このページのトップへ
ホーム » 新築外構工事の施工情報
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日も昨日と同様に寒い冬晴れに見舞われましたね。
空は雲ひとつない澄み切った青空で、穏やかな日曜日でした!
今日あたりは、何処かへお出掛けするにはとっても良さそうな一日ですね。
Blogをご覧頂いている皆さんもどちらかへお出掛けになられたのでしょうか?
ここの所日課のウォーキングをしていると、ウメの樹にちらほらと花が咲いているのを見掛け、徐々に春が近付いているんだなぁと、感じさせてくれます。
また、私の知人がSNSで海沿いの河津サクラや緋寒サクラ、菜の花が咲き誇っている画像を掲載しており、ここからも春の息吹が感じられます。
なんだかウキウキさせられますね!早く暖かな春の陽気が待ち遠しくなります。
さて、そんな冬晴れの日曜日に、私はこんな物を食べて参りました!


”横川駅”と書いてある釜めし、そう!”おぎのや”さんの「峠の釜めし」です。

この独特な釜の入れ物、そして正面には”横川駅”の文字。
これを見てピンと来た方も多いのではないでしょうか?
そうです!長野県は横川駅の駅弁として有名な”おぎのや”さんの「峠の釜めし」です。
たまたま私の知人が軽井沢からのお土産で持って来てくれた物で、数年振りに食べる事が出来ました。
峠の釜めしは、不思議と冷めていても美味しく食べれる所が特徴ですね。この秘密は一体何なのか、是非知りたい所です!
また、具材に”あんずの甘露煮”が入っている所も独特で、甘酸っぱい味が何故か不思議と釜めしに合うんですよね。
鶏肉も柔らかく、その他の野菜も程良い塩加減で、まさに”釜めしの王様”と言っても良いのではないでしょうか。
こんな美味しいお土産を貰ってしまいますと、また長野方面へ出掛けたくなります!
それでもって、是非一度、この釜めしの出来たてを食べて見たいものですね。きっととても美味しいのでしょうね。

さて、長い期間ご紹介しておりました”八王子市 S様邸新築外構工事”も、ようやく完工する事が出来ました!
本日は完成した姿をご紹介しようとも思います。


八王子市 S様邸新築外構工事。造園工も無事終わり、晴れて完工の日を迎える事が出来ました!

八王子市 S様邸新築外構工事。
実働十五日目にして、ようやく完工の日を迎える事が出来ました!


ファサード空間。デザインテーマである”市松風”という物をアレンジし、モダンで且つ大人な雰囲気のお洒落な空間となりました。

こちらはファサード空間の様子です。
今回のデザインテーマ”市松風”という物に則って、私なりにアレンジした空間ですが、狙い通りのモダンで且つ落ち着いた雰囲気のファサード空間を演出する事が出来ました。
特に、アプローチのデザインと門扉の縦横格子のデザインとがとても良くマッチしており、全体的にまとまった空間にする事が出来ました。


門は両開きタイプを選んだので、必要に応じて広い開口部を作る事が可能。奥に配置した植栽が、奥側の玄関スペースを程良く目隠ししてくれます。

門扉は両開きタイプのため、必要に応じてこの様に広い開口部を確保する事が出来ます。
こうして見ますと、黒いタイルと白いコンクリート、そして白い化粧砂利が入った事で、タイルで描いた幾何学的な模様がとても良く浮かび上がっております。
更にアプローチ空間の中間に設けました植栽スペースにより、グリーンの柔らかい雰囲気が程良いアクセントとなってくれております。
また、植栽が奥の玄関スペースを程良く目隠ししてくれるので、アプローチ空間の奥行き感がさらに強調されております。


こちらは駐車場の様子。アルファード、ボルボが余裕を持って駐車できる理想的なカースペースが出来上がりました。

そしてこちらは駐車場の様子です。
ボルボ・アルファードが余裕を持って駐車できる、理想的なカースペースを作る事が出来ました。
駐車場は緑の人工芝によるラインで駐車位置を明確にする事ができ、自動車が出た後もグリーンの人工芝とコンクリートとの鮮やかな空間が現れます。
また、カーポートが駐車場と建物窓とを巧く覆ってくれている事で、雨が降った際の使い勝手もしっかりと考慮されております。


アプローチ・玄関前・駐車場とを繋ぐ中間地点には、モノトーン調のモザイクタイルを散りばめた立水栓が設置されております。

更にアプローチ・玄関前・駐車場とを繋ぐ中間地点には、今回のデザイン要素を凝縮させたかの様な”モノトーン調”のモザイクタイルを散りばめた立水栓が設置されており、所謂”フォーカルポイント”の役目を果たしてくれております。
もちろん見た目だけの物ではなく、洗車・清掃・水遣りなどなど様々なシーンで活用できる、使い勝手の良い立水栓となっております。


玄関前の様子。大きな角格子のスクリーンが空間を引き締めてくれております。

そしてこちらは玄関前の様子。
大きな角格子スクリーンが、空間を巧く引き締めてくれております。
これがある事で、お隣さんとの目線を気にすることなく玄関からの出入りが可能となります。
また、和室の障子の様な角格子パネルが、今回のデザイン要素としっかりとマッチしており、圧迫感を与える事無く巧く空間に溶け込んでおります。


そしてこちらが今回のデザインテーマのヒントをくれた”玄関ドア”です。空間ととても良くマッチしております!

最後にこちらは、今回のデザインテーマのヒントをくれた”玄関ドア”です。
この玄関ドアのデザインが、今回全てのエクステリアデザインに取り入れてあるので、空間とマッチしているのは云うまでもありませんネ。
では最後に、ビフォア・CADイメージ・アフター画像をお見せして締めくくろうと思います。


まずは施工前の様子。

こちらは施工前の様子。
声を掛けて頂いた時は、まだ暑い最中でした。雑草等が目立っておりますね。


そしてこちらが、CADにてお造りしたイメージです。

そしてこちらが、CADにてお造りしたイメージです。


そしてこちらが、施工後の写真です。今回も”イメージの120%の出来栄え”にする事が出来ました!

そしてこちらが、完工後の写真です。
今回もお陰さまで、”イメージ図の120%の出来栄え”に仕上げる事が出来ました!
長きに渡りS様邸の施工の様子をご紹介致しましたが、この様に無事に仕上がるまで、様々なドラマがありました。
施工規模が大きくなり、更にデザイン性の強い物となりますと、現場での技術力・対応力・センスが問われるとても難しい物となります。
しかし、こうして完成しますと、なによりもお客様からの”お願いして良かった!”という言葉に、本当に報われます!
今回もS様には、大変なお褒めの言葉を頂けました。
是非これからも、長年の間このエクステリアと共に素敵なライフスタイルを創造して頂ければ幸いです。
本当にありがとうございました!!

さて、こちらの案件は当ホームページの”施工事例”にも概略をUPさせて頂いております。
また、そちらから順を追って施工段階のBlogをご覧頂く事が出来ますので、ご興味がございましたら是非宜しくお願いします。

そして、また次回のBlogからは別のお客様のお話をご紹介しようと思います。
こちらも是非ご覧頂ければと思いますので、引き続き宜しくお願い致します!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は昨日の暖かな陽気から一変して、曇りがちの寒い一日でしたね。
”春一番”が観測された翌日は、必ず北風を伴った”寒の戻り”と云う物がやって来るという事ですが、まさにその通りの一日となりました。
昨日は最高気温20℃以上の気温となり、今日は9℃とその差10℃以上!?
数字以上に体感温度はとても寒く感じられます。皆さま、くれぐれも風邪等ひかない様に体調管理には気を付けて下さいね。
ちなみに私、朝から少々鼻がムズムズして、時折くしゃみが出てしまいます。。
私の場合、目のかゆみも少々伴った感じがあるので、いよいよ花粉症の症状が出て来ている様です。
これも昨日の”春一番”がもたらした”春の訪れ”と云う物なのでしょうかネ(笑)
さて、今日はこんな寒い日なので、温かいこんな物を食べて参りました!


八王子は富士森公園前にありますラーメン屋”アメミ屋”さんの「中華そば」です。寒い時はやはりラーメンに尽きますネ!

