このページのトップへ
3月 2017年 の記事
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

3月に入ると、年度末と云う事もあるのでしょうが様々な環境が目まぐるしく変わりますね。
私たちのお店も、3月に入ってからは物凄い勢いで環境が変化しております。
その変化の中でとても大きな出来事としては、以前Blogでもお話しましたが、”KURASHI本舗 イゲタヤ八日町本店”が今月の5日に営業を終えた事だと思います。
今現在、本店の機能を建て替えが終わるまでの間、私たちがおります南平店に移す作業に追われておりますが、それに合せて南平店の店内も目まぐるしく変わって来ております。
(御来店された際に、売り場等が変わっている事に驚かれたお客様も多くおります。)
また、当店のホームページも今月に入って大きくリニューアルを行い、ご覧頂いている皆さまに更に分かり易く、且つ更にお役に立てる様な内容に磨きを掛けました。
是非今後も、当ホームページを通じて”エクステリア”や”ガーデン”を身近に感じて頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。
さらに私事で恐縮なのですが、今月より住み慣れた八王子は八日町の地を離れ、所属しております南平店近くにお引越ししました。
そして、八王子にいる時に日課としておりました朝のウォーキングも、引き続き南平界隈で行っております。
南平界隈はイゲタヤに入社してから20年近く勤務している馴染み深い場所なのですが、実際住んで歩いて見ますと、今まで気付けなかった事を色々と発見出来てとっても新鮮で楽しいです!
その中でもこの場所がこんなに身近に感じるとは思いもよりませんでした。


南平の山側の町内をどんどん歩いておりますと、気付けば”高幡のお不動様”にたどり着いておりました!

京王線南平駅の隣の地である高幡不動。
今までの私のイメージは、車ないし電車でないと少し遠いイメージがあったのですが、南平の山側をテクテクと東側へ歩いていたら、いつの間にやら早朝の”お不動様”の境内に着いておりました!
実は私、南平店に長く勤務しているにも拘らずお不動様の境内を歩いた事がほとんど無く、実に小学生ぐらいの頃以来だと思います。
いざこうして境内を歩いて見ると、懐かしさと新鮮さが交錯するとても不思議な感覚でした(笑)
それにしても、関東でも有数の寺院が住いの身近な場所にあると云うのは、本当に誇らしく思います。
是非お不動様の御利益を授かって、当店の、そして私の新たなる明るい一歩を踏み出して行きたいものですね!

さて、本日よりまた新たな施工案件のお話をご紹介しようと思います。


今回ご紹介する案件は、施工事例等でご紹介されております国立市 K様邸のウッドデッキ案件です。

本日よりご紹介する案件は、施工事例ムービーにてご紹介しております人工木デッキ工事です。
施工事例やムービーでは、お客様の声や大まかな概略をご紹介しておりますが、こちらのBlogでは、実際にプラン・そして施工に携わりました私プランナーを含めた”現場目線”にてお話出来ればと思います。


こちらは施工前に現場調査にお伺いした際の写真です。特徴的な赤系の外壁の色目、そしてダークブラウン系のサッシの色目がとても目に付きました。

上の写真は、施工事例でも載せております施工前の様子です。
マネージャーとお客様とで、和やかな雰囲気の中ご要望をお聴かせ戴いています。
写真や採寸をとりながら、私プランナーがまず目に付いた所として、特徴的な赤系の外壁と、ダークブラウン系のサッシ等のカラーとのマッチングでした。
全体的にとっても落ち着いた色合いだからでしょうか、花壇に植えられております白いバラの花がとっても鮮やかに見えて来ます。


広大なお庭の周囲は、ぐるりとレンガで造られた花壇スペースで囲んでおり、中には手入れの行き届いたバラや植栽が植えられております。

そして広大なお庭の周囲には、レンガで造られた花壇で覆われており、中には手入れの行き届いた雑木系の植栽、そしてバラ等が植えられております。
まるで何処かの森に来ているかの様な雰囲気です。


とっても盛んにガーデニングを楽しんでおり、なんだか微笑ましくなります。そんなお庭にもお悩みがあり・・・

この様に様々な植物を植えてガーデニングを楽しまれておりますK様。
そんなお客様にとっても、何とかしたい改善点があるとの事でした。

・改善したい点
.Ε奪疋妊奪を設置して、今よりも家からお庭に出やすくして欲しい。
△修離Ε奪疋妊奪上で、庭造りの作業や様々な事が出来る使い勝手の良い広いデッキが欲しい。
ウッドデッキは、人工木等の腐りずらい素材のもので。

…と、いったご要望を頂きました。
そこで、私とマネージャーとで協議の上、次の様なイメージをお造りしました。


こちらは、私がCADにてお造りしたイメージ図です。

そしてこちらが、CADにて描いた完成イメージです。
建物際に設置されております既存の花壇を活かしつつ、面する各掃き出し窓からの出入りがし易い様に配置を考えました。
さらにフェンスは、少々ワイルドな雰囲気を出したかったので、クロスデザインのパネルを入れこんだシンプルなフェンスとしました。


色目は、落ち着いた雰囲気の外壁やサッシの色目とのマッチングを考え、LIXIL”樹ら楽ステージの”クリエモカ”使ったプランとしました。

こうして上から見ますと、そのデッキとお庭の広大さがお分かり頂けると思います。
尚、色目に関しては、外壁とサッシの色目とのマッチングを考慮して、落ち着いた色合いの人工木デッキ LIXIL「樹ら楽ステージ」のクリエモカを選んで見ました。
実際に入れ込んで見ますと、空間にとっても溶け込んだ馴染み易い雰囲気のウッドデッキなっております。
もちろんデッキの耐久性は、前回Blogでご紹介したお客様のデッキ同様、束柱・大引きはアルミ製、デッキは樹の粉を混ぜ合わせて造られる人工木樹脂デッキで作られており、非常に高い耐久性を誇ります。

さて、このイメージをご覧頂いた所、お客様にとって理想的な空間ができそうだと大変お気に召して頂きまして、御検討の後、晴れて御成約を戴く事が出来ました!
さて、このイメージ図のウッドデッキが実際にどの様な工程を経て出来上がっていくのでしょうか?
それに関しては、次回のBlogよりお話して行こうと思います。
是非お楽しみにして頂ければと思いますので、宜しくお願い致します!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
このBlogでは、新築外構・リガーデン・リノベーション等のエクステリア工事に興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

年度変わりのこの季節、卒業や入学・就職等色々な変化が多い時期ですね。
私たちイゲタヤE&Rでも大きな変化の真っ只中にいます。一番大きな変化は、先日プランナーもBlogで書いていました弊社本店の建替え工事です。
昨日、色々な用事があって八王子の街中に行ったのですが、お昼ごはんを食べようと立ち寄った小学校の同級生が営む中華料理屋さんにて「驚いたよ!建替えっていつ決まったの!?」「結構、近所の人たちが不便してるよ」なんて声を聞きました。
本店の建替えは、弊社だけでは無く地域の再開発に近い事業となる為暫くの間ご不便をお掛けしますが、新しくなるイゲタヤにどうぞご期待戴けたら…と、思います。

私たちイゲタヤE&Rでもホームページのリニューアルや春先のイベント・キャンペーン等、楽しい変化をさせていきます!
本日は、春先の大きなキャンペーンの予告です!


