このページのトップへ
4月 2017年 の記事
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

気付けばいつの間にかGW突入!?
ここの所時間に追われる毎日を過ごしておりまして、曜日感覚等が薄れてしまっておりました(苦笑)
今日はGWも二日目、そして4月最後の日曜日でしたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
日中は天候に恵まれ、25℃を超える夏日となって少々暑いぐらいでした。
ホントこんな日は、何処かへ出掛けたくなっちゃいますネ!
ちなみに当店では、この休日を利用してお庭いじりをしようとされているお客様、また御自宅のリフォームでご相談に来られたお客さまが多く訪れて戴きまして、お陰さまで忙しい一日を過ごさせて頂きました。
ちなみに当店では、GW中も休まず通常通り営業しております。
(もちろん私も、GW関係なくお仕事しております!)是非御来店の程、宜しくお願い致します!

さて、そんな熱い昼下がりに、こんな物を食べて参りました。


本日のランチは、八王子は南町にありますうどん屋”たまや”さんにて、限定の豚キムチチゲうどんを食べて参りました。

本日のランチは、八王子は南町にあります人気うどん屋”たまや”さんへ久しぶりに行って参りました!
以前は八王子の街中に住んでいたので、歩いて行けるご近所さんのお店だったのですが、日野に引っ越して来てからは遠いお店になってしまいました。。
それでもここのお店のおうどん、やっぱり美味しくって無性に食べたくなっちゃうんですよネ(笑)
と云う事で、本日注文したメニューはこの時期限定のうどん”豚キムチチゲうどん”をチョイス!
夏を思わせる陽気の中、こんな熱々のメニューを何故だか選んでしまったのですが、これがまた実に美味しかったのです!
コシがあって喉越しの良いおうどんをベースに、コクがあって程良い辛さの豚キムチスープがとても良くマッチしておりまして、まさに”アトをひく旨さ”なんです。
熱々のうどんを、汗をカキカキ食べるのも結構良いものですネ!夢中になってあっという間に食べ終えてしまいました。
ちなみにこのおうどん、残念ながら本日が最終日だったのですが、明日からまた別の限定メニューに変わるとの事。
どんなメニューが出てくるのかちょっと楽しみになります。
それぐらいとっても美味しいうどん屋”たまや”さん、もし八王子駅近辺にお越しの際は是非立ち寄って見て下さいネ!
とってもおススメですよ!

さて、本日も前回のBlogでの施工の続きをご紹介しようと思います。


日野市 I様邸施工7日目。施工もいよいよ大詰めとなって来ました。

日野市 I様邸施工7日目。
施工もかなり進み、いよいよ大詰めとなって来ました!


この日の作業は、駐車場前側の乱張り舗装です。

この日に行った作業は、駐車場最前部の乱張り舗装です。
実は今回の施工において最も日程の調整が難しかったのがこの箇所でした。
理由としまして、最前部故に施工期間中及び養生期間中は、自動車を車庫内に入れる事が不可能だからです。
それ故、中々工程を調整する事が難しかったのですが、お施主様より数日間自動車でご旅行されるとの連絡を戴きまして、その日に最前部の乱張り舗装の工程を組む事が出来ました。


予め乱張り石を加工して仮置きし、乱張り石下にベースコンクリートを流して再び石を設置して行きます。

古い舗装タイルを全て剥がし、既存のベースコンクリートを削った所で乱張り石を仮置き。
全体的に張り上がりのバランスを見て、必要に応じて乱張り石をカット加工します。
そして乱張り石の配置が決まった所で、上の写真の様に乱張り石下にモルタルを流し込み、再度乱張り石を据えて行きます。
職方さんの手際の良さとセンスが問われる作業です。


石をベースコンクリート上に設置したあと、この様に石を上から叩き、全体的に平均的な仕上げ高になる様に微調整します。

ベースコンクリートの上に乱張り石を据えた後、ハンマーの柄の部分を使って小刻みに叩き、乱張り石全体的に平滑に仕上がる様に微調整を行います。
乱張り石は天然石故に、石個々で厚みが違ったりします。
そしてその厚みの微調整を行って平滑になる様にするのがまさに上の作業なのです。
乱張り石も様々な産地等のものがありますが、その中でも石全体の厚みが平均化されている石は初めて我々にとっての”上質の石”と呼べます。


乱張り石が据え終わると、その後目地にモルタルを入れて仕上げていきます。

乱張り石が据え終わしますと、石と石との間の目地にモルタルを入れて仕上げていきます。


同時に拡幅したステップ箇所に、既存タイルと類似したタイルを貼って仕上げていきます。

そして同時進行にて、玄関前のステップの拡幅箇所へは、既存のタイルと類似したタイルを貼る作業を行いました。
手摺り柱に併せて綺麗に丸くタイルをカット加工するところはタイル屋である担当職方のなせる技!
とても綺麗に加工されております。

さあ、徐々に施工も完成が見えて来ました。
あと残す工程も実に数箇所となって来ましたが、最後まで気を緩めるわけには行きません。
是非次回Blogも御期待頂ければと思いますので、宜しくお願い致します!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

ここの所、清々しい天気が続いてくれて、とても有難いですね!
住宅街を歩いていると、八重桜やモッコウバラ、ツツジ等色んな色の花で目を楽しませてくれます。
まさに”春爛漫”と云う表現があてはまる時期ですね!
また、徐々に樹木からは色鮮やかな若葉も姿を覗かせ、爽やかな”新緑”の時期を迎えようとしております。
今週末よりいよいよゴールデンウィークも始まろうとしておりますが、是非楽しい休暇をお過ごし頂ければと思います!
さて、こんな”春爛漫”な時期ですが、僕にとっては”花より団子”と云った感じでしょうか(笑)
やはり身体が美味しい食べ物を欲して来ますね!


本日のランチは、日野駅に程近い”市役所通り”沿いの人気店”こえもん”さんの中華そばとライスです!

と云う事で本日のランチは、日野駅に程近い”市役所通り”沿いの人気店”こえもん”さんの中華そばとライスです。
日野市内で食べれる八王子ラーメン屋さんの中でも、1・2を争うぐらいの名店です。
実はこのお店の店主の方とは、西八王子駅近くにある有名店”吾衛門”さんで修業されてた時から存じておりまして、数年前に日野市内に暖簾分けされた事を聞いた時はなんだかとっても嬉しく思いました!
ちなみにこの取り合わせは、西八王子の”吾衛門”さんでも良く頼んでいた組合せで、そちらのお店に負けず劣らずとっても美味しいラーメンでした!
嬉しいのが、ライスを頼むと必ず一緒に”のりたま”のふりかけを付けてくれる、”吾衛門”さんと全く一緒のサービス!
ふりかけを掛けたゴハンを頬張ってスープと麺を入れると、得も言われぬ幸せを感じるんです(笑)
修業先の”吾衛門”さんの味を忠実に守ってこうして日野市内で食べれるとは、なんとも幸せを感じさせてくれます。
もし日野市内で美味しい八王子ラーメンをと思われましたら、是非この”こえもん”さん、おススメです!

さて、本日も前回のBlogでの施工の続きをご紹介しようと思います。


日野市 I様邸施工6日目。さて、本日は何処まで施工が進むのでしょうか?

日野市 I様邸施工6日目。
さて、本日は施工が何処まで進むのでしょうか?とっても楽しみです!


この日はまず、水道職方による立水栓のリニューアル工事から始めました。

まずこの日に行った作業は、玄関横の通路で幅を取っていた既存の立水栓を撤去し、新たな立水栓へリニューアルする施工から始めました。
ちなみにこの写真で水道職方が設置している立水栓は、モザイクタイルを散りばめた”ニッコーエクステリア「モゼック」”と云う商品です。
ちなみにこの立水栓のモザイクタイルは、部材として取る事ができ、同じタイルを門袖前の花壇の化粧に使用しました。
この淡い色のグラデーションがとっても良い感じなんです!


乱張り石アプローチは、ベースコンクリートを打った上で乱張り石を再度載せ、最後に目地モルタルを入れて完成させました。

先日から施工を進めていた乱張り石アプローチは、乱張り石下にベースコンクリートを打って再設置し、更に目地にモルタルを埋めて仕上げました。
乱張り石の自然な雰囲気がとても空間に馴染んでおり、さらに全体的に明るく見せてくれています。


玄関前ステップも拡がり、手摺りもこの様に設置されました。

玄関前ステップもこの様に空間が拡がり、手摺りもこの通り無事に設置する事が出来ました。
ちなみに既存タイルへの柱設置には、”アンカー止め仕様”と云う最小限の穴の大きさでがっちり柱を固定する仕様の物を選びました。
その為、既存のタイルを傷める事無く綺麗に柱を立てる事が出来ました!


水栓柱はこの通り、無事に交換完了です。あとはフラットパンと下水管を接続すれば完了です。

そして午後には水栓柱もこの通り綺麗に建ちあげる事が出ました。
これに”フラットパン”を設置すれば、立水栓の完成です。


外側から眺めた様子。玄関前は上手く拡幅する事が出来ました!