本日伺ったお店は、このBlogでは始めてご紹介するラーメン屋、八王子は富士森公園前にあります”アメミ屋”さんというお店です。
今日こちらで注文したラーメンは、オーソドックスな”中華そば”です。
ご覧頂いた通り、八王子ラーメンの特徴である醤油スープ・表面のラードの膜・刻み玉ねぎと、まさに王道のラーメンです。
こちらのお店のスープは、一口飲んで見ますと少々香ばしい独特の風味があります。
お話によると、隠し味に”焦がし醤油”を加えているとの事。今まで食べた八王子ラーメンとはまた一味違った感じの味でした。
また、このお店で私自身が気にいった物として、”チャーシュー”が印象に残りました。
写真では刻み玉ねぎに埋もれてしまっていて見えにくいですが、この下に厚切りのチャーシューが入っているのです。
このチャーシュー、通常厚切りにされていると少々パサついたした感じになりがちであまり感心しない所ですが、こちらのチャーシューはしっかりと下ごしらえしてじっくり煮込んだ物の様で、口の中に入れるとホロホロっと解けるかのようにとっても柔らかくジューシーなのです。
私の中では、久しぶりに美味しいチャーシューを食べたなぁっと、とっても満足なラーメンでした。
ちなみにコチラの看板メニューは、これでもかっと云うぐらいに沢山の白髪ネギが乗っかった「ネギラーメン」との事です。
私は正直ネギが苦手なので、ちょっと頼む事は無いと思いますが、もしネギ好きの方がいらっしゃいましたら、是非お出掛けして注文して見ては如何でしょう。

さて、本日も昨日のBlogで取り上げました施工現場の続きをご紹介致します。


八王子市 S様邸新築外構工事施工十四日目。ついに工程も最終段階に入りました。

八王子市 S様邸新築外構工事施工十四日目。
いよいよこの日に行われた施工で最終段階となりました。
本日行った工事は、植栽・化粧砂利敷き込み等の”造園工”となります。
「ここまでくればほぼ終わったも同然!」と高をくくっていたのですが、そうはいかないのが現場の怖さです。
朝一番に造園職方から、
「施工中急にガス臭くなり、辺りに臭いが充満している様なのですが・・・」
と云うまさかの連絡が入ってしまいました。
すかさず職方へは、
「火器類の使用やエンジン物の作業は絶対にやめて下さい。これから直ぐに向かいます!」
と連絡し、すぐさまS様邸へ向かいました。


状況を確認してガスメーターの元栓を止め、すぐさま東京ガスへ通報。原因を調査して貰いました。そうしたら以外な事が判明!
ガスメーター周りの配管が地面から10cm少々の非常に浅い所に入っており、防草シートのピンを挿した際に穴が開いてしまったとの事。

到着して早速状況を確認しましたら、どうやらガスメーター周りからガスの臭いがしている事が分かりました。
すぐさま東京ガスに通報して指示を仰ぎ、ガスメーターの元栓を閉めた上でS様にもご報告しました。
待つ事10分少々で東京ガスの緊急車両が駆け付け、早速ガス漏れ箇所を調べて貰いました。
すると意外な事が判明!?
なんとメーター周りのガス配管が、地面からわずか10cm少々ぐらいの浅い所に入っておらず、砂利敷きのベースとして敷いていた防草シートのピンを挿した際にその配管に刺さってしまったとの事。
上の写真は、その穴が開いてしまった配管です。右側の写真を見て頂きますと分かる通り、小さな穴が開いてしまっております。
今まで20年近く外構のお仕事に従事しておりますが、さすがにこう云った事態は始めてでありました。
直ぐに穴のあいた配管箇所を新しい物に取り替えて難を逃れましたが、もし気づかずに作業を進めておりましたら、大変な事故に繋がっていたかもしれません。。
また、お施主様自身でもし防草シートを敷こうとしていたとしたらと考えていましたら、ゾッとします。
さて、これでひと段落かと思いましたら、更に災難は続いてしまいました。。


住宅裏手の方にて、急に水が溢れだしてしまったとの事!?しかも水道メーターの元栓を止めても止まらない!!
すぐさま水道職方を読んで、調査開始!なんと以前、お隣さんと共同で使われていた井戸水の配管からの水漏れとの事。

なんと今度は住宅裏側から突然水が湧きだして止まらないとの事!?
すぐさま水道メーターの元栓をひねって見た物の、それでも水が止まらない!!
いったい何で溢れだしたのか分からないまま、直ぐに水道職方を呼んで早速調査開始。
すると、なんと以前お隣さんとコチラにお住まいだった方と共同で使用していた井戸水の配管から溢れだしている事が判明!
すぐさまお隣さん宅内にある井戸水の元栓を閉め、ようやく水が納まりました。。
その後水道職方によって原因の配管にしっかりと栓をした上で埋め戻し、事無きを得ました。
いやあ、埋設配管のリスクは外構工事においては常に付き物ではあるのですが、この様な極端な例は流石に初めてでした。
何よりも新築の上でこの様な事態に陥っているので、こちらの建築を担当した建設会社さんは、いったいどんな設備計画をして進めたのかとても疑問に思いました。
いずれにしても、こう云った配管は一歩間違えますと大きな事故に繋がりかねないリスクを持っております。
Blogをご覧頂いている皆さんも、外構工事を御検討する際に配管図等をご用意頂いた上でご相談頂けると良いかと思います。
(それでも、予想外の事態になる事は多々ありますが。。)
そして何より、建築業者さんには、この場をお借りして是非、しっかりとした配管計画を行って貰う事を強くお願いします!
今回の様に配管の埋設が以上に浅かったりした場合、様々な不足の事態が生じ、何よりもお客様に多大な被害が出てしまいます。。
是非宜しくお願いします!!


様々な不測のハプニングが起きてしまいましたが、なんとか午後からは作業を再開する事が出来ました!

様々な不測のハプニングが起きてしまいましたが、午後からはなんとか造園工の作業を再開する事が出来ました。
写真に写っている樹木は、今回ファサード空間後ろに植えるシンボルツリー”ソヨゴ”の株立ちです。
この樹は事前に、S様御一家とマネージャーとで立川にある養樹園へ行って何本も植わっているソヨゴの中から選んだ一本です。
とても良い形をしており、きっとこれからS様邸の”シンボル”として育ってくれる事と思います。

さて、次回のBlogにて完成した姿をお披露目する事が出来ると思います。
今日は、この日に起こったハプニングの事しかご紹介できませんでしたが、出来上がったエクステリアは非常に素晴らしい物となりました!
こちらの施工前の様子と併せて見比べて戴いて、是非御期待頂ければと思いますので、宜しくお願い致します。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は予報通り、”春一番”の南風に見舞われた暖かな一日でしたね!
20℃近い暖かな陽気は、春の息吹を感じさせてくれて何処となく気分がウキウキします。
しかし、時折吹く突風はやはり困りものですね。。
私たちの仕事でも、高所で行う仕事の際は強風が吹くと場合によっては仕事を止めて様子を伺う場合があります。
特にカーポートやテラス屋根の屋根張り作業では、とても気を使います。
無理して作業を進めた際、風で身体が持っていかれて転落事故となってしまっては洒落になりません。。
なによりも大切なのは”安全第一”!小池都知事風に云えば”セイフティーファースト”でしょうか?(笑)
皆さんも今日の様な風が強い日は、怪我の無い様に気を付けて下さいね。
さて、そんな暖かな陽気の時は、春らしい美味しい物が食べたくなりますね!
今日はこんな物を食べて参りました!


私のお気に入りの定食屋、八王子は石川にある”ひこち”さんの「海老の塩野菜炒め定食」です。

私のお気に入りの定食屋!八王子は石川にある”ひこち”さんの「海老の塩野菜炒め定食」です。
プリプリの海老の他、春らしいキャベツやアスパラ、キクラゲ、タケノコ等の野菜がたっぷり入った塩炒めで、海老の旨味に野菜の甘みがプラスされて本当に美味しい一品でした。
これに炊き立ての白いご飯が本当に良く合い、当然の事ながらおかわりをした事は云うまでもありません(笑)
また、小鉢のわかめの酢の物や筑前煮、キクラゲの天婦羅とこれがまた嬉しい名脇役なのです!
そして温かな大根と油揚げのお味噌汁。こうして書いていると自然とまたお腹がすいて来てしまいます。
このメニューは日替わりのため、翌日同じ物がある訳ではないのですが、もしお近くを通られる機会がありましたら、是非オススメのお店ですよ!

さて、本日も昨日のBlogで取り上げました施工現場の続きをご紹介致します。


八王子市 S様邸新築外構工事施工十三日目。いよいよ工程も仕上げ段階に入りました。

八王子市 S様邸新築外構工事施工十三日目。
昨日は大型スクリーン設置の様子をご紹介致しましたが、いよいよ仕上げの段階へと入って参りました。


機能門柱には最後に注文して置いたアイアン表札が設置され、ようやく完璧に仕上げられました。

ファサード空間もこの通り、非常に良い仕上がりとなりました!
機能門柱には、注文しておいたアイアン表札が設置され、ようやく完成する事が出来ました。
残念ながらプライバシー上の問題で、表札の字体をお見せする事は出来ませんが、シンプルな木調の門柱にシルバーの表札やポストがとても良くマッチしており、門扉を含めて狙い通りのモダンな雰囲気を醸し出しております。


斉藤タイルさんが、丹精込めて造ったアプローチを更に磨いて仕上げております。
アプローチ全体が輝いております。

更に斉藤タイルさんが、丹精込めて造ったアプローチをウェハースで更に磨きを掛け、仕上げてくれております。
そのお陰で、右側の写真の様にアプローチ全体が輝いております。
ファサードのデザインとの関連性が狙い通りに表現されており、非常に良い仕上がりとなりました。
後はアプローチ周りの土の部分に造園工を入れれば、完璧です。


駐車場には人工芝が設置され、白いコンクリート舗装面とグリーンの人工芝とがとても良くマッチしております。

こちらは駐車場の様子です。
人工芝のグリーンが入った事で、白いコンクリート舗装部と良くマッチしており、とても鮮やかな雰囲気に仕上がりました。
また、このクッキリとしたグリーンのラインにより、駐車する際の分かり易い目安になり、まさに”機能美”と云う一言に尽きると思います。


玄関前スクリーンの様子。角格子にすりガラス調のポリカパネルが入り、デザイン面と機能面が両立されたスクリーンとなりました。
勝手口側にも同様にスクリーンが入りました。こちらもお隣さんの玄関前と云う事を配慮したスクリーンなのです。

そして上の2枚の写真は、昨日ご紹介したスクリーンの完成した様子です。
LIXIL「プラスG」の角格子タイプを設置しましたが、今回のデザイン要素がしっかりと入ったモダンなスクリーンとなりました。
角格子にすりガラス調のポリカパネルを入れますと、何処となく和室の”障子”の様にも見えて来ますね。
玄関側、勝手口側共に高さ3mもの大きなスクリーンではあるのですが、圧迫感と云う物はほとんど感じさせないとても素敵なスクリーンです。
職方さん達と苦労して設置した甲斐がありました!

