆休み”も終わり、本日からお仕事と云う方も多いのではないでしょうか?
(ちなみに私は、お盆中も相変わらずお仕事をしておりました(笑))
しかし今年のお盆期間中は、梅雨の時期よりも降水量が多いと云う夏らしくない天候となってしまいましたね。。
場所によっては、突然のゲリラ豪雨で道路が冠水してしまって、自動車が水に浸かってしまうと云う被害も多く合った様です。
梅雨の時期は”カラ梅雨”による水不足と、夏になってからの連日猛暑という予報が出ておりましたが、その予報を完全に覆される”冷夏”に見舞われてしまっております。
今朝のラジオで、某有名気象予報士の方が色々と苦しそうな云い訳をしていたのが思わず笑ってしまいました。
特に今年は、”太平洋高気圧”の勢力が弱い事と、異例続きであった”台風5号”の影響が非常に大きかったようです。
例年”異常気象”と云う言葉が必ず聞かれますが、年々その状況も酷くなって来ている様に思えます。
8月もいよいよ後半に入りますが、なんとか夏らしい陽気が復活してくれればと思いますね。

さて、本日から通常営業に戻るお店屋さんも多くなって来ましたが、今日のお昼はこちらのお店へお邪魔して来ました!


今日のお昼は、八王子は戸吹にあります”おゆう”さんへ久しぶりに行って来ました。やっぱり八王子ラーメン、美味しいですね!

本日は仕事の関係で八王子の戸吹方面へ行って来たので、久しぶりに滝山街道沿いにあります”おゆう”さんへ行って参りました!
今日から通常営業と云う影響もあったのでしょうか、広い店内は満員状態で店員さん達があたふた動いておりました。
仕方なく、お店の外で待っていましたら、次から次へと車が止まり、いつの間にか満車状態。
こちらのお店の人気ぶりが伺えます。
待つ事10分ぐらいでしょうか、ようやくカウンターへ案内して貰いホントお腹ペコペコ状態で注文しました。
と云う事で今日注文したラーメンは、こちらの人気メニューであります”Aセット”を迷わず注文。
”Aセット”は、上の写真の様な刻み玉ねぎの乗った八王子ラーメンに、


”Aセット”は、八王子ラーメンの他にこのチャーハンが付いた欲張りなセットです!

この様な半チャーハンが付いた欲張りなメニューです!
美味しい八王子ラーメンを出すお店で、香ばしいチャーハンも一緒に食べれるお店は、私が知る限りでもこちらのお店ぐらいだと思いますし、ほとんどの方がこの”Aセット”を目当てに来られている方が多いです。
そして何よりこのお店の雰囲気、とってもアットホームな感じで和むお店なんです!
会計をしますと、女将さんがお釣りと共にガムや飴、お子さんにはお菓子を必ずくれるんです。
ついつい戸吹方面へ行くと立ち寄ってしまうこのお店、改めてオススメしますよ!
駐車場もありますし、店内にはテーブル席もあるのでファミリーでも安心して立ち寄れるお店です。
良かったら是非立ち寄って見て下さいね。

さてここの所当店にて、少々変わった形のカーポートを御所望されるお客様が増えて来ました。
今回のBlogでは、実際に取り付けられた変わった形のカーポートの案件をご紹介しようと思います。


今回ご紹介します案件は、日野市在住のK様邸です。”TOYOTA プリウス”のまっ白いボディーカラーが眩しいです!

今回ご紹介致します案件は、日野市在住のK様邸の案件です。
伺った際にまず目に入って来ましたのは、真新しい最新型”TOYOTA プリウス”の綺麗なボディーカラー。
まっ白なボディーカラーがとっても目に眩しく、とても素敵でした!
さて、お客様からはこの白いプリウスを大切にしたいと云う事で、駐車場にカーポートを設置したいと云う御相談を戴きました。
カーポートは、お車の塗装を傷める原因となる酸性雨や紫外線を防ぐ上では非常に有効なもので、やはり屋根下に置いてあるお車と青空駐車しているお車とでは、状態に差が付き易い物であります。
そう云った意味でも、今回の大切なお車のためのカーポート設置は、とても重要であると思います。


しかし、カーポートを設置する上で気を付けなくてはならない事があります。それは・・・

しかし、カーポートを設置する上で気を付けなくてはならない事があります。
今回の案件を例にしますと、それはお隣さんへの”雨水の配慮”です。
今回設置するカーポートの位置は、使い勝手等を考慮してブロックフェンス側に設置するのですが、ブロックフェンスを介して直ぐにお隣さんの駐車場が隣接されております。
お客様からは、「お隣さんとの関係はとても良好なので、カーポートを設置した時に雨水がお隣さんへ行かない様に配慮された物を設置したい」
と云う御要望を戴きました。そこで、次の様なカーポートをご提案させて戴きました。