こちらは外側から眺めた様子です。
玄関前のステップは上手く拡幅するする事ができ、とっても広々とた印象を受けます。
実際にお客様にお車を駐車して戴いて、使い勝手がどうなのか是非聴きたいものです!

と云う事で、施工も6日目が経ちました。
これから更にどの様に変化するのか、とっても楽しみになって来ますね!
それでは、また次回のBlogにてこの続きをご紹介しようと思いますので、是非宜しくお願い致します。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日も昨日同様に清々しい爽やかな陽気に恵まれましたね!
日中も20℃行くか行かないかと云ったこの時期らしい陽気で、とても気持ちの良い一日でした。
湿度も比較的低い様なので、今日の様な日は絶好のお洗濯日和と云えますね!
そして何故だか、こんな気持ちの良い天気の日は食欲も増して来ます(笑)
そこで、今日はこんな物を食べて参りました!


本日のランチは、以前Blogでご紹介した事のある西八王子の「らーめん熊八」さんの味噌ラーメンです。

本日は、西八王子駅方面にてお仕事があった関係で、以前このBlogでご紹介した事のある私イチオシのラーメン屋”らーめん熊八”さんへ伺って来ました。
こちらのお店、私が一言で言い表すとすれば「何を食べてもハズレがない!」と云っても過言ではない美味しいお店なのです!
さて、そんな熊八さんにて本日は、”しお八王子ラーメン”と並ぶ看板メニュー”味噌ラーメン”をチョイス。
ご覧頂ければ分かる通り、合せ味噌をベースに作った王道の味噌ラーメンです。
この味噌ラーメン、味はしっかりとした味噌の風味を活かした濃厚で円やかなラーメンでして、少々太めの麺との相性はもう云う事が無いぐらい美味しいです。
また、具材のモヤシもしっかりとシャキシャキ感があり、その中には行っている肉そぼろもとてもスープとマッチしております。
気付けばあっという間に食べてしまう、期待を裏切らないとっても満足なラーメンでした。
またこちらのお店、一回来店すると必ずくれる”感謝券”がまたありがたいのです。
600円以上のメニューにつき、大盛りないしトッピングをサービスしてくれるのです。
十分美味しいラーメンに、こんな良心的なサービス、必然的にリピーターになっちゃいますね(笑)
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね!

さて、本日も前回のBlogにてご紹介している施工現場の続きをお話しようと思います。


日野市 I様邸施工5日目。この日も張りきって施工を進めました!

日野市 I様邸施工5日目。
この日も職方さん共々張りきって施工を進めて行きました!


前回のBlog同様、この日も乱張り石施工を行いました。職方さんが乱張り石を選別して必要に応じて加工を施します。

この日も先日と同様に乱張り石の施工を行いました。
職方さんが乱張り石を選別し、必要に応じて上の写真の様にカット加工を施します。
ちなみに乱張り石施工においてカット加工を行う際、大抵の業者さんは”サンダー”等の機械を使ってカットするのですが、当社がお付き合いしている職方さんは機械切りをあまり良しとしておりません。
理由としては、機械だと正確且つ楽に加工が出来るが、同時に自然石ならではの風合いも損なわれてしまうので、手間が掛かってもタガネ等を使っての手作業に拘っているとの事です。
こう云う手間を惜しまずにコツコツと作業をしてくれる職方さんがいるお陰で、私も自信を持って乱張り舗装をオススメする事が出来ます。


そしてこの通り、均一且つ程良いラフ感のある目地の入った乱張り舗装が出来上がりました。

そして午後には、乱張り舗装部全体にこの様に石を配置する事が出来ました。
均一に且つ適度のラフ感を持たせた良い感じの乱張りとなりました。
後はこの下にベースコンクリートを流し、その上に乱張り石を配置して作り上げていきます。


石の配置が終えた所で、今度は手摺りの柱を設置して行きます。

乱張り石が大体張り上がった所で、今度は玄関横に新たに設ける手摺り”LIXIL「グリップライン」”の柱を設置して行きます。
まずは降り口の柱から設置しました。ここを基準に柱を設置して行きます。


更に前に造り替えを行った門袖前の花壇には、モザイクタイルにて化粧を施しました。

更に先日作り替えを行った門袖前の花壇ブロックには、この様にモザイクタイルにて化粧を施しました。
元々ある門袖のタイルの色目や、新たに設置した乱張り石舗装との相性も良く合っています。


職方さんの工夫で、天端にはタイルでの笠木を設けました。このタイルには内側に勾配を付ける事で、前面に雨だれが起きない様に工夫を施しました。

また、花壇天端の仕上げは当初モザイクタイルで仕上げようとしたのですが、担当職方さんより「それだと雨が降った際に、前面への雨だれの汚れが心配だよ。」と助言を貰いました。
そこで職方さんから知恵を出して貰い、お客様の承諾を得て30cm角のタイルをカット加工して即席の笠木を設置しました。
この笠木には内側へ向けての勾配を設ける事で、雨水が前へ流れおちない様にしました。
上の写真は、水平器にて勾配を調べた所です。外から内側へ勾配がとれている事が分かります。
これには、お客様もとても御満足頂けた様で、私が当初描いたイメージ以上の物が出来上がりました。

如何でしょう?
現場では、CAD等での図面では中々分からない様々な要素が隠れておりまして、それに対応して行きますとイメージ以上の良い物がそこから生まれてくるのです!
現場から学ぶ事は本当に一杯あって、私の今までのデザイン等もそこから生まれた物がとても多いのです。
それこそが、”イメージ図の120%の出来栄え”に繋がる要因なのでしょうね。
さて更に施工が進み、完成形へと一歩づつ近付いております!
この続きは、次回のBlogにてご紹介致しますので、是非宜しくお願い致します。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

ここの所季節外れの暑さに見舞われ、このまま春が終えてしまうのかと思っていたのも束の間、今日は20℃前後ととっても過ごし易い陽気になりましたね。
しかし周りでは、寒暖の差に参ってしまい体調を崩されている方も多い様ですね。
明日辺りからは気温もようやく20℃前後と、平年並みに落ち着く様です。
4月も後半に突入し、いよいよGWも間近に迫って来ました。是非体調を整えて、爽やかな休日を楽しめるようにしましょうネ!

さてこんな陽気の中、私今日はこんな物を食べて参りました。


本日のランチは、八王子は小宮にある”麺屋 樽座”さんに久しぶりに行って来ました。今日は今月限定の”ナポリタン麺”をチョイス!

以前Blogでご紹介した事のある八王子は小宮の”麺屋 樽座”さんへ久しぶりに行って参りました!
こちらの看板メニューは、海老出汁の効いた”味噌ラーメン”なのですが、毎月替わりで出て来ます変わり種の”限定麺”ももう一つのウリなのです。
さて、本日は今月の限定麺である”ナポリタン麺”をチョイス!
出て来ましたラーメンは、まさにナポリタンの具材がそのまま入ったラーメンなのです。しかも、溶けたチーズとカリカリに焼いたチーズも乗っかると云った、ラーメンの概念を無くした様な自由なラーメンです。
ここ最近では”トマトスープ”のラーメンも徐々に増え、ポピュラーになりつつありますが、このラーメンはまさに期待通りのトマトスープとチーズの風味が効いたコクのある美味しいスープです。
更に麺は、味噌ラーメンで使われている喉越し良くスープと良く絡む中太麺で、この特徴のあるスープと良くマッチされておりました。
麺が食べ終えた所でサービスの半ライスを丼に投入してかき混ぜれば、”ナポリタンリゾット風おじや”が出来上がり、これまた最後までスープを堪能させてくれる美味しいラーメンでした。
こう云った物を食べる度に思いますが、料理って国境ってものが無いんだなぁって感慨深くなってしまいます。
(って、ナポリタンもラーメンも日本で生まれた立派な日本料理なんですけどネ(笑))
ご馳走様でした!

さて、本日も前回のBlogにてご紹介している施工現場の続きをお話しようと思います。


日野市 I様邸施工4日目。さて、今日は何処まで工事が進むのでしょうか?

日野市 I様邸施工4日目。
さて、今日は何処まで工事が進むのでしょうか?とっても楽しみですネ!


先日フェンスの柱立てまで行った隣地側の塀ですが、この日にはその柱にアルミフェンス本体を組み付けて仕上げました。

まずこの日最初に取り掛かったのは、隣地側の塀の仕上げ作業です。
先日の状態では、隣地側既存ブロックに1段ブロックを増設し、更にフェンスの柱を立てるまで行いましたが、この日ではその柱にフェンス本体を組み付けて、この様に完成させました。
かなり綿密に柱の位置取り等を行ったお陰で、狂いの無い綺麗なフェンスに仕上げる事が出来ました。


同時に敷地奥側の見切りブロック上にもフェンスが綺麗に建ちました。

同様に敷地奥側の見切りブロック上にもこの通り綺麗にフェンスが建ちました。
フェンスが建った事で、雑然としていた施工前に比べて、非常にスッキリした印象を与えてくれます。


奥側と隣地側とのフェンスのコーナー部もこの通り綺麗に納まる事が出来ました!