いよいよ工程も最終段階である”造園工”を残すのみとなりました。
”もうほぼ完成したのも同じ!”と安心したい物ではありますが、実はその造園工を行っている際に、あるハプニングが起きてしまうのです。。
この事に関しては、次回のBlogにてお話したいと思います。
エクステリア工事をご検討されている方にとっては、是非参考になる事と思いますので、是非お見逃しなく、宜しくお願いします。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日はまるで春を先取りした様な暖かな一日でしたね!
日中は14℃位まで上がり、外に出ていると清々しい気分にさせてくれました。
ちなみに明日の予報では、日中20℃近くまで上昇するとの事。春を通り越して初夏を思わせられるぐらいの陽気になりそうです。
また昨日のBlogでもお話した通り、かなり強い南風が吹くらしく、これが今年の”春一番”となるとの事です。
ちなみに今日ラジオの天気予報でお話しておりましたが、”春一番”と聞くと何となくほんわかした良いイメージを思い浮かべる方も多いと思いますが、実は台風などと同じく”春の嵐の到来”という要注意の予報と見た方が良いとの事です。
確かに云われて見ますと、”春一番”によって農作物に影響が出たり、鉄道や道路が止まったり、看板や足場が飛ばされたと云った被害がニュースに流れる事が多々ありますね。
しかしこの”春一番”。なんとなく良いイメージに変えてしまったきっかけがあるとの事ですが、皆さん何だと思いますか?
それは、1976年にリリースされた”キャンディーズ”の「春一番」と云う曲のヒットがきっかけとの事です。
1976年は、私が生まれた年だけにどの様に人気があったのかは分かりませんが、物心付いた頃には春と云えば”この曲”と云った感じで定着しておりました。
メディアの造り上げるイメージ、なんだか凄い力ですね。。
ちなみに、明後日には”寒の戻り”でかなり冷え込みが強くなるとの事なので、くれぐれも体調管理には気を付けて下さいね。

さて、本日も昨日のBlogの続きをご紹介しようと思います。


八王子市 S様邸新築外構工事十二日目。いよいよ施工も大詰めとなって参りました!

八王子市 S様邸新築外構工事十二日目。
様々な物がかなり仕上がり、いよいよ施工も大詰めとなって参りました!


この日はまず、電気職方による電気設備工事を行いました。住宅の”ジョイントボックス”より配線を結線します。

まずは電気設備の設置工事から始まりました。
電気職方さんが、先日予め埋め込んでおいた電管(CB管)に電線を通し、住宅に設置されている”ジョイントボックス”(屋内配線と屋外配線とを繋ぐ中継設備)に結線します。


こちらが電気設備を設置した様子です。今回は12V照明を設置するため、電源との間に電圧を落とす”トランスユニット”を設置します。

こちらが”ジョイントボックス”から各電気設備へ配管した様子です。
右側の白い箱が”ジョイントボックス”で、その箱の右下の電管がインターホンの配管。そして左側が照明の電源となります。
今回照明は、安全性・省エネ性に優れた”12V照明”を選んでおります。
しかし、普通日本の戸建てにおける標準電圧は”100V”となっております。当然この電気を器具に直接送ってしまいますと、電圧が高過ぎてショートしてしまいます。
そこで、左側に設置されております”トランスユニット”を用い、100Vを12Vへ変圧して器具へ送ります。
またこのトランスユニットには、光センサーとタイマーの機能が付いており、暗くなりますと自動で点灯して設定時間にて消灯すると云う優れモノなのです。


そして照明は、予め設置された機能門柱に取り付けられます。白い丸い物が、LED照明の光源です。
設置位置を確認し、ボルトで照明を固定します。

そして肝心要の照明は、先日設置した機能門柱に付けられます。
まず配線を設置位置に出した上で、照明を固定します。
今回設置する照明は、LIXIL”美彩シリーズ”の角型ガラス照明です。
実際のLED光源は、写真の通り丸い小さな物なのですが、これ自身がかなりの高輝度タイプのLEDでして、これにガラスカバーが被せられる事で、大きさからは想像できないぐらいに周りを明るく照らしてくれます。


そしてこれが設置された様子です。左側がカメラ付きインターホン、右側が角型ガラス照明です。

そしてこれが実際に設置された様子です。
向かって左側がカメラ付きインターホン。そして右側が角型ガラス照明です。
ちなみにガラス照明の正面にカバーがされておりますが、これは機能門柱正面に立った際、LED特有の直線的な光が直接顔に当らない様にした”遮光カバー付き”の物だからです。
こう云った照明一つのチョイスも、私たちのお客様への配慮の現れです。


同時に植栽スペースには、12Vのスポット照明が設置されました。

同時に植栽スペースには、同じ”美彩シリーズ”のLEDスポットライトが設置されました。
下のポールは、下草や灌木が育った際にスポットライトが埋もれてしまうのを防ぐための仕様です。
そして機能門柱の照明とスポットライトは、先程ご説明した”トランスユニット”にて、全自動で制御されます。
面倒なスイッチのON・OFFは不要です。


そして同時進行にて、玄関前と勝手口前に設置される大型スクリーンを組み立てております。

そして電気工事と同時進行にて、斉藤タイルさんが助っ人の職方さんを呼んで、玄関前及び勝手口に設置される大型スクリーンの組み立てに入りました。
今回設置するスクリーンは、LIXIL”プラスG”シリーズの”Gスクリーン角格子タイプ”と云う商品です。
高さ3mある大型スクリーンのため、設置位置で組み付けず、駐車場にて先に組み立ててから立てる方法をとりました。


そして実際に玄関前に設置された様子です。かなりの大きなスクリーンである事がお分かり頂けると思います。
設置位置が決まった所で、基礎穴にコンクリートを流し込んで固定します。

そしてまずは玄関前から。
玄関前に設置されたスクリーンは、横2m×高さ3mのもの。
玄関ドアを開けた際にお隣さんの窓が丁度正面に位置してしまうため、デザインにあった角格子パネルの目隠しフェンスをご提案させて頂きました。
設置位置が決まった所で、基礎穴にコンクリートを流し込んでしっかりと固定します。


更に勝手口側のスクリーンを組み立てます。
組み上がった所で、設置位置にスクリーンを運び設置。

更に勝手口側にも同様にスクリーンを設置します。
こちらは横幅1.5m×高さ3mのスクリーンとなります。先程の玄関前のスクリーンよりも横幅は小さいですが、それでも大きなスクリーンには変わりありません。
そして組上がった所で、勝手口前にセッティング。
こちらの場合、設置位置が非常に狭く、尚且つ勝手口庇等の高さも考慮しなくてはならないので、かなり難しい工事となりました。


位置を微調整し、水平等をみてようやく固定。設置が終わる頃には、いつの間にか真っ暗になってしまいました。

そして微調整を行い、垂直水平を出した所で基礎穴にコンクリートを流し込みます。
更に角格子に一枚ずつすりガラス調のポリカ板を組み付けて行きます。
これがまた、中々格子パネルに入り込めず、少々手間取ってしまいました。
ようやく組付けが終了する頃には、辺りは真っ暗くなってしまい、”灯光器”が必要となるぐらいでした。
実は今回のプランの中で、私がもっとも懸念材料として持っていたのが、この勝手口前のスクリーン設置。
位置的にもかなり狭く、上には庇、下にはコンクリステップとかなりタイトで、更にガス配管等もブロック際を通っていたりして、設置はかなり難航する事が予想されましたが、斉藤タイルさん達の工夫等が功を奏し、なんとか無事設置する事が出来ました!

さあ、S様邸の大きな設備工事もほぼ終わり、後は細かな仕上げ段階が残るのみ!
しかし何度も云う様に、施工現場には絶対が無いため、油断は禁物です。
最後まで気を抜かず、S様に喜んで頂けるエクステリアとなる様に進めて参ります。
では、またこの現場の続きは次回Blogにてご紹介しますので、是非宜しくお願いします!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日も朝から良い天気に恵まれました。雲ひとつない、冬らしい晴天ですね!
そして天気予報によりますと、今週金曜日には気温が上がり、強い南風に見舞われるとの事。
どうやらその南風が、今年の「春一番」になる様です。
「春一番」と聞くと、春の訪れを感じさせてくれるウキウキした物にも感じられますが、もう一方で素直に喜べない事もあります。
そうです!黄色い風が飛び交う”スギ花粉”の季節の到来です。
私自身、”花粉症”とは20年近いお付き合いになりまして、まさに今の業界で働き始めた頃になります。
何故だかこの時期になると、働き始めた頃を思い出しまして、懐かしい気持ちと共に「ハクション!」っとクシャミが出てしまうんですよね(笑)
最近ではクスリの進歩も目まぐるしく、飲み薬と点鼻薬・点眼薬のお陰で症状も軽くなってくれています。
皆さんの中にも花粉症の方は多いと思いますが、いち早く対処される事をオススメしますよ!