イゲタヤE&R無金利エクステリアリフォームローンキャンペーンについてのチラシです。

上の画像をクリックすると“イゲタヤE&R無金利エクステリアリフォームローンキャンペーン”のチラシをPDFで別ウィンドウにてご覧戴く事が出来ます。

イゲタヤE&Rでは、先月末まで大好評を博しておりました“オールLIXIL無金利リフォームローンキャンペーン”をパワーアップさせて2017年4月1日より“イゲタヤ無金利エクステリアリフォームローンキャンペーン”と、題しキャンペーンをスタート致します!
今回はメーカーの指定がありません。当店取扱メーカー(国内メーカー多数取扱しております)であれば対象となります。
2017年4月1日〜6月30日までの期間限定並びに上記の利用条件がございますが、これからエクステリアのリフォームを検討されている皆さまには、是非ご活用戴き夢をカタチにして戴けたら…と思います。

この“イゲタヤE&R無金利エクステリアリフォームローンキャンペーン”に付きましては、お気軽に電話:042-591-8497又は、当ホームページお問い合わせフォームからお問い合わせ下さいませ。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
このBlogでは、新築外構・リガーデン・リノベーション等のエクステリア工事に興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

早や3月も折り返しとなりました。
東京では早朝に雪が降るかも…的な予報がありましたが特に問題無い陽気になってくれまして、色々な進行中の工事を抱えている私たちにとってはとても有り難い1日となりました。
アトは今晩のWBCで日本が無事イスラエルに勝利し準決勝に進んでくれる事を切に願っています。(笑)

さて、本日はホームページリニュールに伴うBlogページ機能のバージョンアップのお知らせです。


ブログページ右側のサイドバーにタグリストを設置しました。

お陰さまでこのブログページの記事も多くなり、ブログカテゴリーだけでは記事の検索がかなり不便となっていました。
そこで、本日よりPC版ですとサイドバー(画面の横)にスマホ版ですとブログカテゴリー下にタグリストを設置しました。タグリストは、ブログカテゴリーと違い旬なエクステリアワードや具体的な製品名等を挙げる事で、読んでいる方が気になる言葉を含んだブログ記事を直接探す事が出来ます。
実は、ご来店相談のファーストカウンセリングをする際にお客さまとブログ記事を見ながら具体的なご要望に副ったお話をする事が多いのですが、「あの施工はいつ頃だったかな…」とブログカレンダーを使うと検索に時間が掛かって私も不便を感じていたのですよね。(汗)
この機能を使う事によって、よりシームレスに見たい記事を検索する事が出来、便利になると感じました。

…といっても、人力で入力する必要がある為に徐々にタグリストが増えていくと思われますが、出来るだけ早急にブログを読んで下さる皆さまに便利に使って戴ける様にしたいと考えています。

私たちイゲタヤE&Rは、これからもエクステリアに興味を持っている皆さまにこのブログをお楽しみ戴けたら…と思います。


イゲタヤE&Rエクステリアオフィス
イゲタヤE&R“お家まわりの困った?”をメールでいつでも相談会のお知らせです!
4月14日(金)にチラシを折り込みします。イゲタヤE&Rでは、「“お家まわりの困った?”をメールでいつでも相談会」を致します。
この相談会の特徴は、「インターネットで検索しても解決にはならない」「どこに相談したら良いのか分からない」と、“お家まわりの困った?”を抱える皆さまへ先ずは気軽に相談して戴きたいイベントです。
こちらをクリックすると折込チラシをPDFでご覧戴けます。

上のチラシ画像をクリックすると折込チラシをPDFで別ウィンドウにてご覧戴く事が出来ます。エクステリアのプロである私たちイゲタヤE&Rが、そんな悩みを抱えた皆さまにしっかりと回答をしながら解決のお手伝いをします。
是非、ご覧になってみて下さいネ!

「お家まわりの困った?」をお持ちの方は、先ずはお気軽に当ホームページお問い合わせフォームから必要事項を記入の上、送信して下さいね。
送信戴きますと、私マネージャーの大貫雅央がしっかりと回答メールを返信致します。

お家まわりの事なら、どんな事でも結構です!
皆さまからのご相談をお待ちしております!!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
このBlogでは、新築外構・リガーデン・リノベーション等のエクステリア工事に興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日、イゲタヤE&Rホームページに「リ・ガーデン専用ページ」「イベントのご案内ページ」を加え大幅にリニューアル致しました。


リ・ガーデン専用ページです。様々なお庭のリフォーム・リノベーション情報をふんだんに盛り込まれたページです。

「リ・ガーデン専用ページ」は、名前の通り様々なお庭のリフォーム・リノベーションの情報をふんだんに盛り込んだ内容となっています。
皆さまに特にご覧になって戴きたいコンテンツは、ページ上部にある「リ・ガーデンムービー」です。



このムービーは、当店にて実際にリ・ガーデン工事の施工をさせて戴きました2組のお客さまにご出演戴き「なぜ、この“リ・ガーデン”をしたのか」というきっかけをありのままに語って戴いたものです。
このページをご覧になって、「リ・ガーデン」に興味を持っている方が更に夢をふくらまして戴けたら嬉しく思います。


イベントのご案内ページです。今まで分かりづらかったイベントの情報を専門に告知するページとなっています。

「イベントのご案内ページ」は、今までBlog記事のみの告知で分かりづらかったイベント情報を分かりやすくまとめたページです。
当店のイベント情報だけではなくエクステリア業界のイベント情報もこのページから発信していきます。

エクステリアの情報が更に見やすく更に分かりやすくなった、イゲタヤE&Rのホームページをどうぞお楽しみ下さい!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
このBlogでは、新築外構・リガーデン・リノベーション等のエクステリア工事に興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今回も引き続き“イゲタヤE&Rチラシ連動企画”としまして、「こんな“お外の困った?”ございませんか?」と銘打って、特にご相談が多いお外の問題点について私たちが提案して来た解決策を書いていきます。
本日は最終回「夜、外は真っ暗で心配だわ…」編です。


エクステリアの提案に於いて、照明は欠かさないものとなりました。

一昔前のエクステリア照明と言えば、玄関灯と駐車場や勝手口のスポットライトぐらいでした。
以前から玄関灯は色々な種類がございましたが、スポットライトに代表されるエクステリア照明器具は防犯等機能一辺倒で必要以上に明るくなり過ぎるしランニングコストや電源のON/OFFを自分でしなければいけない等問題がありました。
現在は、機能が向上しエクステリア用照明器具の種類も増えエクステリアの提案に於いて照明の設置は欠かせないものとなっています。