そして奥側と側面側とが交差するコーナー部も、この通り綺麗に納める事が出来ました。
今回の場合、片方は既存のブロック上への増設、そしてもう片方は新規に立てたブロック上への設置と、仕上げ高が少々違い、さらにフェンス柱の割り振りが難しい少々手間取り易いケースなのですが、今回担当した職方さんが色々と知恵を振り絞ってくれたお陰で、この様になんなく仕上げる事が出来ました!本当にありがたいです!


次に取り掛かった作業は、駐車場内アプローとの舗装工事です。

さて、隣地側のフェンスも無事仕上がった所で次に取り掛かったのが、駐車場内アプローチ工事です。
上の写真は、既存のタイル舗装を撤去した後にベースコンクリートを機械を使って扱き、乱張り石を張るのに必要なベースを作り上げた所です。
さらに脇にあった花壇スペースも撤去し、そこへは砕石を敷いた所でメッシュ筋を設置してベースコンクリートが流し込める状態にしておきました。


次に乱張り石を選別しながら仮置きし、全体的なバランスを見て調整して行きます。

下地作業が終えると、実際に乱張り石を仮置きしてみて、使える石と使えない石とを選別して行きます。
更に目地の入り方、石の大きさ等が全体のバランスと合っているかを見定め、必要に応じて石をカットしたりして加工して行きます。
この作業、職方さん個々の個性の出る作業でもあるのですが、これこそがその後の仕上がりに大きく影響するとても大切な作業なのです。


そしてこうして乱張り石が仮置きされて行きました。これからどの様に変わっていくのか楽しみですね!

全体的に見ますとこの様な感じです。
ここから更に石を置き、必要な箇所を加工して更にバランスを整え・・・と云った地道な作業が始まります。
私たちのプランでは、比較的乱張り石を使ったご提案が多いのですが、それを自信を持って各お客様にお勧めできる裏側には、この様な担当職方さんの丁寧な作業があるからだと云う事をお分かり頂けると幸いです。
さて、ここから更にどの様に仕上がって行くのか、これは次回のBlogにてご紹介しようと思います。
是非次回も宜しくお願い致します!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

昨日今日と季節外れな暑さに見舞われましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
昨日は気温も30℃前後まで上がり、寒さに慣れていた身体で急に真夏日に見舞われてしまいますと、さすがにきつく感じますね。。
ちなみに4月の時期に30℃近い気温を観測したのは、都内では約20年振りぐらいで所によっては観測史上初となるぐらい珍しい事の様です。
昨年は11月に季節外れの積雪に見舞われましたし、ここの所の気候変動は何処となく不安に感じさせられます。
何はともあれ皆さま、くれぐれも体調管理には気を付けて元気に過ごしましょうね!

さて、今日の様な暑い日は、何処となくスパイシーな食べ物が食べたくなりませんか?
と云う事で、今日のお昼はこの様な物を食べて参りました!


本日のランチは、以前Blogで”静岡めし”が食べられるお店として紹介した”鐘庵”さんへ行って来ました!今日は”カレーうどん”をチョイス!

以前このBlogで”静岡めし”が気軽に食べられるお店としてご紹介した”鐘庵”さんへ伺って来ました!
今日はこちらで”カレーうどん”をチョイス。
実はこちらのカレーうどん、トイレの中の貼り紙に”私女将が今一番嵌まっているメニュー”としてカレーうどんが紹介されており、その言葉通りに注文して見ました!
(トイレに入ると、ついこう云った貼り紙って見ちゃいますよネ(笑))
さて、実際に食して見ますと、”非常にマイルドで優しい”カレー風味が口に拡がって非常に美味しかったです!
こちらのウリは”蕎麦”なのですが、なんと”うどん”ものめっこく且つコシのあるうどんでとっても美味しかったのです。
確かにこれは、貼り紙に書いてあった通り嵌まってしまいそうな味です。
また、うどんを食べ終えた残りのスープの中に半ご飯を投入してお約束の”カレーおじや”に!
当然お味は、御想像通り”ウマイ!!”の一言です(笑)
こちらのお店、老若男女問わずとても寄り易いお店で、味もとってもマイルドで美味しいです。
もしご興味がございましたら、是非立ち寄って見て下さいね!

さて、本日も前回のBlogにてご紹介している施工現場の続きをお話しようと思います。


日野市 I様邸施工3日目。この日も張りきって施工に臨みました!

日野市 I様邸施工3日目。
この日の天候は少々曇りがちでしたが、私たちの心は完成へ向けて心も晴々としておりました!
さあ、この日も張りきって施工に臨みます!!


まずは玄関前より。新たに通した配管前にブロックを積み、新たなステップを設置する際のベース作りを行いました。

まずは玄関前から。
前回のBlogでは、既設のステップを撤去し、その後に新たに雨水管を通した所で終えましたが、本日はその外側にブロックを設置し、新たに設置するステップのベース造りを行いました。


既設の枡も無くなった事で、隣地塀まで同じ奥行でステップを設ける事が出来ました。

今までのネックとなっていた大きな”雨水桝”が無くなったため、ステップの奥行を隣地塀まで同じに設定する事が出来ました。
こうする事で、お客様から戴いておりました”駐車場の奥行を広く取りたい”と云うご要望に応える事が出来ます!


こちらは門袖後側。既設の伸縮門扉の柱を撤去するのと同時に、新たに設置する伸縮門扉の基礎穴を開けました。

こちらは門袖後側の様子です。
既設の伸縮門扉を撤去し、同時に新たに設置する伸縮門扉の基礎穴を開けました。


逆側も同様に、基礎穴を開けます。

もう片方も同様に既設の柱を撤去した後に、新設の伸縮門扉の基礎穴を開けておきます。


午後にはブロック内側にコンクリートを流し込み、ステップのベースが出来上がりました。

そして午後には、先程設置したブロック内にコンクリートを流し込み、ステップのベースが完成しました。


こちらは逆側。ちなみにこのベースの上に乱張り石を化粧するため、その仕上げ高を考慮して低めに作ってあります。

こちらは逆側の様子です。
ちなみにパッと見で、少々既設のステップに対して低く作られているなぁと思った方もいるのではないでしょうか?
これは、この上に乱張り石の化粧を施す事を想定して、その厚み分を下げたためにこの様な高さに仕上がっているのです。
また、既設ステップ横にある紙の筒ですが、これはこれから設置する手摺りの柱を立てるために使用する、いわゆる”型枠”代わりの筒です。


更にお庭側入り口もブロックにて枠を作った上で、ステップのベースを作りました。

更にお庭の入口には、この様にブロックで枠を作った上でコンクリートを流し、新たなステップのベースを作りました。
とことんお客様のための利便性を追求して行きます。


先程開けた門袖横の基礎穴には、新たに設置する伸縮門扉の柱を立てました。

こちらは再び門袖裏側。
先程開けて置いた基礎穴に、伸縮門扉の柱を設置しました。


逆側も同様です。着々と施工が進んでおります。

そして逆側の基礎穴にも柱が設置されました。
お陰さまでここまで、予定通り順調に施工が進んでおります。
さて、これから更にどの様に変化して行くのか。。
とにかくこのまま無事に施工が進んでくれればと願うばかりです。
では、またこの施工の続きは、次回のBlogにてご紹介致しますので是非宜しくお願い致します!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

ここの所、朝と昼間との寒暖の差が10℃以上もある日が何日も続いておりますが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
特に昼間は20℃を超える日が続いており、思わず上着を脱いだ上で腕まくりしてしまう今日この頃です。
そんな日が続くせいか、ここの所なんだか寝ても疲れがとり切れない様な気がします。。
また、花粉もスギが終わったかと思ったら今度はヒノキが始まった様で、最近ではヒノキの花粉症の方が症状が出ている様に思えます。。
こう云う事は、色んな事が要因で起こるのでしょうが、健康には本当に気を付けていきたいものです。
皆さまも新年度が始まり新しい環境で色々と大変かと思いますが、くれぐれも体調には気を付けて元気に参りましょうね!

さて、昨日は久しぶりに職場を離れまして都心の方へ出張へ行って参りました。
東京ビッグサイトにて毎年4月に開催されます、エクステリア&ガーデン業界にとっては最大のイベント”エクステリアエキシビジョン(略してEXE)”へ行って参りました。
今年も各メーカーとも、今年度に向けての画期的な商品を展示しておりましたが、その中でも私プランナーが目に付いた新商品がありました。


私の注目した商品は、LIXILブースにて展示されていた次世代型カーポート”カーポートSC(仮称)”です。

それは、LIXILブースにて展示されておりました次世代型カーポート”カーポートSC(仮称)”です。
ご覧頂ければ分かる通り、柱に天井がくっついているかの様にとてもシンプルなデザインです。
今までのカーポートであれば、梁や母屋材と云った骨組とポリカーボネートの透明な屋根材が組み合わされ、更に雨といが設置されるため、どんなにスクエアなデザインにしたとしても少々無骨なデザインになりがちでした。
しかしこのカーポートは、梁や母屋材ではなく、天井材自身が骨組の役目を果たし(建物で云いますと壁が柱の役目を果たす”耐力壁”と同じ)、雨とい・立といと云った物は、天井材上部や柱内に組み込む事でスッキリとした今までにないデザインに仕上げられたとの事です。


こちらはモノトーン調の建物に合せたツートーンカラーのカーポート。とても建物と調和しており、とても新鮮な感じです!

