このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ » エクステリアリノベーション工事の施工情報 » プランナーの現場最前線!! VOL.225 ”昨今のカーポート事情”パート2-1 プランニング編

プランナーの現場最前線!! VOL.225 ”昨今のカーポート事情”パート2-1 プランニング編

イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

先日までの、長い梅雨の様な悪天候も終わり、今日は一日良い天気に恵まれましたね。
しかし、青空に恵まれたと同時に太陽が姿を見せますと、気温も一気に30℃を超え、まさに”猛暑復活”と云った感じになってしまいました。
夏らしい天気がようやく戻って来てくれた事は良いのですが、やはり身体には堪えますね。。
今月は公私ともに歩く事がとても多かったせいか、何故か足の節々にいやな痛みを感じてしまいました。夏場の疲労ってこう云う感じで出るのでしょうかね。
皆さんも急な暑さで体調を崩されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
くれぐれも体調管理には気を付けて過ごしましょうね!
さて、そんな暑い陽気の最中、今日はこんな物を食べて来ました。


今日のお昼は、八王子は南町にあります”武蔵野うどん たまや”さんへ。本日は限定の”5種盛りおろしぶっかけうどん”を食べて来ました!

本日は八王子は南町にあります”武蔵野うどん たまや”さんへ行って参りました!
お目当ては、この時期の限定うどんである”5種盛りおろしぶっかけうどん”です。
写真をご覧頂くと分かる通り、なめこ・みょうが・おくら・じゅんさい・かつおぶしと、夏バテ気味の身体には打ってつけの旬な薬味等が沢山のっている、サッパリとしたおうどんです。
しゃっきりとした喉越しの良いおうどんと風味豊かなお出汁をベースに、これらの具材がとても良い風味・食感・味を楽しませてくれるのです!
いや〜、今回も本当に美味しいおうどんをご馳走になりました!
しかし残念ながらこのメニュー、今日で終了との事。。また秋に向けての限定メニューも考案中との事なので、もしご興味がありましたら、是非お出掛けになって見て下さいね。

さて本日も、前回のBlogに引き続きましてカーポートのお話をしようと思います。


今回御紹介致しますお客様は、八王子在住のM様邸です。

本日御紹介致しますお客様は、八王子市在住のM様邸です。
レンガ調のお洒落な門袖や植栽を巧みに組み合わせた、可愛らしいファサード空間がとってもお洒落です!


今回お客様から御要望戴いたのは、この駐車スペースにおけるカーポート設置工事です。

そして今回お客様より御相談頂いたのは、この駐車スペースにおけるカーポートの御提案です。
横幅のスペースとしては、”ワイドタイプ”と云われる2台分のカースペースより少し小さいぐらいの大きさとなります。
ちなみにカーポートを考える上で、1台分を考える”標準タイプ”(幅2.5m〜3m)と2台分以上を考える”ワイドタイプ”(幅5m以上)のどちらかを選ぶ事から考えていきます。
今回の場合、横幅が5m弱となるため、ワイドタイプでは少々大きくなり過ぎ、1台分では小さすぎてしまいます。
また、今回の場合においてお客様より戴いたご要望で注意しなくてはならない点は、ズバリ”柱”の位置になります。
今回の場合では、2台分のワイドタイプカーポートの横幅を切り詰め加工して納める方法を取ろうと思うのですが、通常2台分のカーポートの場合、前後左右4箇所に柱を立てて強度を保持する物が標準的なものとなります。
しかし、お客様からの御希望は「門袖側の開放的な雰囲気を活かせるように、そちら側に柱を立てなくても良い物を」と云うものでした。
普通に考えれば、4本必要なカーポートの内の1本を抜くと云う事は、当然ながら不可能ですよね。。


もう一つ考えなくてはならない点は、家側に設置されている花壇の存在です。
また、上側にある窓の位置・開き方も考慮しなくてはなりません。

さらに考慮しなくてはならない点は、家側奥の”花壇”と”窓””庇”の位置です。
殺風景になりがちな駐車スペースに、お客様が素敵にお花を植えられていて、とても良い感じになっております。
この際に考えなくてはならない事として、何故この位置に”花壇”を設けているのかと云う事です。
この外構をプランした業者側の立場になって考えるとしますと、花壇したにある埋設物(配管・建物基礎等)を考慮し、そこに何か構造物を立てられない様に敢えてブロックを立てて花壇風に仕立てると云う事を考えます。
つまり、”花壇下に何かがある”と云う事です。
また窓に関しても、開閉の仕方が外側へ30cm程開くので、壁面いっぱいに屋根を掛けてしまいますと、窓の開閉に悪影響を与える恐れがあります。
屋根を掛ける事の裏側には、様々なリスクを等も考慮しなくてはなりません。
さて、柱の位置・様々な敷地の条件より、この御希望を満たせる商品はあるのでしょうか?
と云う事で、前回のBlogに引き続き、今回もこの様なカーポートをご提案させて戴きました!


今回ご提案させて戴きましたカーポートは、三協アルミ”ダブルフェース”と云う商品です。

今回ご提案させて戴きましたカーポートは、三協アルミ”ダブルフェース”と云うカーポートです。
ご覧頂きますとお分かり頂けると思いますが、カーポート前側には柱が一切無く、後側に3本の柱が集中しております。
更に三本の柱から前側に掛けて斜めに梁が入る事で、屋根を後端から吊って支える構造となっております。
これにより、柱3本でも幅広の屋根全体を支える事が出来ます。


また柱の位置が内側に設置されるため、花壇を活かした状態で設置する事が可能です。

更に柱が屋根の内側に3本納まる構造となっているため、花壇をそのまま活かして設置する事が可能です。


更に窓の開閉も考慮し、窓が開閉できる位置にクリアランスを取って設置する様に間口切り詰め加工します。

こちらは横方向から見た様子です。
花壇上の窓は外側に開くタイプの物なのですが、庇の位置等も考慮して花壇に掛からない位置に屋根が掛かる様に間口を切り詰めて調整する方法をとる事にしました。
こうする事で、窓・花壇の干渉を避けて設置する事が可能です。

と、まさに今回の御相談頂いたご要望に対してジャストフィットしたカーポートと云えます。
しかし、同時に考えなくてはならない事があります。
それは”施工性”です。
本来のカーポートと設置方法が違うと云う事は、すなわち通常のカーポートと比べて設置の難易度も高くなると云う事が云えます。
そしてそれは、当然の事ながら”コスト”にも直結します。
それ故、やみくもにこの商品をただ”カッコいいから”と云うだけでお勧めする事が出来ませんし、そこに価値を生み出す事は難しいと思います。
しかし今回の場合では、お客様のご要望にまさにジャストフィットしたカーポートで、そのコストを払っても生まれてくる大きな”価値”を御理解頂けました!
さて次回のBlogでは、実際のこのカーポートの施工の様子をご紹介しようと思います。
ご覧頂きますと、通常のカーポートと設置の難易度が全く違う事にお気づき頂けると思いますので、是非宜しくお願い致します。



ブログカレンダー

<   2017-08   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部
RapidSSL_SEAL-90x50
本サイトでのお客様の個人情報はRapidSSLにより
保護しております。