このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ
イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

梅雨明け宣言が出され、いよいよ夏本番と云った感じですが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
学校関係もいよいよ夏休みになり、これからしばらくの間お子様と御一緒に過ごす時間も多くなるのでしょうね。
私も学生だった頃、夏休みと云うと様々な思い出があります!
友人の家に遊びに行ったり、近くの川やプールへ自転車を漕いで行ったり、お祭り、花火大会、旅行etc・・・、と色々と楽しい思い出がよみがえって来ます。
同時に、大量の宿題、塾の夏期講習、部活、合宿などなど、それなりに大変だった記憶も色々と思いだされます(苦笑)
そんな色んな思い出が詰まった夏休み、今思えばそんな夏休みを当たり前に過ごさせてくれていた両親には本当に感謝です。
ここの所、リガーデンの御相談を戴く事がとても多くありますが、プランニングの際、そのプランの元になっているのは、当時の夏休みの記憶です。
これからプランニングさせて戴くお客様宅で、その空間を通して御家族皆さんで楽しい思い出を作って頂ければと願うばかりです!

さて、夏休みと云えばやはり”暑さ”との戦いではありますが、一方で”冷房”の効いた室内との寒暖の差で体調を崩されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、こんな物を食べて見ては如何でしょう?


本日伺ったお店は、日野バイパス沿いにあります”マラマラ”さんです。爽やかな汗をかける食べ物を求めに、つい行ってしまいます(笑)

本日伺ったお店は、日野バイパス沿いにあります中華料理屋”マラマラ”さんです。
前回は”レタスチャーハン”をご紹介しましたが、今回は辛い料理の代表”マーボー豆腐”にライスを注文して見ました。
マーボー豆腐には”辛い”というものと”辛さ控目”と選べるのですが、チキンな私は迷わず”辛さ控目”をチョイス(笑)
ボリュームは正直そこまで多くなないのですが、味に関してはとっても美味しいマーボー豆腐でした!
熱々のマーボーからは、ゴマ油等のとても香ばしい香りが漂って食欲をくすぐられるのですが、味は様々な旨味が凝縮されたもので、思わずご飯がとっても進む味です。
しかし、油断していましたら後からしっかりと辛さが追い付いて来て、しっかりと良い汗をかけました(笑)
でも、舌の感覚がマヒする様な辛さではないので、どんどんとご飯が進み、あっという間に完食してしまいました!
久しぶりに美味しいマーボー豆腐を食べたって感じでしたが、こうなりますと”辛い”方のマーボー豆腐がどの様な物なのかチョット気になってしまいます(笑)
夏の暑い時期に、刺激的な美味しい物を求めるならオススメのお店ですよ!宜しかったら立ち寄って見て下さいネ。

それでは本日も、前回のBlogの続きを書こうと思います。


日野市O様邸新築外構工事 施工十三日目。この日はとっても良い天気の中の施工でした!

日野市O様邸 施工十三日目。
先日、駐車場等にコンクリート舗装を行いましたが、打設後に突然の雨!?
正直参りました。。
そしてこの日は前回の天候が嘘の様な快晴に恵まれました。
さてさて、大急ぎで養生したコンクリート舗装部分は、無事だったのでしょうか?


無事、コンクリートの表面は固まりました!ホッとしました。

この通り、無事に硬化しておりました。
コンクリート工事は一発勝負の所がありますので、この状態を見れてホッとしました。
さてさて、この日に行った工事は、玄関奥に設置するウッドデッキ工事です。


敷地の広さ、サッシとの高さに合せて束柱・大引きを設置して行きます。

まずはウッドデッキにとっての最も大切な箇所となります”束柱”と”大引き”の設置からです。
設置する箇所の広さより、束柱・大引きの設置するピッチを割り出し、束柱設置箇所にコンクリート平板を設置して行きます。
同時に、設置するデッキの床高を割り出して束柱部材を加工し、平板と共に設置し水平がしっかりと出ているか確認して行きます。
この作業を疎かにしてしまいますと、ガタツキ・デッキ全体の歪み等の原因となってしまうため、非常に重要な工程と云えます。
ちなみに今回設置する部材は、当店ではとても良く使いますLIXIL”樹ら楽ステージ”と云う人工木デッキです。
なので、束柱・大引きの素材はアルミ材となり、ノーメンテナンス性と耐久性を兼ね備えております。


束柱・大引きを設置しましたら、次にデッキ材を設置して行きます。

束柱・大引きが設置し終えたら、次に行う作業はデッキ材の設置です。
所々基準となる位置に予めデッキ材を止め、後は奥から順々に設置して行きます。


デッキ材は、大引きに止め部材をビス止めした上で、デッキ材下部のひだを嵌めて行きます。

なんどかこちらのBlogでもデッキの構造をお話した事がありますが、人工木デッキの大半は、デッキ材に直接ビスを打ち込むのではなく、大引きに設置した特殊な止め具に、デッキ下のひだを嵌め込んで止めていく方法となっております。
こうする事で、デッキ表面にビスが出てこないスッキリとしたフォルムとなるだけではなく、人工木特有の温度変化による伸縮する力を逃がして、施工不良が起きない様にする役目も果たしております。


そして午後には、この通りメイン箇所のデッキが出来上がりました。
そして午後には、この通りメインとなる箇所のデッキが出来上がりました。
全体的にスッキリとした、清々しい納まりです。
また、建物及びお隣さんとの塀の隙間には、デッキ上にL型のアルミ部材を設置して埋めるようにしました。
先程もお話しましたが、人工木デッキは必ず温度変化による伸縮が生じるため建物等に隙間を設けて、伸縮しても大丈夫なように仕上げます。
しかし、その隙間から誤ってものを落としてしまう恐れがあるため、アルミ材で隙間を上から塞ぎました。
こう云った気配りも、現場での様々な経験の賜物です。

さて、お庭のウッドデッキも出来上がり、いよいよ施工も大詰めとなって参りました!
次回の施工では、更にどの様な変化が待っているのでしょうか?
是非次回のBlogも御期待頂ければと思いますので、宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

昨日にて、気象庁より”梅雨明け宣言”が発表されました。
いよいよ”夏”到来!!ではありますが、なんだか今年の梅雨は比較的雨の少ない”カラ梅雨”傾向のためか、今更感が否めない感じですね。。
それにしても、ここの所連続する35℃以上の猛暑日、そして先日所々で降りました非常に激しい雷雨や大粒の雹となんとも慌ただしい陽気が続きましたね。
私も実は雷雨が降ってた時に、山梨県は上野原にあるゴルフ場にいたのですが、突然の激しい雨や大粒の雹、そして暴風と共に辺りに響き渡る落雷の際の轟音と、ラウンドしていて初めて命の危険を強く感じさせられました。
自然の猛威の前では、人間はなんて無力なのだろうと思い知らされた様に思います。
高温による熱中症も怖いですし、洪水や突風・落雷と、本当に危険がいっぱいです。
皆さま、くれぐれも無理をなさらず”命”を守る行動をとりましょう。

さて、今日もこんな暑さに負けない様にしっかりと美味しい物を求めにこんな物を食べに行って来ました!


本日伺ったお店は、石川工業団地のボウリング場の並びにあるお蕎麦屋”田吾作”さんです。

本日伺ったお店は、石川工業団地にあるボウリング場の並びのお蕎麦屋”田吾作”さんです。
場所的には、良くこちらのBlogでもご紹介した事のある定食屋”ひこち”さんの逆側にあるお店で、こちらも連日タクシードライバーさんや近隣の工場の方々で賑わっているお店です。
外見はひなびた感じのお店なのですが、中に入ると非常に小奇麗にされているとっても入り易いお店なのです。
今日注文したメニューは、”天ぷらそば”と”おにぎり”です。
実はこう云った感じのお蕎麦が食べられるお店って、駅ナカの立ち食い蕎麦屋ぐらいしかなく、車でひょいっと立ち寄って食べれるお店ってあんまりないのですよね。
そう云った意味では、非常に貴重なお店だと思います。
注文して数分も経たないうちにおにぎりが届き、続いて手際良くお蕎麦が出てくると云った感じで、ほとんど待ちません。
味に関しては、手作り感たっぷりのおにぎりと、かつお出汁がとっても効いたオーソドックスの天ぷらそばで、まさに”基本に忠実”な飽きない味です。
これで500円一枚で足りると云ったリーズナブルさ!これは、プロのドライバーさん達が寄って食べていく理由が分かります。
懐にもお腹にも優しい、私にとって隠れたお気に入りのお店なんです。
身体が疲れていて、お腹に優しいものが食べたい時には、是非お勧めのお店ですよ!