上の写真を例に挙げますと、玄関灯の他に道路際の植栽と門袖に低めのポールタイプ照明、アプローチ上に埋設タイプ照明が設置してあります。
写真だけみると夜間の素敵なエクステリア演出だけが際立ちますが、実は全ての照明の設置に意味があるのです。

・夜間の安全な往来
こちらの施主さまご家族は普段自転車で通勤をされています。夜の帰宅時に玄関ポーチ脇にある駐輪スペースへ自転車を押して歩く事を想定した照明の配置となっています。

・夜の通り掛かりの人の視線誘導
昨日のBlogに通り掛かりの人の視線を意図的に誘導する「フォーカルポイント」について書きましたが、これ等照明はオープン外構最大の難点である人の視線を夜間も誘導してくれます。

・防犯対策
表題通り、エクステリア照明の設置の一番の理由かもしれません。実は、こちらの照明は家屋左側テラス窓の左上にあるタイマー付人感センサスイッチによって自動制御されています。
このセンサは、通常の明るさセンサと違い暗くなったら照明器具は点灯しますが設定した任意の時間で消灯し、その時間から明るくなる迄人感センサが作動し、人が近付くと照明器具が点灯する(再点灯時間は別途設定出来ます)仕組みとなっています。

・癒しの時間の演出
最後に素敵な夜のエクステリア演出をする事で、一番の癒しの時間である自宅での家族団欒を和ませる役目があります。
ご主人からは、仕事疲れが残る帰宅時にご自宅のこの風景を見て癒されるとも聞いています。


こちらのお宅は夜間の駐車のし辛さに困りガイドライト照明を設置されました。

上の写真のお宅は、隣地境界線に設置された低い化粧ブロックが夜間の駐車の際に見えなくて困るとの事でバー状のガイドライトを設置されました。
駐車スペースの左側にアプローチラインとしてインターロッキングが敷設されているのが分かると思いますが、人が通れる幅を確保する為に幅寄せすると車が壁に擦ってしまう危険性がありました。
ガイドライトを設置した事で安全に車の駐車が出来ているとの事です。因みに写真では分かりませんが右奥に縦に1本短めのバーライトが設置していますので、奥さまも夜間の幅寄せが楽に出来るそうです。
こちらのお宅は道路から玄関迄約15mあるので、この明るさは塾や部活等で遅くなりがちなお子さまの帰宅時も安心との事でした。

エクステリア照明設置のポイントは、先ずは目的です。
その目的が具体的になればなるほど私たちも「どこに設置すれば良いのか?どの照明器具が適しているのか?」が提案し易くなります。
又、以前と比較すると照明器具のLED化が進みセンサとの併用でランニングコストも安くなりました。
「夜、外は真っ暗で心配だわ…」と思われている方は、是非ご参考にして戴き「もっと知りたい」「もっと細かく相談したい」場合は、お問い合わせフォームよりどうぞお気軽にご相談下さいませ。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
このBlogでは、新築外構・リガーデン・リノベーション等のエクステリア工事に興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今回も引き続き“イゲタヤE&Rチラシ連動企画”としまして、「こんな“お外の困った?”ございませんか?」と銘打って、特にご相談が多いお外の問題点について私たちが提案して来た解決策を書いていきます。
本日は5回目は「アプローチが歩きにくい!転んだら大変!!」編です。


緑に囲まれた平板が敷設されたアプローチです。成長が早く伸び放題の樹木と歩きにくいアプローチにお悩みでした。

上の写真は、アプローチについてご相談を受けたお客様の施工前の画像です。
所謂旗竿状の土地のお宅で駐車場スペースから続く長いアプローチがあります。アプローチには化粧された平板がライン上に敷設されていました。
右側奥に2台の自転車が写っていますがとてもに歩きづらく、更に周囲に植えられた樹木も成長が早い樹種で手入れが難しくアプローチの幅を狭めてしまう為、私たちにご相談をされました。
一見、緑に囲まれた素敵なアプローチにも見えるのですが、この箇所はお庭では無く生活動線の重要な位置である為、とても不便との事です。
他にも同様の土地形状にてアプローチに平板や枕木材が敷設されていて、ご年配層の方やベビーカーを使われている方からも多くご相談を戴いています。


施工後の写真です。アプローチ幅全体を舗装しコンクリート目地にレンガを敷設する事でフラットにし、歩き易くしました。

そこでお客さまの要望を加味し私たちが提案した解決策は、アプローチの幅全体の舗装でした。
コンクリートを敷設する際、クラック(ひび割れ)防止の為に目地を入れるのですが、今回は生活動線の重要な箇所である事からレンガを敷設する事でアプローチ全体がフラットになる様に考慮しました。
又、植栽もお客さまからの要望で撤去し広く使える様になりました。更に機能性の向上として玄関周りに通行の妨げにならない仕様の立水栓とサイクルポートを設置しました。

私たちがアプローチの提案をする際に特に考える点は、誰が歩くのか(ご家族構成や年齢層等)と場所はどこなのか(ファサード空間・お庭空間等)です。
特にご年配層はちょっとした段差で躓く事があり、場合によっては大きな怪我をする可能性があります。
私たちは、エクステリアについてのどんな提案でも先ず安全性と機能性を考えます。意外かもしれませんがデザイン性は最後に考えるものです。


エクステリアリノベーション工事の際、手摺設置の提案が多くなりました。

上の写真は、エクステリアリノベーション工事の際に玄関ポーチに設置した手摺です。
エクステリアに設置する手摺部材も時代の要望からか、とても多くの種類が出来ました。当然ながら後付けでも安心してご利用戴けます。
今は玄関ポーチの段差が気にならなくても10年後や20年後必要になる可能性があるかもしれません。実は、アプローチには多くの危険が隠されている事が多く、上記の様に安全性を高める提案がとても多くなりました。

是非、ご参考にして戴き「もっと知りたい」「もっと細かく相談したい」場合は、お問い合わせフォームよりどうぞお気軽にご相談下さいませ。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
このBlogでは、新築外構・リガーデン・リノベーション等のエクステリア工事に興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今回も引き続き“イゲタヤE&Rチラシ連動企画”としまして、「こんな“お外の困った?”ございませんか?」と銘打って、特にご相談が多いお外の問題点について私たちが提案して来た解決策を書いていきます。
本日は4回目「通り掛かりの人の目線が気になるの…」編です。


玄関ドアを開けたら、お隣さんの目線がうっかりあってしまって・・・と云った経験、御座いませんか?