今回御提案させて戴いたカーポートは、三協アルミの”マイリッシュOK”と云うカーポートです。

今回ご提案させて戴きましたカーポートは、三協アルミの”マイリッシュOK”と云う商品です。
お色は、建物の雰囲気や門袖のカラー等とマッチする物として、”アースブラウン”と云うお色をお勧めさせて戴きました。
光沢の無いマッドな雰囲気のブラウンは、他社のアルミ材には無い独特な雰囲気の色合いで、見方によっては明るい木目調の様な雰囲気にも思えます。
さて、シンプルでスタイリッシュな形状のカーポートではありますが、このカーポートには独特の特徴を持っております。


このカーポートの大きな特徴は、”屋根勾配”にあります。

上のイメージ図は、真横から見たイメージです。
ご覧頂ければお分かりの通り、屋根の勾配が通常のカーポートであれば横方向に付いているのに対して、こちらのカーポートは前後方向に対して付いている事がお分かり頂けると思います。
これにより、当然雨水も道路側の方へ集まり、そこから雨樋を通って下に流れると云った構造となっております。
見た目の上でも、明らかに勾配が前後についている事が分かるため、お隣さんに対してしっかり配慮していると云う事を表す事が出来ます。


そしてこの通り、カーポートが綺麗に設置されました。

そして上の写真が、実際に設置されたカーポートです。
フラットな屋根形状がとてもシンプルでスタイリッシュです。
またお選びしたカラー、”オータムブラウン”が雰囲気にとってもマッチしております!


そしてこちらが、横から見た風景です。しっかり後から前に向かって勾配が付いている事が分かります。

そしてこちらが、肝心の横方向から見た画像です。
ご覧頂ければ分かる通り、イメージ図と同じように後から前へ勾配が付いております。
またこの雰囲気が、今までのカーポートには無い独特な雰囲気を醸し出しており、とてもスタイリッシュで素敵だと思います。


もちろん、台風や降雪に対して強度を増させる”サポート柱”も設置しております。写真はサポート柱を固定する”受け部材”です。
普段サポート柱は、この通り柱に綺麗に納まる様になっております。

もちろん勾配やスタイルだけではなく、台風や降雪に対して大変有効な”サポート柱”のオプションも設置しております。
写真はそのサポート柱を下から支える”受け金具”です。
この金具が前後の梁の下に二箇所設置されており、簡単にサポート柱を脱着出来る様な構造となっております。


そしてこちらが、お隣さんから見た様子です。勾配が前後についているため、何処となく安心感を感じさせてくれます。

そしてこちらが、肝心要のお隣さんから見た様子です。
この通り、勾配が前後方向に対して付いているため、何処となく安心感を感じさせてくれます。
まさにこの点が、お客様のご要望にしっかりフィットした機能面ではないでしょうか。
これから、愛車と共にカーポートも大切に扱って頂ければ幸いです。
御設置させて戴きまして、誠にありがとうございました!

如何でしたでしょうか?
今回はお隣さんへの配慮と云う点に重点を置いてオススメしたカーポートをご紹介させて戴きました。
もしご興味をお持ち頂きましたら、是非お気軽に当店”お問い合わせフォーム”より御相談下さい。

さて次回は、更に独特な形状のカーポートを設置した案件をご紹介しようと思います。
是非次回も宜しくお願い致します!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日はどんよりとした一日でしたね。
晴天の時とは一転して、20℃に届くか届かないかの少々肌寒い陽気でした。
快晴に見舞われると途端に30℃近い気温になるため、その差10℃は本当に身体に堪えます。。
(私自身、ここの所鼻やのどが少々痛みを感じます。風邪をひいてしまったのでしょうかネ。。)
皆さん、くれぐれも着る物等で体温調整して風邪等ひかれない様に気を付けて下さいね。
さて、今日みたいな肌寒い時はなんとなく温かい物を食べたくなりますね!
と云う事で、今日のお昼はこんな物を食べて参りました。


今日のお昼は、八王子は子安町にあるラーメン店”弘富”さんに久しぶりに行って来ました。本日は”辛味噌ネギラーメン”を注文!

本日行って来ましたお店は、以前Blogでご紹介した事のある八王子は子安町、JR線のガード横にありますラーメン店”弘富”さんへ久々に行って参りました!
このお店、看板にも掲げているのですが”煮干出汁”を使ったスープで作るラーメンが特徴で、八王子ラーメン系のお店の中でも、際立って煮干風味を感じさせてくれるラーメン屋さんです。
そんな”弘富”さんの中でも、昔からファンが多いメニューなのがこの「辛味噌ネギラーメン」なのです。
見た目は少々刺激的な感じに見えますが、それ程辛みは強くなく、尚且つベースとなる煮干出汁と辛味噌との相性がとっても良く、あとを惹く旨さなのです。
私の様に少々風邪気味な人にとって、こう云ったラーメンは身体を温めてくれて本当に有難いのです!
またこちらの御主人、とっても愛想が良く、本当に癒されるんです。
お腹も心も癒してくれるこの”弘富”さん、ファンが多いのも頷けます。もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね!

さて、長い間こちらのBlogでご紹介させて頂きました施工案件、ようやく完工する事が出来ました!
本日は総括も兼ねて完工した様子をご紹介しようと思います。


日野市 I様邸駐車場リノベーション工事。ようやく完工する事が出来ました!