さて、今日も美味しい物を求めにこんな物を食べて参りました!


西八王子にある”らーめん熊八”の塩八王子らーめん。更にチーズとバジルが入っているこの時期限定のラーメンです。

このBlogでは始めてご紹介するラーメン屋、西八王子にある”らーめん熊八”さんの「塩八王子らーめん チーズ・バジル入り」というラーメンです。
こちらのラーメン、八王子市内のラーメン通な方々の口コミで人気急上昇中お店で、私も八王子市内のラーメン屋さんの中では今イチオシのお店です。
と云うのも、このお店、どのメニューを食べてもハズレが無いぐらいに美味しいラーメン屋さんなんです。
今回選んだこの「塩八王子らーめん」も、澄みきった旨味タップリの塩スープに程良いコシのある麺とのバランスが良く、また八王子ラーメンの特徴である”刻み玉ねぎ”がとっても良く合うんです。
そして更に、この時期限定でチーズとバジルをトッピングした物が選べるのですが、これがまた塩ラーメンに程良いコッテリ感と風味を与えてくれて、なかなかなんです!
そんな美味しいラーメンだけではなく、こちらのお店ではこんな物も評判が良いのです。


熊八さんのもう一つの看板とも云えるのが、この”焼き餃子”です。ラーメン店の餃子だからと侮るなかれ(笑)

熊八さんのもう一つの看板とも云えるのが、この”焼き餃子”なんです。
この餃子、周りはパリパリで中は驚くぐらい非常にジューシーな餃子でして、ラーメン屋さんのサブメニュー的な物とは全く別物の美味しさなのです。
今回選んだ餃子は、ラーメン等のメニューを選んだ際に取れる”ハーフ餃子”で、ちょっと餃子が食べて見たいと云う時にはありがたいメニューなんです。
この他にも様々なメニューがあるのですが、是非一度行って見て戴く事をオススメします!
場所は台町五差路近くの”西八王子ハイツ”と云うマンションの裏手にあります。
ちなみに駐車場が無いので、お越しの際は近くのコインパーキングに駐車してから行って見て下さいね。

さて、本日も前回ご紹介した施工案件の様子をご紹介しようと思います。


八王子市 S様邸新築外構工事十一日目。完成へ向けて、順調に作業が進んでおります。

八王子市 S様邸新築外構工事施工十一日目。
かなり工事も進み、完成へ向けて着々と作業も進んでおります。


ファサード空間の様子。コンクリートも白く乾き、イメージ通りの雰囲気に仕上がっております。
アプローチ空間もこの通り。黒いタイルと白いコンクリートとの対比がしっかりと現れております!

上の写真は、ファサード空間とアプローチ空間の様子です。
以前ご紹介した際には、コンクリートを打設したばかりだったため、コンクリートの灰色が目立ってしまって分かりにくかったと思いますが、この通り白く乾き、黒いタイルと白いコンクリートの対比がしっかりと現れております。
ほぼイメージ通りの仕上がりに、プランナーとしてホッとします。


更に施工職方の斉藤タイルさんが、側面のバリ等をとったりして、細やかに仕上げを施してくれています。

更に施工職方の斉藤タイルさんが、アプローチ側面に生じるコンクリートのバリ等をとって、更に丁寧に仕上げてくれています。
「今回の案件は、意匠性がかなり強く、施工の方も手間がとても掛かるが、その分とっても遣り甲斐があったよ。」
と、職方さんからの嬉しい一言を貰えました。
プランナーと職方さんとはある意味対極的な面もあるのですが、こう云う何気ない一言は、プランナーにとって自信に繋がる職方さんからの最大の褒め言葉です!


駐車場内に設けた窪んだ舗装部は、この”人工芝”を設置します。
人工芝を敷設する際、勾配の一番低い箇所に2箇所穴を開けてありますが、これは職方さんならではの工夫なんです。

そして、前回施工していた駐車場内の窪んだコンクリート舗装部ですが、こちらには緑色の”人工芝”を設置します。
従来であれば、駐車場内にタマリュウ等の下草ないし芝生を植え込んだ”草目地”を設ける事が多いと思いますが、植物を植えこめば必ず”メンテナンス”と云う物が発生します。
まして今回の様な大きな屋根に覆われた空間の場合、”水遣り”等の問題が発生します。
もしそう云ったメンテナンスを無くしたい場合には、”化粧砂利目地”や”レンガ目地”と云った物をご提案するのも一つの考え方ですが、S様からは「出来たら駐車場内にもグリーンのアクセントを取り入れたい」と云うご要望を戴いておりました。
そこで私たちがご提案した物が、この”人工芝”です。
人工芝は、以前Blogで何度かお庭に敷き込んだ物をご紹介した事がありますが、実はこの様に駐車場にも使用する事が出来るのです。
その際、気を付けなければいけないポイントがあります。
それは、/郵芝上にも車両が乗る事を想定する。と云う事と、⊃綮けを考慮する。と云う2点です。
,亡悗靴討蓮■吋肇鶲幣紊△觴嵶召乗る事を想定してコンクリートを厚めに打ち、陥没が無い様にします。
また、人工芝は強力な専用接着剤を使いしっかりと固定する事で、簡単に取れない構造とします。
△亡悗靴討蓮勾配をしっかりと計算した上で最も低くなる箇所に”水抜き穴”を予め空けておきます。
そうする事で、多少の雨であればその穴へ流れ込んで浸透させる事ができ、多量の雨であれば溢れても勾配をしっかり取ったコンクリート舗装部によって道路側へ排出されると云う設計にしております。
デザインを考える上では、こう云った起こりうるリスクをどう考慮するかも大切です。


更に勝手口前に設置する大型スクリーンのための基礎穴も開けておきます。
高さ約3mの大きなスクリーンを設置するため、大きな基礎穴が必要となります。

更に勝手口前には、高さ約3mもの大型スクリーンを設置するため、基礎穴も予め空けておきました。
3mもの大きなスクリーンのため、基礎穴も大きく且つ深い物にしておかなくてはなりません。
狭い箇所での作業で少々大変ではありましたが、何とか無事基礎穴を開ける事が出来ました。
この日の作業は、ここで終了となりました。かなり工程も進み、完工も見えて来ました!

それでは、また次回のBlogにてこの現場の続きをご紹介しようと思いますので、是非宜しくお願い致します。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は朝からとても良い天気に恵まれましたね!
週の始めとしては、絶好のお天気だったのではないでしょうか。
しかし場所によっては天候も様々で、山陰地方では予報通り積雪90cmという大雪に見舞われてしまい、道路や鉄道に大きな影響が出てしまったようです。。
今年は寒い日が多い様ですが、積雪等に見舞われない東京周辺はまだ恵まれていると思った方が良い様ですね。
ですが晴天続きと云う事は、空気がとても乾燥しているとも云え、火災による被害も大きくなり易いと云われております。
現にここ最近では、一件の火災で周り数件に火が燃え広がっている被害が多い様です。
皆さん、くれぐれも火の後始末だけはしっかりして、火災にならない様に気をつけましょう!

さて、昨日12日は”お稲荷さん”のお祭りである”初午祭”でした。
毎年この頃になりますと、”お稲荷さん”を祭っている商店等では「〜稲荷大明神」と書かれた旗を掲げ、周りの御近所にお煮しめや御赤飯、そしてお菓子を振舞っておりました。


こちらは八王子小門町にある”産千代稲荷神社”の境内です。”初午祭”にて境内には旗等が飾られておりました。

上の写真は、八王子小門町にある”産千代稲荷神社”の様子です。
昨日の”初午祭”にて、境内には沢山の旗が飾られており、お囃子等も演奏されて賑やかになっておりました。
私の実家でも”お稲荷さん”が祭られており、毎年この時期になりますと上の写真の様な旗を飾って、周りのご近所さん等にお煮しめや稲荷寿司、お菓子等を振舞っております。
私自身、子供の頃に友達と待ち合わせして、旗を掲げられているお宅へ周ってはお菓子を沢山戴いた事を思い出します。
(なんだか、ここ最近流行っている”ハロウィーン”の子供の様ですね(笑))
しかしそう云った光景も、子供が徐々に少なくなったり、商店の廃業等でお稲荷さんを祭らなくなったりした事で、徐々に失われて行ってる様です。。なんとも寂しい限りですね。
時代によって変化する事も大切ですが、それによって日本の文化そのものが失われてしまってはいけないと思います。
是非そう云った日本独自の文化、はたまた”日本らしさとは”と云う事を見直して少しでも後世に残される動きが出来ればと願うばかりです。

さて、本日も前回ご紹介した施工案件の様子をご紹介しようと思います。


八王子市 S様邸新築外構工事施工十日目。駐車場・アプローチの舗装工事も終わり、かなり完成形に近付いて参りました。

八王子市 S様邸新築外構工事施工十日目。
前回のBlogにて、アプローチや駐車場のコンクリート舗装の様子をご紹介しましたが、養生期間を経てしっかりと硬化が進んでおります。
だんだんと完成に近づいてきて、見ていてワクワクして来ます!


