このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ
イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は一日秋らしい気持ちの良い晴天に恵まれましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
11月もいよいよ半ばになり、日が進むにつれて気温も下がり始めて来ましたね。
また陽が陰るのも段々早くなって来ており、4時を過ぎると大分暗くなって来てしまいます。
この時期は、私たち屋外での仕事を生業としている物にとって毎日が日暮れとの勝負!
手際良く作業を進めようと色々段取りをするのですが、夏場と違い実に2〜3時間の短縮は本当に悩まされます。
そんな中でもベストを尽くそうと知恵を絞って作業をしている職方さん達には本当に感謝です!
今後も最善を尽くして作品作りに取り掛かっていきますので、私たち”チームイゲタヤE&R”の活躍を是非御期待下さいね。

さて、秋も深まって来ましたが、これから旬を迎えようとしている果物と云いますと、皆さま何を思い浮かべますか?


先日の休日に、友人と伊東まで足を延ばして”みかん狩り”に行って参りました!

はい!オレンジ色の果物”みかん”ですネ(笑)
と云う事で、先日友人と少々遠出しまして、静岡県は伊東まで”みかん狩り”に行って参りました!
温暖且つ潮風を受け易い伊東の丘陵地は、柑橘系の栽培には持って来いの土地柄の様で、上の写真の様にアチラこちらでオレンジ色のみかんがタワワに実っております。
農場の方にアドバイスを受けて、早速みかん狩りスタート!
”実の上に付いている軸が細い物を選ぶと、比較的甘いよ”と云うアドバイス通りに採って食べてみると、確かにとっても甘く美味しいのです。
食べ放題と云う事で、みかんをどんどん採ってその場で向いて食べての繰り返し!
流石にいくつも食べますと、お腹がパンパンになってしまいますね(笑)
お腹も満たした所で、お土産用のみかんも選りすぐって袋いっぱいに詰め、友人共々身も心も大満足と云った感じでした。
仕事柄、樹木等には色々と携わる機会が多いですが、こうして実際実のなる樹木と触れ合うのも本当に楽しいものですネ!
ちなみにみかん狩りは、11月いっぱいまで楽しめるとの事です。
海のドライブついでに、みかん狩りを楽しんで見ては如何でしょう?おススメですよ!

さて、本日も前回のBlogの続きをご紹介しようと思います。


八王子市 S様邸ファサード工事。前回のBlogでは、カーポートの基礎穴工事の様子をご紹介しましたが・・・

ファサードリノベーション工事案件の八王子市 S様邸。
前回のBlogでは、カーポートの柱立てのための基礎穴工事の様子をご紹介しましたが、その際にある問題が発生してしまいました。。
さてその問題とは・・・


掘削して30cm程の深さにて、さらにコンクリートの基礎らしきものに当たってしまいました。。

コンクリート舗装面から約30cm掘り込んだ所で、なんとさらにコンクリートの基礎らしきものが現れました。。
こう云った基礎が現れやすいケースとしては、建物の際や擁壁の際と云った所が挙げられるのですが、今回の様などちらにも当て嵌まらない所でのまさかのコンクリート基礎。
何のための物なのか正直検討が付きません。さてさて、いずれにしても、このまま手をこまねいている訳には参りません!
と云う事で、仕切り直しでこのコンクリート基礎に立ち向かいます。


今回職方さんの方で用意して貰った大型の掘削機。なんとかこれで穴を開ける事が出来れば良いのですが・・・

と云う事で、今回職方さんの方で用意して貰いました腰高程の大きさがある大型掘削機。
この掘削機で、地面下のコンクリート基礎への穴あけに対処します。
無事に空けば良いのですが・・・


いよいよ作業開始!かなりの大きな音と振動が辺りに響き渡ります。

と云う事で、作業再開です!
掘削機からの”ガガガ!ドドド!!”と云う音と振動が響き渡り、かなり強力にコンクリート基礎を削っている事が分かります。
ちなみにコンクリートを削る際のコツは、”角”や”端”から削っていくのが良いとの事ですが、今回の様に盤の上から削っていくのは、コンクリート面全体に振動が分散されてしまうため、かなり難しいとの事です。
なんとか穴が空いてくれれば良いのですが・・・


掘削作業から数時間経過して、お昼過ぎにようやくコンクリート基礎に穴が空いたとの連絡が!

コンクリート基礎と格闘して数時間経過。
お昼過ぎになってようやくコンクリート基礎に穴を開ける事に成功したと連絡を受けました!
様々な最悪な事を想定しながら作業を見守っていただけに、この知らせには正直とても安堵させられました。
現場に着きますと、職方さん達が基礎穴から削ったコンクリートのガラを”モグラ”と云う道具で地表に出しておりました。
中々に丈夫なコンクリート基礎だったようです。


基礎穴を覗いて見ますと、悪戦苦闘の跡が分かります。下からは、前日に振った雨の影響で水が少々湧いておりました。

基礎穴を覗きますと、コンクリート基礎と悪戦苦闘して開けた跡が分かります。
手前側にはとても太い基礎内の太い鉄筋があります。
そして開けた穴からは、前日に降った雨の影響で湧いたと思われる水が溜まっておりました。
どうやら察するに、この土地全体が比較的水が湧き易い土地柄の様で、ハウスメーカーの方で予備を張って地盤強化のためにコンクリート基礎を設置したと思われます。
様々な土地にて、それぞれ特有の特徴と云う物がある様ですが、今回の様なケースはかなりレアなケースの様です。
いずれにしても、数年後を見越して基礎等を丈夫に作る事が非常に大切な事ではありますが、こう云ったリノベーション工事を行う際には、それが思わぬ壁となってしまい、たちまち工程が狂ってしまいます。
この工程の狂いは、すなわち施工に対しての”コスト”に影響されてしまうため、もし予算がカツカツの状態で進めていた場合、最悪施工が止まってしまう恐れがあります。
今回は、そう云った最悪な事も想定してしっかりと”予備費(俗に云う諸経費等)”から賄う事が出来たため、お客様への追加料金を請求せず施工を進める事が出来ました。
”値段が正義”と云う言葉が、私たちエクステリア業界内で中々当て嵌まらない理由の一つとして、こう云った”予想外の埋設物の出現”と云う事がある事を是非御理解頂ければ幸いです。
お見積書を見る際の参考にして頂ければと思います。
さて、なんとか無事基礎穴を開ける事が出来ましたが、予定していた工期が一日延長してしまいました。。
ここから工期を挽回するために、職方さん達が必死になって施工に取り掛かります。
次回のBlogでは、やっとカーポートの組み付け作業をご紹介できると思います。
非常に立派なカーポートですので、是非次回もご覧頂きますよう宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は昨日までとは打って変わって、あいにくの空模様となってしまいました。
風等はあまり無かったのですが、陽が出ないとなんとなく寒々しく感じてしまいますね。
今日も悪天候の中、何現場か施工が動き、私も現場へ移動に次ぐ移動をして対応しておりましたが、何となく体が冷えて来るように感じさせられました。風邪の前兆で無ければ良いのですが(苦笑)
明日からは再び秋晴れが戻ってくるとの事です!
今夜はなるべく早めに寝て、明日元気いっぱいに過ごせるように身体を労わってあげないとですネ(笑)
さて、こんな寒々しい時に私、こんな物を食べて来ました。


本日は現場への移動途中に、西八王子にある八王子ラーメンの超有名店”吾衛門”へ行って参りました!

本日は現場への移動途中に通りがかった西八王子駅近くにあります八王子ラーメンの超有名店”吾衛門”さんへ行って参りました!
こちらのお店、以前このBlogでご紹介した事のある日野駅近くの”こえもん”さん、片倉駅ちかくにあります”えびす丸”さんの修業先になるお店で、私自身ももう十年以上前から行き付けている大好きなお店なんです。
ここ最近ではテレビ等でも取り上げられたり、インスタントラーメンになったりと、行きつけのお店が有名になっていく姿はとても嬉しいのですが、その反面お店はほぼ毎日長蛇の列を作る様になってしまい、なかなか足が遠ざかってしまいました。。
本日は、たまたま比較的早い時間に寄れて、さらに雨模様と云う事もあり、スムーズにお店へ入る事が出来ました!
そして何より嬉しかったのは、かなり久しぶりに伺ったのに、御主人さんが私の顔を覚えていてくれてて、「ホントお久しぶりですね!」って声掛けてくれた事。
気持ちの良い笑顔で接客してくれるスタイルは、初めて伺った時から全く変わっておらず、とても嬉しく感じました!
注文したのは、オーソドックスな”中華そば”。上の写真の通り、チャーシュー・メンマ・海苔に刻み玉ねぎと云う、至ってシンプルなラーメンです。
しかし味は、基本を大切に、かつ丁寧に創られたのが分かる王道をゆく味で、一言でいえば「飽きの来ない味」なんです。
値段も1杯550円!まさに、庶民のための昔ながらのラーメンを丁寧に作り続けている姿勢が分かりますね。
そして何より、御主人の笑顔の接客がとにかく気持ち良いのです!
有名になってもスタイルを変えず、しっかりと真面目にご商売されている姿、同じ商売人として見習いたいものです。
こちらのお店はカウンター席のみですが、老若男女問わず沢山の方が出入りしている、とっても入り易いお店です。
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね!

さて、本日も前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


八王子市S様邸 ファサードリノベーション工事。前回のBlogでは、前半戦の大詰めであった庭石の設置工事の様子をご紹介しました。

ファサードリノベーション工事案件の八王子市 S様邸。
前回のBlogでは、今回の施工における前半戦の大詰め、庭石の設置工事の様子をご紹介しました。
設計した花壇にジャストフィットで据える事ができ、正直安堵出来ました。
さて、この日からいよいよ新たな工程が始まります!
さて、上の写真では何やら職方さん達が長い部材を搬入しておりますが、その前に駐車場がやたらとスッキリした事に気づきませんか?