日野市 I様邸駐車場リノベーション工事。
ようやく無事完工する事が出来ました!


駐車場内は黄色系の乱張り舗装に変わり、全体的に明るく且つ広々とした駐車空間に生まれ変わりました。

こちらは駐車場正面から玄関へ目を向けた様子です。
舗装部分が黄色系の乱張り石舗装に変わり、全体的に明るく且つ広々とした空間に生まれ変わりました。
既存の門袖のタイルとの雰囲気ともとってもマッチしております。


カーゲートを閉めた様子。スムーズに開閉出来る使い勝手の良い物になりました。

こちらはカーゲートを閉めた様子です。
今回設置させて戴いたカーゲートは、LIXIL”アルシャイン供匹箸い商品なのですが、以前設置されていたカーゲートと比べて比較にならないくらい動作が軽く且つしっかりと閉める事が出来ます。


今回設置したカーゲートは、以前の物と同様の”親子開き仕様”です。

そして今回お選びしたカーゲートは、前回のカーゲートと同様の”親子開き仕様”となっております。
”子扉”の方は人が出入りする際に、そして”親扉”の方はお車が出入りする際にと云う風に、以前の物と同様の使い勝手となっております。


門袖前の花壇は、ベージュ系のモザイクタイルをあしらった素敵な花壇に変わりました。

そして門袖前の花壇は、ベージュ系のモザイクタイルをあしらった明るい花壇へと変わりました。
門袖のタイルや乱張り石との相性もとても良い感じです。
これから花壇内にどんなお花を植えられるのか、今からとっても楽しみになりますネ!


そして今回のリノベーションにおいて最も重要な箇所となった玄関前ステップ。見事に機能的なステップへと生まれ変わりました。

そしてこちらは、今回のリニューアルにおいて最も重要となる玄関前ステップの様子です。
新たに設けたステップの奥行を、既設配管等の配置を変更した事により、30cmに再設定。
これにより、駐車場の奥行を広くとる事ができ、将来今のお車より一回り大きいお車に乗り換えた際も止められる様になりました。
また、玄関横には手摺りを設置し、安全性にもしっかりと考慮しております。


立水栓もフラットパンにより、限られたスペースを有効活用できる様に考慮しました。

玄関横の通路もこの通りスッキリと生まれ変わりました。
立水栓に関しては、今回もフラットパンを用いる事で、奥側への導線を塞がない様に考慮しております。
水栓柱に関しては、ベージュ系のモザイクタイルをあしらった”ニッコー「モゼック」”と云う商品を用いて、機能的かつお洒落な物としました。
それでは改めまして、施工前・CADでのイメージ・完工後の写真をご紹介しようと思います。


こちらは施工前のファサードの様子です。
そしてこちらは施工前の玄関前の様子です。

まずこちらは、施工前のファサードと玄関前の様子です。


そしてこちらは、CADで描いたファサードのイメージです。
そしてこちらが玄関前のリニューアルイメージです。

そしてこちらは、私がCADでお描きしたリニューアルイメージです。


そしてこちらが、完工したファサードの様子です。
そしてこちらは、玄関前ステップの完工後の様子です。

そして最後に、完工後の様子です。
こうして見比べますと、今回もイメージ図以上のとても良い仕上がりとする事が出来ました!
これだけの大幅なリニューアルを英断して頂きましたI様には本当に感謝です。
是非今後とも、この外構を通して素敵な生活を送って頂ければ幸いです。
有難うございました!!

如何でしたでしょうか?
今回の様なリノベーション案件は、様々な観点からとても手間の掛かる難しい物なのですが、その分とても遣り甲斐のある案件でもあります。
そして何より、お客様からのお喜び戴いた声を聞かせて頂きますと、その際の達成感は本当に大きなものです!
さて、お陰さまで今現在も様々なお客様から沢山の御依頼を戴いており、現在進行中の施工案件も沢山あります。
次回のBlogにおいても、御検討中のお客様にとって参考になる施工案件をご紹介しようと思います。
是非次回も御期待頂ければと思いますので、宜しくお願い致します!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

GWも終わり、いつもの日常へと戻られた方も多いと思われます。
今年のGWは、人によっては9連休という長い休日となった方もいらっしゃるようで、本当に羨ましいかぎりです!
それ故、今年は例年にも増して海外へ旅行された方も多かったようですね。
また国内に目を向けましても、連休中は天候に恵まれ、様々な行楽地にて沢山の人で賑わっていた様です。
ちなみに当店の近くにあります”多摩動物公園”でも多くの家族連れの方々で賑わっており、なんだかほのぼのとした気持ちにさせてくれました。
きっとこの期間中、沢山の素敵な思い出が出来上がった事でしょうね!
さてさて、そんなGWも終わった後の本日は、こんな物を食べて参りました。