この日は、一番最初に行ったカーポートとオーバードアに、屋根材と本体パネルを組み付ける作業をしました。

この日は、一番最初の工程にて設置したカーポートとオーバードアの柱に、屋根材・本体パネルを組み付けて仕上げる作業を行いました。
実働日数では十日になりますが、養生期間等があるため、実際には約1カ月ぶりぐらい経ってようやくこの工程になったと云えます。
さて、オーバードアの下側を良くご覧頂けるとお分かり頂けると思いますが、左右にてコンクリート舗装の仕上げ高が違うのです。
オーバードアの柱設置の工程にて指摘した通り、その点を考慮して設置した事がここで初めて活きて来ます。


オーバードアの開閉、ロック等しっかりと動作する事が確認でき、一安心です。

そしてこの通り、問題無くオーバードアを開閉する事が出来ました。
設置位置、高さ等が計算通りで、開閉・ロック・パネル通過有効高等、全て問題無しである事が確認できました。
この事が、今回の工事の上で一番心配していた事だったので、プランナーとしてひとまず一安心。
しっかりと考えて設置してくれた職方さん達には本当に感謝です!

ちなみに今回設置したオーバードアは”手動式”となります。
「これだけの大きなオーバードア、重いんじゃないの?」
と思われる方も多いと思いますが、御心配には及びません!
左右の柱とアームの間には、ミニバン等のバックドアと同じ機構の”ガスバンパー”が設置されており、女性の方でもラクラク開閉できる機構となっております。
もし御検討中の方で気にされる方がいらっしゃいましたら、是非”LIXILショールーム”へ行って動作を体感して見て下さい!
動作の軽さに、きっと驚かれると思いますよ。


そしてカーポートには屋根材が設置され、ようやくカーポート本来の機能が発揮されます。

そしてカーポートにはこの通り、屋根材が設置されました。
これでようやくカーポート本来の機能を果たす事が出来ます。
今回設置したカーポートは、耐風圧・耐積雪に対して優れた耐久性を備え、且つ太陽の光を全体的に程良く行き渡らせて明るくする”LIXIL ソルディーポート”。
S様邸の様な広い駐車場には打ってつけのカーポートと云えます!


完成まであと少しですが、まだ大変な工程が数箇所残っており、最後まで気が抜けません!

ファサード空間に設置されたエクステリア部材は、ほぼ全て設置され、いよいよ完成も間近となって来ました!
しかしまだ、あと数箇所の大変な工程が残っており、最後まで気を抜く事が出来ません。
施工現場には”絶対”と云う言葉は無く、これから現れるであろう様々なハプニングに対しても対処して行かなくてはなりません。
それでは、また次回のBlogにてこの現場の続きをご紹介しようと思いますので、是非宜しくお願い致します。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日も昨日同様、とても寒い一日でしたが皆さま如何おお過ごしでしょうか?
天気予報では晴れと云う予報だったのですが、お昼過ぎから雲行きが悪くなって来たかと思えば、まさかの雪!?
それほどに強烈な寒気団が日本列島に流れ込んでいると云う事なので、予報が難しいのかもしれませんね。。
しかし今回の強烈な寒気で心配なのは、西日本の方ですね。
昨日の予報では、山陰地方では場所によっては積雪100cmもの雪が降るとの予報!?
豪雪地帯で知られる北陸や東北よりも大雪の予報にはとっても驚かされました。
ちなみに山陰地方では先月も大雪に見舞われてしまい、国道が長い間立ち往生してしまったとの事。
今回の雪も、その様な被害が起きなければ良いのですが。。
また関東地方もこの先、大雪に見舞われる恐れがある様なので、注意が必要ですね。
雪かきスコップ、融雪剤、タイヤチェーン、冬タイヤ等、今の内に是非備えておきましょう!
さて、そんな寒い日には、やはり温かい物を食べて身体を温めたいものですね。
と云う事で、今日はこんな物を食べて参りました!


八王子は子安町にある人気うどん店”ふたばや”さんのカレーうどんです。とっても温まりました!!

本日伺ったお店は、八王子は子安町にある人気うどん店”ふたばや”さんです。
以前Blogでも取り上げた事のあるお店ですが、中々行く機会が無くご無沙汰していたのですが、本日久しぶりに行って参りました。
いつもですと、温かいおうどん1.5玉に天ぷら(かき揚げ)を選ぶのですが、今回は”カレーうどん”をオーダーしました。
おうどん屋さんのカレーらしく、和風出汁をベースとしたまろやかな味わいのカレーつゆで、コシのある手打ちうどんとの相性はバッチリ!
カレーつゆと共に入っている長ネギがまた良い風味を出していて、まさに”和風スープカレー”と云っても良いかもしれませんね。
つゆまでしっかり味あわせて貰ったら、身体が汗ばむぐらいポカポカして、今日の様な日には打ってつけのおうどんでした!
って、そう云えば昨日もスープカレー食べて今日もカレーうどんと、カレーが被ってしまいました(笑)
でも、カレーってなんか飽きさせない食べ物ですね。今日も美味しく頂いちゃいました!ご馳走様でした。

さて、本日も前回ご紹介した施工案件の様子をご紹介しようと思います。


八王子市 S様邸新築外構工事施工九日目。前日にて、アプローチのタイル施工まで終えましたが、今日はどの様に変わるのでしょう?

八王子市 S様邸新築外構工事施工九日目。
昨日のBlogでは、アプローチのタイル貼り施工まで進捗した様子をご紹介しましたが、この日にて更に何処まで変化するのでしょうか?


本日は斉藤タイルさんの助っ人として左官職方さんが施工にあたって貰いました。まずは施工箇所に”プライマー”を塗布する所から始めます。

今回の施工では、斉藤タイルさんの助っ人として左官職方が施工に携わってくれます。
まず、モルタル左官仕上げとするアプローチ箇所に、”プライマー”と云う薬剤を塗布して行きます。
”プライマー”の役目は、これから施すモルタルとベースコンクリートとの着きを良くする他に、モルタル左官を行った際に、表面に石灰分のアクが浮かび上がってくる事を防ぐと云った事が挙げられます。
上の写真は、左官職方さんが実際に施工箇所にプライマーを塗っている様子です。


片方ではコンクリートミキサーにてモルタルを作り、左官職方さんへ運びます。

もう一方では斉藤タイルさんが、コンクリートミキサーにてモルタルをどんどん作って左官職方さんへ運んで行きます。
斉藤タイルさんと左官職方さんの息もピッタリです!


こうして造ったモルタルを、左官職方さんがどんどんコテをあてて仕上げて行きます。

そして運ばれてきたモルタルを、左官職方さんが上の写真の様にコテをあててどんどんと仕上げて行きます。
それにしても左官の作業って、見ていてなんだかとっても気持ち良いんですよね!
コテを滑らかに動かして、どんどんと滑らかに仕上げていく。
一見すると簡単そうに見えてしまうのですが、実際やって見ると中々巧く行かないのです。。
そんな風に見えるのも、職方さんの技術力があるからこそ何でしょうね。


そうして順調にアプローチのモルタル左官が仕上がりました。だんだんと完成形に近付いて来ましたね!

そして午後にはこの通り!
アプローチ箇所のモルタル左官がほぼ完了しました。
この時はまだコンクリートも乾いていないので、先日貼ったタイルと同色の様に見えますが、乾きますとタイルのグレーとモルタルのライトグレーとの対比が良い感じになります。
今からとっても楽しみです!


そして駐車場部の未舗装部も、この通りコンクリートが打たれました。

そして駐車場の未舗装部もこの通り、コンクリートが打たれて平滑に仕上げられました。
一見すると、何故全体的にコンクリートを打たなかったのだろうと不思議に思われるかもしれませんが、実はこの箇所に、もう一でま加えて仕上げられます。
どんな感じに仕上がるのか、とっても楽しみですね!



と云う事で、完成形へ向けて着実に進捗しております!
段々とイメージに近付いて来ましたが、そうなるまでの各職方さん達の苦労や工夫が現場から滲んでくるのをとても感じられます。
本当にありがたい物です。
では、また次回にてこの続きをご紹介しようと思いますので、宜しくお願い致します!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は朝からどんよりとした天気で、一日とっても寒かったですね。
昼ぐらいからは予報通り雪混じりの雨となり、時間が経つにつれて降りも酷くなり、寒さも一段と増してきた感じでしたね。
予報では、雪は今夜中には止み、明日からはしばらく天候に恵まれるとの事。
なんとか積もられずに済みそうです。しかし、明日からはかなり寒く、空気もかなり乾燥するとの事なので、うがい手洗い、スキンクリームでの保湿、そして何より火の元の注意は怠らないようにしましょう。
さて、そんな寒い一日でしたが、こんな時は体が温まる美味しい物が食べたくなりますネ(笑)


本日は、以前Blogでご紹介した八王子は横山町にあるスープカレー店”GARAKU”の野菜たっぷりカレーを食べて来ました!