前日に一番端に設置してありました既存のカーポートを撤去しました。

はい!
実は今回の工程を行う前日に、一番端にあった既存のカーポートを撤去していた為、スッキリとなりました。
と云う事で、次の工程が勘の良い方ならお分かりですね!
いよいよこの駐車場空間を覆う3台分超の大型カーポートの設置工事に取り掛かります。


部材が続々と搬入されていますが、今回のカーポートの大きさが部材からも見てとれると思います。

部材が敷地内に続々と入って来ておりますが、今回設置するカーポートの大きさが、この長い部材から垣間見えると思います。
これだけの大型のカーポートが設置されるので、私もお客様も色んな意味でドキドキものです。


さて、いよいよ作業開始です。まずは大型の掘削機でカーポート柱の基礎穴を開けて行きます。

さて、いよいよ作業開始です。
まずは、上の写真の様に大型の掘削機を使ってカーポートの柱を設置するための基礎穴を開けて行きます。
今回のカーポートでは、基礎として必要な深さも通常の物よりもより深く必要となります。
となると、心配なのは掘削中の埋設物の出現です。
何も出なければ良いなぁと思っていた矢先、やはり出て来てしまいました!(汗)


深さ約30cm弱の所にて、急に固い手応えが!?よーく見ますと、綺麗なコンクリートの盤らしきものが・・・

掘り始めて約30cm弱と云ったところでしょうか?
急に掘削機に非常に硬い手応えが伝わってきたとの事。
土を掻いて覗いて見ますと、なにやら綺麗なコンクリートの盤らしきものが・・・
どうやら、駐車場のコンクリートの更に下に、コンクリートの基礎らしきものを設置していた様です!?
どうしてこの様な基礎を設置したのか、その経緯は不明ですが、今までこのお仕事に携わっていてこの様な構造は正直初めてでした。
また、コンクリート基礎は端の部分からであれば削り易い物の、この様に盤の真上からとなると、非常に堅牢となり、通常の掘削機では全く歯が立ちません。。
また、このコンクリート基礎がどのくらいの厚さで埋設されているのか、あれこれ考えると非常に不安な気持ちに拍車が掛かります。。
さて、どうしたら良いものか・・・
職方さんと話し合って、この日は一旦仕事を切り上げ、翌日さらに巨大な大型掘削機を用意し、更に最悪な事(非常に厚い基礎が打たれている事)を想定して、それに対応できる施工方法を考えようと云う事になりました。
想定外の事に、私も職方さんも面を喰らってしまいましたが、御期待頂いているお客様達のためにベストを尽くさなければなりません!
さて、どの様になる事やら。。

と云う事で、この施工の続きはまた次回のBlogにてご紹介しようと思います。
面白い物で、一つ安堵していると、また別の所で想定外の事が起きてしまいますね。
お読み頂いている皆さんの中にも、同じ経験をされた事のある方もいらっしゃると思います。
どんな時にも、気を引き締しめて取り掛かる事はとっても大切ですね!
それでは、また次回も是非宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は11月入ってからの初めての日曜日、皆さま如何お過ごしでしょうか?
昨晩は雲行きがだんだん怪しくなってきたと思ったら、大粒の雨が降り始めましたが、まるで本日はその雨が空気中の塵等を洗い流してくれたかの様な快晴に恵まれました!
ラジオ等では関東内陸の方でかなり紅葉が見頃を迎えて来ていると報じており、紅葉狩り目当ての観光客で賑わっているとの事。
こう云ったニュースは、気持ちがウキウキして来ますね!
残念ながら私たちは日曜日も関係なくお仕事に励んでおりますが、私も今週のお休みの日は、箱根辺りに紅葉ドライブでもして見ようと思います。
良い写真が撮れましたら、是非こちらのBlogでご紹介しようと思いますので、是非楽しみにしていて下さいネ!
さて、こんな気持ちの良い陽気にもかかわらずお仕事している私としては、何か美味しい物でも食べて仕事に励みたいものです(笑)
と云う事で、今日は最近の私の一押しのお店へ出掛けて来ました。


八王子は子安五差路そばにありますラーメン屋”電電(でんでん)”さんへ久々に行って参りました。注文したのはこの八王子ラーメンと・・・
ラーメンスープの出汁を使って煮込んだカレーのセット。ラーメンとカレーの組合せって、なんかとってもアトを惹くんです(笑)

本日は八王子でのお仕事途中で、八王子駅の南口近辺を通り掛かったので、久々に子安五差路近くにありますラーメン屋”電電(でんでん)”さんへ寄って来ました!
こちらのラーメン屋さんは前にもこのBlogでご紹介した事がありますが、私的に結構好きな味のラーメンなんです。
こちらのお店に来た際、是非頼みたいのが今回注文した”カレーセット”です。
ラーメンは、魚系と云うよりは肉・野菜系の出汁ベースの醤油スープで、見た目はとってもオーソドックスですが、よーく見てみますと刻み玉ねぎの上に細切りの生姜が乗っていたり、チャーシューも出す直前に女将さんがバーナーで炙って出すと云う凝った物なのです。
更にセットで付いて来るのが右側のカレーライスなのですが、カレーはラーメンスープで使われている出汁をベースによーく煮込んだ、とっても円やかなカレーで、これとラーメンのスープとが非常に良く合い、何処となくアトを惹く旨さなのです!
こちらに来る常連さんは、ほぼこの”カレーセット”を目当てに来られる様なのですが、食べて見ますと納得できる味です。
そして何よりこちらのお店も、切り盛りしております女将さんがとっても明るくアットホームに接してくれるんです。
この好感のもてる接客こそ、最良の”調味料”なのかもしれませんね(笑)
お店前にも1台駐車できますが、近くにコインパーキングもあるのでお車でも行き易いラーメン屋です。
もしご興味がありましたら、行って見て下さいネ!

さて、本日も前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


八王子市S様邸 ファサードリノベーション工事。この日は、今回のデザインにおいて肝となる、アル物の設置工事となります。

ファサードリノベーション工事案件の八王子市 S様邸。
前回のBlogでもお話しましたが、この日の工程は今回のリノベーションプランにおいて”デザインの肝”となるアル物の設置工事を行いました。
さて、そのアル物とは・・・


造園職方に預かって貰ってましたこの家の”シンボル”とも云うべき庭石の設置工事です。

造園職方に一時預かって貰いましたこの家の”シンボル”とも云うべき庭石の設置工事です。
約一トン近くある非常に立派な庭石。
この庭石を据え直すためにはどうしてもユニック(クレーン)車での作業が必要不可欠で、これから控えておりますカーポート設置工事等の日程を調整してこの日を迎えました。
各職方・お施主様等との日程調整が非常に難しく、また先行にも左右される作業のため、とても予断を許されない状況ではあったのですが、何とか取り掛かる事が出来て良かったでした。


まずは据える予定箇所にユニックにて石を移動。造園職方チームの中で庭石に詳しい職方によって向き等を考えていきます。

さて、いよいよ庭石を据える予定の箇所までユニックで吊って移動します。
庭石の大きさを想定して花壇の大きさを設計しましたが、私プランナーにとってもとても緊張した瞬間でした。
石を据える際には、あらゆる構造物に接触しないように細心の注意を払いながら移動します。
大きな石が実際に花壇内にピタッと納まった際には少々安堵しました。
さて、ココからが造園職方の腕の見せ所となります。


庭石には”顔”と云う物があり、その表情をどの様に見せるかを見極めるのがとても難しいと云われております。

庭石は、ただ置けば良い物ではありません。
庭石にはどの様な物でも必ず”顔”と云う物があり、当然正面に対して表を見せなくてはなりません。
また、その顔・表情等を見極めるのが非常に難しく、長年の経験やセンスが問われます。
この時は、私プランナーが一番見せたい位置を指定し、それに対して庭石のエキスパートである造園職方がユニックで石を浮かしながら向きを微調整して行きます。


ようやく位置・向きが決まると、庭石を据えて絡まっているワイヤーを外し、土を棒を使って突き固めていきます。

そして向きや位置が決まった所でユニックから庭石を降ろし、絡んでいるワイヤーを外した所で、棒を使って庭石下部の土を付き固めて固定します。


庭石を上から見た所です。こうして見ますと、庭石がどれだけ立派であるかが良く分かりますね!

こうして実際に庭石に近付いて見ますと、その立派さがお分かり頂けると思います。
また、アプローチとしてのスペースの確保等、様々な事を考慮して設計した為、花壇のスペースもそんなに広く取る訳にはいきません。
非常にギリギリのスペースにこうして上手く納められ、私プランナーも造園職方もホッと安堵です。


仕上げに庭石をブラシで磨き上げます。お立会い頂いたお施主様のお父様が感慨深げに写真を撮られている姿が印象的でした。

そして仕上げに、ブラシを使って庭石をしっかりと磨き上げます。
新しい場所にこうして納まった庭石の姿は非常に堂々としており、まさに”シンボル”としての風格が漂っておりました。
今回の施工で立会って頂きましたお施主様のお父様が、感慨深げにカメラに納めている姿が、私としてはとっても印象的でした。
古くから一家を見守って来た物をこうしてしっかりと活かし、輝かせられた時はまさにプランナー冥利に尽きます!

さて、いよいよ一つの大仕事が完了し、いよいよ工程も折り返し地点に入って参りました!
ここからは更に力を入れて施工を進めていきます。
ではでは、この施工の続きは次回のBlogにてご紹介しますので、是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

いよいよ11月に入って来ました!
10月31日のハロウィーンも終わり、巷ではクリスマスに向けてのイルミネーションや年末に向けての話が出始めましたね。
なんだか夏が終わって間もなく、一気に秋が駆け抜けて冬へ突入。。時の早さをとても強く感じさせられます。
今年から来年に掛けて、冬はどの様になるのかとっても気になる所ですが、今は一気に進み始めた秋の紅葉を思いっきり満喫するのが良さそうですね!
今日から巷は3連休、是非秋の休暇をお楽しみくださいね。
さて、秋も深まりますと食欲も増して来ますね(笑)
と云う事で、今日も美味しい物を求めに、こんな所へ行って参りました!


本日はお仕事の関係であきる野市方面へ出向いたのですが、その際に必ず寄る行きつけのラーメン屋”池谷精肉店”さんへ行って参りました!