さて、本日も前回のBlogの続きをお話しようと思います。


日野市O様邸新築外構工事 施工十二日目。今回はどの様な施工をしたのでしょう?

日野市O様邸 施工十二日目。
段々と様々な物が設置され、着々と完成に向けて順調に施工が進んでおります。
さて、今回はどの様な施工をしたのでしょう?


この日は、駐車場に対しての土間コンクリート打設工事を行いました。

この日は、駐車場に対しての”土間コンクリート打設工事”を行いました。
事前に建物や各設備にビニールシートにて養生をした上で、コンクリートミキサー車をチャーターして生コンクリートを流し込みました。
毎度コンクリート工事をご紹介する度にお話しておりますが、コンクリート工事はまさに”一発勝負”!
チョットした事が大きな失敗に繋がってしまうため、油断は禁物です。


玄関前にもしっかりとコンクリート舗装が施されました。

また玄関前にもこの通り、コンクリート舗装が施されました。
コンクリートが入りますと、一気に雰囲気が変わります。
上の画像はコンクリートを流し込んだ直後の様子。これからしばらく時間を置きながら更にコテで撫でて徐々に仕上げていきます。


同時に勝手口の追加ステップにもモルタルにて左官を施します。

そして同時進行にて、既設の勝手口のタタキに追加したステップへも、モルタルにて左官を施します。
端々に付いているプラスチックの部材は、左官を行う際に仕上がり高の基準となるゲージ(定規)です。
既設のコンクリートタタキの角の部分にもプラスチックの様な物が見えると思いますが、それが定規のてっぺんの部分です。
さて、このまま天候が安定した状態であれば良かったのですが、お昼過ぎから段々と雲行きが怪しくなって来てしまいました。。


そしてお昼過ぎになった頃に、なんと雲行きが怪しくなって来てしまいました。。大事をとってコンクリート上にブルーシート等で即席テントを張りました。

そこで大事をとって、大急ぎで木端とブルーシートにて即席のテントを作り、雨に備えました。


そうこうしている内に案の定、雨が降り出して来てしまいました。。

上の画像の様に、コンクリート舗装した上をしっかりとビニールで養生しました。
そしてし終えたのと同時に、なんと雨が降り出して来てしまいました。。
なんとか雨が降る前に養生し終えて良かったのですが、このまま雨が酷くならない事を祈りたい所です。
さて、どの様になる事やら。。

この日の施工はこの状態で終了です。
次回のBlogにて、コンクリート舗装がどの様になっているのかご紹介できると思います。
綺麗な状態に仕上げれば良いのですが・・・。
それでは、また次回のBlogを是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日も午前中に早々と30℃を超える非常に暑い一日となりましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
連日この様な酷暑に見舞われ、”夏本番”と云っても良い様な陽気なのですが、実はまだ気象庁より梅雨明け宣言は出されていないのですよね。
それにまだ7月も半ばが過ぎようとしている時期でこの暑さ、来月の今頃はどの様になっているのか少々心配になって来ますね。。
皆さま、くれぐれも熱中症対策は万全にお願いします。

さて今日もこんな暑い中、スタミナを付けるためにこの様な物を食べて参りました!


本日伺ったお店は、日野バイパス沿いにあります”マラマラ”さんへ。辛い料理しかないイメージでしたが、こんな物もあるのです!

本日伺ったお店は、日野バイパス沿いにあります中華料理屋”マラマラ”さんです。
こちらのBlogでこのお店をご紹介する時は、大抵看板メニューである”マーラー麺”と云う辛いラーメンをご紹介する事が多いのですが、メニューを良く見て見ますと、実は辛くない料理も色々あります。
その中から本日注文したメニューは、”レタスチャーハン”です。
チャーハンを提供してくれるお店って最近は本当に少なく、身近な所でファミリーレストランの”バー○ヤ○”ぐらいしか思いつかないですが、こちらのお店のチャーハンは中々の物でした。
ビックリしたのはそのボリュームで、大抵チャーハンを注文すると中途半端な量で「もう一品」と頼みたくなってしまうのですが、こちらのお店のチャーハンはそれだけで十分すぎるぐらいの量でした。
味に関しても程良い塩加減と旨味があって、とっても美味しい物でした。また付け合わせの”たまごスープ”も中々良い味で、とっても満足のいくメニューでした!
「辛いメニューしかないのでは」と云う先入観でお店に入ったのですが、看板等の人に与える印象の大きさを改めて考えさせられました。
その他にも様々なメニューがあり、中々良いお店だと思います。
もしご興味がありましたら、是非立ち寄って見て下さいね!

さて、本日も前回のBlogの続きをお話しようと思います。


日野市O様邸新築外構工事 施工十一日目。この日も張り切って施工を行いました!

日野市O様邸 施工十一日目。
今回のBlogは、前回のBlogでお話しきれなかった施工十一日目の施工の事をご紹介致します。
今回ご紹介します施工は・・・


手摺りの設置工事の様子です。ここ最近のご相談内容にて、とても御依頼を戴く事が多くなって来ました。

玄関前の手摺り設置工事です。
実はここの所、手摺りの設置に対する御相談案件が増えて来ております。
その御用途としては、”お子様の転落防止”と云う事と同時に”御高齢の御両親に対する安全面の配慮”と云う事が挙げられます。
さて、手摺りの設置方法としては大きく分けて2つ挙げられます。
一つは”埋め込み工法”です。これは従来からある一般的な設置方法で、柱の設置箇所周りに基礎穴を掘り、コンクリートを流し込んだ上で固定して行く方法です。
特殊な部材等は必要ないので、材料費に関わるコストは低く抑えられます。
しかし、既にタイルやインターロッキング等で舗装されている箇所に埋め込み工法を選びますと、当然柱周りの舗装は無くなってしまい、仕上がった際には大きなコンクリート面が現れてしまいます。
また、元の仕上がりにと云う事でタイル等化粧材を施そうとすれば、それに対するコストが高く着いてしまい、”高価な手摺り”となりかねません。。
そこでもう一つの工法として考えられたのが、”ケミカルアンカー工法”です。
今回の案件の様に、既に綺麗にタイルが貼られている所に、大きな基礎穴を開けて手摺りの柱を設置となると非常に見栄えが悪くなってしまいます。


”アンカー仕様”は、柱下に鋼鉄の丸棒が付けられております。

”ケミカルアンカー工法”ですと、柱に対して必要となる穴は、上の画像の様に、柱下に付けられている鋼鉄の丸棒が入る大きさの穴さえ空けてあればOK!
穴は、”振動ドリル”と云う特殊なドリルを用いて、タイルが割れない様に細心の注意を払って空けて行きます。


こちらが”ケミカルアンカー”と呼ばれる特殊な接着剤です。

次に”ケミカルアンカー”と呼ばれる特殊な接着剤を用意します。
”ケミカルアンカー”は、ここ最近ではビル建築等で庇等を壁に設置する際に良く用いられている物で、鋼鉄製のアンカーとコンクリートが化学反応によって非常に強固に固定されます。
まず始めに、A液の容器の中にB液を入れます。


蓋をして良く混ぜます。

そして入れ終えましたら、蓋をして良く振って混ぜ合わせます。
そうしますと、一気に容器内の液が熱を持つ事が分かります。


そして混ぜ合わせた液を、先程開けておいた穴に埋めていきます。

そして、先程開けておいた穴に液を適量を充填して行きます。


各穴に充填し終えたら、再度水平器をあてて確認して微調整します。

最後に水平器をあてて柱の納まりを確認して微調整を行います。
位置が決まれば、養生テープ等で仮固定して施工完了です。
ちなみに、”ケミカルアンカー”は混ぜてから30分前後で完全硬化するため、事前の準備をしっかりして手際良く作業を行わなければなりません。
硬化してしまいますと周りのコンクリートを壊さないと外れないぐらいに強固に固定されてしまうため、まさにやり直しが許されない”一発勝負”の工法なのです。
また、部材等も少々特殊な為、通常の埋め込み仕様の部材に比べますと高価なものとなります。
一見すると非常に簡単そうで利にかなっている工法に思えますが、使い方を誤ってしまいますとたちまち高コストとなってしまう部材のため、適材適所で選ぶと良い部材です。
今回の様な既に綺麗にタイルが貼られている所への手摺り設置の場合には、その後の仕上がりやタイル補修等の費用を考えれば非常に適した工法と云えます。
もし手摺り設置工事を御検討でしたら、是非この”ケミカルアンカー工法”を覚えて置かれると良いと思います。