本日のランチは、八王子は下柚木にあるラーメン店”たまぞう”さんにて、”塩つけ麺”を食べて参りました。

前回のBlogでご紹介した八王子高倉町の”十八製麺”さんの姉妹店である、八王子下柚木のラーメン店”たまぞう”さんへ久しぶりに伺って参りました。
今回選んだメニューは、”塩つけ麺”です。
つけ麺と云いますと、醤油のつけ汁をベースとした物が大半ですが、”塩味”のつけ麺はなかなかお目に掛かる事が少ないと思います。
こちらのお店では、”塩坦々麺”で美味しい塩スープを戴いた事があるので、それがつけ麺になるとどんなふうになるのか、チョット期待してしまいます。
さて出てきた物は、上の写真の様な細めの縮れた自家製麺と、澄んだ綺麗な色をした塩のつけ汁のつけ麺でして、食べて見ますと、見た目とは裏腹にしっかりと塩の旨味を感じさせてくれる美味しいつけ麺でした。
麺も、この塩味のつけ汁にとってもマッチしたシャキッとした物で、自然にススッと口に納まって行きます。
そして当然最後には、スープ割を入れてスープを堪能しましたが、とても優しい塩味で、気付けばしっかりとスープも平らげてしまいました(笑)
こう云った旨味を感じさせてくれるつけ麺は、私個人的にとってもツボな味でした!
優しい味のラーメンがお好みの方なら、こちらのお店、とってもおススメですよ。
場所的にも、南大沢のアウトレットモールに近い場所にあるので、そちらへお出掛けの際に立ち寄って見ても良いかもしれませんネ!

さて、長い間ご紹介しておりました施工案件も、いよいよ最終段階に入って参りました。
早速ご紹介して見ようと思います。


日野市 I様邸施工9日目。いよいよ施工も最終局面に入りました。

日野市 I様邸施工9日目。
ファサード・駐車場とも完成し、いよいよ残すはサイドヤードおよびバックヤードの砂利撒き工事です。


まずはバックヤードに転がっていたガレキ等を全て整理し、産廃処分場へ。

まずはバックヤードに転がっておりましたガレキ等を全て整理し、産廃処分場へ運び出しました。


次に、凸凹になっております路盤を鋤簾等で鋤取りし、なるべく平らな状態にします。

そして次に、砂利を敷いた際の仕上げ高を設定し、凸凹状態となっている路盤を鋤簾等で鋤取り平坦な状態にします。
平坦な下地を作る事で砂利の厚さを平均にする事ができ、施工後数年経った際にも砂利にムラが出ない様にします。


鋤取りし、平滑な状態になりました。ちなみに埋められていた大谷石は、そのまま平板代わりに活かす様にしました。

上の写真は、鋤取りをした後の様子です。
ガレキ等がなくなり、スッキリする事が出来ました。
ちなみにバックヤード全体の土を鋤取ったため、残土の量もかなりのものです。
(土は空気を含むと、1.5倍から2倍近い量に膨れ上がります。)
こう云った事を可能に出来る所は、まさにプロならではだと思います。
ちなみに通路中央に据えられている大谷石は、このまま平板となる様に活かしました。


そして綺麗に砂利が敷かれ、スッキリと見違えりました!

そしてこちらが、砂利を敷いて仕上げた様子です。
平滑にした路盤の上には”防草シート”を敷いてあり、雑草の抑制だけではなく、砂利の土中への埋没も防ぎます。
仕上げ高をしっかりと設定した上で砂利を敷いたので、非常に綺麗に砂利を敷く事が出来ました。
もちろん、既設の枡や平板代わりの大谷石も埋没する事無く砂利上に出ております。
こうして見ますと、砂利敷きひとつとって見ても、下地作りがどれだけ大切かが良く分かりますね!

と云う事で、お陰さまでI様邸での全ての工程が無事終える事が出来ました。
次回のBlogにて、Beforeの写真を見返しながら施工を総括して見ようと思いますので、是非宜しくお願い致します!


玄関横の通路を塞いでいた立水栓もこの様にリニューアル。

玄関横にて通路を塞いでおりました立水栓も、スタイリッシュで且つ使い勝手の良い立水栓に変わりました。
ちなみにこの立水栓に使われているモザイクタイルは、門袖前の花壇にて使用したモザイクタイルと同じ物です。
こうして見ますと、モザイクタイルの良さを再認識させてくれる様に思います。

さて、この通りファサード箇所はほぼ施工が完了しましたが、まだ立水栓周りや裏手の方は何となく雑然とした感じですね。
もちろんこのままで終了と云う訳ではありません。
次のBlogではその箇所も仕上がり、ようやく完成した姿をお見せする事が出来ると思います。
では、是非次回のBlogもご覧頂ければと思いますので、宜しくお願い致します!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日も朝からカラッとした過ごし易い陽気でとても気持ち良かったですが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
巷では本日よりGW後半スタートとの事ですね。
各地のイベントや行楽地では沢山の人が訪れてた様ですし、私の職場の近所になります多摩動物園も多くの人で賑わっていた様です!
私は今日も仕事で現場等へ移動を繰り返していたのですが、家族で近くの公園でバーベキュー等楽しんでいる光景は本当に微笑ましくなって来ます。
ちなみにGW中の天候は、今週末6日土曜日のみ崩れる予報の様ですが、比較的穏やかな陽気に恵まれるとの事です。
是非皆さま、残りの休日思いっきり満喫して下さいね!