更に別の所には、モノトーン調の建物と併せたツートーンカラー仕様のカーポートを展示しておりました。
こちらのカラーは屋根材が”ナチュラルシルバー”で柱材が”マイルドブラック”の組合せ。
こうして見ますと、まるで建物の一部の様に見えるぐらいに非常に調和のとれたデザインです。
私たちプランナーは、”如何に建物等と調和のとれるデザインを考えられるか?”と云う理想を追い求めるのですが、こう云った商品はまさに理想的な商品と云えます。
しかし、同時にこう云った意匠性の高い商品は、様々な懸念材料も考えられます。
コスト面、施工性、耐久性、メンテナンス性等など・・・
今年の秋に発売予定との事ですが、まだまだそれまでに様々な改善点をクリアして行かなくてはならないとの事です。
様々な可能性を秘めているカーポートだけに、どの様な形で商品化されるのか、とても興味が湧きます!
もしかしますと、後々にこちらの商品を実際に使ったファサードプランをご紹介できるかもしれませんね。
これからの動きに、是非期待したいと思います!

さて、本日も前回ご紹介した施工現場の続きをご紹介しようと思います。


日野市 I様邸駐車場リノベーション工事2日目。この日も晴天に恵まれ、絶好の施工日和でした!

日野市I様邸駐車場リノベーション工事2日目。
この日も快晴に恵まれ、絶好の施工日和となりました!
さて、この日の施工にてどの様に変化して行くのでしょうか?とっても楽しみですね!!


前日にてブロック積みの工程もこの通り綺麗に積み上げられました。

こちらは前回のBlogにてご紹介しておりました、敷地奥側の仕切りブロック積みの様子です。
お陰さまで無事綺麗に積み上げられ、後はブロック上にアルミフェンスを設置するのみとなりました。
こうして後側のフェンスと見比べますと、如何に正確にブロックが積まれたかが良く分かってしまいますね。。


こちらは門前の花壇跡。レンガの花壇と内部の土を撤去し、これから新たに花壇を作ります。

こちらは門前の花壇の様子です。
以前あったレンガ造りの花壇と内部の土を撤去し、綺麗な状態にしました。
こちらはこれより、新たな花壇を作る準備に入ります。


こちらは玄関前ステップの様子です。以前あったステップ等は綺麗に撤去されました。

更にこちらは玄関前ステップの様子です。
以前あった広めのステップ等を全て撤去し、この通り土の状態になりました。
いわば”キャンパス造り”と同じ感じです。


懸案事項であった雨水枡に関しても、撤去した上で新たに配管を通しました。

懸案事項であった、コンクリート製の雨水桝に関しては、この通り撤去した上で”エルボ配管”を設置して、既存の雨水桝と新たに設置する雨水桝とを直接繋げる様にします。


更に駐車場内の古いレンガ調タイルのアプローチも、この通り綺麗に撤去しました。

駐車場内のレンガアプローチ舗装部も、この通り綺麗に撤去しました。


そしていよいよ花壇部分には、土留めとなるブロックを積み始めます。

門袖前の花壇部に関しては、いよいよ土留めとするブロックを積み始めます。
どの様に変化するのか、楽しみになって来ます!


玄関前では、お庭とサイドヤードとの間の2箇所にブロックが積まれました。

再びこちらは玄関前の様子です。
隣地側ブロック上にはアルミフェンスの柱が立てられ、さらにお庭側とサイドヤードの境にブロックにて土留めを作りました。


そして門袖前花壇にはブロックが積まれました。

そして門袖前の花壇にもこの様に綺麗にブロックが積まれました。
こちらには後程モザイクタイルを用いて化粧を施すのですが、それはまた後日にて・・・。
と云う事で、この日の施工はここまでで終了となりました。
さらにこれからどの様に変化して行くのか、とっても楽しみになって来ますね!
それではこの施工現場の続きは、また次回のBlogにてご紹介しようと思いますので、是非宜しくお願い致します。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は朝の気温が4℃、そしてお昼の気温が20℃と、まるで冬と初夏の季節を行ったり来たりしたような陽気でした。
ここまで寒暖の差が激しいと、身体も疲れて来ますし着る物の調整も難しいですね。。
また、ここに来てインフルエンザが急に流行している様で、私の周りでもインフルエンザでダウンしてしまった人が多くおります。
是非皆さん、体調を整えてくれぐれも風邪やインフルエンザに掛からない様に気をつけましょうね!
ある健康番組で、”風邪の特効薬は?”と云う話題を取り上げておりましたが、薬を使っての治療は基本的に不可能なのだそうです。
では最も良い方法は?と云う事で一番に挙げていた事に、”規則正しい食事と十分な睡眠”だそうです。
つまり、普段から免疫力を高めましょうと云う事なのでしょうね。
と云う事で、ここの所Blogをご覧頂いた方からご好評戴いております”私プランナーのランチレポート”をご紹介しようと思います(笑)


今日行って参りましたお店は、私共のお店から徒歩5分程の所にあります”弘前軒”さんです。今日は”辛中華そば”を食べて来ました!

本日伺って来ましたお店は、私共のお店から徒歩5分程の所にありますラーメン屋”弘前軒”さんへ久しぶりの訪問です。
今日はこんな寒暖の差の激しい陽気と云う事で、”辛中華そば”と云う刺激的なラーメンを注文して見ました!
こちらのお店は、永福にある有名店”大勝軒”と同じ系統の、煮干し系の出汁をベースにした醤油系中華そばが売りのお店でして、普通盛りで他のお店の大盛り以上の量がある所が特徴です。
もちろん味に関しては、真面目にスープ作りをされている事が前面に現れているぐらいにとっても綺麗なスープでして、いつ食べに行っても安定した味を保っております。
そんな基本に忠実なラーメン屋さんの中で、このメニューは本流を離れた面白いラーメンです。
ご覧頂ければ分かる通り、基本の中華そばに特製のラー油やゴマ油等でアレンジされたオリジナルの”辛スープ”でして、食べて見ますと見た目以上に結構辛いのです(笑)
でも、基本がしっかりしているため辛さの後にちゃんと美味しい味が膨らみ、”辛ウマ”と云う表現が合うアトをひく味です。
今日の様に身体に喝を入れたいなぁと云う時には、打ってつけのラーメンです。
ちなみにこの”辛”メニューは”辛つけ麺”もあります。
もしご興味をお持ち頂けましたら、当店へ御来店頂いたついでに寄って見ては如何でしょう。

さて、本日は前回ご紹介しました駐車場リノベーション案件の施工の様子をご紹介しようと思います。


日野市 I様邸駐車場リノベーション工事1日目。いよいよこの日より本格的に施工が開始されます!

日野市 I様邸駐車場リノベーション工事1日目。
いよいよ、私がお造りした完成イメージへ向けてこの日より本格的に施工が開始されます!
施工初日は、色んな意味で心がドキドキしてきます。何事もなく、無事に施工が進捗出来る事を祈るばかりです。


まず最初の工程は、隣地に面している古いフェンスの撤去作業から始めました。

まず一番最初に取り掛かりました施工は、隣地に面しておりますブロック上の既存フェンスの撤去工事からです。
長年風雨に晒されていたスチール製のフェンスだけに、やはり柱等の傷みがとても激しかった様です。
フェンス本体を取り外し、最後に柱をブロック天端に併せてカットします。


フェンスの撤去が終わりますと、既存のブロック塀上に水糸で仕上げ高を割り出し、それに合せて鉄筋とブロックを設置して行きます。

フェンスの撤去が完了しますと、その次に既存ブロック上に黄色い”水糸”を張って仕上げ高を割り出し、それに合せて鉄筋とブロックを設置して行きます。


鉄筋は強度を確保するのに必要な間隔を割り出して設置して行きます。

ブロックの増設箇所か、約10m強ありますので、こうして見ますと結構長い距離である事が分かります。
鉄筋に関しては強度の事を考慮してピッチ(間隔)を割り出し、等間隔に設置して行きます。
ブロックは、等間隔に入る鉄筋とコンクリートが結びついて一つの”鉄筋コンクリート柱”を形成させ、それを中心に強度を確保します。
その為、少なすぎれば倒壊し易いものになり、逆に多すぎればその分コスト増と云う事になるので、その配分が決め手となります。