如何でしたでしょうか?
前回と2回に分けて、施工十一日目の様子をご紹介させて頂きました。
少しでも、御検討されているお客様の参考になれば幸いです!
さて、次回はどの様な工事を行うのでしょうか?
是非次回のBlogも御期待頂ければと思いますので、宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日も非常に暑い一日でしたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
今日の様な日は、屋外で作業を行っていると汗が滝の様に出て来ますね。
服がびっしょりとなるのを見ていると、初めて人間の身体の多くが水分で構成されているのだと気付かされます(笑)
また今日は、朝から職方さんと敷地内へ重い部材を搬入するのを手伝ったため、その汗の量も半端ではありませんでした。
その代わり、ひと段落着いた所でお客様から頂いた麦茶の味は、本当に格別でした!
しかし、暑さによる身体への負担は相当なものであると改めて感じさせられます。
是非皆さま、これからの時期はくれぐれも無理せず、こまめな水分・塩分補給と適切なエアコンの使用をして熱中症に掛からない様にしましょう!
熱中症は、気が緩んだ時に一気に忍び寄って来ます。その場は大丈夫でも、必ず小まめに水分補給等行いましょう。

さて、そんな非常に暑い今日でしたが、暑さに負けない様にこんな物を食べに行って参りました(笑)


本日伺ったお店は、八王子の”道の駅”の向かいにあります中華料理屋”南京亭”さんです。

本日伺ったお店は、八王子の”道の駅”の向かいにあります中華料理屋”南京亭”さんへ行って来ました。
24時間、気軽に中華料理をお手軽価格で食べれると云う事で、老若男女問わず沢山の人で賑わっております。
そんな”南京亭”さんで私が密かに嵌まっているメニューが、この”スタミナラーメン”なんです。
醤油豚骨スープのラーメンの上に沢山の野菜とモツの炒め物がどっさりのり、背油・ラー油・にんにく・タカノツメが掛かっているまさに”ガッツリ系”のラーメンです(笑)
食べて見ますと、非常にコクのあるスープに程良いピリ辛感が良い感じのモツや野菜がとっても良く合い、今日の様な暑い日には打ってつけのメニューです。
もし臓物系のもつ独特のクセが苦手でなければ、オススメの一杯です。
もしご興味を持たれましたら、是非食べに行って見て下さいね!

さて、本日も前回のBlogの続きをお話しようと思います。


日野市O様邸新築外構工事 施工十一日目。この日も張り切って施工を行いました!

日野市O様邸 施工十一日目。
前回のBlogでは、隣地沿いのブロックにフェンスの柱を立てた所まで進みました。
さて今回は、何処まで仕上がっていくのでしょうか?


乱張り石の目地に、モルタルが入りました!

まず最初に行ったのは、乱張り石の目地作りです。
既に貼られた石と石との間にモルタルを入れて行く事で、乱張り舗装の味とも云える目地がくっきりと浮かび上がって来ます。
綿密に乱張り石を配置した上でモルタルを入れたので、非常にバランスの良いナチュラルな雰囲気に仕上がりました。


そしてフェンス柱には、本体パネルが組付けられました。

更に先日設置されたフェンス柱には本体パネルが組付けられ、フェンスが完成しました。


そして今回のメインとなる施工は、立水栓と玄関前手摺りの設置工事です。

そして今回メインとなる施工は、ファサードの立水栓と玄関前の手摺り設置工事となります。
それぞれの職方が、腕を奮います!


まずは水栓工事から。仮設の立水栓を撤去し、そこで使われていた配管を利用して設置します。

まずは立水栓の設置工事からご紹介致します。
仮に設置されていた立水栓を撤去し、そこで使われていた各配管(給水管・排水管)を露出させます。


そして、新しい水栓柱と給水管を部材を介して接続します。

そして、新しく設置する立水栓と給水管を部材を介して接続します。


水栓柱が設置されると、次に排水管を加工して新たに設置するパンへ接続します。

水栓柱が設置されると、次に行うのはパン(受け皿)の設置です。
基礎部に記されている仕上げ高の基準線を元に、排水管を加工して丁度良い位置に設置します。


そしてこの様に、綺麗に立水栓が設置されました!

そして上の写真の様に、パンを配置し、コンクリートで固定して完了です。
今回はスペース効率を犠牲にしない”フラットパン”をお選びしました。
表面にビニールシートで養生し、いつでも周りにコンクリートを流し込めるように準備しておきます。


同時進行で、玄関前に手摺りを設置して行きました。

更に同時進行で、玄関前への手摺り設置工事も行いました。
今回は既にタイルが貼られている箇所への手摺り設置のため、少々特殊な方法にて設置を行いました。
この設置方法は、ここの所ご相談頂いている案件にてとても良くご提案させて戴いている方法なのですが、これに関しては、改めまして次回のBlogにてしっかりとご説明させて頂ければと思います。
それでは、次回のBlogも是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は35℃を超えるまさに”酷暑”の一日でしたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
ここの所、30℃を超える晴天が続いており、もう既に梅雨が明けたかのような陽気ですね。
こうも晴天が続くと心配になって来るのが、”水不足”ですね。。
実際に利根川水系の水道に関しては、いよいよ取水制限を実施し始めていると聞いております。
我々多摩地区とは違う水系ではありますが、いずれにしても今から”節水”を心掛けておく必要があるかも知れませんね。
その一方で、九州の方では数十年に一度の記録的豪雨に見舞われてしまい、連日テレビでその惨状を目の当たりする度に心を傷めてしまいます。
その大雨が、うまく全国各地へ平均的に降れば良いのにと思うのですが、なんとも遣る瀬無い気持ちにさせられますね。
これも俗に云う”地球温暖化”による影響なのでしょうか?今後がとても心配になりますね。。

さて、そんな厳しい陽気の中、本日も美味しいランチを求めにこんな所へ行って参りました!


本日伺ったお店は、八王子駅の南側線路沿いにあるラーメン屋”大安”さんと云うお店へ行って参りました!

本日伺ったお店は、こちらのBlogでご紹介するのは初となります、八王子駅は南側線路沿いにあります人気ラーメン屋”大安”さんへ行って参りました。
今日注文したラーメンは、”中華そば(並)”です。
ご覧頂ければ分かる通り、どう見ても大盛りのボリュームに見えますが、こちらのお店では普通盛りで2玉となるため、この様なボリュームとなるのです。
しかし、そのボリュームが売りと云うお店ではなく、こちらが人気店である理由としては、全体的にバランスの良い味が挙げられると思います。
麺はもちもちっとした食感の中太麺で、それに丁寧に出汁をとった綺麗な醤油スープと良く絡み、とてもスッキリとしていて美味しいのです。
更に何より、まるで”肉の塊”の様なチャーシューが、食べ応えがあってとても美味しいのです。
このチャーシュー、噛むと肉汁のジューシー感がとても良い感じで、まるで”ステーキ”を食べている様な感じなのです。
このチャーシューとバランスの良いラーメンとの相性はとても良く、本当に美味しいです。
もしご興味をお持ち頂きましたら、是非食べに行って見て下さいネ!

さて、本日も前回のBlogの続きをお話しようと思います。


日野市O様邸新築外構工事 施工十日目。今回はどの様な工事が行われるのでしょうか?

日野市O様邸 施工十日目。
前回のBlogでは、乱張り石舗装がほぼ完成した所までをご紹介致しました。
さて今回は、どの様な変化が起きるのでしょうか?


前日仕上げた乱張り石は、ビニールシートを被せて汚さない様にしておきます。

今回行う工事は、奥側ブロック塀や隣地ブロック上へのフェンス設置工事です。
その施工を行う前に、まずは前回仕上げた乱張り石を汚さない様に、ビニールシートを被せて養生します。


先日設置した隣地ブロック塀の基礎穴に、フェンスのアルミ柱を設置して行きます。

そして、先日設置した隣地ブロック上に設けた穴へ、フェンスの柱を立てて行きます。


設置したブロック塀上には、予めフェンス柱を考慮した基礎穴を開けております。

新築外構工事にて以外に盲点となってしまう事が、このフェンス柱のための”基礎穴”です。
ブロック塀を立てるのは良いのですが、その上にフェンスを立てる事を考えずにモルタルで埋めてしまいますと、その後にフェンスの柱を立てる際の穴を開けなくてはなりません。
以前のBlogでもご紹介した事がありましたが、その為には”コア抜き工法”もしくは”ブロック増設”にて対応しなくてはならない為、余計で且つ大きなコストが掛かってしまいます。
ブロック上にフェンスを立てる予定がある場合は、必ずこの様に柱立てのための”穴”を予め開けておきましょう。


