このページのトップへ
ホーム » マネージャーのブログ » 新築外構工事の施工情報 » プランナーの現場最前線!! VOL.213“道路と敷地との高低差がある新築外構工事”第八日目

プランナーの現場最前線!! VOL.213“道路と敷地との高低差がある新築外構工事”第八日目

イゲタヤE&R エクステリアプランナー 大貫雄三
わたしたちイゲタヤE&Rは、「お客様の夢をカタチに…」を合言葉に、ここ日野市南平から日野市・八王子市を中心に近隣にお住まいの皆さまへ日々エクステリアのご提案をしております。
こんにちは、イゲタヤE&Rプランナーの大貫雄三です。
まだまだ慣れないながらも、これからこのBlogを読んで下さったエクステリアに興味がある皆さまへ少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。

本日は朝からとっても蒸し暑い一日でしたね。
お昼過ぎにはなんと、30℃を超える猛暑日に見舞われ、ちょっとした作業を行っているだけで身体から汗が絶え間なく出てくるような厳しい陽気でした。。
まだ梅雨明けしていない所でのこの暑さ、体調を崩された方がいないかとっても心配になって来ます。
メディア等でも叫ばれておりますが、くれぐれも水分補給と適切な冷房の使用で、熱中症予防に努める様にして行きましょうね!
また、さらに今週中頃にはなんと台風3号が接近すると云う予報が出ております。
これからどの様な進路を取るのかとっても心配な所ですが、気象情報は随時注意していた方が良さそうですね。。

さて、こんなとっても蒸し暑い時には、こんな物を食べに行って見ても良さそうです!


今日のお昼は、八王子は高倉町にある”十八製麺”さんへ。この時期限定の”冷おろし辛そば”を食べて参りました!

本日は八王子は高倉町にある”十八製麺”さんへ行って参りました!
前回、前々回のBlogにて、暑い時期にオススメの冷たいメニューをご紹介させて戴いておりますが、今回もこの時期にオススメの冷たいメニューをご紹介しようと思います。
本日ご紹介するメニューは、”十八製麺”さんにてこの時期限定で出されるメニューである”冷おろし辛そば”です。
画像で見る限り、豆板醤等の赤い色がいかにも”辛そう”に見える感じですが、実際には見た目ほどの辛さはなく、むしろ冷たい麺やスープと相まって、とっても良い感じの”冷たいつけ麺”です。
また、麺の上に乗せてあるたくさんのざく切りの大根、きゅうり、そして蒸し鳥が、さっぱりとした爽やかな感じにさせてくれて、今日の様な蒸し暑い時でもスルスルッと口には云って行きます。
つけ汁の塩加減も丁度良い塩梅なので、途中から麺の入った丼に入れて、大根の食感を楽しみながら冷たいラーメンとして楽しんでも良い様です。
また、左側にある炊き込みご飯と小鉢はサービスで付いてくる物なので、とてもボリュームのある一杯だと思います。
ちなみに、もし”辛い物は苦手”と云う方の為にも、辛くない”冷おろしそば”も選択可能です。
もしご興味を持たれましたら、是非食べに行って見て下さいね!

さて本日も、前回のBlogの続きをお話しようと思います。


日野市O様邸新築外構工事 施工八日目。前回のBlogでは舗装箇所の下地が出来上がりました。本日はいよいよ本格的に舗装工事を始めて行きます。

日野市O様邸 施工八日目。
前日までに舗装箇所の下地工事が完了し、いよいよこの日より本格的な舗装工事が始まります。


この日に行ったのは、”乱張り石”による舗装工事からです。地面に描かれた赤いチョークは、乱張り舗装を行う範囲の基準線です。

舗装工事の第一段階として、”乱張り石”による舗装工事から始めました。
まず、図面に則って地面に赤い粉チョークで基準となるラインを描きます。


乱張りの範囲は、御両親側の玄関口から若夫妻側の玄関に掛けての長い範囲に渡り、そこへ緩いカーブラインを描いていきます。

乱張り舗装の範囲は、御両親側の玄関から若夫婦側の玄関までの長い距離に渡ります。
その長い範囲に対して、大きな緩いカーブを描いていきます。
CAD上では楽に描く事が出来ますが、実際の現場で行うとその難しさがひしひしと伝わって来ます。


ラインが引き終わりますと、そのラインに沿って乱張りを仮置きしていきます。

ラインを引き終わりますと、いよいよそのラインに従って乱張り石を仮置きしていきます。
またこの仮置き作業の中で石の選別等を行い、使う石・使えない石とを分けて行きます。


更に全体的なバランスを見て、適宜乱張り石を加工します。その際、電動工具ではなくハンマーで叩き割る事により、石の自然な風合いを活かします。

更に全体のバランスを見て、適宜乱張り石を加工して納めます。
加工の際、電動工具を使えば効率良く作業を進める事が出来るのですが、切り口が綺麗過ぎてしまい自然な風合いを失ってしまうと云う事で、この様にハンマーで叩き割って加工します。
この加工方法は、担当職方さんの乱張りに対しての拘りなのです。


そしてこの通り、乱張り石がラインに沿って綺麗に置かれました。

そしてこの通り、先程描いたラインに沿って綺麗に乱張り石が置かれました。
仮置き状態ではありますが、全体的にとってもバランス良く乱張り石を置く事が出来ました。
特に今回、レンガ等の縁石を設けずに乱張り石のみでラインを描いたため、乱張り石の自然な風合いを残しながら且つ綺麗にラインを出すと云うとっても難しい作業となりました。
それをこの通り具現化してくれる職方さんには本当に感謝です。


駐車場側とは対照的に、玄関前は石のナチュラル感を前面に出した表現方法で乱張り石を配置しました。

さらに玄関前にも、この様に乱張り石が配置されました。
玄関前に関しては、駐車場とは対照的に、乱張り石の自然な凹凸を活かした表現方法としました。
しかしこちらも、適当に乱張り石を置いたのではなく、石を選別しながら目地の太さがほぼ均一になる様に仕上げてあるため、キッチリとしたバランスの良い雰囲気に仕上がっております。

と云う事で、この日は乱張り石の仮置き作業を行って行きました。
乱張り石は、石それぞれの大きさ・厚み・形・色見とそれぞれがまちまちのため、それを並べていく上で職人それぞれのセンスが非常に良く出て来ます。
更に見た目だけではなく、雨水がうまく流れる様に水勾配等も同時に考慮しなくてはならない為、とても手間の掛かる舗装方法ではあります。
しかし、その手間を掛けた分、他の舗装材では出せない華やかさ・風格を表現する事が出来るので、とても人気のある舗装方法であるとも云えます。
次回のBlogでは、更い仕上がった姿をご紹介する事が出来ると思います。
是非次回も宜しくお願い致します!



ブログカレンダー

<   2017-07   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
タグリスト
イゲタヤE&R

エクステリアオフィス
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ南平店内)
〒191-0041東京都日野市南平2-63-1

八王子サテライト
(KURASHI本舗 
  イゲタヤ八日町店内)
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-5

TEL:042-591-8497
メールお問合せはこちら

施工エリア
東京都の以下地域となります。
日野市/八王子市/多摩市/国立市の一部/府中市の一部/町田市の一部