本日はお仕事の関係であきる野市方面へ出向いたのですが、その際に必ず行きたくなる私行きつけのラーメン屋”池谷精肉店”さんへ行って参りました!
こちらのお店、実は当社マネージャーがかつてあきる野市に住んでいた事があるのですが、その際に教えて貰って以来、大ファンになったお店なんです。もうかれこれ10数年経ちますが(笑)
店名は”精肉店”なんて書いてありますが列記としたラーメン店で、特に上の画像にもあります超極太のつけ麺を売りにしているお店です。
ちなみに今回選んだメニューは、”牛すじつけ麺”。
魚系に肉系の旨味を足した、とても濃厚な醤油系のスープの中に、茹でたもやし・キャベツ・味玉、チャーシューと更によーく煮込んでトロトロになった牛すじ肉が乗った具沢山のつけ汁。
このとても個性的なつけ汁に負けない、うどんの様にとても太くコシのある自家製のちぢれ極太麺。
これが本当に良くマッチしていて、本当に美味しいんです!
一度食べると、何処となくまた食べたくなってしまうぐらいに嵌まってしまう味なんです。
個性的な店名のインパクトも強いですが、メニューも御主人が色々と研究して造った個性的なメニューで、それを求めに毎日多くの方で込み合っている人気店です!
席はカウンター席しかないので、ファミリー向けと云うお店では無いのですが、もし機会があれば是非行って見て戴きたいお店です。
駐車場も店前に数台止められますが、直ぐ近くにコインパーキングもあるので、もしご興味がありましたら行って見て下さいね!

さて、本日も前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


八王子市S様邸 ファサードリノベーション工事。前回のBlogでは、ブロック造作工事が終わり、左官工事に取り掛かった所までご紹介しました。

ファサードリノベーション工事案件の八王子市 S様邸。
前回のBlogでは、ブロックでの造作工事がほぼ終わり、左官工事に取り掛かり始めた所までご紹介しました。
この日も、左官工事の続きから始めて行きました。


”左官の命”とも云うべきモルタルを作るため、砂・セメント・水をいれてしっかりと練っていきます。

今回は左官範囲が表・天端・裏と広範囲に渡るため、モルタルも大量に必要となります。
この日も左官職方が砂・セメント・水を大きな容器の中に入れてハンドミキサーと云う機械でしっかりと練り込んで行きます。
左官においてのモルタルは、これらの微妙な配分調整ががとても大切で、水分が少なすぎれば直ぐにひび割れてしまい、かと言って水分量が多すぎれば脆い物となってしまう。
モルタルを入れ過ぎればその分コストが掛かってしまう、天候・季節も考慮etc・・・、と云った具合に、まさに長年の経験が非常に活きる工程です。
専門の左官職人がいる理由も良く分かりますね。


前回ご紹介した際は、もっとも難しい階段脇の花壇の左官の様子をご覧頂きましたが、この通り綺麗に仕上げる事が出来ました。
この日は更に残りの箇所を一気に仕上げていきます。

前回のBlogでは、最も仕上げるのが難しい階段脇花壇の左官の様子をご紹介しましたが、左の写真の通り綺麗に仕上げる事が出来ました。
この日は更に残りの箇所の左官を一気に仕上げていきます。
まずは前回とは逆側の土留めへの左官です。
右側の写真の様に天端に木の定規をあて、左官の準備を進めていきます。


そして数分後にはこの通り。あっという間に仕上げていきました。

先程練り込んでいたモルタルを手際よくコテを片手に捌いていき、数十分後にはこの通りあっという間に仕上げておりました。
特にこの日は気温が比較的高く、モルタルもかなり乾きが早いとの事。
その為、スピードを上げて仕上げていかなくてはならないらしく、まさに時間との勝負の様です。
左官工の難しさを感じさせられますね。


更に裏側の部分も手際良く左官を施して行きます。

さらに裏側の部分もこの様に左官を施して行きます。
裏側に関しても、土が入る高さを考えて深めに左官を施します。


また既存のRC造の土留めに関しても、ひび割れ等がある箇所にモルタルにて補修し、その後の塗装工程に入る前の下準備も施しました。

さらに既存のRC造土留めに関しても、ひび割れ等の箇所にモルタルにて補修し、その後に控えております塗装工程の下準備を施しておきました。
これで、ブロック土留め等に関わる基本的な工事が概ね終了です。
そして次に控えている工事は、今回のプランにおいて最も重要と云っても過言ではない工事です。
その様子に関しては、次回のBlogにてご紹介しようと思いますので、是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

心配されていた2週連続の台風接近も、なんとか関東直撃を避けられ、本日は台風一過の気持ちの良い晴天に恵まれました!
また、台風がもたらした影響か、北からの乾いた強風に見舞われた一日で、どうやらこれが”木枯らし1号”となった様です。
いよいよ秋から冬へ季節が移行しているのですね。
しかし台風がもたらす影響力は大きな物で、先日まで雪化粧に見舞われていた富士山も、また元の地表の見える黒い富士山に戻ってしまったようです。
どうやら台風がもたらした暖かい風により山頂付近が3〜4℃に気温上昇し、さらに雨も降った影響で溶けてしまったようです。
台風のパワーをまじまじと感じさせられますね。
さて、ここからしばらくは安定した晴天になる様ですが、同時に乾燥した風が吹く様になるとの事。
くれぐれも火の後始末や風邪には気をつけましょうね!

さて、そんな晴天に恵まれました本日も、美味しい物を求めにこんな物を食べて来ました(笑)


本日は八王子駅南口にありますラーメン屋”樽座”さんに行って来ました!小宮にある”樽座”さんの姉妹店です。

本日は八王子駅は南口にありますラーメン屋”樽座”さんに行って来ました。
こちらのお店は、以前Blogでご紹介しました小宮にある”海老味噌ラーメン”を売りにしております”樽座”さんの姉妹店です。
こちらのお店も”海老味噌”のラーメンやつけめんを看板メニューとしているのですが、私個人的に好きなのが、魚系の出汁を使った”醤油系”のラーメンやつけめん。
と云う事で本日は、”醤油味のつけめん”を選びました。
つけ麺では珍しい”細麺”ですが、シャキッとした喉越しの良い麺です。そしてスープは、様々な魚系の出汁をベースとした醤油スープなのですが、魚系独特のクセがあまり感じず、上手に旨味を引き出している美味しいスープでした。
このスープと細麺との組み合わせは非常に美味しく、スルスルッと口に入っていきます!
麺を食べ終えた後、つけ麺のもう一つの楽しみはスープ割です。
更に魚の旨味が凝縮されたスープ割のお陰で、何処となくホッとした味に変わりとっても美味しかったです!
本来私は魚系のクセが少々苦手な所があるのですが、こちらの魚系醤油ラーメンは気にせず美味しく食べられ、結構オススメの味です。
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね!

さて、本日も前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


八王子市S様邸 ファサードリノベーション工事。前回のBlogでは、新たなファサード空間に向けての造作工事が始まりました。

ファサードリノベーション工事案件の八王子市 S様邸。
前回のBlogでは、新たなファサード空間に向けての造作工事が始まりました。
さらにどの様に変化して行くのか、とっても楽しみですね!


工程の進み具合は極めて順調で、この日は玄関前の新たな花壇スペースと階段造りを進めました。

解体作業が終え、造作工事に入ってからは極めて順調に作業が進みました。
この日、午前中には玄関前の花壇と階段のブロック工事が完了しております。


こちらが花壇と階段の様子。花壇では、カーブデザインを具現化するために、ブロックをカットしながら上手くカーブを描く様に配置します。
各場所に出ている白い管は、これから設置する照明やインターホンの為の電気配管。設置前に予め配置しておきます。

左側の写真は、花壇と階段部のアップ写真です。
階段の出入りのし易さ、デザイン性からカーブデザインの花壇を取り入れましたが、まさにこの写真はそれを具現化するためのベースの状態です。
ご覧頂きますと分かる通り、ブロックをカットし上手くカーブデザインが成立できる様に配置して行きます。
また、それに伴いブロック内には小刻みに鉄筋を配してコンクリートを流し込み、土を入れた際でも土圧に耐えられる強度が出る様に工夫しております。
カーブデザインは図面上では非常に描き易く、意匠性等もとても良いのですが、その分コスト等が掛かり易い理由がこう云った技術的な所である事を御理解頂けると幸いです。
また、施工する職方の技術力を問われる部分でもありますので、現場側では良い意味でも悪い意味でも”遣り甲斐のある仕事”となります。
また、これから設置する照明やインターホンの配線を目立たないようにするために、予め右の写真の様に電管を配置して施工に備えます。


更に玄関前のアプローチを造るためのベース工事も始めました。

さらに玄関前のアプローチ工事も始まり、上の写真の様に仕上げ高に合せて水糸を張り、そこから土壌の鋤取り等のベース工事を行いました。


そして午後からは、ブロック土留めに対しての左官工事が始まりました。まずはブロックの角にゲージを設置して、仕上げ厚を設定します。

そして午後からは、土留めブロックに対しての左官工事が始まりました。
上の写真は、ブロックのコーナーにゲージを設置し、さらに木の定規をあててモルタルの仕上げ厚を設定します。


準備が完了した所で、ブロックに対しての左官工事が始まります。

準備が出来た所で、いよいよ左官工事が始まります。
ちなみに左官工事は、地面に対しての左官と壁面に対しての左官とありますが、中でも壁に対しての左官工事は非常に難易度が高いと云われております。
その理由はずばり”重力”です。地面に対してであれば、重力は均一に掛かるため、比較的仕上げ易い事は考え易いですが、垂直面に対しての左官は、重力に逆らって壁面に均一にモルタルを塗っていかなくてはなりません。
もちろん下地としてプライマー材を使ったり樹脂製の接着剤を添加したモルタルを用いて作業をしますが、一発でコテを捌いてモルタルを塗る作業はかなりの技術力を擁します。
今回のプランでは、かなり広範囲に渡って左官仕上げを行うため、左官専門の職方を手配して作業を進めました。


中でも難しいのが、このカーブデザインの花壇箇所の左官。まず予めモルタルを塗って仕上げてからこうして曲がる定規を当てて誤差を確認。
御差分のある所にモルタルを継ぎ足して更に微調整。
こうして微調整を重ねながら、綺麗に左官が仕上がります。

特に今回のプランで難しい箇所は、先述したカーブデザインの花壇です。
左官作業を行う際、基本は定規を当てて作業を進めるのですが、それはまっすぐに対しての作業で、こう云ったカーブデザインに対しては、定規を当てる事が出来ません。
そこで、モルタルを予めカーブ箇所に塗ってある程度形を作った所で左上の写真の様に、曲がる物を定規代わりにあてがって誤差を確認し、さらに誤差のある箇所にモルタルを重ねて微調整して行きます。
モルタル左官は厚塗りになり過ぎますと、ムラ・ひび割れ・崩落と云ったリスクを伴う為、厚さの加減は左官職方の技術が問われる所でもあります。
お願いしております左官職方は、70過ぎの高齢ではありますがその点に関しては長年の経験で培ったエキスパート!
お陰で、迅速かつ綺麗に難しい左官作業をこなしてくれました。
いつも難しい作業を難なくこなしてくれて有難いのと同時に、昨今の経験を積んだ左官職方の人手不足も垣間見てしまいます。
理由として、主な主戦場である住宅内において、その主流が塗り壁から壁紙等に移り変わり、総体的に仕事量が減ってしまった事の様です。加えて今現代の超高齢化社会、頭を悩まされますね。。

さて、工程の方も順調に進み、徐々に新しいファサードの形が見えて来ました!
この次にはどの様に変わっていくのか、更に楽しみになっていきますね。
それでは、またこの続きは次回のBlogでご紹介しようと思いますので、是非宜しくお願いします。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日も昨日同様に晴天に恵まれた一日でしたネ!
日中は20℃ぐらいにまであがり、屋外にて身体を動かしていると暑く感じるぐらいでした。
しかし、日が暮れてくると一気に気温が10℃近くまで落ち込むため、この寒暖の差は結構堪えますね。。
皆さま、くれぐれも風邪をひかないように気を付けて下さいね。
また、この晴天は今日までで、明日より台風の接近に伴い週明けまで雨模様に見舞われる様です。
どうやら前回の様な台風の直撃は免れる様ですが、所によっては大雨となってしまう為、地盤が緩んでいる山間部等は少々心配ですね。
もしそう云った所の近くにお住いの方は、くれぐれもお気を付け下さいね。

さて、本日もお昼ご飯にこんな物を食べて参りました!