更に右サイドの破損してしまっているフェンスも撤去し、1段ブロックを増設した上でアルミフェンスを設置します。

さらに右サイド(若夫婦側)の破損していたフェンスは撤去し、新たにブロックを1段増設した上で再度新しいアルミフェンスを設置します。
また、ブロックフェンス下部に関しても同時に補修を掛けてスッキリとした納まりにリフレッシュします。


そしてこの通り、裏側の隣地ブロック上には綺麗にフェンス柱が設置されました。

そしてこの通り、裏側の隣地ブロック上には綺麗にフェンス柱が設置されました。
予め基礎穴を用意したお陰で、手早く設置する事が出来ました。
チョットした事ではあるのですが、それによって掛かるコストは非常に大きく変わります。


そして先程フェンスを撤去した箇所へも、ブロックを1段増設した上でフェンス柱を設置する事が出来ました。

そして先程フェンスを撤去したブロック塀に関しても、この通り1段ブロックを増設した上で同様にフェンス柱を設置する事が出来ました。
これでしばらく養生期間を置いて柱が固定出来た所で、フェンス本体を組み付けて完了です。

この日の施工は、柱立てを行った所で終了です。
一つ一つではありますが、こうして完成に向けて徐々に施工が進んで行く様子は見ていてとても楽しくなって来ます!
そして次回はどの様に施工が進むのか、とっても楽しみになりますね。
それでは、また次回のBlogにてご紹介しますので、是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

昨日は蒸し暑い日中から夜は台風接近による大雨。。
梅雨時期とは云え、なんとも両極端な天気に見舞われてしまいました。
梅雨時期の台風接近は、例え台風の勢力が弱くても梅雨前線を刺激したりするため、各地で豪雨被害をもたらし易いとの事。
九州は長崎から山陰、近畿、信州、北陸と広範囲に渡って被害が出てしまった様ですね。
特に今朝、”大雨特別警報”に見舞われてしまった島根県はとても心配になります。
そして私たちの住む日野・八王子も今日の夕方に突然の大雨。なんとも困りものですね。。
これから梅雨明けまでまだしばらく掛かる様ですが、穏やかに夏を迎えられる様にと願うばかりですね。

さて、こんな蒸し暑い陽気の中、今日はこんな物を食べて参りました!


本日伺ったお店は、八王子は南町にある”武蔵野うどん たまや”さんです。今日はこちらの名物メニュー”ファンモンうどん”をチョイス!

本日伺ったお店は、このBlogでは多く御紹介しておりますうどん店、八王子は南町にある”武蔵野うどん たまや”さんです。
こちらのおうどん、コシはもちろん喉越しの良い美味しいうどんを楽しめるお店で、様々な方面のファンが沢山いるのです。
そんなファンの中でも有名なのが”ファンキーモンキーベイビーズ”で、今回選んだメニューは、ファンモンが御主人にリクエストして出来上がったメニューである”ファンモンうどん”です。
当然名前からは全く想像が着かないと思いますが、沢山の野菜とお肉の入った”ゴマ味噌坦々つけ汁”のおうどんです。
見た目は少々辛そうに見えますが、味は至ってとてもマイルドで、喉越しの良いおうどんとゴマ風味の濃厚なつけ汁との相性はとても良いのです!
こちらのおうどんは、瞬く間に常連さんの間で評判を得て、そのまま定番メニューとしていつでも食べる事が出来ます。
特にジメっとしたこの時期には、打ってつけのおうどんだと思います。
(ちなみに数日前、ファンモンのメンバーの一人がお忍びで食べに来られたとの事です!)
ひょっとするとその内、お店でお会いできる日があるかもしれませんね(笑)
もしご興味をお持ち頂けましたら、是非一度食べに行って見て下さいね!

さて、本日も前回のBlogの続きをお話しようと思います。


日野市O様邸新築外構工事 施工九日目。前回のBlogにて、乱張り石の仮置き作業が終了しました。

日野市O様邸 施工九日目。
前日の時点で、乱張り石の仮置き作業が完了しました。
さてこの日は、どの様に変化して行くのでしょうか?


この日は、乱張り石下に”ベースコンクリート”を流し込んで行く作業を行いました。

この日の作業は、仮置きした乱張り石の下に、ベースとなるコンクリートを流し込んで行く作業を行いました。
乱張り石の範囲が広範囲のため、使用するコンクリートの量もかなりの物となります。
まず片方で、ミキサーの中に砂・砂利・セメント・水を投入して混ぜ、手際良くコンクリートを作っていきます。


もう一方では、乱張り石の下にコンクリートを盛り、前もって付けた基準線に合せて微調整をしながら仕上げていきます。

そしてもう一方では、乱張り石の下に先程のコンクリートを盛り、前もって付けて置いた基準線に合せて丁寧に微調整を行います。
乱張り石一枚一枚に対して、この様に地道に作業を行うため、とても手間の掛かる舗装方法ではありますが、仕上がりますと、とても味わい深い雰囲気を醸し出してくれます。


玄関前の乱張り石の様子です。

そしてこの通り、玄関前の乱張り舗装ができあがりました。
自然な風合いを残しながら、勾配もきっちり取れ、ステップ前の雨水桝とも上手く馴染んだ感じに仕上がりました。


そして駐車場の乱張りもこの通り。乱張り石の風合いを考慮しながら、綺麗に配置する事が出来ました。

そしてこちらは、玄関前に繋がる駐車場の乱張りです。
こちらは特に、カーブを描きながら上手く勾配に考慮した仕上げにしなくてならないので、難易度としてはかなり高い箇所なのですが、この通りイメージ通りに綺麗に仕上げる事が出来ました。


道路に面している箇所の乱張り舗装もこの通り!しっかり仕上げる事が出来ました。

さらに道路に面している箇所の乱張り石もこの通り、綺麗に仕上げる事が出来ました!
これだけの広範囲の乱張りを、たった二日でここまで仕上げてしまう職方さんには本当に脱帽です。


あとは、目地にモルタルを入れれば乱張り舗装完成です!

あとは、目地にモルタルを入れてあげれば、乱張り舗装が完成です。
しかし、まだその他にも様々な工程を行って行かなくてはならない為、今回の工事はここで終了です。
仕上げに関しては、今回は先延ばしして他の工程を優先させます。

さて、次回のBlogでは更にどの様に変化するのでしょうか?
徐々に完成に近づいていきますと、なんだかとっても楽しみになりますね!
それでは、次回も是非宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は朝からとっても蒸し暑い一日でしたね。
お昼過ぎにはなんと、30℃を超える猛暑日に見舞われ、ちょっとした作業を行っているだけで身体から汗が絶え間なく出てくるような厳しい陽気でした。。
まだ梅雨明けしていない所でのこの暑さ、体調を崩された方がいないかとっても心配になって来ます。
メディア等でも叫ばれておりますが、くれぐれも水分補給と適切な冷房の使用で、熱中症予防に努める様にして行きましょうね!
また、さらに今週中頃にはなんと台風3号が接近すると云う予報が出ております。
これからどの様な進路を取るのかとっても心配な所ですが、気象情報は随時注意していた方が良さそうですね。。

さて、こんなとっても蒸し暑い時には、こんな物を食べに行って見ても良さそうです!


今日のお昼は、八王子は高倉町にある”十八製麺”さんへ。この時期限定の”冷おろし辛そば”を食べて参りました!

本日は八王子は高倉町にある”十八製麺”さんへ行って参りました!
前回、前々回のBlogにて、暑い時期にオススメの冷たいメニューをご紹介させて戴いておりますが、今回もこの時期にオススメの冷たいメニューをご紹介しようと思います。
本日ご紹介するメニューは、”十八製麺”さんにてこの時期限定で出されるメニューである”冷おろし辛そば”です。
画像で見る限り、豆板醤等の赤い色がいかにも”辛そう”に見える感じですが、実際には見た目ほどの辛さはなく、むしろ冷たい麺やスープと相まって、とっても良い感じの”冷たいつけ麺”です。
また、麺の上に乗せてあるたくさんのざく切りの大根、きゅうり、そして蒸し鳥が、さっぱりとした爽やかな感じにさせてくれて、今日の様な蒸し暑い時でもスルスルッと口には云って行きます。
つけ汁の塩加減も丁度良い塩梅なので、途中から麺の入った丼に入れて、大根の食感を楽しみながら冷たいラーメンとして楽しんでも良い様です。
また、左側にある炊き込みご飯と小鉢はサービスで付いてくる物なので、とてもボリュームのある一杯だと思います。
ちなみに、もし”辛い物は苦手”と云う方の為にも、辛くない”冷おろしそば”も選択可能です。
もしご興味を持たれましたら、是非食べに行って見て下さいね!