さて、そんな気持ちの良い陽気の中、私はこんな物を食べて参りました。


本日のランチは、高倉町の日野バイパス沿いにある人気店”十八製麺”さんにて「塩坦々麺」を食べて参りました!

本日は、高倉町の日野バイパス沿いにある人気店”十八製麺(じゅっぱちせいめん)”へ久しぶりに行って参りました!
こちらのお店は、カウンターの他にテーブル席もあり、休日のお昼には家族連れの方々でとっても賑わいます。
今日もラーメン好きな家族連れの方々で行列が出来ていました。
さて今日選んだメニューは、この時期限定の人気メニュー「塩坦々麺」を注文。
以前もご紹介した事のあるメニューだと思いますが、改めて食べて見ましてとってもバランスの良い美味しいラーメンだと思いました。
丁寧に出汁を取った旨味のある塩ラーメンで、これだけでも十分完成されている味なのですが、上にのせてあるカシュウナッツの入った肉味噌を少しづつ溶かして行くと、坦々麺へと変化して行くと云う一粒で二度美味しいラーメンなんです。
また辛さもそこまで刺激的ではなく、肉味噌に入っている山椒の香りと刺激が程良い感じの、マイルドな味なのです。
これなら、辛い物が苦手と思われる方でも美味しく頂ける坦々麺だと思います。
ちなみに、横についている炊き込みご飯と小鉢は、麺ものを注文するとサービスで付けてくれるのです。
相変わらず良心的で、さらに働いている皆さんの丁寧な接客が嬉しくってまた行ってしまう私個人的にお気に入りのお店です!
ただし少人数で回している様なので、込み合っている際は出てくるまでに少々時間が掛かってしまう様です。
もしご興味がありましたら、時間に余裕をもって行かれると良いと思いますヨ!

さて、本日も前回のBlogでの施工の続きをご紹介しようと思います。


日野市 I様邸施工8日目。お陰さまで、ファサード周りの施工はほぼ完了しました!

日野市 I様邸施工8日目。
この日にて、ようやくファサード周りの施工もほぼ完了する事が出来ました!


駐車場入口は、明るく広々とした感じに仕上げる事が出来ました。

こちらは駐車場入口の様子。
入り口前の乱張り舗装が完成し、以前より明るく広々とした空間に仕上げる事が出来ました。
伸縮門扉もLXILの新しい門扉へ変更し、使い勝手は以前より良い物となりました。


花壇もこの通り、モザイクタイルと幅広タイルの笠木がとても良い感じです。

門袖前の花壇もこの通り、既存のタイル門袖の色目にマッチしたモザイクタイルや幅広タイルで作った笠木がとても良く雰囲気に馴染んでおります。
花壇内には、”グリーンアドバイザー”でもあります私プランナーが自らブレンドしたオリジナル培用土を入れました。
是非素敵な花壇にして頂ければと思います。


駐車場内のアプローチも、イエロー系の乱張り石でとっても明るくなりました!

駐車場内のアプローチ箇所も、イエロー系の乱張り石による舗装に変わったお陰で、全体的にお洒落で且つ明るい雰囲気に変わりました。
明るくなりますと、心理的にもなんとなく広々とした感じになりますね!


玄関前のステップもこの様に見違えりました!ココが今回のリフォームの肝となっていた部分です。

そしてこちらは、今回のリノベーションにおける最大の肝となる玄関前の部分です。
幅を取っていたステップをなくして新たに乱張り石のステップにて再構築したお陰で、駐車場の奥行スペースを確保した使い勝手の良い空間に生まれ変わりました。
1段目のステップの幅を広く取ったお陰で、玄関横へのアクセスがし易くなり、息子さんが乗られている自転車も出し入れし易くなりました。
玄関右側には手摺りも設置し、将来的に安心して使えるお洒落で且つ機能的な空間にする事が出来ました。


玄関横の通路を塞いでいた立水栓もこの様にリニューアル。

玄関横にて通路を塞いでおりました立水栓も、スタイリッシュで且つ使い勝手の良い立水栓に変わりました。
ちなみにこの立水栓に使われているモザイクタイルは、門袖前の花壇にて使用したモザイクタイルと同じ物です。
こうして見ますと、モザイクタイルの良さを再認識させてくれる様に思います。

さて、この通りファサード箇所はほぼ施工が完了しましたが、まだ立水栓周りや裏手の方は何となく雑然とした感じですね。
もちろんこのままで終了と云う訳ではありません。
次のBlogではその箇所も仕上がり、ようやく完成した姿をお見せする事が出来ると思います。
では、是非次回のBlogもご覧頂ければと思いますので、宜しくお願い致します!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

気付けばいつの間にかGW突入!?
ここの所時間に追われる毎日を過ごしておりまして、曜日感覚等が薄れてしまっておりました(苦笑)
今日はGWも二日目、そして4月最後の日曜日でしたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
日中は天候に恵まれ、25℃を超える夏日となって少々暑いぐらいでした。
ホントこんな日は、何処かへ出掛けたくなっちゃいますネ!
ちなみに当店では、この休日を利用してお庭いじりをしようとされているお客様、また御自宅のリフォームでご相談に来られたお客さまが多く訪れて戴きまして、お陰さまで忙しい一日を過ごさせて頂きました。
ちなみに当店では、GW中も休まず通常通り営業しております。
(もちろん私も、GW関係なくお仕事しております!)是非御来店の程、宜しくお願い致します!