ここ昨今の都市部での住宅事情では、限られた敷地を有効活用するためと広々とした空間に見せるため、必要最低限の塀等で構成された”オープン外構”が一般的になりました。
最初、建築会社から戴いた図面やイメージ等で想像し、外側から眺めた際に非常に良い見栄えに見えて「これで十分!」と、外構の費用を抑える方も多い様ですが、実際に住み始めてから気付かされるのが、こちらのBlogの表題にもなっております「通り掛かりの人の目線」です。
上の写真の様に、玄関を開けたらうっかりお隣さんと目線が合ってしまって・・・と云った御経験をされた方も多いと思います。
実際、そう云ったケースで住んでいても落ち着かない、お庭に出る事も間々ならない、お部屋のカーテンを閉じたまま空ける事が出来ない・・・etcと云った御相談を受ける事も非常に多いです。
かと言って、やみくもにブロック塀や目隠しフェンスで囲えば良いのかと云えば、全体的に閉鎖的になってしまったり、暗くなってしまったりと、景観上あまり宜しくはありません。
また、必要以上の目隠しは、死角を作ってしまう事となってしまい、防犯面においても不利に働いてしまう恐れがあります。
では、実際どの様な”目隠し”が良いのでしょうか?
ここで、私たちイゲタヤE&Rが今までに御提案させて戴いた”目隠し”に関する具体案を幾つか御紹介しようと思います。


具体案その一。すりガラス調の採光パネルを使ったスクリーンでの目隠しのご提案です。

●具体案その一:すりガラス調の”採光パネル”を使ったスクリーンの御提案

まず私たちがオススメする目隠し方法の一つとして、上の写真の様なすりガラス調のパネルを使ったスクリーンを設置する方法が挙げられます。
上の写真の商品は、LIXILより発売されております「ライシスフェンスP型」と「プラスG Gスクリーン角格子タイプ」と云う商品です。
これらの商品の特徴は何より、”パネル”にあります。
パネルは、カーポートの屋根材などで広く使われております”ポリカーボネート製”で、強度はガラスの200倍!?と云う強さを誇ります。
そしてこのパネルの良い所は、すりガラス調の仕上げにより、お互いの目線を防ぎながら光を通すため、採光性を損なわずに効果的に目隠し効果を得る事が出来ると云う点です。
上の写真のお客様からは、「玄関から出た際に、お隣さんとの目線はしっかりと隠したいが、圧迫感が無い様にして欲しい」と云うご要望からお選びした商品で、まさに機能と景観を両立させた目隠し案であると云えます。


具体案その二。横板ボードを使用した目隠し案。

◎具体案その二:横板ボードを使用した目隠し案

次に挙げるオススメの目隠し案として、上の写真の様な横板ボードを使用した目隠しフェンス案が挙げられます。
上の写真のお客様は、カントリー調の明るいウッディーな目隠しフェンスをご要望され、横板を等間隔に設置した横板ボードでのシンプルな目隠しフェンスをご提案させて頂きました。
こちらのフェンスでの大きな特徴は、横板ボードの間隔を任意に決める事が出来るので、目隠し度合い・ボードの段数等を自由に決められるフレキシブルなご提案が可能です。
素材に関しても様々な物が用意されており、アルミ製の木調柱を基本としながら、横板ボードにはコストパフォーマンスに優れた”樹脂製ボード”、耐久性に定評のある”アルミ製ボード”、本物志向で腐りずらい”特殊加工木製ボード”と云ったお好みに合わせて素材を選ぶ事が可能です。
ちなみに上の写真の素材は、木調アルミ角柱に”タンモクサーモ”と云う特殊加工を施した木製ボードにて白い塗装を施し組付けた、本物志向のウッドフェンスとなります。
シンプルなデザイン故に、写真の様にちょっとした小物を飾りますと、それだけでお好みの良い世界観を作り出す事が出来ます。


具体案その三。植栽とスリットフェンスを組み合わせた目隠し案。

◎具体案その三:植栽とスリットフェンスを組み合わせた目隠し案

三番目に挙げるオススメの目隠し案として、上の写真の様な”植栽とスリットフェンスを組み合わせた目隠し案”が挙げられます。
上の写真のお客様の場合、以前は全面的に生垣にて目隠しを施していたのですが、生垣のメンテナンスが追い付かず、全体的に暗く鬱蒼とした空間になってしまったため、なんとか程良い目隠し度合いのフェンスを提案して欲しいと云うご要望に応えた物となります。
三本の枕木サイズの木調アルミ角柱を斜め45度に配置し、更に前後に振る事で、角度によって見え方に変化が出るモダンな”スリットフェンス”とし、その間にキンメツゲ等の常緑の植栽を植え込み、更に下側にアセビと云う灌木を植える事で、見栄えのする優しい”グリーンフェンス”としました。
エクステリアプランを考える上で、デザイン面においてはグリーンの存在は欠かせない物で、このグリーンの要素を加えてあげるだけで、とても優しいお洒落な空間を醸し出す事が出来ます。
その中にオブジェ風のスリット角柱を加えますと、生垣とはまた一味違うモダンな雰囲気を作り出す事が出来ます。
また、植栽はメンテナンスが必要な代わりにイニシアルコストを低く抑える事が出来るので、ご予算に合せた効果的且つお洒落な目隠しをご提案する事が可能です。


番外編:”視線誘導”による目隠しの御提案

◎具体案番外編:”視線誘導”による目隠し案

上の写真、一見しますと「何処に目隠しの提案があるのだろう?」と思われますが、実はちゃんと目隠し要素を含ませた工夫を施しております。
それは、”視線誘導”と云う技法を用いた所にあります。
上の写真において、もし何も施していないまっさらな土の状態であれば、視線は左側のリビングルームの窓に目が行くと思われます。
しかし、その視線を別の方角へ意図的に移せるようにすれば、左側の窓は気にも掛けないと思われます。
ここでは、玄関前にお洒落な門袖・スリットフェンス・植栽・更に玄関へと誘うアプローチを設け、人の視線を右側に誘導する様に設計しました。
逆に左側の空間は、シンプルに芝生と花壇の空間とする事で、より一層右側の空間に集中する様にしております。
こう云った意図的な視線の誘導の事を”フォーカルポイントの設定”と呼びます。
こちらのお客様の場合、限られた敷地空間において塀等にて囲んでしまいますと、閉鎖的で圧迫感のある空間となってしまいます。
また将来的に、お車を止めるスペースも考えておきたいと云った御要望を戴いた上でご提案させて戴いた、私たちイゲタヤE&Rの正に”奥の手”の目隠し手法となります。



如何でしたでしょうか?
目隠しには様々な方法があり、それにより様々な世界観を作りだす事が可能なのです。
ご覧頂いた4つの具体案が、少しでも皆さまのお役に立てれば幸いです!
更に「もっと知りたい!」「もっと細かく相談したい!」場合は、お気軽にこちらの「お問い合わせフォーム」より御相談下さいませ。
是非宜しくお願い致します。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
このBlogでは、新築外構・リガーデン・リノベーション等のエクステリア工事に興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今回も引き続き“イゲタヤE&Rチラシ連動企画”としまして、「こんな“お外の困った?”ございませんか?」と銘打って、特にご相談が多いお外の問題点について私たちが提案して来た解決策を書いていきます。
本日は3回目「毎年花粉の季節、お洗濯物干し憂鬱だわ…」編です。

実は、私も長年花粉症に悩まされている一人です。人によって症状の違いがあると思いますが、私は特に鼻が過敏になります。最近は目にも出るようになりました。
又、この時期はスギ花粉が猛威を振るいますが情報では一年中何らかの花粉が飛散しているとの事で、お悩みの方も多いのではないでしょうか。


花粉の季節のお洗濯物干しにはサンルームの設置が効果的です!