さて本日も、前回のBlogの続きをお話しようと思います。


日野市O様邸新築外構工事 施工八日目。前回のBlogでは舗装箇所の下地が出来上がりました。本日はいよいよ本格的に舗装工事を始めて行きます。

日野市O様邸 施工八日目。
前日までに舗装箇所の下地工事が完了し、いよいよこの日より本格的な舗装工事が始まります。


この日に行ったのは、”乱張り石”による舗装工事からです。地面に描かれた赤いチョークは、乱張り舗装を行う範囲の基準線です。

舗装工事の第一段階として、”乱張り石”による舗装工事から始めました。
まず、図面に則って地面に赤い粉チョークで基準となるラインを描きます。


乱張りの範囲は、御両親側の玄関口から若夫妻側の玄関に掛けての長い範囲に渡り、そこへ緩いカーブラインを描いていきます。

乱張り舗装の範囲は、御両親側の玄関から若夫婦側の玄関までの長い距離に渡ります。
その長い範囲に対して、大きな緩いカーブを描いていきます。
CAD上では楽に描く事が出来ますが、実際の現場で行うとその難しさがひしひしと伝わって来ます。


ラインが引き終わりますと、そのラインに沿って乱張りを仮置きしていきます。

ラインを引き終わりますと、いよいよそのラインに従って乱張り石を仮置きしていきます。
またこの仮置き作業の中で石の選別等を行い、使う石・使えない石とを分けて行きます。


更に全体的なバランスを見て、適宜乱張り石を加工します。その際、電動工具ではなくハンマーで叩き割る事により、石の自然な風合いを活かします。

更に全体のバランスを見て、適宜乱張り石を加工して納めます。
加工の際、電動工具を使えば効率良く作業を進める事が出来るのですが、切り口が綺麗過ぎてしまい自然な風合いを失ってしまうと云う事で、この様にハンマーで叩き割って加工します。
この加工方法は、担当職方さんの乱張りに対しての拘りなのです。


そしてこの通り、乱張り石がラインに沿って綺麗に置かれました。

そしてこの通り、先程描いたラインに沿って綺麗に乱張り石が置かれました。
仮置き状態ではありますが、全体的にとってもバランス良く乱張り石を置く事が出来ました。
特に今回、レンガ等の縁石を設けずに乱張り石のみでラインを描いたため、乱張り石の自然な風合いを残しながら且つ綺麗にラインを出すと云うとっても難しい作業となりました。
それをこの通り具現化してくれる職方さんには本当に感謝です。


駐車場側とは対照的に、玄関前は石のナチュラル感を前面に出した表現方法で乱張り石を配置しました。

さらに玄関前にも、この様に乱張り石が配置されました。
玄関前に関しては、駐車場とは対照的に、乱張り石の自然な凹凸を活かした表現方法としました。
しかしこちらも、適当に乱張り石を置いたのではなく、石を選別しながら目地の太さがほぼ均一になる様に仕上げてあるため、キッチリとしたバランスの良い雰囲気に仕上がっております。

と云う事で、この日は乱張り石の仮置き作業を行って行きました。
乱張り石は、石それぞれの大きさ・厚み・形・色見とそれぞれがまちまちのため、それを並べていく上で職人それぞれのセンスが非常に良く出て来ます。
更に見た目だけではなく、雨水がうまく流れる様に水勾配等も同時に考慮しなくてはならない為、とても手間の掛かる舗装方法ではあります。
しかし、その手間を掛けた分、他の舗装材では出せない華やかさ・風格を表現する事が出来るので、とても人気のある舗装方法であるとも云えます。
次回のBlogでは、更い仕上がった姿をご紹介する事が出来ると思います。
是非次回も宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

6月があっという間に過ぎ去り、気付けば今日から7月。
時間が経つのが本当に早く感じますね。
本日は1日雨が降ったり止んだりした梅雨らしい空模様でしたが、週明けの月曜日より晴れて気温も30℃を超える猛暑日となるとの事。。
天候に恵まれるのは良いのですが、季節外れの陽気は素直に喜ぶ事が出来ませんね。
気象庁の長期予報も一か月前ぐらいは”平年並みか、平年より多い降水量”と云っていた物が、ここ最近になって”平年より少ない”と云う予報に変わってしまいました。
来週の晴天からそのまま一足早い”梅雨明け”となってしまいますと、一番の心配は”水不足”ですね。。
なんとかその様な事態には陥らない事を祈りたいものです。

さて、今日の様なムシムシした陽気の時にこんなものは如何でしょうか?


今日のお昼は、八王子は石川町の”ひこち”さんにて、”冷やしラーメンセット”を食べて来ました!

本日伺ったお店は、こちらのBlogでは良く紹介しております八王子は石川工業団地にあります”ひこち”さんです。
そして今日オーダーしたメニューは、夏場限定の”冷やしラーメンセット”です。
パッと見では、普通の醤油ラーメンの様に見えますが、名前の通りきーんとした”冷たいラーメン”なんです。
食べて見ますと、魚介系のさっぱりとした冷たい醤油スープをベースに、冷たい水でシャキッとさせた細い縮れ麺との相性が非常に良く、チャーシューの代わりに載せてある”豚しゃぶ肉”との相性も非常に良い感じです!
そして餃子に関しても、外側カリカリ中はジュワッと肉汁が溢れるジューシーな物で、非常に美味しいのです。
そして手前で湯気が立っている炊き立てご飯との相性は最高で、餃子と共にラーメンもおかずになるのだなぁと考えさせられる物でした。
このメニューも、前回のBlogでご紹介した”冷汁定食”と並んでこれからの蒸し暑い時期を乗り切るのに打ってつけのオススメメニューです!
もしご興味がありましたら、是非お出掛けになって見て下さいね!

さて本日も、前回のBlogの続きをお話しようと思います。


日野市O様邸新築外構工事 施工七日目。本日も前回に引き続き駐車場及びアプローチの舗装工事を行いました。

日野市O様邸 施工七日目。
この日も前日に引き続きまして、駐車場とアプローチの舗装工事を行いました。


この日も前日に引き続き、路盤の鋤取り作業を行いました。

この日も前回に引き続きまして、駐車場内のコンクリート舗装を行う上で必要な、路盤における鋤取り作業を行いました。
1トンを超える車両が入る事を前提に、コンクリートの厚みも12〜15cmのの厚みの物を全体に施して行きます。
そのため、鋤取り作業もかなり深めに行って行きます。


鋤取り作業が終わると、今度はトラック上に載せてあります砕石を敷き詰め、”プレート”と云う重機を使って押し固めていきます。

路盤の鋤取り作業が終わりますと、次にトラック上に載せてあります砕石を全体に敷き詰め、同時に”プレート”という重機を使って砕石を振動で押し固めていく作業(填圧作業)を行って行きます。


砕石を押し固める作業が終わりますと、更にこの”メッシュ筋”と云うメッシュ状の鉄筋を配置して行きます。

砕石を押し固める作業が終わりますと、次にこのメッシュ状の鉄筋”メッシュ筋”を全体的に配置して行きます。


そしてこの通り、全体的にメッシュ筋が張り巡らされ、コンクリート舗装の準備完了です。

そしてこの通り、メッシュ筋が舗装箇所全体に張り巡らされ、いよいよコンクリート舗装の準備が完了となります。
ちなみにメッシュ筋は、コンクリートを流し込んだ際に丁度厚みの中間になる様、必ず砕石から浮かして配置しております。
それにより、より強固な舗装となる様にします。


もちろん車の乗らない玄関前の舗装箇所に関しても、この様にメッシュ筋を張り巡らせます。

もちろん、車が乗らない玄関前の舗装箇所に関しても、この様にメッシュ筋を配置し、強固なベースとなる様にします。

と云う所で、この日の作業は終了となりました。
舗装の下地も出来上がりまして、いよいよ次の工程で本格的な舗装工事を行って行きます。
次の段階でどの様な変化があるのか、今からとっても楽しいになって来ますね!
それでは、次回のBlogも是非宜しくお願い致します。


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日午前中はどんよりとしたスッキリしない空模様でしたが、午後からは時折日も差したりする蒸し暑い陽気になりましたね。
気温の暑さと云うより湿度による暑さの方が強く、身体にはとても堪えます。
しかも、来週初めぐらいには梅雨明けかと思わされる陽気になり、気温も都心で35℃に達すると云う予報が出ております。。
まだ梅雨明けしていないのに、いきなり猛暑日となってしまうのはかなりきついですね。
皆さま、適度な水分補給とエアコン等による温度調整でくれぐれも熱中症にならない様にお気を付け下さい。

さて、そんな暑い陽気を乗り越えようとしたら、食べる事も非常に大切ですよね!
そこで、今日はこんな物を食べて参りました(笑)


今日のお昼は、日野駅前にある”やよい軒”に行って来ました。お目当ては宮崎県の”御当地グルメ”です!