本日は石川工業団地にあります定食屋”ひこち”さんへ行って参りました。今日頼んだ物は、秋限定の”高菜塩ラーメンセット”です。

本日は石川工業団地にあります定食屋”ひこち”さんへ行って参りました。
相変わらずお昼時は、近くの工場勤務の方やタクシードライバー・運送トラックの運転手さんで込み合っており、”工業団地内のオアシス”と云う表現が当てはまります(笑)
さて、今日注文したメニューはこの秋限定の”高菜塩ラーメンセット”です。
こちらのお店は、定食屋でありながらこう云った本格的なラーメンを提供しているお店でして、しっかりと魚介等の出汁が取れている味わい深いラーメンを作っております。
実はこちらで塩ラーメンを食べるのは初めてなのですが、これがまた期待を裏切らない美味しいラーメンなんです。
しっかりと旨味の詰まった塩スープに、具材として載っている高菜とコーンがとても良く合い、また味がしっかりとしているので何故かご飯との相性がとっても良いのです!
またセットで付いて来る焼き餃子が非常にジューシーで、これがまた本当に美味しいのです。
ご飯との相性の良いラーメンなんて、まさに定食屋さんならではなのでしょうか?!
(思いっきり炭水化物祭りですが(苦笑))
今日も本当に美味しいお昼ごはんにありつけました!御馳走様でした!!

さて、本日も前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


八王子市S様邸 ファサードリノベーション工事。前回のBlogでは土留めの解体作業がほぼ終わり、新たな土留めの基礎工事に取り掛かった所まで御紹介しました。

ファサードリノベーション工事案件の八王子市 S様邸。
前回のBlogでは、土留めの解体がほぼ完了し、新たに造る土留めの基礎工事に取り掛かる所まで御紹介しました。
この日はブロック工事の続きを行いました。


駐車場側のブロック積みは完了し、もう片方のブロック積み工事を行います。

前回のBlogでご紹介しておりました駐車場側のブロック積みは、この通り順調に積み終える事が出来まして、この日は逆側の土留めブロック工事に取り掛かりました。
以前外構の名残は、もはや門扉の柱と階段のみ。徐々に新しい空間へ向けての過渡期といった様相です。


前回のBlogでご紹介しました杭下のガス管と古い湧き水排出用の配管。この二つの問題を解決出来て本当に良かったです。
その箇所を覆う様に設置する土留めブロック。基礎工事もしっかりと抜かりなく行います。

左側の写真は、前回のBlogでご紹介した二つの問題、ガス配管と古い湧き水排出用の配管です。
杭下に見えるビニールで覆われている物がガス管となります。素直な位置に配置してありましてホッとしました。
また、湧き水排出用の配管も新しく再構築しました。
これで心おきなくブロック工事を行う事が出来ます。
右側の写真は、その箇所を覆う様に設置する土留めブロックの基礎工事の様子。
しっかりと抜かりなく行います。


午後にはこの通り、ブロックが積み終わりました。

午後にはこの通り、無事ブロックを積み終える事が出来ました。
徐々に新しい空間へと変化している事が分かりますね。


またブロックには数箇所”水抜きパイプ”を設置し、大雨で浸透しきれない水を屋外へ排出できる様にしてあります。

また、大雨等で敷地内にて浸透しきれない雨水を屋外へ排出できる様に、この様に”水抜きパイプ”を数箇所設置しておきました。


そして既存の階段も撤去し、いよいよ新しい階段造りに取り掛かりました。

そして最後まで残しておきました古い階段も撤去し、新しい階段造りへ向けて掘削工事を始めました。
本来この規模であれば”バックホー”等の重機を入れて行いたい所ですが、様々なリスクを想定して手掘りで丁寧に掘削を行います。
労力と時間がとても掛かってしまいますが、様々なリスクを考慮して行うリノベーション工事において手間を掛けざる負えない難しい所です。。
さて、更にここからどの様に変化して行くのでしょうか?とっても興味深い所ですが、今回のBlogはここまで。
この施工の続きは、また次回のBlogにてご紹介しますので、是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は昨日の悪天候とは打って変わって、とても爽やかな晴天に恵まれましたね!
気温も21℃と、本来の10月の平均気温になった様です。
カラッとした陽気のため、朝干した洗濯物も昼過ぎには良く乾き、本当に助かりましたね。
ちなみに今日の様な天気は、明日まで続くとの事ですが、今週末は台風22号の影響により、ぐずついた天気となってしまう様です。
先週末に来た台風21号は各地に大きな爪痕を残し、八王子の方でも恩方地域と川口地域を結ぶ”戸坂峠”が崖崩れにより通行止めとなってしまったとの事です。
その為、周辺の高尾街道や秋川街道、陣馬街道が渋滞に見舞われており、かなりの不便を被っている様です。
ちなみに復旧までに1〜2カ月擁するとの事なので、今しばらくあきる野方面等へお出掛けの際は気を付けた方が良い様です。
そんな中での今週末の台風接近、とても心配になって来ますね。。
大きな被害が出ない事を心から祈るばかりです!

さて、今日は清々しい秋晴れ!食欲もとっても旺盛にさせてくれます(笑)
と云う事で、本日はこんな物を食べて参りました!


本日は大和田にあります”らーめん楓”さんに久しぶりに行って来ました!巷で評判の限定メニューを目当てに(笑)

本日は以前Blogで良く御紹介しました大和田のラーメン屋”らーめん楓”さんへ行って参りました!
ここのラーメン屋さんは、化学調味料等は一切使用しない無化調のラーメンを売りにしておりますラーメン屋さんで、ファンもとっても多い人気店です。
さて、ここの所SNS等でこのお店の限定メニューがとっても評判良いという情報を嗅ぎつけ、それを目当てに伺って見ました。
それがこの写真のラーメン、”鶏と貝出汁のらーめん”です。
チャーシュー・メンマ・ネギと云った定番の具材の他、シュンギクとスダチの輪切りが乗った所が面白いラーメンです。
食べて見ますと、貝と鶏ガラで丁寧に出汁を取った醤油ベースのスープで、とっても優しい味わいです。
そんなスープに不思議とシュンギクの独特の風味がとても合い、さらにスダチの輪切りが爽やかな風味を与えてくれて、とってもサッパリとした食べ易いラーメンでした。
確かにこの味なら、評判が良いのもとっても頷けます!ただし残念なのが、今月限定のメニューと云う所でしょうか。。
もしご興味をお持ち頂きましたら、是非食べに行って見て下さいね!

さて、本日も前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


八王子市S様邸 ファサードリノベーション工事。前回のBlogではRC造の土留め解体に悪戦苦闘している所をご紹介しました!

ファサードリノベーション工事案件の八王子市 S様邸。
前回のBlogでは、RC造の土留め解体の様子をご紹介致しました。
非常に堅牢なRC造だけに、職方さんも解体するのに悪戦苦闘しておりましたが、この日も引き続き作業を続行しました!


前日に解体作業を行ったRC土留めは何とか解体に成功し、さらに門袖等を解体し始めました。

前回悪戦苦闘しながら作業をしていたRC土留めは、この通り何とか無事解体に成功し、さらに本日は門袖等の解体作業に着手しました。
RC箇所で使われている鉄筋と、門袖内に入っている鉄筋では、太さが一回りほど違い、門袖の解体は非常に楽に感じると職方さん達がお話しておりました(笑)


RC土留めの横筋。直径10个曚匹里箸討眤世づ感擇見えますね!
解体作業も進み、階段以外の土留めはこの通り撤去する事が出来ました!

左側の写真は、RC土留めをカットした様子です。
横に走っている鉄筋の太さがお分かり頂けると思います。
ちなみに鉄筋の太さはおよそ直径10弌それが短いピッチで入っているため、解体するのが手間取った理由が良く分かります。
また、一部は再利用する形となるため、重機を入れず手作業で行わなければならなかった所に、更に手間が掛かっている事が分かります。
さて、解体はどんどんと進め、右側の写真の様に階段以外は何とか撤去する事が出来ました!


そして日にちが立ち、ようやく道路側の土留めも解体して、ここまで作業を進める事が出来ました。

さらに日にちが立ち、途中雨天のため施工を開ける日もありましたが、何とかここまで解体作業を進める事が出来ました。
土等も無くなり、だんだんと以前の形が分からない状態になって来ましたね!


懸念しておりましたガス管に関しても、杭のかなり下の部分で縁切りされており、一安心出来ました。

懸念しておりましたガス管に関しても、杭のかなり下の箇所で縁切りされていた為、ホッとする事が出来ました。
お客様からは”オール電化にしているから、敷地内にガス管が入っている事は無いと思うけど”とお話頂いておりましたが、その通りになっていないのがガス管の常なのです。。(インフラ関係は本当に用心が必要です!)