奥側の通路には、新たにブロックを積んでしっかりとした見切りを作ります。

そして同時に奥側通路に関しても、隣地との境界に新たにブロックを積み、しっかりとした仕切りとします。


奥側フェンスの長さも約10m強。かなり距離の長いフェンスとなります。

奥側フェンスに関しても、敷地いっぱいに設置するため長さ的に約10m強のフェンスとなります。
こうして見ますと、かなり距離の長いフェンスである事が分かります。
それを正確に手際良く積んで行く職方さん達は本当に凄いと思います。
さて、上の写真の途中で穴のあいている箇所が見えると思います。
実はその箇所、コンクリート製の大きな雨水桝が陣取っておりまして、ブロック積みの妨げとなってしまっておりました。
そこで、そのコンクリート製の枡を水道職方によって撤去しまして・・・


樹脂製の雨水桝へ変更しました。

この様な樹脂製の雨水桝に変更しました。
これでしっかりとブロックも積む事が可能となります。


先程鉄筋を設置していた隣地側ブロックも、この通りブロックが1段増設され、目地を仕上げております。

そして先程鉄筋を設置していた既存ブロック上には、この通りブロックが1段増設され、目地にモルタルを入れて仕上げております。
ちなみにブロックを隣地側に1段増設した理由は、その上に新たに設置するアルミフェンスの柱を設置し易くするためです。


新たにブロックを設置すれば、アルミフェンスの柱位置は、コチラで自由に決める事が出来ます。

既存のブロックに対して穴を開けてフェンス柱を設置する方法もありますが、その際には”コアドリル”と云う特殊工具を用いて施工する事となります。
実はその”コアドリル”を使っての施工は、かなりの技術と労力が必要で、その分コストとして跳ね返って来てしまいます。
距離が短ければとても有効な施工方法なのですが、今回の様に距離の長いブロック上にてコアドリルを使用しますと、かなりのコストが掛かってしまい、場合によってはブロックを増設する以上にコストが掛かってしまう恐れがあります。
その為今回は、この様にブロックを増設した上でフェンスを設置する方法をとりました。
限られたご予算内で、いかにベストな施工を考慮したプランを考えられるか。。まさに私たちプランナーの腕の見せ所でもあります。
そう云った意味では、今回の施工方法の選択はまさにベストと云えます!

と云う事で、1日目では隣地側のフェンスの設置施工を始めました。
パッと見地味な施工かもしれませんが、こうして見て頂きますと改めて施工の奥の深さの様な物を感じて頂けたかと思います。
さて、次回の施工ではどの様に変化して行くのでしょうか?
それはまた、次回のBlogにてご紹介しようと思いますので、是非宜しくお願い致します!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は比較的穏やかな陽気で、まさに”春爛漫”と云った感じでしたね!
桜も至る所で見ごろを迎え、何処を通ってもピンク色の桜の花に見とれてしまいます。
当店敷地内にある桜の樹も、ようやく満開を迎える事が出来ました!


満開となった当店敷地内の桜の樹。満開まで時間が掛かりましたが無事咲き誇りました!

こうして綺麗な桜の花を見ますと、何処となく気持ちが癒されます!
更にお店のファサードに植えておりました花壇の花々も綺麗に咲き誇っております。


当店入口も門柱に飾られている寄せ植えもこの通り、綺麗な黄色い花を咲かせております!

こちらは門柱の上に飾られている寄せ植えで、中には”ムルチコーレ”と新品種の”黄色いアリッサム”が咲き誇っております。


更にガーデンルーム前の花壇のお花達も今が盛りを迎えております!

そしてガーデンルーム前の花壇のお花達もこんなに見事なお花を咲かしております!
花壇内のお花達は、”ガーデンシクラメン””パンジー””アリッサム””シロタエギク”です。
どれも今年の厳しい冬の寒さを耐えたたくましいお花達です。
こうして元気に咲き誇っておりますお花達を見ておりますと、こちらまで元気を貰える様な気がしますね!
しかし明日は、一日雨風が強まる花冷えの一日の様です。
せっかく咲いた桜の花も、ひょっとすると明日の風雨で散ってしまうのでしょうか?
なんとも儚いですね。。(そこがまた良いのかもしれませんが。)
桜の花が終わりますと、そこから若葉がの緑が鮮やかな”新緑の季節”へと移り変わります。
四季を感じさせてくれる植物たちの役目、とても大切だと気付かされますね!

さて、本日からまた新たな施工現場のお話をしようと思います。


本日よりご紹介するお客様は、日野市在住のI様邸です。

本日よりご紹介しますお宅は、日野市在住のI様邸です。


こちらが今回御依頼頂いた駐車場の様子です。

こちらが今回御依頼頂いた駐車場の様子です。
入口から玄関に掛けて、レンガ調のタイルにてアプローチラインを敷き、カーゲートとなる伸縮門扉は、子扉と親扉とを組み合わせた”親子開きタイプ”が設置されておりました。


しかし、何十年もの経年による劣化で、タイルも伸縮門扉も傷んでしまっていて使いづらい状態が続いていた様です。

しかし、何十年もの長きに渡る経年には勝てず、タイルも伸縮門扉も所々傷みが生じてしまい、使い勝手が悪くなってしまっていました。
リノベーションへのきっかけって、きっとこんな所から生じる物なのでしょうね。


こちらは玄関前の様子。入り易さを考慮して広めにステップのスペースをとっておりますが・・・

こちらは玄関前の様子です。
駐車場からの入り易さを考慮して、広めにステップのスペースをとっておりましたが、これが仇となり、駐車する際に後側を気にしながらギリギリの位置まで駐車されてたとの事です。
今御乗りの自動車の全長であればなんとか止められる物の、これより大きなお車への乗り換えは今まで諦められてたとの事でした。。


ステップ横には、何やら枡の様な物が。。

またステップ横には、なにやら四角いコンクリートの枡の様な物が見えます。
もし枡であれば、何らかの管が下を通っていると云う事ですが、もし”汚水管”となりますと、簡単に撤去と云う訳には参りません。
実際に開けて調べてみた所、雨とい等から繋がっている枡、つまり”雨水浸透枡”である事が判明しました。
これであれば、配管をこちらで考えてやり替える事が可能です!


玄関横の様子。大きな立水栓が通路を占領して奥へ通りにくくなってしまっております。また、フェンスも傷んでしまっておりました。
後側の様子。隣地との間には土止めのブロックが無いため、雨が降った際の雨水の行方も心配な所。。

そしてこちらが、玄関横と敷地後ろ側の様子です。
玄関横には大きな立水栓がスペースを占領しているため、奥への行き来がしにくい状態になっております。
また、お隣さん側のフェンスもスチール製でかなりサビ等の傷みが発生し、あまり良い状態にはなっておりませんでした。
敷地後ろ側の通路に関しては、お隣さんとの境に土止めが存在しない為、雨が降った際に雨水の行方がどうなっているのか心配との事でした。

さて、現状の状態からお客様より改善したい内容をまとめますと・・・
|鷦崗譴離▲廛蹇璽禅擇喊縮門扉を新しいものにしたい。
玄関前ステップを改善して、一回り大きな車でも止め易い状態にしたい。
8軸愾ステップに、将来の事を考えて手摺りを設けたい。
の水栓を改善して、通路横側の使い勝手を良くしたい。
ツ模横側および後側のフェンスを改善し、砂利も撒いて欲しい。
と云ったご要望を頂きました。
そこで、私がご提案したイメージはというと・・・


そしてこちらが、お造りしたリニューアルイメージです。

こちらが、リニューアルイメージです。
まず舗装に関しては、既存門袖のタイル等のカラーより、イエロー系の乱張り石による舗装をチョイスし、全体的に明るく且つ落ち着いた佇まいとなる様に仕上げました。
伸縮門扉に関しては、既存の伸縮門扉の使い勝手を考慮して同じ”親子開き”タイプの伸縮門扉”LIXIL「アルシャイン供弯道匈き仕様”を選択しました。
カラーは、玄関ドア等の色合いから”オータムブラウン”を選んで見ました。
更にお客様より、「この際だから、玄関前の花壇も綺麗にしたい!」と云うご要望に応え、門袖のタイルイメージとマッチした”モザイクタイル”を用いた花壇へリニューアルして見ました。


玄関前ステップのイメージ。広くとられていたステップを通常の階段のステップ幅(30cm)に設定し、駐車場の奥行を確保しました。
また、ステップの間口を広くとると同時に手摺りを設置し、使い勝手と安全性を考慮しました。また、お庭へのステップも新たに設置。

こちらは玄関前のイメージです。
奥行方向に幅をとっていたステップ等の配置を再設定し、通常の階段幅(30cm)にとる事で、駐車場の全長を長く確保する様にしました。
その際懸念していた既存の雨水枡に関しては、水道職方と相談して枡を撤去する上で新たにお庭側にある雨水桝に管を直結させて処理する方法をとりました。
これにより、駐車場土留めのセットバックが可能となりました。
また、ステップの間口も広く取り、その際に手摺りも一緒に設ける事で、使い勝手と安全性を兼ねた物としました。


こちらは、お客様のお車よりも一回り大きい自動車を入れたイメージです。

そして実際にお客様が御乗りのお車よりも一回り大きいお車を止めたイメージも作って見ました。
この通り、余裕を持って駐車する事が可能である事が分かります!