今日のお昼に伺ったお店は、日野駅前にあります”やよい軒”と云う定食チェーン店です。
このBlogではチェーン店を載せる事はほとんど無いのですが、このメニューだけは一度ご紹介出来ればと思いまして載せて見ました。
今回注文したメニューは、宮崎県の御当地グルメである”とり南蛮と冷汁の定食”です。
実は私、日本の中で九州地方は行った事が無く、当然ながら冷汁は全く食べた事がありません。
そして出てきた物は、炊き立てご飯に焼き魚、生野菜の添えられたとり南蛮とお目当ての冷汁です。
ちなみに真ん中の小鉢は、”タルタルソース”の材料で、食べる直前によーくかき混ぜてとり南蛮に掛けて食べます。
とり南蛮は、とてもふわっとした食べ応えで脂っこくなく、直前にて混ぜたタルタルソースとの相性は抜群でした。
そして初体験の冷汁は、味噌汁の中に氷ときゅうり、ゴマが入った物なので、最初は少々戸惑いがあったのですが、飲んで見ると、比較的味噌の味が濃い冷たいお味噌汁って感じでした。
重要なのはその食べ方で、最初は炊き立てご飯でしっかりとおかずを堪能したあとで、サービスのおかわりをして、そのあとこの冷汁にご飯を投入!
するとご飯と冷たい味噌汁との相性が非常に良く、するすると口の中へ入って行くのです。
食べ終えた後は、なんとも言えない爽快感があり、とても満足のいく物でした。
このメニューは夏場の期間限定の物ですが、これからの暑い夏を乗り切るのに打ってつけのメニューだと思います。
もしご興味がありましたら、是非食べに行って見て下さいネ!
(ますます本場九州へ行って見たくなりました(笑))

さて本日も、前回のBlogの続きをお話しようと思います。


日野市O様邸新築外構工事 施工六日目。前回は砂利撒き施工を行いましたが、本日は何の工事が始まるのでしょうか?

日野市O様邸 施工六日目。
先日の時点で、ウッドデッキ施工箇所と建物裏側への砂利撒き施工が完了しました。
さてこの日は、どんな施工を行うのでしょうか?


この日に行った施工は、今回の工事での重要箇所となる駐車場及び玄関前舗装工事です。

今回行う工事は、表題にある”道路と敷地との高低差”をつなぐ玄関前および駐車場の舗装工事です。
今回の施工は、ある意味最も重要となる箇所の施工と云えます。
と云うのも、こちら側の玄関は、お施主様の御両親が入られる入口だからです。


建物基礎にうっすらと書いてある線が、コンクリート舗装を行った際の仕上げ高です。

上の写真にて、建物基礎部分にうっすらとした線が見えると思いますが、これが今回の駐車場における仕上がりのラインです。
地面から結構な高さにコンクリート舗装がされる事がお分かり頂けると思います。


こちらの写真は、逆側の壁の写真です。こちらのラインを見て頂きますと、どれだけ高低差があるかがお分かり頂けると思います。

更にこちらは、逆側のお隣さんの壁側の様子です。
こちらからだと、道路から玄関前までが見下ろせるので、更にどれだけ高低差があるかがお分かり頂けると思います。
今回の勾配のポイントとして、,覆襪戮勾配を抑える 段差を最小限に抑える と云った二つのポイントを念頭にして、御高齢の御両親が安全に出入りし易くする事を考慮しました。
ちなみにスロープを設ける上で大切なのは、「高低差」と「距離」の関係です。
比較的高い高低差に対してスロープの距離が短ければかなりの急こう配となるため、出入りの厳しい危険な通路となってしまいます。
その為、その勾配を緩和するために段差を設ける訳ですが、段差が高すぎれば、足の上げ下げが厳しい御高齢の方にとってはこれもまた危険な物となってしまいます。
理想を云えば、段差の無い通路を設けて玄関へアクセス出来る様にしたい所ですが、今回の場合既に玄関ポーチの高さが決まってしまっており、そのポーチから道路までをスロープ状にしてしまいますと、かなりの急こう配になってしまう事が分かりました。
そこで今回は、段差と勾配を用いた折衷案をご提案させて頂きました。


このレンガの縁石としている箇所が、段差を設けて勾配を和らげる”肝”となる箇所です。

それがこのレンガにて設けた”段差”です。
左側のブロックに曳かれているラインと見て頂きますと分かる通り、レンガの厚み(6センチ)ぐらいの物で納まっている事がお分かり頂けると思います。
この段差により、駐車場内の勾配を幾分か緩める事ができ、さらに6センチぐらいの段差であれば、万が一車いすで通る事となっても何とか通行できるぐらいの段差としたのです。
更にその段差上のエントランス部分にも敷地内に向けて勾配を設ける事で、敷地と道路との高低差のギャップを緩和させる事が出来ます。


そして勝手口前のコンクリートタタキに関しても、一段階段を設ける事で、勝手口側からの出入りも考慮します。

そしてこちらが、もう一つ問題となっておりました”降りられない勝手口”です。
この箇所には玄関側にステップを設ける事で、勝手口からの出入りがし易い様に考慮します。
更にこの先には大きなウッドデッキが出来上がり、そのデッキへのアクセスのし易さも考慮して設置します。
(本来であれば、このタタキを作る際にステップも一緒に作成される筈なのですが・・・)

といった形で、この日の施工は終了となりました。
新築外構を考える上で、平面図・立面図からは見落としがちになり且つ重要となるのは、今回取り上げた”高低差”です。
この事を考えずに設計図を作ってしまいますと、この案件の様にとんでもない高さに玄関ポーチが出来上がってしまったり、勝手口前のコンクリートタタキの高さがとても大きな物となってしまったりとしてしまいます。
また、お隣さんの土地との高低差が生じている場合には、”土留め”としてのフェンスを考えなくてはならず、その場合には通常のフェンスと施工方法もコストも大きく変わってしまいます。
(私自身、その事で何度も痛い目にあってしまった事があります。。)
是非その点は、今後外構を御検討される上で覚えて頂けると良いと思います!

さて、ではここから更にどの様に工事が進んで行くのかは、また次回のBlogでお話出来ればと思います。
是非次回も宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

今日は予報通り、朝からぐずついた梅雨らしい空模様となりました。
朝起きた時には、外は雨模様となっており、いつも日課にしているウォーキングは行わず、代わりに普段手が届き辛い所も含めたお掃除を行いました。
窓を開けると、外からはヒヤッとした潤った感じのする空気が舞い込んで来て、不思議と気分が何となく落ち着く様な感じがしましたし、お掃除の方も結構はかどりました!
たまの雨の様な陽気も、なんだかチョット悪くないなぁって思いましたが、皆さんはどう思いましたか?
今日からしばらくの間は、梅雨前線の停滞で比較的梅雨らしいぐずついた天気が続くとの事ですが、これを機会に梅雨時期の楽しみ方の様な物を考えて見ても良いかもしれませんね!

さて、こんな梅雨っぽい空模様の時にこんな物は如何でしょう?


八王子は下柚木、野猿街道沿いにありますラーメン屋”分田上”さんへ行って参りました!

今日伺ったお店は、八王子下柚木、野猿街道沿いにあります人気ラーメン店”分田上(わけたがみ)”さんへ久しぶりに行って参りました!
八王子近辺で豚骨ラーメンを出すお店は何件かありますが、”分田上”さんはその中でも数少ない”熊本ラーメン”を提供するお店なんです。
中でも大きな特徴と云えるのが、スープから香る独特の香味油だと思います。
そのお陰で、豚骨スープにありがちな独特のクセの様な物はほとんどなく、コッテリとしながらも後味はとってもスッキリしているんです。
私はこのラーメンにサービストッピングである”チーズ”をプラスします。
このチーズが良い感じに麺と絡み、”まるでイタリアン!?”と思わせてくれる様な感じになるんです。
あっという間に食べ終えてしまった後、すかさず”替え玉”を注文!
その替え玉の上には、なんとゆで卵とチャーシューが一つずつ載せてくれてあり、ホント良心的なお店です。
お店の雰囲気もダークブラウン系のシックな雰囲気で、何よりお店の方々がとても優しいんです!
とっても人気があるのも頷けるお店です。ご興味がありましたら、是非お出掛けになって見て下さいね!
(お店の先には数台止められる駐車場もあります。)

さて、本日も前回のBlogの続きをお話しようと思います。


日野市O様邸新築外構工事 施工五日目。この日は何の工事が始まるのでしょうか?