しかし安心しているのも束の間、何故か水が滲みだしてきた箇所が発生し、そこを掘るとこんな古い配管の様な物が出て来ました。

しかし安心したのも束の間、一部なぜか湿っている所がと思っていたら、急に水が滲み、そして湧きだしてきた箇所が出て来てしまいました!?
非常に焦りましたが、その箇所を掘り進めて見ますと、下からなにやら古い配管の様な物が出て来ました。
御主人様のお父様にお聞きしましたら、もともと湧き水の出易い土地で、大雨が降った後に水が湧く事があった為、大分昔に管を通して水を外部に排出していたとの事でした。
この古い管は、その際に設置した物との事でした。
そこで、すぐに水道職方を手配し、湧き水箇所からの管を新しい物に変え、外部に排出できる様に造り変えました。
埋設物は、外構工事を行う上では本当に毎度悩まされます。。


そしていよいよ、新たに土留めを作る箇所にブロックベースを作る工程に入りました。

さて、ようやく大体の解体作業が終えた所で、いよいよ造作の工程に入り始めました。
まずは駐車場と敷地とを仕切る新たな土留めのベース工事からです。
既存のRC造の様な強度とまでは行きませんが、ブロック造においてもしっかりとしたベースを作る事で、非常に強固な土留めを作る事が出来ます。
今回の場合、高さが1m弱となるため、ブロック造でも十分な強度を得る事が出来ますし、コストを化粧等に回す事が出来ます。
今回のプランにおいても、そう云った事を考慮してプランニングしておりますので、お客様には自身を持ってお勧めする事が出来ます。
さて、これからどの様な物が出来るのか、とっても楽しみになって来ます!

と云う所で、今回のBlogはここまでとさせて戴きます。
この続きは、また次回のBlogにてご紹介しようと思いますので、是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は台風接近に伴う大雨で、せっかくの日曜日があいにくの天気に見舞われてしまいました。
そして本日は、我々日本人にとって大切な”衆議院選挙”の投票日でした。
台風最接近の日と投票日が重なると云うのも凄いタイミングだと思いますが、それを予見してか、今年は全国的に期日前投票を行う方が非常に多かったとの事です。
私の地元、八王子でも期日前投票が出来る市役所や各出張所にて、一時間を超える長蛇の列となったとの事。
今回の選挙に関心のある方が多い表れなのでしょうか?
いずれにしても、明日には大方の状況が分かる様ですが、どの様になるのかとても興味深いですね。
そしてもう一つ心配な事は、今夜遅くに上陸する可能性のある”台風21号”ですね。
天気予報によると、南の海上から勢力を維持したまま北上を続け、関東地方には真夜中に最接近するとの事です。
テレビ・ニュース・ネットでは様々な報道が流れており、ご覧頂いている皆さんも不安になられている方が多いと思います。
酷い被害が出なければ良いですが、特に明日の出勤・通学の際は交通機関に影響が出易いとの事なので、テレビやラジオ等の交通情報は要チェックですね!
ちなみに明日の昼間には台風一過の晴天に見舞われ、しばらくは晴天が続くとの事なので、それに期待して今しばらくは辛抱ですね。

さて、本日私も仕事の合間に投票所へ行って来たのですが、その帰りにこんな物を食べて来ました!


西八王子にあるラーメン屋”熊八”さんへ行って来ました!今日は限定の「わかめ入りこってり八王子ラーメン」を選んで見ました。

西八王子にありますラーメン屋”熊八”さんへ久しぶりに行って来ました!
こちらは”塩八王子ラーメン”といった、チョット変わり種の八王子ラーメンを出すお店なのですが、今回は限定メニューで掲げられていた”わかめ入りコッテリ八王子ラーメン”と云う物を注文して見ました。
出てきたラーメンは、刻み玉ねぎがたっぷり乗った塩ラーメンに背油をちゃっちゃと載せ、更にわかめを載せたラーメンです。
(ここまで来ますと、八王子ラーメンってなんだろうって思っちゃいますネ(笑))
食べて見ますと、背油のコクがスープととても良くマッチしており、麺と良く絡んでとっても美味しかったです。
また、わかめが更にサッパリ感を与えてくれて、こってりスープの中で中々良い感じに絡んでくれました!
食べ進めるとすっすと口に入り、あっという間に食べ終えてしまいました。
”八王子ラーメン”と云う言葉抜きで、ラーメンとして見るととっても美味しい一杯です!
これからの肌寒くなる時期には、背油入りのラーメンは中々良い感じですね。

さて、本日も前回のBlogの続きを書いていこうと思います。


八王子市S様邸 ファサードリノベーション工事。前回のBlogでは植栽が撤去された所まで御紹介しました!

ファサードリノベーション工事案件の八王子市 S様邸。
前回のBlogでは、解体箇所の植栽・庭石撤去工事の様子をご紹介致しました。
いよいよこの日より、次の工程となる解体工事が始まります。


解体する箇所の土を掻き出し、土留め等をどんどんと解体して行きます。

まず、解体箇所の土壌を写真の様にどんどんと掻き出し、その後ピックと云う道具で振動を掛けながら土留めを壊して行きます。
(この作業を、我々業界内で”ハツリ工事”と呼びます。)


既存の門袖に付いている表札は、お客様より”新しい門袖に付け直して欲しい”と云うご要望で外す事にしました。
しかし、かなり強力な接着剤で設置した様で、中々とる事が出来ません。力任せに外すと、その反動で割れる恐れがある様です。

同時に、門袖ではお客様からの御要望で設置されている表札を新しい門袖に設置出来る様に取り外す作業を行いました。
表札に養生テープでカバーを施し、表札周りを削ってタガネで外して行きます。
しかし、これがまた何故かなかなか取れない。。
どうやらかなり強力な接着剤で取り付けた様で、作業をしてくれている職方さんの経験上、無理に外すとヒビが入って表札が割れるとの事。そこで・・・


そこでひとまず、サンダ―で表札周りごとくり抜き、表札は職方さんが持ち帰って丁寧に外して見るとの事でした。

そこで、サンダ―と云う道具で表札の周りの部分ごとくり抜き、それを職方さんが預かって丁寧に外す方針に変更しました。
お客様曰く、かなり思い入れの強い表札で、できたら新しい門袖に何とか着けたいとの事でした。
お客様には、外す際に割れたり傷が付く可能性があると説明させて戴き、御了解を得た上で取り外す事となりました。
何とか無事取り外して、是非新しい門袖に設置したいものです。


更に解体作業を進め、階段脇の土留めを壊し始めました。

更に解体作業は進めていきます。
写真は階段脇の土留めを壊している様子です。しかし、解体作業は難航しておりました。。


難航している理由は、”RC造(鉄筋コンクリート)”の土留めです。大型のピックを使って壊しますが、なかなか壊れて行きません。。

その理由は、RC造(鉄筋コンクリート)で作られた土留めであるからです。
通常の外構工事でありますと、コスト面・施工面等からCB造(コンクリートブロック)で土留めを作るのが一般的なのですが、ハウスメーカー主導での外構工事にて設計した為、RC造が選択された様です。
RC造は太い鉄筋を細かく配置し、そこへ型枠を作ってコンクリートを流し込んで作ります。
その為、一体形成の構造体で非常に強固な為安心感は強いのですが、いざこの様に解体となりますとかなり難航し、結果として解体コストが嵩み易くなります。
堅牢に作る事はとても大切ではありますが、必要以上の物を作りますと、その後の解体等に影響が出ると云う事も考えなくてはなりませんね。。

さて、この日は作業を進めていく内にあっという間に夕方になってしまい、これ以上の作業は近隣の方へご迷惑をお掛けしてしまうため、作業を終了しました。
この続きは、また次回のBlogにてご紹介しようと思いますので、是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日も昨日に続き、どんよりとした寒々しい空模様でしたね。
昨日は日中でも本当に寒く、温度計を見ると12℃!?
慌ててコートやマフラー、ストーブを出した方も多いのではないでしょうか。
ちなみに10月中でここまで気温が低いのも、何十年振りかの珍しい出来事の様です。
しかも山間部によっては、雪が積もった所があったとの事。
今月は数週間前30℃近い真夏日を迎えた日もあり、夏から一気に冬に突入といった非常に不思議な一か月となりましたね。
極めつけは、明日の衆議院選挙と台風でしょうか?どちらもどの様になるのか、とても気になります。
今月は”盆と正月とクリスマス”が一気に来たかの様な忙しい一ヶ月でしたが、来月は穏やかな月になる事を祈りたいものですね。。

さてさて不思議な事と云えば身近な所でもありまして、当店ファサードの花壇に植えられているオリーブの木で起きました。


当店の花壇に植えられているオリーブです。植えて十数年経ち、とても立派に育っています。

上の写真は今朝の当店の花壇の様子です。
ガーデンルーム前の花壇内には、植えて十数年経つオリーブの木が立派に育っております。
オリーブは比較的土壌を選ばず、丈夫な常緑樹としてとても人気のある樹木ですが、実に関しては関東では中々成りにくいと云われております。
しかし、よ〜く目を凝らして見ますと・・・


なんと実がたわわに成っているのです!?驚きました!!

なんとオリーブの木に実がたわわに実っているのです!?
葉と実の色がほぼ同色で気付きにくかったのですが、掃除をしていた時に地面に見慣れない実が落ちていたので、まさかとオリーブに目を向けた際に気付きました(笑)
特別になにか手間を掛けている訳ではないのですが、様々な条件がそろっていっぱい実がなったのでしょうね。
寒々しい陽気の中、なんとも微笑ましい光景を見る事が出来ました。何か良い事が起きると良いのですが(笑)

さて、本日も前回のBlogの続きをお話しようと思います。


八王子市 S様邸ファサードリノベーション工事。いよいよ大工事の始まりです!