特に飛散した花粉が、干してある洗濯物に附着して症状が発生する場合も多いようです。
私たちイゲタヤE&Rでは、花粉の季節のお洗濯物干し対策として“サンルーム(特にテラス囲い)の設置”を提案しています。
上の写真は、お庭にテラス囲いを設置したお宅です。弊社Blogや施工事例にも写真のようなサンルーム設置事例を幾度か取り上げていますが、その効果は絶大との事です。

因みに…写真のような一般的に「サンルーム」と言われる設備は「テラス囲い」と言う名前の製品です。
設置を検討する際は、色々な使い方やお家やお庭の雰囲気・ご予算等に合わせて「ガーデンルーム」「サンルーム」「テラス囲い」のどれがご自宅に向いているのかご相談下さいませ。
又、上記製品には使い勝手の仕様によるオプションが多数ございます。
是非、ご参考にして戴き「もっと知りたい」「もっと細かく相談したい」場合は、お問い合わせフォームよりどうぞお気軽にご相談下さいませ。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
このBlogでは、新築外構・リガーデン・リノベーション等のエクステリア工事に興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今回も引き続き“イゲタヤE&Rチラシ連動企画”としまして、「こんな“お外の困った?”ございませんか?」と銘打って、特にご相談が多いお外の問題点について私たちが提案して来た解決策を書いていきます。
本日は2回目「古くなったウッドデッキ…どうにかならない?」編です。


ウッドデッキを作ってから年月が経ち、この様に所々傷んでしまったウッドデッキ。この状態では中々安心して使う事も難しいですね。。

上の写真の様に、ウッドデッキが経年劣化により傷んでしまい、使えない状態になってしまっているのでなんとかならない?と言うお客様からのご相談を、最近とても多く戴いています。
ウッドデッキは、ガーデニングブームが起こった約20年ぐらい前に爆発的に普及し、様々な住宅で見られるようになりました。
しかしその大半が「米杉材」や「パイン材」といった天然木製で、こういったウッドデッキは必ず定期的な防腐塗装等のメンテナンスが必要となります。
日本特有の梅雨を始めとした高温多湿の気候に対しては、屋外に晒されるウッドデッキにとっては非常に過酷です。
更に、多忙な日々を送られている方にとっては、塗装等のメンテナンスも段々と面倒になり…結果的に放置されて、いつ床が落ちるのか分からないくらいに危険な空間となってしまっているのが現実の様です。


また、メンテナンスをまめにされてる方でも、この束柱や大引きと云った部分までは中々メンテナンスを行えず・・・

又、まめにメンテナンスを行われている方でもどうにもならないのが、上の写真の様なデッキ下の「束柱」「大引」といった基礎部分。
実はココこそ非常に重要な箇所なのですが、床下に潜り込んでメンテナンスを行う事はなかなか難しく、この部分が経年で朽ち果てて残念ながら使えなくなってしまうケースが非常に多いのです。
これは、ウッドデッキの本場である欧米と日本との気候の違いが生んだどうしようもない事かと思います。
それ故、日本において上記仕様の天然木ウッドデッキの一般的な耐用年数としては、しっかりメンテナンスを行っても長くて10年前後と言われています。
それでは、日本ではウッドデッキの空間は諦めなくてはならないのでしょうか?
そんなことはありません!!
やはりウッドデッキは、お庭とお家とを繋ぐ非常に便利な空間!
各エクステリアメーカーも、その点を踏まえた上で様々な技術革新により、日本の気候に対応した高耐久な商品を生み出しております。
そして私たちイゲタヤE&Rにおきましても、この様なご相談に対しての良い解決策があります!


具体例その一。アルミ角材と人工木材を組み合わせた”高耐久ウッドデッキ”にて作り替えをご提案致しました。

◎具体例その1:アルミ材・人工木材を使った”高耐久ウッドデッキ”への作り替え提案

当社がまず皆さまにオススメする具体例として、上の写真の様な”腐りずらいウッドデッキ”への作り替えが挙げられます。
上の写真は、LIXILより発売されている当店でも採用例の多いウッドデッキ”樹ら楽ステージ(クリエモカ)”での作り替え例です。
各メーカー共に上の写真の様な様々な”人工木材デッキ”が発売されておりまして、共通の構造として、デッキ下の見えない部分は”アルミ材”にて構築し、デッキ材や幕板と云った見える箇所には、樹脂と木粉を混ぜて作られた”人工木”で構築された物となっております。
これにより、虫や雨風に対して非常に強い”メンテナンスフリー”を可能としたウッドデッキとなっております。
色目、肌触り等の質感は各メーカーとも様々な特徴があり、共通してかなり本物の木の質感に近付いた物が多くなりました。


やはり経年経過によってかなり傷んでしまったウッドデッキ。こちらも・・・
サンルーム”LIXIL サニージュ”によるユーティリティースペースへの作り替えをご提案させて頂きました。

◎具体例その2:周りをガラスサッシで囲った”ユーティリティースペース”への作り替え提案

そしてもう一つの具体例として、上の写真の様な”サンルーム”への作り替えもお勧め致します。
このお宅もやはり、経年によりウッドデッキが傷んでしまい、場所によっては床が抜け落ちてしまいそうなぐらいに危険な状態となっておりました。
このお客様からお話されていたのが、”雨が降っても安心して使える空間が欲しい”と云うご要望でした。
そこで、右側の写真の様に周りをガラスサッシで囲い、中側はフラットな人工木デッキにて構築されたサンルーム「LIXIL・サニージュ」を用いての「ユーティリティースペース(万能空間)」への作り替えをご提案させて頂きました。
これにより、お部屋からお庭へのフラットな雨の掛からない空間が生まれ、ランドリースペースや子供の遊び場、はたまたお部屋の延長空間といった様々な用途に活用できる新たな空間が生まれました!