日野市O様邸 施工五日目。
先日の時点で、機能門柱と裏側の区境ブロックが積み終わりました。
さて、この日はどの様な施工が始まるのでしょうか?


この日に行った施工は、ウッドデッキ設置箇所と建物裏側に掛けての”砂利敷き工事”です。

この日に行った施工は、ウッドデッキ設置箇所及び建物裏側に掛けての”砂利敷き工事”です。
”砂利敷き”と云いますと、「ただ地面の上に砂利を撒けば良いのでは?」と思われている方が多くいらっしゃいます。
また、そう思われている方を相手に、ダンプに砂利を積んだ状態で、
「今近くの現場で砂利を撒いていたのだが余ってしまってねぇ。もし良ければ、安くするから敷地に撒かせてくれないか?」
と飛び込みで売りこんでくる業者もいらっしゃるようです。。
砂利敷き工事には、実は”プロ”ならではの綺麗に敷くためのポイントがあります。
まずその一つが、”下地作り”としての土壌の”鋤取り作業”が挙げられます。
上の写真は、砂利敷きを行う箇所への土壌の鋤取り作業を行っている様子です。
これから施工される舗装工事個所の”仕上げ高”を考慮して、砂利を撒く高さを設定。
それに合せて砂利が全体的に均一の厚さとなる様に鋤取り作業を行います。


そして鋤取り作業が終えますと、そこへベース材として”防草シート”を敷き込んで行きます。

鋤取り作業が終え、下地が平滑な状態になりますと、次にベース材として”防草シート”を全体に敷き込んで行きます。
ちなみに鋤取り箇所はかなり広範囲となるため、その際に出た残土の量もかなりの物となります。
(今回の量で、軽トラックダンプ約2杯分ぐらいの量となりました。)
それを処分場へ運ばなければいけないのですが、その際の車両の確保や受け入れてくれる処分場探しで、大半の一般の方がつまづいてしまうと思います。
(「一般受け入れます」と掲げている処分場もありますが、かなり高い金額を提示してくる事が大半です。。)
そして何より、それを掻き出して搬出する労力もかなりの物なので、是非「自分たちでやろう!」と思う前に、御検討される事をお勧めします。


そしてこれが、敷地へ撒く”石灰岩砕石”と云う砂利です。

そしていよいよ、敷地内に砂利を撒いていきます。
今回撒く砂利は、住宅のバックヤード等で一般的に使われている”石灰岩砕石”と云うライトグレーの砂利です。


そしてこの通り、デッキ設置部に砂利が綺麗に敷かれました。

そしてこの通り、デッキ設置箇所へ綺麗に砂利が敷かれました。
手前はこれからアプローチ舗装を行うまでの間、砂利がこぼれない様にレンガを仮置きしております。


建物裏側にもこの通り、綺麗に砂利が敷かれました。

そしてこちらは建物裏側の様子です。
こちらにも綺麗に砂利が撒かれました。
ちなみに施工した数日後に、こちらへエアコンの室外機等の設備が設置されるとの事で、それまでに間に合って良かったでした。


既に設置されているエコキュート周りもこの通り綺麗に砂利が撒かれました。

更に奥側のエコキュートが設置されている箇所にもこの通り、綺麗に砂利が撒かれました。
砂利を撒く事で、特に大きい効果としてあげら得れるのが”雨天による泥はねの防止”です。
お客様からは、
「泥はねで設備や建物の外壁が汚れるのがとても気になっていたので、早めに対処して貰えて助かった」
と喜んで貰えました。

今回のBlogでは、砂利敷きの事をお話させて頂きましたが、砂利敷き一つとって見ても中々奥が深い事が御理解頂けたと思います。
新築されたお客様からの問い合わせでも、この砂利敷きに関してのご相談はとても多いので、今日のBlogが少しでも御参考になれば幸いです!
さて、次回のBlogではどの様な工程へ進むのでしょうか?是非お楽しみにして頂ければと思います!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日も昨日同様にとても良い天気に恵まれましたね!
先日の水曜日は豪雨に見舞われてしまいましたが、梅雨入りしてからと云う物、雨の少ない日が続いておりました。
このままカラ梅雨になってしまうのかと思われましたが、今度の日曜日を皮切りにいよいよ本格的な梅雨らしい雨模様となる様です。
また、来月20日までの長期予報によりますと、例年に比べまして平年並みか多めの雨量となるとの事なので、今日明日の晴天はとても貴重なものになるかもしれませんね。
もし洗濯物等が溜まっていましたら、今がチャンスなのかもしれません!
(私は昨日の内に洗濯を済ませました(笑))

さて、今日の様な暑い日は少々スパイシーな物が食べたくなります!そんな訳で、今日はこんな物を食べて参りました。


本日伺ったお店は、八王子は中町にある”武蔵野うどん たまや”さんです。期間限定の”カレーうどん”をつけ汁うどんにて。

今日伺ったお店は、八王子は南町にあります”武蔵野うどん たまや”さんです。
フェイスブック等でもこちらのおうどんをご紹介されている方が多く、某有名人の方も先日食べに来られていたとの事です!
多方面にファンがいらっしゃるこのお店にて、多く画像をアップされていたのがこの”カレーうどん”です。
私もこのうどんの画像を見ていたらいても経ってもいられなくなり、食べに行って来た次第です(笑)
カレーうどん自体、このBlogでも載せた事がありましたが、今回は”つけ汁タイプ”の物を始めて注文して見ました。
シャキッとしたうどんをカレーつけ汁で食べるのは、今日の様な暑い時にはピッタリで、通常の”かけタイプ”と違って、より一層うどん自体の味や喉越しを堪能させてくれる一杯でした。
また、カレーつけ汁と天婦羅との相性が意外に良く、本当に美味しかったです!
ところがこの”カレーうどん”、残念ながら今月25日までで終了となり、しばらくメニューから外れるとの事です。。
もしご興味をお持ち頂けましたら、是非25日までに食べに行って見て下さいね。

さて、本日も前回のBlogの続きをお話しようと思います。


日野市O様邸新築外構工事 施工四日目。先日の段階で機能門柱がほぼ完成しました。

日野市O様邸 施工四日目。
先日にて機能門柱がほぼ仕上がりましたが、この日はどの部分を取り掛かるのでしょうか?


先日出来上がった機能門柱内に、ようやく表札が設置されました。
もう片方の機能門柱にも表札が設置されました。

まず、機能門柱内に納まります表札がようやく仕上がり、早速上側のユニット部に設置しました。
今回は”ステンレスヘアライン”と云うタイプの表札をお選びしましたが、スタイリッシュな機能門柱にとても映える物となりました。
(字体も拘った物をお選びしたのですが、”個人情報”のためお見せする事が出来ません。すみません。。)


そしてこの日から取り掛かった箇所は、裏側の区界フェンス工事です。

さて、この日より取り掛かった箇所は、裏側の駐車場との区界に設置するフェンス工事です。
まずは”隣地境界杭”に水糸を張って、区界となる基準ラインをひいていきます。


基準線に合せて、ブロックを設置するための基礎穴を掘っていきます。

そして、その基準に合せてブロックを立てるための基礎穴を掘っていきます。


基礎穴を開け、ベース作りを行うのと同時にブロックを加工して設置する箇所の大きさに合せて行きます。

基礎穴が開け終え、そのなかに鉄筋とコンクリートを流し込んでブロックベースを作ると、その上に立てるブロックを加工し始めます。


そしてこの様に手際良くブロックを積んで行きます。

そしてこの様に手際良くブロックを積んで行きます。


今回の場合、お隣の駐車場の方が敷地より高いため、ブロックに配置する鉄筋のスパンも短めにとって強度を増す様にします。

今回の場合、お隣さんの駐車場の方がO様の敷地よりも高いため、区界ブロックが”土留め”としての強度を保持させなくてはなりません。
そのため、通常のブロック塀よりも鉄筋のスパンを短めに設定する事で、高強度のブロック塀を作り上げていきます。


そしてこの通り、しっかりとした区界のブロックが積み上がりました。

そしてこの通り、綺麗に区界のブロック塀が立ち上りました。
ちなみに段ボールで所々塞がれている箇所は、この上にアルミフェンスを設置するために立てる柱のための穴です。
徐々に様々な所が出来上がって来ましたが、次回のBlogでは更にどの様に変化するのでしょうか?
それでは、また次回も是非宜しくお願い致します!


イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

昨日は、ようやく梅雨前線の影響による雨が降りましたが、まるで台風真っ只中の様な強烈な雨となってしまいました。
ここ数年の梅雨時は、必ずと言って良い程昨日の様な豪雨に見舞われる事が多くなりました。
西側の和歌山県などでは、6月の観測史上最大の雨量を記録したとか、静岡県内の河川が増水して避難勧告が出たとか、新幹線が5時間以上も立ち往生したりと、まさに台風の様なありさまでした。。
ちなみに今回の豪雨に見舞われてしまった原因は、フィリピン沖の海水温がかなり高く、そこからの湿った暖かい空気が梅雨前線を刺激したからとの事。
これも俗に云う”地球温暖化”の影響なのでしょうか?

私たちエクステリア業界に属している物にとってもこう云った気象の変化はとても切実で、特にテラス屋根やカーポート、物置きと云った雨避けとなる部材が、設計上想定している雨量を超えてしまい、場合によってはオーバーフローによる雨漏りを引き起こしている様です。。
これからもそう云った豪雨に見舞われる日が多くなると思われますが、もしそう云った豪雨で雨漏りが起きた際には、是非一度再点検して頂きたい箇所があります。
それは”雨とい”です。
昨年も8月以降で長雨に見舞われてしまい、そう云った雨漏りの補修を依頼される事も多くありましたが、そのほとんどの原因が、”雨とい”内の清掃を怠っていた事にありました。
”雨とい”は屋根上の雨水を外へ吐き出すための通り道となる箇所ですが、冬場の枯葉等が溜まってしまいますと、通り道を塞いでしまい、最終的に逃げ場の無くなった雨水が屋根上に溜まり、継ぎ目等から雨漏りを引き起こすと云った事が多くあります。
特に昨日の様に短時間に多量の雨が降ってしまいますと、そう云った事が原因となる雨漏りを引き起こす恐れがあります。
是非今一度、”雨どい”内の点検をして頂きまして、もし枯葉等が溜まっておりましたら、取り除いて頂きますよう宜しくお願いします。
(特に住宅の裏側が緑地となってり箇所では、要注意です!)

さて、本日も前回のBlogでご紹介しました施工現場の続きをお話しようと思います。


日野市O様邸新築外構工事 施工三日目。この日もどの様に変化して行くのでしょうか?

日野市O様邸 施工三日目。
さてこの日も、どの様に変化して行くのかとっても楽しみです!


先日は2本の機能門柱を立てた上で、インターホン子機の設置等を行いました。本日は更に機能門柱を仕上げていきます。

先日は2箇所に機能門柱の柱を立てた上で、インターホンの子機の設置及び電気配線工事を行いました。
この日は更にその続きで、機能門柱を完成に近い状態まで仕上げていきます。
上の写真では、柱に”ある物”を設置するための目印を付けております。
垂直・水平・高さ・全体バランス等をしっかり見て、使い勝手・仕上がり等を考慮して目印を付けております。
さてその”ある物”とは・・・


しるしを付けた箇所に、更に”ある物”を支えるためのブラケットを設置しております。

またこの画像では分かりませんネ(笑)
先程しるしを付けた箇所に、”ある物”を支えるためのブラケット部材を設置しております。
さて、機能門柱で”インターホン”以外に忘れてはならない物って、一体なんでしょう?


もうお分かりですネ!郵便物等を受け取るのに必要な”ポスト”です。

はい!これでお分かり頂けましたネ(笑)
そうです!郵便物や新聞等を受け取るための大切な”ポスト”です。
今回お選びした機能門柱は、省スペースタイプのとてもシンプルなデザインとなるため、この”ポスト”の存在が非常に大きな物となります。
いくら”ユニット”物とは云っても、ポストに関してはこちらでお客様の使い勝手を考慮して高さ等を決めなくてはなりません。
そのため、全体的な納まりのバランス、水平・位置取りは非常に重要となります。
今回はお客様に予め使い易い高さをお聞きした上で、高さ等を決めて設置を行いました。
お陰で迷わずに、とても良い納まりとする事が出来ました。
また、柱の位置も実はしっかりと考慮しなくてはならない事があります。


こちらは真横から見た様子です。さて、柱の位置に関して何が重要かお気づきになりましたでしょうか?

上の写真は、機能門柱を真横から見たものです。
道路と非常に近い位置に機能門柱がある事がお分かり頂けると思いますが、何に対して柱位置を考えたかお気づきになりましたでしょうか?
それは、ポストの取出し口と道路との位置関係に対して、全開した際に道路に飛び出さない様にする事です。
設置物に関しては、基本”敷地内”に全て納める事が大前提となります。
もしスペースが無いからと云う理由で、道路にはみ出してポストを設置してしまいますと、それは”越境”と云う状態になってしまいます。
この状態でもし通行人がポストと接触して怪我をしたり、自動車等が接触事故を起こしてしまったりした場合、その責任の所在が設置したお住いの方となってしまう恐れがあります。
(”外開き門扉”をなるべく避ける理由も、そこにあります。)
それ故、今回のポスト位置に関しては、その開口部の大きさを考慮してギリギリの位置で柱位置を決めております。
一見するとシンプルなものであっても、その裏では様々な事を考慮して設置している事がお分かり頂けたと思います。


そしてその上部には、表札を設置するためのユニットを設置します。このユニット内には、LED照明が内蔵されております。

さらに機能門柱上部には、表札を設置するためのユニットを設置します。
ちなみにこのユニット上部には、薄型のLED照明が内蔵されており、夜間に自動的に点灯する様に設計されております。
こんなシンプルでスマートな門柱の中に、様々な機能を集約している、とても良く出来た門柱と云えます。


そしてこの通り、ほぼ完成の状態となりました。あとは注文して置いた表札がユニット内に入れば完成です。

と云う事で、この通り無事機能門柱がほぼ完成状態に出来ました。
あとはこのぽっかり空いた上部ユニット内に、予め注文しておいてある表札を入れて完成です。


もう片側の機能門柱も、同様にほぼ完成状態に納める事が出来ました。

そしてもう片方の機能門柱も同様にほぼ完成状態に納める事が出来ました!
これで表札が入ると、とても素敵な機能門柱となる事でしょう。
表札の完成が待ち遠しくなります!

と云う事で、この日の施工はここまでとなりました。
まだまだ序章中の序章と云った感じですが、これから更にどんどんと様変わりして行きます。
是非次回のBlogも楽しみにして頂ければと思いますので、宜しくお願い致します!


≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | ... | 29 | 30 | 31 || 次のページへ≫

ホーム » マネージャーのブログ

ブログカレンダー

<   2017-07   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
タグリスト
  • ファサード
  • クローズド外構
  • セミクローズド外構
  • エバーアートボード
  • 目隠しフェンス
  • 人工芝
  • インターロッキング
  • 完工まとめ
  • プラスG
  • 特殊な工事
  • 入隅空間の有効活用
  • ウッドデッキ
  • 樹ら楽ステージ木彫
  • 和モダン
  • プランニング
  • ホームページのバージョンアップ
  • リードデッキ
  • 樹ら楽ステージ
  • 屋外コンセント
  • 美彩シンプルラインライト
  • ウッドデッキの点検口
  • 小さなお子さまの安全対策
  • 古いブロック塀の改修
  • サニーブリーズフェンス
  • レストステージ
  • 乱張石貼り工事
  • アースカラー
  • マイリッシュOK
  • UNISUSポスト
  • テラス屋根の修繕工事
  • レイスクリーン
  • レンガ調タイル
  • オリジナル門袖
  • 美彩グランドライト
  • デザイナーズパーツ
  • エアコン室外機移設
  • フロアビーズ
  • アプローチの舗装
  • フラットパン
  • デッキ上の手摺
  • アーキレール
  • ガーデンシンク
  • 立水栓
  • カーポート
  • フーゴ900
  • サイクルポート
  • フーゴミニ
  • 駐車場造成
  • ナノコンポジットW
  • 外壁塗装
  • トランス
  • エクステリアの照明
  • 美彩グラスウォールライト角型
  • ベランダ手摺モダンパネル
  • 鋤取り砕石填圧
  • ブロック積
  • ローシェン
  • ソルディーポート
  • エクステリアコンテスト
  • 植栽工事
  • 無金利リフォームローンキャンペーン
  • クリエカラー
  • 物置設置
  • NEXTA
  • イナバ物置
  • スピーネ
  • テラス屋根
  • サイドパネル
  • テグランネオ
  • アーキフラン
  • 庭王門
  • ハイグリッド門扉
  • 既存塀フェンス設置
  • コア抜き工法
  • ケミカルアンカー工法
  • イゲタヤE&R

    エクステリアオフィス
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ南平店内)
    〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

    八王子サテライト
    (KURASHI本舗 
      イゲタヤ八日町店内)
    〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

    TEL:042-591-8497
    メールお問合せはこちら

    施工エリア
    東京都の以下地域となります。
    日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部