さて、そんな熱い昼下がりに、こんな物を食べて参りました。


本日のランチは、八王子は南町にありますうどん屋”たまや”さんにて、限定の豚キムチチゲうどんを食べて参りました。

本日のランチは、八王子は南町にあります人気うどん屋”たまや”さんへ久しぶりに行って参りました!
以前は八王子の街中に住んでいたので、歩いて行けるご近所さんのお店だったのですが、日野に引っ越して来てからは遠いお店になってしまいました。。
それでもここのお店のおうどん、やっぱり美味しくって無性に食べたくなっちゃうんですよネ(笑)
と云う事で、本日注文したメニューはこの時期限定のうどん”豚キムチチゲうどん”をチョイス!
夏を思わせる陽気の中、こんな熱々のメニューを何故だか選んでしまったのですが、これがまた実に美味しかったのです!
コシがあって喉越しの良いおうどんをベースに、コクがあって程良い辛さの豚キムチスープがとても良くマッチしておりまして、まさに”アトをひく旨さ”なんです。
熱々のうどんを、汗をカキカキ食べるのも結構良いものですネ!夢中になってあっという間に食べ終えてしまいました。
ちなみにこのおうどん、残念ながら本日が最終日だったのですが、明日からまた別の限定メニューに変わるとの事。
どんなメニューが出てくるのかちょっと楽しみになります。
それぐらいとっても美味しいうどん屋”たまや”さん、もし八王子駅近辺にお越しの際は是非立ち寄って見て下さいネ!
とってもおススメですよ!

さて、本日も前回のBlogでの施工の続きをご紹介しようと思います。


日野市 I様邸施工7日目。施工もいよいよ大詰めとなって来ました。

日野市 I様邸施工7日目。
施工もかなり進み、いよいよ大詰めとなって来ました!


この日の作業は、駐車場前側の乱張り舗装です。

この日に行った作業は、駐車場最前部の乱張り舗装です。
実は今回の施工において最も日程の調整が難しかったのがこの箇所でした。
理由としまして、最前部故に施工期間中及び養生期間中は、自動車を車庫内に入れる事が不可能だからです。
それ故、中々工程を調整する事が難しかったのですが、お施主様より数日間自動車でご旅行されるとの連絡を戴きまして、その日に最前部の乱張り舗装の工程を組む事が出来ました。


予め乱張り石を加工して仮置きし、乱張り石下にベースコンクリートを流して再び石を設置して行きます。

古い舗装タイルを全て剥がし、既存のベースコンクリートを削った所で乱張り石を仮置き。
全体的に張り上がりのバランスを見て、必要に応じて乱張り石をカット加工します。
そして乱張り石の配置が決まった所で、上の写真の様に乱張り石下にモルタルを流し込み、再度乱張り石を据えて行きます。
職方さんの手際の良さとセンスが問われる作業です。


石をベースコンクリート上に設置したあと、この様に石を上から叩き、全体的に平均的な仕上げ高になる様に微調整します。

ベースコンクリートの上に乱張り石を据えた後、ハンマーの柄の部分を使って小刻みに叩き、乱張り石全体的に平滑に仕上がる様に微調整を行います。
乱張り石は天然石故に、石個々で厚みが違ったりします。
そしてその厚みの微調整を行って平滑になる様にするのがまさに上の作業なのです。
乱張り石も様々な産地等のものがありますが、その中でも石全体の厚みが平均化されている石は初めて我々にとっての”上質の石”と呼べます。


乱張り石が据え終わると、その後目地にモルタルを入れて仕上げていきます。

乱張り石が据え終わしますと、石と石との間の目地にモルタルを入れて仕上げていきます。


同時に拡幅したステップ箇所に、既存タイルと類似したタイルを貼って仕上げていきます。

そして同時進行にて、玄関前のステップの拡幅箇所へは、既存のタイルと類似したタイルを貼る作業を行いました。
手摺り柱に併せて綺麗に丸くタイルをカット加工するところはタイル屋である担当職方のなせる技!
とても綺麗に加工されております。

さあ、徐々に施工も完成が見えて来ました。
あと残す工程も実に数箇所となって来ましたが、最後まで気を緩めるわけには行きません。
是非次回Blogも御期待頂ければと思いますので、宜しくお願い致します!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

ここの所、清々しい天気が続いてくれて、とても有難いですね!
住宅街を歩いていると、八重桜やモッコウバラ、ツツジ等色んな色の花で目を楽しませてくれます。
まさに”春爛漫”と云う表現があてはまる時期ですね!
また、徐々に樹木からは色鮮やかな若葉も姿を覗かせ、爽やかな”新緑”の時期を迎えようとしております。
今週末よりいよいよゴールデンウィークも始まろうとしておりますが、是非楽しい休暇をお過ごし頂ければと思います!
さて、こんな”春爛漫”な時期ですが、僕にとっては”花より団子”と云った感じでしょうか(笑)
やはり身体が美味しい食べ物を欲して来ますね!