八王子市 S様邸ファサードリノベーション工事。
前回のBlogで、施工前の状況と完成イメージをご覧頂きましたが、今回よりいよいよ完工へ向けての施工の様子をご紹介して行こうと思います。
まず最初の工程は、解体箇所における植栽・庭石の撤去作業からです。
奥にあるユニック車(クレーン車)を使って作業を進めていきますが、初日からかなり危険を伴う仕事となります。
さて、撤去する前に植栽に対してある事を施しました。


長年この土地で育ってきた立派な松。残念ながらこれから抜かなくてはなりません。。
この松を含め今回撤去する植栽に対して、塩を盛り、御神酒を振り掛けて”お清めの儀式”を執り行いました。

残念ながら今回撤去しなくてはならない、松を始め数々の長年この地に根を降ろして育ってきた植栽。
作業開始前に、植栽に対しての鎮魂と作業の無事を祈願して、株元にお清めの塩を盛り、御神酒を振り掛けました。
立会って頂きました御主人様の御両親にとっては、感慨深い気持ちで一杯だったようです。
大切に何枚もカメラに納めているのが、とっても印象的でした。


早速作業開始です!まず撤去する植栽に対して枝をどんどんと落とし、抜き易い状態にします。

さて、いよいよ植栽撤去作業開始です!
まずは撤去する植栽の枝をどんどんと切り落とし、引き抜く際に作業がし易い様にして行きます。


玄関脇のツゲの木も、チェーンソウを用いてどんどんと枝を落として行きます。

こちらは玄関脇のツゲの木。
ツゲの木も、チェーンソウを用いてどんどんと枝を落として行きます。


そしていよいよユニック車を使って樹木を引き抜いていきます。

ある程度準備が整った所で、いよいよユニック車を使って樹木を引き抜いていきます。
ユニックを使う際は、電線等の障害物・周りの建造物等、そして何より作業する人員の安全を考慮しながら的確かつ慎重に作業を進めていきます。


特に作業を慎重に行わなくてはならない物が、この松の木です。

特に今回慎重に作業を行わなくてはならない物が、この松の木です。
長年この土地で育ってきたため、根の大きさ・深さもとても大きく、ユニックで強引に抜いても逆にユニック車が動いてしまうぐらいしっかりと根を張っておりました。
また、もう一つ気を付けなくてはならない事として、近くに各配管が通っており、場合によっては配管と根が絡んでいる可能性もあると云う事です。
それを無視して強引に抜き、その際に管を気づ付けてしまいますと大変な問題となってしまいます。。
職方さん達が慎重に掘り進めながら作業を進めて頂いたお陰で、この良く根付いた松の木もなんとか無事撤去する事が出来ました。


今回の撤去作業の中でもっとも大変な作業は、この”庭石”です。

さて、植栽の撤去作業がひと段落したのも束の間、次に待っているのは庭石の撤去作業です。
庭石は大抵の場合、表に出ている分だけでなく地面の中に埋まっている分の大きさも考えなくてはなりません。
また、重量も非常にあり物によっては一個当たり1トン以上の重さとなる物もあります。
そう云った重量物を吊りあげるのですから、慎重に作業を進めなくては大事故の元となってしまいます。
今回の作業の中で、最も大変な作業とも云えます。


いよいよ庭石を吊りあげます。こうして見ますと、どれだけ立派な石であるかがお分かり頂けると思います。

そしていよいよ庭石を吊りあげます。
こうして見て見ますと、どれだけ大きく立派な石であるかがお分かり頂けると思います。
ちなみにこの石でユニックに表示されている重量計をみますと、およそ1トン!
これだけの重量物を吊りあげるユニック、”文明の利器”の凄さを感じさせられます。


庭石は無事、トラックに載せる事が出来ました!この庭石をいったん造園職方に預け、設えが出来た所で改めて据え直します。

そしてなんとか庭石を無事トラックに積み込む事が出来ました。
庭石は一時造園職方さんに預かって貰い、ある程度の設えが出来上がった所で再度据え直します。


そして全ての作業が終え、この通り植栽等がなくなりサッパリとしました。

そして作業が終え、敷地内はサッパリとした状態になりました。
次の作業はリノベーション箇所の解体・掘削作業が始まります。
ここから更にどの様に変わっていくのか、とても興味深くなりますね!
それでは、この続きはまた次回のBlogにてご紹介しようと思いますので、宜しくお願いします。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

昨日は久しぶりに天候に恵まれ、太陽のありがたみをとても強く感じさせられましたね!
ご覧頂いている皆さまの中でも、多くの方がお洗濯等に勤しんだのではないでしょうか?
私たちも昨日は、長雨で滞っていた施工をどんどんと進める事が出来ましたが、そんなお天気も束の間、夕方あたりから急に気温が下がったかと思えば、夜からは雨が降り出してしまいました。。
今日は最高気温も12℃と、まるで師走の時期を思わせられる気温となってしまい、冷たい雨の一日となってしまいましたね。
天気予報によると、雨は週明けまで続く様ですが、極めつけは台風が近づいている事に尽きます。。
今週末は衆議院選挙の投票日ですが、台風と選挙、両方ともとても気になりますね。
一先ず今は、この寒暖の差で体調を崩さないように気を付けなければいけませんね。
皆さま、くれぐれも身体をご自愛くださいネ!
さて、私もこんな寒い時こそ身体を温めなくては!と云う事で、こんな物を食べて来ました(笑)


本日は八王子は子安町にあるうどん屋”ふたばや”さんへ!

本日は久しぶりに八王子は子安町、裏路地にある知る人ぞ知るうどん屋”ふたばや”さんへ行って参りました!
こちらのBlogでは、うどん屋さんというと”武蔵野うどん たまや”さんを良く取り上げておりますが、実はこちらのうどん屋さんも長年地元の人達に愛されている人気店なんです。
”ふたばや”さんは、”たまや”さんとは対極的にうどんを1玉〜4玉、そして温かいか冷たいつけ麺を選ぶと云った、王道を行ったシンプルな物となっております。
後はお好みで天ぷらやお揚げ・天かす・肉・山菜とトッピングを選ぶと云うスタイルを取っております。
今日私は、1.5玉の温かいうどんに天ぷら(かき揚げ)トッピングを選びました。
つゆは、かつお出汁をベースに作られた関東ではオーソドックスな色の濃い物。
うどんは御主人がその場で打っている打ち立ての物で、”たまや”さんと同様の太さが不均等な”田舎うどん”スタイル。
それに揚げたての天ぷらが乗った王道の天ぷらうどんです。
味は、かつおの風味が効いた少々甘めのつゆと、喉越し・コシともに申し分ないうどんと良くマッチングした、非常に美味しいおうどんです!
また、揚げたての天ぷらが徐々につゆが浸みこみ、うどんと相まってとてもまろやかな感じになります。
時折箸休めに小皿に乗った大根のぬか漬けを食べると、これがまた良く漬かっていて美味しいんです!
シンプルですが、王道のうどんが食べたいって時には、コチラはとってもおススメです。
駐車場もあり、テーブル席・お座敷席とあるので老若男女問わず入り易いお店です。もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね!(ただし、営業はお昼のみです。あしからず・・・)

さて、本日からまた新たな施工案件をご紹介しようと思います。


今回より御紹介致します案件は、八王子市 S様邸です。

今回から御紹介致します案件は、八王子市にお住いのS様邸です。
緑深い丘陵地の住宅街で、ブラウンとアイボリーの温かい色目の建物が目を引きました!


こちらは駐車場の様子。画像では大型のセダンとコンパクトカーが止まっておりますが、更にミニバンが一台あり、スペースが手狭となってしまっております。

こちらは駐車場の様子。
画像では大型のセダンとコンパクトカーが止まっておりますが、さらにミニバンが1台あり、現状では駐車がかなり困難となっております。
また、面している道路は4m幅と比較的狭く、更に坂道となっているため、駐車場のタイトさに拍車をかけている状態となっております。
ちなみにS様は2世帯でお住いで、コンパクトカーは御両親が普段の足として運転されているお車。
毎日の出し入れのしにくさがとてもネックだと仰っておりました。。


ちなみに門は、駐車場内にあります。鋳物の門扉とレンガ風の門袖がとてもお洒落な感じでした!

こちらは門周りの様子。
エントランスは駐車場横に設けてあり、鋳物の門扉とレンガ風の門袖がとっても建物とマッチしていて素敵な雰囲気になっております。
しかし、人と車の導線が駐車場に集約されてしまっており、さらに車3台の駐車を考えますと、現状では使い勝手に難が出てしまっているとの事でした。


門内は植栽スペースと玄関へのアプローチを機能的に分けた、良く考えられている物でした。

こちらは門の後側の様子です。
植栽スペースとアプローチスペースを上手く分けた機能的な配置で、門袖のレンガ風の素材を様々な所で使用し、全体的にまとまったデザインとなっておりました。
お客様にお聞きしましたら、建物を建てた際にハウスメーカーに一緒に提案して作って貰った外構で、アプローチ導線等は当時のトレンドに会った物を提案されたとの事。
なるほど、建物の雰囲気と良くマッチさせてあり、所々コンクリート造の塀等を用いたかなり堅牢な物となっているため、まさに当時のハウスメーカーが考えた外構と云う所が見ていて感じさせられました。


植栽や庭石も豊富にあり、特にこの立派な松と根元に据えてある大きな庭石に目が行きました。

また、敷地内には様々な植栽が植えてありまして、特に門近くにありますこの立派な松と大きな庭石が目に入って来ました。
お客様にお聞きしましたら、特に庭石は代々大切にしている庭石との事で、リニューアルする際に何とか活かしたいとの御要望を戴きました。


こちらは道路側からファサードを見た様子です。確かに全体的から見てこのスペースがかなり幅を取っているのが分かります。

再度、道路側からファサードを見た様子です。
こうして見ますと、確かにこのスペースが比較的多く幅を利かせてしまっているのが分かります。
さて、ここでお客様から戴きました具体的な御要望をまとめますと、
|鷦崗譴鬘蛎翳楽々止められる様にスペースを広げたい
駐車場全体を覆えるカーポートを設置したい
人の出入りのし易さも考慮した使い勝手を提案して欲しい
ち澗療に建物にマッチした落ち着いたお洒落な雰囲気のファサードをデザインして欲しい
と云った事が挙げられました。

さて、プランニングに当たり私プランナーが実際敷地を拝見して、様々なポイントを挙げて見ました。
|鷦崗譴魍班すると共にファサードを大胆にリセットし、導線計画も含めてリノベーションを計る
△修虜櫃法現状の物でお客様が活かしたいと思う物を上手くプランに盛り込む事を考慮
F垣計画等を大幅リニューアルする代わりに、デザインに関しては現状の特徴をしっかりと把握して、上手くアレンジする
づ變韻瓩魴〆錣垢觝檗現状の配管(ガス・水道・下水)の位置を必ず把握
と云った点を挙げました。
特にこの中で最も重要なのは、い稜朶匹琉銘屬任后
配管計画は、建物を建てる際に基準の敷地高を設定して、効率的に本管から建物内へ通せるように計画されております。
それ故、今回の様に敷地を掘削する際に配管が出て来てしまいますと、その管の移設を検討しなくてはなりません。
またその中には移設が不可能な物もあり、特に”水道メーター”と”下水管”は注意が必要です。