と云う事で、本日は以前Blogでご紹介した事のある八王子は横山町のスープカレー店”GARAKU”さんへ伺って参りました。
スープカレーの発祥は北海道は札幌。やはりこんな時は、寒さの本場の物を食べるのがもっとも身体を温める良い方法かと(笑)
さて、今回選んだカレーは、”たっぷり野菜の入ったスープカレー”にサービスの岩海苔トッピングを追加してオーダーして見ました。
ご覧頂ければ分かる通り、にんじん・ピーマン・まいたけ・レンコン・ナス・ホワイトコーン等々ごろごろっとした大ぶりの野菜がたっぷり入ったヘルシーなスープカレーですが、食べ応えはバッチリです!
どうしても昼間外食が多くなってしまいますと野菜を食べる機会が少なくなりがちで、たまにこう云った料理が恋しくなって来るんですよね。
また、レンコンを始めとした根菜類は身体を温める野菜として知られており、今日みたいな寒い日には非常に有難い物です。
沢山の野菜を美味しく食べられるお店は本当に貴重です!もし八王子市街地へお出掛けの際は、是非立ち寄って見て下さいね!

さて、本日も前回ご紹介した施工案件の様子をご紹介しようと思います。


八王子市 S様邸新築外構工事施工八日目。先日コンクリート打ちを行ってから数日の養生期間が経ち、再び施工再開です。

八王子市 S様邸新築外構工事施工八日目。
前回のBlogにて、コンクリート打ちをした様子をご紹介しましたが、あれから数日間養生期間を置き、いよいよ施工再開となりました。


ファサードの様子。門袖にはポストが設置され、門柱には鋳物門扉が組付けられました。

まずはファサードの様子。
先日のBlogでは機能門柱と門扉の柱が立てられた所までご紹介しましたが、機能門柱にはポストが設置され、門扉柱には鋳物の門扉が両サイドに組付けられました。
今回私がプランニングしたエクステリアデザインにおいて、もっとも重要な箇所となります。


この日の施工においてのメインは、飛び石風アプローチに30cm角タイルを貼っていく作業です。

そしてこの日のメインとなる施工は、この”飛び石風アプローチ”への化粧です。
今回のデザインテーマ”市松風”を表現する上で非常に重要な箇所となります。
そして、毎度私の手掛けるエクステリアデザインを具現化してくれる職方、斉藤タイルさんの本領発揮です!
型枠を組む際に、タイルの割り付け等を事前に打ち合わせしたお陰で、実際タイルを設置して見ますとまさにピッタリと納まってくれております。
今回は”規則性”を持たせた幾何学的なデザインなので、ちょっとした狂いがアプローチデザインを狂わせてしまう重要な箇所。


そんなタイル施工をなんなく遣りこなす所は、まさに”プロフェッショナル”と云う言葉が相応しいですね!

この通り、狂い無くしっかりと正確にタイル貼りを行ってくれています。
非常に手間の掛かるアプローチなのですが、そんなアプローチをなんなく造り上げて行く所は、まさに”プロフェッショナル”と云う言葉が相応しいですね。


更に奥のプローチもこの通りタイル貼りを施します。もちろん”水勾配”もしっかり取っているのですが、パッと見では勾配がほとんど分かりません。

そしてアプローチ奥側に掛けてタイル貼りを施します。
私がCADにて描いたアプローチデザインがそのまま具現化されており、とても良い感じです。
また、雨天の際に雨水がアプローチ上に溜まらない様、しっかりと”水勾配”も取っているのですが、パッと見ではほとんどフラットにしか見えません。
そこがまさに、職人さんの”技術”と云う事なんでしょうね。


最も重要で且つ難易度の高い箇所は、このファサード部分。職方さんが全体バランスと図面とを見ながら、最適な位置を割り出します。

そして今回の施工において最も重要で、且つ最も難易度の高い箇所なのが、このファサード箇所です。
図面での配置、実際の全体バランスとを見比べた上で、最も見栄えのする位置を割り出して行きます。
今回、その箇所にあった2つの大きなコンクリート枡が、この様な小さな樹脂製枡に変更できたのは本当に助かりました。
そのお陰で、当初通りのイメージを具現化する事が出来ます。


そして貼り上がった物がコチラです。アプローチ全体のバランス、そして門扉等の配置とのバランスが絶妙です。

そして実際に貼り上がった物がコレです。
アプローチ全体のバランス、そして門扉等との配置バランスが絶妙で、まさにイメージ通りの物が出来上がりました。
あとはタイルに目地を施すのと同時に、タイル以外の箇所のモルタル左官を施してアプローチが完成します。
仕上がりが非常に楽しみです!


最後に、駐車場の未舗装部に砕石とメッシュ筋を設置。さて、こちらにはどんな化粧が施されるのでしょうか?こう御期待!

そして駐車場の未舗装箇所にはこの通り、砕石とメッシュ筋が設置されました。
この箇所も舗装するのですが、どの様な物が出来上がるのでしょうか?こう御期待と云う事で(笑)

さてさて、だんだんとイメージに向けて具現化されようとしております。
こうして徐々に空間が出来上がっていく過程は非常に楽しい物ですね!
では、この続きは次回Blogにてご紹介致しますので、是非宜しくお願い致します。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は1日晴れとの予報だったのですが、お昼ごろから雲行きが怪しくなり、一時雨が降り出したかと思えば止んで、その後しばらく強風に見舞われました。
なんとも変化に富んだ天気でしたね。
私も今日は早朝から4現場を行き来し、様々な事に対応すると云った非常に変化に富んだ一日でした。
今日ほど時間が立つのが早く感じる事も、中々無いですね(笑)
さて、そんなあたふたと時間に追われる中も、お昼には美味しい物を求めにちゃんと出向いて来ましたヨ!


本日伺った所は、八王子は高倉町にある”十八製麺”さんにて、「辛味噌らーめん」をオーダーして見ました!

今日伺ったお店は、八王子は高倉町にあるラーメン屋”十八製麺”さんです。
こちらのお店は、何度かこちらのBlogでご紹介した八王子は下柚木にある”たまぞう”さんの姉妹店にあたります。
今回選んだラーメンは、冬季限定メニューの「辛味噌らーめん」です。
このラーメンは、やはり同じ冬季限定の「味噌らーめん」をベースにコチュジャン等を使った特製の辛だれを入れた刺激的ならーめんです。
見た目はとても辛そうに見えるのですが、実際食べて見ますとベースとなる味噌スープのまろやかさに特製だれの辛さとコクが良い感じの、とっても美味しいラーメンでした。
更にこちらのお店、麺類を頼むと必ず”炊き込みご飯”と付け合わせの小鉢(今回はもやしをゴマ油等のたれで和えたもの)が付くのですが、これがまたラーメンと非常に良く合い、とっても美味しいのです!
ラーメンと炊き込みご飯、リーズナブルで非常に良いのですが、これまたとんだ”炭水化物祭り”ですね(笑)
もし機会がありましたら、是非立ち寄って見て下さいね。
入店すると、爽やかな店員さん達が非常に気持ちの良い接客で対応してくれますよ!

さて、本日も前回ご紹介した施工案件の様子をご紹介しようと思います。


八王子市 S様邸新築外構工事施工七日目。いよいよこの日から生コンクリートが打たれました。

八王子市 S様邸新築外構工事施工七日目。
前回のBlogにて、コンクリート舗装の準備段階の様子をご覧頂きましたが、いよいよ生コンクリートが流し込まれました。
コンクリートを流し込む際には、建物やフェンス等を汚さない様にしっかりとビニールシートで養生を施してから行います。


コンクリートを流し込む際は、とにかく”時間”との勝負となります。そのため、事前の準備が非常に重要になって来るのです。

生コンクリートは、コンクリートミキサー車を事前に手配して日程を押さえ、それに合せて事前の工程を組んで行きます。
いざミキサー車が来る頃には、いつでもコンクリートを流し込める様にしておかなくてはなりません。
更に、コンクリートは時間が経つにつれて硬化が始まるため、手際良く短時間に作業を行うかが重要となります。
まさに”時間”との勝負なのです。
こうして見ますと、如何に事前の準備が大切かが、お分かり頂けると思います。


片やでコンクリートを運び、片やでコンクリートをコテでならす。職方さん同士のコンビネーションもとても重要です!