いかがでしたか?
ここでご紹介しました具体例はほんの一例にしか過ぎませんが、その他にも様々なご提案をさせて戴いております。
重要な事として、「今までウッドデッキ空間をどの様に活用してきたか?」「そしてこれから更にどの様に活用したいか?」と云った機能面の観点から、自分にあった理想的な空間をお考え頂くのが最も良い方法であると私たちは考えます。
是非、ご参考にして戴き「もっと知りたい」「もっと細かく相談したい」場合は、お問い合わせフォームよりどうぞお気軽にご相談下さいませ。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rマネージャーの大貫雅央です。
このBlogでは、新築外構・リガーデン・リノベーション等のエクステリア工事に興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今回から6回に渡り“イゲタヤE&Rチラシ連動企画”としまして、「こんな“お家まわりの困った?”ございませんか?」と銘打って、特にご相談が多いお外の問題点について私たちが提案して来た解決策を書いていきます。
今回は「お庭の雑草なんとかならないの!?」編です。


これからの季節、伸び放題の雑草にお悩みの方多いと思います。

上の写真の様に、お庭の伸び放題になってしまった雑草にお悩みの方からのご相談を多く戴きます。
根気良く雑草を抜くのって本当に大変ですよね…。除草剤を散布する方法もありますが、植栽や花壇への影響を気にされる形も多いです。
私たちイゲタヤE&Rでは、雑草対策に大きく分けて下記2種類の具体的な提案をしています。

○除草・整地作業をし防草シートを敷設した後に砂利を敷設する方法
○範囲を決めて舗装する方法


砂利の種類は数多くありますが、目立つ場所には写真のように景観に合う化粧砂利を使用しています。

上の写真は、角地にある邸宅のファサード空間への砂利敷設施工例です。
一言で“砂利”と言いましても数多の種類があります。
上の写真のようにファサード空間やお庭等には、見栄えも考慮してお家やお庭の雰囲気に合わせた化粧砂利を敷設してみてはいかがでしょうか。
家屋の周囲やストックヤード等には、行き来をし易くする為の機能を重視して石灰岩砕石を敷設される方が多いです。
砂利を敷設する場合は、防草シートをその下に敷設する事もお忘れずにして下さいね。


範囲を決めたお庭の舗装の一例です。コンクリート打設だけでなくタイルや乱張石等で化粧する事もできます。

上の写真は、お庭の設定した範囲にコンクリートを打設して舗装した一例です。
コンクリートを打設する場合、クラック(ひび割れ)防止の為に目地を入れるのですが、上の例では舗装材を使ってフラットにしているのが特長です。
その際、重要な事は水の勾配を考慮してコンクリートを打設する事です。
当然ながら、砂利の敷設と違いコンクリートは水の浸透はしません。コンクリートを打設する範囲に雨水浸透枡があれば、そこに水の流れを持っていきます。又、舗装範囲の隅に砂利が敷設してありますが、そこから水を浸透させる事も考慮しています。

ここでは、2つの具体的な施工例を挙げて説明しましたが、何れも大切な事は「ご自宅のお庭の雰囲気に合わせる」事だと私たちは考えています。
乱張石等自然石やタイルを用いて、お好みのスタイルを考える事が重要です。

最後に、雑草にも種類がありまして…スギナ・クズ・笹等、下から上がってくるものは残念ながら防草シートでは防ぎきれません。
それ等雑草にお困りの場合は、概ねコンクリートを打設する事で解決します。
是非、ご参考にして戴き「もっと知りたい」「もっと細かく相談したい」場合は、お問い合わせフォームよりどうぞお気軽にご相談下さいませ。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

3月になって一週間が経ちましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
ここの所、午前中快晴に恵まれたかと思うと午後から急に天候が急変して雨になり、止んだ後には北風が吹き荒むと云った、落ち着かない陽気が続いております。
私たちも昨日は、ある現場でコンクリート打設工事を行っていたのですが、天気予報で”通り雨”との事だったので、これなら心配ないかなっと思った挙句、午後から本降りとなってしまい、慌ててコンクリートを打った上にブルーシートと抜き板で即席テントを作って凌ぎました。
この時期の気まぐれな天候には本当に参ってしまいますネ。。
皆さま、くれぐれも風邪等で体調を崩されない様に気を付けて下さいね。

さて、そんな身体が雨で冷えてしまった際は何かで身体を温めたいものです。
そこで、こんな物を食べて参りました!


以前Blogでご紹介した事のある、日野バイパス沿いの中華料理屋”マラマラ”さん「マーラー麺」です!

以前このBlogでもご紹介した事のある、日野バイパス沿いにあります中華料理店”マラマラ”さんの「マーラー麺」です!
ご覧頂く限りお分かり頂けると思いますが、この真っ赤なスープの色の通り、かなり刺激的なラーメンなんです。
スープは俗に云う”横浜家系”と同系等の豚骨醤油スープをベースにして、その中に様々な香辛料を付け加えた刺激的なスープで、食べて見ますとガッツリした辛さの中に豚骨醤油の旨味が伝わってくる美味しいラーメンです。
特に辛さの中でも、山椒系の痺れる辛さがとても刺激的で、それが何故だかアトをひくのです。
また、一緒に頼んだゴハンとの相性も良く、あっという間に完食してしまいました。
食べ終えますと、身体全体が芯からしっかり温まり、気持ちの良い汗をしっかり掻いてるんです!
(お水を飲むと、水の味も変わってしまいますが(笑))
ちなみにコチラのお店、こんな辛いメニューの他、チャーハンや炒め物等、辛くないメニューもあります。
店内はジャズがかかっているモダンな感じです。良かったら行って見て下さいネ!

さて、前回のBlogまで御紹介させて戴きました八王子市 K様邸の工事も無事完了いたしましたので、本日は改めまして施工前の写真等を交えながらお話しようと思います。


八王子市 K様邸ウッドデッキ工事。改めまして無事完工を迎える事が出来ました!

八王子市 K様邸ウッドデッキ工事。
改めましてこの通り、無事完工を迎える事が出来ました!
リードデッキ等の配置等、お客様と綿密に打ち合わせさせて頂いたお陰で、とても機能的で且つお洒落な空間が生まれました。


既存の大きなパーゴラもこの通り、以前の時よりも増してとってもスッキリ納める事が出来ました!

今回の施工において肝となっていた”既存パーゴラポーチの納め”ですが、職方さん達の努力と苦労のお陰で、この通り以前にも増してとてもスッキリ納める事が出来ました!
もちろんデッキを含めて全て、腐りずらい高耐久の部材にて組んであるため、長年に渡ってメンテナンスのいらない、安心して過ごせるデッキとする事が出来ました。


3段目のリードデッキを広く取ったお陰で、左右への行き来の妨げにもならず、段差も低いのでワンちゃんも安心して乗り降り可能です!

また3段目のリードデッキは、敢えて広めにとる事でお庭左右への行き来がし易い様に考慮し、更に段差も低いため、歳老いてしまったワンちゃんのウッドデッキの乗り降りもとても楽に行えます。
是非これからもK様には、このウッドデッキ空間を通して御家族の皆さま、そして最愛のワンちゃんと共に素敵な生活をお過ごし頂ければ幸いです!
本当にありがとうございました!!

さて最後に、施工前、CAD画像、そして完工写真を見比べて見ようと思います。


まずこちらが施工前の様子です。

まずこちらが、施工前の様子です。


そしてこちらが、CADにてお造りしたイメージ図です。

そしてこちらが、CADにて描いた完成イメージです。


そして完工した写真です。

そしてこちらが完工した写真です。
今回も最後に私たちが良くお話する謳い文句”現物はイメージの120%の出来栄え”と云う言葉通りに仕上げる事が出来ました!
また今回の施工では、職方さん達の技術や知恵等があったからこそ、この様に素晴らしい物が出来上がった物と思います。
頑張って造って下さいました職方さん達には、改めまして感謝の気持ちでいっぱいです!
本当にお疲れ様でした!!