水道メーター・ガス管・下水管は、敷地内の端の植栽スペースに集約されておりました。

上の写真は、敷地内の植栽スペースの物です。
植栽スペースの比較的端の方に、水道メーター(青い四角い物)・ガス管(緑色の杭)・そして枯葉の中に下水の最終枡を確認する事が出来ました。
位置的に、拡幅予定箇所に掛からない所にあったため、一先ず安堵出来ました。
採寸の際に、位置関係をしっかりと把握し、その箇所は手を付けないようにしてプランニングする方針を取りました。
さて今回のプランニングは、”傾斜地””高低差””完成された外構””3台分の駐車場”と云った、どれをとっても非常に難しい要素を含んだ、難易度の高いプランニングとなりました。
これに更に加えて、部材のサイズ・御予算と云った要素も考慮しなくてはならないので、プランが決定するまで非常に難航しました。
しかし、お客様のプランニングに対しての思い入れもとても強い物で、お客様にはかなりの回数御来店頂きまして熱心にお打ち合わせをさせて戴きました。
そんなお客様の熱意、そして非常に難しい条件の中でのプランニングとなりますと、私の中のプロ意識が、プランニングに対しての創作意欲を思いっきり掻きたてて頂きました!
そして、ようやく決定したプランが次の物です。


駐車場を拡幅し、門の向き・位置を大幅に変更しました。

こちらが、数多く打ち合わせさせて戴いた結果、出来上がったプランのイメージです。
プランに当たりまして、まず駐車3台分を考える上で必要なスペースの確保・導線計画の再設計・そして配管等がある手を付けない箇所の3点を考慮し、それに合せて撤去箇所等を確定させました。
そしてスペースが確保できた所で、門の向きを道路側に向け、更に内側へセットバックさせる事で門前の懐を持たせることで、余裕のあるファサード空間と車両の出入りの際に生じる”内輪差”を考慮した物にしました。


3台分のカーポート選びは、サイズに対しての様々な制約があり難航を極めましたが、ジャストサイズの物をお選びする事が出来ました。

こちらは駐車場正面の様子です。
駐車場空間において頭を悩まされたのが、”3台分カーポート”の選択でした。
このクラスのカーポートとなりますと、ご用意しているサイズ等も限られて来まして、今回の駐車場全体を覆える物を探すのがとても難しかったでした。。(柱の位置・高さ・コスト等々)
そしてお客様と様々な物を検討した上で決まった物が、LIXILのカーポート「アーキデュオプレミアム」78-50型と云う物でした。
通常一台分のカーポートですと、”25-50型”(2.5m×5.0m)ですので、その横幅サイズの大きさが非常に大きな物である事がお分かり頂けると思います。
また、面する道路の左右に対する高低差、家の窓の位置、駐車場から庭への出入りの事を考慮し、最大の設定高となる”H28柱”(高さ2.8m)をお選びしました。
カラーは建物の色目の雰囲気から、”シャイングレー&木目カラー(クリエモカ)”と云う物をお選びしました。
さらに駐車場を囲む土留めやフェンスには、統一感を出させるためにモルタルによる左官補修を掛けた上で全体的に塗装を施し、既存の物と同様にレンガ調の部材にて笠木を設ける仕様としました。


こちらは門周りの様子です。既存の門周りのデザインを踏襲し、玄関横には代々大切にされている”庭石”をモニュメントとして配置しました。

こちらは門周りのイメージです。
先述の通り、思い切って門の位置・向き等を大胆に変更しましたが、既存の門周りのデザインを踏襲したレンガ風素材の門袖、鋳物門扉等を中心に私なりにアレンジ。
アプローチ材は、ブラウン系の外構には非常にマッチングする”エルドラドクォーツイエロー”と云う乱張り石を用いて華やかな雰囲気に仕立てました。
右側の配管が集中すている箇所はそのまま残し、土留めには他の塀と同様の化粧を施して統一感を出すようにしました。
そして今回最も拘った物が、代々大切にされている”庭石”をどう活かすかです。
今回、撤去箇所に関わる植栽の多くが移植を好まない樹種で、残念ながら立派な松も撤去せざる負えませんでした。
そこで、その根元に据えてある庭石を、S様邸の新たなる”シンボルストーン”となる様に門正面に植栽スペースを設けた上で配置。
庭石後ろには、私イチオシの落葉樹”クロモジ”を植えて、新たなるファサード空間を設えました。
また、御高齢となる御両親に配慮し、門周りはスロープ状にして段差を最小限とした上で、階段横には木調の手摺りを設置して出入りのし易さを考慮しました。

様々な要素を含んだ大規模なエクステリアリノベーションで、部材・施工等に対する費用もかなりの金額となりますが、お客様側も何度も家族会議を開いて御検討頂いた結果、私たちに施工を委ねると御成約戴く事が出来ました!
プランナーとして一つのお仕事やり遂げられた達成感はありましたが、同時にこれをどの様に具現化させるのか、まさにこの時から大工事に対しての戦いが始まりました。
では実際に、次回のBlogよりこの案件の施工の様子を順次御紹介して行こうと思います。
この施工の様子が、ご覧頂いているお客様の参考になれば幸いです!是非ご覧頂ければと思いますので、宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

先日から雨が降り続き、それと共に気温の低い日が続いていおりますが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
先週はまるで夏を思わせるかのようなとても暑い日が続いておりましたが、今日はその半分にも満たない気温で、さすがに身体に堪えて来ますね。。
私の周りでも、体調を崩されている人達が目立ち始めております。
皆さま、毎日の体調管理と着る物での温度調整に気を付けて、くれぐれも風邪等を引かないように気を付けて下さいね!
さて、そんな寒々しい雨模様の一日でしたが、今日のお昼はこんな物を食べて参りました(笑)


本日のお昼は、こちらのBlogでは良く紹介させて戴いております八王子は南町の”武蔵野うどん たまや”さんへ伺いました!

本日伺ったお店は、こちらのBlogではよく紹介させて戴いておりますお気に入りのうどん屋”武蔵野うどん たまや”さんです。
本日は、つい先日復活しました人気メニュー”カレーうどん”を注文しました!
寒くて身体が弱っている時に、このカレーうどんは本当に身体に染みわたる様で有難いんです。
カレーと出汁との相性により、非常にマイルドな味に仕上がっており、更に具材としてはいっている豚バラ肉が、より一層まろやかさに深みを与えてくれております。
そしてある程度食べた所で適宜に”辛みスパイス”を掛けて見ますと、程良い刺激が加わってまた良い感じになるんです!
このメニュー、本当にファンが多く、これをベースにチーズトッピングをしたり、玉子をトッピングしたりして楽しんでいる方も多いのです。
もしご興味がありましたら、是非食べに行って見て下さいね!とってもおススメです(笑)

さて、本日も前回のBlogにてご紹介しました施工の続きをお話しようと思います。


日野市 M様邸リガーデン工事。前回ご紹介した際は、人工芝ベースのコンクリート打ちの所まで御紹介致しました。

日野市 M様邸リガーデン工事。
前回のBlogでは、人工芝ベースのコンクリートが打たれた所まで御紹介致しましたが、いよいよ養生期間を経て人工芝張りを行って行きます。
養生期間中、何度か雨に降られた日もあったのですが、施工を再開した際には綺麗にコンクリートの硬化も進んでおりました。
また、このお庭でお客様にとって悩みの種となっていた水捌けも、計算通り綺麗に外側へ排出され、水の溜まらない空間になったとお客様も御満悦のご様子。
御提案した私たちもその言葉に安堵しました。
さて上の写真は、早速人工芝の一部を張った様子です。
こうしてコンクリート面と人工芝を張った様子を見比べますと、雰囲気の違いが一目瞭然ですね!
今の人工芝は、根元にわざと枯れた色の人工芝を織り込んでいるため、パッと見では本物に見間違うぐらいにとてもリアルです。


またお客様の御要望により、花壇スペースの土を入れ替えて欲しいとの事で、仕上がり面から約10cmの深さで土を鋤取りました。

またお客様より、花壇部分の土壌の入れ替えをして欲しいとの事から、コンクリート面より約10cm土壌を鋤取りました。
ちなみにこの広さで10cm程の土壌を鋤取りますと・・・


軽トラックの荷台に一杯になるぐらいの残土が発生します。空気を含みますと、かなりの量になるので毎度驚かされます。

上の写真の様に、軽トラックの荷台一杯になるぐらいの量の残土が発生します。
土壌は空気を含みますと、一般的には1.5倍から2倍ぐらいに体積が増えると云われておりますが、こうして改めて見ますと、かなりの量になる事がお分かり頂けると思います。
また、土の状態によって重量も変わるので、無理してトラックに土を乗せて走りますと”積載量オーバー”で、最悪トラックが壊れてしまう恐れがあり、注意が必要です。
(最も、車両の決められた積載量以上を積んで走りますと、”過積載”と云う事で道路交通法違反となってしまいます。。)
発生残土処理に対する費用が掛かる理由、お分かり頂ければ幸いです。


そして残りの箇所も張られ、人工芝施工完了です!

そして残りの建物側の箇所もこの様に張られ、人工芝施工が完了しました。
上の写真は花壇側から見た様子ですが、花壇の縁をご覧頂きますと、土壌・コンクリートベース・人工芝の関係が良く分かると思います。
ちなみにコンクリートに対して人工芝を張る際は、人工芝メーカーで用意されている専用の特殊接着剤を塗布して施工して行きます。
一度接着されますと、コンクリート面に対してかなり強力に張り着くので、ズレ等の心配はほとんどありません。


そして人工芝施工の翌日、造園職方による花壇への客土搬入と植栽工程に入りました。

そして人工芝施工が完了した翌日、最後の工程となる花壇部への客土搬入と植栽作業を行いました。


お客様立会いの下、植栽の位置関係等を確認し、作業を進めていきます。

上の写真は、花壇部での植栽の位置を確認している様子です。
お客様にお立会い頂き、樹木の位置関係や角度等をアドバイスしながら決めて頂きました。
ちなみに今回お選びした樹は、常緑樹のシンボルツリーとしては非常に人気の高い”ソヨゴ”の株立ち物です。
樹形もさることながら、病害虫に強く成長も比較的ゆっくりなので、とてもオススメし易い樹木です。


そして仕上がった姿が、コチラです。最初の状況からは想像もつかないぐらい見違えった空間となりました!