片やでコンクリートを運び、片やで流したコンクリートを手早くコテで均す。
この一連の作業を手際よく且つ丁寧に行って行かなくてはならないので、職方さん達のコンビネーション、そして個々の能力が後の仕上がりに現れます。
まさに”プロ”としての技術を問われる工程と云えます。


ファサードから玄関に掛けてのアプローチの様子。こちらは後々タイルを施工するため”粗仕上げ”の状態にてしておきます。

こちらはファサードから玄関にかけてのアプローチの様子です。
図面のイメージと同様に、90センチ真四角の”飛び石風”アプローチがしっかりと表現されております。
ちなみにこちらには後程タイル貼りを行うため、左官仕上げはせずに粗い状態にて仕上げておきます。


コンクリートが全体に打たれた後は、時間を置いて様子を見ながら少しずつコテで均して、また時間を置いて均すと云う作業を繰り返します。

全体にコンクリートが打たれますと、後は一定の時間を置いて再度コテで均し、また時間をおいてはコテで均すと云った作業を、繰り返し行って行きます。
この作業は、季節によって硬化の時間も違うため、夏場であれば水を全体に撒きながら短時間でコテを入れる、冬場であれば待ち時間を長く取りながらコテを入れると云った感じになります。
まだこちらの施工を行った時期は比較的冬場にしては暖かったため良かったのですが、真冬の水が凍るぐらいの寒さになりますと、”ジェットヒーター”と云う強力なストーブを使ったりしてコンクリート内の水分が凍らない様にすると云った作業が必要となります。
コンクリート打設は色々な面で職方さん達の技術・経験が必要不可欠の作業と云えます。


そして夕暮れ時には作業が終了。これよりしばらくコンクリートが硬化するまで養生期間を設けます。

そして夕暮れ時にはコンクリート打設作業が終了しました。
実際コンクリートが打たれますと、雰囲気が大分変わりますね。
後は、コンクリートが硬化するまでしばらくの間養生期間を置きます。
ここで注意しなくてはならないのは、車両がいつ駐車場内に入れるかです。
季節によって養生期間は変わるのですが、今の時期であれば、”人”は3〜4日。”車両”は約2週間前後と云った感じです。
もし養生期間を十分に置かずに車両を乗り入れてしまいますと、コンクリート内の水分とタイヤのゴムの成分が化学反応を起こし、コンクリートに黒いタイヤの跡が付いてしまいます。
これが一度付いてしまいますと、基本的には消す事は不可能となってしまうため、注意が必要です!
これから駐車場コンクリート工事を御検討されているお客様がいらっしゃいましたら、是非その点を業者さんにご相談される事を強くお勧めします。

いよいよ完成の雰囲気が出て来ました!更にどんなふうに変化するのか、とっても楽しみですね。
それでは、また次回のBlogにてこの続きをご紹介致しますので、是非お楽しみにして下さいね!!
宜しくお願い致します。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日朝のうちは良い天気で、このまま晴れるのかな?と思っていたのも束の間、段々とどんよりとしたあいにくの空模様となってしまいましたね。
陽の光の少ない空模様はなんとなく寒々しく思え、気分も少々落ち込み気味になってしまいます。
しかし天気予報によれば、関東地方における1月中の降水量が非常に少なく、空気もかなり乾燥していたとの事なので、そう云った意味では”恵みの雨”と云った感じなのでしょうかネ。
さてここの所、”昭和”と云う時代を象徴する物が、徐々に無くなりつつある様です。
私も生まれた年は”昭和”であり、昭和から平成へ変わる頃は丁度中学1年生。
つまり、小学校時代までの”子供の頃”として馴染み深い時代だったと思います。
しかし、時代の流れと共にそう云った時代を賑わせていた物が徐々に無くなりつつあると云うのは、何となく寂しい物ですね。
そして私の地元、八王子においても終わりを告げた”昭和”がありました。。


八王子の街中に唯一残っていた映画館”ニュー八王子シネマ”。惜しまれつつも1/31をもって閉館となりました。

八日町交差点から国道16号を南へ向かうと直ぐにある映画館、”ニュー八王子シネマ”。
こちらの映画館が、建物の老朽化等の理由で1/31をもって惜しまれつつも閉館となってしまいました。。
この映画館が無くなった事で、八王子の街中にあった全ての映画館が残念ながら無くなってしまいました。
私もこの映画館は思い出深い所でして、”南極物語””ブッシュマン”等の作品を家族で観に行った事は、今でも良い思い出です。
しかし気付けば、様々な所に”シネマコンプレックス”と呼ばれる施設ができ、私自身もこの映画館から足が遠のいてしまった事は事実です。。
そう思いますと、これも一つの”時代の流れ”なのでしょうね。。

さて、本日も前回ご紹介した施工案件の様子をご紹介しようと思います。


八王子市 S様邸新築外構工事施工六日目。砕石・填圧の工程が終え、舗装工事へ向けて着々と工事が進んでおります。

八王子市 S様邸新築外構工事施工六日目。
前回のBlogでご紹介した際は、舗装箇所の下地作りの工程をお話しました。
”鋤取り・整地・砕石填圧”。
舗装工事のお見積書をご覧頂きますと、大抵この文言の入った物をご覧頂く事があると思いますが、舗装工事を行う上では最も重要な工程であると云う事が、お分かり頂けたかと思います。


この日は、様々な工程が進みました。まず一つに、コンクリート舗装部に施した”型枠工”です。

この日は、様々な工程が急ピッチで進められました。
まず一つが、上の写真に出ております、コンクリート舗装を行う上で欠かせない工程である”型枠工”です。
図面の配置と、実際の現場での配置とのバランスを考え、更に前日に出した仕上げ高に合せて木の型枠を設置して行きます。
云わば、”広大なキャンバスに図面を描く”と云った感じでしょうか(笑)
そして型枠が設置されますと、今度は舗装強度を増すためには欠かせない”メッシュ筋”を型枠の大きさに合せてカットし、設置して行きます。


同時に立水栓も設置しました。

同時に水道職方によって、立水栓も設置されました。
今回設置した立水栓は、”モザイクタイル”をあしらったお洒落な水栓柱に、私たちのエクステリアプランでは採用率の高い縁の無い”フラットパン”の組み合わせです。
特にフラットパンは、舗装箇所との仕上がり高が非常に重要となるため、水道職方とタイル職方とのコラボレーションで確実に設置して行きます。
そして汚水枡・雨水桝等の設備関係に関しても、仕上げ高とフラットになる様に同時に高さを調整します。


玄関側のアプローチにも型枠が設置。同時にファサードに設置する機能門柱のための設備配管も予め埋設します。

こちらは玄関前アプローチの様子です。
こちらも駐車場と同様、舗装箇所に型枠が設置されております。
更に右側の地面から白い管が3本ほ飛び出しておりますが、こちらはファサード部に設置される機能門柱やインターホン、スポットライトと云った設備と建物からの電源とを接続するための設備管です。
これを舗装前に予め土の中に埋設して置く事で、電線等を表面に見せる事無くスマートに設置する事が可能です。
またその後、万がいち器具に故障等が発生し、メンテナンスを行わなくてはならない状態になっても、線を引っ張り出したり引き直すのも容易となります。
もしこれから外構を御検討されている方がいましたら、是非設備管(CB管とも云います)を予め埋設する事をお勧めします!


ファサード部の様子。右側に立っている木塀の様な物は、今回設置する機能門柱です。
裏側の様子。機能門柱裏には門扉の柱を設置しました。

そしてこちらがファサード部の様子です。
左の写真をご覧頂きますと、右側に”木の塀”の様な物が立っておりますが、こちらが今回設置する機能門柱となります。
この機能門柱に表札・ポスト・照明が設置され、S様邸の”顔”となる重要な箇所となります。
そして機能門柱の裏側には、今回設置する門扉の柱が設置されました。


徐々に完成形が見え始めて来ました。今後の仕上がりが、とっても楽しみですネ!

16時半が過ぎる頃には、この通り暗くなってしまいました。
この日の施工は、ここまでで終了。お疲れ様でした!

この日の工程で、様々な物が設置され、更に舗装部の型枠が設置された事で、徐々に完成形が現れ始めて来ました。
これからどの様に仕上がって行くのか、非常に楽しみになって来ます!
それでは、また次回のBlogにてこの続きをご紹介致しますので、是非お楽しみにして下さいね!!
宜しくお願い致します。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

いよいよ二月に入り、今日は”節分”ですね!なんだか一年経つのが本当に早く感じられます。
今年は”恵方巻き”に関しての話題が、良い事も悪い事も含めてメディアを賑わせておりますね。
節分に恵方巻きを食べる習慣と云うのは、元々関西地方を中心に行われていた風習らしく、2000年頃から大手コンビニチェーンを中心に大々的にPRされ、日本全国広まったとの事です。
私も節分と行って思い付く事と云えば、「鬼は〜外〜!福は〜内〜!!」と云う掛け声をして行う”豆まき”が直ぐに思い付きますし、実際に学校や家、更にはお店でも行っておりました。
しかし、太くて長い”恵方巻き”を毎年変わる”恵方”の方角に向いて無言で食べると云った事は、全く馴染がありません。。
(実際大阪の方でも、”恵方巻き”を行っていた家庭と云うのは少数だったとの様ですが。)
それがいつの間にか日本全国に知れ渡り、今では至る所で恵方巻きが食べられているのですから、大手コンビニの仕掛けた事とは云え、凄い物ですね。
このまま新たな”縁起物”として根付けばいいのですが、その一方でコンビニ加盟店における暗い裏側の部分も無視は出来ません。
せっかくの縁起物なのですから、これによって不幸を招いてしまっては元も子もないと思うのですが。。
なにわともあれ、Blogをご覧頂いている皆さまへ向けて、
「福は〜内〜!鬼は〜外〜!!」沢山の福が訪れます様に。

さて、本日も前回のBlogにて取り上げました施工案件の続きをご紹介致します。


八王子市 S様邸新築外構工事施工五日目。この日は、舗装工事を行う上での下地作りを行いました。

八王子市 S様邸、新築外構工事施工五日目。
先日ご紹介した段階で、両側の隣地境界におけるブロックフェンス工事が無事完了しました。
そしてこの日より、次の重要な工程となる”舗装工事”への工程となりました。