玄関横の立水栓は、私のBlogではお馴染の”フラットパン”を用いた物にリニューアル。また、フェンスもブロックを1段増設した上にアルミフェンスを設置し直しました。
こちらは敷地裏側のイメージです。新たに敷地内にブロックと積み、フェンスをする事でしっかりとした仕切りを設けました。

また横側通路に関しては、大きく陣取っていた立水栓を撤去した上で、新たにこのBlogではお馴染の”ニッコー「フラットパン」”を用いる事で使い勝手と通路幅の確保と云う機能を両立させました。
また隣地側フェンスは、既存フェンスを撤去した上で新たにブロックを1段増設し、その上に既存のフェンスより1サイズ低いタイプのアルミフェンスを設置。
また、敷地後側に関しても、このフェンスと高さ等を揃えたフェンスを設ける事で、お隣さんとのしっかりとした仕切りとしました。
これにより、雨水等がお隣さんへ流れたりする恐れが無くなります。
また、通路には除草等を行った上で防草シート&砂利を敷き込んで綺麗に仕上げます。

と云った感じで、お客様のご要望に併せてプランニングさせて戴いた所、とてもお気に召して頂き「いつから工事に取り掛かれますか?」と、有難いお言葉を戴けました!
ところが、ご相談頂いた時期が昨年末であったため、あいにく職方等のスケジュールがいっぱいの状態となっておりました。。
本当に申し訳なかったのですが、お客様からは「年明けで構わないので、是非お願いします!」と、本当に恐縮するお言葉を頂けました!
ここまでお気に召して頂けて、私自身、プランナー冥利に尽きると心から思いました。
と云う事で、年明けから早速職方等とスケジュールを打ち合わせして早速取り掛かる事となりました。

この施工の様子に関しては、次回のBlogよりご紹介しようと思います。
果たしてどの様に具現化させていくか、是非御期待頂ければと思いますので、宜しくお願い致します!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は昨夜遅くの雨が朝方まで残り、このままどんよりとした空模様になるのかと思えば、昼ぐらいには一変して時折晴れ間を覗かせる天気に変わりましたね。
朝から南風が強く、日中は23℃と少々汗ばむぐらいの暖かい陽気となりました。
ここまで暖かいと、桜がどんな感じで咲いているのかとっても気になりますよね!
実は昨日、1日を通して様々な桜の風景を撮って来ました。


早朝。浅川沿いの高幡橋から一番橋の間にある”向河原団地”前の桜並木です。

まずは早朝7時。
毎朝の日課であるウォーキングで、浅川の土手沿いを歩いている際に出くわした桜並木です。
場所は高幡橋と一番橋の丁度中間に位置する”向河原団地”前になります。
早朝にこんな綺麗な光景に出くわしますと、とっても幸せな気分にさせてくれます!
更に夜にはこんな所へ。


東京は中目黒。有名な目黒川沿いの桜並木です。

夜19時ぐらいでしょうか。
友人と話のタネにと、今話題になっております夜桜スポット、中目黒の目黒川沿いにある桜並木を見て来ました。
川幅の小さい所に、まさに”桜のトンネル”の如く植えられている桜並木、非常に見応えがありました!
しかし細い路地沿いに面しているため、路地は至る所に人・ヒト・ひと。。。
ゆっくり落ち着いて見物と云う訳には行きませんでしたネ(笑)
更に勢いに乗って、”夜桜のハシゴ”をしちゃいました!


夜桜2軒目(笑) 千代田区千鳥ヶ淵の桜並木です。

夜桜見物2軒目!時間は21時。
千代田区千鳥ヶ淵の桜並木です。
こちらは先日某テレビ番組で取り上げられていたスポットで、多摩地区の方なら首都高の都心環状線から4号線に入る手前で見られる桜並木として御存知の方も多いのではないでしょうか。
私も高速から見る事は多いのですが、こうして改めてゆっくりと桜並木を見るのは今回が初めてでした。
先程お見せした目黒川とは対照的に、幅の広い皇居のお濠に桜が咲いている光景は圧巻で、水面に浮いている雰囲気との相性もとても良いです。
また、場所によっては背景に東京タワーが入り、まさに”東京の桜”の光景です!
個人的には、この千鳥ヶ淵の桜並木がとてもお気に入りですが、皆さんは如何でしたでしょうか?
今週末はあまり天候に恵まれない様ですが、是非桜の風景を求めにお出掛けになられてはどうでしょう。

さて、前回のBlogまで数回に分けてご紹介した施工現場ですが、ようやく完工の日を迎える事が出来ました!


国立市 K様邸人工木ウッドデッキ工事。この通り無事完成の日を迎える事が出来ました!

国立市 K様邸人工木デッキ工事。この通り無事完工する事が出来ました。
改めてこうして見ますと、とっても大きなウッドデッキですが非常にスッキリと納める事が出来ました!


前回のBlogにてお話した”多段幕板”も、この通りとてもスマートに設置する事が出来ました。

前回のBlogにてお話した”多段幕板”ですが、一時はどの様な納まりになるのか心配になりましたが、担当職方さん達の機転と努力でなんとかスマートに納める事が出来ました。


クロスタイプのデッキフェンスも、非常に良い感じです!

クロスバータイプのデッキフェンスも、非常に良い感じに納まっております。
デッキ横のバラの花壇越しに見ますと、雰囲気にとっても良く溶け込んでいるのが分かります。


デッキ内の点検口の閉めた様子。
そしてこちらが開けた様子。

デッキ内に設置した”点検口”もとても良く納まりました。
左は閉めた様子で、右側は実際に開けた様子です。
パッと見では目立ちにくい、理想的な納まりとなりました。


最後に至る所を実際に乗ってチェックします。

そして最後に、私プランナー自らデッキ上をくまなく歩いてガタツキ等が無いか最終チェックを行います。
ステップ、メインデッキ、点検口上等、ガタツキが出易い箇所含めてしっかりと納められた事が確認できました!
この瞬間がホッと一息つける所です(笑)


こちらは施工前の様子。

では最後に、施工前・CADイメージ・完工後の写真を並べて見ようと思います。
まずは施工前の写真です。


そしてこちらがCADにてお造りした完成イメージ図です。

そしてこちらがCADにてお造りした完成イメージです。


そしてこちらが、完成した写真です。

そしてこちらが、実際に完成した写真です。
まさに今回も”現物120%!!”の出来栄えにする事が出来ました!
この様にとても良い納まりにする事が出来たのも、尽力して頂いた商社や職方の皆さん、そして何よりお客様のお陰です。
是非これからも、このウッドデッキと共に、御家族皆さんで素敵なガーデンライフを過ごして頂ければと思います!
ありがとうございました!!

如何でしたでしょうか?
こちらのBlogでは、私プランナー目線より写真とコメントを入れさせて頂きました。
どの現場にも共通する事ですが、綺麗に納まっている現場の裏側では、必ずなんらかしらの”ドラマ”が待っております。
そしてそう云った”ドラマ”があるからこそ、更により良い空間を作る事が出来ますし、それが次へのお客様への満足度に繋がって行くのだと思います。
是非ご覧頂いている皆さんに、綺麗に出来上がっている建造物等の舞台裏には、並々ならぬ商社や元請け、そして何より職方さん達の頑張りがある事を少しでも伝えられれば幸いです!

さて、次回のBlogではどの様な現場が待っているのでしょうか?
是非ご覧頂いた皆さんのお役に立てるBlogとなる様に頑張りますので、今後とも宜しくお願い致します!

※尚、こちらの案件は当ホームページの”施工事例””ムービー”にてご紹介しております。
併せてご覧頂ければ幸いです!宜しくお願い致します!!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は非常に暖かい一日で、日中は21℃を超える初夏と思ってしまう様な陽気でした。
都心の方では桜も満開になっている所が多くなっている様ですが、ラジオなどで聞く話によると、所によっては咲き切っていない所もまだあり、例年には見ない状態が続いている様です。
確かに私たちの地元、日野や八王子では5分咲きぐらいになっている所が多い様です。
ちなみにもっと驚くべきは、西日本側では更に状態が酷く、鹿児島辺りでは未だ桜が開花していないとの事です。
その理由として、実は今年”暖冬”であったが故との事でした。。
桜の開花には、冬場の寒さによる”休眠状態”が必要で、それが十分でないと開花が促されず、最悪咲かないまま蕾の状態で散ってしまう事もある様です。
今年は西側で”記録的な大雪”なんて云う報道が目立ってしまっていて、日本全国で寒波なのではと思われていたのですが、実はそれは一部の地方で、全体的には暖冬傾向が強かったとの事でした。
(ニュースなどのメディアが与える影響は、とても凄いですね。。)
さてさて、今週末は雨風共に強い荒天の予報となってしまっておりますが、桜の方はどの様になるのでしょうか?
少々心配になりますね。。
さて、こんな暖かい時こそ美味しい物を食べて元気を付けたいモノ(笑)
と云う事で、今日のお昼はこんな物を食べて参りました!