本日のランチは、日野駅に程近い”市役所通り”沿いの人気店”こえもん”さんの中華そばとライスです!

と云う事で本日のランチは、日野駅に程近い”市役所通り”沿いの人気店”こえもん”さんの中華そばとライスです。
日野市内で食べれる八王子ラーメン屋さんの中でも、1・2を争うぐらいの名店です。
実はこのお店の店主の方とは、西八王子駅近くにある有名店”吾衛門”さんで修業されてた時から存じておりまして、数年前に日野市内に暖簾分けされた事を聞いた時はなんだかとっても嬉しく思いました!
ちなみにこの取り合わせは、西八王子の”吾衛門”さんでも良く頼んでいた組合せで、そちらのお店に負けず劣らずとっても美味しいラーメンでした!
嬉しいのが、ライスを頼むと必ず一緒に”のりたま”のふりかけを付けてくれる、”吾衛門”さんと全く一緒のサービス!
ふりかけを掛けたゴハンを頬張ってスープと麺を入れると、得も言われぬ幸せを感じるんです(笑)
修業先の”吾衛門”さんの味を忠実に守ってこうして日野市内で食べれるとは、なんとも幸せを感じさせてくれます。
もし日野市内で美味しい八王子ラーメンをと思われましたら、是非この”こえもん”さん、おススメです!

さて、本日も前回のBlogでの施工の続きをご紹介しようと思います。


日野市 I様邸施工6日目。さて、本日は何処まで施工が進むのでしょうか?

日野市 I様邸施工6日目。
さて、本日は施工が何処まで進むのでしょうか?とっても楽しみです!


この日はまず、水道職方による立水栓のリニューアル工事から始めました。

まずこの日に行った作業は、玄関横の通路で幅を取っていた既存の立水栓を撤去し、新たな立水栓へリニューアルする施工から始めました。
ちなみにこの写真で水道職方が設置している立水栓は、モザイクタイルを散りばめた”ニッコーエクステリア「モゼック」”と云う商品です。
ちなみにこの立水栓のモザイクタイルは、部材として取る事ができ、同じタイルを門袖前の花壇の化粧に使用しました。
この淡い色のグラデーションがとっても良い感じなんです!


乱張り石アプローチは、ベースコンクリートを打った上で乱張り石を再度載せ、最後に目地モルタルを入れて完成させました。

先日から施工を進めていた乱張り石アプローチは、乱張り石下にベースコンクリートを打って再設置し、更に目地にモルタルを埋めて仕上げました。
乱張り石の自然な雰囲気がとても空間に馴染んでおり、さらに全体的に明るく見せてくれています。


玄関前ステップも拡がり、手摺りもこの様に設置されました。

玄関前ステップもこの様に空間が拡がり、手摺りもこの通り無事に設置する事が出来ました。
ちなみに既存タイルへの柱設置には、”アンカー止め仕様”と云う最小限の穴の大きさでがっちり柱を固定する仕様の物を選びました。
その為、既存のタイルを傷める事無く綺麗に柱を立てる事が出来ました!


水栓柱はこの通り、無事に交換完了です。あとはフラットパンと下水管を接続すれば完了です。

そして午後には水栓柱もこの通り綺麗に建ちあげる事が出ました。
これに”フラットパン”を設置すれば、立水栓の完成です。


外側から眺めた様子。玄関前は上手く拡幅する事が出来ました!

こちらは外側から眺めた様子です。
玄関前のステップは上手く拡幅するする事ができ、とっても広々とた印象を受けます。
実際にお客様にお車を駐車して戴いて、使い勝手がどうなのか是非聴きたいものです!

と云う事で、施工も6日目が経ちました。
これから更にどの様に変化するのか、とっても楽しみになって来ますね!
それでは、また次回のBlogにてこの続きをご紹介しようと思いますので、是非宜しくお願い致します。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日も昨日同様に清々しい爽やかな陽気に恵まれましたね!
日中も20℃行くか行かないかと云ったこの時期らしい陽気で、とても気持ちの良い一日でした。
湿度も比較的低い様なので、今日の様な日は絶好のお洗濯日和と云えますね!
そして何故だか、こんな気持ちの良い天気の日は食欲も増して来ます(笑)
そこで、今日はこんな物を食べて参りました!