下地を作る上で、再度仕上げ高を確認して”墨出し”を行い、それに則って残土を削って行きました。

再度、仕上げ高を確認した上で”墨出し(実際の仕上げ高のラインを塀等に記す作業の事)”を行い、それに則って敷地内の残土を鋤取って行きました。
今回の作業ではこれだけの広い敷地となるため、”バックホー”と云う重機を使って土を掻き出して行くのですが、今回先にカーポートを組み付けた上でその作業を行ったため、カーポートと重機が接触しない様に気を使いながらのデリケートな作業。
かなり職方さん達の技術が伴う物となりました。
また今回の施工では、”オーバードア”の設置も絡むため、コンクリート舗装の仕上げ高との関係も考慮しながらと云う、かなり高度な施工技術が必要となります。
(もし適当に舗装を行ってしまいますと、オーバードアの開閉に支障が出てしまったり、車両の出入りに支障が出てしまうと云った恐れがあります。)


こちらはファサード部の様子。水道管・下水管等の配管が思いのほか浅いため、勾配の設定がかなり難しかったです。
こちらは駐車場側の様子。左右の高低差が若干あり、そこをどう滑らかに仕上げるかも重要なポイントでした。

また、上の写真は左右両サイドの様子ですが、この点でも幾つか考慮しなくてはならない点がありました。
まず左側の写真に出ている”ファサード部”。
こちらでは、水道管等の配管が思いのほか浅い位置にあるため、舗装の際の勾配の設定が非常に難しい物となってしまいました。
うっかりしますと、敷地内と道路側とでかなりの勾配を付けなくてはならない恐れが生じてしまいます。
そこで、職方さんと私とで、仕上がりに支障の無いギリギリの勾配を設定し、なんとかデザイン等を崩さずに舗装する仕上げ高を設定する事が出来ました。
また、右側の写真は駐車場側の物ですが、こちらでも仕上げ高を設定する上で左右の高低差がある事が判明。
急激なものとなりますと、先程お話した通りオーバードア設置の上で様々な支障が出てしまいます。
そこで、こちらも図面・オーバードアの設計図等を精査しながら支障の無い勾配を設定。
なんとかこのままコンクリート舗装を行えそうです。


こちらは玄関前のアプローチ部分。こちらもデザイン面・機能面を考慮しながら勾配・仕上げ高を設定しました。

そしてこちらは、玄関前のアプローチ設置部分の様子です。
こちらでも幾つかポイントがあり、一つは既存の枡とアプローチデザインとの位置関係をどう考慮して仕上げるか。
そしてもう一つは、舗装面に雨水が溜まらない様にどの様に勾配を設定するか。
この二つの点をしっかり考慮して下地作りを行わなくてはいけません。
この点も、職方さんと図面と実際の状態を精査し、方針を決めた上で作業を進めて行きました。


下地作りの工程は一見すると非常に地味な作業ですが、仕上がりが左右される最も重要な作業と云えます。

全体的に砕石も撒かれ、填圧してしっかりとした下地を作る事が出来ました。
この日に行った工程は、一見すると非常に地味な工程ではありますが、イメージ通りに仕上げる事が出来るかを左右される、最も重要な工程と云っても過言ではないと思います。
これから更に、どの様に完成に近づくかとっても楽しみになって来ますネ!
ではまた、この続きは次回Blogにてご紹介しようと思いますので、是非宜しくお願い致します。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

一月も後2日か、明後日には2月へ突入とまさに真冬真っ最中の時期なのですが、今日はこの時期とは思えないぐらいにとっても暖かな陽気でしたね。
気温を見て見ますと20℃となっており、まさに春を思わせる様な陽気です。
ちなみにこの時期に20℃を記録したのは、観測史上では実に40数年振りの珍しい事だそうです!?
”季節外れ”と云えば、昨年の11月末に記録した積雪を思い出されますが、ここの所驚かされる事が本当に多いです。。
(ちなみに明日は一気に平年並みの気温に戻るとの事なので、くれぐれも体調管理にはお気を付け下さいね。)
さて、そんな陽気の中、今日も私は美味しい物を求めにこんな物を食べて参りました!


八王子は石川工業団地にある私のお気に入り定食屋”ひこち”さんの「角煮そば」です!

今日行って来ましたお店は、以前Blogでご紹介した事のある八王子は石川工業団地の定食屋”レストランひこち”の名物料理「角煮そば」です。
こちらのお店は、”A定食””B定食”の日替わり定食がとっても人気なのですが、レギュラーメニューとして常連さん親しまれているのがこの「角煮そば」なんです!
内容は俗に言う”汁無しラーメン”と同類の物なのですが、チャーシューの代わりに豚の角煮が入っている所が名前の由来です。
食べる時は、お好みでお酢やラー油を掛けてから良〜くかき混ぜて食べるのですが、これがまた本当に美味しいのです。
また、角煮の煮汁等がしっかりと麺に絡むため、実はご飯のおかずにしっかりなるそばなのです。
(これでは”炭水化物祭り”状態とも云えますが(笑))
もちろん角煮もしっかりと煮込んであるので、トロトロの柔らかい状態でこれがまた美味しく、ご飯としっかり合うのです。
もちろんこの”角煮そば”は、通常の日替わり定食と同様に小鉢・お味噌汁も付き、ご飯はおかわり自由という非常に良心的なメニューなのです。
お腹一杯お昼ご飯を食べたいと云う方には、とってもオススメのメニューです。ご興味がありましたら、是非食べに行って見て下さいね!

さて、本日も昨日に引き続き八王子の施工案件をご紹介しようと思います。


八王子市S様邸 施工四日目。この日も既存フェンス改修工事を進めて行きました。

八王子市S様邸 施工四日目。
この日も昨日に引き続き、既存ブロック改修工事を進めて行きました。
また、昨日取り上げたファサード部の二つのコンクリート枡に関しても・・・


この通り、とても小さな樹脂製の枡へ変更する事が出来ました。これなら、ファサードの景観を崩さずに済みます。
ちなみにこちらが古いコンクリート枡。こんな大きな物が地中の中に埋まってたんです。

左側の写真の通り、以前のコンクリート枡よりもはるかに小さな樹脂製の枡に交換する事が出来ました。
これならファサード空間を作る際、景観を崩さずに済みます!
ちなみに右側の写真は、もともと地中に入っていたコンクリート枡です。
こんなにも大きな物が地中に埋まっていた訳ですから、凄い物ですね。こちらはこのままトラックに載せて、産廃処分場へ運んで処分しました。


右側のブロック塀は先日撤去したベース部を補修し、上部には新たにブロックを一段増設した上で、新たに設置するフェンスの柱を立てました。

さて右側のブロック塀ですが、昨日ご紹介した時点では下部の出っ張っていたブロックベースを撤去する所までご紹介しました。
そしてその箇所は、上の写真の通り左官補修を施した上でブロックを一段増設。
更にこれから新たに設置するフェンスの柱を立てて行きました。


左側のフェンスも同様に、門袖のあった箇所に既存ブロックと同じ高さのブロックを積んだ上で更に一段増設し、フェンス柱を立てて行きました。

同様に左側ブロック塀も、門袖を撤去した跡にあらたに後方のブロック塀と同様の高さのブロック塀を構築し、更に全体的に一段ブロックを増設。
そしてこちらにも、ブロック上部にこれから設置されるフェンスの柱を立てました。


通行の妨げとなっていた控壁は完全に撤去。スッキリとした形になりました。
同様に勝手口側の控壁も撤去。

同時に、通行の妨げとなっていた残りの控壁も全て撤去されました。
ようやくスッキリブロック塀の姿に変わって来ました。


午後にはフェンスの本体パネルも組付けられました。

そして午後にはこの通り、先程立てていたフェンス柱に本体パネルが組付けられ、ほぼ完成した姿となりました。
今回設置したフェンスは、S様のお隣さんへの配慮と目隠し性等を考慮した商品「LIXIL”ライシスフェンスP型”」です。
この商品は、パネル部にカーポートの屋根材等で使われているポリカーボネート製のすりガラス調ボードを使用する事で、目隠し性を高めながら採光性を持たせて圧迫感の少ないフェンスとする事が出来ます。
特に今回のデザインでは、距離の長いフェンスに目立つデザインの物を設置してしまいますと、そればかりが目立ってしまい、全体の景観バランスを崩してしまう恐れがあります。
そのため、この様なシンプルなデザインのフェンスは、今回のプランにおいては打ってつけのフェンスなのです。


同様に逆側にも、柱に本体パネルを組み付けました。

そして逆側にも、同様のフェンスを組み付けました。
スッキリとしたデザインのフェンスで、これから更に造作して行きますファサードエクステリアとの相性の良さが、今から予想できます。
さて、この日の施工はフェンスがほぼ出来上がった所で終了となりました。
更に完成へ向けて、一歩ずつ確実に進めておりますが、これから更にどの様に変化して行くのかとっても楽しみですね!
ではまた、次回のBlogにてこの施工の続きをご紹介しようと思いますので、是非宜しくお願い致します。


≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | ... | 5 | 6 | 7 || 次のページへ≫

ホーム » 新築外構工事の施工情報

ブログカレンダー

<   2017-05   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部