さて、また次のBlogでは、別の施工案件のお話をご紹介しようと思います。
そちらの案件もきっとご覧頂いた皆さまにとって、とても参考になる物と思いますので、是非御期待下さいませ!


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

3月に入り初めての日曜日となりましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
今日の日中は穏やかな晴天に恵まれ、気温も15℃ぐらいと比較的過ごし易い陽気でした。
ただし、スギ花粉も飛散のピークとなっている様で、花粉症の方にとっては大変な一日でしたネ。。
(私もこの時期は、お医者さんからの処方箋がかかせません(笑))
花粉症シーズンはこれからが本格シーズン!皆さま、花粉に負けず頑張って行きましょうネ!!
(ハックション!!)

さて、本日はもう一つ当店にとって大切な一日でもありました。


八王子は八日町にあります”KURASHI本舗 イゲタヤ”本店が、建物建て替えのため、本日をもって営業最終日を迎えました。

長年に渡って沢山の方にご愛顧戴きました、八王子は八日町にあります”KURASHI本舗 イゲタヤ”本店が、建物建て替えのため、本日にて営業最終日を迎えました。
私たちにとっても、このお店はまさに”シンボル”とも云うべき特別なお店でして、様々な思い入れがあります。
私自身、この店舗は生まれた時から慣れ親しんだお店で、子供の頃は売り場が”遊び場”であり、学校から帰る”家”でもありました。
学生の時にはレジ打ちのバイトをして接客の基礎を学び、毎年八月になれば、八王子最大の祭り”八王子まつり”にて八日町町会の山車を引いたりと、私の人生にとっても必ず一緒にいたお店でした。
云わば、私を今まで育ててくれた”ゆりかご”と云っても良いと思います。
そんなお店も、年月と共に老朽化が進み、今日をもってこの店舗での営業にピリオドが打たれます。
寂しい気持ちもありますが、これからの未来へ向けての一歩とも云える事なのでしょうね。
私も今のお仕事でエクステリアやお庭を通してのリノベーションに携わっておりますが、その際のお客様が抱くその空間に対しての愛着と云う物が、改めて痛い程身に染みております。
是非そう云った気持を大切にして、これからも御依頼頂くお客様のためにより一層精進して行こうと思います!
ちなみに、新しい建物に建て替えられての営業は約2年後との事です。
それまでは、私たち”イゲタヤE&R”が所在しております”イゲタヤ南平店”にて営業を行いますので、引き続きご愛顧の程宜しくお願い致します。

さて、前回のBlogにてご紹介しております案件の続きをお話しようと思います。


八王子市 K様邸ウッドデッキ工事施工四日目。ウッドデッキも無事完成しましたが、更に御依頼頂いている施工箇所があります。

八王子市 K様邸ウッドデッキ工事施工四日目。
前回のBlogにて、無事ウッドデッキ施工が完了した所までお話しましたが、実はまだ施工する箇所があります。


それは、お庭に隣接されております”菜園スペース”の囲いフェンス工事です。

その箇所は、お庭裏側と隣接しております”菜園スペース”の囲いフェンス工事でした。
今までは、御主人様がDIYにて囲いを作っていたのですが、風雨や経年により傷んでしまい、デッキもリニューアルすると云う事で、一緒にちゃんとした囲いを作りたいと云うご要望を戴いておりました。


菜園の入口にはしっかりとした門扉を設置し、使い勝手と防犯面を考慮しております。

囲い設置の上でも重要となるのは”使い勝手”です。
やみくもに囲いを作ってしまって、菜園とお庭との出入りがしにくくなってしまっては本末転倒です。
そこで、お客様より良く出入りする箇所をお聞きし、その通り道を考慮してしっかりとした門扉を設置しました。
今回の場合、物置きから道具や肥料等を出し入れする事が多いとの事で、物置きの入口付近に門扉を設置し、また物置きへの出し入れも考慮して、囲いの設置位置を決めさせて頂きました。


そしてこの通り、しっかりとした囲いフェンスが完成しました。

そして午後にはこの通り、無事囲いフェンスが設置されました。
今回使用した部材は、既に設置されておりますフェンスが”三協アルミ「ユメッシュ」”と云うメッシュフェンスである事が事前に判明しましたので、同様の部材にて納めました。
そのため、全体的に見ても違和感なくスッキリと納める事が出来ました!


菜園の入口として物置き横に設置した門扉。フェンスと同様の素材を使った門扉にて納めました。

こちらは菜園の入り口として設けた門扉です。
門扉はフェンスと同様の部材を使った物をお選びし、統一された雰囲気に仕上げました。
また、物置き前は1m程の間隔を設けて囲いを設置したので、物置からの出し入れに対しても支障が無い様に考慮しております。


囲いの門扉といっても防犯面等は大切!門扉に設置されているかんぬきには”南京錠”等の鍵が入れられる様になっております。

もちろん、囲いの門扉とは云っても防犯面・耐久性はとっても大切です。
門柱等肝心な箇所はアルミ部材を用いた錆びずらい物となっており、耐久性は抜群です。
更にかんぬきの箇所には南京錠等での施錠も可能となっておりますので、防犯面もバッチリです!



と云う事で、残りの施工箇所も無事施工が終え、晴れて完工する事が出来ました!
施工内容としては単純でありましたが、今回の案件は上辺だけでは想像できない奥の深い施工であったと思います。
では、次回のBlogにて改めまして施工前の写真等を交えて総括しようと思いますので、是非宜しくお願い致します。


わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

あっという間に2月も終わり、気付けば3月も2日になりましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
3月は年度末にあたり、世の中では様々な事に対する締めくくりの月となります。
学校関係であれば、”卒業”と云う言葉が当てはまるのでしょうね。
Blogをご覧頂いている皆さまも、年度末に向けて今月は色々な面で多忙となる方も多いと思われますが、くれぐれも体調を崩されない様に元気に過ごして参りましょうね!
さて、今日は朝からどんよりとした空模様で、午後からは雨という寒々しい一日でしたが、こんな日も元気に過ごすために美味しいお昼ご飯を食べて参りました(笑)