本日のランチは、以前Blogでご紹介した事のある西八王子の「らーめん熊八」さんの味噌ラーメンです。

本日は、西八王子駅方面にてお仕事があった関係で、以前このBlogでご紹介した事のある私イチオシのラーメン屋”らーめん熊八”さんへ伺って来ました。
こちらのお店、私が一言で言い表すとすれば「何を食べてもハズレがない!」と云っても過言ではない美味しいお店なのです!
さて、そんな熊八さんにて本日は、”しお八王子ラーメン”と並ぶ看板メニュー”味噌ラーメン”をチョイス。
ご覧頂ければ分かる通り、合せ味噌をベースに作った王道の味噌ラーメンです。
この味噌ラーメン、味はしっかりとした味噌の風味を活かした濃厚で円やかなラーメンでして、少々太めの麺との相性はもう云う事が無いぐらい美味しいです。
また、具材のモヤシもしっかりとシャキシャキ感があり、その中には行っている肉そぼろもとてもスープとマッチしております。
気付けばあっという間に食べてしまう、期待を裏切らないとっても満足なラーメンでした。
またこちらのお店、一回来店すると必ずくれる”感謝券”がまたありがたいのです。
600円以上のメニューにつき、大盛りないしトッピングをサービスしてくれるのです。
十分美味しいラーメンに、こんな良心的なサービス、必然的にリピーターになっちゃいますね(笑)
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね!

さて、本日も前回のBlogにてご紹介している施工現場の続きをお話しようと思います。


日野市 I様邸施工5日目。この日も張りきって施工を進めました!

日野市 I様邸施工5日目。
この日も職方さん共々張りきって施工を進めて行きました!


前回のBlog同様、この日も乱張り石施工を行いました。職方さんが乱張り石を選別して必要に応じて加工を施します。

この日も先日と同様に乱張り石の施工を行いました。
職方さんが乱張り石を選別し、必要に応じて上の写真の様にカット加工を施します。
ちなみに乱張り石施工においてカット加工を行う際、大抵の業者さんは”サンダー”等の機械を使ってカットするのですが、当社がお付き合いしている職方さんは機械切りをあまり良しとしておりません。
理由としては、機械だと正確且つ楽に加工が出来るが、同時に自然石ならではの風合いも損なわれてしまうので、手間が掛かってもタガネ等を使っての手作業に拘っているとの事です。
こう云う手間を惜しまずにコツコツと作業をしてくれる職方さんがいるお陰で、私も自信を持って乱張り舗装をオススメする事が出来ます。


そしてこの通り、均一且つ程良いラフ感のある目地の入った乱張り舗装が出来上がりました。

そして午後には、乱張り舗装部全体にこの様に石を配置する事が出来ました。
均一に且つ適度のラフ感を持たせた良い感じの乱張りとなりました。
後はこの下にベースコンクリートを流し、その上に乱張り石を配置して作り上げていきます。


石の配置が終えた所で、今度は手摺りの柱を設置して行きます。

乱張り石が大体張り上がった所で、今度は玄関横に新たに設ける手摺り”LIXIL「グリップライン」”の柱を設置して行きます。
まずは降り口の柱から設置しました。ここを基準に柱を設置して行きます。


更に前に造り替えを行った門袖前の花壇には、モザイクタイルにて化粧を施しました。

更に先日作り替えを行った門袖前の花壇ブロックには、この様にモザイクタイルにて化粧を施しました。
元々ある門袖のタイルの色目や、新たに設置した乱張り石舗装との相性も良く合っています。


職方さんの工夫で、天端にはタイルでの笠木を設けました。このタイルには内側に勾配を付ける事で、前面に雨だれが起きない様に工夫を施しました。

また、花壇天端の仕上げは当初モザイクタイルで仕上げようとしたのですが、担当職方さんより「それだと雨が降った際に、前面への雨だれの汚れが心配だよ。」と助言を貰いました。
そこで職方さんから知恵を出して貰い、お客様の承諾を得て30cm角のタイルをカット加工して即席の笠木を設置しました。
この笠木には内側へ向けての勾配を設ける事で、雨水が前へ流れおちない様にしました。
上の写真は、水平器にて勾配を調べた所です。外から内側へ勾配がとれている事が分かります。
これには、お客様もとても御満足頂けた様で、私が当初描いたイメージ以上の物が出来上がりました。

如何でしょう?
現場では、CAD等での図面では中々分からない様々な要素が隠れておりまして、それに対応して行きますとイメージ以上の良い物がそこから生まれてくるのです!
現場から学ぶ事は本当に一杯あって、私の今までのデザイン等もそこから生まれた物がとても多いのです。
それこそが、”イメージ図の120%の出来栄え”に繋がる要因なのでしょうね。
さて更に施工が進み、完成形へと一歩づつ近付いております!
この続きは、次回のBlogにてご紹介致しますので、是非宜しくお願い致します。


≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | ... | 5 | 6 | 7 || 次のページへ≫

ホーム » エクステリアリノベーション工事の施工情報

ブログカレンダー

<   2017-10   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
RapidSSL_SEAL-90x50
本サイトでのお客様の個人情報はRapidSSLにより
保護しております。