以前Blogでご紹介した事ある八王子は楢原町にある”一陽来福”さん。今日は「ゴマつけ麺」を太麺にてオーダーして見ました!

以前Blogでご紹介した事のある八王子は楢原町、秋川街道沿いにあります”一陽来福”さんへ久しぶりに云って参りました。
今回は以前から気になっていたメニュー「ゴマつけ麺」をオーダーして見ました。
ちなみにこのお店、つけ麺に関しては太麺と細麺とを選ぶ事が可能!
私はつけ麺に関しては、細い物よりも太い麺の方が好みなので、迷わず太麺にてオーダー。
出てきた際には、ゴマの香りがとっても感じられるつけ汁が印象的でした。
早速食べて見ますと、予想通りゴマの濃厚かつまろやかな感じと、魚介系と肉系の出汁をブレンドしたスープとがとってもマッチしており、中々美味しいつけ麺でした!
そしてやはりこう云った濃厚系のつけ汁には、太い麺がとっても合い、良いバランスのつけ麺に仕上がっております。
最初はゴマの感じが強すぎるかな?っと思ったのですが、食べ進めて見るとまったく気にならずスッスと食べれてしまいます。
そして最後は、スープ割をお願いして熱々スープを堪能!魚介系のスープで割ったつけ汁は、また一味違うスープに生まれ変わり、まさに”一粒で二度美味しい!”と云った感じのつけ麺でした。
ゴマが苦手でなければ、このつけ麺はとってもアリだと思います。もしご興味があれば、是非立ち寄って食べて見て下さいネ!

さて、本日も前回のBlogでの工事の続きを描いて見ようと思います。


国立市 K様邸人工木デッキ施工3日目。いよいよこの日でウッドデッキを仕上げていきます!

国立市 K様邸施工3日目。
施工もいよいよ大詰め!この日一日で、完成まで仕上げていきます。
さて、前回のBlogでは幕板のお話に触れさせて頂きましたが、ご覧の通りなんとか仕上げる事が出来ました。


地面と幕板最下段部とがシビアになる箇所に関しては、地面の盛り上がり方に併せて上手く幕板をカット加工しました。

上の写真のデッキ下左側を注目!
右側と比べると明らかに幕板が細くなっている事がお分かり頂けると思います。
そうです!実は、地面と幕板がシビアとなってしまう箇所に関しては、地面の盛り上がり方に併せて、職方さんが丁寧にカット加工して納めてくれました。
こうしてパッと見する限りでは気付きにくい所ですが、その様にシラッと仕上げてしまう所は流石プロと云う言葉が当てはまると思います。
ちなみにこの様にカットした箇所が約4面!(丁度芝生と絡む面がそれにあたります)
イメージを崩さない様に上手く仕上げてくれた裏には、職方さん達の大変な努力と手間、そして技術力があってこそと云う事を強く感じさせてくれました。


既存花壇にあたる箇所も、この通り綺麗に幕板を加工して納めてくれました。

既存花壇と絡む箇所に関しても、この通り綺麗に幕板を加工して設置してくれました。
幕板を加工する上でポイントとなる事は、職方さん曰く”幕板を固定するビス穴”と”仕上げ高”だそうです。
通常の天然木ウッドデッキと違い固定方法等に制約があるため、人工木デッキは加工がしずらい欠点があります。
それを理解してしっかりと仕上げてくれた職方さん達には脱帽です。


最後にステップの設置を行います。ステップもデッキの設置と要領は一緒です。

そして工程もいよいよ大詰め!
ステップの設置を始めて行きました。
ステップに関しても、施工要領はメインデッキと同じで、束石となるコンクリ平板を据え水平を出し、その上に束柱・大引きを組み付け、最後にデッキ・幕板を張って行きます。


デッキ材が張られ、最後に幕板を側面に設置すれば完成です。

デッキ材も無事設置され、最後に側面に幕板を設置すれば完成です。
ここまで綺麗にイメージ通りに仕上げられたのも、職方さん、そして何より暖かい目で施工を見守って頂いたお客様御一家の皆さまのお陰です!
さて次回のBlogでは、完工した様子を施工前の様子を踏まえながら総括して締めくくろうと思います。
是非次回も宜しくお願い致します。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は日中、穏やかに晴れて気温も15度とこの時期らしい陽気となりましたね。
桜も今日の暖かさで開花が促進されて来て、都心の一部では満開となった様です。
私たちの地元、多摩地区では咲いている所とそうでない所との差が激しい様ですね。
私自身も今朝ウォーキングで、いつもの様に高幡不動から浅川の土手沿いを歩いて来ましたが、見た感じ3分から5分咲きと云った感じでした。
この感じですと、満開になるのは今週半ばか週末と云った感じでしょうか?
なんだかお花見とかが待ち遠しくなって来ますね!
さて、昨日のBlogでは浅草寺伝法院の様子をご紹介しましたが、実はそことは別にもう一つ今話題となっている場所へ出掛けて来ました!


“小江戸”と云う愛称で有名な埼玉県は川越へ出掛けて来ました!

江戸情緒を感じさせてくれる”蔵造り”の街なみ。
上の写真をご覧になられてピンっと来た方も多いのではないでしょうか?
そうです!”小江戸”と云う愛称で有名な埼玉県は川越へ出掛けて参りました!
川越は、私の地元である八王子と16号で繋がっている色々と縁のある街で、街同士では八王子の産業であった”絹織物”で交易があったとの事。
また、私にとってもこの街は、母方の親戚が多く住んでいる街で、小さい頃から色々と縁のある街でもあります。
こちらの街では、毎年10月に関東屈指の山車祭りとして有名な”川越祭り”が、昨年ユネスコ無形文化財に選ばれたとしてとても賑やかになっておりました。
この江戸情緒の雰囲気漂う街並みに勇壮な山車が練り歩く風景、それはとっても風情があってきっと凄い見応えがあるのでしょうね!
私も地元八王子で囃子方としてお祭りに参加しているだけに、何となく”祭り人”としての血が騒いで来ます(笑)
さて、川越では食文化も盛んで、サツマイモを使った芋料理や芋ビールと云う物がとても良く知られております。
そしてもう一つ、川越で忘れてはならないグルメがあります。


川越は”うなぎ料理”がとても有名です!今回は川越の老舗のうなぎ屋”小川藤”さんでうな丼を食べて来ました。

川越は街の名前の通り、荒川を中心に発達した街で、かつてはうなぎ等の川魚も取れたとの事です。
その名残で、市内には老舗のうなぎ屋が数多く存在しております。
今回は一緒に行動した川越の友人一押しのお店”小川藤”さんにてうな丼を食べて来ました!
うな重に比べればうなぎの大きさは小さいですが、このお店、昔からの調理法と秘伝のたれ、そして備長炭を使って焼くため、とにかく香ばしくふっくらとした美味しいうなぎが食べれます。
また、ご飯も一粒一粒がしっかりと立っている美味しいご飯で、これとうなぎが合わさりますと、それは見事なお味なのです!
ビールを飲みながら食べるうな丼、非常に格別で幸せな時間を過ごせました。ご馳走様でした!
(なんだか”花より団子”的な話になっちゃいました(笑))

さて本日も、前回のBlogでご紹介した案件の続きをお話しようと思います。


国立市 K様邸人工木デッキ施工2日目。1日目にして、メインデッキがほぼ出来上がり、午前中にてデッキ上にフェンスも設置されました。

国立市 K様邸施工2日目。
前日にてメインデッキ部分がほぼ完成し、午前中にはこの様に幕板とフェンスが設置され、かなり形になって来ました!
かなり大きなウッドデッキですが、1日半でここまで完成させる職方さんの手際の良さには脱帽です。


今回のデッキ、通常のデッキと違う仕様として”多段幕板仕様”であると云う事が挙げられます。

さて今回のウッドデッキにて、通常の仕様と大きく違う点として、”幕板”が挙げられます。
実際パッと見では、「ほとんど出来上がってるじゃん!」と云われそうですが、実は今回の仕様、デッキ下の空間を幕板で埋めて見えなくする”多段幕板仕様”なのです。
そしてこの仕様、以外に手間を食う大変なものだったのです。


こちらは下側の幕板を組み付けるためのアルミの”胴縁部材”です。地面とかなりギリギリの箇所に設置される事が分かります。

上の写真は幕板を支える”胴縁部材”です。
地面とかなり近い箇所に設置される事が分かります。
実は下側の芝生が一面まっ平らであれば何の問題もないのですが、所によっては微妙に盛り上がっている箇所もあり、そのままでは幕板が設置が困難である事が判明しました。
CADで描いている際は見えてこない部分なのですが、実際こうして施工についてみると色々と見えて来ます。
どんな事も「日々勉強」と云いますが、私のお仕事もまさにその通りです。
さて、今回もどの様に対応していくか?
はい!しっかりと職方さん達と話し合って対応策を考えました。
では、それに関してはまた次回のBlogでお話しようと思います。是非、宜しくお願い致します!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