そして花壇部に植栽・客土が入りまして、ようやく無事完工となりました!
花壇部に黒土が入り、そこへ立派な樹木が入りますと、非常に見栄えのする素敵なお庭に見違えりました。


樹木にはしっかりと支柱を施し、強風等に煽られてもしっかりと根付く様にします。
水栓にはレンガ調のパン(受け皿)を設置。

植栽にはしっかりと支柱を施し、強風等に煽られても根付けるようにしてあります。
また、立水栓にもレンガ調のパン(受け皿)を設置し、雰囲気にマッチさせたお洒落な立水栓に生まれ変わりました。


木目調のテラス屋根と人工芝の組合せもとても良い感じです!
排水の肝となる機能門柱後の雨水桝。

一番最初に設置させて戴きました木目調のテラス屋根も、人工芝のグリーンの空間と良くマッチし、とても良い雰囲気です。
そして今回の施工においての一番の肝と云えるのが、右の写真の機能門柱後に設置した”雨水桝”。
施工中にも何度か雨に見舞われる事がありましたが、この雨水桝を設置した事で、うまく雨水を処理する事が出来ました!
今回設置させて戴いた物がそれぞれしっかりと機能しており、プランナーとしても嬉しいかぎりです。


こちらが施工前の様子。

最後にいつもの様に総括として、施工前・CADのイメージ図・完工後の写真をご紹介して締めくくろうと思います。
まず上の写真は施工前の様子です。


そしてこちらがCADでお造りしたイメージ図です。

そしてこちらがCADでお造りしたイメージ図です。


そしてこちらが完工した写真です。

そしてこちらが、完工した写真です。
今回もまさに、イメージ図の”120%”の仕上がりにする事が出来ました!
長年お悩みになっていたお庭空間が、便利な空間となれば何よりです。
M様、本当にありがとうございました!

と云う事で、人工芝を使ったリガーデン工事を二つの施工方法(砕石ベースとコンクリートベース)の実例にてご紹介させて戴きました。
それぞれの施工方法には一長一短がありますが、熟知した上で施しますと、お客様の御要望に沿った使い勝手の良い素敵な空間を手に入れる事が出来ます。
昨今では”共働き世代の増加”や”超高齢社会”と云った社会の変化から、お庭空間に求められる物も”手間の掛からない空間”と云うニーズが非常に増えて来ました。
そう云った中で、この”人工芝”を組み入れたお庭空間は、そう云ったニーズに対して非常に有効な物であると思います。
もしご興味をお持ち頂きましたら、是非こちらの”お問い合わせフォーム”よりお気軽に御相談下さい。宜しくお願い致します!

さて次回のBlogでは、私にとって今年度中で非常に印象の強いリノベーション案件をご紹介しようと思います。
様々な要素を含んだ案件で、遣り甲斐もあり且つ非常に難しい案件でもありました。
是非次回も宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は朝から昨日の予報通り、一日冷たい雨に見舞われましたね。。
昨日は30℃近くまであがり、エアコンを掛けないと暑いぐらいの陽気でしたが、今日は一変して15℃ぐらいしか上がらず、上着やうっかりすると暖房が欲しくなる様な寒い一日でした。
ここまで一日にして寒暖の差が激しいと、身体の方もなんとなく気だるくなる様な感じになりますね。。
ある所での情報では、こう云った日は自律神経と云う物が乱れてしまい、体調を崩し易くするとの事です。
そんな日は、家に帰ったらゆっくりとお風呂に浸かって身体を温めるのが効果的との事です。
自律神経が整うと、睡眠にも好影響が出るとの事なので、是非試したいものですね!
さて、こんな寒い日は温かい美味しい物も食べたくなりますネ。
と云う事で、今日はこんな物を食べに行って参りました(笑)


本日は、八王子は下柚木にあるラーメン屋”たまぞう”さんにて、「味噌ラーメン」を選んで見ました!

本日は八王子は下柚木にあるラーメン屋”たまぞう”さんへ行って来ました!
こちらのお店はここの所とっても勢いづいてきているお店の様で、実は八王子駅の近くにも支店を出されたとの話を聞きました。
さて、今日の様な寒い日は身体が温まる一杯が欲しい物。
と云う事で、こちらのお店で私のお気に入りの一杯である”味噌ラーメン”を選びました。
たっぷりのシャキシャキっとしたモヤシとチャーシュー、ホウレンソウ、ネギ、メンマと云った”味噌ラーメン”の王道と云った内容の物ですが、とにかく”まろやか”の一言に尽きます。
具材・スープ・麺と全体的にバランスも良く、口の中にすすっと入っていく感じの美味しさです。
今日みたいな身体に堪える陽気の時には、こう云ったまろやかな味のラーメンは本当に有難いです!
店内は元コンビニだった店舗を改装して作られているだけに、広々として家族連れでも寄り易いお店です。
ちなみに今月で開店して2周年を迎えたとの事。これからも美味しいラーメン作りに励んで貰いたいものですね。
もしご興味がありましたら、是非行って見て下さいね!

さて本日も、前回のBlogでご紹介した施工現場の続きをお話しようと思います。


日野市 M様邸リガーデン工事。前回ご紹介した際は、コンクリートを打つ前の様子をご紹介しました!

日野市 M様邸リガーデン工事。
前回は人工芝のベース材となるコンクリート打ちの準備段階をご紹介致しました。
いよいよこの日は、コンクリートを流し込んで行く作業を行います。


砕石を押し固めたベースの上に、コンクリートの強度を上げる上で重要な”メッシュ筋”を張り、コンクリートを流し込んで行きます。

前回のBlogでご紹介した砕石を押し固めたベースの上に、網の目状の鉄筋(メッシュ筋)を敷き詰め、コンクリートを流し込んで行きます。
今回は車両等の重量物が乗らない事を想定してのコンクリ厚で施工を進めていきますが、それでも強度と云う面においては私たちは妥協を許しません。
今回の場合は人工芝を敷設するためのコンクリートのため、基本的に隠れてしまう部分ではありますが、しっかりとメッシュ筋を全体に施した上でコンクリートの中間に来るように浮かせます。
そうする事で、コンクリートの強度をより高める事ができ、長年の間でも陥没等が起きないような耐久性を持たせるのです。


今回はコンクリートの量もそこまで多くは必要としない為、その場で生コンを練ってどんどんと流し込んで行きます。
もう一方では、流し込んだコンクリートをコテでどんどんと均して行き、前回設けた仕上げ高の線に合せて整えていきます。

今回は、駐車場でのコンクリート舗装の様に多くのコンクリート必要としない為、現場にて砂・砂利・セメント・水を加えてコンクリートを作って流し込み、それをもう片方の職方さんがコテで均して形を作って行きます。
コンクリートを均す際は、前回水糸で設けた仕上げ高に合せてコンクリートを均して行きます。
まさに職方さん2人の息が合わないと中々上手く行かない大変な作業です。


この日は午後からにわか雨の予報が出ていたため、ある程度硬化した所でブルーシートを全体的に掛けて養生しました。

この日は午後からにわか雨の予報が出ていたため急ピッチで作業を進め、お昼ぐらいには全体的にコンクリートを打ち終える事が出来ました。
少々時間を置いて表面がある程度硬化した所で、雨に備えて舗装面全体にブルーシートを敷いて養生を施しました。
まさに時間との勝負といった所です。
養生がし終えて数分経つと、タイミング良く雨が降り始めたため、まさに間一髪と云った感じでした。。
ただし今回の場合、コンクリートの表面を見せる訳では無くあくまで人工芝のベースとするための物であるため、多少の雨による表面上の荒れは問題にはならないのですが、それでも天候が気になるのは職業的な性なのでしょうね。
(ちなみにコンクリートが硬化しない内に雨が降られてしまいますと、表面のモルタルが洗い流れ、表面に砂や砂利が現れる”洗い出し”状態になってしまいます。)
さて、これでしばらく日にちを置いて乾かした後に、いよいよ仕上げの工程に入って行きます。
次回のBlogでは、完工した姿をご紹介できると思いますので、是非宜しくお願いします!


≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | ... | 31 | 32 | 33 || 次のページへ≫

ホーム » マネージャーのブログ

ブログカレンダー

<   2017-11   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
タグリスト
  • ファサード
  • クローズド外構
  • セミクローズド外構
  • エバーアートボード
  • 目隠しフェンス
  • 人工芝
  • インターロッキング
  • 完工まとめ
  • プラスG
  • 特殊な工事
  • 入隅空間の有効活用
  • ウッドデッキ
  • 樹ら楽ステージ木彫
  • 和モダン
  • プランニング
  • ホームページのバージョンアップ
  • リードデッキ
  • 樹ら楽ステージ
  • 屋外コンセント
  • 美彩シンプルラインライト
  • ウッドデッキの点検口
  • 小さなお子さまの安全対策
  • 古いブロック塀の改修
  • サニーブリーズフェンス
  • レストステージ
  • 乱張石貼り工事
  • アースカラー
  • マイリッシュOK
  • UNISUSポスト
  • テラス屋根の修繕工事
  • レイスクリーン
  • レンガ調タイル
  • オリジナル門袖
  • 美彩グランドライト
  • デザイナーズパーツ
  • エアコン室外機移設
  • フロアビーズ
  • アプローチの舗装
  • フラットパン
  • デッキ上の手摺
  • アーキレール
  • ガーデンシンク
  • 立水栓
  • カーポート
  • フーゴ900
  • サイクルポート
  • フーゴミニ
  • 駐車場造成
  • ナノコンポジットW
  • 外壁塗装
  • トランス
  • エクステリアの照明
  • 美彩グラスウォールライト角型
  • ベランダ手摺モダンパネル
  • 鋤取り砕石填圧
  • ブロック積
  • ローシェン
  • ソルディーポート
  • エクステリアコンテスト
  • 植栽工事
  • 無金利リフォームローンキャンペーン
  • クリエカラー
  • 物置設置
  • NEXTA
  • イナバ物置
  • スピーネ
  • テラス屋根
  • サイドパネル
  • テグランネオ
  • アーキフラン
  • 庭王門
  • ハイグリッド門扉
  • 既存塀フェンス設置
  • コア抜き工法
  • 前後勾配カーポート
  • ケミカルアンカー工法
  • 人工芝(砕石ベース)
  • 人工芝(コンクリベース)
  • イゲタヤE&R

    エクステリアオフィス
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ南平店内)
    〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

    八王子サテライト
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ八日町店内)
    〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

    TEL:042-591-8497
    メールお問合せはこちら

    施工エリア
    東京都の以下地域となります。
    日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
    RapidSSL_SEAL-90x50
    本サイトでのお客様の個人情報はRapidSSLにより
    保護しております。