私のお気に入り!八王子は石川にある定食屋”ひこち”さんの裏メニュー!チャーハンとミニラーメンセットです。

本日は色々と仕事をこなしている内にあっという間に14時近くまでまわってしまい、遅いお昼ゴハンとなってしまいました。
そこで伺ったのが、私のお気に入りの定食屋!八王子は石川町にある”ひこち”さんです。
コチラのお店は、毎度”A定食””B定食”と日替わりの定食を出すのが定番のお店なのですが、13時過ぎになりますとあまりの人気にどちらかが売り切れとなってしまう事があるのです。
そんな時に頼める”裏メニュー”がこの”チャーハン&ミニラーメンセット”なのです!
特にこのチャーハン、”ひこち”さんの常連さんの間で非常に好評の一品で、中華料理専門店も顔負けと云うぐらいに、塩加減・炒め加減等の塩梅がとっても良い、美味しいチャーハンなのです。
それに、御主人の息子さんが作る”ミニラーメン”が専門店顔負けの本格的なもので、特に写真の味噌ラーメンはとってもマイルドで濃厚な一杯なのです。
付け合わせで出てくる小瓶には云ったお手製の”食べるラー油”がまた良い感じでして、これをお好みでラーメン・チャーハンに載せて食べると格別なんです!
こんな美味しいメニュー、レギュラーメニューとして出してくれればと思うのですが、あくまで定番定食メニューが少なくなった際の隠れメニューで中々あり付ける事が出来ません。
また逆にこれを狙って行っても、ご飯等が売り切れてしまいお店自体が閉まってしまう事もあるので、ある意味”賭け”のメニューなのです(笑)
もし入店して定食がどちらか売り切れていたら、ためしに”チャーハン出来ますか?”と尋ねて見て下さい。
頼めたら取ってもラッキーですヨ!(笑)

さて、本日も前回のBlogでご紹介しました施工現場の続きをお話しようと思います。


八王子市 K様邸ウッドデッキ工事施工三日目。この日も寒い一日でしたが、完成に向けて着実に進捗中です!

八王子市 K様邸ウッドデッキ工事施工三日目。
この日も一日とっても寒い陽気だったのですが、施工の方は完成に向けて一歩一歩着実に進捗中です!


三日目となり、メインデッキの方はこの通りほぼカタチにする事が出来ました!

三日目にして、メインデッキの方がほぼデッキ材が張り上がり、大分カタチになって参りました!


前回のBlogでご紹介したパーゴラの柱部分もこの通り、綺麗に納まりました。

前回のBlogにて取り上げた既存パーゴラの柱部分の納めもこの通り、何事もなかったの様に綺麗に納める事が出来ました。
職方さんの懸命な加工のお陰で、とても良い感じです!


デッキ下の束柱・大引きの様子。今回は束柱の間に”根絡み”と云う中間梁を入れる事で、更に強度を増した構造としました。

こちらはデッキ下の様子です。
デッキ下には、大引き・束柱が規則正しく綺麗に配置されております。
デッキ下の見えない部分は耐久性抜群の”アルミ角材”を用いているため、必要なメンテナンス等はほぼ皆無となります。
更に、デッキ上の既存パーゴラの事を考慮して、束柱との間に”根絡み”という中間張りを入れて更に強度を増した構造としました。


そしていよいよ施工は”リードデッキ”の製作に移ります。

メインデッキが出来た所で、次に取り掛かるのは出入りをし易くするための”リードデッキ”の製作です。
こちらも、安全に上り下りが出来る様に入念に束柱・大引き等を設置して行きます。


更に今回、地面との間隔が開く横側のデッキ下には、ワンちゃんが入り込まない様にメッシュフェンスを利用した塞ぎ材で覆いました。

更に側面部分の1段のみ設けるステップ部分は、どうしても地面との間隔が空いてしまい、このままではワンちゃんがいたずらして床下に迷い込んでしまう恐れがあります。
そこで、上の写真の様にメッシュフェンスを利用した”塞ぎ材”を設置して、この中に誤って入り込まない様に工夫しました。
色目も黒のため、目立たず馴染んでくれている所がポイント高いです。


そして夕方にはこの通り、ウッドデッキが綺麗に完成しました!

そして夕方にはこの通り、ウッドデッキが見事に完成させる事が出来ました!


お選びしたカラーと既存のパーゴラ等との相性も抜群!とってつけた感じが無い、空間と馴染んだ雰囲気に仕上がりました。

こうして違う角度から見ますと分かる通り、既存のパーゴラや建物のカラーととても良くマッチした落ち着いた空間とする事が出来ました。
私はカラーを選ぶ際にいつも気を付けている点として”とってつけた感じが出ない様に”と云う事を大切にしております。
今回もお選びしたカラー”クリエダーク”が、空間の雰囲気と良く馴染んでおり、違和感の無い物に仕上げる事が出来ました。
携わってくれた職方さんには本当に感謝です!

さて、ウッドデッキは完成したのですが、実はもう一仕事頼まれている箇所があります。
完工までお陰さまであと一歩の所まで来ました!
最後まで気を抜かず頑張って行きます。
それではまた、次回Blogにて宜しくお願い致します。



ブログカレンダー

<   2017-03   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
タグリスト
  • ファサード
  • クローズド外構
  • セミクローズド外構
  • エバーアートボード
  • 目隠しフェンス
  • 人工芝
  • インターロッキング
  • 完工まとめ
  • プラスG
  • 特殊な工事
  • 入隅空間の有効活用
  • ウッドデッキ
  • 樹ら楽ステージ木彫
  • 和モダン
  • プランニング
  • ホームページのバージョンアップ
  • リードデッキ
  • 樹ら楽ステージ
  • 屋外コンセント
  • 美彩シンプルラインライト
  • ウッドデッキの点検口
  • 小さなお子さまの安全対策
  • 古いブロック塀の改修
  • サニーブリーズフェンス
  • レストステージ
  • 乱張石貼り工事
  • アースカラー
  • マイリッシュOK
  • UNISUSポスト
  • テラス屋根の修繕工事
  • レイスクリーン
  • レンガ調タイル
  • オリジナル門袖
  • 美彩グランドライト
  • デザイナーズパーツ
  • エアコン室外機移設
  • フロアビーズ
  • アプローチの舗装
  • フラットパン
  • デッキ上の手摺
  • アーキレール
  • ガーデンシンク
  • 立水栓
  • カーポート
  • フーゴ900
  • サイクルポート
  • フーゴミニ
  • 駐車場造成
  • ナノコンポジットW
  • 外壁塗装
  • トランス
  • エクステリアの照明
  • 美彩グラスウォールライト角型
  • ベランダ手摺モダンパネル
  • 鋤取り砕石填圧
  • ブロック積
  • ローシェン
  • ソルディーポート
  • エクステリアコンテスト
  • 植栽工事
  • 無金利リフォームローンキャンペーン
  • クリエカラー
  • 物置設置
  • NEXTA
  • イナバ物置
  • スピーネ
  • テラス屋根
  • サイドパネル
  • テグランネオ
  • アーキフラン
  • 庭王門
  • ハイグリッド門扉
  • 既存塀フェンス設置
  • コア抜き工法
  • 前後勾配カーポート
  • ケミカルアンカー工法
  • 人工芝(砕石ベース)
  • 人工芝(コンクリベース)
  • イゲタヤE&R

    エクステリアオフィス
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ南平店内)
    〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

    八王子サテライト
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ八日町店内)
    〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

    TEL:042-591-8497
    メールお問合せはこちら

    施工エリア
    東京都の以下地域となります。
    日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
    RapidSSL_SEAL-90x50
    本サイトでのお客様の個人情報はRapidSSLにより
    保護しております。