早い物でいよいよ4月!新年度のスタートの月となりましたね!!
3月は”卒業”や”転勤”と云った言葉が巷を賑わしておりましたが、4月に入りますと一気に”入学””新入社員”と云ったフレッシュなフレーズの言葉にとって代わります。
春と云う季節は、何処となく気分をウキウキさせてくれる素敵な季節ですね!
そしてそれを祝うかの如く、桜(ソメイヨシノ)の開花宣言も全国各地で報じられるようになりました。
このままいよいよ暖かい陽気がやってくるのかと思いきや、昨日は雨と共に陽気が一気に冬に逆戻り!?
桜の咲き方も場所によってマチマチの様です。
(ちなみに当店敷地内にある桜の木は、まだまだ花を咲かせる気配が感じられません。)
天気予報によりますと、東京で桜が満開になるのは今週中頃との事。
例年に比べますと、今年は長い期間桜を楽しめそうですね!
さてそんな中、私も春を見つけに先日こんな所へと出向いて来ました。


浅草は浅草寺にあります”伝法院”のお庭へ行って参りました!後のスカイツリーと伝法院との組み合わせはとっても独特です。

浅草は浅草寺境内の中にあります、”伝法院”庭園へ行って参りました!
こちらは、江戸時代初期に建てられた寺院で、お庭はかの有名な茶人”小堀遠州”によって造られた回遊式庭園との事です。
そしてその広さはなんと約1万平方メートル!
大きな池を中心として造られたお庭はとても雄大で、まさに徳川将軍家のために造られた贅を極めたお庭でした。
こうして江戸時代初期のお庭・建物と、21世紀に出来上がった背後のスカイツリーとのコラボレーション、なんとも不思議な光景ですね(笑)


そしてこの時期の見頃の花は、何と云ってもこの”枝垂れ桜”です!

そしてこのお庭、実は普段は非公開となっているお庭なのですが、”枝垂れ桜”が咲くこの時期だけは期間限定で特別に拝観できるのです!
上の写真は、敷地内に植えられている枝垂れ桜の一つですが、非常に大きくて見事な物でした。
ただし残念ながら、まだ5分咲きと云った感じで、満開まではあともう少しと云った感じでした。
ひょっとすると、今日あたり見に行ってみたら満開になっているかもしれませんね!
ちなみにこの伝法院、5/8までは公開しているとの事です。
もし浅草方面へお出掛けの際は、立ち寄って見るのも良いかもしれませんね!!

さて、前回のBlogでにてご紹介した人工木デッキの案件。
今回からいよいよ施工の様子を順繰りにご紹介しようと思います!


国立市 K様邸人工木デッキ施工1日目。まずはデッキの基礎部分の工程から始めて行きます。

国立市 K様邸施工1日目。
いよいよこの日から施工を開始し始めました。
最初の工程は、ウッドデッキの基礎となります”束石”の配置と”束柱””大引き”の設置工程からです。


”束石”はデッキの強度等から”束柱””大引き”の位置を割り出し、正確に配置して行きます。

”束石配置”は、ウッドデッキは造る際に非常に重要となる箇所です。
ウッドデッキの広さ・形状から”束柱””大引き”の位置を割り出し、それに合せて正確に配置して行きます。
”束石”として使う部材は、25センチ角のコンクリート平板。
位置を割り出した所でその箇所の土を掻き出し、下側にコンクリートを流して平板を配置。
特にこの際、全ての平板の高さが全体的に水平になる様に微調整を行いながら設置して行きます。
これを疎かにしてしまいますと、デッキを設置した際に歪み、ガタツキ、傾き等の原因となってしまい、再度設置し直しを行わなくてはなりません。
どんな物も、”基礎”と云う物は非常に重要となる物だと痛感させられます。


”束石”が設置されると、次に”束柱””大引き”を設置して行きます。

そして”束石”が全ての箇所に設置されますと、次に”束柱””大引き”を設置して行きます。
今回設置する人工木デッキ”LIXIL「樹ら楽ステージ」”では、この様にアルミ材を使った束柱・大引きとなるため、長年の経年に対しても優れた耐久性を期待する事が出来ます。
また、今回の様な広範囲でのデッキの場合、”束石”のちょっとした狂いが全体的に悪影響を与えてしまいます。
上の写真をご覧頂きますと分かる通り、狂い無く設置されている事が確認できますね!


また、もう一つ高さで考慮しなくてはならないのは、建物のサッシとの位置関係です。

そして高さの面で考慮しなくてはならない事は、建物のサッシの高さとの関係です。
こうして見ますと、しっかりとサッシ下・雨戸下にデッキ材が配置されている事が良く分かります。


同時進行にて、お客様からの御要望で「デッキ上にコンセントを設けたい」と云う声を受けて、電気職方によるコンセント工事も行いました。

同時進行にて、お客様から「デッキ上でも電気器具が使えるようにして欲しい」というお声を受けて、電気職方によるデッキ上コンセント設置工事も行いました。
今回の建物での構造から、壁からではなく床下の空間を使って建物内から電線を盛って来た方が良いと職方が判断し、早速基礎部分から電源を持って来る作業を始めました。


基礎部分から水切り下の通気口を使って、なんとか電線を出す事に成功しました。

そしてこの通り、基礎から水切り下の通気口を利用して電線を出す事に成功しました。
水切り下の通気口は非常に細く、電線を取出すのには少々難儀でしたが、そこは流石”電気のプロ”ならではの手際の良さでした!


そしてこの通り、無事コンセントを設置する事が出来ました!

そしてこの通り、無事コンセントを設置する事が出来ました!
デッキ上へのコンセントの設置は、使い勝手等の観点からとても多く声を戴いております。
もし御検討中でしたら、是非御参考にして頂ければと思います。


そして夕方には、ほぼ完成に近い状態にデッキが張り上がりました!

そしてデッキの方も、メインとなる箇所がこの様に張り上がりました。
こうしてこの角度から見ますと、とても大きなウッドデッキである事が分かりますね!


そして今回も、この様な点検口を設けて、”万が一”にも対応できる様にしました。

そして今回も、この様に点検口を設け、”万が一”に備えられるようにしました。
点検口の設置位置には、しっかりと蓋を支えられる様に左右に大引きを配置したため、人がこの上に乗ってもガタガタする事はほぼありません。

如何でしたでしょうか?
1日目にしてここまで完成する事が出来ると、これから先々がとっても楽しみになって来ますね!
しかし、順調だからと云って気を抜く事は出来ません。最後までしっかりと気を引き締めて事にあたって行こうと思います。
では、また次回のBlogにてお会いしましょう!宜しくお願いします。



ブログカレンダー

<   2017-04   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
タグリスト
  • ファサード
  • クローズド外構
  • セミクローズド外構
  • エバーアートボード
  • 目隠しフェンス
  • 人工芝
  • インターロッキング
  • 完工まとめ
  • プラスG
  • 特殊な工事
  • 入隅空間の有効活用
  • ウッドデッキ
  • 樹ら楽ステージ木彫
  • 和モダン
  • プランニング
  • ホームページのバージョンアップ
  • リードデッキ
  • 樹ら楽ステージ
  • 屋外コンセント
  • 美彩シンプルラインライト
  • ウッドデッキの点検口
  • 小さなお子さまの安全対策
  • 古いブロック塀の改修
  • サニーブリーズフェンス
  • レストステージ
  • 乱張石貼り工事
  • アースカラー
  • マイリッシュOK
  • UNISUSポスト
  • テラス屋根の修繕工事
  • レイスクリーン
  • レンガ調タイル
  • オリジナル門袖
  • 美彩グランドライト
  • デザイナーズパーツ
  • エアコン室外機移設
  • フロアビーズ
  • アプローチの舗装
  • フラットパン
  • デッキ上の手摺
  • アーキレール
  • ガーデンシンク
  • 立水栓
  • カーポート
  • フーゴ900
  • サイクルポート
  • フーゴミニ
  • 駐車場造成
  • ナノコンポジットW
  • 外壁塗装
  • トランス
  • エクステリアの照明
  • 美彩グラスウォールライト角型
  • ベランダ手摺モダンパネル
  • 鋤取り砕石填圧
  • ブロック積
  • ローシェン
  • ソルディーポート
  • エクステリアコンテスト
  • 植栽工事
  • 無金利リフォームローンキャンペーン
  • クリエカラー
  • 物置設置
  • NEXTA
  • イナバ物置
  • スピーネ
  • テラス屋根
  • サイドパネル
  • テグランネオ
  • アーキフラン
  • 庭王門
  • ハイグリッド門扉
  • 既存塀フェンス設置
  • コア抜き工法
  • 前後勾配カーポート
  • ケミカルアンカー工法
  • 人工芝(砕石ベース)
  • 人工芝(コンクリベース)
  • イゲタヤE&R

    エクステリアオフィス
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ南平店内)
    〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

    八王子サテライト
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ八日町店内)
    〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

    TEL:042-591-8497
    メールお問合せはこちら

    施工エリア
    東京都の以下地域となります。
    日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
    RapidSSL_SEAL-90x50
    本サイトでのお客様の個人情報はRapidSSLにより
    保護しております。